浜学園 灘中コース

浜学園 灘中合格実績 累計合格者数

直近の灘中イベント

浜学園には灘中に特化した専門講座がいくつかあります。
春前から実施している講座もあり、すでに多くのお子さまが今まさに灘中脳を叩き込んでいます。

灘中入試は、相当力のある子でも力を出せない問題づくりになっています。
力を出し切れるようにするのが浜学園のテキスト・テストです。

  • 入試本番も怖くない!灘中入試のフォーマットに則したテキスト・テスト
    (単元数の割合、出題順も一緒!)
    問題構成、割合、出題順など、灘中試験本番さながらの
    テキストやテストだから、経験値がつきます。
  • 初見の難問を短い制限時間で解けるように!
    (日曜志望校別特訓)
    経験のない初見の難問を短い時間で解くことで、
    処理能力と問題選択能力が養われます。
  • 大量のややこしい計算テストで
    安定した計算力がつきます(算数)
    難問を大量に浴びることで、計算力の向上だけでなく
    高レベルの世界を「ふつうレベル」と感じるようになれます
  • 1日の授業で平均10問を解き、
    自宅でも20問を体験・復習
    授業だけでなく自宅でも多くの問題を経験すれば、
    理解度の定着とスピードがつきます。
ひとつのテキストをつくるのに3ヶ月かけています
  • わたしが何より感心したのは、本当によくできている浜学園のテキストです。問題の並びに愛があるんですね。
    例えば初めにある問題が解けたら、そこで大切な要素を習得して次の問題につながり、さらにその次のヒントになり…と、問題の並びが子供のことを非常によく考えて作られています。だから浜学園のテキストだけ、繰り返し繰り返し学習すればいいと思いました。
  • 佐藤 亮子 様

    お子様全員を浜学園で学ばせ三人のご子息は
    灘中・高、末のお嬢様は洛南高附属中・高
    (京都市)を経て、東大理Ⅲ(医学部)に
    合格させた佐藤ママとして有名。その徹底
    した子育て・勉強方法が注目されている。

人間は初回に記憶したものを、1時間後には50%、1日後には25%しか覚えられません。日にちが経つとさらに低下するのは想像できます。

授業で「わかった」ことを「できる」に定着していくには、繰り返し自分で問題を解いて、習ったことを使えるようにしなければ実力はつきません。その習慣づけが浜学園の復習主義です。

毎回の学習内容を出題範囲とした「復習テスト」を実施するので、学習到達度や弱点分野を自分自身で確認することができます。何度も何度もしつこく繰り返すことで、3ヶ月前に経験した問題でも迷わず解くことができるようになります。また予習がないので、生徒・保護者の負担になることはありません。

授業の始まりで前回の復習テストを実施。

灘中入試は、単に7割解ける力だけでは合格できません。そこに「制限時間内に」という大きなハードルがあります。超難問への対応力に加え、算数であれば試験1日目は1問を3~4分で解くスピードが必要になります。これは私たち大人でも大変です。

しかし、春先の早い時期から短い制限時間内に解く練習を行っている子は、本番でうろたえることはありません。これが浜学園の塾生の強さです。しかも、その鍛錬は春先から徹底的に行います。

  • 初見の難問を短い制限時間で
    解けるようになる
    難問への対応力がつくだけでなく、
    時間感覚が研ぎ澄まれます。
  • 過去に勉強した問題を10題30分で解く練習
    頭に定着させた難問をスピード処理することで、さらに解答力がつきます。
    試験時間を20分ずつ短縮して、本番のフォーマット練習を行う(秋から入試直前)
    当時の入試を想定し、20分短縮&本番フォーマットで練習を行います。
    狭いスペースに解き方をまとめ、誘導形式の問題パターンに早く慣れる練習
    誘導形式の問題パターンに慣れれば、余裕をもって本番の緊張感に対処できます。
  • 浜学園の授業のおかげで、問題をこなすスピードが相当つきました。試験時間20分短縮とか、あれ相当早くなりますね。
    問題を見て、解法までの道のりがすっと思い浮かぶ力が確実に付きます。当時は意識していなかったですが、春と秋では、問題を読んで把握するスピードが断然早くなっていました。

西野 竣介 さん

2010年灘中合格、浜学園合格祝賀会にて総代を務める。
灘校では数学研究部に所属し、日本数学オリンピック大会入賞、国際化学オリンピック代表
次席の実績もある。
2016年、東京大学理科Ⅲ類合格。

灘中入試は算数が難しいことで知られています。
算数の試験は2日間にわたって実施され、1日目は難しい計算一問を含む小問雑題11〜15題ほどを50〜60分で解き、2日目には大問5問を60分で解き、こちらは答えだけでなく、解き方も含めて図・表・グラフなどを書いて、記述式も含めて採点されます。

そして合否の鍵となる算数において、浜学園の生徒は強さを発揮しています。

なぜ、浜学園の生徒はこれだけ算数に強いのでしょうか。

  • 難問をしっかりと理解したら、必ずそのポイントを書き定着させる
  • ややこしい計算テストをたくさん経験し、小6の春先にから計算力を鍛える
  • 難問の条件を速く正確に読み取る練習をし、ややこしい条件も含めて1回で正確に頭に入れる
  • 難問を短い制限時間内に解く練習をし、安定して7割以上正解する実戦力を目指す
  • 過去に勉強した問題を、アトランダムに10題30分で解く練習をする
  • 初見の問題を10題30分で解く練習する
  • 狭いスペースに解き方をまとめ、誘導形式の問題パターンに慣れる練習
  • 試験時間を20分短縮して、算数1日目・2日目と同じフォーマットを練習

これらの練習を何度も繰り返すことで、合格圏内 7割以上の正解をいつも安定して叩き出せるようになり、本番試験でもその力を発揮できるのです。

  • 浜学園の授業や指導で印象に残っているのは、解き方を消さずに残す大切さや、応用するためには最初の基礎概念の理解とその練習が大事だと教えてもらいました。
    特に算数は、高レベルの問題に取り組めるのが楽しくて「先生との戦いに勝つぞ!」という意識で臨んだり、自分たちで問題をつくって先生に挑戦することもありました。
    浜学園で何度も指導されますが、自分の間違いを見つめることはとても大事です。ミスには人それぞれパターンがあって、その傾向を見つけることで気をつけるポイントが見つかります(ミスパターンノートの作成)。
    そして環境です。塾生同士が切磋琢磨していたので、あれほどハードだけど楽しい環境は、なかなかなかったですね。

北村拓真さん

浜学園から灘中・灘高へと進学し、東京大学理学部数学科から東京大学大学院へ進学。
算数オリンピック、広中杯、高校世界数学オリンピックで金メダルを獲得

27.5点の差で決まる合否。そのポイントとは?

2021年春の灘中学入試(500点満点)では、合格最低点(341点)と合格者平均点(368.5点)の差が27.5点でした。そこから分かるように、灘中入試は学力の拮抗した生徒が受験します。その合否を分ける最大ポイントが、「どれだけ本番に近い問題や環境を経験したか」です。

本番で力を出しきる方法

本番で力を出しきるためには、普段から灘中入試本番に近い環境に慣れておくことが大切です。練習では上手でも、大切な試合で本領発揮できないスポーツ選手がいるように、受験も解答力だけでなく本番への強さが求められます。

問題の構成や手をつける順番、時間配分、そして張りつめた会場の雰囲気など、普段から擬似体験しておくことで、「かしこさ」だけでなく「強さ」を発揮できるようになります。27.5点の差は、この本番力で決まるといっても過言ではありません。

灘中漬けの日々。多数のイベント・模試

浜学園では灘中に特化したイベント・模試を多数実施しています。これは全国最多です。教材・問題は浜学園が長年のノウハウで独自に作成したもので、他塾では経験することができません。
中でも灘中オープン模擬入試では、他の模試と異なり、ミニ講義にはじまり、テスト形式、保護者による花道、合格発表と、本番の灘中入試と同じ工程と形式でおこなわれます。

灘中づけの日々!

灘中オープン模擬入試 試験会場に入る前から、灘中入試とまったく同じ形式・プロセスを再現し、本番の空気を体感する模擬試験
  • 入試本番と同様に一同に会して模試前にミニ講義を受け、モチベーションをアップさせます
  • 入試本番と同様に保護者のアーチの中、子どもたちは模試会場へ向かいます
灘プレ入試と対策講座
  • 合格ラインをはっきりと設定しているため、より精度の高い合格可能性を知ることができます
  • 2〜5月
    ・第1回「灘中入試練習と解説講座」
    ・第1回「灘中オープン模擬入試」
    ・男子最難関中算数・国語対策講座
    ・灘・洛南・東大寺・西大和中
    合格達成スペシャルイベント講座と集会
    ・第1回「灘・東大寺・洛南・甲陽・星光・
    西大和・洛星中入試合格判定12耐特訓」
    ・第2回「灘中入試練習と解説講座」
    ・灘中対策特別講座と灘中文化祭見学会
    ・第3回「灘中入試練習と解説講座」
    ・第2回「灘中オープン模擬入試」
    ・第2回「灘・東大寺・洛南・甲陽・星光・
    西大和・洛星中入試合格判定7耐特訓」
    6〜8月
    ・第4回「灘中入試練習と解説講座」
    ・灘・洛南・東大寺・甲陽・洛星中入試対策プリント演習と
    夏休みを乗り切るための夏期生徒集会・生徒教育相談
    ・男子最難関中算数・国語対策講座
    ・第3回「灘・東大寺・洛南・甲陽・星光・
    西大和・洛星中入試合格判定7耐特訓」
    ・第5回「灘中入試練習と解説講座」
    ・第3回「灘中オープン模擬入試」/灘・甲陽・星光・洛星中対策講座
  • 9〜11月
    ・男子最難関中過去問徹底特訓
    ・第1回「灘猛特訓」
    ・第1回「灘・甲陽・星光・洛星中(学校別)入試練習と
    解説講座」
    ・第2回「灘猛特訓」
    ・第2回「灘・甲陽・星光・洛星中(学校別)入試練習と
    解説講座」
    ・第3回「灘猛特訓」
    12月・1月
    ・第3回「灘・甲陽・星光・洛星中(学校別)入試練習と
    解説講座」
    ・第4回「灘・甲陽・星光・洛星中(学校別)入試練習と
    解説講座」
    ・正月特訓「灘・甲陽・星光・洛星中プレ入試練習と対策講座」

(過去の実績です)

直近で実施の「灘中を目指すイベント」

いまお子さまが志願者の中でどの位置にいるのか、今後力をいれるべき科目はなにかを判断する大きな材料のひとつが、模試やテストの合格判定です。合格判定の精度が悪いと、その後のやるべき対策や勉強内容にズレが生じてきます。

他塾の模試ではその精度に疑問があるため、A判定の力があるのにB判定の結果になることががあります。浜学園でも100%の精度ではありませんが、誤差はとても少ない判定になっています。その理由は、模試の問題と灘中入試問題の内容と難易度が近いこと、過去の膨大な量のデータからの分析力が高いことです。

お子さまの灘中合格の可能性を確認できれば、自信やヤル気にもつながり、今後の勉強の指針になってくれるはずです。

灘中を担当できるのは、「生徒に考えさせる」「生徒の印象に残る」授業を行える講師です。実際に合格したお子さまにアンケートを求め、支持の多い講師しか教えることができません。つまり、灘中合格者だけが認めた超精鋭の講師陣の集まりです。

ですので、他塾のように講師の質の差による当たり外れがありません。どの講師も灘中を知り尽くし、お子さまの学力を上げることのできるエキスパートです。分かりやすい教え方や生徒それぞれに合った指導などは当然です。

浜学園では、指導力の高さとは「お子さまの勉強への姿勢が変わる」ことを意味します。どれだけお子さまの意欲と自主性を育んでいけるかが、学力の伸びしろにつながるからです。

そのような指導を行っていると、中には間違えた問題だけを集めてスクラップし、それを何度も演習する生徒も現れます。浜学園の指導はきびしいですが、多くのお子さまは「授業が楽しい!ヤル気が出る!」とポジティブな感想を口にします。

「仲間同士の教育力」という言葉があります。子どもたちの学力アップには、身近なライバルの存在が大きな役割を果たします。仲間であるがゆえに、同じゴールを目指す気持ちが学習向上を生むという効果です。

これは浜学園でしか得られません。なぜなら他塾では、灘中を志す生徒数が多くないからです。灘中の学力に合った意識の高い生徒が、7割から8割集まらないと授業が成り立たちません。

浜学園のスポット講座やイベントには、学力レベルの高い10傑・20傑と言われる優秀な生徒も集まってきます。そのような強力なライバルが身近にいることで、それに触発され勉強意識が高まるお子さまもおり、相乗効果が発揮されます。

中には10傑・20傑に囲まれると、一時的に自信をなくすお子さまもいます。しかし多くは、それがモチベーションにつながり「負けないぞ!」と意気奮闘します。そのような気持ちの転換を目の当たりにすると、ほんとうに頼もしく感じます。

お子さまは目の前の問題や目標に向かってがむしゃらに勉強するので、ある意味余計なことを考えません。
しかし、保護者さまの中には、親の心構えや子どもの自主性の育て方、家庭学習での取り組み方など、お子さまをサポートしていく上で、悩まれる方が多くいらっしゃいます。

各科目から1人ずつの担任が相談対応。灘コースアドバイザー制

3科目それぞれの講師がアドバイザーとなり、お子さま一人ひとりの学習状況を把握していきます。通常では生徒ひとりに対して担当が1人ですが、灘コースでは生徒ひとりに対して3人(算国理)のアドバイザーがつきます。しかも、アドバイザーは灘中講座を教える講師です。

灘中合格に向けては春先から多くの講座があるため、一人ひとりにあった受講の仕方のアドバイスを受けることができます。※本制度には利用資格が必要です。

迷ったときは、いつでも、何度でも個別相談ができます。

個別教育相談を一斉に定期的に実施するのではなく、ご家族が相談したい時には、いつでも、何度でも個別にご相談いただけます。灘中合格に向けて日々努力しているうちに不安や迷いが出てきた時は、すぐに教育相談を受けてください。

中には、個別相談をあまり活用されず、ご家族だけで悩まれる方もおられます。悩む時間がもったいないだけではなく、解決や方向性の糸口すらつかみにくくなります。しつこいぐらいに浜学園を活用してください。迷ったときはすぐ浜学園へ!

直近で実施の「灘中を目指すイベント」

  • 公開日:2021年04月15日
  • 第3回「灘中入試練習と解説講座」
  •  受験学年を意識するための厳しい特訓を実施いたします。Vクラス生や最レ生はもちろん、男子最難関中7校を志望される諸君は、全員参加してください。 当日の流れ:①テスト受験(昼食)→②テスト問題解説講座→③合 […]
  • 公開日:2021年04月08日
  • 第2回「灘中オープン模擬入試」(福岡会場)
  •   全国最難関である灘中へ最多の合格者を輩出するノウハウを持った浜学園が実施する「灘中オープン模擬入試」を、福岡で実施いたします。なお、この模試は5月5日(水・祝)に関西・名古屋で実施したものです。相当順 […]
  • 公開日:2021年04月08日
  • 第2回「灘中オープン模擬入試」(広島会場)
  •   全国最難関である灘中へ最多の合格者を輩出するノウハウを持った浜学園が実施する「灘中オープン模擬入試」を、広島で実施いたします。なお、この模試は5月5日(水・祝)に関西・名古屋で実施したものです。相当順 […]
  • 公開日:2021年04月08日
  • 第2回「灘中オープン模擬入試」(東京会場)
  •  全国最難関である灘中へ最多の合格者を輩出するノウハウを持った浜学園が実施する「灘中オープン模擬入試」を、ここ数年関東からの受験者が大幅に増えてきていることから、東京で実施いたします。なお、この模試は5月 […]
  • 公開日:2021年04月01日
  • 小2「男子最難関中 春期進学説明会」
  •   灘中をはじめとする男子最難関中に合格するためには、その入試の競争の熾烈さ、入試問題の難易度のレベルの高さに鑑み、早い時期よりの取り組みが肝要です。明確に目標を設定し、綿密な計画のもと懸命の勉強を続けな […]
  • 公開日:2021年04月01日
  • 小1「男子最難関中 春期進学説明会」
  •   灘中をはじめとする男子最難関中に合格するためには、その入試の競争の熾烈さ、入試問題の難易度のレベルの高さに鑑み、早い時期よりの取り組みが肝要です。明確に目標を設定し、綿密な計画のもと懸命の勉強を続けな […]
  • 公開日:2021年03月25日
  • 「灘中算数2日目徹底特訓」
  •   今年の灘中入試は例年に比べても算数の合格者平均点と受験者平均点との差が31.4点(200点満点)とかなり開いている入試で、算数の出来が合否のかなりを決めるような入試であったことは間違いありません。浜学 […]
  • 公開日:2021年03月04日
  • 第2回 男子最難関中進学説明会
  •   灘中をはじめ東大寺中・洛南中・西大和中・甲陽中・星光中・洛星中(浜学園では以上7校を男子最難関中と呼称しています)の受験は本当に激烈なものがあり、並大抵の努力では合格を勝ち取ることはできません。今から […]
  • 公開日:2021年03月04日
  • 第1回「灘中チャレンジテスト」
  •   灘中をはじめとする男子最難関中を第1志望にしているみなさんは、少しずつ入試を目標にして頑張り始めていることと思いますが、やはりその入試問題の難しさと問題量の多さは予想以上に大変です。  1日 […]
  • 公開日:2021年03月04日
  • 第2回「灘中オープン模擬入試」
  •  浜学園Vクラス生、最レ生は全員受験してください! 当日の流れ:【灘中一日目設定テスト】→( 昼 食 )→【灘中二日目設定テスト】 ※テストの難易度・科目構成・問題構成等は灘中入試を考慮して作成しています […]
  • 公開日:2021年03月04日
  • 第2回「灘中対策講座」
  •   5年生は最難関中学合格のために最も重要な学年です。  灘中に合格するには、まず「灘中に絶対合格する!」という固い決意が必要です。  そのために、本講座は皆さんの灘中合格のために難問 […]
  • 公開日:2021年03月04日
  • 第2回「灘中入試練習と解説講座」
  •  受験学年を意識するための厳しい特訓を実施いたします。Vクラス生や最レ生はもちろん、男子最難関中7校を志望される諸君は、全員参加してください。 当日の流れ:①テスト受験(昼食)→②テスト問題解説講座→③合 […]