中学受験は、心身ともに大きくステップアップするチャンスです。
浜学園は中学受験生に寄り添っていきます。

奈良女子大学附属中等教育学校 合格

岡本 奨士 くん (所属:西大寺教室)

  • 奈良女子大学附属中等教育学校合格
    清風中学校合格
    奈良学園登美ヶ丘中学校合格

テーマ私の志望校と受験校

「遅すぎた志望校決定」

 「兄と同じ中学校は何か嫌だなぁ」この一言で僕の受験は一層大変になりました。こう言ったのは12月の半ばで、本来なら受験校を決めて出願するタイミングでした。きっと両親は兄と同じ中学校をと考えていただろうし、僕もそうなるなと思っていました。でも受験を目前にして奈良女子大学附属中等教育学校に行きたいと気付きました。「僕、女子大附属中受けたい」伯父さんの母校で『とても楽しい学校だった』と、聞いたからです。本来なら、早くから対策しなくてはならない中学校です。塾の模擬面接は、他の私学を受ける気でしたから参加しませんでした。それでも両親は一から受験校調整をしてくれました。あと一ヶ月で、どこまで出来るかな?と、自分で決めたことではあるけど不安でいっぱいになりました。僕は、復習テストでは、ベストをとれるのに、公開学力テスト・合否判定学力テストなどのテストではいつも良い結果が出せなかったからです。過去問にチャレンジすると、やっぱり普通のテストとは全く違い、記述式で解答しなくてはなりませんでした。僕は、記述が苦手だったので、6年の春から記述力養成講座を受けました。この講座を受けておいて本当によかったと思いました。習った事をここで生かせると思って過去問の問題を解きました。入試が終わって学校の友達が続々と志望校に受かっていく中で、僕の発表は少し先なのでうらやましかったです。合格発表の日は家族みんなで見に行きました。それまで、僕はテストの都合で合否の結果はWebや両親に見に行ってもらっていたので、この日、初めて合格発表を見に行きました。行き道で合格者が持っている大きな封筒が目に入ってきます。看板の前に近づくと、吐きそうになるぐらい緊張しながら番号を探しました。「あった!!僕の番号や!!」僕は自分で決めた志望校に合格できました。吐き気も吹き飛んでしまいました。帰り道は薄紫色の封筒を大切にかかえながら「これは誰でももらえるものではない。塾で2年間頑張ったから手に入ったんだ」と思いました。こうして、合格体験記を書くことができたのは、塾の先生方、僕の希望を聞いてくれた家族の支えがあったからです。感謝しかありません。志望校決定が遅くて大変だったけど憧れの学校に合格できて本当に良かったです。これからは中学校生活を頑張ります。

その他の奈良女子大学附属中等教育学校 合格者の体験記はこちら

合格年度タイトル氏名所属教室
2022年春一念通天H.S. くん西大寺
2022年春やっておけばよかったことS.H. くん西大寺
2021年春心の在り方江口 理子 さん上本町
2021年春まさか自分が…K.T. さん西大寺
2020年春3年間の成長N.K. さん西大寺
2019年春努力は嘘をつかないY.Y. くん西大寺
2018年春合格に向かって堀 華乃音 さん西大寺
2017年春栄光への一歩橋本 昂典 くん西大寺
2017年春継続は力なりN.H. くん西大寺
2016年春夢の志望校へ南 和宏 くん西大寺
2016年春努力は必ず報われるY.Y. くん西大寺