中学受験は、心身ともに大きくステップアップするチャンスです。
浜学園は中学受験生に寄り添っていきます。

奈良女子大学附属中等教育学校 合格

K.T. さん (所属:西大寺教室)

  • 奈良女子大学附属中等教育学校合格
    帝塚山中学校合格
    同志社国際中学校合格
    奈良学園登美ヶ丘中学校合格
    香川誠陵中学校合格

テーマ浜学園での自分自身の歩み

「まさか自分が…」

 私は奈良女子大附属中等教育学校に合格する事ができました。5年生から浜学園で学んできてとても良かったと思います。

 奈良女子大附属を受験したいと思ったきっかけは、イキイキとした学園祭です。奈良女子大附属の試験対策は難しいと感じたので、まず併願校に決めた帝塚山中学校の対策をしました。過去問を見て苦手な算数の『速さ問題』や『水問題』をマスターのWeb解説を再度見直し、B問題を繰り返し解いて自信をつけました。他にも併願校として同志社国際中学校の受験も決めました。過去問を見て算数の配点が高かったのでさらに算数に力を入れました。毎日漢字や語句、社会の暗記をするようにしていました。

 奈良女子大附属は合格判定がいつもC以下でした。問題が独特なので対策は過去問を解くだけでした。先生に添削してもらった答案用紙を当日まで何度も読み返しました。受験前日には、家族から「答案用紙に書くときは自分らしく一生懸命に書いたらいい」と言われました。また小学校生活の思い出を振り返ったり中学校でどのような事をしたいかを考え家族と話し、表現Ⅲのイメージをしました。表現Ⅲで何が出るか不安でしたが、何が出ても自分らしく思い切って臨もうと思いました。

 受験直前は、何をやったらいいか迷ったり、出来るかどうか不安になったりしましたが問題を解き続ける事で当日よく似た問題が出て解答する事ができ、最後まで勉強したかいがあったと実感しました。私にとって奈良女子大附属中等教育学校を受験する事はチャレンジでした。しかし目標を高く持ち、最後まであきらめずに努力したので合格する事ができたと思います。今までサポートしてくださった先生方、事務所の皆様、本当にありがとうございました。

その他の奈良女子大学附属中等教育学校 合格者の体験記はこちら

合格年度タイトル氏名所属教室
2022年春一念通天H.S. くん西大寺
2022年春やっておけばよかったことS.H. くん西大寺
2021年春心の在り方江口 理子 さん上本町
2020年春遅すぎた志望校決定岡本 奨士 くん西大寺
2020年春3年間の成長N.K. さん西大寺
2019年春努力は嘘をつかないY.Y. くん西大寺
2018年春合格に向かって堀 華乃音 さん西大寺
2017年春栄光への一歩橋本 昂典 くん西大寺
2017年春継続は力なりN.H. くん西大寺
2016年春夢の志望校へ南 和宏 くん西大寺
2016年春努力は必ず報われるY.Y. くん西大寺