中学受験は、心身ともに大きくステップアップするチャンスです。
浜学園は中学受験生に寄り添っていきます。

最寄りの教室を探す

教室案内

大和八木教室
0744-21-1161
開館:
(月~金)15:00~21:30(土)12:30~21:30
住所:
〒634-0804 橿原市内膳町1-4-9(かとう駅前第3ビル3F)
アクセス:
近鉄大和八木駅南口よりすぐ
休館日について
日曜日はテスト等のイベントがない限り、基本的には閉館しております。
イメージ 詳しい周辺地図をGoogle Mapで開く

大和八木教室で開催の入塾説明会(保護者説明会)

実施日

※実施日の前々日以降の申込は、直接教室へお電話ください。

お子さまのお名前(カタカナ)

姓:

名:

電話番号

メールアドレス

学年

※学年選択は現学年でお願いします
※4月1日からは新学年で選択ください

説明会の参加人数

お申込のきっかけ

個人情報登録の同意について

大和八木教室で実施のイベント

    • 公開日:2022年05月12日
    • 「これで完璧!文章題なんかこわくない!!」
  • 趣旨
    低学年における勉強への取り組ませ方や子供とのかかわり方については、保護者の皆様もお悩みが多いことかと存じます。この講座は、親子で一緒に算数の文章題にチャレンジして、解くことや教えることのおもしろさを味わい、それらを今後の学習の一助にしていただくことを目的としています。また、浜学園の公開学力テストに出題されるレベルの問題も解説いたしますので、浜学園の算数のおもしろさに親子でハマってください。
    対象
    小3・小4の一般生浜学園塾生でない方ならびにその保護者・・・親子で参加
    実施日時
    6月26日(日)
    小3 …10:00~11:00
    小4 …12:00~13:00
    場所
    浜学園 大和八木教室
    内容
    算数の文章題の考え方および解き方
    参加料
    無料
    お断り
    定員に達しました場合は〆切とさせていただきますので、お早めにお申込みください。
    申込方法
    参加ご希望の方はインターネット申込【準備中、申込期間:5/26(木)14時~6/23(木)17時】(申込開始をプッシュ通知でお知らせしますので、浜学園アプリのご登録が便利です。)からお申し込みください。

    塾生・一般生浜学園塾生でない方でマイページをお持ちの方はマイページからお申し込みが便利です。

    (なお、塾生の方はマイページからお申し込みください)
    • 公開日:2022年05月05日
    • 「灘中日本一模擬入試」自宅受験のお知らせ
  • 趣旨
      いよいよ小6生の入試本番まであと8ヵ月となり、灘中をはじめ男子最難関中を受験する小6生は来年1月の入試当日に向けて一心不乱に勉強に取り組んでいることと拝察いたします。入試本番に向けて不安な教科・単元については徹底的に対策を立てて不安を全て払拭すると同時に、自信のある得意な教科・単元についてはより得点が稼げるよう、入試当日に最高の力が発揮できるように現在の自信をさらに確固たるものとするべく、日々努力を重ねていることでしょう。
      ただ、灘中をはじめ男子最難関中の入試本番はそんなに甘くはありません。夏休み前に受験生は難問・超難問に精一杯チャレンジして、その結果を参考にし、自分の夏休みの課題をしっかり見つけていただきたいと思います。従って、男子最難関中を志望する受験生は、少しでも時間があれば中学入試の天王山である夏休み42日間の前に入試本番とそっくりなテストである「灘中日本一模擬入試」に是非チャレンジして欲しいと思います。
      このような時期でありますので、灘中を少しでも考えている受験生が1人でも多く受験できるように、無料で自宅受験として実施させていただきますので、是非参加していただきたいと思います。また、Mコースで東大寺中・洛南中・西大和中・甲陽中・星光中・洛星中の6つの男子最難関中を第1志望としている受験生にも是非チャレンジしていただき、夏休み前に小6生となって受験勉強に頑張ってきた5ヵ月間の成果を試していただきたいと存じます。従って、今回は過年度の同時期に受験した先輩(灘・東大寺・洛南・西大和・甲陽・星光・洛星を志望する過年度の小6生)の成績の入った分布表と今回受験した皆さんたちだけの分布表の2種類を提供します。この大母集団の中での成績比較は、夏休みに向けての受験勉強の大事な指針となるものだと思いますので、M灘コース生,Mコース生全員の受験を是非おすすめします。
    対象
    灘中をはじめ男子最難関中(灘・東大寺・洛南・西大和・甲陽・星光・洛星中)を志望する小6生(飛び級生は不可)
    実施日時
    6月18日(土)8:00~13:10
    実施方法
    自宅受験して6月18日(土)中に浜学園M灘コース事務局までお送りください。6月18日(土)に学校があり実施できない場合は、6月19日(日)に時間を5時間10分とって実施いただき(あるいは6月18日(土)と6月19日(日)に分けて実施いただき)、下記住所宛にご投函ください。(6月20日(月)消印有効。なお、郵送料は受験者負担となりますので、ご了承ください。)また、6月19日(日)に開館している浜学園事務室でもご提出いただけます(開館状況と営業時間を予めお確かめください)。
    答案郵送先:662-0832 兵庫県西宮市甲風園1丁目5番24号 アーク西宮北口ビル5F 浜学園M灘コース事務局
    テスト時間割
     
    8:00~ 8:40 灘中入試一日目形式の国語テスト(40分間)
    8:45~ 9:45 灘中入試一日目形式の算数テスト(60分間)
    9:50~10:50 灘中入試一日目形式の理科テスト(60分間)
    10:55~12:05 灘中入試二日目形式の国語テスト(70分間)
    12:10~13:10 灘中入試二日目形式の算数テスト(60分間)
    ※自宅でこの時刻に取り組んでください。
    受験料
    無料
    答案処理
    答案は、得点分布表(今回の受験者のみと過年度の同時期に受験した先輩の人数も入れた分布表の2種類),個人成績表,灘中日本一模試合格判定基準表,解答・解説を添えて約15日後7月3日(日)以降に返却いたします。
    (ただし、期限内に全科目の答案を郵送された方のみ、答案といっしょに解答・解説を発送させていただきます。)
    Web解説
    答案返却後、各教科のWeb全問解説で徹底的に復習が出来ます。(ただし、期限内に全科目の答案を郵送された方のみ、Web解説を配信させていただきます。)
    申込期間
    5/5(木・祝)14時~6/8(水)17時
    申込方法
    参加ご希望の方は インターネット申込画面(申込期間:5/5(木・祝)14時~6/8(水)17時) からお申し込みください。

    塾生・一般生浜学園塾生でない方でマイページをお持ちの方はマイページからお申し込みが便利です。

    (なお、塾生の方はマイページからお申し込みください)
    • 公開日:2022年05月02日
    • 浜学園 副理事長・橋本憲一 × 医学博士・吉田たかよし先生Zoom講演会「脳医学が解き明かす! 合格実績を出し続ける浜学園の勉強法」
  • 概要
      最難関、難関中学の合格実績を出し続ける浜学園の勉強法と、保護者の家庭での関わり方について、浜学園副理事長(前学園長)橋本憲一と、医学博士(浜学園教育顧問)の吉田たかよし先生が解説します。
    対象
    小1~小6生の保護者
    実施日
    5月26日(木) 10:30~12:00
    会場
    Zoomウェビナー
    内容
     
    1.「浜学園の実績と3つの勉強法」
    弁士 浜学園副理事長(前学園長)橋本憲一
    内容 スパイラル方式、復習とテスト、実績の積み上げによるプラスの効果
    2.「脳医学が解明する 浜学園の学習法と実績の関係」
    弁士 医学博士 浜学園教育顧問 吉田たかよし先生
    内容 復習主義、テスト、クラス編成が合格実績に結びつく理由を脳医学で解明
    3. 対談「「ついついしてしまうNG行動… 家庭での保護者の関わり方」
    弁士 医学博士 浜学園教育顧問 吉田たかよし先生
    浜学園副理事長(前学園長)橋本憲一
    内容 実力テストが怖い… 保護者の心理
    勉強が好きになる! 子どもがフロー状態になるたった一つの方法
    子どもの弱点箇所はこう告げる「ポジティブフレームワーク」 など
    4. 質問タイム
    参加費
    無料
    プロフィール
    浜学園教育顧問・医学博士 吉田たかよし先生

    灘中学、灘高校、東京大学工学部(量子化学専攻)卒業。
    東京大学大学院(分子細胞生物学専攻)修了。
    東京大学新聞研究所修了(現・大学院情報学環)。
    北里大学医学部を経て東京大学大学院医学博士課程修了。
    現在、医師として受験生の脳機能や体調管理を専門に扱う心療内科院長を務める一方、学習カウンセリング協会代表として、受験生の脳機能やメンタル面の状態に適した勉強方法の普及活動に従事。
    注意事項
    定員に達し次第、申込受付を終了いたします。お早めにお申し込みください。
    講演会には、パソコン,タブレット,スマートフォンでご参加いただけます。Zoomはアカウント登録なしでも利用できます。
    Zoomミーティングに参加するための情報は5月24日(火)18時にメールにてお知らせいたします。(お知らせメールが迷惑メールフォルダに入る場合がございますのでご注意ください) また、予めZoomアプリをインストールしていただき、動作確認(https://zoom.us/test/)していただく必要がございます。
    Zoomアプリの利用についてご不明の方は、Zoomヘルプセンター(https://support.zoom.us/hc/ja)でご確認ください。
    申込方法
    参加ご希望の方は インターネット申込画面(申込期間:5/2(月)14時~5/23(月)17時) からお申し込みください。

    塾生・一般生浜学園塾生でない方でマイページをお持ちの方はマイページからお申し込みが便利です。

    (なお、塾生の方はマイページからお申し込みください)
    • 公開日:2022年04月20日
    • 佐藤ママとZoom座談会「中学入試を成功に導く学年別学習スケジュールの立て方」
  • 趣旨
      このたび、「中学入試を成功に導く学年別学習スケジュールの立て方」と題して浜学園アドバイザーの佐藤亮子さんと浜学園算数科主管の村田竜祐先生が浜学園,駿台・浜学園の保護者を応援するためにZoom座談会を実施いたします。ここでは、中学入試を見据えた塾通いをされている方、また塾通いの予定のある方を対象に小1~小5までの日々の学習スケジュールの立て方を学年別にお話しさせていただきます。
      座談会の流れは、佐藤さんと村田先生が親の立場と先生の立場でお話しします。また、事前質問にもできるかぎり答えていきます。
      この機会にぜひご参加いただき、新学年のスタートダッシュに役立てていただければ幸いです。
    対象
    小1~小5生の保護者
    Zoom実施日
    6月1日(水)
    12:30~14:30(Zoom講演会)
    14:30~15:00(チャット感想タイム)
    弁士
    浜学園アドバイザー 佐藤亮子様
    浜学園教科指導部次長,算数科主管 村田竜祐
    参加料
    塾生:330円
    一般生浜学園塾生でない方:550円(クレジット決済のみ)
    ※ 座談会が中止にならない限り返金は致しかねます。また、録画放映も致しませんのでご了承ください。
    事前質問について
    事前質問の募集は5月28日(土)17時で締め切らせていただきます。ご了承ください。
    ※事前質問はお申込みの際にご記入いただけます。
    注意事項
    定員になり次第、申込受付を終了いたします。お早めにお申し込みください。

    座談会には、パソコン,タブレットでご参加いただけます。Zoomはアカウント登録なしでも利用できます。
    Zoomミーティングに参加するための情報は5月30日(月)にメールにてお知らせいたします。(お知らせメールが迷惑メールフォルダに入る場合がございますのでご注意ください。)
    また、予めZoomアプリをインストールしていただき、動作確認(https://zoom.us/test/)していただく必要がございます。
    Zoomアプリの利用についてご不明の方は、Zoomヘルプセンター(https://support.zoom.us/hc/ja)でご確認ください。
    申込方法
    参加ご希望の方は インターネット申込画面(申込期間:5/6(金)14時~5/29(日)17時) からお申し込みください。

    塾生・一般生浜学園塾生でない方でマイページをお持ちの方はマイページからお申し込みが便利です。

    (なお、塾生の方はマイページからお申し込みください)
    • 公開日:2022年04月19日
    • 第2回「学力診断無料オープンテスト」
  • 趣旨
     子供たちの学力低下問題は中学受験をするしないに係わらず、保護者の皆様にとって最大の関心事だと拝察いたします。
     さて、このような昨今の状況を踏まえ浜学園では年4回塾生でない一般の方を対象に国語と算数の分野別習熟度の点検を目的とする「学力診断オープンテスト」を無料で実施しております。この機会に大勢の皆さんが積極的に参加し、現在の学力を点検されることをお勧めいたします。
     なお、本テストは「入塾テスト」ならびに「講習会受講資格判定テスト」を兼ねております。
     みなさん全員に参加賞を進呈します。
    対象
    小1~小6の一般生浜学園塾生でない方
    実施日
    6月4日(土)・6月5日(日)
    実施時間
    学年 小1・小2 小3~小5 小6
    科目 算数25分・国語25分 算数30分・国語30分 算数45分・国語40分
    午前の部 10:30~11:50(両日) 10:30~12:10(両日)
    午後の部 14:30~15:50(4日)
    13:30~14:50(5日)
    14:30~16:10(4日)
    13:30~15:10(5日)
    ※両日、両時間帯とも同じ内容です。ご都合のよい日時・会場を選んで、ご参加ください。
    ※午後の部の実施時間は6月4日(土),5日(日)では異なりますのでご注意ください。
    実施会場
    浜学園 全教室
    ※天王寺教室は本館にて実施します。
    ※名古屋教室では6月4日(土)午前・午後の部ともにウインクあいちにて実施します。
    科目
    算数・国語
    答案処理
    答案(小1~小5はデジタル採点処理された答案)・「個人成績表」を添えて、約10日後に返却いたします。(小1~小5の「個人成績票」は実施後最初の木曜日に一般生浜学園塾生でない方用マイページにも掲載します。)
    持ち物
    硬度(濃さ)Bの鉛筆と、よく消える消しゴム
    費用
    無料
    お知らせ
    ご質問等ございましたら各教室にお問い合わせください。
    また、本イベントと同時並行して「保護者説明会」を実施する教室もございます。是非ご参加ください。
    申込方法
    参加ご希望の方は インターネット申込画面(申込期間:4/30(土)14時~各実施日の前日17時) からお申し込みください。

    塾生・一般生浜学園塾生でない方でマイページをお持ちの方はマイページからお申し込みが便利です。

    (なお、塾生の方はマイページからお申し込みください)

入塾テストについて

入塾をご希望の方は下記のいずれかのテストを受験し、入塾資格を取得してください。

公開学力テスト 無料オープンテスト 土曜入塾テスト 特別扱い入塾テスト
学年 学年によりテストは異なります。詳細は入塾説明会にご参加いただくか、お電話でお問い合わせください。
費用 有料 無料 無料 無料
申込 必要 必要 不要 必要
実施日 毎月第2日曜 年4回(2月・6月・11月・1月) 毎週土曜14:30~ ご都合に合わせて
各教室にて実施
入塾判定の
お知らせ
その週の木曜に
郵送で通知
実施の約10日後に
郵送で通知
その場で判定 その場で判定
答案返却 あり あり なし なし
その他 成績及び順位、偏差値
も併せて通知
成績も通知 - -

大和八木教室の写真

イメージ
ビル入口
イメージ
事務所受付
イメージ
301号室
イメージ
302号室

大和八木教室責任者より一言

「こんにちは~」大きな元気な声であいさつして入ってくる子。少し恥かしそうに小さい声であいさつして入ってくる子。元気なさそうにうつむいて入ってくる子。色んな生徒が受付を通って教室に入ってきます。
一人一人の小さな変化も見逃さないように注意しながら職員が温かく出迎えています。親代わりに厳しく怒ったり、うれしい時には一緒になって喜んであげたり、生徒と心の通った対応ができる教室です。
最難関中から難関中まで幅広い志望校に合格していただけるよう講師・職員一同全力で応援させていただきます。
【教室からのアピール】
①合格実績
  毎年、奈良をはじめ近畿圏の最難関中・難関中に多数の合格者を輩出しています。
② 安全・安心な通塾環境
  近鉄の大和八木駅の改札口から徒歩1分。教室の隣には交番があり治安の心配がいりません。
③ コロナウィルス対策
  手指の消毒・マスクの着用の徹底。各教室には窓が多くあり、強力な換気装置で絶えず空気の入れ替えを行っています。
④ 自習室の設置
 自習室を常時開設しています。ご家庭で静かに勉強ができない場合は何時でもご利用いただけます。

大和八木教室で開催の入塾説明会(保護者説明会)

実施日

※実施日の前々日以降の申込は、直接教室へお電話ください。

お子さまのお名前(カタカナ)

姓:

名:

電話番号

メールアドレス

学年

※学年選択は現学年でお願いします
※4月1日からは新学年で選択ください

説明会の参加人数

お申込のきっかけ

個人情報登録の同意について

大和八木教室出身者の合格体験記

  • 将らず、迎えず、応じて、蔵めず
    • 将らず、迎えず、応じて、蔵めず
    • N.O. さん

    • 大阪教育大学附属天王寺中学校合格
      奈良学園中学校合格

    •  私は受験を通して様々なことを知りました。その中でも、皆さんに知ってほしいのは、勉強のためであっても欠いてはいけないものがあること、そして気の持ちようがすごく大切なことです。

       私は算数がとても苦手です。入試前までになんとかしようと、受験直前は大幅に勉強時間を増やしました。しかし、苦手を何とかしようと思いすぎるあまり睡眠時間を減らしてしまったのです。睡眠時間を減らしたことで頭痛が起こるようになり、勉強に集中できなくなってしまいました。これでは本末転倒ですし、本番にも影響が出てしまいます。このような経験から、新6年生はじめ受験を考えている方々はどれだけ勉強が忙しくても、健康にだけは気をつけてほしいと思います。

       もう一つ、私の経験から伝えたいことがあります。それは、気の持ちようが受験に大きく影響することです。私は緊張に強いタイプですが、それでも受験は緊張するものです。実をいうと、私の合格した2校は、どちらも追加合格です。あと少しで一発合格できたのに、何かが少し足りなかったということです。今年はコロナの影響で出題の形式が大きく変わった学校もありました。受験の出題形式は、いつ、どう変わるかわかりません。私は「あのとき色々な形式の問題をもっとたくさん解いておけば…」と今でも思う時があります。ですから、皆さんには、受験する学校はもちろん、受験しない学校の問題もたくさん解いて、受験の時に「どんな問題がきても大丈夫だぞ!」という状態で受けてもらいたいと思います。知らないような問題形式で不安になりながら解くのと、どっしりと構えて、安心して受けるのでは結果が大きく変わると思います。そして、不合格だったからとくよくよしないことです。私のように追加合格できるかもしれないし、「第一志望でない学校が結構よかった」なんてこともあるかもしれません。不合格が続き、不安になったことで私はおなかがいたくなりました。「病は気から」とはまさにこのことです。ぜひ、最後まで希望を持って下さい。

       皆さんには、将らず(おくらず)、迎えず(むかえず)、応じて(おうじて)、蔵めず(おさめず)努力し、合格をつかみとってほしいです。

  • 浜学園での成長
    • 浜学園での成長
    • A.N. くん

    • 大阪教育大学附属天王寺中学校合格
      東大寺学園中学校合格
      西大和学園中学校合格
      奈良女子大学附属中等教育学校合格

    •  僕が志望校を大阪教育大学附属天王寺中学校にしたのは5年生のころです。
       浜学園には5年生の12月から通い始めました。最初の頃は授業の内容についていくことができずくじけそうになりました。しかし、浜学園の復習テスト後の相互採点や公開学力テストの順位の掲示などといった様々なしかけによって僕の士気が高まりました。その甲斐があったのか翌年の4月にはVクラスに上がることができました。また、周りの友達も勉強への意欲が高くお互いに切磋琢磨することもでき、学力の向上につながりました。
       ところで、僕の志望校は他の私立中学校の入試と違って特色のある入試を行っている学校です。それは、家庭科、図工、音楽、体育の副教科と作文があるということです。その中で作文には特に力を入れました。自分で書いた作文を先生に提出してチェックしてもらい、それを次に活かすということをしていました。先生の添削はキメ細やかで、まるで小学生の作文の添削とは思えない程厳しく心がくじけそうになりました。志望校以外にも記述の長い学校の過去問や意味が分からなかった言葉や書けなかった漢字を詳しく解説して頂いたり、算数で使うテクニックや社会の歴史の問題の解き方を教えて頂いたりしました。また、理科の過去問では解き直しをしてほしいところなどをしっかりと書いて頂いたりして、とてもタメになる経験ができました。僕の提出した解答を細かく見て、しっかりと添削をして頂いた先生方には感謝の気持ちしかありません。
       6年生の一年間は心底、浜学園で勉強をしてよかったと思える日々でした。ありがとうございました。

  • やり抜いた3年間
    • やり抜いた3年間
    • M.N. さん

    • 帝塚山学院中学校合格

    •  私は、公立中学校に行きたくなかったので、小4の6月から浜学園に入塾しました。4年生のころは「しんどい」とか、「いやだ」と思うことはあまりありませんでしたが、5年生になるとだんだんと塾に行く回数が増えたり、宿題の量が多くなってきたりして「もういやだ」と思うことが多くなりました。けれど、両親が「ここでやめたら今までの努力がむだになるよ」と言ってくれたので、「たしかに、そうだな!」と思って続けました。そして6年生になるとさらに勉強の内容が難しくなっていきました。なので夏休みのあいだは遊ぶ時間を減らして、人一倍勉強しました。
       そして、入試直前特訓は西大寺教室に行き、授業が始まる前までに復習をしたりして入試の前日までしっかりと復習しました。当日はたくさんの人が来ていたので、自分はきちんと合格できるのか不安になりましたが、たくさんの人たちの言葉を思い出して最後までやりとげることができました。結果は1次A入試が、関学コース合格。E入試はヴェルジェコースの特待Ⅱに合格。1次B入試はヴェルジェコースに合格することが出来ました。また、同志社国際中学校の入試も受けましたがチャレンジ校だったので不合格でした。でも、公立中学校に行かなくても良くなったので、うれしかったです。
       最後に、私が帝塚山学院中学校に合格できたのは、浜学園の先生方やお父さんやお母さん、私を応援してくれた人たちや、塾の友達などのいろいろな人たちの支えがあったからだと思いました。今までほんとうにありがとうございました。これから受験をする人たちや受験を考えている人たちもがんばって合格してください。私はこれからも勉強をがんばり続け、これからの学生生活を大いに楽しみたいです。

  • 受験直前の大きな決断
    • 受験直前の大きな決断
    • 庄 実和 さん

    • 四天王寺中学校合格
      帝塚山中学校合格
      岡山中学校合格

    •  私は、4年生の春から浜学園に入りました。どの科目も授業をしてくださる先生方が大好きでした。私が通っていた大和八木教室では、質問に行くと、どんな小さなことでも先生たちは熱心に、理解できるまで、教えてくださいました。教室の温和な雰囲気も大好きで、一度も浜学園に行きたくないと思ったことはありませんでした。特に小6マスターコースの先生方の授業は面白くて、理解しやすかったです。先生方は、勉強以外でも生活の仕方や、時間の使い方など様々なことを教えてくださいました。毎回の授業では、どんな新しいことを聞けるのか楽しみでした。ずっと4科受験のつもりでしたが、10月に入ってから突然、社会の偏差値が30台というとんでもないところまで連続して落ち込み、残り2ヶ月で挽回できるのか、とても悩みました。また、社会をやめることで受験が不利になってしまわないかと不安にもなり、楽しみにしていた社会の授業を受けられなくなることも嫌でしたが、結局、何人かの先生や教室のマネージャーにも相談して、直前になって3科受験に変更することを決断しました。その時、親身に相談にのっていただいたおかげで、不安はなくなり、理科や算数により集中して、勉強できるようになりました。その後は緊張することなく、普段通りの気分で毎日を過ごすことができました。また、受験当日も先生に沢山の声をかけてもらい、自信を持って受験できました。当日のミニ講義では、見直した漢字が本番の入試でも出題され、最後まであきらめないことの大切さを学びました。心配してくださった先生方、マネージャーや事務の方々が、合格の報告に行った時にとても喜んでくださり、心の底から嬉しかったです。3年間、私に沢山の声をかけ、いつも励ましてくださり、本当にありがとうございました。気持ち良く勉強をする環境を整えてくれた家族にも本当に感謝しています。

       皆さんも受験勉強中には、悩むことや辛いこともあるかもしれませんが、先生方のご指導をしっかりと心にとめ、最後の最後まで、沢山のテストや教材をこなしてきた自分を信じて、あきらめずに頑張ってください。

  • 浜学園での3年間
    • 浜学園での3年間
    • 古家一 慶太 くん

    • 洛南高等学校附属中学校合格
      西大和学園中学校合格
      函館ラ・サール中学校合格
      愛光中学校合格

    •  僕は、4年生から入塾しました。明石教室にVクラスがなかったのでSクラスからのスタートでした。4年生の最初の方は、浜学園の雰囲気に圧倒されて、最高レベル特訓の授業を最初のころ2回も休んでしまいました。慣れるのに時間がかかりましたが、なんとか慣れて、最高レベル特訓でもベストにのるくらいまで出来る様になりました。公開学力テストでも良い成績をとれて、灘中合格特訓にも通い始めました。

       5年生からは転校したこともあり、大和八木教室に通うことになりました。最高レベル特訓は西大寺教室へ通い、たくさん友達ができて楽しく授業を受けることが出来ました。

       その調子で6年生になりました。だいぶ前から第一志望は灘中に決めていました。春期講習でM灘コース国語の0組に入る事が出来た時はとても嬉しかったです。夏期講習がとてもしんどく、マスターコースと同時に授業をこなすのは大変でした。そのしんどさを経験した事は、受験本番の2日目に役立つと思います。冬期もとてもしんどかったです。入試直前特訓PART1,PART2では1冊のノートに問題と解き方を一つにまとめたノートを作り、受験当日にも持参しました。不思議と灘中の入試では緊張しませんでした。

       最終的に洛南高附属中に進学することになりましたが、良かったと思っています。浜学園の先生方、事務の方のおかげです。ありがとうございました。

  • Sクラスからの下克上
    • Sクラスからの下克上
    • 竹川 大翔 くん

    • 大阪星光学院中学校合格
      西大和学園中学校合格
      帝塚山中学校合格
      奈良学園中学校合格
      北嶺中学校合格

    •  僕は小学4年生から浜学園に入り、最初はHクラスで6月にSクラスに上がることができました。そこからはなかなか成績があがらず公開学力テストでもいい成績があまりとれませんでした。

       だけど、5年生になるとちょっとずつ成績が伸びていき、5年の7月にVクラスに上がることができました。その時は大和八木教室のVが6名でV6になれてうれしかったです。この時の友達と勉強できて塾が楽しかったです。だけど、2か月後Sクラスに落ちてしまいました。そこからはVクラスに上がれるように頑張りましたが上がれませんでした。

       6年生なるとき上本町教室に春期講習を受けに行き、勉強時間と気合も十分に増やしたのにマスターコースの順位が1位ではなくなり、さらに、成績が伸びず徐々に落ちてしまいました。あせりとプレッシャーに負けそうでした。星光入試練習の1回目も不合格、2回目と3回目が合格、4回目は不合格でした。

       秋は学校の運動会と修学旅行の時期が大変でした。体もしんどいし宿題ができなくてつらかったけど、「小学校のこの時期を楽しめるのはこの時だけ」と親が言ってくれたので、終わったら受験に取り組もうと決めて行事を楽しみました。11月後半からは、集中して勉強できるよう朝早くおきて計算問題を5分、過去問を1科目解いて学校へ行きました。分からない問題は何度も丁寧に取り組みました。学校別に6年、4科目×3校ファイルにいれてあるのを毎日毎日やりました。

       入試直前特訓PART1のテストでは運命の順位でランクインすることを目標にがんばり、ランクインしたときは、心で小さく「よし」と思いました。また、先生に国語の採点や算数の間違えた過去問のノートを見てもらったりして、得意な理科を落とさないように努力しました。おかげで入試直前特訓では私語厳禁で必死に勉強をして星光中プレ入試ではなんと理科が1位でした。入試直前特訓の早朝特訓では3科で13位と良い成績でした。気持ちを整えて入試を万全の状態で備えることができました。

       合格できたのは、4年からお世話になったアドバイザーの先生、両親やお世話係の人や一緒に頑張った友達のおかげです。

  • ぼくの勉強生活
    • ぼくの勉強生活
    • 飛鳥井 健太 くん

    • 清風中学校合格
      明星中学校合格
      岡山中学校合格

    •  ぼくは4年生の始めにHクラスで浜学園に入塾しました。そのころは学校の友だちといっしょに通塾していて、塾での話も分かってくれて、浜学園に通うことも楽しかったです。5年生も同じようにすごしました。でも6年生に入ったとき、その友だちが浜学園をやめてしまいました。悲しんでいると、「受験は自分のためにやるものよ」とお母さんに言われました。その時からできるかぎりの勉強をしました。6年生の前半、日曜錬成特訓の復習とマスターコースの宿題をどちらもやらなければいけないのでとても大変でした。しかし、あと○○日という掲示を見て、「あと○○日しかない。だからがんばって合格できるように○○日がんばろう」と思いがんばりました。夏になると、日曜錬成特訓が日曜志望校別特訓に変わり、しかも夏期講習とマスターコースもありました。宿題が急激に増え、かなりしんどかったです。しかし、秋になるとマスターコースが復習の範囲に入り、いままで勉強してきたまとめのようなものになっていったので、「ここはできてる!」や「ここをもう少しやらなければ」と目に見えてしっかり復習できるようになりました。受験本番が近付き冬になると、ほぼ休みがなくなり毎日通塾しなければいけないので、心も体もつかれてきます。でも心の中で合格宣言をするたびに「合格しなければ」という気持ちが高まり、自然にがんばることができました。そして本当の受験本番!本番になると「緊張しないだろ~」と思っていたけどガチガチに緊張して不安がおそってきました。先生と合格宣言をしたら、少し緊張がとけ、落ち着いて問題が解けました。そして合格しました!受験が終わってからリラックスのしすぎもよくないと聞いたので、ちょっと緊張しているぐらいの方がいいのかなと思いました。今受験勉強中の皆さんは、Hクラスの僕も全ての学校に、そして清風中学の理Ⅲコースに合格できたので「自分は無理だ」と思わずにがんばって勉強してください!そうすればきっと合格するはずです。最後に浜学園の先生方ありがとうございました。そして受験生の皆さんがんばってください!

  • 栄光の東大寺
    • 栄光の東大寺
    • 松尾 葉月 くん

    • 東大寺学園中学校合格
      大阪星光学院中学校合格
      西大和学園中学校合格
      帝塚山中学校合格
      愛光中学校合格
      東海中学校合格

    • (はじめに) 僕は新4年生の2月に浜学園へ入塾しました。初めの頃は勉強内容が小学校のものとは違い、ついて行くことに必死でHクラスでした。そこからコツコツと勉強をしていき、6月にSクラス、10月にVクラスに上がることができましたが、公開学力テストの偏差値は56~58辺りだったので、復習テストで必死に点数を稼ぎ、クラスを維持していました。5年生になると、社会や最レ算数が始まって宿題が多くなりました。特に夏期講習は辛かったです。ですが、そのおかげで1月には公開学力テストの偏差値が念願の60に達しました。
      (6 年 春) この頃、僕は灘中を目指して春期講習はM灘コースに行きました。しかし、内容も難しく必死に食らいついていました。そんなまま春期講習が終わると、奇跡が起きました!5月の公開学力テストで3科13位、4科7位という今までにない成績がとれました。すぐに灘中合格特訓に通いました。
      (6 年 夏) 7月から日特M灘コースが始まり、宿題をこなすことが難しくなりました。ここまでは良かったのですが、夏期講習も重なり、8月の灘中オープンでA判定をとれず、志望校を東大寺中に変更しました。
      (6 年 秋) 過去問を解き始めました。初めのうちは点数がとれませんでしたが、次第に合格点がとれるようになりました。社会に救われたこともありました。東大寺中プレや入試練習があり、プレでも24位と上々でした。
      (入試直前期) 趣味の時間も作ってリラックスしていました。星光中プレでは算数1位、総合3位でした。家族の支えもあって、万全の状態で入試に臨むことができました。
      (最 後 に) 浜学園に入塾して良かったと思うことは、たくさんの友達ができたことです。前日のおやすみコールと友達のおかげで、入試当日も安心して試験を受けることができました。浜学園の先生方、教室職員の皆さん、友達、そして僕を浜学園に通わせてくれた両親、応援してくれた弟たちみんなに心から感謝しています。

  • かたの荷がおりたとき
    • かたの荷がおりたとき
    • 森仲 未来翔 くん

    • 奈良学園中学校合格

    •  ぼくが合格した学校は奈良学園です。ぼくは、受験の初日、あまりに緊張しすぎて食欲もあまりわいてこなかった。いままで毎週、浜学園に通いつづけた努力の結果が出るという思いと、もし3日とも合格できなかったらどうしようという思いとがあった。そして、2日目にB日程のテストが終わった。そのころにはもう食欲が出てきて、合格発表の紙がはり出されたときに、食堂でワカメうどんを食べていた。食堂から見ていると喜んで飛びはねながら帰っている子もいれば、かたを落として親になぐさめられながら帰っていく子もいた。ぼくはどっちだろうと思いながらうどんを食べ終え、合格発表の紙に書いてある数字を目でゆっくりと追っていく。10番目くらいまで見るとぼくより先に母親が「あった、あったで」と喜んでいた。さがしていくと、最後の方にぼくの受験番号を見つけた。すごい達成感があった。そして、合格するまでの日々が思い出された。一番しんどかったのは入試直前特訓PART2だった。このころになってくるとだんだんと体力的にしんどいのではなく、心が重くなってきてつらかった。合格して、心の重さがぜんぶ吹きとんだ。そしてみんなから期待されていたときのかたの荷がおりた。ぼくのことを応援してくれた人たちにまっさきに電話をかけた。そしてうれしくてうれしくて、またおなかがすいてきて今度は最初食べようと思わなかったカツ丼を食べた。これから受験をするみなさんへ、ぼくが受験をしに行ったときに毎回のテストが終わるたびに、「簡単すぎる」などと言ってわざわざこっちがわにプレッシャーをかけようとする人がいた。あまり受験のときは周りに左右されないほうがいい。心がゆらいでしまうと、それだけミスをしやすくなるので、プレッシャーをはねのけてやる!ぐらいの勢いで受験に臨んでいってほしいと思う。浜学園で勉強できて本当に良かったです。ありがとうございました。

大和八木教室の開講コース

学年名称
小2
土曜マスターコース
習い事の兼ね合いや近辺に浜学園教室がないなどの理由で、マスターコースへの通塾が難しい方に最適のコース。週1回(土曜日)の通塾で、マスターコースの講義内容を受講できます。
学年名称
小3
土曜マスターコース
習い事の兼ね合いや近辺に浜学園教室がないなどの理由で、マスターコースへの通塾が難しい方に最適のコース。週1回(土曜日)の通塾で、マスターコースの講義内容を受講できます。
学年名称
小4
マスターコース
浜学園受験指導の中心となるコースです。中学受験に必要十分な学力の習得を目標に指導します。経験豊富な講師陣が学習計画表に基づいて指導するので効率的に学習できるほか、毎回実施する復習テストにより各単元ごとの到達度を測るとともに答案作成能力も培われます。
学年名称
小5
マスターコース
浜学園受験指導の中心となるコースです。中学受験に必要十分な学力の習得を目標に指導します。経験豊富な講師陣が学習計画表に基づいて指導するので効率的に学習できるほか、毎回実施する復習テストにより各単元ごとの到達度を測るとともに答案作成能力も培われます。
学年名称
小6
マスターコース
浜学園受験指導の中心となるコースです。中学受験に必要十分な学力の習得を目標に指導します。経験豊富な講師陣が学習計画表に基づいて指導するので効率的に学習できるほか、毎回実施する復習テストにより各単元ごとの到達度を測るとともに答案作成能力も培われます。

時間割

教室へお問い合わせください。

大和八木教室で開催の入塾説明会(保護者説明会)

実施日

※実施日の前々日以降の申込は、直接教室へお電話ください。

お子さまのお名前(カタカナ)

姓:

名:

電話番号

メールアドレス

学年

※学年選択は現学年でお願いします
※4月1日からは新学年で選択ください

説明会の参加人数

お申込のきっかけ

個人情報登録の同意について

大和八木教室の近隣ネットワーク

大和八木教室は上本町教室西大寺教室と比べ、小規模教室となります。
小規模教室のメリットを最大限に活かし、生徒・保護者様と密な関係を築いています。また、各種特訓講座は上本町教室西大寺教室に設置されているため、必要に応じて(例えば日曜日のみ等)これらの大規模教室で受講いただくこととなります。
当教室から小規模教室のメリットと大規模教室のメリットを共に受けるという選択も是非ご検討ください。