中学受験は、心身ともに大きくステップアップするチャンスです。
浜学園は中学受験生に寄り添っていきます。

最寄りの教室を探す

教室案内

天六教室
06-6292-3100
住所:
〒530-0022 大阪市北区浪花町14-25(KRD天六ビル2F)
アクセス:
地下鉄堺筋線・谷町線、阪急千里線 天神橋筋六丁目駅10番出口すぐ
休館日について
日曜日はテスト等のイベントがない限り、基本的には閉館しております。
イメージ 詳しい周辺地図をGoogle Mapで開く

天六教室で開催の入塾説明会(保護者説明会)

実施日

※実施日の前々日以降の申込は、直接教室へお電話ください。

お子さまのお名前(カタカナ)

姓:

名:

電話番号

メールアドレス

学年

※学年選択は現学年でお願いします
※4月1日からは新学年で選択ください

説明会の参加人数

お申込のきっかけ

個人情報登録の同意について

天六教室で実施のイベント

    • 公開日:2022年05月05日
    • 「灘中日本一模擬入試」自宅受験のお知らせ
  • 趣旨
      いよいよ小6生の入試本番まであと8ヵ月となり、灘中をはじめ男子最難関中を受験する小6生は来年1月の入試当日に向けて一心不乱に勉強に取り組んでいることと拝察いたします。入試本番に向けて不安な教科・単元については徹底的に対策を立てて不安を全て払拭すると同時に、自信のある得意な教科・単元についてはより得点が稼げるよう、入試当日に最高の力が発揮できるように現在の自信をさらに確固たるものとするべく、日々努力を重ねていることでしょう。
      ただ、灘中をはじめ男子最難関中の入試本番はそんなに甘くはありません。夏休み前に受験生は難問・超難問に精一杯チャレンジして、その結果を参考にし、自分の夏休みの課題をしっかり見つけていただきたいと思います。従って、男子最難関中を志望する受験生は、少しでも時間があれば中学入試の天王山である夏休み42日間の前に入試本番とそっくりなテストである「灘中日本一模擬入試」に是非チャレンジして欲しいと思います。
      このような時期でありますので、灘中を少しでも考えている受験生が1人でも多く受験できるように、無料で自宅受験として実施させていただきますので、是非参加していただきたいと思います。また、Mコースで東大寺中・洛南中・西大和中・甲陽中・星光中・洛星中の6つの男子最難関中を第1志望としている受験生にも是非チャレンジしていただき、夏休み前に小6生となって受験勉強に頑張ってきた5ヵ月間の成果を試していただきたいと存じます。従って、今回は過年度の同時期に受験した先輩(灘・東大寺・洛南・西大和・甲陽・星光・洛星を志望する過年度の小6生)の成績の入った分布表と今回受験した皆さんたちだけの分布表の2種類を提供します。この大母集団の中での成績比較は、夏休みに向けての受験勉強の大事な指針となるものだと思いますので、M灘コース生,Mコース生全員の受験を是非おすすめします。
    対象
    灘中をはじめ男子最難関中(灘・東大寺・洛南・西大和・甲陽・星光・洛星中)を志望する小6生(飛び級生は不可)
    実施日時
    6月18日(土)8:00~13:10
    実施方法
    自宅受験して6月18日(土)中に浜学園M灘コース事務局までお送りください。6月18日(土)に学校があり実施できない場合は、6月19日(日)に時間を5時間10分とって実施いただき(あるいは6月18日(土)と6月19日(日)に分けて実施いただき)、下記住所宛にご投函ください。(6月20日(月)消印有効。なお、郵送料は受験者負担となりますので、ご了承ください。)また、6月19日(日)に開館している浜学園事務室でもご提出いただけます(開館状況と営業時間を予めお確かめください)。
    答案郵送先:662-0832 兵庫県西宮市甲風園1丁目5番24号 アーク西宮北口ビル5F 浜学園M灘コース事務局
    テスト時間割
     
    8:00~ 8:40 灘中入試一日目形式の国語テスト(40分間)
    8:45~ 9:45 灘中入試一日目形式の算数テスト(60分間)
    9:50~10:50 灘中入試一日目形式の理科テスト(60分間)
    10:55~12:05 灘中入試二日目形式の国語テスト(70分間)
    12:10~13:10 灘中入試二日目形式の算数テスト(60分間)
    ※自宅でこの時刻に取り組んでください。
    受験料
    無料
    答案処理
    答案は、得点分布表(今回の受験者のみと過年度の同時期に受験した先輩の人数も入れた分布表の2種類),個人成績表,灘中日本一模試合格判定基準表,解答・解説を添えて約15日後7月3日(日)以降に返却いたします。
    (ただし、期限内に全科目の答案を郵送された方のみ、答案といっしょに解答・解説を発送させていただきます。)
    Web解説
    答案返却後、各教科のWeb全問解説で徹底的に復習が出来ます。(ただし、期限内に全科目の答案を郵送された方のみ、Web解説を配信させていただきます。)
    申込期間
    5/5(木・祝)14時~6/8(水)17時
    申込方法
    参加ご希望の方は インターネット申込画面(申込期間:5/5(木・祝)14時~6/8(水)17時) からお申し込みください。

    塾生・一般生浜学園塾生でない方でマイページをお持ちの方はマイページからお申し込みが便利です。

    (なお、塾生の方はマイページからお申し込みください)
    • 公開日:2022年05月02日
    • 浜学園 副理事長・橋本憲一 × 医学博士・吉田たかよし先生Zoom講演会「脳医学が解き明かす! 合格実績を出し続ける浜学園の勉強法」
  • 概要
      最難関、難関中学の合格実績を出し続ける浜学園の勉強法と、保護者の家庭での関わり方について、浜学園副理事長(前学園長)橋本憲一と、医学博士(浜学園教育顧問)の吉田たかよし先生が解説します。
    対象
    小1~小6生の保護者
    実施日
    5月26日(木) 10:30~12:00
    会場
    Zoomウェビナー
    内容
     
    1.「浜学園の実績と3つの勉強法」
    弁士 浜学園副理事長(前学園長)橋本憲一
    内容 スパイラル方式、復習とテスト、実績の積み上げによるプラスの効果
    2.「脳医学が解明する 浜学園の学習法と実績の関係」
    弁士 医学博士 浜学園教育顧問 吉田たかよし先生
    内容 復習主義、テスト、クラス編成が合格実績に結びつく理由を脳医学で解明
    3. 対談「「ついついしてしまうNG行動… 家庭での保護者の関わり方」
    弁士 医学博士 浜学園教育顧問 吉田たかよし先生
    浜学園副理事長(前学園長)橋本憲一
    内容 実力テストが怖い… 保護者の心理
    勉強が好きになる! 子どもがフロー状態になるたった一つの方法
    子どもの弱点箇所はこう告げる「ポジティブフレームワーク」 など
    4. 質問タイム
    参加費
    無料
    プロフィール
    浜学園教育顧問・医学博士 吉田たかよし先生

    灘中学、灘高校、東京大学工学部(量子化学専攻)卒業。
    東京大学大学院(分子細胞生物学専攻)修了。
    東京大学新聞研究所修了(現・大学院情報学環)。
    北里大学医学部を経て東京大学大学院医学博士課程修了。
    現在、医師として受験生の脳機能や体調管理を専門に扱う心療内科院長を務める一方、学習カウンセリング協会代表として、受験生の脳機能やメンタル面の状態に適した勉強方法の普及活動に従事。
    注意事項
    定員に達し次第、申込受付を終了いたします。お早めにお申し込みください。
    講演会には、パソコン,タブレット,スマートフォンでご参加いただけます。Zoomはアカウント登録なしでも利用できます。
    Zoomミーティングに参加するための情報は5月24日(火)18時にメールにてお知らせいたします。(お知らせメールが迷惑メールフォルダに入る場合がございますのでご注意ください) また、予めZoomアプリをインストールしていただき、動作確認(https://zoom.us/test/)していただく必要がございます。
    Zoomアプリの利用についてご不明の方は、Zoomヘルプセンター(https://support.zoom.us/hc/ja)でご確認ください。
    申込方法
    参加ご希望の方は インターネット申込画面(申込期間:5/2(月)14時~5/23(月)17時) からお申し込みください。

    塾生・一般生浜学園塾生でない方でマイページをお持ちの方はマイページからお申し込みが便利です。

    (なお、塾生の方はマイページからお申し込みください)
    • 公開日:2022年04月20日
    • 佐藤ママとZoom座談会「中学入試を成功に導く学年別学習スケジュールの立て方」
  • 趣旨
      このたび、「中学入試を成功に導く学年別学習スケジュールの立て方」と題して浜学園アドバイザーの佐藤亮子さんと浜学園算数科主管の村田竜祐先生が浜学園,駿台・浜学園の保護者を応援するためにZoom座談会を実施いたします。ここでは、中学入試を見据えた塾通いをされている方、また塾通いの予定のある方を対象に小1~小5までの日々の学習スケジュールの立て方を学年別にお話しさせていただきます。
      座談会の流れは、佐藤さんと村田先生が親の立場と先生の立場でお話しします。また、事前質問にもできるかぎり答えていきます。
      この機会にぜひご参加いただき、新学年のスタートダッシュに役立てていただければ幸いです。
    対象
    小1~小5生の保護者
    Zoom実施日
    6月1日(水)
    12:30~14:30(Zoom講演会)
    14:30~15:00(チャット感想タイム)
    弁士
    浜学園アドバイザー 佐藤亮子様
    浜学園教科指導部次長,算数科主管 村田竜祐
    参加料
    塾生:330円
    一般生浜学園塾生でない方:550円(クレジット決済のみ)
    ※ 座談会が中止にならない限り返金は致しかねます。また、録画放映も致しませんのでご了承ください。
    事前質問について
    事前質問の募集は5月28日(土)17時で締め切らせていただきます。ご了承ください。
    ※事前質問はお申込みの際にご記入いただけます。
    注意事項
    定員になり次第、申込受付を終了いたします。お早めにお申し込みください。

    座談会には、パソコン,タブレットでご参加いただけます。Zoomはアカウント登録なしでも利用できます。
    Zoomミーティングに参加するための情報は5月30日(月)にメールにてお知らせいたします。(お知らせメールが迷惑メールフォルダに入る場合がございますのでご注意ください。)
    また、予めZoomアプリをインストールしていただき、動作確認(https://zoom.us/test/)していただく必要がございます。
    Zoomアプリの利用についてご不明の方は、Zoomヘルプセンター(https://support.zoom.us/hc/ja)でご確認ください。
    申込方法
    参加ご希望の方は インターネット申込画面(申込期間:5/6(金)14時~5/29(日)17時) からお申し込みください。

    塾生・一般生浜学園塾生でない方でマイページをお持ちの方はマイページからお申し込みが便利です。

    (なお、塾生の方はマイページからお申し込みください)
    • 公開日:2022年04月19日
    • 第2回「学力診断無料オープンテスト」
  • 趣旨
     子供たちの学力低下問題は中学受験をするしないに係わらず、保護者の皆様にとって最大の関心事だと拝察いたします。
     さて、このような昨今の状況を踏まえ浜学園では年4回塾生でない一般の方を対象に国語と算数の分野別習熟度の点検を目的とする「学力診断オープンテスト」を無料で実施しております。この機会に大勢の皆さんが積極的に参加し、現在の学力を点検されることをお勧めいたします。
     なお、本テストは「入塾テスト」ならびに「講習会受講資格判定テスト」を兼ねております。
     みなさん全員に参加賞を進呈します。
    対象
    小1~小6の一般生浜学園塾生でない方
    実施日
    6月4日(土)・6月5日(日)
    実施時間
    学年 小1・小2 小3~小5 小6
    科目 算数25分・国語25分 算数30分・国語30分 算数45分・国語40分
    午前の部 10:30~11:50(両日) 10:30~12:10(両日)
    午後の部 14:30~15:50(4日)
    13:30~14:50(5日)
    14:30~16:10(4日)
    13:30~15:10(5日)
    ※両日、両時間帯とも同じ内容です。ご都合のよい日時・会場を選んで、ご参加ください。
    ※午後の部の実施時間は6月4日(土),5日(日)では異なりますのでご注意ください。
    実施会場
    浜学園 全教室
    ※天王寺教室は本館にて実施します。
    ※名古屋教室では6月4日(土)午前・午後の部ともにウインクあいちにて実施します。
    科目
    算数・国語
    答案処理
    答案(小1~小5はデジタル採点処理された答案)・「個人成績表」を添えて、約10日後に返却いたします。(小1~小5の「個人成績票」は実施後最初の木曜日に一般生浜学園塾生でない方用マイページにも掲載します。)
    持ち物
    硬度(濃さ)Bの鉛筆と、よく消える消しゴム
    費用
    無料
    お知らせ
    ご質問等ございましたら各教室にお問い合わせください。
    また、本イベントと同時並行して「保護者説明会」を実施する教室もございます。是非ご参加ください。
    申込方法
    参加ご希望の方は インターネット申込画面(申込期間:4/30(土)14時~各実施日の前日17時) からお申し込みください。

    塾生・一般生浜学園塾生でない方でマイページをお持ちの方はマイページからお申し込みが便利です。

    (なお、塾生の方はマイページからお申し込みください)

入塾テストについて

入塾をご希望の方は下記のいずれかのテストを受験し、入塾資格を取得してください。

公開学力テスト 無料オープンテスト 土曜入塾テスト 特別扱い入塾テスト
学年 学年によりテストは異なります。詳細は入塾説明会にご参加いただくか、お電話でお問い合わせください。
費用 有料 無料 無料 無料
申込 必要 必要 不要 必要
実施日 毎月第2日曜 年4回(2月・6月・11月・1月) 毎週土曜14:30~ ご都合に合わせて
各教室にて実施
入塾判定の
お知らせ
その週の木曜に
郵送で通知
実施の約10日後に
郵送で通知
その場で判定 その場で判定
答案返却 あり あり なし なし
その他 成績及び順位、偏差値
も併せて通知
成績も通知 - -

天六教室の写真

イメージ
天六教室外観
イメージ
塾生用駐輪場
イメージ
受付
イメージ
授業風景
イメージ
感染対策

天六教室責任者より一言

よくいただくご質問は、「子どもとどう向き合っていったら良いですか?反抗して困るんです!」
 中学入試は、親が子どもとどう向き合っていくかということが大きなポイントとなります。
勉強が好きな子どもは、まず、いません。学年が上がっていくと、特に親の思い通りには、なかなかいかないものです。それは、子ども自身が自立してきた成長の証なのですが、我が子の事になると感情が先走り、親はそうとは、受け止められません。感情あらわに怒鳴ってしまっては、伸びる芽も切り取られるばかりではなく、子どももたまったもんではありません。
 本番の入試までは、長期戦です。どう子どもの気持ちを受け止めていくか・・・。入試に向かって、いかに上手に、子どもとの関係を作っていくか・・・。学習面だけではなく、入試への取り組みの親子の精神面は、合格への重要な大きな鍵となります。
 天六教室では、勉強面のサポートだけではなく、精神面までスタッフ自身の経験から親御様のさまざまなご質問に、母親目線でお答えし、志望校合格まで寄り添ってまいります。
 ご不安ご心配ごとがございましたら、まず、天六教室にご遠慮なくご連絡下さい。お待ちしております。
そして、ご縁あり、天六教室でお勉強いただけましたら、この上なく嬉しく思います。

天六教室で開催の入塾説明会(保護者説明会)

実施日

※実施日の前々日以降の申込は、直接教室へお電話ください。

お子さまのお名前(カタカナ)

姓:

名:

電話番号

メールアドレス

学年

※学年選択は現学年でお願いします
※4月1日からは新学年で選択ください

説明会の参加人数

お申込のきっかけ

個人情報登録の同意について

天六教室出身者の合格体験記

  • 受験生活で工夫したこと
    • 受験生活で工夫したこと
    • K.K. くん

    • 金蘭千里中学校合格
      片山学園中学校合格

    •  僕は、小6になる前の2月から浜学園に入塾しました。しかし、塾に通ったことがなかったため、最初は何もわからず、自分なりに一生懸命しました。
       僕がやった受験生活での工夫した点は三つあります。
       一つ目は、「計画を立てる事」です。まず一週間の計画表を作ります。一週間の内、どの日にどの教科をするのかを具体的に決めます。そして、春期講習や夏期講習などがあった時は、初日に最後までの計画を立てました。計画を立てる利点は、「今日はここをやろう!」とモチベーションが上がる事と効率良く勉強ができる事です。例えば、僕の場合は、毎日するもの→算数と社会(得意な教科)→国語と理科(苦手な教科)の順番でやっていました。モチベーションが上がるので、僕はこの様にする日が多かったです。
       二つ目は、「得意教科と苦手教科について」です。得意な教科は、ケアレスミスを減らすために、何回もくり返し読んだり、忘れてしまう部分や、やり方を忘れてしまった部分を復習しました。苦手な教科は、やり方や単語を何度も何度も復習しました。例えば、僕は理科の星の単元が苦手だったので、移動中の車で声に出して読んだり、家族に問題を出してもらったりしました。
       三つ目は「モチベーションの保ち方」です。勉強をしたくない時、眠い時、だるい時がありました。そんな時は学校の友達と学校で遊びました。その時は笑って楽しいし、受験の苦しさも忘れられました。だから、学校では受験の事を忘れて友達と楽しく遊んだ方が絶対に良いです。もう一つあります。音楽を聴く事です。音楽を聴くと、リラックスできます。寝る前のわずかな時間など、聴く日や時間を決めて、自分の落ち着く曲を聴いてみたら一日の楽しみになると思います。
       最後に、僕の受験生活をサポートしてくれた、浜学園の先生方、家族、応援してくれた人、本当にありがとうございました。そしてこれから受験に挑戦する人達は頑張って下さい!この体験記を見て少しでも役に立った、元気が出た、と思ってくれたらうれしいです!

  • 日曜志望校別特訓の勉強について
    • 日曜志望校別特訓の勉強について
    • 姜 雪児 さん

    • 開明中学校合格
      常翔学園中学校合格

    •  私は5年生の時に浜学園に入りました。
       初めはH2でH1に上がり、そしてまたH2に下がり、最終的にH1に上がることができました。
       私は普段あまり授業で発表することが少なく、5年生では先生に質問をしていたのですが、6年生では質問できなくなりました。私はそのとき質問していたらなと、後悔していました。
       日曜志望校別特訓では初めはずっと3組で、それからテストを頑張り2組に行くことができたのですが、最後のクラス替えで、3組に落ちてしまいました。
       日曜志望校別特訓は宿題も多く、長い時間授業を受けるのですが、日曜志望校別特訓の時に毎回、私のアドバイザーの先生が声をかけてくれたり、いっぱい質問できたりしたので、私は日曜志望校別特訓が好きでした。
       日曜志望校別特訓のあとの質問受けでは、いっぱい質問でき、質問受けの紙がうまることもありました。
       日曜志望校別特訓の最後の授業では、先生方からのメッセージが入った冊子や「絶対合格」と書かれたカードをもらいました。それを見てすごく力になりました。
       入試前日、アドバイザーの先生から応援の電話がかかってきました。私は前まですごくプレッシャーを感じました。だけど、いろんな励ましの言葉をかけてくれて、前向きになりました。
       入試の日、学校の門の前で、先生方が私に「頑張ってね」と励ましの言葉をかけてくれて、少し緊張が和らぎました。
       そして、私は第一志望校に合格することができました。ですが、これが終わりではないので、これからまだまだ頑張っていこうと思います。
       浜学園の先生方と職員の皆さん、お世話になりました。ありがとうございました。これからも頑張ります。
       4月に私は制服姿で入学式に行くのが楽しみです。

  • 最後まで気を抜かないこと。
    • 最後まで気を抜かないこと。
    • 尾内 優 くん

    • 大阪星光学院中学校合格
      西大和学園中学校合格
      清風中学校合格
      清風南海中学校合格
      北嶺中学校合格
      愛光中学校合格

    •  浜学園は小3までは最高レベル特訓算数のみ通っていました。2週間に1度の通塾だったので楽でした。小4からマスターコースを取り始めました。
       浜の講座の中で、小5の最高レベル特訓算数が特に良かったです。受講しているときは何も思わなかったけど、復習を何度かするうちに算数が目に見えて伸びてきました。小5の最高レベル特訓算数は何度も復習することをおすすめします。
       小学校低学年の時に行った文化祭がきっかけで、何度か足を運ぶ機会があり自然と星光が第一志望になりました。星光は国語の記述配点が高いのですが、記述には最後まで苦しめられました。国語以外はどの教科も比較的安定していたけれど、国語だけは思うように成績が上がらず、小6の国語の先生にとてもお世話になりました。復習テストや公開学力テストの添削もしてもらい、アドバイスも沢山もらいました。ようやく国語で点が取れるようになったのは何と11月後半。12月後半からスタートする入試直前特訓では国語でそこまで失点することなく問題にも落ち着いて取り組むことができるようになりました。
       また、日曜志望校別特訓の算数がとても良かったです。過去問添削のノート提出があるのですが、返却時には先生のコメントが各ページにびっしりと書かれていてすごくやる気がでました。これだけ先生も書いてくれているんだから落ちることは出来ないという気になりました。
       国語が直前期に伸びたこともあり、1月の星光中プレでは1位を取ることが出来ました。でもアドバイザーの先生から「1位でも安心しないこと。最後まで気を抜かない。油断大敵」と声をかけられたことを思い出し、過去のA判定は全部忘れて全力で取り組みました。
       星光をはじめとする学校に合格できたのは、家族の支えや浜の先生のおかげです。アドバイザーの先生、お世話係さん、日曜志望校別特訓1組担当の先生、国語の先生、天六教室の存在があったからです。本当にありがとうございました。
       長いようであっという間だった浜学園生活。しんどいこともあったけど、浜は楽しかったです!来年度以降の受験生の皆さん、頑張ってください。

  • 不安を乗り越える
    • 不安を乗り越える
    • K.Ⅰ. くん

    • 大阪星光学院中学校合格
      東大寺学園中学校合格
      明星中学校合格
      帝塚山中学校合格
      北嶺中学校合格
      愛光中学校合格

    •  僕は第一志望であった大阪星光学院中学校に合格することができました。僕が大阪星光学院中学校を目指そうと思ったのは2年生の時でした。目指したきっかけは、2年生と3年生の時に行った文化祭で、大好きだった将棋のクラブがあり、そのクラブに入りたいと思ったからです。僕の入塾は新小6の2月で、入った時はSクラスでした。初めての実力テストや宿題は難しく感じられました。しかし、努力を続け、偏差値が56を越えました。春期はテストが難しく、さらに7冠特訓に苦戦し、不安になりました。けれど、日曜錬成特訓で理科が理解できるようになり、立ち直ることができました。6月にはVに上がり、7月の日曜志望校別特訓も最難関1組に入ることができました。夏期講習では一生懸命になり、疲れていたので、少し成績が下がりましたが、後につながったと思います。9月からはM星光・東大寺コースに入りました。9月~11月は成績が安定しましたが、星光中入試練習の3回目で成績が下がり、さらに直前期には早朝特訓の成績が悪く、落ち込みました。けれど、星光中入試練習やプレ入試などの実戦で成績が良く、立ち直ることができました。6月ごろから目指した東大寺学園の第2回入試練習では、第1回の不合格だった結果をバネに合格することができました。1月4日から1月15日までにもう一度不安が襲ってきました。それは、疲れやコロナの流行で休んだことに対する不安とやるべきことに対する不安でした。しかし、母が「焦らなくていい」という言葉をかけてくれたことやおやすみコールで、安心して本番に臨むことができました。時間を計ったり、少しずつ毎日解いていくのが苦手だった僕が星光や東大寺に合格できたのは、白熱の理科や難問集などの直し、相談やアドバイス、先生方の指導があったからだと思っています。一年間短い間でしたが、細かく教えていただき、本当にありがとうございました。

  • 合格のために取り組んだこと
    • 合格のために取り組んだこと
    • K.H. さん

    • 大阪女学院中学校合格
      帝塚山学院中学校合格

    •  大阪女学院のオープンスクールに行って、この学校に入りたいと思いました。自然に勉強にもやる気が出てきました。入試説明会では、各教科の先生から、出題する分野、出題しない分野、しっかりやっておくべきところなどの詳しいアドバイスがもらえます。
       過去問は、12月末には5年分を解き終えるようにして、入試日までの直前の時期は出題されるところに的を絞った勉強をしました。
       まず、苦手な算数は計算を正解できるように取り組みました。あとは、よく出る分野をテーマ教材の例題から解き直しました。
       国語は、知識分野をがんばりました。「語句マスター1500」で四字熟語、慣用句、同音異義語の暗記を何度も繰り返しました。百人一首もできるだけ覚えました。
       理科は、物理化学分野が苦手なので、「暗記分野の踏破」を使って暗記分野に集中しました。
       社会は、説明会で出題範囲を知らせてもらえるので、テキストで出題範囲を繰り返し解いたり、これまでの公開学力テストを解いたりしました。あと、「日本のすがた」はグラフや統計がたくさんあってとても役立ちました。
       入試前日は先生と電話ができたし、入試当日も先生にお会いしたので、思ったより緊張せずにがんばれました。

  • 希望は最後まで!
    • 希望は最後まで!
    • 伊藤 優花 さん

    • 清風南海中学校合格
      大阪桐蔭中学校合格
      岡山中学校合格

    •  私の第一志望校は高槻中学校でした。受験1日目、高槻A日程の試験は順調だったけど、算数だけが全然出来なくて不合格でした。2日目午後の高槻B日程は、時間配分などに大失敗してしまい、大号泣しながら帰りました。また、2日目午前に受けた清風南海A日程もふだんどおりにやったけどうまくはいかず不合格。

       一番行きたかった第一志望校はA・B日程どちらの試験もダメだったし、清風南海A日程もうまくはいきませんでした。そのため、この調子だったらもう4日目の清風南海B日程も落ちてしまう。そうしたら、もうあとがない。その時、もう終わったと思いました。

       けれど、2日目の受験が終わって家に帰ってきてずっとずっと泣いていたら、お母さんに「ずっと落ちこんでいても、どうしようもないよ。自分の中で切り替えて最後の1校をがんばろうと思わないと、また落ちてしまうよ」と言われました。そして考えました。すぐに割り切り立ちなおることは少し難しかったけど、気持ちを切り替えました。「勉強しよう!」という気持ちに。明日一日勉強して、4日目の清風南海B日程に備えようと思い、苦手な算数、高槻受験でも失敗してしまった算数を復習しようと決め、清風南海の算数過去問を必死に勉強しました。

       すると、清風南海B日程の受験で、昨日勉強したものと似ている問題が数問出てきて、とってもすらすら解くことができました。結果は、合格でした。そのときは、うれしくてたまらなかったです。

       受験が終わった今思うと、声をかけてくれたお母さん、そして自分の力で悲しみから立ちなおり、あきらめずに最後までがんばったことが合格につながったのだと思います。だから、これから受験するみなさんも最後まであきらめずにがんばってください。最後の最後まで希望はあります!

       最後になりましたが、これまで支えてくれた先生方や声をかけてくれたお母さんに感謝でいっぱいです。

       

  • 合格への道
    • 合格への道
    • A.F. さん

    • 奈良学園中学校合格
      金蘭千里中学校合格

    •  私は、3年生の秋ごろから浜学園に通い始めました。最初は特に志望校などなく、少しでも良い点数が取れるようにと勉強する日々でした。4年生になって行った奈良学園中学校の入試説明会で学校を見学した時、ここに通いたいと強く思いました。入りたい学校は決まったのですが、どんな勉強をしたら学校の合格点が取れるのか私には、全然わかりません。両親に聞くと、「浜学園は長年中学入試の研究をして、たくさんの合格者を出しているから、浜のテキストをしっかりやってわかるようになったら大丈夫」と言ってくれたので、私はそれを信じて頑張ることにしました。

       浜学園の先生の授業は面白く、行くのが楽しみになる先生が何人もいました。浜学園に入ってから、特に理科が好きになりました。そして、元々は苦手だった算数も好きになりました。

       しかし、5年生の後半になって、段々と公開学力テストの点数がとれなくなってきました。そこで、今までに間違った問題のなおしノートを作ることにしました。すると、いつも同じような問題で間違っていることに気付きました。何回やってもあやふやでわからない問題は先生に質問して教えてもらいました。

       6年生の秋頃から、志望校の過去問をやりはじめました。学校ごとに全然テストの傾向がちがうので、とにかく奈良学園中学校の過去問をたくさんやって間違ったところを何度もくり返し復習しました。

       入試の日の前日、浜学園で奈良学園中学校用の直前対策の授業をしてくれたので、とても心強かったです。

       入試の本番も、今まで公開学力テストなどでテストになれていたので、全く緊張せずに受けることができました。

       無事、奈良学園中学校に合格することができて、最後まで浜学園で頑張ってきてよかったなと思います。ありがとうございました。

  • 今までと違う日曜日
    • 今までと違う日曜日
    • T.Y. くん

    • 大阪星光学院中学校合格
      西大和学園中学校合格
      清風南海中学校合格
      清風中学校合格

    •  僕は小3の冬期講習から浜学園に入塾しました。4・5年生の時は1週間のスケジュールとして日曜日は空いていたので結構遊んでいました。しかし6年の7月から日曜志望校別特訓に通い始めて全てがガラリと変わりました。まず日曜日の授業時間が12時間になり最後の方はフラフラでした。さらに宿題の量が増え、宿題にあてる時間が少なくなったので、今までのようにスケジュールを立てることが難しくなりました。ここで大切なことは7・8月の日曜志望校別特訓と9~12月の日曜志望校別特訓は全然違うということです。1つ目の違いは、9~12月の日曜志望校別特訓の方が宿題が多く難しくなるということです。2つ目の違いは、クラスが細かく分かれ、クラス移動が激しくなるということです。もちろん上のクラスの方がいいですが、ここで大切なことはクラスが下がっても落ち込み過ぎないということです。頑張れば挽回できます。それが日曜志望校別特訓をストレスなく続けていく上で一番大切なことかもしれません。3つ目の違いは、先生が、提出したノートにわかりやすい説明や「ここはポイントとなる問題だから、もう一度解き直して提出しよう!」など具体的で細かいアドバイスを書いてくれるようになることです。応援メッセージなどの言葉もかけてくれるようになったことです。僕は日曜志望校別特訓のおかげで強くなって、合格を勝ち取れたと思います。皆さんも日曜志望校別特訓という大きな壁に苦戦を強いられると思いますが、絶対に諦めず最後まで闘ってください。そして、強くなって合格を勝ち取ってください。

  • 僕が合格するまで
    • 僕が合格するまで
    • 朱 舜銘 くん

    • 清風中学校合格

    •  僕は清風中学校の理Ⅲ6ヵ年コースに合格することができました。これは浜学園さんのおかげだと僕は思います。

       小学校3年生の時から浜学園に通い始めていました。その時は偏差値は36~39でHクラスでした。最初宿題は出せていましたが、徐々になまけるようになりました。そして次第にこのままでは受からないかもしれないし、つらい思いをいっぱいするかもしれないと思うようになりました。だから6年生では上位に入るぞと決意しました。まず漢字や慣用句、ことわざを覚えて、そして計算間違いをなくす、それから応用へ進む、あと理科の単語や計算を忘れないようにしました。いよいよ夏からは日曜志望校別特訓に通い始めます。その時の偏差値は46~47くらいになって成績もクラスで6位に入る時がありました。日曜志望校別特訓は最初、上本町教室に行っていたのですが、途中で天王寺教室に移りました。天王寺教室のRDコースに通っている時もがんばって宿題を出し続け、ずっと1~4組の中の2組でキープし、一生懸命がんばりました。残り一週間になって両親は心配や不安を抱えていましたが、なぜかぼくは心配や不安などありませんでした。すごくたくさんの先生がぼくのためにたくさんのことをしてくださっていることがわかっていたからです。いよいよ本番当日、清風中学校を受ける人が多いと聞いたので少し緊張しました。教室の中はコロナ対策のため机の幅が広かったです。受からなかったらどうしようと思って一瞬不安になったのですが、本番の前の日にRDコースの入試直前特訓の冊子に、不安、緊張がおそってきたら深呼吸をしようと書いてあったのを思いだし、実際にすると少し和らげました。その後は無事に順調に進み、翌日の合格発表の時を迎えました。掲示板を見ると前期と午後の理Ⅲ・プレミアムどちらも受かっていたので安心しました。その後、3日目の後期チャレンジ選抜も受けました。しばらく経ってから合格通知表が家に届きました。また、インターネットで自分の偏差値を父と一緒に改めて確認してみました。入塾時の36の偏差値が最後には55まで行くのには驚きました。両親にも感謝していますが、浜学園にはもっと感謝しています。「中学ではクラスが維持できるようがんばりなさい」と先生に言われたので、これからも努力すること、自分の夢に向かってあきらめないことを誓います。これから6年生になる5年生もがんばってください。浜学園さん今まで3年間ありがとうございました。これからは清風中学で自分の夢を叶えようと思います。

  • 一度やめたけど、浜学園に戻ってきてよかった
    • 一度やめたけど、浜学園に戻ってきてよかった
    • M.N. さん

    • 帝塚山学院中学校合格

    •  私は4年生の4月ごろに入塾テストを受け、浜学園に入りました。
       浜学園に入ると、宿題がなんとか終わるか終わらないかで、ついていけず、良い点数も取れませんでした。宿題があるので、学校の友達とも遊べず、とても辛かったです。
       4年生の10月になって、母から「とりあえず算数は計算、国語は漢字。それだけは完ぺきにして塾に行こう」と言われて、そうすることにしました。
       すると大嫌いな勉強が楽しく感じるようになり、宿題も毎回できるようになりました。
       特に算数はできると達成感をすごく感じました。
       ベストにもよく入るようになり、成績も伸びたのですが、5年生に入り、社会科が増え、その時の算数は比や割合の単元で、よくわからなくていやになりました。
       そのことでストレスがたまり、精神的につらくなり、5年生で浜学園を一度やめました。
       それから1年近く経って、弟が3年生の時に浜学園に入りました。
       私は6年生でしたが、3年生の弟のチャレンジ問題を解いてみると、答えを見ないとできないものが多く、少しショックでした。
       受験して私立の中学校に入りたかったので、浜学園をやめてからも他の個別指導の塾には通っていたのですが、このままでは受からないと思い、親に言って浜学園の入塾テストを受け、もう一度浜学園に入りました。1年近くやめていたので遅れてはいたのですが、合格したのはやっぱり日曜志望校別特訓と入試直前特訓があったおかげだと思います。
       先生が説明していることはわかりやすく、時々笑わせてくれるので、授業も楽しかったです。
       あと、プレテストを3回受けたので、雰囲気にはだいぶ慣れていて、緊張もあまりしなかったと思っています。
       私は絶対に合格すると思いながら受けていました。
       落ちてしまったら今まで努力してきたことが水の泡になると思い、そうなることが絶対におきないように、皆がはげましてくれたことも思い出していました。
       浜学園に入ってよかったと本当に思っています。

  • 一番大切なこと
    • 一番大切なこと
    • 中川 真碧 くん

    • 清風南海中学校合格
      開明中学校合格
      金蘭千里中学校合格

    •  僕は、公開学力テストや合否判定学力テストでは第一志望校である清風南海中学の偏差値に足りていませんでした。清風南海中のプレ入試での結果が良かったことが唯一の救いでした。そんな僕が合格できた理由は二つあります。

       一つ目は、過去問を時間のあるかぎりやり続けたからです。各教科ともA・B入試6年分をやり、算数については、3回繰り返しました。繰り返すことで点数もあがっていきました。また、入試では過去問に似ている問題も出題されていて過去問をたくさんしていて良かったと思いました。

       二つ目は、先生方が支えてくれたからです。とくに最後まで過去問の採点や質問を受けてくださったことにはとても感謝しています。丁寧な対応のおかげで、分からないところを無くすことができました。

       そんな僕だから言えることは、努力はいつかむくわれるということです。これは、入試を通して実感しました。努力をしてもむくわれない時もありますが、努力をしないとむくわれる可能性すらなくなります。偏差値が足りていなかったのに、努力を続けたことで第一志望校に合格できたことはとても自信になりました。

       これからもたくさん壁が立ちはだかるでしょうが、合格を勝ちとった自信と努力で乗り越えていきたいと思います。

       入試で得た大きな経験を活かすためにも、合格がゴールではなくスタートだと気をひきしめ、新たな中学校生活の準備をしたいと思っています。

  • 小さなことからコツコツと
    • 小さなことからコツコツと
    • S.N. くん

    • 東大寺学園中学校合格
      大阪星光学院中学校合格
      清風南海中学校合格
      清風中学校合格
      愛光中学校合格

    •  僕は第一志望の東大寺学園中学校に合格することができました。この体験記がみなさんのお役に立てば光栄です。

       入塾は小4の夏休みでした。入塾テストはSクラスで合格でしたが、事務の人に「塾に初めて通うならHクラスからはじめた方が早く慣れるよ」とアドバイスをもらい、Hクラスからのスタートでした。目の前の課題を一生懸命こなして、12月からSクラスにあがることができました。

       5年生になると小4で平面図形の授業を受けていなかった僕は平面図形が苦手でした。しかし図形をたくさん書いて図形の基礎ができました。そして夏にはVクラスに上がることができました。最高レベル特訓算数のWeb授業を始めたのですがVクラスの宿題で手いっぱいですぐにやめてしまいました。

       6年生の2月からやっと最高レベル特訓算数に通いだして不足していた演習をやりこみました。けれど、夏期講習では算数の宿題がまわりませんでした。まだまだ演習不足だと感じました。

       秋に、M星光コースの日曜志望校別特訓が始まりました。最初は宿題が全然終わりませんでした。先生に相談して国語や算数のマスターコースでやるべき問題にしぼってもらいました。過去問は直しをきちんとしていたら特徴がわかってきて得点できるようになってきました。

       冬の入試直前特訓が始まったころ算数のテストで得点できなくなりました。しかし、担任の先生が、「がんばっているから悪いときがある」と言ってはげましてくれました。そうしたら落ち着いて、今まで通りがんばれました。すると、成績がだんだんと上がってきました。

       僕が合格できたのは支えてくれた先生やお世話係のみなさんのおかげです。思い通りにならないこともたくさんありますがそんなときこそ、先生を信じてこつこつとがんばってください。

  • 塵も積もれば山となる
    • 塵も積もれば山となる
    • M.H. さん

    • 帝塚山中学校合格

    •  私は、第一志望校である帝塚山中学校のスーパー選抜コースに合格することができました。この合格体験記がみなさんの役に立てばいいなぁと思います。
       私は、小4の頃、土曜マスターコースで入塾しました。初めは受験のことは考えず、どんなところなのかなと遊び心で通っていました。でも小4の冬期講習には土曜マスターコースもなくなりH,Sと分かれました。私はそんなクラスに分かれることなんて知らなかったのですが、たまたまSクラスからスタートしました。クラス分けされることを知った私は一生懸命勉強にはげみました。努力の甲斐があったのか、Sクラスの最下位だったのが、1位をとれるようになりました。でも、Vクラスには上がれませんでした。そんなことが続いて1年たち、いよいよ受験生。最初の頃も、公開学力テストで思うような点数がとれず、一時は親とケンカばかりして受験するのをあきらめようとしていました。でもそれをバネにして悔しいと思って勉強にはげみました。夏期講習からは、マスターコースと夏期講習の両方の宿題がでるので、計画を立ててそれを回すということをしました。復習テストではベストもとれるようにがんばりました。
       マスターコースと日曜志望校別特訓の宿題、過去問の3つをやっていた11月が多分1番つらかった時期だと思います。わからないところは何回も解説を読んで何回も解きなおした方がいいと思います。私は暗記が苦手だったので入試の二週間前からは国語の漢字・語句・慣用句・ことわざを特に集中して勉強していたと思います。浜学園はスパイラル方式です。何回も何回もやり続けることが一番自分の身につく勉強法だと思います。
       私が合格することができたのは支えてくれた家族、勉強を教えてくれた先生方など多くの方々のおかげです。浜学園に入塾してよかったと思います。本当にありがとうございました。

  • 浜学園での勉強
    • 浜学園での勉強
    • J.K. くん

    • 甲陽学院中学校合格
      東大寺学園中学校合格
      愛光中学校合格
      函館ラ・サール中学校合格

    • (小4・2月) 友達に影響され、入塾テストを受けました。自信はありましたがHクラスでの合格でした。その日が寒かったこともあり、通うのが大変だと思いWeb受講にしました。
      (小5・春) Webでじっくり勉強した理科がのびて、4月にSクラス、6月にはVクラスに上がることができました。
      (小5・夏) 講習を初めて受けました。
      (小5・秋) 算数が急激にのびたため、公開学力テストで百傑にのることができました。甲陽の音展に行き、この学校がいいなあと思い、第一志望になりました。
      (小6・春) 自宅では集中できないため、苦手な国語はマスターコースに通うことにしました。最レ算数と理科は上本町教室に行きました。
      (小6・夏) 授業が楽しそうなので社会もとることにしました。夏期講習と日曜志望校別特訓はM灘1組で頑張りました。
      (小6・秋) 待ち望んでいた甲陽コースが開講されました。9月の公開学力テストでは初めて十傑にのることができました。うれしかったです。秋は学校行事が忙しく、ねむくてたまりませんでした。また、マスターコースが楽しそうだったので、さらに算数と理科も通うことにしました。楽しすぎました。
      (小6・冬) 9月から12月の甲陽中入試練習では十傑にのりつづけることができましたが、お正月のプレで初めて十傑を逃しました。少しあせりましたが、慣れない社会をしているせいだと思うことにしました。
      (甲陽1日目) 国語と理科はよくできましたが、算数でミスをしてしまいました。
      (甲陽2日目) まあまあできました。
      (東 大 寺) 国算理でいけたと思いました。社会は甲陽の合格発表が気になり始めて、そわそわしだしました。
      ( 結 果 ) 両校とも合格うれしかったです。合格発表で甲陽コースの先生に会えたこともうれしかったです。
      (最 後 に) ぼくが特に力を入れてがんばったのは間違い直しです。間違い直しは苦しいけれど、実力アップには不可欠なのでみなさんもがんばってください。

  • 僕のおすすめ勉強法
    • 僕のおすすめ勉強法
    • 北島 弘道 くん

    • 同志社香里中学校合格
      明星中学校合格

    • 僕はこの春、第一志望校である同志社香里中学校に合格することができました。この体験記が役に立てば光栄です。僕がおすすめする勉強法を紹介したいと思います。まずはマスターコースの宿題についてです。僕は間違えた問題をその日ではなく、次の日にもう一度解き直すようにしていました。暗記科目は授業のあったその日か次の日に1回目をやって、復習テストの2日前か前の日くらいに2回目をやるようにしていました。できる場合は3回やるときもありました。次に夏休みの勉強についてです。まず早朝特訓は取った方がいいです。なぜなら、たくさん質問できて、家よりも集中できるからです。4科の人は社会も受講した方がいいです。主に復習ですが、社会などの暗記科目はすぐ忘れてしまうからです。日曜志望校別特訓なども始まり大変かもしれませんが、うまくこなしてください。最後に過去問と入試直前特訓についてです。過去問はそんなに早くから始める必要はありません。十分間に合うからです。それまでは日曜志望校別特訓の宿題などに力を入れてください。過去問をやって合格点に届かなくても気にしないでください。入試で合格することが目的なので、直しに力を入れてください。入試直前特訓が始まるまでに第一志望校の過去問の5~6年分が終わらなくても、十分時間はあります。そして入試直前特訓の早朝特訓と午後特訓は取ってください。夏期講習の早朝特訓と同様、家より集中できます。質問もどんどんしましょう。質問の待ち時間がかなり長いので、なるべく早めに質問をした方がいいです。僕の場合は先に宿題や過去問の直しを、最後の方には宿題(暗記科目)や過去問をして、次の日来てすぐに昨日やった過去問の採点や、質問できなかったものを質問していました。入試直前特訓期間中は、宿題よりも過去問やテストの直しに力を入れてください。あと絶対に無理をしないでください。僕は入試の2日前に体調をくずしたので、家で休みました。でもそれで正解でした。もしその日無理をしていれば、入試の日まで治らなかったかもしれません。そして入試本番では自信です。自分を信じてください。みなさんも最後まであきらめず頑張って下さい。

  • 基礎を第一に勉強
    • 基礎を第一に勉強
    • H.Y. さん

    • 開明中学校合格

    • 私は、この度開明中学に合格しました!この文章を読み、皆様の受験時に励みになることを願っています。私は、はまキッズの頃から浜学園に通っていて、小2のころ上本町教室から天六教室に移りました。その時から受験までWebスクールで学習をしていました。Webスクールの講義を見ると、必ず復習テストをし、公開学力テストと合否判定学力テストを受けていました。すると、実力を少しずつ発揮でき、成績も上がっていくようになりました。そして、Sクラスもキープできました。また、テキストを用い、予習・復習をして苦手な部分を補いました。私は、テストでは順位を気にするのではなく、自分の弱点を見つけ、得意とする所をもっと上げていくことが大事だと思います。そして、受験勉強が始まると、勉強一色になり、睡眠時間を削って頑張りました。小学校での生活を普段通りに送るのが大変で、学校へ行ったとしても寝そうになったりしました。だから、休み時間は友達にお願いして、陰で寝たりしていました。小6の8月以降になると、男子は実力をつけてきます。でも、私は算数の難問を解くと、母にほめてもらい、他の教科でもこのようなことが起こると、とてもうれしかったのを覚えています。これを機に四天王寺中学やその他の学校を志望校に考えていましたが、男子のいる共学に変えました。そして、これから受験期に入る方に申し上げたいのは、基礎問題を第一に、応用問題を第二に勉強してほしいということです。最後に私を支えてくれた家族と浜学園の講師の方々、その他の皆様、本当にありがとうございました。

  • 必死の一年
    • 必死の一年
    • 今冨 咲良 さん

    • 大阪信愛学院中学校合格

    •  私は、6年生から浜学園に入塾しました。1年間でみんなにおいついて受験に合格できるか不安でしたが、無事に第一志望校に合格することができました。私の第一志望校はもともと自分のレベルでは合格できる学校でしたが、浜学園で勉強したため奨学生に認定されました。そんな私の受験前1年間についてを紹介します。
       2月の入塾して間もない時は、なかなか復習テストでも良い点をとることができず、授業についていくのにひと苦労。頭に内容が入ってきませんでした。そんな私は、家での復習をしっかりすることにしました。宿題は浜ノートと、もう1つ別のノートにして、合計2回しました。そして、授業の前に復習するようにしました。そうすることで復習テストで点をとれ、自信もついてきました。その後春期講習をおえ、夏期講習がやってきました。私の中で一番成績が上がった夏期講習は大変でしたが、早朝特訓のおかげで宿題がはかどりました。そして迎えた入試直前の直前特訓でも早朝特訓と午後特訓を活用して、夏期講習からのびなやんでいた成績は急上昇しました。その調子で入試本番を迎え、成績上位10パーセントの人が認定される奨学生になりました。私は、なにか特別なことをしたわけではありませんが、毎日必死でがんばったと自分で思います。勉強時間を少し長めにとったりして自分をきたえてきました。また、すいみん時間も多くとるようにせんねんしました。このような行為は全て周りの大人から教えてもらいました。つまり合格は自分をみがき、努力をつみかさね、周りの人に支えてもらえたことでできたことなのだと思います。もちろん学力もないとできませんが、周りの人に支えてもらえたことで学べたと私は思います。浜学園に入塾できてほんとうに良かったです。私がこのように感じることができるようになったのも浜学園のおかげです。ほんとうに充実した実りある1年でした。

  • 努力が合格へのカギをにぎる!
    • 努力が合格へのカギをにぎる!
    • 吉井 瑛生 くん

    • 大阪星光学院中学校合格
      北嶺中学校合格
      帝塚山中学校合格

    • (はじめに) 僕は、大阪星光学院中学校をはじめとする3校の中学校に合格することが出来ました。この体験記がみなさんのお役に立てれば光栄です。
      (入  塾) 僕は、公立中学校以外に私立中学校があるということを知り、そして学校の友達が浜学園に通っていたので僕も通い始めました。
      (小  4) 初めはHクラスで1位だったけれど、10月にSクラスへ上がるとともに成績がガクンと落ちました。しかし、得意の算数でなんとかSクラスをキープしていました。
      (小  5) 社会の授業がはじまり、成績も良かったので4科で受験することにしました。それとは逆に国語が足を引っ張っていたので、先生に相談をしてアドバイスをもらったり学習方法を教えてもらったりしました。そして、このころから星光に行きたいと思うようになりました。
      (小6・春) 西大和の行事に参加して、興味を持ったので第一志望になりました。そして、国語の成績がよくなかったので先生に何度も相談しました。
      (小6・夏) 夏期でMコースの先生からはげましのコメントを頂き、とても自信になりました。
      (小6・冬) 直前特訓で一生けん命がんばったこともあり、星光中プレ入試でA判定を取ることが出来ました。そして気をぬかず本番に向けてがんばりました。
      (北嶺入試) 前受けということもあり、楽に解くことが出来ました。結果は合格。
      (星光入試) あせらずに慎重に解くということを意識して取り組みました。結果は合格。
      (帝塚山入試) 前受けと同じように解けました。結果は合格。
      (西大和入試) 例年より難しくて、結果は不合格。悔しさと悲しさで大泣きしました。
      (最 後 に) 今まで支えてくれた先生方、事務員さん本当にありがとうございました。

  • No.1は浜学園!!
    • No.1は浜学園!!
    • 新宮 開 くん

    • 大阪教育大学附属天王寺中学校合格
      土佐塾中学校合格

    • (入  塾) 附天の卒業生である山中伸弥教授にあこがれ、附天を目指すことにしました。
      いろいろな塾を見て回りましたが、自分が受けたい授業に一番近かったのが浜学園だったので、6年生の時に入塾しました。それまでは週末にソフトボールをしたり、英会話を習ったり長い休みにはホームステイに行ったりしていたので、浜のマスターコース(一般コース)にじっくり通う時間はなかったのですが、中学受験用の通信教材や浜の期間講習を受けて、浜の上のクラスでもついていけるような力はつけていました。
      (  春  ) 浜のSクラスからスタート。出だしはよかったですが、徐々に成績が落ちて、見直しや間違い直しをすることの大切さを知りました。
      また、春期講習を最難関コースで受講したことで、自信もつきました。
      (  夏  ) これまで続けてきたソフトボールを7月いっぱいで休部して、勉強に専念しました。
      夏期講習では、これまで自分がどれだけやってきたかを試すために、春期と同じ最難関コースを受講しました。同じ最難関でも、春期と夏期では問題が難しくなり、他の受験生のやる気も変わって苦しかったですが、必死に勉強しました。そのおかげで、算数と国語が得意になりました。
      (  秋  ) 夏期講習が終わっても、なかなか成績は伸びませんでした。ですが、必ず結果はついてくると信じて勉強を続けていくと、少しずつ成績は上がっていきました。この時期からは、附天を受ける他の受験生の力や受かるためのポイントを知るため、日特の上本町Rコースや、附天対策講座を受講しました。また、国語科の先生に協力してもらい、作文の練習も始めました。
      (  冬  ) 最後の志望校判定でA判定がとれて、大きく自信がつきました。直前特訓では、Rコースの宿題に加え、作文や副教科を重点的にこなしました。早朝特訓や午後特訓に行って、緊張感や集中力を高めることができました。
      (前 受 験) 土佐塾中入試で、受験の雰囲気を知ることができました。結果は特Aで合格。
      (一次試験) 国語は時間配分に気をつけながら解き、作文も落ち着いて書きました。算数は、例年よりも難しく感じられましたが、おやすみコールや前日特訓などで先生がおっしゃったことを思い出し、冷静に解きました。
      (一次発表) 掲示版に「59」の文字があって、少しホッとしました。
      その後二次直前特訓にいき、副教科や理科・社会の最終確認をしました。
      (二次試験) 朝、体育実技で得意なサッカーが出ると知り、リラックスできました。最初の理科で少し手こずりましたが、自信のある社会の出題傾向が変わり、難しくなったのでいけるな、と思いました。副教科では、これまでやってきたことが出題されていたので、体育では他の受験生の演技を見るような余裕がありました。
      (結  果) おそらく大丈夫だとは思っていましたが、附天の先生から合格通知票を受け取ると、とてもうれしくなりました。また、当日寒い中来てくださった浜の先生方に喜んでもらい、涙が出そうになりました。
      (ま と め) 附天に合格するには、与えられた時間内に課題をこなすことが大切だと感じました。
      浜に通った一年間で、中学以降も役に立つような勉強方法を学ぶことができ、非常に感謝しています。

  • 受験生へのメッセージ
    • 受験生へのメッセージ
    • 井手 颯祐 くん

    • 海陽中等教育学校合格

    •  ぼくは、5年生の10月から、浜学園に入り、6年生の9月までバスケと勉強を両立し、第一志望校に合格しました。合格した理由と大切な事を3つ紹介します。
       1つ目は、決めたことが必ずやることです。ぼくは、浜学園の宿題を1週間ごとのスケジュールを作り、やっていきました。また、毎朝学校に行く前の1時間を使い「完全マスター」や「語句マスター」をしました。
       2つ目は、協力してくれた人がいたことです。浜学園では、担任の先生に宿題のやり方やアドバイスを受けました。家では、お父さんやお母さんに夜に問題を出してもらいました。
       最後に重要な3つ目は、目標をしっかり持つことです。ぼくは志望校の海陽中等教育学校に、体験入学で5年生の時と6年生の時の2年連続行きました。できるだけ早く、自分が行きたい学校を見つけ、それに向かってがんばることが大切だと思います。勉強はとてもつらいですが、合格した時は最高なのでがんばってください。

  • たくさんの先生に支えられて
    • たくさんの先生に支えられて
    • 勇元 愛美 さん

    • 神戸海星女子学院中学校合格
      立命館中学校合格
      親和中学校合格
      金蘭千里中学校合格
      岡山中学校合格

    •  私は神戸海星女子学院中に合格しました。いろんな困難があり、先生方の支えや励まし一生懸命なご指導の話をできたらと思います。まず5年生の社会は時間に追われて私は復習テストなど毎回悪い点数を取ってしまい苦手でした。5月に社会の先生に勉強の仕方を一から教えてもらいました。宿題が短時間で出来、地理や歴史が頭に入りやすくなり得意教科になりました。今では将来社会の先生になりたいです。6年生で日特が始まり宿題の難しさで大変になると国語の先生が「記述を見てあげるよ」と言って下さいました。私は日曜日に日特を受けると月曜日で宿題を全て仕上げ火曜日の平常授業までに毎回間に合わせて見て頂きました。丸をもらうまで妥協しなかったから先生もとことん見て下さいました。何度答えてもできなくて、時には厳しいご指導に妥協したくなりましたが合格する為と諦めませんでした。おかげで記述に強くなったと思います。受験日1週間前になると、まさかの感染病にかかり直前特訓を受けられませんでした。その為わからない所がたくさんありもう諦めかけていました。でも電話で質問をして各教科の先生方から解説を3日間にわたって教えて下さいました。算数の質問が特に多かったのですが他に部分点を狙っていく事や時間配分の戦略等も教えてくれました。おやすみコールでは3人の先生方と話しました。一番心配してくれた担任の先生は「きっと受かるから頑張れ」と応援してくれ安心して眠れました。受験当日、国語は先生が教えて下さった記述の成果を悔いなく出しきる事が出来ました。算数は式もしっかり書き空欄をなくしました。病気が続き焦ったけれど頑張る事が出来ました。合格発表の日はとても緊張したけれど自分の番号を見つけた時は自分との戦いに勝ったと思いました。Dコースの先生方も一緒に喜んでくれました。今までにないくらい嬉しかったです。
       最後に私は平常や日特のDコースの先生方や事務員さん、友達、そして家族のおかげで合格できたと思います。本当にありがとうございました!!私はいい先生に恵まれて幸せだったと思います。皆さんも浜を信じて頑張って下さい。

  • 受験で世界が変わった
    • 受験で世界が変わった
    • M.N. さん

    • 大阪女学院中学校合格
      プール学院中学校合格

    •  私が受験する事に決めたのは、5年生の終わりだったので、ものすごく遅れたスタートでした。きっかけは、かわいいセーラー服を着たいと思ったからです。私はそれまで小学校の勉強もサボり気味で、母からは受験するならその性格から変えないといけないと言われ、まずは浜学園の入塾テストを受けに行きましたが、一度目は合格するには程遠い点数を取ってしまいました。でもそれで心の底からやる気が出てきて、2回目のテストまでの一週間は、朝も昼もわからなくなるくらい勉強をして、なんとか入塾する事ができました。事務員さんも先生もいつも声をかけてくれたので、頑張る事ができました。最初は全てが難しくて、宿題も大変でしたが必ずやりとげて、やり直しも一度はすると決めていました。今までこんなに勉強をした事がなかったので大変で、やるべき事だけをひたすら真面目にやりました。一年間、テレビも観なかったです。オープンスクールで学校を見てまわるうちに、大阪女学院をひと目見て好きになりました。「大阪女学院においでな!」と声をかけてもらいましたが、私はその時、まだ偏差値が足りなかったので返事ができなくて、勉強をしてこなかった事をすごく後悔しましたが、私はやるべき事をやるだけだ!とより一生懸命課題を頑張りました。秋になって目標の偏差値に届く様になりましたが、一喜一憂しない様に気をつけながら、塾の課題に加えて過去問を何度も解いて何度もやり直ししました。私が分からない時、いつも先生や友達が助けてくれました。勉強は楽しいのだなと、私は受験勉強を始めて知りました。勉強や日々のタイムスケジュールは母が作ってくれました。普段遊べなかった代わりに、時間を作って釣りやコンサートにも息抜きに連れて行ってくれました。息抜きのお陰で勉強のやる気がたくさん出ました。絶対に合格したかった!無事合格して思うのは、あきらめず走り抜けて良かったという事です。浜学園で本当に良かったです。先生、事務員さん、友達、家族、みんなに感謝しています。これからもコツコツと、勉強を続けていこうと思います。

  • 自分を信じて
    • 自分を信じて
    • 濵口 周也 くん

    • 西大和学園中学校合格
      高槻中学校合格
      愛光中学校合格

    •  ぼくは、5年の2月に浜学園に入塾しました。
       6年の春期講習では、最難関コースを受講しましたが、内容が難しいうえ宿題も多く、また上本町まで通うので結構疲れました。
       テストでは毎回社会に助けられるものの、春~夏にかけ成績はもう一つ振るいませんでした。そこで、夏期講習では、資格は取れていたものの、平常コースとのダブルにもなるので、何人かの先生と相談し、難関コースを受講して、そこで基礎をしっかり固めることにしました。でも、最難関校の難しさにも触れておく為、日特は最難関コースを受講することにしました。この選択はぼくにとって正解でした。最難関コースのギリギリのラインについていく、というのでは、精神的にもキツかったと思います。午前の自習は全て参加し、そこで夏期講習の宿題をこなし、先生に質問したり、難問集を解いたり、充実した時間を過ごすことができました。また夕方からの平常は、普段の教室へ移動しましたが、その移動も息抜きになり、また慣れた教室に戻ってくると安心感もあってよかったです。
       9月からは星光コースに入り、平常の居残りも取るようにしました。
      秋ごろ、それまで足を引っぱりがちだった算数が伸びてきました。夏に難問集をしっかりやったことも大きかったと思います。難問集は最終的に8冊になりました。
       冬ごろの入試練習やプレテストでようやく合格ラインに達することができるようになりました。
       冬休みは午前自習に、午後入試直前特訓と毎日一日中塾。お正月もテストと入試一色でしたが、そのおかげでだらけずに済んでよかったです。
       ぼくが志望校の西大和学園に入学することができたのも、その都度熱心に教育相談に応じてくださった先生のおかげだと思います。ありがとうございました。

  • ありがとうございました
    • ありがとうございました
    • K.M. くん

    • ラ・サール中学校合格

    •  ぼくはこの春、志望するラ・サール中に合格することができました。昨年の今頃、みなさんと同じように合格体験記集を読んでいたことがなつかしいです。ラ・サール中に進学する人は少ないかもしれないので何かの参考になれば幸いです。
       ぼくは、6年の5月に浜に転塾しました。天六教室は2クラスしかなく、1クラスあたりの人数も少なかったので先生方が非常によくみてくれました。特にぼくは国語が苦手でしたが、ラ・サール中は記述が多いということでテスト直しの記述のところは丁ねいに指導してもらいました。おかげで、当日は国語が良くできました。すぐに夏期講習の時期になり、ぼくは星光コースに入りました。難しい問題にふれることでラ・サール中の過去問はやりやすかったです。
       ラ・サール中の問題は特ちょうがありますので過去問をしっかりやった方が良いです。国語は漢字が難しいのでがんばって下さい。記述は復習テストの直しをがんばって下さい。算数は立体が難しいですがSクラスの復習テストの直しをがんばって下さい。計算もでますので小問の計算はがんばって下さい。理・社は問題数が多いので過去問でなれて下さい。理科は天体が多いので苦手な人は平常の最後にもう一回天体をやるので、そこでがんばって下さい。社会は時事問題が多いので新聞などで読むと良いと思います。大体の人は試験の前に鹿児島に泊まると思いますが、時間がありますので浜の「入試に出る新聞記事」の本を持っていくとよいと思います。
       入試の頃、鹿児島も寒いです。入試の次の日は大雪で飛行機が欠航になったほどです。大阪と同じ防寒対策をしてきて下さい。学校に着くと、黄色のジャンパーを着た浜の先生方がいてくれたので、ほっとしました。遠くから来て下さりありがとうございました。先生方、室長さん、お世話係さん、事務員さん、SGさん、本当にありがとうございました。もし、来年、ラ・サール中に行く人がいたら寮で声をかけて下さい。

天六教室の開講コース

学年名称
小2
土曜マスターコース
習い事の兼ね合いや近辺に浜学園教室がないなどの理由で、マスターコースへの通塾が難しい方に最適のコース。週1回(土曜日)の通塾で、マスターコースの講義内容を受講できます。
学年名称
小3
土曜マスターコース
習い事の兼ね合いや近辺に浜学園教室がないなどの理由で、マスターコースへの通塾が難しい方に最適のコース。週1回(土曜日)の通塾で、マスターコースの講義内容を受講できます。
学年名称
小4
マスターコース
浜学園受験指導の中心となるコースです。中学受験に必要十分な学力の習得を目標に指導します。経験豊富な講師陣が学習計画表に基づいて指導するので効率的に学習できるほか、毎回実施する復習テストにより各単元ごとの到達度を測るとともに答案作成能力も培われます。
土曜マスターコース
習い事の兼ね合いや近辺に浜学園教室がないなどの理由で、マスターコースへの通塾が難しい方に最適のコース。週1回(土曜日)の通塾で、マスターコースの講義内容を受講できます。
学年名称
小5
マスターコース
浜学園受験指導の中心となるコースです。中学受験に必要十分な学力の習得を目標に指導します。経験豊富な講師陣が学習計画表に基づいて指導するので効率的に学習できるほか、毎回実施する復習テストにより各単元ごとの到達度を測るとともに答案作成能力も培われます。
学年名称
小6
マスターコース
浜学園受験指導の中心となるコースです。中学受験に必要十分な学力の習得を目標に指導します。経験豊富な講師陣が学習計画表に基づいて指導するので効率的に学習できるほか、毎回実施する復習テストにより各単元ごとの到達度を測るとともに答案作成能力も培われます。

時間割

教室へお問い合わせください。

天六教室で開催の入塾説明会(保護者説明会)

実施日

※実施日の前々日以降の申込は、直接教室へお電話ください。

お子さまのお名前(カタカナ)

姓:

名:

電話番号

メールアドレス

学年

※学年選択は現学年でお願いします
※4月1日からは新学年で選択ください

説明会の参加人数

お申込のきっかけ

個人情報登録の同意について