中学受験は、心身ともに大きくステップアップするチャンスです。
浜学園は中学受験生に寄り添っていきます。

最寄りの教室を探す

教室案内

千里中央本部
06-6873-8360
住所:
〒560-0082 豊中市新千里東町1-4-2(千里ライフサイエンスセンタービル 18F)
アクセス:
北大阪急行千里中央駅北改札口⑩出入口より徒歩約2分・大阪モノレール千里中央駅より徒歩約5分
送迎バス運行
小野原コース/彩都コースに送迎バスを運行しています。詳細は教室まで
イメージ 詳しい周辺地図をGoogle Mapで開く

千里中央本部で実施のイベント

    • 公開日:2021年10月07日
    • 11月入塾説明会・保護者説明会
  • 主旨
    入塾説明会の開催の有無に関わらず浜学園各教室におきましては保護者様の要請に応じて、随時、教室の担当責任者が浜学園の学習システム等について詳しくご説明いたしますので、お気軽にお電話または教室窓口へお申し出ください。入塾テスト同時実施(当日申し込み可)
    実施日時・教室
    全日・両時間帯とも同じ内容ですので、ご都合のよい日時・会場を選んで、ご参加ください。
    11月6日(土)10:30~12:00
    三田・枚方・西大寺・天王寺・名古屋
    11月6日(土)14:30~16:00
    西宮・神戸住吉・三田・西神中央・姫路・川西・上本町・天六・京橋・枚方・西大寺・大和八木・なかもず・泉大津・和歌山・京都駅前・名古屋・千種・八事・御器所・藤が丘・豊田・一宮・那覇
    11月7日(日)10:30~12:00
    枚方・西大寺・名古屋
    11月7日(日)14:30~16:00
    三田・神戸元町・上本町・枚方・西大寺・なかもず・京都駅前・名古屋・千種・八事
    11月13日(土)10:30~12:00
    枚方・西大寺・天王寺・名古屋
    11月13日(土)14:30~16:00
    西宮・神戸住吉・三田・西神中央・姫路・川西・上本町・天六・京橋・枚方・西大寺・大和八木・泉大津・和歌山・京都駅前・名古屋・千種・八事・御器所・藤が丘・豊田・一宮・那覇
    11月20日(土)10:30~12:00
    西宮・神戸住吉・三田・芦屋・六甲・伊丹・宝塚・西神中央・明石・姫路・加古川・神戸元町・岡山・豊中・川西・千里中央・茨木・高槻・上本町・天六・京橋・枚方・西大寺・大和八木・天王寺・なかもず・いずみ・泉大津・和歌山・四条烏丸・草津・京都駅前・北大路・円町・名古屋・千種・八事・御器所・藤が丘・豊田・一宮・那覇
    11月20日(土)14:30~16:00
    西宮・神戸住吉・三田・芦屋・六甲・伊丹・宝塚・西神中央・明石・姫路・神戸元町・岡山・豊中・川西・千里中央・茨木・高槻・上本町・天六・京橋・枚方・西大寺・大和八木・天王寺・なかもず・いずみ・泉大津・和歌山・四条烏丸・草津・京都駅前・北大路・円町・名古屋・千種・八事・御器所・藤が丘・豊田・一宮・那覇
    11月21日(日)10:30~12:00
    西宮・神戸住吉・三田・芦屋・六甲・伊丹・宝塚・西神中央・明石・姫路・加古川・神戸元町・岡山・豊中・川西・千里中央・茨木・高槻・上本町・天六・京橋・枚方・西大寺・大和八木・天王寺・なかもず・泉大津・王寺・和歌山・四条烏丸・草津・京都駅前・北大路・円町・名古屋・千種・八事・御器所・藤が丘・豊田・一宮・那覇
    11月21日(日)13:30~15:00
    西宮・神戸住吉・三田・芦屋・六甲・伊丹・宝塚・西神中央・明石・姫路・加古川・神戸元町・岡山・豊中・川西・千里中央・茨木・高槻・上本町・天六・京橋・枚方・西大寺・大和八木・天王寺・なかもず・泉大津・王寺・和歌山・四条烏丸・草津・京都駅前・北大路・円町・名古屋・千種・八事・御器所・藤が丘・豊田・一宮・那覇
    11月23日(火・祝)10:30~12:00
    名古屋
    11月23日(火・祝)14:30~16:00
    名古屋
    11月27日(土)10:30~12:00
    神戸住吉・三田・西神中央・明石・姫路・神戸元町・千里中央・上本町・枚方・西大寺・天王寺・名古屋・千種・一宮・那覇
    11月27日(土)14:30~16:00
    西宮・神戸住吉・三田・西神中央・明石・姫路・神戸元町・豊中・川西・千里中央・上本町・天六・京橋・枚方・西大寺・大和八木・なかもず・泉大津・和歌山・四条烏丸・草津・京都駅前・北大路・名古屋・千種・八事・御器所・藤が丘・豊田・一宮・那覇
    11月28日(日)10:30~12:00
    西神中央・姫路・岡山・上本町・西大寺・名古屋・千種・八事・御器所・藤が丘
    11月28日(日)14:30~16:00
    西神中央・姫路・神戸元町・岡山・上本町・西大寺・京都駅前・名古屋・千種・八事・御器所・藤が丘
    実施日時・教室
    全日・両時間帯とも同じ内容ですので、ご都合のよい日時・会場を選んで、ご参加ください。
    実施日 時間 西








    西












    西










    11/6(土) 10:30~12:00
    14:30~16:00
    11/7(日) 10:30~12:00
    14:30~16:00
    11/13(土) 10:30~12:00
    14:30~16:00
    11/20(土) 10:30~12:00
    14:30~16:00
    11/21(日) 10:30~12:00
    13:30~15:00
    11/23
    (火・祝)
    10:30~12:00
    14:30~16:00
    11/27(土) 10:30~12:00
    14:30~16:00
    11/28(日) 10:30~12:00
    14:30~16:00
    実施日 時間 西






































    11/6(土) 10:30~12:00
    14:30~16:00
    11/7(日) 10:30~12:00
    14:30~16:00
    11/13(土) 10:30~12:00
    14:30~16:00
    11/20(土) 10:30~12:00
    14:30~16:00
    11/21(日) 10:30~12:00
    13:30~15:00
    11/23
    (火・祝)
    10:30~12:00
    14:30~16:00
    11/27(土) 10:30~12:00
    14:30~16:00
    11/28(日) 10:30~12:00
    14:30~16:00
    資料進呈
    説明会参加者の皆様へは下記の各種資料を進呈いたします(無料)
    (1) 「浜学園入塾案内書」
    (2) チラシ (最新版)
    (3) 中学入試合格実績年度別比較表
    (4) 教室別時間割
    (5) 2021年春 中学入試合格実績
    申込方法
    入塾説明会ご希望の方、またご質問・ご不明な点等ございましたら、教室窓口またはお電話にてお問い合わせください。
    • 公開日:2021年10月07日
    • 第3回「学力診断無料オープンテスト」
  • 趣旨
     子供たちの学力低下問題は中学受験をするしないに係わらず、保護者の皆様にとって最大の関心事だと拝察いたします。
     さて、このような昨今の状況を踏まえ浜学園では年4回塾生でない一般の方を対象に国語と算数の分野別習熟度の点検を目的とする「学力診断オープンテスト」を無料で実施しております。この機会に大勢の皆さんが積極的に参加し、現在の学力を点検されることをお勧めいたします。
     なお、本テストは「入塾テスト」ならびに「講習会受講資格判定テスト」も兼ねております。
     みなさん全員に参加賞を進呈します。
    対象
    小1~小5の一般生浜学園塾生でない方
    実施日
    11月20日(土)・11月21日(日)
    実施時間
    学年小1・小2小3~小5
    科目算数25分・国語25分算数30分・国語30分
    午前の部10:30~11:50(20日・21日)
    午後の部14:30~15:50(20日)
    13:30~14:50(21日)
    ※ 各学年・全時間帯とも同じ内容です。ご都合のよい日時・会場を選んで、ご参加ください。
    ※ 午後の部の実施時間は実施日によって異なりますのでご注意ください。
    実施会場
    浜学園全教室
    ※ 天王寺教室は本館にて実施します。
    ※ 名古屋教室は11/20(土)は桑山ビルにて実施します。(定員:40名)
    科目
    算数・国語
    答案処理
    答案(デジタル採点処理された答案)・「個人成績票」を添えて、約10日後に返却いたします。
    (「個人成績票」は実施後最初の木曜日に一般生浜学園塾生でない方マイページにも掲載します。)
    持ち物
    硬度(濃さ)Bの鉛筆と、よく消える消しゴム
    費用
    無料
    お知らせ
    ご質問等ございましたら各教室にお問い合わせください。
    また、本イベントと同時並行して「保護者説明会」を実施する教室もございます。是非ご参加ください。
    申込方法
    参加ご希望の方は インターネット申込画面【申込期間:申込期間:10月19日(火)14:00~各実施日前日 17:00】
    または一般生用マイページからお申し込みください。
    • 公開日:2021年10月02日
    • 『ドラゴン桜』編集者・佐渡島庸平さんによる「受験に必要な保護者力」
  • 趣旨
      今回は、あの『ドラゴン桜』の編集者、佐渡島庸平さんをお招きして「受験に必要な保護者力」をテーマにお話しをいただきます。浜学園豊中教室に通われていたという佐渡島さん。
      浜学園、灘校、東京大学文学部へと進まれ講談社に入社。『ドラゴン桜』はじめ『宇宙兄弟』『働きマン』などの編集を担当し、次々とヒット作を生み出しました。
      講演会では、『ドラゴン桜』のエピソードを交えながら、ご自身の中学受験のお話しや勉強法を伺います。
      さらに近著『観察力の鍛え方』より、“観察”をキーワードに、お子さまとの関係性をよくし、受験に必要な“保護者力”を高める思考法についてもお話しいただきます。
      チャットでは、佐渡島さんへのご質問も受け付けます。この機会にご参加下さいませ。

    <お話しの内容(予定)>
    1.ご自身の体験
        ご自身の中学受験のお話し、高校受験前の浜学園での体験、灘高時代のお話し
    2.勉強法・心構え
        中学受験での勉強法
    3.保護者力
        子どもへの観察力の鍛え方
    4.質問タイム
        参加者からの質問(10~15 分程度)
    対象
    小1~小6生の保護者(幼児~高校生の保護者も見ていただけます)
    Zoom実施日
    10月29日(金)10:00~11:10
    弁士
    編集者・佐渡島 庸平(さどしま ようへい)
    プロフィール
     2002年講談社入社。週刊モーニング編集部にて、『ドラゴン桜』(三田紀房)、『働きマン』(安野モヨコ)、『宇宙兄弟』(小山宙哉)などの編集を担当する。2012年講談社退社後、クリエイターのエージェント会社、コルクを創業。著名作家陣とエージェント契約を結び、作品編集、著作権管理、ファンコミュニティ形成・運営などを行う。従来の出版流通の形の先にあるインターネット時代のエンターテインメントのモデル構築を目指している。
    Twitter: @sadycork / Youtube「編集者 佐渡島チャンネル」/ https://bit.ly/3fopD9P
    参加料
    無料
    事前質問について
    事前質問を受付いたします。
    ※事前質問はお申込みの際にご記入いただけます。
    注意事項
    定員になり次第、申込受付を終了いたします。お早めにお申し込みください。また、申込締切後のお申込は一切受付いたしかねます。予めご了承ください。

    講演会には、パソコン,タブレット,スマートフォンでご参加いただけます。Zoomはアカウント登録なしでも利用できます。
    Zoomミーティングに参加するための情報は10月27日(水)18時にメールにてお知らせいたします。(お知らせメールが迷惑メールフォルダに入る場合がございますのでご注意ください。) また、予めZoomアプリをインストールしていただき、動作確認(https://zoom.us/test/)していただく必要がございます。
    Zoomアプリの利用についてご不明の方は、Zoomヘルプセンター(https://support.zoom.us/hc/ja)でご確認ください。
    申込方法
    参加ご希望の方は インターネット申込画面(申込期間:10/2(土)14時~10/26(火)17時) からお申し込みください。

    塾生・一般生浜学園塾生でない方でマイページをお持ちの方はマイページからお申し込みが便利です。

    (なお、塾生の方はマイページからお申し込みください)
    • 公開日:2021年09月14日
    • 10月入塾説明会・保護者説明会
  • 主旨
    入塾説明会の開催の有無に関わらず浜学園各教室におきましては保護者様の要請に応じて、随時、教室の担当責任者が浜学園の学習システム等について詳しくご説明いたしますので、お気軽にお電話または教室窓口へお申し出ください。入塾テスト同時実施(当日申し込み可)
    実施日時・教室
    全日・両時間帯とも同じ内容ですので、ご都合のよい日時・会場を選んで、ご参加ください。
    10月2日(土)10:30~12:00
    三田・加古川・枚方・西大寺・名古屋
    10月2日(土)14:30~16:00
    西宮・神戸住吉・三田・西神中央・姫路・神戸元町・豊中・川西・茨木・高槻・上本町・天六・京橋・枚方・西大寺・大和八木・なかもず・和歌山・四条烏丸・京都駅前・北大路・円町・名古屋・千種・八事・御器所・藤が丘・豊田・一宮・那覇
    10月3日(日)10:30~12:00
    上本町・枚方・西大寺・名古屋
    10月3日(日)14:30~16:00
    三田・神戸元町・岡山・上本町・枚方・西大寺・なかもず・四条烏丸・京都駅前・名古屋・千種・八事
    10月9日(土)10:30~12:00
    加古川・枚方・西大寺・名古屋
    10月9日(土)14:30~16:00
    西宮・神戸住吉・三田・西神中央・姫路・川西・茨木・高槻・上本町・天六・京橋・枚方・西大寺・大和八木・なかもず・和歌山・四条烏丸・草津・京都駅前・円町・名古屋・千種・八事・御器所・藤が丘・豊田・一宮・那覇
    10月16日(土)10:30~12:00
    三田・枚方・西大寺・名古屋
    10月16日(土)14:30~16:00
    西宮・神戸住吉・三田・芦屋・西神中央・明石・姫路・神戸元町・豊中・川西・千里中央・上本町・天六・京橋・枚方・西大寺・大和八木・なかもず・和歌山・四条烏丸・京都駅前・円町・名古屋・千種・八事・御器所・藤が丘・豊田・一宮・那覇
    10月17日(日)10:30~12:00
    神戸元町・上本町・枚方・西大寺・名古屋
    10月17日(日)14:30~16:00
    三田・神戸元町・上本町・枚方・西大寺・なかもず・四条烏丸・京都駅前・名古屋・千種・八事
    10月23日(土)10:30~12:00
    三田・枚方・西大寺・名古屋
    10月23日(土)14:30~16:00
    西宮・神戸住吉・三田・西神中央・姫路・神戸元町・川西・上本町・天六・京橋・枚方・西大寺・大和八木・なかもず・四条烏丸・京都駅前・円町・名古屋・千種・八事・御器所・藤が丘・豊田・一宮・那覇
    10月24日(日)10:30~12:00
    千種・那覇
    10月24日(日)14:30~16:00
    なかもず・四条烏丸・千種・御器所・那覇
    実施日時・教室
    全日・両時間帯とも同じ内容ですので、ご都合のよい日時・会場を選んで、ご参加ください。
    実施日 時間 西








    西












    西










    10/2(土) 10:30~12:00
    14:30~16:00
    10/3(日) 10:30~12:00
    14:30~16:00
    10/9(土) 10:30~12:00
    14:30~16:00
    10/16(土) 10:30~12:00
    14:30~16:00
    10/17(日) 10:30~12:00
    14:30~16:00
    10/23(土) 10:30~12:00
    14:30~16:00
    10/24(日) 10:30~12:00
    14:30~16:00
    実施日 時間 西






































    10/2(土) 10:30~12:00
    14:30~16:00
    10/3(日) 10:30~12:00
    14:30~16:00
    10/9(土) 10:30~12:00
    14:30~16:00
    10/16(土) 10:30~12:00
    14:30~16:00
    10/17(日) 10:30~12:00
    14:30~16:00
    10/23(土) 10:30~12:00
    14:30~16:00
    10/24(日) 10:30~12:00
    14:30~16:00
    資料進呈
    説明会参加者の皆様へは下記の各種資料を進呈いたします(無料)
    (1) 「浜学園入塾案内書」
    (2) チラシ (最新版)
    (3) 中学入試合格実績年度別比較表
    (4) 教室別時間割
    (5) 2021年春 中学入試合格実績
    申込方法
    入塾説明会ご希望の方、またご質問・ご不明な点等ございましたら、教室窓口またはお電話にてお問い合わせください。
    • 公開日:2021年09月03日
    • 第1回「国際標準論理文章能力検定」
  • 趣旨
     国語力が問い直されている現代。特に、リーダーとして社会で活躍する人物には、「言葉の力」で人々の心を動かす力が必須といえます。そこで、近年注目されているのが、読解力・思考力・表現力の土台となる論理力です。
     文章や資料を分析し、自分のことばで「論理的に」論述する能力は、大学入試改革や小中学校での新指導要領でも重視されており、中学入試においても徐々にその影響が出始めています。その実力がどの程度身についているか、検定を受けることで客観的な評価を意識し、より実力を磨く指針としてください。
    対象
    小学生
    実施日時・会場
     
    実施日 受検教室 時間
    11月6日(土) 西宮、上本町、千里中央、四条烏丸、
    JR京都駅前、千種、八事
    11:00~12:00
    11月7日(日) 明石、豊中、なかもず、西大寺、
    和歌山、岡山、名古屋
    ※Levelによって試験時間が異なります。
    持ち物
    硬度(濃さ)Bの鉛筆と、よく消える消しゴム
    受検料〈税込〉
    Level0-1,Level2-3 2,300円
    Level4-5,Level6-7,Level8-9 3,300円
    答案処理
    塾生は所属教室にて、一般生浜学園塾生でない方は郵送にてお渡しいたします。
    ・すべての受検者の方に→「検定結果通知」・「成績証明書(カード型)」
    ・合格ラインを越えた方に→「合格証書」・「合格証明書(2枚)」・「検定結果通知」・「成績証明書(カード型)」
    お断り
    ① 申し込みはキャンセルできません。受検料の返戻はいたしませんのであしからずご了承ください。つきましては、検定当日に参加される別の講座やイベントと時間が重ならないか十分にお確かめのうえお申込みください。
    ② 受検できなくなった方ならびに当日欠席者には後日問題、解答・解説をお渡しいたします。
    申込方法
    参加ご希望の方は インターネット申込画面(申込期間:9/17(金)14時~11/3(水・祝)17時) からお申し込みください。

    塾生・一般生浜学園塾生でない方でマイページをお持ちの方はマイページからお申し込みが便利です。

    (なお、塾生の方はマイページからお申し込みください)
    • 公開日:2021年08月05日
    • 最高レベル特訓・灘中合格特訓受講資格判定テスト
  • 趣旨
    相当な激戦である最難関校を受験予定の小1~小5生は心して準備をし、受験に臨まねばなりません。浜学園ではこれらの最難関校向けの指導の中心となる講座が「最高レベル特訓」,「灘中合格特訓」です。灘中を中心とする最難関中を志望する方はこの機会にぜひ受講資格を取得していただきますようご案内いたします。なお、本テストによる飛び級の資格取得はできません。
    対象
    小1~小5 一般生浜学園塾生でない方
    日時・会場
    実施日 会場 小1・2 小3 小4・小5
    9月26日 (日) 上本町教室 11:20~12:40 11:15~12:45 10:45~12:45
    10月24日(日) 西大寺教室 13:20~14:40 13:15~14:45 12:45~14:45
    11月3日(水・祝) 西宮教室 11:20~12:40 11:15~12:45 10:45~12:45
    11月23日 (月・祝) 四条烏丸教室 11:20~12:40 11:15~12:45 10:45~12:45
    11月28日(日) 千里中央教室 13:50~15:10 13:45~15:15 13:15~15:15
    ※各回別問題になりますのでチャンスは5回ございます。
    時間割
    学年 小1・小2 小3
    諸注意 10分 10分
    国語 25分 30分
    (休憩) 10分 10分
    算数 25分 30分
    お知らせ 10分 10分

    学年 小4・小5
    諸注意 5分
    国語 35分
    (休憩) 5分
    理科 25分
    (休憩) 5分
    算数 40分
    お知らせ 5分
    持ち物
    筆記用具
    結果発表
    テスト結果は当日発表いたします。 (答案返却はいたしません)
    受験料
    無料
    同時実施
    《受験者の保護者対象》 灘中を中心とする最難関中受験に向けての勉強方法 ※参加無料
    日時 会場 時間
    9/26(日) 上本町教室 11:30~12:30
    10/24(日) 西大寺教室 13:30~14:30
    11/3(水・祝) 西宮教室 11:30~12:30
    11/23(火・祝) 四条烏丸教室 11:30~12:30
    11/28(日) 千里中央教室 14:00~15:00
    *説明会の内容は、すべて同一内容です。
    *保護者対象説明会への参加はテスト受験者の保護者に限ります。
    申込方法
    参加ご希望の方は インターネット申込画面(申込期間:8/26(木)14時~各実施日の3日前17時) からお申し込みください。

    塾生・一般生浜学園塾生でない方でマイページをお持ちの方はマイページからお申し込みが便利です。

    (なお、塾生の方はマイページからお申し込みください)
    • 公開日:2021年06月03日
    • 「神大附属・大教大附属中Web進学説明会」
  • 趣旨
     このたび、神大附属中,大教大附属中の受験を考えられている保護者様に対して、2021年春の入試状況とその結果および各学校の入試対策についてご説明させていただきたく、進学説明会をWeb配信いたします。
     神大附属中,大教大附属中の入試を知る絶好の機会だとお考えいただき、ぜひ、ご視聴くださいますようご案内申し上げます。
    対象
    神大附属中・大教大附属中を志望する小1~小6生の保護者
    配信期間
     
    神大附属中
    7月17日(土)~10月31日(日)
    内容①
    大教大附属中内容②,③
    内容
    ① 神大附属中の2021年春の入試結果および2022年入試対策について
    ② 大教大附属天王寺中の2021年春の入試結果および2022年入試対策について
    ③ 大教大附属池田中の2021年春の入試結果および2022年入試対策について
    ※配信を希望される内容をお選びください。
    参加料
    無料
    ご注意
    ※ 標記のインターネット配信の視聴にはWeb講義アカウントが必要となります。(すでに申請された方は不要)
    ※ 配信の準備が整いましたら、「受講(視聴)可能期間のご通知」をメールにて送信いたします。
    ※ 浜学園「Web講義」をはじめて利用される方や、利用方法でご不明な点は、ご遠慮なく下記インターネットサポートデスクまでご連絡ください。
    【浜学園インターネットサポートデスク】
    営業時間 [平日]13時~21時 [土日祝]10時~18時
    (夏期特別休業日(8/14(土)・8/15(日)・8/16(月))・年末年始・合格祝賀会当日を除きます)
    電話番号 0798-64-1199
    申込方法
    【申込期間:6/17(木)14時~10/17(日)17時】
    参加をご希望の方はマイページからお申し込みください。
    一般生(塾生ではない方)のマイページはこちらからご登録ができます。

入塾テストについて

入塾をご希望の方は下記のいずれかのテストを受験し、入塾資格を取得してください。

公開学力テスト 無料オープンテスト 土曜入塾テスト 特別扱い入塾テスト
学年 学年によりテストは異なります。詳細は入塾説明会にご参加いただくか、お電話でお問い合わせください。
費用 有料 無料 無料 無料
申込 必要 必要 不要 必要
実施日 毎月第2日曜 年4回(2月・6月・11月・1月) 毎週土曜14:30~ ご都合に合わせて
各教室にて実施
入塾判定の
お知らせ
その週の木曜に
郵送で通知
実施の約10日後に
郵送で通知
その場で判定 その場で判定
答案返却 あり あり なし なし
その他 成績及び順位、偏差値
も併せて通知
成績も通知 - -

千里中央本部の写真

イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ

※写真は2019年以前に撮影したものです。

千里中央本部責任者より一言

浜学園 千里中央教室です。
浜学園のHPをご覧いただきありがとうございます。
千里中央教室はモノレール、地下鉄、バスと交通の便がいいこともあって、豊中市、箕面市、吹田市を中心に広い地域から多くの生徒さんが明るく、元気に通っておられます。
運行中の送迎バスでも小野原方面、彩都方面からたくさんの生徒さんが通っています。
小学2年生~6年生までのコースを開講しておりますが、本教室は小学3年生から小学6年生対象の最難関中対策・最高レベル特訓(要資格)講座も実施しております。
昨年も生徒さんの頑張り、保護者様の献身もあって、灘・神戸女学院といった最難関中をはじめ、たくさんの生徒さんが志望校に合格することができました。
特に地域で人気の金蘭千里中学校については、浜学園でも一番の合格者数を達成しています。
中学受験をご検討中の方、迷っておられる方、お気軽にお問い合わせください。

千里中央本部出身者の合格体験記

  • 楽しかった浜学園
    • 楽しかった浜学園
    • H.O. さん

    • 同志社香里中学校合格
      同志社女子中学校合格

    •  私は6年の1学期まで受験勉強は手を抜いていました。しかしそれではマズイと思って、夏休みから全力で勉強を始めました。夏期講習、早朝特訓、日曜志望校別特訓、マスターコース、全て受けました。朝から晩まで浜学園にいました。でも苦しいというよりは、先生たちの授業は面白くためになる話もあり、友達と励まし合い、充実した期間でした。そこで受験勉強の土台となる知識を身につけられたと思います。その甲斐あって、夏休みが終わる頃には、偏差値が志望校に届きました。第一志望の同志社香里中学校は年々偏差値が上がっていて、姉の時より大変でした。

       2学期は日曜志望校別特訓、マスターコースで実践的な受験勉強の知識を勉強しました。私はいつも計算を間違えていたので、5年の時にサボったことを後悔しました。

       過去問は10月後半から解き始めました。解いたものはほとんど提出して添削してもらいました。答案の解き方や、捨て問題、解くべき問題のランク付け、励ましの言葉など、大変ためになりました。過去問での合格点を連発して、自信をつけていきました。でも、今年はもっとレベルが上がっているかも知れないと思い、もっと点が取れるようにと考えました。

       入試直前は前日特訓に行きました。兄から前日特訓の問題が入試に出た、と聞いたので前日特訓の問題を解きました。夜はおやすみコールをしてもらいました。おやすみコールで先生と楽しく話して、アドバイスをもらい、落ち着くことができました。明日はやるぞ!という気持ちになり、ぐっすり眠りました。

       入試本番は平常心でできました。黄色いコートを着た先生が見えると安心しました。無事に合格できて、本当に良かったです。浜学園のカリキュラムについていったら合格できました。たくさん相談にものってもらいました。たくさん友達もでできました。楽しかったです。ありがとうございました。

  • やる気があれば何でもできる!
    • やる気があれば何でもできる!
    • K.T. さん

    • 四天王寺中学校合格
      金蘭千里中学校合格
      大谷中学校合格

    •  小学3年生の秋にHクラスで入塾。その頃は友達作りが主で、復習も何もせず、復習テストの平均点は40点を切っていました。小5の春期講習で、塾に行っている意味が分からなくなり、これまで手をつけたこともなかった宿題を開始したところ、ぐんぐん成績が上がり、6年にはSクラスまで上がりました。うれしかったです。しかし、順調だったのもここまでで、今までとは違う宿題量に圧倒されてしまいました。それからは、不安定だった算数を頑張りつつ、比較的点数が取れた理科と国語の3科勝負で受験に臨むことにしました。第一希望の四天王寺中入試では、3科よりも4科受験のほうが有利らしく、一時社会に挑戦してみましたが、結果はボロボロ。そのため、受験だけは4科を受け、普段は3科を勉強することにしました。そして入試直前特訓に突入。L四天・清南コースには入れませんでしたが過去問を解き、それを先生に見てもらったりしていました。その頃は、自分でもびっくりするほど勉強していました。そんな勉強量をこなせたのは、やはり「やる気」だと思います。「自分が世界一四天王寺に行きたいと思っている」なんて言っていました(笑)。それから入試直前特訓PART1からはコースが選べるため、L四天・清南コースに入りましたが、意外に成績は悪くありませんでした。入試10日前に集中し過ぎで倒れてしまいましたが、一日半で回復。入試当日もあまり緊張せず、手ごたえ通りで合格しました。皆さんも、「やる気」を捨てずに最後まで頑張ってください!

       

  • 浜の先生方と家族
    • 浜の先生方と家族
    • 平林 海音 さん

    • 金蘭千里中学校合格
      関西大学中等部合格
      関西大倉中学校合格
      岡山中学校合格

    •  受験を終えた今思うのは浜学園の先生は良い人ばかりだったなぁということです。点数が悪かった時に「わからないところは質問においで」と書いてくれる先生、たまに面白い話をしてくれる先生、私のレベルに合った解説をしてくれる先生など色々な先生が私の行きたい中学校に行けるように全力でサポートしてくれました。マスターコース、日曜志望校別特訓、入試直前特訓など最後の一年だけでも様々な先生に出会いましたが、元浜の塾生だった先生が多かったのには驚きました。それは浜が好きだからだと思いました。私も浜が好きだからです。夢は決まってないけど、もし先生になるなら浜の先生になりたいと思っています。ハチマキにメッセージを書いてもらいたいと思える先生にも出会い、直前期のしんどい時期にも最後まで頑張ることが出来ました。両親にも支えてもらって今の私があるのは受験を通して支えてくれた人たちが居たからだととても感謝しています。その人達への感謝の気持ちはまた何かで返せたらいいなと思っています。

  • 浜学園生への応援メッセージ
    • 浜学園生への応援メッセージ
    • M.M. さん

    • 金蘭千里中学校合格
      大谷中学校合格
      香川誠陵中学校合格

    •  私が一番苦労した季節は、6年生の夏と冬でした。夏はマスターコースの授業と夏期講習、2つの講座が同時に進むので宿題を消化するのが大変でした。冬は受験が近づいてくる緊張とあせり、他の受験生もラストスパートをかけてくることです。

       夏は、テキストが重いのと、やってもやっても宿題が終わらないことが大変でした。そこで私がやっていたことは、解けそうな問題や苦手な科目は何回もやること。解ける問題と解けなさそうな問題、ある程度得意な科目は後回しにすることです。

       冬は、前受けをしてわかったのですが過去問を解きまくることです。過去問をたくさんこなしたら、傾向がわかります。受験当日緊張したときも、過去問を解いた経験を思い出して気持ちが少しほぐせるからです。当日のほど良い緊張は大事ですが、しすぎるとケアレスミスが増えたり解き方をど忘れしてしまうことがあるので、いつもの成果より下がってしまいます。だから過去問をこなすのです。私は第一志望校の過去問を過去5年分3回転しました。

       受験生のみなさんはこれから大変だと思います。これも私がやっていたことですが、過去問とは別に、行きたい学校のイメージをして不安を和らげるのもいいと思います。もしモチベーションが下がってやる気が出なくなってきたら、自分の行きたい学校の文化祭や学校の中に「自分がいる」というところを想像してみてください。自然とやる気やモチベーションも上がって集中できるようになると思います。ぜひやってみて下さい。

       浜学園生、がんばって下さい!!

  • 直前の志望校変更
    • 直前の志望校変更
    • 山口 莉央 さん

    • 洛南高等学校附属中学校合格
      四天王寺中学校合格
      高槻中学校合格
      金蘭千里中学校合格
      岡山中学校合格

    •  私は、1年前まで、洛南に通うとは思ってもいませんでした。なぜなら、洛南に合格できる成績にはほど遠かったからです。

       4、5年生の時は、最高レベル特訓算数をWebで受講していました。6年生は最後までVでしたが、最高レベル特訓算数ではなく、トップレベル特訓算数を受講しました。また、四天医志コースが第一志望であったため、日曜志望校別特訓はL洛南・西大和コースではなく、L四天・清南コースにいました。これらの講座では基本的な問題をミスなく丁寧に解くことを意識していたので、成績もどんどん上がりました。そして、11月に入り、洛南に挑戦することを決めました。コース外受験でしたが、L四天・清南コースの先生方のサポートはとても心強かったです。

       洛南は、1・2回目の合否判定学力テストでD判定、4回目でA判定、最後のプレ入試は過去問を1年分解いただけで十分対策を出来ていなかったため、D判定でした。四天王寺中プレ入試は4位でした。

       過去問を、四天・洛南は10年分解きました。私は四天の国語に苦戦していたため、先生方から2回解くように勧められ、2回解きました。洛南の過去問は相性が良かったため、差のつきやすい算数と理科の物理分野を2回解きました。過去問は、全ての教科において、解いてからノートに直しをして、先生に提出することをオススメします。なぜなら、大切なことや他の解き方を先生が教えてくれるからです。また、過去問は点数が取れていなくても、回数を重ねると点数が取れるようになります。

       洛南の対策として、次のことをオススメします。理科では、「暗記テキスト」や「サタチャレ」を何回も解くことや、良問の多い東大寺の知識問題を解くこと、マスターのレベル4まで解き方をきちんと書いて解くこと。社会では浜ノートの一問一答や「サタチャレ」を繰り返し解くこと。算数では、プレ入試や過去問で少しでも分からないと思った問題の質問に行き解決することや、マスターコースC問題まで解き方を浜ノートにきちんと書いて解くことです。書くことで弱点に気付けるので理解も深まります。

       最後まで結果はわかりませんが、あきらめずに勉強すれば、第一志望校に合格する可能性は高くなります。

  • 強い心が大切だと感じた中学受験
    • 強い心が大切だと感じた中学受験
    • 寺師 幸希 さん

    • 神戸女学院中学部合格
      桜蔭中学校合格
      帝塚山中学校合格

    • (はじめに)私は、この春、憧れの神戸女学院中学部に入学します。私の山あり、時々峡谷ありの受験生活についてお話します。少しでも、みなさんのお役に立てれば、嬉しいです。

      (3年生10月)「算数は、早い段階で力をつけておいた方がいい」という母のアドバイスで最高レベル特訓算数のみを受講しはじめました。これは、後の入試に大いに役立ちました。

      (4年生)西宮教室の最レ1組で学園長の算数を受講しました。毎回出される最難関校の過去問を解く時間は、できないなりにも刺激を受けることができる楽しい時間となりました。

      (4年生12月)マスターコースの受講を開始。千里中央教室のVクラスでスタートできました。

      (5年生)Vクラスでのスタート。

       6年生で、豊中社会①テスト組に入れることを目標に苦手な社会を猛特訓しました。最レ算数は千里中央教室で受講。5年最レ算数は、面白い問題が多く、算数の力をつけてもらえる講座であると実感しました。一方で、この頃の公開学力テストは、国語の点数が良ければ、理科が悪く、理科が良ければ、国語がひどい点数というありさまで、全ての科目で高得点になることはありませんでした。Vクラス崖っぷちという状態もありましたが、それでも1年間、Vクラスを維持できたのは、小3からスタートした最レ算数のおかげだと思います。

      (6年生前半)Vクラスでのスタート。選択社会は念願の豊中社会①テスト組に入ることができました。副学園長の①テスト組の授業スピードは、とても速く、最初はついていくのに精一杯で、宿題にも多くの時間を費やしました。が、副学園長の授業はとても深いもので、特に歴史は最高に面白かったです。今では、歴史が大好きになりました。後の入試にも大いに役立ちました。

       6年生の1年間、Vクラスを維持することができましたが、いつも順風満帆というわけではなく、5年生の時と同様、崖っぷちの状態もありました。ケアレスミスを連発してしまった時は、近所迷惑になるぐらいの大きな声で母に叱られたこともありましたし、おろしたての新しいノートにも容赦無く物凄い筆圧で×とつけられ、最後のページにまであとが残るぐらいの怒りを込めて採点されたこともありました。今となっては受験生活の良い思い出です。

      (6年生後半)最レ算数は、7月でやめました。同時にピアノも夏で一旦、中断し、入試に向けて、全力を捧げました。

       入試直前でも、諦めなければ、最後まで成績が伸びることを実感しました。自分でも嬉しくなるぐらい、算数の問題がすいすい解け、過去問でも9割以上取れるぐらいにまで力がつきました。

      (当日)ほどよい緊張感で、普段通りに挑めたと思います。

      (最後に)悔しさで涙することもありましたが、いつも前を向いていられたのは、神戸女学院への強い思いがあったからだと思います。

       楽しい授業をして下さった各教科の先生方、明るく声をかけて下さった事務員さん、良い刺激を与えてくれた友達、そして、いつも私の思いを尊重してくれた家族、本当にどうもありがとうございました。

       多くの皆様のおかげです。私は、次の舞台で頑張ります。

  • 受験の教訓
    • 受験の教訓
    • H.I. くん

    • 洛星中学校合格
      北嶺中学校合格

    •  ぼくが受験勉強で学んだことは、日々の努力と常に上を目指し続けることの大切さです。

       ぼくは小5の時に浜学園に入塾して、Sクラスからのスタートでした。その頃は受験本番のことは意識せずに、公開学力テストをひと月ずつこなす、という感じでした。それでも、5月末でSに上がりました。

       小6になり、祖父の母校である甲陽学院中学校を志望校として、8月から日曜志望校別特訓に入りました。しかし、秋の合否判定学力テストでA判定を取ったこともあり、マスターコースの勉強がおろそかになって公開学力テストが伸び悩んでしまいました。

       このような事態は、日々の努力を忘れてしまったことと、最難関を目指すVクラスに入っていなかったことに原因があった、とぼくは思います。例えば、算数では毎朝計算テキストをこなし、Vクラスの宿題であるB・C問題を解いて問題の処理能力を高めれば、このようなことにならなかったと思います。最難関を目指してこの合格体験記を読んでいる人たちには、Vクラスに早期に入ることと、宿題をきちんとこなすことをお勧めします。

       入試直前特訓では、志望校を変えずに甲陽コースに入り、先生方に勉強のポイントを教えてもらったりして支えていただきました。しかし、ぼくは本番で甲陽と他の併願校に落ちてしまいました。合格発表の会場まで一緒に来てくれた母に、「自分の番号がない」と言わなければならなかったことは、言葉では言い表せない程苦しいことでした。そんな時に、甲陽コースの算数の先生に洛星中の後期日程などを紹介してもらい、「これまで頑張ってきた勉強が活かせる」と励ましていただきました。洛星中の後期日程は倍率が高いので、父母の心配する意見もありましたが、ぼくは今まで頑張ってきたことを信じてその試験を受けることにしました。当日の算数では、式を整理するように心がけ、国語の記述もわかりやすく書くようにしました。

       洛星中の合格の知らせを受けたのは、大阪教育大附属池田中の一次試験から帰ってからでした。その幸せは、これまで生きてきて一番でした。たくさんの修羅場をくぐり抜けたからこその気持ちだと思います。

       ここまで自分に様々なことを教えてくださった先生方や同級生、支えてくれた家族に感謝します。本当にありがとうございました。

  • 東大寺への道のり
    • 東大寺への道のり
    • 藤田 瑞士 くん

    • 東大寺学園中学校合格
      大阪星光学院中学校合格
      西大和学園中学校合格
      清風中学校合格
      北嶺中学校合格

    • (2~5月春先)緊急事態宣言が発令され、塾の授業がWeb授業になり、本来塾でやるはずだった復習テストや、マスターコースの宿題に加えて追加の課題があったので、学校が休校だったとはいえ、かなり宿題消化が大変でした。しかし、一番大切にしていたのが、「できる限りを尽くす」ことです。案外「できるだけはやる」という気持ちでやったお陰で、全ての宿題と課題はできて、再開した授業で他の人よりリードできて、後まで勢いが続きました。

      塾がない間は、各教科の先生から電話があり、状況や悩みを聞いて下さり、心の支えになりました。「今さぼっているか、いないかで、後に差が付く」と言われてそれをずっと頭に置いて過ごしました。

      (6~8月の夏前、夏期講習)夏期講習の直前になると、学校が再開して宿題消化が大変でしたが、まだ復習テストの直しや、公開学力テストの直しをする時間を見つけ必ずしました。そして、夏期講習が始まると、朝から夏期講習、夕方はマスターコースの授業、最高レベル特訓算数もあり、宿題は物凄い量でした。なので、復習テスト、公開学力テストの直しをやる時間が無くなってきました。何とか宿題はやり切り、夏期講習が終わりました。

      (9~11月の秋~冬)そろそろ入試が間近に迫ってきて、塾の雰囲気がピリピリしていました。志望校も、第一志望を東大寺学園に決めて、日曜志望校別特訓の授業も2週間に1度あり、4教科だったので、12時間授業がありました。同じ学校を受ける「M星光・甲陽・東大寺コース」の仲間はとても仲が良く、そのおかげで、12時間の授業も塾生活も、入試直前特訓もやり切れたと思います。みんなで合格しようという雰囲気が先生にも伝わるくらい、楽しく塾生活が過ごせました。ただ、宿題は夏期講習より多く、消化が大変でした。9月の公開学力テストでは、国語で全国1位を取り、先生も過去10数年見たことがないという偏差値を取りました。それが、やる気につながりました。しかし、公開学力テストの成績が11月に一気に下がってしまいました。4教科中、3教科はVクラスと思えない偏差値で入試直前だったこともあり、かなりショックでした。これもあり、12月の公開学力テストでは自己最高の4教科偏差値と順位が取れ、受験に向けて勢いがついてきました。

      (12月~入試)入試も間近になり、入試直前特訓が始まりました。毎日、日曜志望校別特訓があるみたいでした。12時間ある日でも、もう慣れてきました。しかし、今までの苦労を思い出し、自分をふるいたたせて、何とか宿題をやり切り、最高レベル特訓の宿題は、2回目のところが出ても、すんなりできていました。ただ、東大寺コースの宿題になっている過去問が、4教科6年分するのにはなかなか時間がかかってギリギリになりました。第二希望の学校の過去問もしていたので大変でしたが、東大寺を6年やっていたおかげで、東大寺のパターンがわかりました。のちに受験当日も、手ごたえを感じて受験を終えることができました。12月、学校がある日には、行く前に、東大寺漢字倶楽部と星光プレミアムブックと、マスターコース算数の計算テキストをやってから登校しました。東大寺の漢字は難しいということだったので、4冊を3回以上するように受験当日まで続けました。

       星光、西大和のほうが先に結果が分かったうえでの、東大寺の受験で、気をひきしめたまま、全ての学校を受験しました。そして、全ての受験校で全力を出し切れました。

       これは、やるべきことを全力でやり切ったことによる自信のおかげでした。

       最後に、教えてくださった先生、時には厳しく、時には褒めて下さり、入塾の時から声をかけていつも見守ってくださった千里中央教室のマネージャー、お弁当を忘れて帰った時も洗って置いて下さった事務の方々、いろんな方のお陰ですべての学校に合格できました。

       本当に感謝しています。そして、浜学園を信じて頑張ってきて良かったと、心から思っています。ありがとうございました。

  • 最後まであきらめない
    • 最後まであきらめない
    • K.Y. くん

    • 東大寺学園中学校合格
      明星中学校合格
      高槻中学校合格
      海陽中等教育学校合格
      北嶺中学校合格

    •  ぼくの6年生での経験をお話しします。

       小6の夏期講習からなんとか千里中央教室のM星光・東大寺コースに入れたので、コースの先生と課題のやり方を相談しながら通った。千里中央教室には2組あったが、ぼくはずっと2組だった。最後まで2組、入試直前特訓PART1の時は3位だったが2組のままだった。くやしかった。星光を第一志望にして日曜志望校別特訓の課題もやりながら過去問もできる限りやった。星光中入試練習も全て参加して2勝2敗、星光中プレ入試はA判定だった。

       挑んだ1日目、星光の入試は合格点に1.25点足らず×だった。ぼくが結果を知らされたのは2日目の試験が終わり帰宅した時だった。知らされた直後、アドバイザーでもあるコースの先生から電話がかかってきた。母が結果を知らせた後、先生はぼくと話をしてくださった。「前を向こう。反省点を書き出して、次はそれをしないようにしよう」という冷静なアドバイスだった。普段から答案を見てもらっていた先生なので、ぼくに合った言葉をくれた。翌日の東大寺の試験も最後までやり切ろうと、切り替えた。漢字倶楽部、日曜志望校別特訓と過去問の見直しをやって寝た。

       翌日、3日目の東大寺は全力でぶつかってきた。やはり問題はどれも難しかったし、ほかの学校と同じような出来栄えの感触しかなかった。翌々日、インターネットで東大寺の発表を見た。開いた時、家族で「あった!」の合唱の後、親は固まった。みんな声もない。涙もない。ぼうぜん。それぐらい衝撃の大どんでん返しだった。

       ぼくから伝えたいことは、つらいことがあってもあきらめないでよかったこと。反省を重ねることで前に進めること。状況に応じて周りの人と相談してベストを尽くすこと。ぼくにとっての社会のように、覚えやすいと思った分野を武器にすること、などが大切なのかなということです。激励してくださったM星光・東大寺コースの先生、マスターコースの先生、Webの先生、SGさんはじめ千里中央教室の事務員の方々、3年余りの期間ありがとうございました。

  • みんなに支えられた合格
    • みんなに支えられた合格
    • 八郷 想大 くん

    • 甲陽学院中学校合格
      東大寺学園中学校合格
      高槻中学校合格
      北嶺中学校合格

    •  僕は浜学園の先生方、事務所の方々と家族、浜学園の友達、先輩のおかげで甲陽学院中学校に合格することができました。

       入塾したのは、4年生の春、土曜マスターコースHクラスからの出発でした。勉強したことがない僕は日々の宿題ですら泣きながら取り組みました。5年生はSからのスタートでした。直後Sになり投げやりな気持ちになりましたが、千里中央教室の事務の方に叱咤激励され、気持ちを奮い立たせました。今までにない集中力で、講座を取っていなかった理科を重点的に、苦手な国語を基本から勉強しました。4月の公開学力テストで初めて100傑にのり、Vクラスに入ることができてうれしかったです。そこから灘合に参加し算数の面白さに気がつきました。6年は正直苦しかったです。春は新型コロナウイルスのため、急な休みになり自分で勉強ができない僕はペースダウンしてしまいました。

       甲陽を受験するにあたって国語が苦手なのは不利になることを知り、特に国語が苦手な僕は教育相談で宿題の取り組み方を教えてもらい頑張りました。国語は最後まで得意教科にはなりませんでしたが、あきらめず頑張り続け甲陽学院や東大寺の記述も空欄を作らず書くことができるようになりました。算数は夏前に先生の勧めで小5の最レ算数を解き直し、安定した成績をとれるようになりました。理科は日曜志望校別特訓・甲陽コースでの難しい問題が楽しくなりたくさんの問題に取り組んだので、テスト形式にも慣れました。おかげで甲陽中入試練習や甲陽中プレに全て合格することができました。

       それでも最後の公開学力テストが悪く、入試直前特訓PART2で甲陽3組になったり、前受けの愛光中学校に落ちたりして不安でいっぱいになりました。しかし、浜学園の友達の言葉を支えに、あきらめず投げ出さず努力し続けたので、入試本番では力を出し切ることができました。

       こんな僕でもあきらめず努力すれば道は開けるとわかりました。

       関わってくださった皆さんに支えられ合格することができました。

       ありがとうございました。

       

  • 灘中合格への一本道
    • 灘中合格への一本道
    • 佐藤 亮太朗 くん

    • 灘中学校合格
      洛南高等学校附属中学校合格
      西大和学園中学校合格
      愛光中学校合格
      北嶺中学校合格

    • (はじめに)僕は第一志望の灘中学校をはじめ、すべての受験校に合格しました。小2の入塾時から僕を支えてくださった先生方、事務の方々、家族に感謝しています。ありがとうございました。

      (春)マスターコース、入塾時から受講していた最レ算数、最レ理科、小3から途切れることなく受講できた灘合、灘最高峰特訓、灘猛特訓を受講しました。コロナ禍で通塾できない期間はWebやZoomの授業、ミラクルWebなどに取り組み、先生からもお電話でアドバイスをいただきました。朝5時半起床の生活リズムに変え、朝は計算、漢字、苦手な国語の知識問題など基礎固め・苦手分野の克服に努めました。

      (夏)夏期講習、日曜志望校別特訓も始まり、宿題に追われる毎日でした。母と一週間ごとに毎日の細かい勉強スケジュールを決め、M灘1組以上に受験までいる、模試ではすべて合格することを目標にしました。灘中に関わる講座や模試はすべて受けました。灘猛特訓や入試練習はテスト時間が短縮されるので問題処理の速さや正確さが鍛えられました。7冠特訓などの暗記カードは特に苦手な国語を中心に通塾途中に覚えました。夏の灘中オープンでは10傑に入ったことで自信がつきました。

      (秋)過去問は灘中10年分、併願校3年分解きました。灘中の算数はノートに解き方やなぜ間違ったかを書き、先生に見ていただき、わからない問題は解説していただきました。併願校のプレテストも10傑に入り、さらに自信がつきました。

      (冬)12月公開学力テストで苦手な国語を失敗し、突然、国語の解き方がわからなくなりました。先生と中学受験に合格した姉からアドバイスをもらい、入試直前特訓で1日5本のテストを受けた成果もあり勘を取り戻しました。M灘1組以上のクラス維持、そして灘中プレも合格し、模試すべて合格の目標も達成しました。入試当日は先生方にメッセージを書いていただいたハチマキをお守りとし、落ち着いて、自分の実力を発揮できました。

      (最後に)浜学園の授業は本当に楽しかったです。みなさんも自分を信じて、最後まであきらめずに頑張ってください。

  • 最後まであきらめない
    • 最後まであきらめない
    • 吉田 光輝 くん

    • 金蘭千里中学校合格

    •  ぼくが一番うれしかった事は、第一志望である金蘭千里中に合格した事です。ぼくは、サッカーを習っていて、サッカーをやめずに志望校に合格することが目標でした。復習テストはがんばっていましたが、公開学力テスト(特に国語)で点がなかなか取れず最後にいたクラスはH1でした。6年生に入り秋頃に何校か学校見学に行って金蘭千里中に受験することに決めました。あと数カ月で受験だと思うと急に不安になり、各教科の先生に相談しました。そして決めたこと(語句マスターを2回やるなど)をコツコツがんばりました。算数と理科は点数がとれるようになってきましたが、国語は最後の公開学力テストでもあまりいい点はとれませんでした。過去問に取り組むようになって、国語は5割以上、算数と理科は7割以上をとる事をがんばりました。入試直前特訓で毎日問題を解き、自習時間にわからないところを質問し、国語も長文が長いので時間を決めて早く読む練習、記述問題の練習をくり返すなどしていくと、だんだん自信がついてきました。受験当日、一教科目は緊張しましたが、あとはいつもどおりにできた気がします。結果、前期A・前期B・後期の3つ全部合格できました。ぼくは、最後まで集中し、あきらめない事が大事だと思いました。前日まで勉強を教えていただいた先生、本当にありがとうございます。中学生になっても勉強とサッカーをがんばりたいと思います。

  • 苦手な科目と向き合うことの大切さ
    • 苦手な科目と向き合うことの大切さ
    • 人見 悠斗 くん

    • 西大和学園中学校合格
      東大寺学園中学校合格
      愛光中学校合格
      北嶺中学校合格

    •  僕は5年生から双子の兄弟と同時に入塾しました。二人ともSクラスからのスタートでしたが兄弟は成績が良く、先にVクラスに上がってしまいました。僕は算数が苦手で成績が安定せず5年生の12月にはVクラスに上がりましたが、6年生の8月に再びSクラスに落ち、悔しい思いをしました。

       それで夏期講習からは、苦手な算数に重点的に取り組むように努力しました。作図や条件整理を書く事を丁寧にやり続けていたら、解くスピードが速くなり、弱点を少しずつ克服していきました。9月から星光プレミアムブック算数を毎日やり、空き時間には情熱難問集ノートの直しをして、必ずマスターコースと日曜志望校別特訓の課題をするなど、毎日たくさん算数の問題を解きました。日曜志望校別特訓の課題の難問は解けなくて悔しくて泣いたときもありましたが、あきらめずに必死に取り組み、最後の12月のクラス分けでVクラスに戻ることができました。

       入試直前特訓期には実戦問題を何回も解いて、自習時間には算数の宿題テキストを優先に取り組みながら、他教科の課題も進めました。入試直前特訓は毎日が集中・充実して、一日が終わるのが早かったです。

       入試一日目。星光学院中入試は緊張しすぎて、落ち着いて受験できませんでした。落ちたと思いました。でも、二日目の西大和学園中入試に気持ちを切りかえました。二日目の午前中は時間があったので、入試直前特訓のテキストを見直しました。三日目の東大寺学園中入試の朝は、西大和学園の結果に自信がなくて緊張と不安でいっぱいでした。そのとき、応援に来て下さった算数の先生から「落ち着いて時間配分を考えてスピーディーに取り組みなさい。」と直接アドバイスをもらいました。それで気持ちが楽になり、落ち着いて試験に臨めました。

       僕は苦手な算数に積極的に取り組んで、つらくても入試最後まであきらめませんでした。その結果、第一志望の西大和学園に合格できました。いつも前向きに指導して下さった浜学園の先生、励まし支えて下さった教室事務の方に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

  • ポジティブでいること
    • ポジティブでいること
    • 村上 明咲 さん

    • 洛南高等学校附属中学校合格
      四天王寺中学校合格
      高槻中学校合格

    •  「ポジティブでいること」― これが私の座右の銘で、第一志望洛南高附中に合格出来た理由がこの言葉に集約されていると思います。ただ、前向きに考えすぎることも控えた方が良いときも当然あります。私の場合ですが、3、4年生のときに成績が落ち、それでも「なんとかなるでしょ~」と楽観的に考えていた時期がありました。これでは成績が落ちることを止めることはできません。何故成績が下がったかを考え、なんらかの対策を立てることが必要です。しかし、受験が迫った時期は「ポジティブでいること」が大切になってくるでしょう。そこで、いくつか自分の体験を挙げようと思います。

       一つ目。塾に行く日が増え、学校の友達と全く遊べなくなりました。これは当たり前で仕方のないことですが、今年は休校期間中友達と会えず、余計に「孤独」が募った気がします。そこで、私はこう考えました。「終われば遊べる楽しみが何倍にも増す!」と。この考えのおかげで寂しさを乗り越えられたように思います。

       二つ目。浜の友達(ライバル)の出来が良すぎて、「自分なんかが受かるのだろうか」と不安になってしまうこともありました。しかし、日曜志望校別特訓と入試直前特訓でお世話になった先生が、「自分が受からなくて誰が受かるのだ、という気持ちで臨め」と仰いました。その言葉が素直に心にしみ込み、自信に繋がりました。感謝でいっぱいです。本当にありがとうございました。

       三つ目。試験が終わり合格発表を待つ間の出来事です。今年は得意な国語が簡単で、苦手な算数が難しく感じられました。私にとっては不利な状況で、少し不安になってしまいましたが、父が「トップで受かっても、ギリギリで受かっても、合格は合格」と言ってくれました。おかげで安心でき、発表まで精神状態も安定していたと思います。

       他にも、マスターコースの先生、選択社会の先生、最高レベル特訓の先生、アドバイザーの先生、お世話係の方、事務員の方々等もたくさん励まして下さいました。本当に感謝しています。

  • 苦手教科に負けないで
    • 苦手教科に負けないで
    • Y.M. さん

    • 四天王寺中学校合格
      岡山中学校合格

    • (はじめに) 私は、四天王寺中学校に合格することができました。今年1年をふり返って、苦手教科の取り組み方について紹介します。

      (  春  ) 私は、Vクラスからスタートしました。しかし、内容が難しく、特に、苦手な算数では、授業についていけず宿題を後まわしにしていました。

      (  夏  ) 7月下旬から夏期講習が始まり、移動もあったので、マスターコースの宿題との両立が大変でした。また、マスターコースのクラスがSに落ち、「もっとがんばろう」という気持ちで宿題をこなすことができました。

      (  秋  ) 9月からはコース別の特訓が始まりました。しかしその頃も算数がうまくいかず、女子最難関中オープン模試では平均点がこせませんでした。そして、教育相談をし、今後の取り組みややり直しについて話しました。どのような間違え方をしたかと考えたり、難易度を意識して解いたりすることを教わりました。また、過去問や公開学力テストのやり直しも提出して見てもらいました。しかし、四天王寺中プレではあせってしまい、算数がとれる問題もとることができませんでした。その後、より算数を取り組むようにしました。

      (  冬  ) 苦手だった算数もだんだんできるようになり、自信がついてきました。入試当日は自信をもって会場に行くことができました。落ち着いて解けたと思います。

      (おわりに) 苦手な教科で行き詰まっても、教育相談などを活用して取り組んでいくことで、自信がついてくると思います。

      みなさんも、あきらめないでがんばってください。

  • 努力してよかった
    • 努力してよかった
    • I.K. くん

    • 同志社中学校合格
      明星中学校合格
      関西大学中等部合格

    •  僕は、6年生になってからずっと調子が悪かった。というよりは、僕が良くしようとしなかっただけかもしれない。公開学力テストや合否判定学力テストでは40台後半から50台前半をウロウロしていた。そんな僕に、ついに転機が訪れた。

       11月のある日、国語の復習テストで100点をとった。99点の子や98点の子もいたが、僕は100点だった。その日から、「僕はツイてる」「僕ならいける」と思うようになった。しかしその月の順位は6位と思ったより高くなかった。でも、「僕はツイてる」「僕はやればできる」と思いこみ続けた。

       そしてそのまま12月になった。国語はもともと点がとれるうえ、理科ものびてきた。といっても理科はせいぜいベスト1に1回入っただけで、あとは平均点以下だった。それでも自分からしたらいい方だと思う。

       12月の公開学力テスト、最終なので少しがんばろうと考えていた。なので土曜日の朝から勉強した。だから、当日もあまり緊張しなかった。

       そして、結果が返ってきた。そしたら偏差値が56あった。うれしかった。やっぱり努力してよかったと思った。この調子でがんばろうと思い、実際がんばった。そしたら、12月のマスターコース選択社会の順位が1位になった。これには僕をふくめて、家族のみんなが喜んだ。

       冬休みに入り、僕は千里中央教室のRDコースで勉強した。12月の成績で自信がついたのでそのままがんばることができた。国語では何回かベストにも入ったし、理科や算数もそれなりに点がとれるようになった。

       僕が受験勉強を通して思ったことは、何か1回いいことがあれば、その先もずっと努力できるということだ。根性のようなもので高得点を1回とればいい。

  • 今までやってきたことを信じて
    • 今までやってきたことを信じて
    • A.T. さん

    • 西大和学園中学校合格
      四天王寺中学校合格
      洛南高等学校附属中学校合格
      愛光中学校合格

    •  私は、4年生から浜学園の土曜マスターコースに入りました。最初はHクラスでしたが、公開学力テストがよかったこともあり、Sクラスに上がることが出来ました。

       5年生からはマスターコースに移ってVクラスに上がりました。最高レベル特訓算数と社会を受講し始めたため、特に最高レベル特訓算数の宿題はこなすのが大変でした。ですが、苦手な算数の宿題は2回やるようにして復習テストでできるだけ点数がとれるように頑張りました。公開学力テストでは、理科が不安定になっていたため、公開学力テストの直しなどをして対策をしました。

       6年生では、マスターコースに加え、最高レベル特訓算数、トップレベル特訓国語、副学園長先生の社会①クラスの授業を受講しました。全体的にも宿題が多くなり、毎週しんどかったです。副学園長先生の社会の授業では、ボイスレコーダーで授業を繰り返し聞き、宿題の大切な部分を2回やりました。私はこの副学園長先生の授業のおかげで、4科では、ほぼ毎回100傑に載ることができるようになりました。また、トップレ国語を受講してからは、記述力練成テストの成績が上がりました。なので、私は両方とも受講していて良かったと思います。夏には、日曜志望校別特訓が始まり、その後すぐに夏期講習も始まりました。宿題が多くなり大変でしたが、早朝特訓や通常授業までの時間に進めていきました。また、私はマスターコース以外の授業と夏期講習は豊中教室で受講していたため、マスターコースの日、同じ教室の友達みんなと楽しく電車で移動していました。これがあって、夏を頑張れたのだと思います。秋になると、学校行事が多く、大変でした。また、日曜志望校別特訓は、よりコースが細かくなり、私は上本町のL洛南コースに行きました。この頃、マスターコース、社会と日曜志望校別特訓に専念できるよう、最高レベル特訓算数とトップレベル特訓国語をやめました。そして、秋頃から過去問を解き始めました。しかし、宿題でいっぱいいっぱいでなかなか進まなかったので、もう少ししっかり予定を立てておけば良かったと思っています。とうとう冬になると、入試直前特訓が始まりました。比較的余裕ができたため、過去問や暗記、プレ(テスト)の直しなどをやりました。私は、過去問が最後まであまり良くなかったので、直前期には、もうすぐ本番かと緊張していました。

       そして本番、今までやってきたことを信じて頑張りました。統一入試日の3日間は、あっというまに過ぎて、あまり覚えていないほどです。結果は、受験校すべてに合格。今までやってきたことを信じて良かったと思いました。

       この3年間、私を支えてくれた先生方、事務の方々、お世話係さん、友達、家族、本当にありがとうございました。

  • 合格への道
    • 合格への道
    • 山下 卓也 くん

    • 西大和学園中学校合格
      明星中学校合格
      岡山中学校合格

    • (はじめに)僕はこの春、多くの方々に支えられ、西大和学園中学校に進学することになりました。

      (入塾)3年生の時、今でいうマスターコースを受講しました。

      (3年生)算数も国語も平均的でした。

      (4年生)野球・ピアノのなどの習い事をしていました。この頃は受験のことは考えていませんでした。

      (5年生)算数が平均以上になりました。この頃のクラスはほとんどがSでした。

      (6年生春)クラスはSでスタートしました。春期講習は最難関コースで受講しました。

      (6年生夏)夏期講習や日曜志望校別特訓が始まりました。この頃、西大和を第一志望校にすることに決めました。しかし親は高槻を第一志望校にしようとしていました。

      (6年生秋)この頃受けた西大和学園中プレ入試では国語がA判定、理科がB判定を取れるようになりました。

      (6年生冬)入試直前特訓は三田・高槻コースを受講することになりました。直前自習室では今までで一番ハードでしたが、とてもタメになりました。

      (岡山中入試)人生最初の入試。とても楽しかったです。結果は合格でした。

      (高槻中入試)統一日初の入試。国語が予想以上に悪かったです。結果不合格でした。

      (明星中入試)あまり緊張はしませんでした。結果は合格でした。

      (明星中入試)2回目の明星入試。この時もあまり緊張しませんでした。

      (西大和学園中入試)移動中に高槻中学校の結果を見てしまいました。しかし、気持ちを切り替えて受験に挑みました。国語はとても難しかったです。逆に算数は簡単でした。結果は合格でした。

      (最後に)入試にはどのような問題が出るかはわかりません。変な問題が出てきても焦らないでください。皆さんの合格を祈っています。

  • 星光に向けての歩み
    • 星光に向けての歩み
    • Y.K. くん

    • 大阪星光学院中学校合格
      愛光中学校合格
      北嶺中学校合格

    •  僕は、念願の大阪星光学院中学校に合格しました。

       僕が浜学園に入ったのは小3の夏期講習中でした。初っぱなからSクラスに入ることができましたが、周りがやっていることをまねしたところ、4年生の4月からはVクラスに上がりました。しかし、Vクラスでは、ハイスペックな能力の人達についていけず、クラスの中でも最下位の成績でした。それは5年生になっても変わらず、何度かSとVを往復した挙句、とうとう心が折れて2019年1月に浜学園をやめました。その後、前通っていた塾にもどるか、新しい塾に行くか、地元の中学に行くかでなやんでいましたが、浜学園の先生の「Sの上位にいれば、灘以外の最難関中は合格できる」という言葉と、事務員さんに説得されて、「Vには上がらない」・「最高レベル特訓も取らない」ということを条件に浜学園に復帰しました。それからずっとSを維持し、入試直前特訓や星光中入試練習で好成績を収めました。また、僕は国語が得意で、4回目の星光中入試練習では114点を取れました。それを友達と比べあい、自信をつけあったりもしました。入試前日は、あまり勉強せずに、普通に本を読んだり、スマホを見たりして、おやすみコールをもらって、寝ました。

       入試直前でのあせりは禁物です。しっかり自分の時間をとって休まなければ、意味がありません。受験勉強で一番大切なのは、「心を落ち着ける」ということです。しっかり休息を取りながら勉強にはげんでください。

  • 先生に話そう
    • 先生に話そう
    • Y.I. くん

    • 東大寺学園中学校合格
      洛星中学校合格
      高槻中学校合格
      愛光中学校合格
      函館ラ・サール中学校合格

    •  ぼくが浜学園の千里中央教室に通うきっかけとなったのは、東大寺学園中学校との出会いだ。東大寺を第一志望に変更したあと、ぼくは母と千里中央の浜学園に行き、先生と教育相談をして、7月から日曜志望校別特訓を受けに行くことにした。

       5年生の夏からそれまで、授業を全てWebで受けていたので、7月1回目の日曜志望校別特訓に行くときはどきどきしていた。日曜志望校別特訓の授業は長かったが、楽しく、わかりやすかった。宿題が多くて、初めは大変だったが、少しずつ慣れていった。評価でAをもらったことがうれしく、それで宿題をがんばることができた。日曜志望校別特訓を受けたことにより、公開学力テストの成績がどんどん上がっていった。合否判定学力テストやミラクルWebでA判定が出たときはうれしかった。入試練習でも10傑に入った。日曜志望校別特訓は2週間に1回だったのでまだ宿題をこなすことはできたが、入試直前特訓PART1では同じ教科の間が1日しか空いていないこともあったので宿題をこなすことができなくなってしまった。この時期はとても苦しかったが、結局東大寺をふくむ5校に合格した。

       このような経験をしたぼくから君たちへ言いたいことがある。ぼくは、PART1で宿題ができず、疲れてPART2には行けなかったが、浜学園の先生がずっとはげましてくれたので不安なく受験ができた。だから、疲れたり、不安になったりしたときは、先生に相談するとよいと思う。

       最後に、最後までぼくをはげましてくれた先生やお父さん、お母さん、感謝しています。ありがとうございました。

  • 骨骨(コツコツ)頑張ることの大切さ
    • 骨骨(コツコツ)頑張ることの大切さ
    • 新村 爽太 くん

    • 灘中学校合格
      洛南高等学校附属中学校合格
      西大和学園中学校合格
      愛光中学校合格
      北嶺中学校合格

    •  僕は、入試直前に右手の親指を骨折しましたが、先生方や家族に励まされ、あきらめずに受験し、受験校全てに合格しました。12月末に骨折をして、医師に「入試までに治らない」と言われた時、僕は「またか。今回はさすがにやばいなぁ」と思いました。というのも、指の骨折は今回で5回目だったのです。浜学園の先生に報告すると、「今まで積み上げてきたことはそんなすぐになくならない。大丈夫だ!!」と励ましていただきました。この言葉は、これまで僕が積み上げてきた努力を信じて、今まで以上に頑張ろうと、僕の心を奮い立たせてくれました。また、冬休み中、毎日いろいろな先生方から「治ったか?頑張れよ!」と励ましていただきました。そのおかげで、年末年始の灘中入試練習や灘中プレ入試でも合格判定をもらい、洛南入試練習では10傑入りすることができ、「骨折していても、絶対合格するぞ!」と思えるようになりました。

       僕は、天才ではありません。凡人です。だからこそ、浜学園の先生を100%信じて、先生に言われたことは全て実践してきました。その背景には、両親の教えがあります。母には「素直な気持ちで取り組まなければ受験に失敗する」と言われました。だから先生や両親のアドバイスを素直に聞くようにしました。もし、反抗していたら、僕の灘中合格はなかったと思います。父からは、3つ大切なことを教わりました。①受験勉強は積木と同じ。積木は焦らずコツコツ丁寧に積み上げていく。勉強をさぼることは積木を崩すことと同じで、崩すとまた一から積み上げないといけない。②嘘はつくな。周囲を騙せても、自分を騙すことはできない。そのことが試験の時に不安につながる。③友達の頑張りを妨害することはできない。合格したければ、自分が人以上に頑張るしかない。これらを常に心の中に置きながら、合格に向けてコツコツと頑張ってきました。

       入試の直前は、何が起こるかわかりません。日頃から気を付けていても、僕のように怪我をすることもあります。そんな時でも、日頃から先生方に言われたことをしっかり守り、努力を積み上げていれば、自分を信じ、最後まで戦い抜くことができると思います。最後になりましたが、僕のことを励まし、支え続けてくださった先生方、事務の皆さん、本当にありがとうございました。

  • 浜での生活
    • 浜での生活
    • K.T. くん

    • 灘中学校合格
      東大寺学園中学校合格
      西大和学園中学校合格
      愛光中学校合格
      函館ラ・サール中学校合格

    • (はじめに)僕はこの春、灘中学校を含む全ての学校に合格することができました。この合格は浜学園の先生方や事務員のみなさん、家族のおかげです。この体験記が皆さんの役に立てれば幸いです。

      (3年生)今まで通っていたはまキッズから浜学園に入りました。Sクラスを維持するのに精いっぱいで、宿題をこなすだけでした。

      (4年生)4年生の時からVクラスに入りました。この頃は、たまに100傑に入るぐらいでした。第1回の灘中チャレンジテストはC判定でしたが、第2回はコツをつかむことができて、10傑に入ることができました。まだ灘中を強く意識することはありませんでした。

      (5年生)5年生からは最高レベル特訓の算数を受講し、算数の成績がぐんと上がりました。最高レベル特訓の算数はとっておいた方が良いと思います。灘関連のテストは全て合格することができました。また灘の文化祭にも行って、灘中を本気で目指しました。

      (6年生)いよいよ6年生になって、宿題のボリュームが増えました。6年生では習い事をやめました。新しく灘中合格特訓を始めました。灘中合格特訓では灘や他校の過去問に触れることができ、いい経験になりました。夏には夏期講習があり、朝から晩まで猛勉強。家に帰ったら寝るだけでした。また夏からは日曜志望校別特訓が始まりました。秋からは本格的に過去問に取り組みました。運動会の練習とも重なってしまい、大変でした。冬は自分のやるべきことを優先してしました。入試の前日や1日目の夜には先生方がおやすみコールをしてくださりました。これにより少し緊張がほぐれました。

      (最後に)灘関連のテストや講座は受けておいた方が、自分の位置や傾向がわかるので良いと思います。また、灘猛特訓も集中力を高めるために受けた方が良いと思います。皆さんも受験の時には少しでもリラックスをして全力を出しきってください。

  • ポジティブでいることが力
    • ポジティブでいることが力
    • 馬場 尚 くん

    • 六甲学院中学校合格
      高槻中学校合格
      明星中学校合格
      北嶺中学校合格

    •  僕が浜学園に入塾したのは4年生の4月でした。その頃は週1土曜日だけの通塾(土曜マスターコース)で、あまり成績が伸びませんでした。5年生から週3のマスターコースに変え、受験勉強に集中するようになったため、最初Hクラスであったのが、6年生の最後にはSクラスまで伸びました。5年生の最初から6か月間は順調に成績は伸びていきましたが、そこまで来た時、僕はたるんでしまい、少し成績が下がり落ち込んでしまいました。しかし、そこで諦めずにゲームや漫画も完全に封印し努力したため、また同じ偏差値まで戻ることができました。このころに2年間の宿題と復習テストをやり直しました。6年生の4月に、Sクラスに上がることができてすごく嬉しかったです。それからついに受験の天王山である夏休みが来て、僕は1日も休まずに塾へ行ったため、偏差値も上がりました。しかし9月ごろから成績が下がってしまい、志望校別特訓も第一志望の洛星コースから、六甲コースに変えることになり、かなり落ち込みましたが、その気持ちをバネにしてさらに集中して勉強に取り組んだため、11月ごろから成績が一気に伸びました。そしてなんと、チャレンジで受けた正月の洛星中プレ入試でA判定をとれて、かなり自分に自信が持てました。そのおかげか、僕はチャレンジ校以外全ての学校に合格しました。しかし、本番の入試でも全てがうまくいったわけではありません。僕が受験のことで一つアドバイスをするとすれば、何があっても休憩時間にトイレへ行っておくことです。僕は実際本番の試験中に3回程トイレに行きたくなり、そのうち2回トイレへ行ってしまいました。今でもその時間はかなりもったいなかったと思っています。僕は自分が志望校に合格できると最初から信じていました。受験生生活は、時に修羅場にもなります。そんなときにこそ、ポジティブでいることが大切です。

  • 僕の成績の上げ方
    • 僕の成績の上げ方
    • 大幡 岳久 くん

    • 高槻中学校合格
      明星中学校合格
      香川誠陵中学校合格

    •  僕は両親や浜学園の先生方の支えがあって第一志望である高槻中学校に合格することができました。ですから今でも両親や浜学園の先生方には感謝しています。
       僕は5年生からこの浜学園に入り、みんなよりも少し遅めのスタートを切りました。その中で母に志望校を決めようと言われ、言われるがままに行けたらいいなという中学校を見て回っていました。その中に高槻中があったのです。僕は高槻中を見た時、「ここに行きたい!」と思いました。そこから僕の第一志望校は高槻中になったのです。
       僕は受験勉強をしている中で最も辛かったことがありました。それは、国語の成績が上がらないということでした。中でも記述は特に解けなかったです。そんな時に母は僕に要約をしようと言って新聞のコラムを出しました。当時の僕は要約という言葉を知らなかったので、聞いてみると「この文章の言いたいことをまとめなさい」と言われました。ぼくはこんなもので成績が上がるはずないと思っていました。そして公開学力テストに臨むと、なんと偏差値が10ほど上がっていたのです。僕はすごいと思いました。僕と同じように国語の成績を上げたいという思いを持っている方、個人差はあるとは思いますが、このコラムの要約をオススメします。
       最後になりますが、この僕の合格体験記を読んで少しでもみなさまの受験勉強の役に立てたらなと思います。またみなさまが第一志望に合格できるということを心より願っております。

  • 僕の中学受験
    • 僕の中学受験
    • H.S. くん

    • 洛星中学校合格
      高槻中学校合格
      海陽中等教育学校合格

    •  僕は5年生から星光中を目指して頑張っていましたが、6年の9月になってもA判定がとれませんでした。落ち込みましたが、目指す学校を変える決意をしました。いくつかの学校を見ている中、10月に洛星中のオープンスクールに行きました。この時期に学校見学に行って良いのだろうか、と不安でした。しかし、行ってみると、学校の雰囲気も良く、クラブ活動も活発で、生徒の方々が親切ですごく良い学校でした。僕はギリギリの段階で本当に行きたい学校を見つけることが出来ました。
       お世話係さんに相談したら、「洛星は、国語が長文で頑張らないといけない」とアドバイスをもらいました。国語が大の苦手だったので、全科目の偏差値が不安定でした。とにかく国語の偏差値を上げるため、毎日長文問題を解いて苦手意識をなくすように頑張りました。入試直前特訓からは洛星コースのあるJR京都駅前教室に通いました。午後特訓は、疲れがたまらないことを優先して受講せず、睡眠をしっかりとるようにしました。10月・12月の洛星入試練習は不合格でした。最後の洛星中プレ入試だけは絶対に受かりたいと思い一生懸命勉強しました。その結果、合格することが出来ました。かなりの自信になりました。
       1月に入ると、算数で周りの人が解けて、自分には解けない問題があることに気付きました。僕はずっとS1クラスだったのでC問題をほとんど解いていないことが分かり、C問題を何度も解きました。解けば解くほど自信が出てきて前日特訓ではもう後悔はないと思えました。結果、第一・第二志望ともに合格することが出来ました。
       受験を通して学んだことの1つは簡単に志望校を決めてはダメだということです。色々な学校を見て、色々な視点で考えて、決めた方が良いと思います。もう1つは、勉強は人に言われてではなく、自分自身でやらなければ成績は上がらないということです。僕は何とか合格出来ましたが、今考えるともう少し早く気付くことが出来ていたら良かったと思います。

  • 受験までの歩み
    • 受験までの歩み
    • S.O. くん

    • 大阪星光学院中学校合格
      西大和学園中学校合格
      金蘭千里中学校合格
      北嶺中学校合格

    •  ぼくは4年生の春期講習から浜学園に入り、勉強を始めました。3年生はちょっとしか勉強できませんでしたが、だいぶ塾の内容をつかむことはできました。
       4年生では算数、国語、理科を徹底的にやり、後から社会も加わり勉強していきました。元々ぼくは算数が得意だったので、算数のテストはたいてい満点をとることができ、塾の先生からもすごい目で見られていました。公開学力テストも難しく、なかなかうまくいきませんでしたがなんとかHクラスからSクラスに上がれ、ずっとそこにいることができました。
       5年生では最高レベル特訓の算数に入り、厳しい世界となりました。まず公開学力テストをがんばったことでSクラスからVクラスに上がれました。しかし、なかなかうまくいかず、すぐにSに戻ってしまいました。そこからはSでがんばり、最高レベル特訓もがんばってなるべくいい点数をとるようにしてがんばりました。偏差値も安定し、星光中をねらえるくらいまでになりました。ぼくは国語が元々苦手だったので、算数、理科をがんばり、国語を安定させるようにしてがんばっていました。
       6年生では日曜錬成特訓、後に日曜志望校別特訓が始まるようになり、豊中教室にも通い始めるようになりました。6年生となると偏差値ががくんと下がってしまいましたが、落ちこまずにがんばり続けたことで偏差値が上がっていきました。日曜志望校別特訓も終わり、入試直前特訓となると厳しくなりましたが、テストはもちろん、授業をちゃんと聞いたことで順位でも上位にいることができ、自信を持つことができました。前受けに北嶺、愛光を受けましたが愛光に落ちてしまいました。でも先生やお母さんたちがはげましてくれたので、気を落とさずにがんばり、北嶺、金蘭千里、星光、西大和の4つの学校に合格することができました。そこで第一志望校の星光中に入ってがんばろうと決めました。
       中学受験をして、本当によかったと思います。

  • ぼくがしてきたこと
    • ぼくがしてきたこと
    • 松田 悠生 くん

    • 大阪星光学院中学校合格

    •  ぼくは3年生の時に浜学園に入塾しました。ぼくは当時サッカーを習っていて、やめたくなかったため、Web生となり勉強し始めました。
       ぼくには3年生で入塾してから、受験するまでやってきたことがあります。それは「必修問題以外の問題もできる限り解いてみる」ということです。必修問題以外でも、自分にでも解けるような易しい問題が少しはありました。ぼくはこのことをしていて、HクラスからVクラスまで上がることができました。だから、必修問題しかしないのではなく、解ける問題が少なくても良いから、どんどん難しい問題にチャレンジしていくと良いと思います。それにぼくはこのことをしていて分かったことがあります。それは「人間は自分にできることしかしていないと成長しない」ということです。
       他にもぼくが勉強していく中で知ったことはたくさんあります。その中の一つに「算数は毎日の計算をしっかりやっていないとできなくなってしまう」ということがあります。ぼくがこのことに気付いたのは、6年生の11月ごろになり、受験への意識がとても強くなっていた時でした。ぼくは6年生の夏までは少しずつ偏差値が上がっていました。しかし、夏を過ぎてからは下がるようになり、100傑にも入らなくなりました。そして何が悪かったのか考えていた時に、父からこんなことを言われました。「計算が雑になっている」この言葉を聞き、ぼくはもしかしたらこれが悪かったのかもしれないと思い、それからは計算でまちがえないようていねいに解こうと心がけるようにしました。その結果、最後の公開学力テストでは少し持ち直すことができました。このことでは今でも父に感謝しています。
       ここまでぼくが述べてきたことを参考にして、みなさんも自分自身の工夫を見つけてみて下さい。

  • から一歩一歩積み重ねて
    • から一歩一歩積み重ねて
    • J.O. くん

    • 大阪星光学院中学校合格
      高槻中学校合格
      海陽中等教育学校合格
      愛光中学校合格

    •  僕は小5までサッカー中心の生活を送っていたので、浜学園に入塾したのは小6の春期講習が始まる直前でした。最初はHクラスからのスタートで、志望校は別の中学校でした。もちろん、大阪星光学院中は遠いあこがれの存在でしかありませんでした。
       浜学園に通い始めたころは、クラスの仲間が優秀に感じられ、自分が中学受験に向けて出遅れていることを肌で感じました。ただ、焦りはなく、少しでもみんなに追いつきたいという思いで、毎回の復習テストでベスト3に入ることを目標にがんばりました。実は僕が小5まで通っていたサッカーチームは大阪府の中央大会に毎年出場するようなチームで、そこではスタメンにはなれませんでしたが、勝負に勝つためには毎日の練習と人一倍の努力が大切であることを学びました。小6になって、浜学園のマスターコースと自主勉強を毎日コツコツ繰り返しているうちに、少しずつ自分に力がついてきていることを実感し、自信もわいてきました。そして、6月にHクラスに上がれた時は本当にうれしかったです。でも、その頃に受けた合否判定学力テストでは、最初の志望校ですらD判定でした。それから、夏休み、今振り返ると、自分の中で一番変化を感じた時でした。勉強の本当の楽しさがわかり、自主勉強も人一倍がんばれたと思います。夏休み最後の合否判定学力テストで点数が伸び、クラスもSに上がれたので、試しに星光中入試練習を受けてみることにしましたが、結果は合格最低点から50点以上も下でした。でも、あの時に星光を目指す仲間のすごさを見ることができたので、もっともっとがんばろうと思えました。そして、11月の2回目の星光中入試練習では、なんと合格最低点ピッタリで合格することができました。あの時はじめて、本気で星光に入りたいと思うようになりました。最後にクラスもSに上がり、冬休みも精一杯がんばりました。正月の星光中プレ入試でD判定となった時はさすがにショックでしたが、親が「挫折を味わうことで人は強くなる」とはげましてくれたので、最後まで挑戦し続けることができました。
       浜学園での経験、先生方からのアドバイスのおかげで勉強の楽しさが分かり、また志望校に合格することができました。お世話になり本当にありがとうございました。

  • 急に偏差値が下がる時
    • 急に偏差値が下がる時
    • R.N. くん

    • 西大和学園中学校合格
      海陽中等教育学校合格
      愛光中学校合格

    •  ぼくはこの春、西大和学園中学校に進学することになりました。この文章がみなさまの役に立てば幸いです。
       ぼくは3年生の時に浜学園に入塾しました。初めは受験生という意識をあまりもっておらず、復習テストと公開学力テストの順位だけを気にしていました。4年生はHで、このころの偏差値は目標にしていた学校に10ぐらい足りなかったのですが、偏差値は誰でもちゃんと勉強さえしていれば上がります。5年生ではSに上がりましたが、いっしょに塾に行っていた友達がみんな上のクラスだったのでくやしくて勉強をがんばり、秋ごろにSに上がることができました。とてもうれしかったです。たしかこの時期に最高レベル特訓を始めたと思います。最レは、レベルの高い人と切磋琢磨できるので受けておくのがいいと思います。そしてそのまま6年生になると思いきや、ピンチがおとずれます。ぼくは来年の1月は受験だから遊べるのは今しかないと思い、春休みになまけてしまいました。そしてぼくは「算数は生もの」という言葉を身をもって体験することになります。成績が下がり、もう少しでSからSに落ちてしまう所でした。けどそのことを教訓にすることができました。6年生の最初の公開学力テストで高い偏差値を出し、それからは安定して60がとれるようになりました。が、夏に急に偏差値が7ぐらい下がり、しかもそれが2ヶ月も続きました。ぼくはあせり、ぼくの解いた解答をみると、正答率が高いのに時間がなく解けていない問題が少なからずありました。そこでぼくは問題の対策ではなく時間の対策を最優先しました。すると偏差値がもどり、安心しました。
       その後はがんばり、前受け校に全て受かり、安心して本命にのぞみました。移動の時に寝てリラックスして受けることができ、甲陽は算数が出来なくて不合格でしたが西大和には受かりました。これもぼくのことを支えてくれた、友、両親、先生などのたくさんの人々のおかげです。本当にありがとうございました。

  • 小3Hクラスからの甲陽学院へ
    • 小3Hクラスからの甲陽学院へ
    • 瀬川 素司 くん

    • 甲陽学院中学校合格
      東大寺学園中学校合格
      高槻中学校合格
      明星中学校合格
      愛光中学校合格
      函館ラ・サール中学校合格

    • (はじめに) 僕はこの春、第一志望校の甲陽学院中学校に合格することができました。
      ( 小3 ) 土曜マスターコースに入り、Hから始まりHとSを行き来していました。
      ( 小4 ) またSとHを行き来しました。最後は、SHHで終わってしまいました。
      ( 小5 ) Sから始まり、最レ算数も受講し始めたので宿題が追いつきませんでした。苦手な国語を後回しにして算数の勉強をしていました。Sに上がり、ずっとSをキープできました。
      ( 小6 ) Sで始まり、4月からはずっとVでした。最レ算数が楽しくて、後回しにすればいいとは思いながらも優先してしまいました。国語は、ますます成績が低下していきました。志望校は、始めは大阪星光学院でしたが、4月の予想テスト大会で、4位を取ったことをきっかけに、自由な校風の甲陽学院中学校を第一志望校にしました。
      僕は、復習テストなどでも記述を空欄にしてしまうことが多く、記述が多い甲陽学院中学校の国語は、難しいと思いました。なので、記述の対策をすることにしました。そうすると、記述がない公開学力テストで点があまりとれなくなりました。でも、甲陽の入試練習で点が取れるようになりました。入試練習の3回は、4位、14位、7位、という結果になりました。しかし、正月の甲陽中プレ入試では45位ぐらいでした。国語はD判定、その他はA判定、総合はA判定でした。なので、国語で自信をなくしてしまいました。そのため、国語ばかり勉強しました。そのおかげで、甲陽学院中学校に合格することができました。
      入試では2日目の算数でわからない問題があり焦りましたが、冷静に、できないのは自分だけではないと考え、しっかり解き方を書いて部分点を狙いました。
      (最 後 に) 公開学力テスト、合否判定学力テストの対策をしないでも、受験校の対策をすれば大丈夫だと思います。先生方、SGさん、本当にありがとうございました。

  • 最後の一問まで全力で解く
    • 最後の一問まで全力で解く
    • T.N. くん

    • 甲陽学院中学校合格
      西大和学園中学校合格
      東大寺学園中学校合格
      愛光中学校合格
      岡山中学校合格

    •  小3・小4は、授業前日に宿題を終わらせていたこともあって、なかなか成績がのびませんでした。
       小5は、小3・小4のような勉強方法から、授業が終わって帰ってきた時にその日の授業内容を復習するように変えました。すると、以前のように宿題に追われるということはなくなりました。
       小6の春にはだんだん受験を意識するようになり、長時間のイベントも増え、とても大変になってきましたが、それに負けぬようより一層、集中して勉強するようになりました。
       小6の夏の夏期講習は宿題がとても多く受験勉強の中で一番しんどい時期でしたが、2週目からは宿題も効率よく終えることができるようになりました。
       小6の秋からは夏の灘中オープン模試でB判定だったことや最後の合否判定学力テストの結果がふるわなかったこともあり灘コースから甲陽コースに移籍し、甲陽学院中合格を目指してがんばることにしました。集中できていない時は灘コース生はがんばって勉強しているんだと自分に言いきかせ奮起しました。その成果もあって公開学力テストでは2回連続で満足できる点数をとることができました。
       小6の冬の入試直前特訓の早朝・午後特訓はとても良く、特に国語は知識分野のテストと記述のテスト両方があり、知識分野のテストは知識の確認が良くでき、記述のテストでは採点基準が書かれた紙がわたされ、とても参考になりました。このおかげもあり、苦手な国語もだいぶできるようになりました。理科は問題を多く解きミスの傾向をつかむことができました。
       そして、お正月のプレ入試では上位10位に入ることができ、自信になりました。学校は受験の1週間前までは行くことにして、自分の生活習慣をくずさないように努力しました。受験の1週間前は各学校の過去問をひらすら解き自信をつけました。当日は1秒も無駄にしないよう全力で解きました。
       最後に自分を受験校全校合格に導いてくれた、浜学園で出会った全ての人に、そして家族に感謝します。

  • 楽しかった夏期講習
    • 楽しかった夏期講習
    • 山口 翔生 くん

    • 灘中学校合格
      東大寺学園中学校合格
      西大和学園中学校合格
      麻布中学校合格
      六甲学院中学校合格
      愛光中学校合格
      函館ラ・サール中学校合格

    •  僕はあこがれ続けた灘中に合格をもらえました。6年生の1年間は浜学園中心の生活でしたが、それは苦しく、しかし、楽しいものでした。なかでも夏休みが一番大変で最も楽しい時間でした。
       僕の所属する教室では夏期講習に灘コースがありませんでしたので、夏期講習期間中だけマスターコースを西宮教室で受講するか悩みました。しかし、慣れ親しんだ先生の方が質問もしやすいし、国語の先生は国語の苦手な僕のために浜ノートを細かくチェックしてくださっていたので、マスターコースの授業は千里中央教室で受けることに決めました。
       朝は早朝特訓と夏期講習のため西宮教室まで行き、夕方マスターコースの授業のために千里中央教室へ戻るといった具合で、移動時間に毎日2時間以上も費やすので、親には移動時間を使って勉強するように言われていましたが、同じ教室の友達と電車に乗っておしゃべりをする事が楽しく、気分転換の時間となっていました。しかし、移動時間の分だけ家での勉強時間は少なくなるので、早朝特訓で夏期講習の宿題は終わらせ、家での勉強時間は学校のある時と同じようにマスターコースや日曜志望校別特訓の宿題をするようにしていました(早朝特訓は質問も受け付けてくれるのでおすすめです)。結果的に、2学期の学校が始まってからもペースを崩さずに勉強できたので良かったと思います。また、夏期講習と日曜志望校別特訓では得意科目の算数と理科は0組に入れたので、授業も楽しく、絶対に浜学園の友達と一緒に灘中に行きたい!と強く思うようになりました。
       秋からは志望校別のイベントも増え、家では過去問も取り組まなければならないので時間のやりくりが大変でしたが、夏の頑張りが自信につながったように思います。過去問は夏休みの終わりから取り組み始め、灘中と東大寺学園を中心にマスターコースの先生に添削をしてもらい、アドバイスをもらい質問をしたりしていました。
       最後に、楽しい授業をしてくださった先生方、ありがとうございました。

  • 3年間の努力
    • 3年間の努力
    • 坂口 玲夏 さん

    • 金蘭千里中学校合格

    •  私は3年生の頃から浜学園に通い始めました。その頃は、“中学受験”を意識していなくて、“塾”という感覚で通っていました。だからあまり勉強をしなかったので、クラスはHクラスでした。4年生になってからは、“受験”を意識し始めました。だから学校の友達と放課後遊ぶことを我慢して勉強しました。しかし、やはりクラスはHクラスのままだったので新しく入ってきた理科の成績を上げることに努力しました。その方法は宿題のやり方をガラッと変えることです。
       暗記メインのものは普通に解くのではなく、先に答えを写して、それを暗記するというやり方に変えたので成績が上がってきました。他にも、国語は設問や本文に傍線や波線を引いたり、キーワードは、マルで囲んだりして工夫しました。クラスは上がれなかったけれど、成績は相当安定してきました。5年生になり、志望校は金蘭千里中学校にしました。毎日テストがあって、中間テスト・期末テストでまとめて勉強するよりも自分に合っていると思ったからです。5年生になり、社会が得意なことに気付きました。だから社会の成績を上げることを目標にしました。そうすると、公開学力テストの総合偏差値(4教科)が上がってきたのでクラスはSクラスになりました。でもHとSではレベルがちがい、いつも成績は低空飛行でした。6年生になり、公開学力テストの国語が難しくなり、偏差値がダウンしたのでHクラスに落ちてしまいました。その後もパッとせずに12月をむかえました。入試直前特訓はしんどかったですが毎日通いました。授業後は過去問の質問ができるのでおすすめです。前受けは片山中学校を受験しました。過去問を見ずに受験したため落ちてしまいましたが、受験の緊張感は味わえました。最後に受講した方が良いと思うのは前日特訓です。入試に似た問題が出るので受けた方が良いです。おやすみコールも受けたおかげで夜はぐっすり眠れました。当日はあまり緊張せず、結果は見事合格でした。とても嬉しかったです。来年の受験生も絶対合格を勝ち取ってください!

  • 6年生からの浜学園
    • 6年生からの浜学園
    • 川瀬 友悠紀 くん

    • 関西大学第一中学校合格

    •  僕は小学6年生から(2月から)浜学園に入塾しました。最初はイベントと宿題の多さにびっくりしましたが、だんだん宿題を頑張ってこなしていって、復習テストでベストをとったり友達と点数を競い合ったりするのがとても楽しくなってきました。
       浜学園の先生の授業はとてもわかりやすくて面白く、夢中になれました。自分の部屋で勉強しているとなかなか時間が経たないのに、浜学園の授業はあっという間に時間が過ぎていくのです。僕は自分でも信じられないくらい、勉強が好きになっていました。マスターコースの宿題、暗記カード、日曜志望校別特訓の宿題、これらを全てこなすことは本当に大変で目が回るような忙しさでしたが、すべて僕の自信につながりました。初めて関西大学第一中学の過去問を見たときには太刀打ち出来ないほど難しかったのですが、入学試験日が近づくにつれて、過去問がすらすら解けるようになっていきました。
       入学試験当日は関西大学第一中学に浜学園の先生たちが応援に来てくれました。いままで頑張ってきたことを思い出し、自信を持って試験に臨むことができました。
       6年生からのスタートだったけれど、浜学園の先生を信じて頑張った結果、第一志望の関西大学第一中学に無事合格することが出来ました。
       この一年を通して、大事なことは勉強を楽しむことだと学びました。

  • 合格までの道のり
    • 合格までの道のり
    • K.T. さん

    • 高槻中学校合格
      金蘭千里中学校合格

    •  私は4年生の夏期講習のときに浜学園に入りました。最初はHクラスでしたが、3ヶ月でSクラスに上がることができました。その頃は復習テストでも上位にたくさん入れて嬉しかった記憶があります。
       5年生になり、Sクラスに半年間いたあと、ついに目標であったVクラスに上がることができました。最初は必死でついていこうと頑張っていましたが、6年生になり授業が難しくてついていくのが大変になってきました。宿題が多くて上手く回らなくなり、復習テストも上位にも入らなくなって、どんどん自信をなくしていきました。その頃は精神的にもしんどくて、体調も時々崩し、最悪な時期でした。
       6年生の8月からSに落ちて少し精神的に落ちつきました。その頃、授業や宿題でわからない部分は先送りせずその週につぶすよう、土日の空き時間に父に算数と理科を教えてもらっていたこともあり、ようやく自信を取り戻してきました。
       秋頃には成績が安定してきましたが、その頃のことを今振り返ると、志望校二校とも合否判定学力テストで毎回A判定が出ていたこともあり、余裕を持ちすぎてしまってさらなるレベルアップの勉強をしなかったと反省しています。
       12月に直前特訓が始まって、やっとプレッシャーを感じるようになりました。意識したことは、過去問は繰り返しすることと、直前期では、算数はとにかく演習問題をたくさん解くこと、理科は苦手な暗記に集中しました。
       実際の高槻中学A日程の入試は予想していたよりも難しかったのですが、志望校別特訓で上位でいたことが自信となっていたので、「みんなも難しいはずだ」と落ちついて取り組むことができ、無事に合格することができました。
       最後に、担任の先生にはたくさんアドバイスをもらい、励みになりました。支えてくれた先生方、教室の方々、本当にありがとうございました。

  • 僕の合格法
    • 僕の合格法
    • Y.K. くん

    • 大阪星光学院中学校合格
      洛南高等学校附属中学校合格
      海陽中等教育学校合格
      愛光中学校合格

    •  僕は5年生から、浜学園のマスターコースに入りました。Vクラスでの授業はとても楽しかったですが、内容は難しく、時間の使い方も分からず、宿題の量も多くてとても戸惑いました。そこで、父や母と一緒に1週間の計画を紙に書いて、それを消していくという方法をとるようにしました。また、算数・理科・社会は毎週2回宿題をするようにすると、だいぶ成績が安定してきました。国語は、問題を解いた後の週末に、自分の答えのどこが違うか、どう書けばよいかなど考えたことを父に聞いてもらって問題の検討をしていました。復習テストは、塾から帰る車の20~30分を使って、一通り直しをしました。その時間にすることで、帰宅後はお風呂に入ればすぐに寝て、睡眠時間を確保できました。連休などには、復習テストで間違えた問題や、宿題の2回目でも間違えた問題をもう一度まとめてやりました。6年生になってからは、計画的に勉強することに慣れてきました。夏前には、休憩時間に見ていたテレビを封印しました。休憩は、タイマーをかけて1回10分以内にしました。夏期期間中は、毎日の計算・漢字に加えて、3冠本を朝のうちにやり終えてから塾に行くようにしました。夏期講習・マスターコース・日曜志望校別特訓の宿題と、5年の最高レベル特訓算数の復習や弱点分野のやり直しも夏休みに取り組みました。とても忙しくて大変な時もありましたが、「絶対に星光に行きたい」という自分の思いがあったので、どれも我慢とは感じることなくやり通すことができました。9月以降は学校行事に追われ、最後の合否判定学力テストでは思うような結果が出せず、ショックでした。そこで反省し、その後は夏のように猛勉強したので、過去問の点数も9月に初めてした時より、冬休みにした時の方がとても高い点数をとれていました。僕は星光学院に合格したいという気持ちが強かったので、当日どんなトラブルがあっても大丈夫なように灘コースの人達に負けない学力をつけようと努力してきました。その結果、受験した4校全てに合格できました。支えてくれた家族・先生・友達に感謝しています。

  • 合格までの3年間
    • 合格までの3年間
    • Y.K. さん

    • 金蘭千里中学校合格
      岡山中学校合格

    • 私は、浜学園に入ったばかりの時は、Hクラスでした。私自身あまり成績は良い方ではないと思っていたのですが、なぜかSクラスに上がり、自分でも少し不思議でした。その後4年生になり、私は、少しうきしずみをくり返しながらもずっとSクラスのままでした。それまで勉強方法などはあまり意識したことがなく、はじめのころは大丈夫だったのですが、段々成績が落ちてしまい、先生に相談したところ、勉強方法の改善をすすめられたのでやってみました。すると、はじめのころは成果があまり現れなかったのですが、その内にいきなり成績が上がってきて、4年生の終わりごろにはVクラスへ上がることができました。しかし、いざVクラスに入るとどうしても力の差を実感し、友人関係が悪化してしまったという外的要素もあって、Sに落ちてしまい、そこからスランプ状態だったこともあって、Sに落ちてしまいました。6年生になると、算数が苦手ということもあり、算数の偏差値はすごく低かったです。逆に国語の偏差値は高く、しばらくは一定の状態を保っていました。しかし、社会の偏差値が昔からあまり良くなく、算数に専念するため、しばらく授業を受けていなかったので、下がり始めてしまい、Hに落ちてしまいました。このままではいけないと思い、Hamaxに通い始めました。Hamaxの先生はとても丁ねいに教えてくれて、おかげで算数の偏差値が段々上がってきて、平均かそれより少し下ぐらいの偏差値を取ることができました。受験当日はあまり緊張しませんでした。当日に浜学園の先生から配られるプリントはすごく役に立ちます。試験では、算数が少し難しかったですが無事合格しました。皆さんも受験当日はガチガチに緊張するよりもリラックスした方がいいと思います!

  • あきらめなかった第一志望
    • あきらめなかった第一志望
    • Y.Y. くん

    • 高槻中学校合格
      金蘭千里中学校合格
      香川誠陵中学校合格

    •  僕は、浜学園の先生のご指導や家族の支えがあって第一志望の高槻中学に合格することができました。浜学園の先生や家族には本当に感謝しています。ありがとうございました。
       僕が浜学園に入塾したのは4年生の春期講習からです。入塾した当初は受験のことなど考えずに、宿題をこなして復習テストでベストに載ることしか考えていませんでした。
       受験を意識し始めたのは5年生の終わり頃です。その時だいたい第一志望は高槻中学だと決めていました。Hクラスからの高槻は難しいと言われていたので、Sクラスに上がれるように頑張りました。でもSクラスに上がれないまま時が過ぎていきました。
       そして11月頃から高槻中学の過去問を解き始め、過去問特訓にも行きました。担任の先生からは、過去問を繰り返しやった方がいいと言われていたので何度もやりました。しかし合格最低点を1度も越えられず、しかも合否判定学力テストではずっとD判定でした。母からは、第一志望を変えるように言われていましたが、あきらめたくなかったので変えませんでした。
       そして入試直前特訓では早朝特訓にも参加しました。早朝特訓ではわからないところをしっかり質問できたので良かったです。PART1は男女難関コースの2組で始まりましたが、PART2が終わる頃には1組に上がる事ができました。
       そして受験当日。あまり家族からプレッシャーをかけられなかったので、リラックスして試験を受けることができました。
       結果は合格。D判定でも、合格最低点を1度も越えられなくても、あきらめなくて良かったと思いました。
       最後に僕の受験を支えてくれた家族と、高槻中学に合格するためにいろんなアドバイスをしてくれた担任の先生や浜学園の先生、本当にありがとうございました。

  • 充実した受験勉強
    • 充実した受験勉強
    • 守安 麗弥 さん

    • 洛南高等学校附属中学校合格
      西大和学園中学校合格
      四天王寺中学校合格
      岡山中学校合格

    • (はじめに) 私はこの春、第一志望校である洛南高等学校附属中学校に合格することができました。その中で特に印象に残っている副学園長先生の授業、最高レベル特訓算数、日曜志望校別特訓、入試直前特訓についてお話ししたいと思います。
      (副学園長先生の授業)
      私は6年生の初めに教室からお誘いを受け、所属教室ではない豊中教室で、副学園長先生の①社会の授業を受けました。面白いと聞いていたのでとても楽しみにしていたら、テストは毎回難しく、内容も濃いため、授業にあまりついていけませんでした。でも、5年生のころ適当にやっていた歴史分野を一から教え込まれ、お陰で歴史は得意分野になりました。私は№30あたりで宿題の多さから下りましたが、最後まで受けておけば良かったと思います。
      (最高レベル特訓算数)
      洛南を受けるには必要だと言われ、受講しました。初めに行った時、実戦テストで
      2点を取ってしまい、びっくりしましたが、笑い飛ばして終わりました。担当の先生の教え方がとてもわかりやすく、行くのが楽しかったです。私以外の女子は一人しか居ませんでしたが、その人とも仲良くなれ、途中から宿題を全くしなくなりましたが、最レは本当に楽しかったので最後まで続けました。
      (日曜志望校別特訓)
      L洛南コースという形でコース別になったのは9月からでした。とても1日が長くてつかれたけど、授業はしっかり聞きました。初回の算数の実力テストはすごく難しかったけど、ベスト1位を取れ、気持ちよかったです。その後も、各科目の復習テストや実戦テストは程よく難しく、やりがいがありました。算数は復習テストが難しかったので、最レをやってきてよかったなと思いました。
      (入試直前特訓)
      受験まで約1ヶ月を切って始まった入試直前特訓。隣の人とも仲良くなれ、励まし合いながら楽しく過去問や各テストの直しをしました。その時に成績が落ち、焦りましたが、自分を信じ、最後まで諦めずに勉強しました。テストは結構簡単だったのに、点数を取り損ない、泣きそうになりましたが、一生懸命テストに向かいました。
      (最 後 に) 最後に私を支えてくれた先生方をはじめ、家族や、友達には感謝しきれません。本当にありがとうございました。

  • 僕の合格するためのコツ
    • 僕の合格するためのコツ
    • S.K. くん

    • 洛星中学校合格
      東大寺学園中学校合格
      金蘭千里中学校合格
      函館ラ・サール中学校合格
      北嶺中学校合格

    •  僕が、中学入試で、受けた5校に全て合格して言えることは、2つあります。
       1つ目は新6年生に対してです。勉強をする方法はいろいろあります。
       僕は理科と社会についてはできるだけ早い時期から、暗記を開始したほうが良いと思います。なぜかというと、最後の方では算数や国語の追い込みに時間をかけることが多く、理科や社会はあまりする時間が無いからです。
       国語の文章は、早めから読解力をつけておかないと大変なことになります。なぜならば読解力は一朝一夕でつくものではないからです。なのでふだんから面白そうだと思った本を図書館で借りて読んでみるということをおすすめします。漢字などは暗記科目と同じでいいと思います。
       算数は、質と量が大切です。復習テストや演習プリントなどを使って、自分の苦手な分野(速さ、場合の数、水問題、立体など)をみつけて、普段の宿題をこなしたうえで、残った時間で苦手な問題を解き得意にしていったらいいと思います。
       あと、公開学力テストや合否判定学力テストなどの本番に強くなるためには、あえてテスト前に出る範囲の復習をしない事がききます。テスト前に復習をしないと、テストの内容がすべて初めてのものになり、より一層中学入試に近づきます。
       また、時計を意識しないといけません。テストで残り数分前に終わったのでは、見直しの時間がとれません。見直しで気付いて合わせることのできた問題はたくさんあります。ですので、見直しの時間をとるためにも『分からない問いはとりあえずとばしておく』などの自分なりのルールを定めて時間を十分に使ってください。
       2つ目は両親に対してです。両親に勉強方法を教えてもらったときは本当にこれで合格することができるのかと思いましたが、その方法を続けることで合格できたので、やっぱり話を聞いてよかったなあと思いました。

  • からの大逆転
    • からの大逆転
    • Y.U. くん

    • 大阪星光学院中学校合格
      開明中学校合格
      岡山中学校合格

    •  僕は小学5年生の初めに浜学園に入塾しました。最初はHクラスでした。成績が伸びていくか心配でした。小学6年生の初めの日曜錬成特訓の国語は基礎2組でした。すごく恥ずかしくショックでした。だけど、算数と理科は強化1組だったので少し自信がつき、うれしかったです。日曜錬成特訓は約8時間授業があり、一日がすごく長く感じられ辛かったです。宿題が出て時間が長くなる日曜志望校別特訓が不安でした。日曜志望校別特訓は星光コースに行けず、清風理Ⅲコースでした。すごく悔しかったです。だけどテキストの内容がほとんど同じだったので、頑張ろうという気がすごく出てきました。その結果、国語の復習テストでよくベストに入り自信がつきました。だけど星光コースに移ることができず、すごく不安でした。そして、全4回あった合否判定学力テストで毎回D判定でした。すごくショックな気分のまま、頑張り続けました。最後の冬休みに入り、入試直前特訓PART1が始まりました。星光コースの人達とすごく差があり驚きました。合格するには人一倍努力するしかないと思い、必死で頑張りました。入試練習では今まで全て不合格。そして、最後の大晦日の入試練習も不合格でした。だけどあきらめずに頑張りました。元旦のプレ入試でも不合格でした。すごくショックで涙が出てきそうでした。あきらめることしかみえなかったけれど、あきらめることにより星光に行けなくなると思いながらあきらめずに頑張りました。入試直前特訓PART2が始まりました。少しみんなに追いついた気がしました。だけど星光中に合格する為にはもっと頑張らないとダメだと思い、さらに人一倍努力しました。その結果、Sクラスだったけれど星光の入試で逆転合格を手に入れることができました。母から合格のことを聞いた時には耳を疑いました。その時は本当にうれしかったです。先生との相談、先生からのアドバイスなど浜学園のおかげで合格できたと思います。ありがとうございました。受験する方々は自分の夢に向かってあきらめずに頑張ってください。

  • 合格までの道のり
    • 合格までの道のり
    • R.S. くん

    • 関西大学第一中学校合格
      金蘭千里中学校合格
      岡山中学校合格
      関西大学北陽中学校合格

    • ぼくが、関西大学第一中学校へ行きたいと思ったきっかけは、夏休みの初めに母と個別で見学に行かせてもらった時、一目で気に入ったからです。なぜその学校へ行きたいと思ったかというと、関大一中は、どの部活も活発で中学で部活を頑張りたいと思っていた自分に合っていると思ったからです。後、制服がかっこよかったからです。ぼくは、関大一中を志望校に決めた時から受験勉強を真剣にやるようになりました。担当の先生に勉強の方法を教えてもらいに相談に行きました。先生は過去問を何度もやりこむように教えてくれました。過去問でどうしてもわからない問題は担当の先生に解き方を教えてもらったりしました。そして、わからなかった系統の問題を浜学園の教科書で探し解いて行きました。その結果、苦手だった系統の問題が簡単だと思えるようになりました。その結果、第一回合否判定学力テストではC判定だったのが、第三回合否判定学力テストからはA判定をもらえるようになりました。
      そのようにがんばって勉強をしたからこそぼくは、関大一中に合格することができたのだと思います。だから、まず興味のある中学を何校か見て回り、本当に行きたいという中学に出会えると行きたいという気持ちが強くなり、今までよりもたくさん勉強をしたいと自分で思えるようになると思います。それと、ぼくのように信頼できる先生方にたくさん相談や質問をし、わからない事をわからないまま置いておかず、理解できるようになるまで何度もくり返し難問に挑戦していくことが大切だと思います。ぼくは関大一中に出会えたからこそやる気が出ました。なので中学を見に行くことをぼくはおすすめします。

  • 最後まであきらめない!
    • 最後まであきらめない!
    • 久保 紬 さん

    • 金蘭千里中学校合格
      香川誠陵中学校合格

    • (はじめに) 私はこの春、第一志望の金蘭千里中学校に合格することができました。
      ( 小 4 ) 兄が受験する姿にあこがれ土曜マスターコースに通い始めました。授業が面白く楽しみに通っていましたがテストの成績は気にしていませんでした。
      ( 小 5 ) バレエに週3~4回通いながら勉強と両立させようと思っていました。しかし多くの宿題をこなすのは難しくさぼることが増えてしまいました。
      (小 5 秋) 友達がどんどん上のクラスへ上がって行き、そろそろ真面目に取り組もうとしたけれど、さぼっていた為分からない事が多く何から手を着けたら良いか分からない状態でした。でも先生からアドバイスを受けながら少しずつ勉強しました。
      ( 小 6 ) まだ受験生という自覚が少なく、勉強に集中できませんでした。
      (小 6 夏) 夏休みは早朝特訓もあり勉強しやすい環境でした。特に苦手な語句問題は『苦手ノート』を作って工夫しました。その成果もあり8月の合否判定学力テストや公開学力テストが良くなり、やればできると自信がつきました。しかし学校が始まり忙しくなると、勉強量を減らしてしまい10月から公開学力テストが急激に下がりました。もう受験をやめて公立の中学に行きたいと本気で思いましたが、母に「本当にあきらめて後悔しないの」と聞かれ、やはり、またがんばることにしました。
      (小 6 冬) 過去問の点数も上がってきました。先生から色々な問題に慣れることが大切だと教わり、多くの問題を解きました。分からない問題が出てきて焦り、泣いた日もありました。そんな時、母が言った「不安な時こそ勉強すればいい」という言葉で心を落ちつかせて勉強できました。
      (香川誠陵) 前受けだったので緊張せず受験でき合格しました。
      (金蘭前期A) 朝は緊張していましたが会場では気分を切り替え落ちついて受けられたので合格しました。
      (前 期 B) 前日まで勉強していた問題が解けて合格できました。
      (最 後 に) 合格した時は多くの人が喜んでくれました。この中学受験で最後まであきらめずに頑張ることが大切だと学びました。そして合格できたのは、先生や指導者の方々、家族の支えがあったからです。本当にありがとうございました。

  • 受験生がんばれ!
    • 受験生がんばれ!
    • N.K. さん

    • 金蘭千里中学校合格

    • 私は、今年第一志望校の金蘭千里中学校に合格しました。私は、入塾した時から志望校は、金蘭千里中学校一つでした。しかし、どんなに勉強をしても成績は伸びませんでした。あるとき、先生に母と呼ばれ「他の学校も受けなくて大丈夫ですか?」と言われました。私の今の実力では、先生も金蘭千里中学校に合格できると責任を持って言えない、ということにとても自分が情けなく、とても悔しかったです。そんな私が、どのようにして金蘭千里中学校に合格できたのかを教えます。1つ目は、どんなにいそがしくても宿題をやるということです。私は、宿題をやったときのテストと宿題をやらなかったときのテストの点数の差がとても激しくびっくりしました。そのとき私は「宿題は、自分のためにあり、成績を上げる最適な方法」だと思いました。2つ目は、わからないことがあったらすぐに先生に聞くということです。宿題をしているときわからないことはありませんか?特に、新しい範囲になったとき、苦手な範囲のときなど。そんなときは、そのままにせずに先生に聞いてみてください。もし、わからないことをそのままにしておくと、入試の問題に出てきたときに解けなくなってしまいます。しかし、時間がなく先生に聞けない人もいるでしょう。そんな人は、算数の居残り授業(平常授業(マスターコース))や早朝特訓(直前特訓)など受けてみてはいかがですか?
      最後に私からぜひやってほしいことがあります。それは、前日特訓です。前日特訓とは入試1日前にあり、入試予想問題をします。私も前日特訓を受け、当日入試を受けると、似たような問題が出てきてとてもおどろきました。なので、ぜひ受けてみてください。この私の体験記が、これからの受験生に役に立てばうれしいです。これからの受験生は、入試までがんばってください。そして、合格を勝ち取ってください。

  • 何があろうとあきらめるな!!
    • 何があろうとあきらめるな!!
    • Y.H. くん

    • 高槻中学校合格
      明星中学校合格
      金蘭千里中学校合格
      土佐塾中学校合格
      岡山中学校合格

    • (はじめに) ぼくは高槻中学校に合格しました。そこまでの道のりは厳しかったです。5年生の夏に転塾したため慣れるまでに時間がかかってしまい、ロスしたことと、もう少し宿題以外の問題にとりくめば良かったと後悔しています。
      (6 年 春) SクラスからHクラスに落ち、泣きました。死にものぐるいで勉強し、2ヶ月後、Sクラスにもどることができました。
      (6 年 夏) 夏期講習の早朝特訓で質問がたくさんできました。早朝特訓に参加するか否かでその後の成績に差がつきますので、必ず行きましょう。
      (6 年 秋) 急に成績が下がりました。合否判定学力テストではすべてD判定で、公開学力テストもひどい点数。土曜アップグレードでも、合格点に全てとどきませんでした。母からも志望校を変えるよう言われました。でも、ぼくはあきらめませんでした。なぜなら、4年生の時からずっと高槻中学校にあこがれていたからです。
      (6 年 冬) 直前特訓では千里中央から西宮までの電車はきつかったです。でも、移動時間を利用して暗記することはとても効率がよかったです。その2週間は無心で勉強していました。
      (入試当日) 事件がおきました。昼食後の社会のテストでお腹をこわしてしまいました。急いでトイレに行き、帰ってきたら時間がせまっていましたが冷静に対応することができました。
      (最 後 に) ぼくがみなさんに伝えたいことは「のぞみを捨てぬ者だけに道はひらける」という真田幸村の言葉を信じて中学受験にのぞんでほしいということです。

  • 自分を変えられるのは自分しかいないから
    • 自分を変えられるのは自分しかいないから
    • 重森 愛茉 さん

    • 四天王寺中学校合格
      高槻中学校合格
      土佐塾中学校合格



    •  私はこの春、第一志望の四天王寺中学校に合格することができました。私の体験記が少しでもみなさんのお役に立てば光栄です。
       私がこの浜学園に入塾したのは、5年生の春でした。その時のクラスはHクラス。偏差値も40台。このままではいけないとその年の夏にHクラスに上がったものの、偏差値は50台や40台を繰り返し、とても四天王寺中学校なんて望めるものではありませんでした。何度も挫けそうになったのを覚えています。しかし、落ち込んでいても時間は待ってはくれません。そのまま月日は流れ、Hクラスのまま6年生になってしまいました。残された時間は1年もありません。そんな時の唯一の希望になったのは、毎回の復習テストでした。復習テストなら、どの範囲がテストに出るのか分かります。そう思って6年の最初の頃はまず復習テストで良い点がとれるよう心掛けていました。もちろんテストの直しもかかさずに。国語や社会のテストの漢字間違いは覚えるまでノートに何十回と書きました。今となっては良い思い出です。算数や理科のテストの計算間違いは、どこをどう間違えたのか、そこを正してから何回も理解するまで解き直しました。そのおかげで、復習テストでもベストをとれるようになり、公開学力テストでもだんだん良い点をとれるようになりました。さらに夏には念願のSクラスに上がることができました。もちろん6年生はこんなことをするひまもないくらい忙しい時期もあります。努力しても、クラスが上がるにつれて結果があまり出ない時もありました。今まで続けてきた事も急に結果が出なくなる時がくると思います。特に偏差値は、6年生の後半になってくるとまわりのみんなもがんばるのでなかなか伸びません。でも大丈夫。自信を持って前進してください。努力が無駄になることはありません。その時は先生方も色々声をかけてくれると思います。その言葉を信じて、浜を信じて、挫けず努力してきたと最後に思うことができれば、絶対に合格です。

  • 自信
    • 自信
    • 大國 智春 さん

    • 四天王寺中学校合格

    •  私は、5年生の夏休みから浜学園に入塾しました。入塾したとき、算数や理科などはわけのわからない問題ばかりで、やる気をなくしました。けれど、がんばって夜おそくまで勉強して、一つ上のクラスに上がることができました。とても達成感がありました。しかし、上のクラスに上がると急にレベルが上がりついていけず、復習テストで合格点がとれず、とても苦戦しました。それで、がんばって勉強をしていたのですが、そのクラスから、前の一つ下のクラスに落ちてしまいました。そのときは、とてもショックでした。自信がなく、塾に行きたくないと思ったけど、「次、上がればいいんだ。上がってやろうじゃないか」という気になり、すごくがんばりました。すると、クラスがえで、一つ上のクラスに上がることができました。うれしかったです。それで自信がついたのか、上がったクラスでも復習テストで合格点がとれるようになり、ベストに入ることもありました。そして、そのままのクラスで、受験当日をむかえることができ、四天王寺中に合格することができました。
       私は、算数が苦手でした。公開学力テストも点が低く、足を引っぱる科目でした。そして6年生になると、担任制が始まり、一人一人に先生がついてくれます。私の担任の先生は算数の先生で、よく見てくれました。ノートを作り、そこにわからない問題や過去問などをコピーしてはり、先生にしつもんしました。算数の授業の日は居残り、先生に教えてもらいました。そのおかげで四天王寺中プレ入試では、算数の点数がとても良く、10位に入ることができました。とてもうれしかったです。そして、直前特訓が始まり、毎日塾があり大変でしたが、がんばってのりきることができました。受験がおわってからは、友達といっぱい遊んでいます。
       私が、このかこくな試練をのりこえるために必要だと思ったのは、自信です。自信を持つことで、やる気につながり、勉強もはかどると思います。これからがんばっていくみなさん、大変だと思いますが、少しのがまんです。一生けん命がんばって下さい!!

  • 日々の積み重ねの大事さ
    • 日々の積み重ねの大事さ
    • 佐藤 楓 さん

    • 洛南高等学校附属中学校合格
      高槻中学校合格
      清風南海中学校合格
      愛光中学校合格

    •  私は、4年生の頃から憧れていた第一志望の洛南高附属中に合格することができました。この体験記がみなさんのお役に立てれば、うれしいです。
       2月から6年生の授業が始まるにあたり、母が説明会に参加し、洛南受験には最レが良いとのことでした。国語と算数は最レを、社会は得意で、さらに知識を伸ばすために副学園長先生の①組を、理科は苦手だったので、理科の対策授業を受講しました。また、洛南算数300やプラクティスも受講しました。春先は苦手分野の克服に取り組みました。
       7月からは日曜志望校別特訓が始まるので、最レ国語を終了しました。また、保育園から続けていたスイミングも終了しました。海の日に行われたL洛南コース特訓授業を受け、いよいよ受験の天王山だと気が引き締まりました。日曜志望校別特訓、夏期、平常(マスターコース)、最レ、そして「洛南ヘキサゴン」とさらに宿題に追われることになるため、毎日早朝特訓を受けました。質問もでき、勉強に集中できるので、とてもよかったです。夏以降は、毎日何をこなしていくか、母と1週間ごとに細かな計画を立てました。みんなが本気モードになり、公開学力テストの成績が少し落ちましたが、今の頑張りが秋以降に反映すると信じ、今やるべきことに集中しました。
       9月からサタチャレが始まり最レ算数を終了しました。学校の運動会の練習などもあり、毎日、大変でした。この頃から、夏の頑張りが成績に表れてきました。11月から、勉強の気分転換になっていたピアノのレッスンも受験までお休みし、併願校も含め、過去問に取り組み始めました。本番同様、学校で受験できる洛南中プレ、公開学力テストや合否判定学力テストも良い成績で自信が持てるようになってきました。
       12月に入り、受験日までに洛南の過去問は8年分を2回、併願校は6年分を1回ずつ解きました。直前特訓でも、早朝午後特訓を受けました。前受け、併願校、洛南、すべて落ち着いて受験でき、合格することができました。受験を終え、やはり毎日の積み重ねが大事だと感じました。
       浜学園の先生方、事務の方々、ありがとうございました。

  • 己の直感を信じて
    • 己の直感を信じて
    • 小野田 晟 くん

    • 洛星中学校合格
      東大寺学園中学校合格
      西大和学園中学校合格
      海陽中等教育学校合格
      函館ラ・サール中学校合格

    •  まずはじめに、この春第一志望に合格できたのは、先生方や事務の人たちのおかげです。この体験記が少しでも皆さんの役に立てれば光栄です。僕は、小2から浜の土曜スクール(土曜マスターコース)生として入塾しました。最初の頃はHクラスで友達もできず、サッカーやバイオリンなどの習い事の一つでした。しかし、入って半年たったとき、公開学力テストで50傑にのり、Sにあがることができました。そして、100傑にでるのを目標にがんばるようになりました。4年生まで土曜スクールを続け、100傑にのったり、のらなかったりしながらすごしました。しかし、4年生の12月に公開学力テストで1000位以下になり、5年生の初めのクラスでVをのがしSになりました。平常(マスターコース)にうつり、塾に行く回数も増え4月からは最レ算数を受講し、とても負担が増えました。そのあともなかなか上がれず、夏期講習をがんばった成果で10月についにVに上がることができました。初めての先生や初めて会う人が多く、なかなかなじめず復習テストもほぼ分からず、6年生の始めで落ちてしまいました。このとき、とても悲しかったので、これからはがんばろうと思いました。春期講習でとてもがんばりました。宿題は全てこなすようにし復習テストや公開学力テストのやり直しもしました。そのおかげで4月公開学力テストの4科で100傑にのり、5月も100傑にのることができました。待望のVに帰り咲くことができました。宿題もけんめいにがんばり復習テストではベストにのることができました。日曜志望校別特訓はM灘コースに入りました。日曜志望校別特訓は宿題が多く、やりこなせないことがしばしばありました。なので、浜で宿題を(授業で先生がくれる時間に)解き、残りを家でやるスタイルにしました。夏期講習も同じスタイルにしたことでのりこえることができました。そして、洛星中学を見学して一目ぼれしたので日曜志望校別特訓を洛南・洛星コースに変えました。そのまま入試当日をむかえました。先生のおやすみコールで、安心して受けられました。えんぴつは全て合格えんぴつにしていたおかげか、見事全受験校に合格しました。とても長くて、しんどくて、つかれたけど、終わってしまえば、あっという間でした。友達もでき、いい経験になった4年半の浜生活でした。

  • 星光への道
    • 星光への道
    • K.I. くん

    • 大阪星光学院中学校合格
      高槻中学校合格
      明星中学校合格

    •  僕は今年の1月、大阪星光学院中学校に合格できました。先生方、今まで様々なことを教えていただき、ありがとうございました。この合格体験記が誰かの役に立てばうれしいです。
       6年生の時はずっとSクラスで人数が常に40人ほどいました。人数が多かったので、同じ星光中を第一志望とする友達も7人ほどいました。なので日曜志望校別特訓のクラスでの競争もありました。それによって、やる気も出てきました。
      9月からは日曜志望校別特訓中心で過去問もこなさなければなりません。日曜志望校別特訓でも星光中の形式に合わせてやってくれるので、星光対策がやりやすくなってきます。僕は国語が苦手でしたが星光は記述が多く、その配点も大きい上、記号問題も高いので一問一問を慎重にやらなければいけません。だから、見直しをしっかりとやり、1点でも多くとることが大事だと思います。社会もそこまで得意ではありませんが、暗記カードをヒマな時や、直前で何をすればいいのかが分からなくなった時に、使いました。算数は比較的良くできました。ただ、星光によくでる速さと影の問題に少し自信がありませんでしたが、日曜志望校別特訓は星光頻出単元をしっかりとやってくれるので、授業中に先生が教えてくれたやりやすい解法を使えるように、同じ種類の問題で何度も解くことが大事だと思います。間違えた問題には、なぜ間違えたかの反省を全てに書きました。入試直前に反省を全て見ることで、入試ではその失敗をしないと心に決めて入試にいどめて良かったです。入試練習や過去問で間違えた問題は情熱難問集にはって、そこに反省を書いて、コースの先生に見てもらうことが大事だと思います。理科は暗記分野が苦手で、計算分野が得意でした。暗記分野は社会と同じように暗記カードを利用することが大事だと思います。計算分野は、パターン化して解くことのできるものばかりなので、計算式や考え方を書いて、平常(マスターコース)と日曜志望校別特訓の問題をこなしました。1回解くだけでは、解き方を忘れてしまうかもしれないので、正解した問題も2回、3回とくり返し解いて、計算が得意になったと思います。後輩の皆さんも第一志望校目指して頑張って下さい。

  • 楽しかった3年間
    • 楽しかった3年間
    • Y.K. くん

    • 灘中学校合格
      東大寺学園中学校合格
      高槻中学校合格
      愛光中学校合格
      函館ラ・サール中学校合格

    • (はじめに) 僕はこの春、灘中をはじめ、受験校すべてに合格することができました。これは今まで僕を支えてくださった先生方、教室の方々、家族のおかげです。ありがとうございました。
      (入  塾) 僕は4年生のときに入塾しました。
      (国  語) 一番苦手な科目で復習テストや公開学力テストでいい成績がとれずにいました。6年夏ごろまで時間無制限で取り組んできた宿題の長文を10~15分で取り組むようにしました。語句は12耐特訓や灘合、「撃て!翔べ!」のテキストで分からなかった問題を母に暗記カードにまとめてもらい、移動時間に覚えました。
      (算  数) 4年生から最レをとりました。学校や浜学園が休みの時、全問解き直しをしました。6年の最レは難しく、宿題も多いので大変でしたが最後までがんばりました。6年秋もっと算数の力をのばしたいと思い、5、6年の灘合のテキストを1日5題ずつ解き直しました。また、毎日の計算テキストはさらに時間を短くして制限時間3分30秒で取り組むようにしました。
      (理  科) 暗記分野の宿題は2回して確実に覚えました。また、テキストの要点のまとめは必ず読むようにしました。苦手な力学、化学などの計算分野は6年の最レで克服しました。
      (特訓、イベントなど)
      12耐特訓、入試練習、猛特訓などはすべて参加しました。帰宅後は夜おそくなるけれど、その日に解いた問題の中で重要な問題やミスをふりかえりました。
      (そ の 他) 3冠本は朝食後に厳しく時間を計って取り組むことを入試当日までしました。併願校の対策に役に立ったと思います。灘中予想問題集や過去問は土曜日の午前中に取り組みました。点数はあまり気にせず、問題選択が正しかったかどうかを見ることからはじめ、少しずつではあるけれど、確実に点をとれるように取り組みました。
      (終わりに) 僕は、生活リズムが朝型(5時半起床)だったので、受験直前に朝型に変える必要がなく、効果的に勉強できたと思います。楽しい楽しい3年間の受験勉強でした。みなさんもがんばってください!

  • 計画→宿題→復習が大切
    • 計画→宿題→復習が大切
    • M.T. さん

    • 大阪教育大学附属池田中学校合格
      四天王寺中学校合格
      金蘭千里中学校合格
      土佐塾中学校合格

    • (はじめに) 私は、第一志望の大阪教育大学附属池田中学校はじめ、全ての受験校に合格することができました。この体験記がみなさんのお役に立てばうれしいです。
      (小5まで) 小3:土曜スクールSクラスで入塾。いくつか習いごとをしていたので、算数と国語の授業だけで復習テストは受けていませんでした。授業がおもしろくて、通うのが楽しかったですが、受験のことは全く意識していませんでした。小4:土曜スクールのままで算数と国語の復習テストも受けるようになりました。理科はWebスクールにしました。この授業もとてもおもしろくて、見るのがいつも楽しみでした。9月から「はじめての社会」もとりました。附属池田中学校の文化祭に行き、志望校にしようと思うようになりました。小5:一般コースVクラスに移り、算数、国語、理科と選択社会をとりました。このころ併願校として四天王寺中学の医志コースを考えるようになりました。
      (小  6) 春:習いごとを全てやめ、平常授業のほかに「女子トップレベル特訓」の算数と国語、理科は「SW特訓」を単元を選んでとりました。社会は副学園長の①社会を受けることができました。この授業はスピードが速く、板書を写すのが大変でしたが、その分、内容が濃くてすごく役に立ちました。夏:平常授業と同時に夏期講習・日曜志望校別特訓(いずれも女子最難関コース)があり、私は、小学校の自由研究もいいものを出したかったので、ものすごく忙しい夏休みでした。きっちりと計画を立てて、こなしていくことでなんとか乗り切りました。秋:日曜志望校別特訓をL四天・清南コース1組で、算数は「四天ベイシック」、「チャレンジ特訓」も受講しました。冬:四天王寺中学と附属池田中学の過去問をやりはじめました。さすがに実際の入試問題は思ったよりも難しかったです。
      (池附対策) 池附合格には、正答率の高い問題をミスしないようにと何度も言われました。私は、公開学力テストの100傑に何度か入っていましたが、正答率の高い問題をケアレスミスで落とすことが多かったので、それらを優先的にやり直しました。テストも宿題も間違えた理由を書くようにして、どういうケアレスミスを自分はしやすいのか、どうしていたら間違えずにすんだのかを考えるようにしました。また、算数は、計算問題と小問を速く正確に解く練習をたくさんしました。一次直前:過去問とその直しに力を入れました。国語は一度書いた作文を父母に添削してもらい、書き直すという練習をしました。池附の算数は、問題と解答欄が同じ用紙なので計算スペースがあまり大きくありません。いつもとは逆に計算を小さく書く練習をしておくといいです。二次直前:社会と音楽で受験しました。一次が終わってすぐ、社会は過去問の残りと時事問題、地理の総仕上げをやりました。歴史は学校の教科書を使って、重要な事柄(太閤検地の目的など)を文で説明する練習をしました。音楽はピアノの指ならしと発声練習をしました。
      (土佐塾・金蘭千里入試)
      前年度の過去問をして形式に慣れていたので安心して受けることができ、合格しました。
      (四天王寺入試) 理科(記述問題)、社会(世界史)で難しい問題がありましたが、医志コースに合格できました。
      (池附一次) 国語では、作文問題の形式が昨年度と違っていたので少し驚きましたが、自分の知識と結びつけてうまく書けたと思います。算数では、過去問で形式に慣れていたのであわてることなく解くことができました。
      (池附二次) 社会では、記述が難しかったのですが、落ち着いて考えることができました。音楽は、初めて見る楽譜を一人で演奏し、歌わなければならなかったので緊張しました。
      (おわりに) 私がこの春から附属池田中学校に通えるのは、浜学園の先生方はじめ、多くの方々が導き応援してくださったおかげです。ほんとうにありがとうございました。

  • 合格に至るまでの道
    • 合格に至るまでの道
    • 大畑 舞桜 さん

    • 大阪教育大学附属池田中学校合格
      四天王寺中学校合格
      清風南海中学校合格

    • (  春  ) 関西の女子の中で一番偏差値が高いという理由だけで洛南を第一志望にすることを決意したので、春期講習は、女子最難関コースを受講しました。公開学力テストでは国語の偏差値が45を切っていました。
      (  夏  ) 国語の成績が上がらないまま、夏期講習が始まり、女子最難関コースを受講しました。夏期講習の復習テストでは、算数と理科は毎回ベストに載ることができたのに、国語は平均点を20点下回ることもありました。国語の成績が悪いので、国語の勉強に専念したいのに、平常、夏期講習、最レの宿題をこなすことが精一杯だったので国語の勉強はあまりできませんでした。
      (  秋  ) 日特はL洛南コースを受講し、洛南の過去問20年分を解く「サタデーチャレンジ」も受講しました。1日の時間の全てを洛南のために費やすという日々を送りました。公開学力テストで国語の偏差値が55を上回ることに成功しました。
      (  冬  ) 入試直前特訓もL洛南コースを受講しました。朝から晩までほぼ毎日、浜学園に通い続けていました。
      (洛南入試) 国語でやはり、空欄ができてしまいました。結果は、残念ながら不合格。これまでにない、悔しさと悲しみを味わいました。
      (池附一次) 苦手な国語でも容易に解くことができ、かなりの自信を持つことができました。
      (池附二次) 理科と体育で受けました。理科は、記述で少しつまずいたものの、空欄はできませんでした。体育は反復横とびが苦手だったので不安でした。結果は合格。すごく嬉しかったです。
      (最 後 に) 私が大阪教育大学附属池田中に合格することができたのは、浜学園の方々、家族のおかげです。本当にありがとうございました。

  • 志望校はいくつあってもいい!!
    • 志望校はいくつあってもいい!!
    • 西口 華雅李 さん

    • 常翔学園中学校合格
      大阪桐蔭中学校合格
      近畿大学附属中学校合格
      岡山中学校合格

    •  私は、幼いころからずっと、医者になりたくて、2年生の夏に浜学園に入塾して、医者になれる、理数系の学校を目指していました。当時の私は、どの学校でもいいから、医者になりたいと思っていました。それは3年生のときも同じ考えでした。でも、4年生になったときに親から、「そろそろ志望校決めなよ」と言われて、自分はどの学校に行きたいのかが分からないまま5年生になりました。5年生になって私は志望校を決めるために、いろんな学校を見に行きました。5年の最後、私は志望校を近畿大学附属中に決めました。でももう1つ志望校があって、それが兄の学校、常翔学園中でした。私は6年生になり、志望校を聞かれました。私は志望校が2つあったため、まだ決めてませんと言いました。6年になっても私の志望校は、決まらずにゆれているどころかどんどん増えていきました。6年の秋になり、私のクラスの子達や周りの子達も皆志望校合格に向けて、過去問で勉強しているのに私はずっと志望校が決まらないまま、自分が行きたい学校の過去問を全て用意してもらって勉強していました。入試はどんどんせまり、季節は冬。12月の末、私は志望校を全て受けることにしました。でも、心の中ではもう志望校は決まっていて、それは常翔学園中でした。3年生のとき、兄の文化祭で初めて行ったときの印象は他のどの学校よりも心に残っていました。私はそれを親に話すと、自分の行きたい学校、行きたいコースで受けなさいと言われたので常翔学園中を1日目にしました。他の学校も全て受けました。その結果、私が行きたいと思う学校は全て受かりました。
       私が言いたいのは志望校は何個あってもいいし、ギリギリまで考えてもいいということです。自分の志望校が決まってないからといって、あせらなくてもいいということです。
      私は、皆さんにこの体験記を読んでもらい、ぜひ参考にして、志望校を選んでほしいと思います。

  • 本当の合格
    • 本当の合格
    • E.Y. さん

    • 同志社香里中学校合格
      甲南女子中学校合格
      親和中学校合格
      関西大倉中学校合格
      岡山中学校合格

    • (はじめに) 私は、浜学園で勉強し合格することができました。みなさんの役に立てたら光栄です。
      (4 年 生) 私は、4年生から入塾しました。この時は受験の意識はなく宿題も全然していませんでした。授業中はただノートに板書を書くだけでした。
      (5 年 生) 今まで、のんびりと過ごしていたので、クラスはHでした。友達はみんなHであせりました。この時ちょうど兄の受験が終わり、母が勉強を見てくれたおかげで次のクラス替えでHになり終わりまでずっとHでした。
      (6 年 生) この時、私は関西学院中に行きたいと思っていました。いそがしかった夏が過ぎ、秋には「K.G.エクスプレス」が始まりました。もらったプリントを何度もくり返し解いておくと便利です。直前特訓では最終的に、ミスをしなければ合格できるというところまでこれました。
      (受験当日) 先生方に書いてもらったハチマキをにぎりしめ関西学院中へと向かいました。そこではたくさんのEコースの先生方がいてすごくリラックスできました。しかし、テストではいろいろなところでミスをしてしまいました。合格できると信じていた思いの片すみに不合格かもしれないという思いもありました。
      (合格発表) 私は関西大倉中の試験があり、関西学院中の合格発表は父に見てきてもらいました。試験中かなりの緊張がありました。母は父と連絡をとって合否を伝えてくれるという形でした。試験後母の顔を見ると言葉をかわさなくても不合格だと分かりました。泣きましたが後悔は全くありませんでした。後悔がないということは、やるべき事をすべて成しとげたからだと思います。
      (最 後 に) 私は第一志望には合格出来ませんでしたが私はこの3年間の歩みをとおしてみなさんに伝えたいことがあります。行きたかった学校に合格出来なくても自分が出来ることをすべて成しとげ、後悔をせず今、自信を持って過去を語れるのならばそれが本当の合格だと私は思います。本当にいままで支えていただいてありがとうございました。

  • ゴールはスタート
    • ゴールはスタート
    • 松倉 紗友里 さん

    • 関西大学第一中学校合格
      履正社学園豊中中学校合格
      関西大学北陽中学校合格

    • (はじめに) 1月16日、関大一中試験終了後晴れ晴れとした気持ちで試験会場をあとにしました。精一杯やったし、持っている力の100%を問題用紙にぶつける事ができたという満足感でいっぱいでした。
      (入  塾) 私は1年生の1月に母に勧められて公開学力テストを受けました。本当はテストを受けてみるだけのつもりでやりました。しかし、見事に合格して、入塾することになりました。
      (2 年 生) この頃は「H」のひとクラスしかなかったので、クラスの上下はなくただ普通に授業を受けて、テストをする、という毎週だったので、宿題も中途半端にしかやっていませんでした。
      (3 年 生) クラスが1つ増え、「H」と「S」の2つになりましたが、2年生の頃からの習慣がついてきてしまっていたので、1年間でクラスが上がることは1度もありませんでした。
      (4 年 生) いよいよ本気を出して勉強に取り組むことにしました。すると、一気に「H」「S」「V」と最高クラスまでたどりつきました。「V」を維持するために、今自分が出来ることは何でもして、5ヶ月間「V」にとどまることができました。それから「S」におちてからも「V」にもどるために、がんばって勉強しましたが、もどることはできませんでした。
      (5 年 生) 入試まであと1年という時私は、一番下のクラスで、そのクラスの中でも下の方でした。
      (6 年 生) 4年生の頃みたいに上の方のクラスを維持したい、と思っていても現実はそう甘くはなく、何も変わらない一方でした。
      (入試直前) 私にとっては必死の受験勉強が始まりました。このままではいけないと思いつつ、私の意識も変わっていきました。でも、やはり、苦しかったです。一番言いたい事は、その中でいかに自分らしく、入試を迎えられるかということ、ここまでやったから悔いはないと自信を持つ事に尽きるということです。受験は自分との闘いです。そして、励まし続けてくれた多くの浜の先生、見守ってくれた家族に心から感謝しています。中学受験は終わりましたが、新しい人生の始まりの時でもあるので、頑張っていきたいと思います。

  • 努力は絶対うらぎらない
    • 努力は絶対うらぎらない
    • 藤田 望未 さん

    • 金蘭千里中学校合格
      関西大倉中学校合格
      岡山中学校合格

    • 私は、最後の合否判定学力テストで第一志望校の合格可能性はD判定でした。でも、その後どうやって合格を手にしたのか勉強方法を教えます。私が第一志望校の合格可能性をA判定にするには、偏差値を10近く上げなくてはなりませんでした。もう無理だと思いました。でも、あきらめたくないという思いもありました。2つの思いが入り混じっている時、ある先生が「もしD判定だったら第一志望校を変えるか、そのままつき進むか自分で選びなさい」と言っていた事を思い出しました。しばらく考えました。そして、何年もねらっていた学校だからあきらめたくないという思いが勝ちました。しかし、私には苦手な教科を得意にすることは不可能でした。特に私は国語が苦手でした。短期間で得意にするのは難しいため、得意教科のレベルを上げることにしました。そのために、1回やった問題を2回,3回とやりました。するとテストで100点をとり、ベスト1になることが出来ました。その時はすごくスッキリしました。その感じがわすれられず、いつも、理科と算数を必死で勉強しました。すると、成績は、すごいいきおいで上がっていきました。直前特訓でも、何度も問題をくり返してやりました。がんばってもベストにのれなかった時はとてもくやしかったけど、ベストにのった人は、もっとがんばっているんだと思いもっとがんばることが出来ました。私は、わからないところは、すぐに父か兄に聞き、少し時間がたってから解き直しました。すぐに解き直してしまったら答えを覚えてしまっているからです。よく答えや解説を覚えて理解しているつもりの人がいます。どうしてこうなるのかということをしっかり理解しておかないといけません。みなさんも、まず、はずみになるきっかけを作ってください。100点をとるとかベスト1になるとか。そして、これを続けると成績がすごく上がります。でも、どんな勉強にも絶対合格するという強い気持ちを持つことが必要です。努力は、絶対うらぎらない、これは、私が経験したことで言えることです。

  • 支えてくれた皆さんありがとう
    • 支えてくれた皆さんありがとう
    • N.I. さん

    • 金蘭千里中学校合格

    •  中学入試まであとわずか、12月25日ごろから直前特訓PART1,2が始まりました。私は男女難関2組でした。直前特訓は春期,夏期,平常よりもずっと厳しく、宿題もすごく多かったです。PART1では男女難関にとって少しむずかしめの問題などが出ており、毎日、宿題をやりこなすのがすごく大変でした。心だって、目だって本気でした。でも、宿題を全部はやり切れていませんでした。そんな時に支えてくれたのが「家族」と「浜学園」でした。特に私の母ですが、夜遅くまで勉強につき合ってくれたり、厳しくしかってくれたりしました。浜学園の友達や先生たちも支えてくれました。友達からは「いっしょにガンバロウね」とはげましてもらいました。先生方からも前向きな言葉をいただいたり、宿題が出ていなかった時には厳しくしかられたりしました。そして迎えた一般入試の前日、前日特訓に行った私は、基本をおさえ、家に帰りました。その夜は受験勉強のせいでかたがこっていたので兄にもんでもらいました。母はココアを入れてくれて「明日は落ち着いて受けてきてね」とアドバイスをもらいました。おかげで私は無事金蘭千里中に合格しました。合格だと分かった時、私は飛びはねちゃいそうでした。金蘭千里中は宿題が多いけれど、金蘭千里中合格の証しだ、と思いながらやっております。中学入試でお世話になった方々どうもありがとうございました!

  • 必死でがんばった受験勉強
    • 必死でがんばった受験勉強
    • H.T. くん

    • 清風南海中学校合格
      清風中学校合格

    • (はじめに) 僕は4月から清風南海中生です。これを読んで今後いかしてくれたらうれしいです。
      5年生の時に、僕は、第一志望校を大阪星光学院中にしようと心に決めました。
      (6年生春) 1つ上の学年の入試が終わり、気を引きしめて、勉強しようと思いました。しかし公開学力テストの成績が悪く、SからSにおちてしまいました。
      (  夏  ) SからSに上がりたいし、夏休みからの志望校別特訓の星光コースに入れるように必死で、公開学力テストを復習し、最近勉強したことも復習しました。しかし、すぐにはのびず夏休みは男女難関コースにいました。その時は、すごく悔しかったけど、今思えば基本がしっかりできてよかったと思いました。
      (  秋  ) 夏休みの成果が出たのか、公開学力テストの偏差値が今までの54から57にのび、SからSに上がれ、ついに、星光コースに入ることができました。9月から星光の過去問をしはじめました。はじめは、算国理社の全部がうまくいきませんでしたが、志望校別特訓を必死でがんばっていると、だんだんと、点数がでてきました。
      (  冬  ) 過去問を必死で解きつづけました。解きつづけて問題になれていきました。毎日解いていると、自信がついて、前日もあまり緊張しませんでした。
      (星  光) 当日、天王寺教室へ行ってから一言もしゃべっていませんでした。集中をずっとしていました。そしてテストは緊張せずに解けました。結果は、不合格。あと3.75点でした。
      (清風南海) 自分は星光の結果を知らずに、2日目に受けました。リラックスしていました。結果は、合格。とてもうれしかったです。
      (最 後 に) たとえ第一志望校に落ちたとしても、人生が終わるわけではないのです。どこの学校へ行っても、自分の力で努力していけばいいのです。そのことを忘れてはいけないなと思いました。
      先生、お世話係さん、事務員さん、ありがとうございました。

  • 努力は裏切らない
    • 努力は裏切らない
    • 羽原 千就 くん

    • 西大和学園中学校合格
      愛光中学校合格

    • (はじめに) 僕はこの春、2校に合格することができました。この体験記が少しでもみなさんの役に立てたらとてもうれしいです。
      (入  塾) 僕は、兄が受験したので、僕も受験するのかなと思っていました。そして、灘中に行きたいと思うようになって、この浜学園に入りました。
      (小  4) 特に水泳をがんばっていたので勉強する時間が決まっていたけれど、土曜スクールだったのでリラックスして宿題をこなして、テストをしっかりと行うことができました。
      (小  5) はじめの公開学力テストで過去最低偏差値をとってしまったので僕は大泣きしました。そして、今回のことがないよう努力しつづけて、理科と算数でVクラスをキープしました。
      (小6・春) 初めての春期講習では算数と理科がベストはとれていたけれど、国語があまりにも悪すぎて10位くらいになってしまい、国語をがんばろうと思いました。
      (小6・夏) 夏期講習では普通にベストをとることができたため、2位になることができました。
      (小6・秋) 僕は灘中の過去問をたくさん解き、平常の宿題では簡単な問題はしないようにして勉強時間を保ち、日特の甲陽コース1組でもベストをとれて順調でした。
      (小6・冬) 平常・最レ・日特が終わり、直前特訓PART1が始まり、灘コース2組に入りました。僕は1組に行きたかったため努力をしました。その結果なのか、早朝特訓や午後特訓で理科と国語で1位をとれました。PART1が終わり、PART2が始まり、健康管理をしましたが、かぜをひいてしまいました。
      (愛光中入試) 前受けだったのでぜんぜん緊張しなく、問題を容易に解くことができました。
      (灘中入試) 今年の問題はとてもむずかしくて、思うようにならず、結果は不合格でした。
      (西大和入試) 愛光中入試と難易度が変わらなく、容易に問題を解くことができました。
      (最 後 に) 今まで支えてくれた先生方、ありがとうございました。

  • 僕の“不合格体験記”
    • 僕の“不合格体験記”
    • 田口 幹人 くん

    • 洛星中学校合格
      高槻中学校合格
      清風中学校合格
      愛光中学校合格

    •  僕は塾へ行っている友達に勉強面でぬかされたくなくて浜学園に入り、そしてH、S、Sとクラスを上がった後にMコースで地獄を見た人です。そのような自分であるからこそ僕は“不合格体験記”を書こうと思いました。話が長くなるので早速書きます。
       東大寺を志望校としていた僕は星光コースで勉強をしていました。そして前々から薦められていた前受けの北嶺、愛光を受けました。結果は×と○。ここで僕は北嶺に落ちたことにより、自分は受験をなめていたと痛感しました。でも落ちこんではいられません。次は星光が待っています。最後までプレミアムブックや過去問を復習し、おやすみコールをいただいて自信をつけて星光に臨みました。しかし、緊張でミスが増えたのか落ちました。その後受けた清風は理Ⅲプレミアムで受かっていたのですが、精神的にかなりショックでした。そんな時に僕は先輩方の合格体験記を見て、星光が落ちていても東大寺に受かっている人を見て自信をなんとか持ちました。
       そして、東大寺を受ける日が来ました。自分のすべてを出すように頑張りました。特に社会は得意なので90点以上を目指しました。結果は落ちていました。算数が悪く、社会で補いきることができず、7点足りませんでした。
       東大寺の結果は親の計らいで知らなかったものの、直感で落ちたと思った僕はなんとか最難関に受かりたいとその一心で高槻の後の洛星を受けました。そこでやっと洛星に合格しました。合格したと聞いたときは本当にうれしくて臓器をはき出しそうでした。
       この自分の受験では浜学園の事務員さん、SGさん、先生方にたいへんお世話になり、有難うございました。そして、この“不合格体験記”がみなさんの自信の源になってくれればとても幸いです。

  • 七転八起
    • 七転八起
    • 供田 拓也 くん

    • 灘中学校合格
      洛南高等学校附属中学校合格
      西大和学園中学校合格
      高槻中学校合格
      愛光中学校合格

    •  僕はこの春、無事に志望校に合格することができました。この合格は、僕を支えてくださった先生方、事務員の皆さん、両親のおかげです。心から感謝しています。
       小4の夏期講習から浜学園に入塾しました。4年のころはまだ灘などの最難関校は意識しておらず、高槻に入れればいいなと思っていました。
       小5になり、最レ算数を受講しました。小6の問題の基本を身につけることができるので受けておいたほうがいいと思います。秋ごろに行われた志望校判定学力テストで星光1位をとることができ、そのころは星光にしようと思っていました。
       小6になり、勉強が格段に難しくなり、宿題もふえましたが、こつこつとやれば何とかこなすことができました。春期講習は豊中に行きました。その成果あってか、4月の公開学力テストで50傑をとり、灘合の資格がとれました。そこから灘を意識するようになりました。
       6月に入り、日特が始まりました。宿題は多かったですが、西宮まで友達といっしょに行って、楽な気持ちで受けていました。そして第一回の合否判定学力テストで10傑に入ることができ、そのころから本格的に灘に行こうと思いました。夏期講習の間、早朝特訓に行きました。集中して宿題に取りくめ、とても役に立ちました。
       12月の最後の公開学力テストでは10傑に入ろうとのぞみましたが結果は100傑にも入れず、落ち込みました。しかし、この失敗があったから直前特訓でも気持ちを入れかえ頑張れたと思います。
       灘1日目は算数が難しく、理科も不得意な生物の問題が多く、点がとれず不安な気持ちでいっぱいでしたが、先生方におやすみコールで励ましていただいて気持ちが楽になり、2日目にのぞめました。合格発表で自分の番号をみつけた時は肩の荷がおりてほっとしました。とてもうれしかったです。皆さんも自分の力を信じて頑張ってください。

千里中央本部の開講コース

学年名称
小2
土曜マスターコース
習い事の兼ね合いや近辺に浜学園教室がないなどの理由で、マスターコースへの通塾が難しい方に最適のコース。週1回(土曜日)の通塾で、マスターコースの講義内容を受講できます。
学年名称
小3
マスターコース
浜学園受験指導の中心となるコースです。中学受験に必要十分な学力の習得を目標に指導します。経験豊富な講師陣が学習計画表に基づいて指導するので効率的に学習できるほか、毎回実施する復習テストにより各単元ごとの到達度を測るとともに答案作成能力も培われます。
土曜マスターコース
習い事の兼ね合いや近辺に浜学園教室がないなどの理由で、マスターコースへの通塾が難しい方に最適のコース。週1回(土曜日)の通塾で、マスターコースの講義内容を受講できます。
最高レベル特訓 算数
難問にチャレンジしながら算数のおもしろさに触れる講座です。この授業は最難関中受験算数への第一歩になります。算数のおもしろさに触れて、算数の応用力をより確固たるものにします。
学年名称
小4
マスターコース
浜学園受験指導の中心となるコースです。中学受験に必要十分な学力の習得を目標に指導します。経験豊富な講師陣が学習計画表に基づいて指導するので効率的に学習できるほか、毎回実施する復習テストにより各単元ごとの到達度を測るとともに答案作成能力も培われます。
土曜マスターコース
習い事の兼ね合いや近辺に浜学園教室がないなどの理由で、マスターコースへの通塾が難しい方に最適のコース。週1回(土曜日)の通塾で、マスターコースの講義内容を受講できます。
最高レベル特訓 算数
難問にチャレンジしながら算数のおもしろさに触れる講座です。この授業は最難関中受験算数への第一歩になります。算数のおもしろさに触れて、算数の応用力をより確固たるものにします。
学年名称
小5
マスターコース
浜学園受験指導の中心となるコースです。中学受験に必要十分な学力の習得を目標に指導します。経験豊富な講師陣が学習計画表に基づいて指導するので効率的に学習できるほか、毎回実施する復習テストにより各単元ごとの到達度を測るとともに答案作成能力も培われます。
最高レベル特訓 算数
難問にチャレンジしながら算数のおもしろさに触れる講座です。この授業は最難関中受験算数への第一歩になります。算数のおもしろさに触れて、算数の応用力をより確固たるものにします。
国語記述力養成講座
中学入試に出題される様々なジャンル・パターンの文章に触れながら、受験国語で必須となる記述問題への対応力を養う講座です。初めは指定字数が短めな問題や空欄補充形式の問題から取り組み、6年生になる前にまずは自分なりの答案を作り上げる力を身につけます。
学年名称
小6
マスターコース
浜学園受験指導の中心となるコースです。中学受験に必要十分な学力の習得を目標に指導します。経験豊富な講師陣が学習計画表に基づいて指導するので効率的に学習できるほか、毎回実施する復習テストにより各単元ごとの到達度を測るとともに答案作成能力も培われます。
最高レベル特訓 算数
難問にチャレンジしながら算数のおもしろさに触れる講座です。この授業は最難関中受験算数への第一歩になります。算数のおもしろさに触れて、算数の応用力をより確固たるものにします。
最高レベル特訓 国語
最難関中学に合格し得るための、国語の実践的で高度な総合力を養う講座です。最難関中とよばれる学校の入試傾向をもとに編集されたテキストを使用することにより、散文の文章読解演習や語句・文法・韻文など、知識分野の拡充や定着を主眼としています。
最高レベル特訓 理科
ハイレベルな内容の講義と演習を通して理科の強化を図る講座です。理科は、単元や分野ごとに得意・不得意の差が大きい科目です。得意分野は得点源となるようさらに強化し、不得意分野は克服しながら、失点を防ぐことを目指します。
日曜錬成特訓
入試必出重要単元を総ざらいし、基礎学力を確立する講座です。「強化講座」と「基礎講座」に分け、各教科入試必出事項のテーマを絞って、教科別能力別クラス編成で、徹底的に学力の基礎を作りあげます。各講座ともに指導方法に工夫をこらし、その回毎に実力をつけることを意図した、やりきり講座です。
日曜志望校別特訓
志望コース毎に分析対策を行う受験生の必須講座です。志望校を同じくする者同士が同じ志望コースで共に学習することによって、志望校合格への意欲と実力を高め合うことができます。各中学校の出題傾向、問題の特色、難易度なども掴めるように分析と対策を行います。指導内容を3期に分けて、入試日まで段階的に指導内容を収斂させています。
国語記述力養成講座
受験国語において合否のカギをにぎるとも言われる記述問題を「書ける・得点源になる」ことを目指す講座です。講義部分で心情、理由説明などの問題ジャンルに合わせた具体的な答え方を講師からレクチャーし、その後演習プリントで類似問題を実践的に解き、採点の基準となる要素を明示することで得点に繋がる記述力の定着を図ります。

時間割

教室へお問い合わせください。