中学受験は、心身ともに大きくステップアップするチャンスです。
浜学園は中学受験生に寄り添っていきます。

最寄りの教室を探す

教室案内

なかもず本部
072-240-2300
住所:
〒591-8023 堺市北区中百舌鳥町2-91(光恵第2ビル 4F)
アクセス:
南海高野線 中百舌鳥駅 北出口前 大阪メトロ御堂筋線 なかもず駅(8番出口)よりすぐ
南海バス(堺駅南口~初芝行き)なかもず停留所下車すぐ
イメージ 詳しい周辺地図をGoogle Mapで開く

なかもず本部で開催の入塾説明会(保護者説明会)

実施日

※実施日の前々日以降の申込は、直接教室へお電話ください。

お子さまのお名前(カタカナ)

姓:

名:

電話番号

メールアドレス

学年

※学年選択は現学年でお願いします

説明会の参加人数

お申込のきっかけ

個人情報登録の同意について

なかもず本部で実施のイベント

    • 公開日:2022年07月06日
    • 「白陵・帝塚山・大教大附属池田 合格判定模試」自宅受験
  • 趣旨
      ご好評をいただいております自宅受験模試を実施いたします。学習の成果をご確認いただき、秋以降の学習の指針としていただきたく存じます。
      ※「白陵・帝塚山・大教大附属池田中」の3つの対象校から1校のみお申し込みいただけます。
    対象
    小6生(飛び級生不可)
    実施日時
    7月30日(土)
    白陵中 9:00~12:40
    帝塚山中 9:00~11:05
    大教大附属池田中 9:00~11:05
    実施方法
      自宅受験して7月30日(土)中に浜学園事務局までお送りください。7月30日(土)に学校があり実施できない場合は、7月31日(日)に時間を計って実施いただき(あるいは7月30日(土)と7月31日(日)に分けて実施いただき)、下記住所宛にご投函ください。(8月1日(月)消印有効。なお、郵送料は受験者負担となりますので、ご了承ください。)また、7月31日(日),8月1日(月)に開館している浜学園事務室でもご提出いただけます(開館状況と営業時間を予めお確めください。なお、8月1日(月)の提出受付は19時までに限ります。)なお、締切後の答案提出は一切受付いたしません。
    スケジュール
      白陵中
      9:00~10:10 国語 (70分)
    10:15~11:25 算数 (70分)
    11:30~12:40 理科 (70分)

      帝塚山中
      9:00~10:00 国語 (60分)
    10:05~11:05 算数 (60分)

      大教大附属池田中
      9:00~10:00 国語 (60分)
    10:05~11:05 算数 (60分)

    ※自宅でこの時刻に取り組んでください。
    受験料
    無料
    答案処理
    答案は、得点分布表,個人成績票,解答・解説を添えて8/22(月)以降に返却いたします。(ただし、期限内に全科目の答案を提出された方に限ります。)
    Web解説
    答案返却後、各教科のWeb全問解説で徹底的に復習が出来ます。(ただし、期限内に全科目の答案を提出された方のみ、Web解説を配信させていただきます。)
    申込方法
    参加ご希望の方はインターネット申込【準備中、申込期間:7/9(土)14時~7/20(水)17時】(申込開始をプッシュ通知でお知らせしますので、浜学園アプリのご登録が便利です。)からお申し込みください。

    塾生・一般生浜学園塾生でない方でマイページをお持ちの方はマイページからお申し込みが便利です。

    (なお、塾生の方はマイページからお申し込みください)
    • 公開日:2022年06月21日
    • 「星光・東大寺・西大和に強い浜学園のシステムと情熱」Web説明会
  • 趣旨
      このたび大阪星光・東大寺・西大和中を第一志望とする生徒の保護者様を対象に5月29日(日)に実施した説明会をWeb配信する運びとなりました。大阪・奈良の最難関校である3校に関して浜学園の合格システムと取り組みについてお話しさせていただきます。星光・東大寺・西大和中の3校は傾向に各校特徴はありますが、難易度は似かよっており、また受験日程も3校全てを受験することが可能であることから、3校全てを視野に入れて対策していくのが合格への近道であると考えております。システムの説明と並行して、受験の成功から逆算し、小6春の時点でとりくむべきポイントも簡潔にご提示いたしますので、この機会をのがさず、奮ってご参加くださいますようご案内申し上げます。
    対象
    星光・東大寺・西大和中を目指す小6男子生の保護者
    実施概要
    7月11日(月)17:00~配信開始 8月11日(木)まで
    ※ 配信期間中は何度でも「浜学園Web教室」よりご視聴いただけます。
    ※ 5/29(日)上本町教室で実施した説明会と同じです。
    参加料
    塾生:無料
    一般生浜学園塾生でない方:330円 ※返金は致しませんのでご了承ください。
    注意事項
    ※締切日を過ぎますと原則お申込いただけませんので、必ず締切日までにお申込ください。
    ※標記のインターネット配信の視聴にはWeb講義アカウントが必要となります。(すでに申請された方は不要)
    ※配信の準備が整いましたら、「受講(視聴)可能期間のご通知」をメールにて送信いたします。
    ※浜学園「Web講義」をはじめて利用される方や、利用方法でご不明な点は、ご遠慮なく下記インターネットサポートデスクまでご連絡ください。
    【浜学園インターネットサポートデスク】
    営業時間 [平日]13時~21時 [土日祝]10時~18時(年末年始・合格祝賀会当日を除きます)
    電話番号 0798-64-1199
    申込方法
    参加ご希望の方は インターネット申込画面(申込期間:6/27(月)14時~7/8(金)17時) からお申し込みください。

    塾生・一般生浜学園塾生でない方でマイページをお持ちの方はマイページからお申し込みが便利です。

    (なお、塾生の方はマイページからお申し込みください)
    • 公開日:2022年06月19日
    • 夏期受講資格判定テスト
  • 改訂
    7/18(月・祝)の実施教室を変更しました。
    趣旨
      浜学園の夏期講習受講にあたりましては受講資格が必要となっており、夏期講習受講希望の皆様には5月より公開学力テストや入塾テスト等を通じ受講資格を取得していただいております。今回がその最後のチャンスとなりますので、夏期講習受講をお考えの方は、ぜひこの機会に奮ってご参加されますようお知らせいたします。
    対象
    小1~小6の一般生浜学園塾生でない方
    実施教室・時間
    各日・各時間帯とも同じ内容ですので、ご都合のよい日時・会場を選んで、ご参加ください。
    ※天王寺教室は本館にて実施いたします。
    6月25日(土)10:30~12:00
    西宮・西神中央・明石・神戸住吉・芦屋・川西・姫路・加古川・上本町・天王寺・千里中央・枚方・京橋・天六・円町・草津・西大寺・大和八木・名古屋・千種・御器所
    6月25日(土)14:30~16:00
    西宮・西神中央・三田・明石・神戸住吉・芦屋・六甲・神戸元町・伊丹・宝塚・川西・姫路・加古川・上本町・天王寺・豊中・千里中央・枚方・なかもず・京橋・天六・茨木・高槻・堺東・いずみ・泉大津・四条烏丸・JR京都駅前・北大路・円町・草津・西大寺・王寺・大和八木・和歌山・千種・八事・御器所・藤が丘・豊田・一宮・刈谷・那覇
    6月26日(日)10:30~12:00
    西宮・川西・加古川・上本町・天王寺・豊中・なかもず・泉大津・四条烏丸・JR京都駅前・西大寺・王寺・名古屋・千種・藤が丘・一宮・刈谷
    6月26日(日)14:30~16:00
    西宮・三田・明石・宝塚・川西・姫路・加古川・上本町・天王寺・なかもず・泉大津・四条烏丸・JR京都駅前・西大寺・王寺・千種・藤が丘・一宮
    7月2日(土)10:30~12:00
    西宮・西神中央・明石・神戸住吉・芦屋・川西・姫路・加古川・上本町・天王寺・千里中央・枚方・京橋・天六・茨木・円町・草津・西大寺・大和八木・岡山・名古屋・千種・御器所
    7月2日(土)14:30~16:00
    西宮・西神中央・三田・明石・神戸住吉・芦屋・六甲・神戸元町・伊丹・宝塚・川西・姫路・加古川・上本町・天王寺・豊中・千里中央・枚方・なかもず・京橋・天六・茨木・高槻・堺東・いずみ・泉大津・四条烏丸・JR京都駅前・北大路・円町・草津・西大寺・王寺・大和八木・和歌山・千種・八事・御器所・藤が丘・豊田・一宮・刈谷・那覇
    7月3日(日)10:30~12:00
    西宮・西神中央・神戸住吉・芦屋・神戸元町・姫路・上本町・天王寺・豊中・枚方・堺東・四条烏丸・JR京都駅前・西大寺・岡山・名古屋・千種・藤が丘
    7月3日(日)14:30~16:00
    西宮・西神中央・三田・明石・神戸元町・姫路・上本町・天王寺・豊中・千里中央・枚方・なかもず・堺東・四条烏丸・JR京都駅前・西大寺・岡山・名古屋・千種・八事・藤が丘
    7月9日(土)10:30~12:00
    西宮・西神中央・明石・神戸住吉・芦屋・川西・姫路・加古川・上本町・天王寺・千里中央・枚方・京橋・天六・茨木・四条烏丸・円町・草津・西大寺・大和八木・名古屋・千種・御器所
    7月9日(土)14:30~16:00
    西宮・西神中央・三田・明石・神戸住吉・芦屋・六甲・神戸元町・伊丹・宝塚・川西・姫路・加古川・上本町・天王寺・豊中・千里中央・枚方・なかもず・京橋・天六・茨木・高槻・堺東・いずみ・泉大津・四条烏丸・JR京都駅前・北大路・円町・草津・西大寺・王寺・大和八木・和歌山・千種・八事・御器所・藤が丘・豊田・一宮・刈谷・那覇
    7月16日(土)10:30~12:00
    西宮・西神中央・明石・神戸住吉・芦屋・神戸元町・川西・姫路・加古川・上本町・天王寺・千里中央・枚方・京橋・天六・茨木・円町・草津・西大寺・大和八木・岡山・名古屋・千種・御器所
    7月16日(土)14:30~16:00
    西宮・西神中央・三田・明石・神戸住吉・芦屋・六甲・神戸元町・伊丹・宝塚・川西・姫路・加古川・上本町・天王寺・豊中・千里中央・枚方・なかもず・京橋・天六・茨木・高槻・堺東・いずみ・泉大津・JR京都駅前・北大路・円町・草津・西大寺・王寺・大和八木・和歌山・千種・八事・御器所・藤が丘・豊田・一宮・刈谷・那覇
    7月17日(日)10:30~12:00
    西宮・西神中央・神戸住吉・芦屋・姫路・加古川・上本町・天王寺・豊中・枚方・堺東・四条烏丸・JR京都駅前・西大寺・岡山・名古屋・千種
    7月17日(日)14:30~16:00
    西宮・西神中央・三田・明石・神戸元町・宝塚・姫路・加古川・上本町・天王寺・豊中・枚方・なかもず・堺東・四条烏丸・JR京都駅前・西大寺・岡山・名古屋・千種・八事
    7月18日(月・祝)10:30~12:00
    西宮・上本町・枚方・四条烏丸・北大路・円町・西大寺・名古屋
    7月18日(月・祝)14:30~16:00
    西宮・上本町・枚方・四条烏丸・北大路・円町・西大寺・名古屋
    ※一部の教室では夏期講習導入算数予備講義(小2~小5)を実施していますので、予備講義の受講もお考えの方はなるべく早めにご受験ください。
    ◎小1夏期講習を実施する教室…西宮・神戸元町・上本町・天王寺・JR京都駅前
    ◎小2夏期講習を実施しない教室…芦屋・六甲・伊丹・宝塚・川西・和歌山・岡山・那覇
    ◎小6夏期講習を実施しない教室…六甲・刈谷
    実施日時・教室
    各日・各時間帯とも同じ内容ですので、ご都合のよい日時・会場を選んで、ご参加ください。
    ※一部の教室では夏期講習導入算数予備講義(小2~小5)を実施していますので、予備講義の受講もお考えの方はなるべく早めにご受験ください。
    ◎小1夏期講習を実施する教室…西宮・神戸元町・上本町・天王寺・JR京都駅前
    ◎小2夏期講習を実施しない教室…芦屋・六甲・伊丹・宝塚・川西・和歌山・岡山・那覇
    ◎小6夏期講習を実施しない教室…六甲・刈谷
    ※天王寺教室は本館にて実施いたします
    実施
    日程
    時間 西
    西















    西


















    6/25
    (土)
    10:30~12:00          
    14:30~16:00
    6/26
    (日)
    10:30~12:00                              
    14:30~16:00                      
    7/2
    (土)
    10:30~12:00              
    14:30~16:00
    7/3
    (日)
    10:30~12:00                        
    14:30~16:00                    
    7/9
    (土)
    10:30~12:00              
    14:30~16:00
    7/16
    (土)
    10:30~12:00            
    14:30~16:00
    7/17
    (日)
    10:30~12:00                      
    14:30~16:00                  
    7/18
    (月・祝)
    10:30~12:00                                    
    14:30~16:00                                    

    実施
    日程
    時間















    西




















    6/25
    (土)
    10:30~12:00                                
    14:30~16:00    
    6/26
    (日)
    10:30~12:00                          
    14:30~16:00                              
    7/2
    (土)
    10:30~12:00                              
    14:30~16:00    
    7/3
    (日)
    10:30~12:00                              
    14:30~16:00                            
    7/9
    (土)
    10:30~12:00                      
    14:30~16:00
    7/16
    (土)
    10:30~12:00                  
    14:30~16:00
    7/17
    (日)
    10:30~12:00                                
    14:30~16:00                              
    7/18
    (月・祝)
    10:30~12:00                              
    14:30~16:00                              
    持ち物
    筆記用具
    費用
    無料
    お断り
    本テストは受講資格判定のために実施するもので、答案の返却はいたしません。
    申込方法
    参加ご希望の方は インターネット申込画面(申込期間:6/19(日)14時~各実施日の3日前17時) からお申し込みください。

    塾生・一般生浜学園塾生でない方でマイページをお持ちの方はマイページからお申し込みが便利です。

    (なお、塾生の方はマイページからお申し込みください)
    • 公開日:2022年06月08日
    • 第2回「灘・甲陽・星光・洛星中 合格判定模試」自宅受験
  • 趣旨
      7月23日から男子最難関中合格に向けて夏期講習もスタートし、ご子息は中学入試の天王山となる夏休みに「寝る以外は勉強」の精神で一心不乱に努力されることと思います。春先から必死に取り組んできた「1時間あたりの学習効率アップ」を目標とした受験勉強の効果がいよいよ発揮されます。そのためにも、ご子息には夏休みの間も常により成長した質良い受験勉強ができるように、常にスケジュールを作って1日の受験勉強に取り組み、テストと同じように時間を計って問題をこなして、緊張感のある集中した第1志望校合格に直結する努力をさせて欲しいと願います。この受験勉強こそご子息に「この夏休みはよくこれだけ頑張ったなあ」と実感させる充実感・達成感のある努力となり、秋以降のテストで必ず、1点、1分の重みがしっかりと分かる受験生に成長していきます。従って、9月以降の多くの模擬テストで第1志望校の合格判定が5回中4回以上A判定をとって自信を持って来春の入試で実力を発揮できるように、悔いの無い受験ができるように、この夏休みは大事に過ごしていただきたいと切望いたします。その秋からの模擬テストの前哨戦として、夏の終わりに第2回「灘・甲陽・星光・洛星 合格判定模試」自宅受験を無料で実施させていただきます。近畿圏統一入試日の初日にこの4校の男子最難関中入試の受験を少しでも考えておられる受験生は全員是非受験していただきたいと思います。
    注意: 灘・甲陽・星光・洛星の4つの対象校から1校のみお申し込みいただけます。
    対象
    灘中・甲陽中・星光中・洛星中を志望する小6生(飛び級生は不可)
    実施日時
    8月27日(土)
    灘 中8:00~13:10
    甲陽中8:00~12:55
    星光中(3科)8:00~10:50
    星光中(4科)8:00~11:35
    洛星中(3科)8:00~11:00
    洛星中(4科)8:00~11:55
    実施方法
    自宅受験して8月27日(土)中に浜学園最難関コース事務局までお送りください。8月27日(土)に学校があり実施できない場合は、8月28日(日)に時間を計って実施いただき(あるいは8月27日(土)と8月28日(日)に分けて実施いただき)、下記住所宛にご投函ください。(8月29日(月)消印有効。なお、郵送料は受験者負担となりますので、ご了承ください。)また、8月28日(日),29日(月)に開館している浜学園事務室でもご提出いただけます。(開館状況と営業時間を予めお確かめください。なお、8月29日(月)の提出受付は19時までに限ります。)なお、締切後の答案提出は一切受付いたしません。
    662-0832
    兵庫県西宮市甲風園1丁目5番24号
    アーク西宮北口ビル 5F
    浜学園最難関コース事務局
    テスト時間割
    灘中  
    8:00~ 8:40 灘中入試一日目 国語(40分間)
    8:45~ 9:45 灘中入試一日目 算数(60分間)
    9:50~10:50 灘中入試一日目 理科(60分間)
    10:55~12:05 灘中入試二日目 国語(70分間)
    12:10~13:10 灘中入試二日目 算数(60分間)
    甲陽中  
    8:00~ 8:55 甲陽中入試一日目 国語(55分間)
    9:00~ 9:55 甲陽中入試一日目 算数(55分間)
    10:00~10:55 甲陽中入試一日目 理科(55分間)
    11:00~11:55 甲陽中入試二日目 国語(55分間)
    12:00~12:55 甲陽中入試二日目 算数(55分間)
    星光中 (3科・4科)
    8:00~ 9:00 星光中入試 国語(60分間)
    9:05~10:05 星光中入試 算数(60分間)
    10:10~10:50 星光中入試 理科(40分間)
    10:55~11:35 星光中入試 社会(40分間)
    洛星中 (3科・4科)
    8:00~ 8:50 洛星中入試 理科(50分間)
    8:55~ 9:55 洛星中入試 国語(60分間)
    10:00~11:00 洛星中入試 算数(60分間)
    11:05~11:55 洛星中入試 社会(50分間)
    ※自宅でこの時刻に取り組んでください。
    受験料
    無料
    答案処理
    答案は、得点分布表,個人成績票,合格判定基準表,解答・解説を添えて9月16日(金)以降に返却いたします。
    (ただし、期限内に全科目の答案を提出された方のみ、答案といっしょに解答・解説を発送させていただきます。)
    Web解説
    答案返却後、各教科のWeb全問解説で徹底的に復習が出来ます。(ただし、期限内に全科目の答案を提出された方のみ、Web解説を配信させていただきます。)
    視聴にあたり、塾生の方はWeb講義アカウントの登録が必要です。まだ登録されていない方は、マイページ「利用者情報」よりご登録ください。一般生浜学園塾生でない方は「Web講義視聴同意事項(https://hamagakuen-webschool.jp/regulation/)」に同意の上、お申し込みください。
    注意事項
    お申し込みの際は、いずれか1校のみをお選びください。
    申込方法
    浜学園マイページよりお申し込みください。
    • 公開日:2022年06月02日
    • 神大附属・大教大附属中Web進学説明会
  • 趣旨
     このたび、神大附属中,大教大附属中の受験を考えられている保護者様に対して、2022年春の入試状況とその結果および各学校の入試対策についてご説明させていただきたく、進学説明会をWeb配信いたします。
     神大附属中,大教大附属中の入試を知る絶好の機会だとお考えいただき、ぜひ、ご視聴くださいますようご案内申し上げます。
    対象
    神大附属中・大教大附属中を志望する小1~小6生の保護者
    配信期間
     
    神大附属中 8月6日(土)~10月31日(月) 内容①
    大教大附属中 内容②,③
    内容
    ① 神大附属中の2022年春の入試結果および2023年入試対策について
    ② 大教大附属天王寺中の2022年春の入試結果および2023年入試対策について
    ③ 大教大附属池田中の2022年春の入試結果および2023年入試対策について
    ※配信を希望される内容をお選びください。
    参加料
    無料
    申込期間
    6/16(木)14時~8/3(水)17時
    ご注意
    ※ 標記のインターネット配信の視聴にはWeb講義アカウントが必要となります。(すでに申請された方は不要)
    ※ 配信の準備が整いましたら、「受講(視聴)可能期間のご通知」をメールにて送信いたします。
    ※ 浜学園「Web講義」をはじめて利用される方や、利用方法でご不明な点は、ご遠慮なく下記インターネットサポートデスクまでご連絡ください。
    【浜学園インターネットサポートデスク】
    営業時間 [平日]13時~21時 [土日祝]10時~18時
    (夏期特別休業日(8/13(土)・8/14(日)・8/15(月))・年末年始・合格祝賀会当日を除きます)
    電話番号 0798-64-1199
    申込方法
    浜学園マイページよりお申し込みください。
    • 公開日:2022年06月02日
    • 「東大寺中・洛南中 合格判定模試」自宅受験
  • 趣旨
      7月から日曜志望校別特訓もスタートし、いよいよ受験勉強も本格的にスタートします。最難関中を絶対に合格するという強い決意のもと、現在も1分1秒たりとも無駄な時間を作らず、一生懸命に目標に向かって努力されていることと拝察いたします。やはり中学入試の天王山は夏期中42日間(7月21日から8月31日まで)であるのは間違いありませんし、自分に与えられた環境の中で最高の集中力を発揮して質の良い悔いの無い夏の受験勉強をしていただきたいと思います。ただ、その夏期まで、この6月下旬から7月中旬までまだ約1ヵ月あります。夏期に質の良い悔いの無い夏の受験勉強をするためには、その直前の1ヵ月の勉強姿勢が何よりも大事です。今からすぐにやるべき課題に真剣に取り組み、自分の受験勉強により勢いをつけて欲しいと切望いたします。
      そこで、今回は、2023年1月16日(月)に実施される東大寺学園中入試と洛南高附属中入試に向けて、「東大寺中日本一模擬入試」自宅受験と「洛南中日本一模擬入試」自宅受験を無料で実施します。なお、男子は東大寺中と洛南中が同一入試日ですので必ずどちらか一方の選択をして受験していただくことになります。(女子は洛南中受験のみとなります。)夏休み前に受験生にとって7ヵ月弱後の最難関中入試レベルの問題に打ち当たり、その問題の難しさ,量の多さを肌で感じていただいて、そんなに最難関中入試の問題は甘くないということを体験していただきたいと思っています。ただ、皆さん優秀な受験生ですから、夏期前に難問・超難問に精一杯チャレンジして、その結果に打ちのめされたとしても、その悔しさをこの夏期の最難関中合格のための受験勉強のモチベーションとし、自分の夏期の課題をしっかり見つけていただきたいと思います。東大寺中入試と洛南中入試は入試日程が近畿圏統一入試日の3日目ですので、東大寺中・洛南中第1志望の方はもちろんのこと、その他の最難関中(灘・西大和・甲陽・星光・洛星・四天王寺(医志)・須磨学園B(女子))を第1志望とされている方もぜひ受験していただくことをおすすめします。
    対象
    東大寺中・洛南中をはじめ最難関中(灘・西大和・甲陽・星光・洛星・四天王寺(医志)・須磨学園B(女子))を志望する小6生(飛び級生は不可)
    実施日時
    7月23日(土)
    東大寺中 (3科)9:00~11:50 (4科)9:00~12:45
    洛南中 (3科)9:00~12:05 (4科)9:00~12:55
    実施方法
    自宅受験して7月23日(土)中に浜学園最難関コース事務局までお送りください。7月23日(土)に学校があり実施できない場合は、7月24日(日)に時間を計って実施いただき(あるいは7月23日(土)と7月24日(日)に分けて実施いただき)、下記住所宛にご投函ください。(7月25日(月)消印有効。なお、郵送料は受験者負担となりますので、ご了承ください。)また、7月24日(日)に開館している浜学園事務室でもご提出いただけます(開館状況と営業時間を予めお確かめください)。
    テスト時間割
    東大寺中  
    9:00~ 9:50 東大寺中入試形式の国語テスト(50分間)
    9:55~10:55 東大寺中入試形式の算数テスト(60分間)
    11:00~11:50 東大寺中入試形式の理科テスト(50分間)
    11:55~12:45 東大寺中入試形式の社会テスト(50分間)

    洛南中  
    9:00~10:00 洛南中入試形式の国語テスト(60分間)
    10:05~11:15 洛南中入試形式の算数テスト(70分間)
    11:20~12:05 洛南中入試形式の理科テスト(45分間)
    12:10~12:55 洛南中入試形式の社会テスト(45分間)
    ※自宅でこの時刻に取り組んでください。
    受験料
    無料
    申込期間
    6/16(木)14時~7/13(水)17時
    答案処理
    答案は、得点分布表,個人成績票,東大寺中・洛南中日本一模試合格判定基準表,解答・解説を添えて8月8日(月)以降に返却いたします。(ただし、期限内に全科目の答案を提出された方に限ります。)
    Web解説
    答案返却後、各教科のWeb全問解説で徹底的に復習が出来ます。(ただし、期限内に答案を提出された方のみ、Web解説を配信させていただきます。)
    申込方法
    浜学園マイページよりお申し込みください。
    • 公開日:2022年06月02日
    • 男子超難関中「灘・東大寺・洛南中対策講座」
  • 趣旨
     中学受験勉強において、夏休みは天王山であることは言うまでもありませんが、特に男子超難関中と言われる灘中・東大寺学園中・洛南高等学校附属中の入試は並大抵の努力ではなかなか合格を勝ちとることができません。逆に合格すれば、何にも代えることができないものを得ることができ、長い中高6年間に最高の環境の中で自分を大いに磨くスタートを切ることができるのです。中学受験勉強をするのなら、ぜひその大きな夢をもって、これから苦しい夏休みを乗り切って欲しいものです。
     標記の男子超難関中灘・東大寺・洛南中対策講座は夏休み中の午前中に各会場1日ずつ、頂点を目指して勉強するという主旨で実施します。ぜひ参加していただいて、今後の勉強につなげていただきたいと存じます。
    対象
    小6男子最難関中を志望する男子生
    実施日時・教室
     
    実施日 実施教室
    7月25日(月) 神戸元町教室
    7月27日(水) JR京都駅前教室
    7月28日(木) 名古屋教室
    8月1日(月) 岡山教室
    8月3日(水) なかもず教室
    8月4日(木) 千里中央教室
    8月10日(水) 西大寺教室
    8月11日(木・祝) 枚方教室
    8月17日(水) 西宮教室
    8月22日(月) 上本町教室
    ◎時間はいずれの会場も9:30~11:30
    ※各会場とも同一内容ですので、ご都合に合わせてご参加ください。
    内容
    9:30~10:30   灘・東大寺・洛南中入試算数レベルの授業
    10:30~11:30 灘・東大寺・洛南中入試国語レベルの授業
    持ち物
    筆記用具・ノート
    テキスト
    当日配布いたします。
    参加料
    2,750円
    同時実施
    説明会
    対策講座参加一般生浜学園塾生でない方の保護者限定「男子超難関中進学説明会」
    <内 容>灘・東大寺・洛南中入試に向けての勉強方法
    <時 間>9:50~11:10
    <参加料>無料
    お申込期間に
    ついての注意
    締切日を過ぎますと原則お申込いただけませんので、必ず締切日までにお申込ください。ただし、定員に空きがある場合のみ、締切日を過ぎていてもお申込をお受けできます。受講希望教室までお問い合わせください。
    締切日以降のお申込につきましては、コンビニエンスストア払込用紙を教室で受け取り、実施日当日までに払込が必要です。
    (参加希望日前日の17時以降のお申込は、事務手数料330円を頂戴します。)
    キャンセルに
    ついての注意
    やむを得ない理由によりお申込をキャンセルされる場合は、実施日前日の17時までに所属教室または受講予定教室までご連絡ください。また、当日の欠席、実施日前日の17時を過ぎてからのキャンセルは如何なる理由においても返金いたしかねますので、併せてご了承ください。
    (コンビニ決済を利用して入金された一般生浜学園塾生でない方がキャンセルされる場合は、銀行振込にてご返金させていただきます。その際は、「銀行口座情報」を浜学園にお知らせいただき、振込手数料はお客様負担となりますことを予めご了承ください。)
    申込方法
    参加ご希望の方は インターネット申込画面(申込期間:6/16(木)14時~各実施日の3日前17時) からお申し込みください。

    塾生・一般生浜学園塾生でない方でマイページをお持ちの方はマイページからお申し込みが便利です。

    (なお、塾生の方はマイページからお申し込みください)
    • 公開日:2022年06月02日
    • 「西大和中 合格判定模試」自宅受験
  • 趣旨
      7月から日曜志望校別特訓もスタートし、いよいよ受験勉強も本格的にスタートします。最難関中を絶対に合格するという強い決意のもと、現在も1分1秒たりとも無駄な時間を作らず、一生懸命に目標に向かって努力されていることと拝察いたします。やはり中学入試の天王山は夏期中42日間(7月21日から8月31日まで)であるのは間違いありませんし、自分に与えられた環境の中で最高の集中力を発揮して質の良い悔いの無い夏の受験勉強をしていただきたいと思います。ただ、その夏期まで、この6月下旬から7月中旬までまだ約1ヵ月あります。夏期に質の良い悔いの無い夏の受験勉強をするためには、その直前の1ヵ月の勉強姿勢が何よりも大事です。今からすぐにやるべき課題に真剣に取り組み、自分の受験勉強により勢いをつけて欲しいと切望いたします。
      そこで、今回は、ここ何年間でさらに難度が上がっている西大和学園中(2022年春大学入試結果:東大79名,京大40名,国公立大学医学部医学科46名)入試に向けて、「西大和中日本一模擬入試」自宅受験を無料で実施し、夏休み前に受験生にとって7ヵ月弱後の最難関中入試レベルの問題に打ち当たり、その問題の難しさ,量の多さを肌で感じていただいて、そんなに最難関中入試の問題は甘くないということを体験していただきたいと思っています。ただ、皆さん優秀な受験生ですから、夏期前に難問・超難問に精一杯チャレンジして、その結果に打ちのめされたとしても、その悔しさをこの夏期の最難関中合格のための受験勉強のモチベーションとし、自分の夏期の課題をしっかり見つけていただきたいと思います。西大和中入試は最難関中入試の中でも入試日程がずれており皆が受験できますので、西大和中第1志望の方はもちろんのこと、その他の最難関中(灘・東大寺・洛南(男子)・甲陽・星光・洛星・洛南(女子)・神戸女学院・四天王寺(医志)・須磨学園B(女子))を第1志望とされている方もぜひ受験していただくことをおすすめします。
    対象
    西大和中をはじめ最難関中(灘・東大寺・洛南(男子)・甲陽・星光・洛星・洛南(女子)・神戸女学院・四天王寺(医志)・須磨学園B(女子))を志望する小6生(飛び級生は不可)
    実施日時
    7月16日(土)
    (3科)9:00~11:50 
    (4科)9:00~12:35
    実施方法
    自宅受験して7月16日(土)中に浜学園最難関コース事務局までお送りください。7月16日(土)に学校があり実施できない場合は、7月17日(日)に時間を(3科)2時間50分,(4科)3時間35分とって実施いただき(あるいは7月16日(土)と7月17日(日)に分けて実施いただき)、下記住所宛にご投函ください。(7月18日(月)消印有効。なお、郵送料は受験者負担となりますので、ご了承ください。)また、7月17日(日)に開館している浜学園事務室でもご提出いただけます(開館状況と営業時間を予めお確かめください)。
    テスト時間割
     
    9:00~10:00 西大和中入試形式の国語テスト(60分間)
    10:05~11:05 西大和中入試形式の算数テスト(60分間)
    11:10~11:50 西大和中入試形式の理科テスト(40分間)
    11:55~12:35 西大和中入試形式の社会テスト(40分間)
    ※自宅でこの時刻に取り組んでください。
    受験料
    無料
    申込期間
    6/16(木)14時~7/6(水)17時
    答案処理
    答案は、得点分布表,個人成績票,西大和中日本一模試合格判定基準表,解答・解説を添えて8月1日(月)以降に返却いたします。(ただし、期限内に全科目の答案を提出された方に限ります。)
    Web解説
    答案返却後、各教科のWeb全問解説で徹底的に復習が出来ます。(ただし、期限内に全科目の答案を提出された方に限ります。)
    申込方法
    浜学園マイページよりお申し込みください。

入塾テストについて

入塾をご希望の方は下記のいずれかのテストを受験し、入塾資格を取得してください。

公開学力テスト 無料オープンテスト 土曜入塾テスト 特別扱い入塾テスト
学年 学年によりテストは異なります。詳細は入塾説明会にご参加いただくか、お電話でお問い合わせください。
費用 有料 無料 無料 無料
申込 必要 必要 不要 必要
実施日 毎月第2日曜 年4回(2月・6月・11月・1月) 毎週土曜14:30~ ご都合に合わせて
各教室にて実施
入塾判定の
お知らせ
その週の木曜に
郵送で通知
実施の約10日後に
郵送で通知
その場で判定 その場で判定
答案返却 あり あり なし なし
その他 成績及び順位、偏差値
も併せて通知
成績も通知 - -

なかもず本部の写真

イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ

なかもず本部責任者より一言

こんにちは。浜学園なかもず教室です。
当教室は、南海高野線・泉北高速鉄道の中百舌鳥駅、大阪メトロ御堂筋線のなかもず駅(8番出口すぐ)前のロータリーに面したビルにあります。
交通の便もよく、堺市を中心にさまざまな地域からたくさんの生徒さんに通っていただいております。
今年度の中学入試におきましても、灘・東大寺学園・大阪星光学院・西大和学園・四天王寺といった最難関中学はもちろん、清風南海・帝塚山泉ヶ丘・清教学園をはじめとする地域的に人気の高いさまざまな中学へ、多数合格していただけました。
お子様がそれぞれの目標に向かって安心して頑張っていただけるよう、全力でサポートいたします。
入塾テストはもちろん、保護者説明会や体験授業など、随時受け付けておりますので、お気軽に教室までお問い合わせください。
職員一同、心よりお待ちいたしております。

なかもず本部で開催の入塾説明会(保護者説明会)

実施日

※実施日の前々日以降の申込は、直接教室へお電話ください。

お子さまのお名前(カタカナ)

姓:

名:

電話番号

メールアドレス

学年

※学年選択は現学年でお願いします

説明会の参加人数

お申込のきっかけ

個人情報登録の同意について

なかもず本部出身者の合格体験記

  • 自分の経験から伝えたいこと
    • 自分の経験から伝えたいこと
    • K.R. くん

    • 明星中学校合格

    • 〇春から夏
       ぼくは、6年生になる前の春期講習から浜学園に通い始めました。これまで、学校の宿題以外の勉強はしていなかったので、最初は授業についていけず、テストでも20点や30点ばかりでした。
       まずは、復習テスト(復テ)でベストに入ることを目標に、単元の宿題に取り組んでいましたが、授業だけでは理解できなかったので、授業が終わってから先生に教えてもらったり、Web教室の解説動画を見たりして自分なりに勉強をしていました。
       夏前ごろには、復テでベストに入ることも少しはできるようになりました。しかし、公開学力テストではほとんど点数が取れませんでした。この時は、本当に志望校に合格できるのか不安でした。
      〇夏から秋
       夏休みの夏期講習では、長い時間塾で勉強するのと、初めて習う単元も多く、とてもしんどかったです。わからないところを先生、家でも父に教えてもらったり、解説動画を見たりしました。夏休みが終わるころには、復テでベストに入ることも増えてきましたが、公開学力テストや合否判定学力テストになると、範囲が広いのでなかなか点数が取れませんでした。
      〇秋から冬
       10月までは、解説動画を見ながら学習した単元を復習し、復テでベストを取るという勉強を続けていましたが、以前に習った単元の問題が解けなくなっていました。
       11月からは、父にも付いてもらって、苦手単元のやり直しをするようにしました。そうすると公開学力テストの点数や偏差値も少しずつ上がってきました。そして、11月末の「男女難関統一プレテスト」では、志望校合格が見えてくるくらいの結果を出すことができました。
       12月からは、苦手科目の復習と過去問に取り組みました。冬休みには、冬期講習も含めて毎日10時間くらい勉強しながら、志望校の問題にも慣れていきました。
      〇試験当日(1月15・16日)
       テストが始まるまで少し緊張しましたが、今までの努力のおかげか、緊張がワクワクに変わり、あせらずにわかる問題をしっかり解いて、自分の力を存分に発揮することができました。そして、第一志望校の明星中学校特進コースに合格することができました。
      〇皆さんに伝えたいこと
      ①周りの人の力を借りること
      ・浜学園には良い先生や教室の人がたくさんいるので、どんどん質問をして、わからないところをわかるようにすれば、成績が上がると思います。他にも、家族や受験仲間にも教えてもらいました。
      ②復習テストを大事にすること
      ・単元ごとの復テでベストに入るということを繰り返すことで、成績が上がると思います。
       皆さんも合格をめざして頑張ってください。

  • ~自信をつけるために~
    • ~自信をつけるために~
    • A.M. さん

    • 帝塚山学院泉ヶ丘中学校合格
      清風南海中学校合格

    •  私が自分に自信を持つことができたのは、自分を変えることができたからだと思います。
       5年生になり、コロナ禍で授業がWebになったことでサボり癖がついてしまいました。そのせいでやる気がなくなっていき、成績も下がっていきました。そして、SクラスからHクラスに落ちてしまいました。その次のクラス替えでSクラスに上がることはできましたが、やる気をすぐには取り戻せませんでした。そのまま時間はどんどん過ぎていき、6年生になってもまったくやる気が出ませんでした。
       6年生の夏ごろからこのままではいけないと思い、苦手だった算数と社会を先生に相談をして、テストの直しや過去問の回答を見てもらいました。先生が熱心に教えてくれたため、見てもらっていくにつれてだんだんやる気が出てきました。そして、苦手科目だった算数と社会を得意科目に変えることができて、成績も次第に上がっていきました。成績が上がったことによって自信がつきました。
       やる気を取り戻すことができ、自信がついたことによって、第一志望校の帝塚山学院泉ヶ丘中学校に合格することができ、目標としていた清風南海中学校も合格することができました。
       入試に臨むことで一番重要なことはやる気と自信だと思います。なぜなら、やる気が出ないまま中学受験に臨むと失敗すると思うからです。
       私自身、やる気が出ないまま受験に臨んでいたとしたら帝塚山学院泉ヶ丘中学校の一番上のコースと清風南海中学校に合格することができなかったと思います。
       自信がついたことによって本番も緊張することなく、リラックスして試験に臨むことができたのだと思います。
       自信をつけるための一番いい方法は問題をたくさん解いて経験を積むことだと思います。たくさん経験を積んだからこそ、「志望校合格」という人生の中で貴重な経験ができたのだと思います。
       ここまで支えてくれた浜学園の先生方、お世話係の方、両親本当にありがとうございました。

  • 6年生の1年間
    • 6年生の1年間
    • K.K. くん

    • 清風南海中学校合格
      明星中学校合格
      清教学園中学校合格
      北嶺中学校合格

    • (春)僕たちの年はいつもとは違う年でした。新型コロナウィルスが流行し、塾の授業がすべてWebで行われていたからです。友だちに会いたいなと思いながら勉強していました。特に5年生の算数を総復習しました。

      (夏)夏休みが短くなったので、学校の後に夏期講習やマスターコースの授業を受けて、合間に宿題や復習をするしんどい日々でした。夏休みは学校の代わりに午前特訓があり、地獄でした。勉強しすぎて初めて頭がショートしました。でも、夏休みに頑張れば成績は伸びます。

      (秋)春夏の成果が出て、男子最難関コースへ移りました。日曜志望校別特訓も本格的になり、過去問もやり始め、宿題も増えて忙しくなりました。その頃に星光中入試練習を初めて受けました。結果は合格!とてもうれしかったです。合格した人は油断せず、不合格の人は次に向けてがんばりましょう。

      (入試直前特訓)入試直前特訓が始まり、宿題もテストも多く、緊張感も高まります。残り時間が少なくなる焦りと、やるべきことがどんどんたまり、体も気持ちもとても辛かったです。でも、友だちがいてくれたおかげで毎日楽しく塾に通えました。

      (入試本番)大阪星光の入試はとても緊張しました。2日目の清風南海A入試は前日の合否結果が気になってテストに集中できませんでした。そのため、不合格が続いてしまいました。しかし、自分で不合格の原因を考え、先生方に励ましの電話をもらって、B入試で全力を出し切ることができました。結果はスーパー特進コースで合格でした。

      (最後に)受験生の人は心を強く持って、体に気を付けて試験に挑んでください。そして、浜学園の先生、なかもず教室のみなさん、お世話になりありがとうございました。

  • 受験には心のゆとりが必要!!
    • 受験には心のゆとりが必要!!
    • N.A. くん

    • 西大和学園中学校合格
      東大寺学園中学校合格
      清風南海中学校合格
      帝塚山中学校合格
      愛光中学校合格

    •  僕は小4から浜学園の土曜マスターコースに通いはじめました。このころは復習テストを理科のみにし、気軽に通っていました。ピアノも毎日弾き、とてものんびりしていました。小5の春のピアノの発表会の後、なかもず教室のマスターコースに移りました。初めはSクラスでしたが、そこにいた学校の友達に「お前かしこいやん」と言われ、「ん?」と思っていたら、いつの間にかVSVクラスにいました。Vクラスは最下位あたりをうろうろしていました。6年生の夏まではピアノも続けていました。日曜志望校別特訓が始まってからは急に受験が近いような気がして、気がつけば12月になり、入試直前特訓も始まっていました。ついに受験が来ました。

      (愛光入試)初受験なのにもかかわらず、ピアノのコンクールでメンタルが強くなっていたおかげか、あまり緊張せずに受験できました。

      (星光入試)愛光の結果を知らないまま受けました。緊張していないのに国語の文章が頭に入って来なくて少し不安でした。

      (帝塚山入試)簡単だったので安心して解けました。これで自信がついたと思います。

      (清風南海)英検準2級の資格を取得していたので、SG入試で受けました。テストの内容も難しくなく、安心してできました。

      (西大和入試)国語がなんとなくできたような気がして、意外と緊張せずに受けることができました。入試の後、星光不合格と帝塚山合格と愛光合格を聞きました。僕は、第一志望の星光に不合格で残念でしたが、2勝1敗だと自分を勇気づけて次の日の受験に臨みました。

      (東大寺入試)12月に受験を決めたので初めて東大寺に行きました。僕の担任の先生が「星光は残念やったけどむしろ僕はこの学校に行ってほしいからがんばり」と肩をたたいて力づけてくれました。ちょうど試験問題との相性がよく、手ごたえを感じました。試験終了後、西大和と清風南海の合格を聞きました。僕は早速、西大和進学を決めました。2日後、東大寺合格を聞きました。

      (まとめ)やはり、心の余裕を持って受験すればいいと思いました。今まで僕を支えてくれた先生、事務員さん、家族、友達、ありがとうございました。

  • 夢に向かって
    • 夢に向かって
    • T.Y. くん

    • 灘中学校合格
      東大寺学園中学校合格
      西大和学園中学校合格
      愛光中学校合格

    •  僕が浜学園に入塾した小3の2月は、少年野球チームに所属していたので、勉強より野球を優先させていました。そのため公開学力テストでは、400番台から800番台だったり、試合の時はテストを休んだりしていました。

       そんな僕が灘中学校に行きたいと思うようになったのは、野球部のグラウンドが人工芝だと知ったからです。

       でも5年生になっても成績は上がらず、野球の試合が増えてきたので、考えた結果、野球を一旦辞めて中学受験に専念することにしました。

       5年生の2月に受けた灘中オープンで初めてA判定が取れ、灘合の資格が貰えましたが、残念ながらコロナ禍で授業がWebになってしまいました。

       コロナ禍で学校も塾も休みの間は、ひたすら理科の暗記分野を覚え、そのおかげで公開学力テストでも理科が得点源になり、3科で100傑に入るようになりました。

       得意な算数は日曜志望校別特訓や夏期講習で0組に入ることを目標にし、算数だけは最後の入試直前特訓まで0組にいました。

       苦手な国語は、先生に過去問や模試等の添削をお願いしていました。

       夏の成績が良く、浮かれてしまったのか秋は成績が下がり、入試練習にも落ち、何度も志望校を変えようと思いましたが、アドバイザーの先生にも応援してもらい、最後まで頑張ることにしました。

       夏頃のような成績には戻らなかったけれど、お正月の灘中プレで23番だったので、これなら本番で勝負できる、と強い気持ちで入試当日を迎えました。

       灘中学校に合格できたのは、応援してくれた家族、いつも相談にのっていただいたアドバイザーの先生やお世話係さん、模試や過去問等の答案を細かく添削してくださった国語の先生、様々な人達のおかげです。

      何事も諦めることなく、周りの人達への感謝の気持ちを忘れず、憧れの人工芝で野球をしたいと思います。

  • 合格までの道のり
    • 合格までの道のり
    • 三島 蓮 くん

    • 清風南海中学校合格
      清風中学校合格

    •  僕は4年生から浜学園へ通いました。Sクラスからのスタートで、慣れるのに時間がかかりましたが、5年生でVSVに上がりました。Vクラスの宿題は難しく、量も多く、宿題をするだけで毎日が過ぎていきました。復習をする時間が取れなくなり、6年生ではVSSになってしまいました。2月に日曜錬成特訓、7月に日曜志望校別特訓が始まり大変でしたが、忘れかけていた基礎を復習出来て、とても良い時間になったと思います。そして、一番きつかったのが夏期講習です。最難関コースを選んだのですが、思っていた以上に難しく、特に算数の復習テストは、あまり良い点が取れませんでした。そこで9月からは、なかもず教室の清風南海コースで受講しました。夏から公開学力テストの算数の勉強方法を先生に相談することにしたのですが、そこから成績が下がることはあまりなくなりました。過去問の算数も、直しをするべき問題を先生に教えて頂き、とても助かりました。国語も先生に相談して、どこの部分を抜き出して、どのように解けば良いのかということがよくわかりました。わからないところは、先生に聞くのが一番だと思いました。理科は、過去問で間違えた分野をマスターコースのテキストで勉強し直しました。社会は、覚えるまで何度も繰り返しました。この時期は、することが多いですが、テスト返却直後が無理だとしても、優先順位をつけて直しをするのが良いと思います。入試直前特訓の頃は、新しいことをあまりせず、宿題と過去問で間違えたところの確認をしました。1日目の清風中は出来た感じがしたので、2日目の清風南海中はあまり緊張しませんでした。出来ないところがあっても、先生が「難しければ、皆も出来ないから」と言って下さったので、あまり気にせず次の教科を受けることが出来ました。その2つが僕の強みになり、合否判定学力テストで一度もA判定をもらうことが出来なかった清風南海中のスーパー特進に合格しました。浜学園の先生方、なかもず教室の方々、本当にありがとうございました。

  • 努力することが大切
    • 努力することが大切
    • S.Y. さん

    • 清風南海中学校合格
      四天王寺中学校合格

    •  私は、とにかく苦手なところをなくせるように勉強していました。テストの見直しをして、自分の苦手を見つけたり、先生にどこを大切にして解けばいいかを聞いたりしていました。また、自分は3科だったので、ノートを3冊買ってきて、先生が重要なことを言っていたらノートに書いたり、過去問でまちがえたところを書いたりしていました。その努力が報われたのか、当日の入試で自分が見直していたところがちょうど出て、しっかり解くことができました。

       あとは、暗記するものは見るだけでは絶対覚えられません。だから、何度も何度も書いたり、言ったりして覚えることが大切だと思います。私は、5分や10分などのすき間の時間にがんばって覚えていました。覚える時は、「なんで覚えられないんだろう」といやになる時もあります。だけど、覚えられた時の達成感がうれしいし、何より忘れないと思います。また、ふせんをはったりするのもいいと思います。私もどこがまちがって、どこが合っていたのかと、わからなくなってしまった時がありました。だから、はっきりわかるように残しておいた方が探している時間も勉強することができるので、効率的だと思います。あと、4年生や5年生のころの教科書があるなら、見直しておくのもいいと思います。4年生や5年生は6年生の授業と比べて、わけて授業をしているので、基礎を思い出すことができていいと思います。私は、応用問題などの難しいレベルの問題は得意な単元しかあまりやっていませんでした。基礎をとれていれば、清風南海も四天王寺も受かることができました。無理に難しいものからするのではなく、少しずつでいいから易しいものから難しいものをやっていけばいいと思います。

       最後に、私はこのように勉強して、入試ではあせらず、落ち着いて自分の実力を発揮したら、清風南海と四天王寺の上のコースに合格することができました。

       

  • 苦しみの先の幸せ
    • 苦しみの先の幸せ
    • M.M. くん

    • 開明中学校合格

    •  6年生の春、ぼくは、気持ちを切りかえて、がんばろうと思っていた。復習テストなら毎回ベストに入ろうとこころがけていた。最初のうちはベストばかり載っていた。しかし、ちょっとずつつかれはじめ、一回ベストに載らなくなると、次も、また次もとベストに載らなくなっていった。その後むかえた春期講習は、だいぶしんどかったが、まだ心身ともに余裕はあった。

       そして、夏がきた。夏は、朝の9時半から12時半までずっと自習をする早朝特訓というのがあった。そこでは、自習ができ、「質問カード」というカードにページ番号などを書いて出せばわからないところを先生たちが教えてくれるし、みんなが集中している中での勉強なので、家で勉強するより集中してとりかかることができた。そして、12時半から1時までごはん休憩だった。食べ終わると、みんなが夏期講習の復習テストに向けての見直しや、マスターコースや日曜志望校別特訓の勉強をしていた。ぼくは、マスターコースの学習に力をいれすぎてしまったので、夏が終わった時にまんべんなくやればよかったなと後悔した。

       そして勉強しつづけて、冬がきた。6年の冬は入試直前特訓で毎日浜学園にいっていた。しかも朝から夕方までずっと自習や授業だった。家で勉強している時は、○○時間やったら、10分休憩しよう、その休憩の間には開明中のパンフレットなどを読み、この学校にいってこんなことをしよう、あんなことをしようとイメージし、やる気をだしていた。このようなことも、モチベーションを上げる一つの方法として頭に入れておいてもいいでしょう。受験生の皆さんはこれからしんどいかもしれませんが、がんばってください。その先には楽しいことばかりが待っています。

  • 偏差値49からの大逆転と6連勝
    • 偏差値49からの大逆転と6連勝
    • 森本 将生 くん

    • 西大和学園中学校合格
      大阪星光学院中学校合格
      清風南海中学校合格
      清風中学校合格
      愛光中学校合格
      北嶺中学校合格

    • (はじめに)僕も以前、合格体験記を読み、勉強法をまねて第一志望の西大和学園中学校に合格できました!事実ですので、皆さんの役に立てたらと思います。

      (小5春)以前の教室長のすすめで、入塾。第一志望西大和でHクラススタート。最高レベル特訓算数の資格を取る事が目標でした。

      (小5夏)Sクラスに上がり、社会と最高レベル特訓算数も開始。ベストを取ると、文房具を買ってもらえる事で頑張りました。

      (小5秋)偏差値は50を下回る事もありましたが、面談指導を受けて苦手は作らないようにしました。

      (小5冬)国語記述力錬成テストで名前が載り、国語のやる気が上がりました。

      (小6春)所属教室で一番遠くから通塾していたので、電車では暗記グッズで友達と対決。マスターコースはVSS、Mレベル特訓算数も楽しく受け、帰りの車中は復習と宿題。秋からの星光東大寺コースに入る事を目標に、母と公開学力テスト対策をしました。

      (小6夏)過去最高の勉強量からか、食欲が無く、集中力が切れ、受験やめようかなと母に言いました。「後悔しないならやめていいけど、浜学園で頑張ったら合格できるはず」と言われ、西大和学園中学校の写真を見て夢を叶えようと思いました。

      (小6秋)VSSから単独Sに落ちショックでしたが、念願の日曜志望校別特訓、星光東大寺コースが始まりました。

      (小6冬)先生に西大和は2組に入らないと厳しいぞ、と言われやる気の火が着きましたが、合格可能性判定書はC。過去問も合格点に遠く、元旦の星光中プレ入試も不合格でしたが、間違い直しを何度も完璧にしました。

      (当日)前受け2校合格で自信がつきました。おやすみコールも安心でき、ミニ講義も感動して、全力を出せました。

      (結果)合格の連続でした。想像以上に嬉しかったです。

      (最後に)日曜志望校別特訓とプレミアムブックは大切です。こまめに暗記や復習をする事をオススメします。あきらめなくてよかったです。先生、友達、僕の合格、驚きましたか?本当にありがとうございました!

       

  • わたしの選択
    • わたしの選択
    • Y.T. さん

    • 帝塚山学院泉ヶ丘中学校合格
      清風南海中学校合格

    • (志望校選択について) 
      私が志望校を選ぶ上で大切にしたことは勉強だけでなくクラブや行事などを楽しんで6年間通える学校かということでした。何校かのオープンスクールに行きましたが、その中で帝塚山学院泉ヶ丘は自分がこの学校に通っている姿を一番イメージできた学校でした。だからといってすぐに第一志望校を決めたわけではなく、お世話係の方や先生方に相談にのってもらい、LコースからRDコースに変更し、チャレンジ校として清風南海という目標を捨てずに帝塚山学院泉ヶ丘を目指すことを決めました。そこからの勉強は早く志望校を受けたいという気持ちが強くなり試験日が来るのが楽しみになりました。
      (当日の試験について) 
      1日目に受けた帝塚山学院泉ヶ丘の試験は11年分の過去問をしたにもかかわらず難しかったので少しパニックになりましたが、得意な国語は自信があったので諦めずやり切りました。2日目に受けた清風南海では友達が沢山いたのでリラックスして受けることができました。テストは意外にも自分に合った問題が出て1日目よりも手応えがありました。
      結果は両方とも上のコースで合格することが出来ました。目標を早い段階で決められた事が合格につながったのだと思います。
      最後まで支えてくれた事務員さん、先生方、いつも相談にのってくれた両親、本当にありがとうございました。

  • 千里の道も一歩から!
    • 千里の道も一歩から!
    • A.N. さん

    • 清風南海中学校合格
      清教学園中学校合格
      岡山中学校合格

    • 私が受験を通して学んだことは、努力をすると色々な形で必ず自分が成長できるということです。私は3年生の2月から新4年生として浜学園に通いました。私の最初のクラスはHクラスで、復習テストでは全然クラスの平均点をこえることができず、授業のスピードにもついていけなくてとても不安でした。さらに、公開学力テストでも偏差値が50をこえることすら難しく、家でテストの復習をしても全くわからないので泣くこともたくさんありました。そこで、私はまず基本的な問題を父と一緒に復習し、しっかりと理解してから宿題をすることにしました。すると、復習テストでベストにのれる時が増え、6月にはSクラスに上がることができました。Sクラスでは、友達もでき、浜学園に通うのがだんだん楽しくなってきました。基本をメインにして宿題をしていたので、公開学力テストではあまり良い成績は残せませんでしたが、復習テストでベストにのれていたのでクラスでの成績も真ん中くらいでした。新5年生になると、さらに友達と仲良くなりました。わからない問題は先生や友達に聞き、1つ1つの問題を確実にしていきました。解くスピードは遅い方でしたが、基本の問題はしっかりと解けるようになり、公開学力テストでも偏差値が60をこえることがありました。そして、新6年生になりました。6年生の初めは受験が急に近づいてきたようで、本番で結果を残せるか不安でしたが、問題を解くたびにだんだん自信がついていきました。受験まであと1か月になると、私が苦手だった算数の図形や立体の問題についてアドバイザーの先生に解き方を見てもらい、問題に慣れていきました。また、過去問の解き直しノートを作り、国・算・理・社のそれぞれの先生に解き方などをたくさん指導してもらいました。そのおかげで、受験本番はどの学校もあまり緊張せず、落ちついて問題を解くことができました。そして、受験した学校すべてに合格することができました。今までの私の努力が結果としてあらわれ、本当にうれしかったです。受験生のみなさんも、結果は後からついてくるので全力でがんばってください!

  • 最後まであきらめない
    • 最後まであきらめない
    • Y.G. さん

    • 四天王寺中学校合格
      清風南海中学校合格
      帝塚山学院泉ヶ丘中学校合格

    •  私は、5年生の3月から浜学園に入りました。最初は宿題の量も多く大変でしたが、授業がおもしろかったので塾に行くのが楽しみでした。算数が好きだったので5年生の時は最高レベル特訓に行っていました。
       6年生になってトップレベル特訓算数をとりましたが、日曜志望校別特訓がはじまるので6月でやめました。そのころはまだ志望校ははっきり定まっておらず、6年生の9月で四天王寺中学校に決めました。
      しかし、当時は理科がすごく苦手で公開学力テストの偏差値が50台にのることはほぼありませんでした。そこから、理科の5年生のテキストをやり直したり、暗記テキストをするようにしました。それでも公開学力テストの偏差値には結びつかず、何度も投げだしたくなりました。5年生のテキストが終わると6年生で使った、サイエンスとファイナルアプローチをしました。この理科のテキストをやり終わる前と後では自分でも分かるぐらい理科が苦手という意識は減っていました。正直、苦手な理科に時間をたくさん費やすことは苦痛でしたが、あきらめずにやって良かったと思います。
       11月頃、公開学力テストの偏差値も上がらず、合否判定学力テストもいい結果が出ず各教科の先生に面談してもらいました。先生は私の性格などもわかってくれていてとても的確なアドバイスをしてもらいました。そこからは先生の言葉を信じて勉強しました。試験の前日や当日も先生が緊張しないように話しかけてくれてとても安心しました。そのおかげで試験も落ち着いて受けることができました。私が合格できたのは、5年生からずっと見てくれていた先生方、そして、勉強しやすい環境を作ってくれた家族のおかげだと思います。
       これから受験されるみなさんも浜学園の先生方を信じて、自分を信じて、最後まであきらめない気持ちをもってがんばってください。

  • 受験のストレス
    • 受験のストレス
    • K.O. くん

    • 帝塚山中学校合格

    •  ぼくは帝塚山中学校に合格しました。ぼくは第一志望校には落ちてしまいました。しかし、平常心のまま次の中学校を受験して合格できました。それは日ごろからさまざまなストレスに対処していたからだと考えています。受験勉強をしているときにストレスが出るのは仕方ありません。それはまわりの人も一緒だから心配する必要もありません。しかしそのストレスをそのままにしているとだんだんと大きくなっていきます。このストレスが大きくなる前にくいとめなければなりません。とくに入試直前特訓や自習室では空気がとてもピリピリしているので、いつもよりたくさんのストレスがたまってしまいます。そこでオススメしたいのが家での過ごし方を少しだけ変えてみることです。例えば自分が集中する時間と休憩する時間をはっきりさせるなどです。テレビやゲームは受験中もOKなのではないかとぼくは考えます。あと自分自身に対して不用意な心配をかけないことが大切だと思います。成績ばかりを気にしすぎることも良くないと思います。成績はあくまでも学力を判断するものなのであって自分をしめつけるものではありません。努力はうらぎらないという言葉がありますが、ときにはうらぎるときもあります。実際にぼくも二回ほどそんな目に合っています。ストレスはたまると思いますが何とかふり切ってほしいです。最後になりますが入試直前特訓になるといつも以上に先生たちもやる気を出して待ってくれています。何でこんなことで怒るんだよ!と思いたくなるかもしれませんがそれはみんな同じです。でもおもしろい先生もたくさんいるので楽しみながら授業を受けてください。入試当日はストレスがないようにして下さい。入試が終わればパラダイスなので最後まで全力を出しきって下さい。そして胸を張って入学する学校の校門をくぐって下さい。

  • 合格から学んだこと
    • 合格から学んだこと
    • M.K. さん

    • 清風南海中学校合格
      四天王寺中学校合格
      清教学園中学校合格
      大谷中学校合格

    • (はじめに) 私は、全ての志望校に合格することができました。しかし、入試中は嬉しいことばかりではありませんでした。
      (1 日 目) 四天王寺中学校を受けました。ちょっとしたハプニングもありましたが、ミニ講義などで落ち着き、あまり緊張せずに取り組めました。
      (2 日 目) 午前中は清風南海中学校A入試です。過去問は6年分全てこなし、各教科の先生方にしっかり見て頂きました。なので、大丈夫と自分に言いきかせました。しかし、気づかぬうちに緊張していたようです。午後は大谷中学校を受けました。
      (3 日 目) 清教学園中学校を受けました。プレテストの時より難しくなっているなと思いました。そして午後からは次々と合否結果が出ました。四天王寺中と大谷中は合格でしたが、
      第一志望の清風南海中が不合格だったのにはショックでした。私はものすごく泣きました。だけど、いつまでも落ちこんでいても無駄だ!と思い、清風南海特訓のときの教材の平面図形をやり始めました。問題はけっこう正解できたので自信がつきました。寝る前には心配したお世話係さんから電話がかかってきたので落ち着けました。夜に出た
      清教の結果は合格で、翌日に向けて前向きになれました。
      (4 日 目) 清風南海中学校B入試です。併願校は合格したと思うと、少しは安心して受けることができました。ミニ講義があったり、先生方にも声をかけて頂いたりして気持ちがたかまったのか、奇跡的に苦手な算数に手応えがありました。結果、無事合格することができました。嬉しさのあまり泣いてしまいましたが、とても気持ちよく終われたので、今までにないぐらい幸せな気持ちになりました。
      (おわりに) 私は入試で2つのことを学びました。1つは緊張しないように心がけることです。緊張すると全力を出し切れません。もう1つは、諦めないことです。まだチャンスがあるのなら、全力でいどむべきです。今後、受験をする方たちは、絶対に最後の最後まで諦めないで下さい!

  • 周りを意識しすぎず一歩前へ
    • 周りを意識しすぎず一歩前へ
    • M.U. さん

    • 清風南海中学校合格
      四天王寺中学校合格

    •  私は、4年生から堺東の浜学園で授業を受けました。Sクラスからの出発でした。今思えば、ほんの少しの宿題の量でしたが、当時は毎日がいっぱいいっぱいでした。国語の授業は楽しかったですし、暗記が得意だったので理科の成績も良かったのですが、算数はいつも時間が足りず、なかなか復習テストでは点数がとれませんでした。その原因は、式を丁寧に書きすぎているからだと言われていましたが、学校でくせづけられていることもあり、なかなか直りませんでした。5年生から算数の最レをとりましたが、授業のスピードにはついていけず、復習テストも平均以下が続きました。そこから、最レは父にみてもらうことになり、成績も徐々に上がりました。冬にはVクラスに上がり、なかもず教室に行くことにしました。人数も増え、得意な国語も気を抜くと点数が悪い時もありましたが、周りのことばかりを考えず、やり直しだけを確実に続けることを意識しました。理科の得意分野と不得意分野の差が激しく、公開学力テストでも不安定な成績で足を引っぱることがあったので、公開学力テストのやり直しを先生にみてもらうことにしました。理科はその後も過去問や指摘された単元を復習し、提出し続けました。細かいアドバイスとわかりやすい解説をいつも書いて下さり、そのノートは、受験直前に見る自分だけの参考書になりました。おかげで理科も得意科目に加わりました。問題は算数でした。数の性質と場合の数が最後まで苦手で、何度も何度もマスターコースのテキストを復習しました。過去問は、全科目慣れるまで点数がとれず、あせりましたが、先生に「みんなそうだよ」と言われ、ひたすら出題の特徴を頭にたたきこみました。第一志望、清風南海の算数は不安だったのでは15年分やり、本番も緊張せず、力を発揮できました。合否判定学力テストでは、これまで全て清風南海も四天王寺もA判定でしたが、実際のテストでは同じようにはいきません。やはり過去問を何度もくり返す事が大切です。計算テキストのまちがえた問題はやり直すことをおすすめします。どの先生も質問すると丁寧に教えて下さるのでどんどんわからない事はその都度解決して、ためないで下さいね!

  • 友達付き合いはほどほどに
    • 友達付き合いはほどほどに
    • 堀野 葵生 さん

    • 神戸女学院中学部合格
      帝塚山中学校合格
      清風南海中学校合格
      奈良学園中学校合格
      愛光中学校合格

    •  「あの時こうしていればよかった」今でも時々思うことがあります。私は3年生から浜学園に入塾しました。そして、それからずっと教室内の最高クラスをとり続けていました。
       私の一度目の失敗は、5年生の6月頃のことです。5年生のはじめに教室内トップの成績を取った私は、調子にのりさぼるようになりました。すると、見事にそれは成績に現れ、私は7月の終わりのクラス替えで、最高クラスから落ちてしまいました。私はプライドが傷ついて、さぼったことを悔やみ、さぼらないことを心に誓いました。すぐに戻ることはできましたが、私はおなじ失敗を繰り返し、6年生のはじめのクラス替えでまたクラスが落ちてしまいました。上のクラスの友達と席が離れたため、なかなか話すことができずに寂しく思っていた時、私は2人の友達と出会い仲良くなりました。その2人との付き合いは今までとは違い、親密な付き合いでした。塾以外の時間も共に過ごすようになり、とても楽しかったです。でも、それがいけなくて私は勉強を放り出して遊ぶことに夢中になりました。皮肉なことに、次のクラス替えで友達と共にクラスが上がってしまった私は、ますますさぼるようになりました。次のクラス替えで落ちてしまった後も私は友達と楽しく過ごすことを選び続けました。トップレベル特訓などでも広げていた友達付き合いは、気がついて焦った時にはもうやめられないようになっていました。そして私はそのまま本格的な受験勉強に入っていくことになります。幸い成績が元に戻っていた時に入試を受けたので、第一志望校に合格することができましたが、「もしも調子が悪いままであれば」と思うと、ヒヤリとします。私が皆さんに伝えたいのは友達付き合いを優先しすぎないことです。楽しかったですが、心のどこかでいつも不安を感じながら過ごさなければいけませんでしたし、一度始めるとやめられないので、面倒なトラブルに巻き込まれることもあります。先生にも迷惑をかけますし、たくさんしかられます。皆さんには、塾は遊ぶ場所ではないということをしっかりわきまえて、授業や宿題に取り組んで欲しいなと思います。そして是非とも合格を勝ち取ってください。この合格体験記が少しでも皆さんの力になれるとうれしいです。
       最後に本気で叱ってくださった先生方、事務員さん、本当にありがとうございました。

  • 夢を現実に
    • 夢を現実に
    • A.O. さん

    • 神戸女学院中学部合格
      帝塚山中学校合格
      帝塚山学院泉ヶ丘中学校合格
      岡山中学校合格

    • (はじめに) 私は、第一志望校である神戸女学院中学部に合格することができました。この合格は、逆転合格といって良いと思います。私の体験が勇気づけになればうれしいです。
      (4 年 生) ぎりぎりの成績で入塾し、最初はHの中でも下の方の成績でした。宿題もテストも苦しみましたが、復習を中心にがんばると少しずつ点数も上がり、秋ごろにはSに上がれました。
      (5 年 生) マスターコースはVSSの中で上位だったり下位だったりという1年で、Vには一度も上がれませんでした。しかし、1月の公開学力テストは、過去最高の偏差値で6年に向けて良い流れだと思っていました。算数に関しては、最高レベル特訓に通いましたが、後半はどんどん難しくなり、ついていけない状態でした。
      (6 年 生) 5年生の最後は良かったものの、2月、3月の公開学力テストの成績が下がり、VSSからSに落ちてしまいました。この時は、「絶対上がってやる」という気持ちでがんばり、2か月でVSSにもどることができました。しかしその後、友達と遊ぶことが楽しくなり、勉強をしているつもりでも成績は下がっていくばかりでした。合否判定学力テストも良くてC判定でした。実はこのころ、逆転合格を軽く見ていました。過去に秋以降に成績を上げて合格した人の話を聞き、「こんな偏差値の人が合格するなら、私も合格できるかも」と思っていました。しかし、どれだけ努力をしても、成績は上がらず、7月~11月の公開学力テストはVSSから落ちたときよりも悪いほどでした。この時は本気で志望校変更を考えました。しかし、私は、神戸女学院がとても好きで、他の学校には正直行きたいと思えなかったので、本当に死ぬ気でがんばりました。すると、12月の公開学力テストでは少し偏差値が上向きになりました。そして本番、神戸女学院中学部の合格を手にすることができたのです。
      (勉強方法) 6年生の後半、先生に質問をしたり公開学力テストのやり直しを見てもらったり、特に苦手だった社会は先生に重点的に勉強する内容を指導してもらって、小問を数多く解いたりしていました。私は朝が弱かったので、主に夜に勉強していましたが、ラスト1週間は本番に合わせて朝早く起きて勉強するようにしました。
      (最 後 に) 私を合格に導いて下さったみなさん、本当にありがとうございました。後に続く受験生には、志望校は、最後まであきらめないでほしいと思います。

  • 浜学園でよかった
    • 浜学園でよかった
    • 松尾 歩佳 さん

    • 清風南海中学校合格

    •  低学年の頃は、浜学園の最レ算数だけ受講していました。高学年になって真剣にどこの塾にするか悩んだとき、塾生が多い方が自分の位置を確認しやすいし、勉強法も合っていると思い、このまま浜学園で教えてもらうことに決めました。
       6年生の夏前に、宿題の仕方が良くなかったのかVSVからVSS、Sと立て続けにクラスが落ちてしまいました。VSSに落ちたときは、すぐVSVに戻れると簡単に思っていただけに、逆にSに落ちたときは、本当にショックでした。でもこの事が自分のスイッチが入るきっかけになったと思います。
       「このままではダメだ」と、夏休み中、夏期講習、日曜志望校別特訓、通常のマスターコースと必死にがんばりました。マスターコースSクラスでの2か月間は、本当に苦痛で長く感じられました。そのときに支えてくれたのは、それまで教えてくれていた先生方やお世話係さんでした。「Sクラスでも難しい問題は解いておくこと!」「絶対にVSVに戻ってきてね!」その言葉が励みになり、公開学力テストのやり直しは欠かさず提出するようにしました。
       秋以降、日曜志望校別特訓が本格的に始まると、本当に行きたい学校に向けて頑張らないといけません。清風南海中学校を見に行って、この学校に行きたいとはっきり思ってからは、先生の勧めですぐに志望校別特訓のコースを変更し、ラストスパートをかけ続けました。ぐんぐん成績が上がっていき、いつの間にかマスターコースもVSVに上がっていました。
       そして、念願の清風南海中学校スーパー特進クラスに合格することが出来ました。当日は自信がなかったので、本当にうれしかったです。
       最後に、四天王寺・清風南海コースの先生方、過去問・復習を指導して下さった先生方、応援して下さったお世話係さん、そして指導とともに直接叱咤激励して下さったアドバイザーの先生、いつもそばにいてくれたお母さん、支えて下さり本当にありがとうございました。

  • 私からの一言
    • 私からの一言
    • F.N. さん

    • 大阪教育大学附属天王寺中学校合格
      清風南海中学校合格
      大谷中学校合格
      清教学園中学校合格

    •  私の体験が、一人でも多くの方の参考になればと思い、これを書きます。
       「私は、緊張していて入試当日のことはほとんど覚えていませんが…」
       決起集会の時に卒業生の方の多くの人がこう言っていました。これを聞いて、私は緊張してしまうといつも通りの実力が出なくなるので、無事に良い結果が出せるか心配していました。
       入試当日は朝から第一志望の中学校を受けに行きました。第一志望ということもあり電車の中ではとても緊張していました。しかし、中学校に着き、席に座るとだんだん落ち着いてきて、テストもいつも通りできました。1次は合格することができ、2次を受けました。その時もなぜか全く緊張せずにテストが終わりました。そして、無事に合格できたのです。
       私がいつもの「私」としてテストを受けることができたのは、浜学園のおかげだと思います。テストを受けた教室の中に、同じ浜学園で対策講座も一緒に受けていた子たちが何人かいて、安心できたことが一つの理由です。もう一つは、マスターコース・日曜志望校別特訓・入試直前特訓などの毎回のテストや公開学力テスト、合否判定学力テストなどで「テストを受ける」ということに慣れていたことです。他にも理由があるのかもしれませんが、私はこのことのおかげで中学試験という場でも普段のテストと同じような感覚ですることができたのだと感じています。
       私が合格できたのは、当日緊張しなかったから、と言っても過言ではないと思います。しかし、もし当日、緊張していない場合でも、「算数などでちょっとしたミスをしないこと」。それが私から言えるアドバイスです。

  • 浜学園で学んだ一年間
    • 浜学園で学んだ一年間
    • 渡邉 彩美 さん

    • 同志社香里中学校合格
      帝塚山泉ヶ丘中学校合格

    • (はじめに) 私は、6年生から浜学園に通い、一年間で志望校に合格する事が出来ました。その一年間の事をまとめていきたいと思います。
      (2月~3月) 友達にさそわれ、入塾しました。初めは緊張しましたが、先生達もとても優しく、友達もでき、楽しく通いました。
      (春期講習) 塾にいる時間が長くなり、宿題も増え、大変でしたが、楽しかったです。
      (5月~7月) 私の学校は、6月に体育大会があるので両立が大変でしたが、何とか乗り切りました。日曜志望校別特訓も始まり、本格的に勉強し始めました。
      (夏期講習) 最も恐れていた夏期講習がやって来ました。マスターコースと日曜志望校別特訓もあったので、疲れましたが計画を立ててやれば絶対にやりとげる事が出来ます。早朝特訓で宿題を済ませました。
      (9月~11月) いよいよ入試が近づいてきたことを実感し、ひたすら勉強しました。志望校も決まってきました。
      (直前特訓) 朝から夜まで塾で勉強し、ストレスが溜まりそうになりましたが、頑張れば合格できると思い、一分一秒無駄にせず、前日には、暗記分野を特訓しました。そして入試当日、今までの力を信じていどんだ結果、合格することができました。
      (最 後 に) 私が一年で合格できたのは先生達のおかげです。ありがとうございました。

  • 諦めずに!!
    • 諦めずに!!
    • 庄田 深紅 さん

    • 帝塚山学院泉ヶ丘中学校合格

    •  私は、受験勉強において、今すごく後悔しています。なぜなら、苦手な算数と理科を放置して、得意な国語と社会の勉強を優先してきたからです。そのせいで、国語と社会の偏差値は伸びていき安定するようになりましたが、算数と理科の偏差値は下がるばかりでした。そこで、苦手科目を克服しようと、算数と理科の勉強を優先していきました。しかし、宿題を3回ぐらいして、テストの直しもこなしているのになかなか成果が出ず、挫折してしまいました。以後、特に算数に関することは、あまり聞く耳を持たずに過ごす日々になってしまいました。算数も理科も勉強したって無駄だと思っていたからです。今では、すごくバカなことをしたと反省しています。あの時、もし諦めていなければ、第一志望校の四天王寺中学校に合格するのも夢じゃなかったんだろうかと思うと、とてもいたたまれない気持ちになります。先生方は、私が合格する可能性を信じてくれていて、応援してくれていたんだと思うとすごく情けないです。中学受験はやり直すことができないので、本当に悔やみきれません。大学受験では悔いが残らないよう、中学受験で学んだことを生かして、諦めずに頑張りたいと思います。しつこいようですが、中学受験は人生で一度きりです。とり返しはつきません。これをもし、受験生が読んで、少しでも役に立てればうれしいです。どうせ中学受験をするなら、不合格より、頑張ってつかみとった合格のほうがいいのはあたりまえです。勉強を諦めずに頑張って、先生方のおっしゃることをよく聞いて、合格をつかみとって下さいね!!

  • 夢を努力で現実に!
    • 夢を努力で現実に!
    • 山本 芽依 さん

    • 神戸女学院中学部合格
      帝塚山中学校合格
      清風南海中学校合格
      岡山中学校合格

    • (始 め に) 私は、今年第一志望校だった神戸女学院に合格することができました。この体験記がみなさんのお役に立てば幸いです。
      ( 小 5 ) 最レ算数と「神戸女学院への道」を受講し、最レはテストより問題の理解に努めました。今思えば最レが小6の算数の大切な土台でした。
      (小 6 春) Vクラスに上がり、復習テストで合格点以上がとれるように努力しました。特に算数のC問題は分からない所を先生に質問して理解し、Vクラスを維持しました。公開学力テストでは日曜志望校別特訓の資格が取れる成績を維持しましょう。3月には、「神戸女学院特訓理科」が始まりました。
      (小 6 夏) 6月に公開学力テストの成績が史上最悪となりSクラスに落ちました。9月からのコース別の日曜志望校別特訓の資格は偏差値57以上だったのであせりましたが、7月の公開学力テストでなんとか持ち直しました。夏期講習では、「サマーアタック」や「算数本」は早朝特訓を使って毎日解きました。宿題は自習時間と早朝特訓を使って家ではやらないようにしました。かなり大変ですが計画を立てて効率よく取り組みました。
      (小 6 秋) 9月からの日曜志望校別特訓はL神女コースになり担当の先生がついて下さいました。内容も難しくなり量が増えたため、宿題をする時により集中力が必要でした。理科の暗記や国語の語句は移動時間を使って覚えました。
      (小 6 冬) 入試直前特訓では午前・午後特訓のどちらも取り、宿題をそこで終わらせました。復習テストはベストに入れるようにしました。「社会の征服」は直前まで覚えました。
      ( 当 日 ) 社会の暗記を見直しました。試験中は緊張せず落ち着いて受けられました。結果、合格。
      (終わりに) 私は、合格できるまで支えて下さった先生方、事務員さん、そして家族や一緒にがんばってきた友達への感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございます。また、これから受験するみなさんもがんばって下さい。

  • たくさんの支え
    • たくさんの支え
    • 千代延 健太 くん

    • 北嶺中学校合格
      大阪星光学院中学校合格
      西大和学園中学校合格
      奈良学園中学校合格

    •  ぼくは、4年生の秋に別の塾から移って、浜学園に入塾しました。
       4年生の最初は、初めて会う友だちと一緒に授業を受けることに心配して、あまり集中できなかったのですが、じょじょに慣れることができました。4年生では、宿題のみをしっかりとこなしていました。
       5年生になって教科が1つ増え、宿題がとても多くなりました。最初は、机の前でうとうとしながらも、ギリギリこなしていましたが、次第にこなせなくなり、春期講習の時には、ほとんど勉強をしなくなっていました。また、Sクラスの他の3人においていかれることもありました。しかし、夏期講習の時の成績表で最下位であることに気付いた両親と国語の先生、事務員の方々に支えられ、最後には、ベストにたくさんのることができました。
       6年生になって、なかもず教室に移籍しました。最初のクラスはVクラスでした。最初のうちは、やるぞ!!という気持ちでたくさん勉強して、初めて、公開学力テスト4科で100位以内をとることができました。しかし、調子にのってしまい、成績が下がり続け、Sクラスに落ちてしまいました。Sクラスに落ちた時、お世話係の方と算数の先生に支えていただいたので、成績が下がるのを止めることができ、受験前まで持ってくることができました。特に受験直前にVクラスに戻ることができ、ベストを取り続けていたことが自信になりました。
       冬になり、受験シーズンをむかえました。ぼくの本命だった北嶺中学校受験前日にわざわざ、大好きな先生方が電話してくださったので、安心してテストを解くことができました。また、なかもず教室の友だちにも、はげまされたので、合格できました。本当にぼくは、たくさんの人に支えられたことをほこりに思います。
       いままで、支えてくださった先生方、事務員の方々、本当にありがとうございました。

  • 大逆転
    • 大逆転
    • 濱田 光輝 くん

    • 清風中学校合格
      岡山中学校合格

    •  ぼくは5年生の秋に浜学園にHクラスで入りました。最初の復習テストの点数が低くて落ちこみました。公開学力テストでも点数が低くてさらに落ちこみました。でも授業の内容もだんだんと分かってきて、復習テストの点数も上がりましたが、6年生になって授業が難しくなりました。そして、日曜錬成特訓や日曜志望校別特訓も受講したので、勉強する時間が多くなり大変でした。大変だったけれど、わからない問題は理解するまで質問しました。6年生の夏期講習は大変だったけど、今がんばらないといけないと思いとてもがんばりました。秋ぐらいになると、偏差値50以上をとれるようになってきました。9月のサクセスロードで清風の国際コースに興味を持ち第一志望校にしました。最後のクラス替えでSクラスに上がり、やる気がとてもでました。前受けに岡山中学を受けたことが、入試の雰囲気が分かりいい経験になりました。結果は合格で自信がつきました。過去問をやり始めた最初は、点数が低くて落ちこんだけど、傾向をつかみ点が上がり自信がつきました。入試前日におやすみコールを申し込みました。やる気がさらにでました。初日は清風を2回受けました。結果はどちらも一番上のコースでした。とてもうれしかったです。2日目は清風南海を受け、落ちてしまいました。とても悔しかったです。落ちた悔しさから「二度と落ちるもんか」と思いました。3日目も清風を受けて合格しました。4日目は本命だったので緊張しました。国語の時最初にあせってしまったけど、落ち着いて他の問題にとりくみました。そして算数、理科は先生の言われたことを思い出しながら解きました。落ち着いてできたので手ごたえはありました。結果は合格。とてもうれしかったです。浜学園の人は色々なサポートやアドバイスをしてくれます。なので分からないことや分からない問題はすぐにきいた方がいいです。

  • 後がよければすべてよし
    • 後がよければすべてよし
    • 福知 拓大 くん

    • 明星中学校合格
      帝塚山学院泉ヶ丘中学校合格
      香川誠陵中学校合格

    • (はじめに) ぼくは晴れて明星中学校に合格できました。この体験記がみなさんの役にたてたらうれしいです。
      ( 小 3 ) ぼくは兄の影響で入塾しました。このときは受験のことを考えずにただ塾にいっていたような感じでした。
      ( 小 4 ) ぼくの中ではとても調子がよい1年でした。とくに理科の点数がよく、たくさん
      100点を取りました。けれどもHのままでした。そのときもまだ受験のことはまだ頭にありませんでした。
      ( 小 5 ) 初めのころはあまり受験のことを考えていませんでした。しかし、少しずつ算数がむずかしくなってきて、受験という言葉もよく聞くようになってきてあせりがでてきました。このときに志望校をある程度決めていました。しかしそのときはまだ明星ではありませんでした。
      (小 6 春) そろそろ受験ということはしっかり考えていましたがなかなか成績がのびず、まわりのみんなから1人だけおいていかれたようでした。これではいけないと思い日曜錬成特訓など、できるかぎりのものをすべて受けました。このような日曜錬成特訓などのような講座をできるだけ受けるほうがよいと思います。
      (小 6 夏) 夏はとてもたいへんでした。朝9時半から夜9時までずっと塾でした。初めは死ぬーと思っていてもしだいに楽になり、たのしくなってきました。できるだけ休み時間は友だちとおしゃべりしたりしたほうが心が楽になります。大変ですが、少しずつこの生活になれていきましょう。
      (小 6 秋) この季節になると浜学園全体がすごくピリピリしてきます。しかも日曜志望校別特訓とマスターコースの宿題でおいつめられます。けれどもこれをクリアしていけば少しずつ成績も上がっていきます。ぼくも少しずつテストの点数がよくなってきて、みんなにおいついてきました。ぼくはすでに夏のとき志望校を明星と決めていました。この秋になってから合否判定学力テストでも英数コースではAをとれるようになりました。
      (小 6 冬) とても厳しかったです。9時から21時までずっとでした。しかし、そのおかげで成績もかなり上がりました。
      (明星受験) ミニ講義で合格宣言をしたので気持ちを高められました。そのおかげでおちついてテストにのぞめました。
      (最 後 に) ぼくは冬のがんばりで合格できたと思います。そしてなにより合格できたのは浜学園、家族のおかげだと思います。いままでありがとうございました。そして次の受験生の皆さんもしっかりがんばって合格してください。

  • 楽しかった浜学園
    • 楽しかった浜学園
    • M.S. さん

    • 清風南海中学校合格
      四天王寺中学校合格
      帝塚山中学校合格
      帝塚山泉ヶ丘中学校合格

    •  私は4年生の9月から浜学園に入塾しました。最初のHクラスでは宿題もなんとかこなせる量だったので他の習い事も並行して続けていました。しかしVSS、さらに5年生の6月からVSVに上がり、宿題の量と難しさに苦戦するようになりました。宿題をしながら泣くことも度々ありましたが復習テストで良い結果を出したくて必死に問題に取り組みました。分からない問題にぶつかった時はWeb解説を見て理解できるようにがんばりました。
       6年生になってWeb解説でも分からないところは先生に質問するようになりました。11月から習い事を全部一旦お休みし、算数の居残りを始めました。居残りでは今まで手をつけていなかったテストの直しを中心に行い、質問も沢山出来ました。また志望校に合わせて解くべき問題を先生に絞って頂き、更に増える課題を効率良く進めることが出来ました。各校のプレテストに合わせて、過去問にも取り組み始めました。マスターコース、日曜志望校別特訓の課題に加え過去問をするのは大変でしたが、先生が添削して下さったので、直前特訓が始まる前に一通り解き終えました。早朝特訓では過去問の直しを中心にしました。この時は新しいことに取り組むのではなく復習や暗記分野を繰り返しすることを意識しました。そして自信をもって迎えた本番前日。おやすみコールを待つ間がなぜか一番緊張しました。でも先生の声を聞いて安心することができました。入試初日のミニ講義は頭の準備体操として効果的でした。また、連番受験だったので普段のテストと同じ気持ちで緊張せずに力を発揮することが出来ました。2日目以降も落ち着いて臨み、全ての受験校に合格することが出来ました。
       2年半通ったなかもずも、片道1時間かけて通った夏期講習、日曜志望校別特訓、直前特訓も、仲間と過ごした時間は本当に楽しかったです。生徒1人1人と向き合って熱心に指導して下さった先生方、いつも優しく見守って下さった事務員のみなさん本当にありがとうございました。浜学園を信じてみなさんも楽しんでがんばって下さい。

  • 前向きに
    • 前向きに
    • 森山 大耀 くん

    • 大阪教育大学附属天王寺中学校合格
      海陽中等教育学校合格
      北嶺中学校合格

    • (はじめに) この春僕は、第一志望の大教大附属天王寺中学校に合格することができました。この合格体験記がみなさんのお役に立つことができればうれしいです。
      (入  塾) 小4の時に土曜スクール(土曜マスターコース)に入りました。
      (小  4) 途中から一般コース(マスターコース)のSクラスに変わりましたが、ついていけず、算数は特に点数が下がっていき、ついには24点という悲惨な点数をとってしまいました。でも、それから勉強のしかたを見直したので、少しずつ点が上がっていきました。このころの志望校は附属天王寺でした。
      (小  5) Sクラスでした。復習テストは平均よりちょっと下くらいでした。志望校は附属天王寺でした。
      (小 6 春) この時からSがSとVSSに分かれました。僕はSだったので、VSSに上がるために勉強を必死でしました。すると上がることができましたが、2か月後にまた落ちてしまいました。
      (小 6 夏) 夏期講習も日曜志望校別特訓も難関コースでした。夏期講習はわからない問題を絶対残さないようにしました。早朝特訓は質問ができ、集中できるので、特に家で集中できない人は行った方がいいと思います。
      (小 6 秋) 資格を得たので、M星光コースにしました。(実は小6の初めに第一志望を星光に変えました。)ですが、担任の先生と相談し、志望校を附属天王寺に変えたので、難関コースに移りました。
      (小 6 冬) 12月の公開学力テストで最低点をとりましたが、気にしませんでした。過去問は完璧にしました。
      (海陽入試) あまり緊張せず受けられました。合格。
      (北嶺入試) ミニ講義があったので、入試のピリッとした雰囲気になり少し緊張しました。合格。
      (附天1次) だいぶ緊張しました。算数が過去問よりもだいぶ難しく感じました。合格。
      (清風南海入試) 
      過去問をあまりしなかったので、難しかったです。残念ながら不合格。
      (附天2次) 理科の記述がすごく多かったですが、全部うめました。合格。
      (最 後 に) 僕はいろいろな人に支えられたから合格できました。今までありがとうございました。

  • 最後まであきらめるな!!
    • 最後まであきらめるな!!
    • Y.H. くん

    • 清風南海中学校合格
      清風中学校合格
      明星中学校合格
      岡山中学校合格

    • (はじめに) ぼくは、第一志望の清風南海中学に合格することができました。この体験記がみなさんの役に立てば光栄です。
      (4 年 生) 平常(マスターコース)のHクラスで通いはじめました。最初は先生の授業が楽しかったです。公開学力テストの偏差値は50前後でした。理科が苦手で、特に最初の植物の授業を受けていなかったことが後に響きました。ぼくは2ヶ月でSに上がり4年の最後までSクラスでした。
      (5 年 生) だんだん受験をするんだなと思うようになってきました。そして清風南海を目指す気持ちが高まってきました。5年は最レ算数をとっていました。最レは6年生の先取りもするのでとっていてよかったと思っています。
      (6年生春) 最初の方はまだ楽で成績が良かったので調子にのってしまいました。
      (6年生夏) 日曜志望校別特訓と平常と夏期講習のバランスが難しくて、油断していたので成績が7月にはSで下から数えたほうが早かったです。
      (6年生秋) 過去問を解きはじめました。最初はとれなかったのですが、しだいに合格点をとれるようになってきました。
      (6年生冬) 直前特訓の早朝と午後特訓では過去問をこなし、分からない所は質問しました。また、記述は先生に見てもらった方がいいと思います。
      (1 日 目) 清風をW受験しました。結果理Ⅲプレミアムで合格。
      (2 日 目) 清風南海のA入試。国語がダメでおちてしまいました。
      (4 日 目) 清風南海のB入試。手ごたえなんかよりも達成感がすごかったです。そして、合格。
      (最 後 に) この3年間で、受験というものは厳しいけれどもとてもたくさんのものを教えてくれると思いました。受験生のみなさん最後まであきらめずがんばってください!!

  • 春夏秋冬の気持ちの変化
    • 春夏秋冬の気持ちの変化
    • A.Z. くん

    • 清風南海中学校合格
      土佐塾中学校合格
      帝塚山学院泉ヶ丘中学校合格

    •  僕の6年生の春夏秋冬の気持ちの変化をこの体験記に書いておきたいと思います。
       まず、6年生の春先ですが、2月、3月は小学校ではまだ5年生ということもあり、時間があるからゆっくり勉強をやっていこうという気持ちと、よし6年生で頑張るぞという二つの気持ちが入り交じっていました。でも、後々考えると、この時期は入試への本格的な気持ちが入る前だったので、そこまであせらならなくて良かったのだと思います。
       次に、6~8月の夏前と夏期講習ですが、夏休みは心身ともに過酷だと言われ続けていました。ところが、いざ始まってみると、小学校がないせいか精神的な辛さはあまりなく、1日12時間勉強という体力的なつらさばかりが残りました。これが秋の苦痛へとつながりました。
       そして、9~11月の秋ですが、この時期は学校があり、夏期で狂った生活習慣を戻さなければならない上に夏期の疲労もたまっており、とても苦しい時期でした。でも、皆苦しいんだと思うことによって、秋を苦しいながらも乗り越えることができました。
       最後の12~1月の冬と直前期は、もう授業も硬い雰囲気で、緊張感のあるものでした。それに比例して、どこか冷静さを失いそうになった時もありましたが、先生に質問をして疑問を解消し、志望校の傾向のアドバイスをもらうことで、より一層頑張ることができました。
       最後に僕から受験生の皆さんへのアドバイスですが、夏期講習と直前特訓の自習室を利用する時にある質問受けで、自分の疑問をたくさんぶつけてみたら良いと思います。質問をすることによって疑問を解消でき、志望校合格のアドバイスももらえるからです。
       受験生の皆さんがこの合格体験記を読んで、少しでも心の自信にしてほしいと思っています。

  • 最後まであきらめないこと
    • 最後まであきらめないこと
    • M.K. さん

    • 四天王寺中学校合格

    •  私は6年生の5月に浜学園へ転塾してきました。
       始めは一番下のクラスで、なんとか上にあがろうと日々必死になっていました。だから私の中で目標をつくり、夏休みまでに上にあがろうと思っていました。目標をつくっていたからか、夏休みには一つ上のクラスに上がっていました。
       夏期講習が始まりました。私の場合、家で勉強をしていてもぜんぜん集中していないので、早朝特訓に入りました。早朝特訓に入ると、家でやると時間がかかる宿題をいつもの時間の二分の一で終わらせることができました。
       9月に入って、夏休みがんばっていたので成績が上がっていると期待していましたが、前月より下がっていました。幾度と心がおれそうになりましたが、私は「絶対合格するぞ!!」と心に決めてあきらめずがんばりました。
       直前特訓の1ヶ月前くらいから四天王寺の過去問をし始めました。私が一番苦手だった国語の添削をしてもらうようになりました。私は国語力があまりなかったので、添削をしてもらう度に、どんどんと問題が解けるようになりました。
       公開学力テストではあまり点数がとれない理科も添削してもらいました。どんな問題に対してもわかりやすく添削していただいたので、理科がどんどんわかってきた気がしました。
       直前特訓に入り、私は難しい問題ばかり解いても、入試当日どんな問題がでるかわからないので、とにかく、暗記に時間をついやしたり、基本も大切だと思い、基本に戻ったりもしました。
       私が入試を通し、学んだことは最後は自分への追い込みをかけること、自分で絶対にやるぞ!!と決めてがんばることです。私にこのようなことを気付かせてくれたのは浜学園の先生達です。私を第一志望に合格させて頂き本当にありがとうございました。
       入試で学んだ精神を忘れずに、これからたくさん経験する困難を乗りきって行きたいと思います。

  • 受験で感じた関わった人への思い
    • 受験で感じた関わった人への思い
    • Y.O. さん

    • 神戸女学院中学部合格
      清風南海中学校合格
      帝塚山学院中学校合格

    •  5年生の時にできた、友達がいます。所属教室も一緒、他教室にいくときも一緒としていることも一緒でしたが、ダメなところも似ていました。それはミスです。復習テストでもミスのせいで4点、6点、ひどい時は10点とたくさんおとしていました。しかし、復習テストの点数も勝ったり負けたりで、「2点勝った~!」「へー!」などと競いあっていました。その子や他の友達と会うのがたのしくて、毎日の勉強も続けていました。受験の時、特に6年の直前期は勉強量も増え、睡眠時間も減ってしまうので、何度も「もうイヤ!受験やめる!」と思いました。でも、塾の友だちと学校であったことを話したり、わけのわからないマンザイのようなものをしたりした時間は今でも私の宝物です。
       先生の授業も楽しかったです。しっかり勉強もするし、笑いもおこる、そんな楽しい授業は、勉強ぎらいになりかけていた私に「もう一度がんばろう」と思わせてくれる心の支えになりました。
       ずっと支えてくれた家族にも感謝しています。ずっとはげましてくれたり、時にはおこってくれたり、教えてくれたり、と先生に質問するのが苦手だった私を合格までみちびいてくれました。合格するまでは娘にひどいことをさせるおに、くらいに思っていました。神戸女学院本も何回もやりなさいと言われたし、サマーアタックも6回ぐらいやりました。でも、そのおかげで算数もかなり追いつけたし、語句のテストも高得点がとれるようになりました。初めに書いた友達とも「○○何回やって、何問正解やった」と競いあうこともできました。遠い教室までむかえにきてくれもしました。だから、今思えばたくさん感謝しなければいけないです。
       このように、たくさんの人に支えられ合格を勝ち取ることができました。私に関わった全ての人に感謝します。

  • プレッシャーに負けるな!
    • プレッシャーに負けるな!
    • 濱田 龍一 くん

    • 大阪星光学院中学校合格
      東大寺学園中学校合格
      西大和学園中学校合格
      清風南海中学校合格
      愛光中学校合格

    •  僕は2017年の春に無事第一志望の大阪星光学院中に合格できました。この体験記が少しでも皆さんの役に立てればと思います。4年生の時に国立の中学校合格が目的で入塾しました。特に勉強もしていなかったので少々不安もありましたが、入塾してしっかり勉強し、良い成績を取れるようになっていきました。友達も明るくて楽しい子ばかりですぐ仲良くなれました。4年では平常(マスターコース)と最レ算数を受講していました。最レ算数は後々役に立つので必ず受講した方が良いと思います。5年生になって4年から続けていた最レ算数が難しくて苦労しましたが、気の合う仲間がたくさんいて、とても楽しかったです。5年生からはあまりテレビを見ないようにして、今まで続けていたスイミングとピアノをやめて勉強中心の生活に変えていきました。6年生はとにかく夏が肝心です。宿題は徹夜でやっても終わらないほど多いですが、これをやらなければ合格できない!と決死の覚悟で臨みました。早朝特訓はたくさん質問できるので、ぜひ受けましょう。「夏休みに頑張ったら合格できる」と思って皆さんも宿題はさぼらずきちんとやりましょう。この夏休み努力をしたおかげか、9~12月の公開学力テストの4科で連続10傑入りができました!僕は直前特訓の少し前から入試の直前までスランプに陥りました。今まで通りの成績が取れなくなり、一体何がだめなのかと悩みました。先生の、「直前特訓でいっぱい勉強するのは辛いが、怠けて落ちたらもっと辛い」という言葉をバネに頑張りました。励ましもあり愛光中の入試で無事合格して、そこから少し自信が持てるようになり、本命の星光もあまり緊張せずリラックスして受けられました。国語が難しく不安でしたが、無事合格しました。しかし西大和の入試の後、熱を出してしまいました。翌日の東大寺中が受験できるか心配でしたが、熱が下がり無事受けられました。そして結果受験した5校全てに合格できました。皆さんも辛い事もあるかもしれませんが、合格するぞ!という強い意志を持って合格の栄光を勝ち取ってください。

  • 遠い夢を現実に!
    • 遠い夢を現実に!
    • M.Y. さん

    • 洛南高等学校附属中学校合格
      清風南海中学校合格

    • (はじめに) 私は第一志望校である洛南高等学校附属中学校に合格することができました。この体験記が少しでも皆さんのお役に立つことができればうれしく思います。
      (小 6 春) VSVに上がり、まずは復習テストの合格点を取ることに集中しました。復習テストの直しはその日にすること、算数のC問題は2ndの前に終わらせること、公開学力テストの直しはWebの解説を見て理解することを心がけましょう。洛南300解、洛南プラクティスは「○」(完ぺき)「△」(途中まで分かる)「×」(全く分からない)の印をつけ、「×」になった問題を中心に2、3回やり直し、分からないところは居残りで質問しました。
      (小 6 夏) 私は、集中して勉強するために、早朝特訓を受けました。サマーアタックを完ぺきにし、入試直前まで見直しました。算数過去問ヘキサゴンも洛南300解と同様にやり直しをしました。入試練習などはやり直しを提出し、添削してもらいましょう。
      (小 6 秋) 過去問に取り組み、苦手な部分は質問をして、入試までに10年分の過去問をやりとげました。サタデーチャレンジは、次の授業までに完ぺきにし、「○」「△」「×」の「×」の問題は質問し、全てを「○」にしました。ヨコモジカイは、すきま時間に読みました。
      (小 6 冬) 直前特訓は早朝・午後特訓を受けることをおすすめします。実せんプリントは、その日のうちに終わらせましょう。
      (洛南前日) 前日特訓に参加し、もらったプリントの暗記の部分だけを見直しました。
      (洛  南) ミニ講義プリントは暗記の部分を中心に目を通しました。結果、合格。
      (最 後 に) 私が合格できたのは、先生方、お世話係さん、事務員さん、SGさん、そして家族の支えがあったからだと思います。本当にありがとうございました。また、これから受験する皆さんも頑張ってください。応援しています。

なかもず本部の開講コース

学年名称
小2
土曜マスターコース
習い事の兼ね合いや近辺に浜学園教室がないなどの理由で、マスターコースへの通塾が難しい方に最適のコース。週1回(土曜日)の通塾で、マスターコースの講義内容を受講できます。
学年名称
小3
マスターコース
浜学園受験指導の中心となるコースです。中学受験に必要十分な学力の習得を目標に指導します。経験豊富な講師陣が学習計画表に基づいて指導するので効率的に学習できるほか、毎回実施する復習テストにより各単元ごとの到達度を測るとともに答案作成能力も培われます。
土曜マスターコース
習い事の兼ね合いや近辺に浜学園教室がないなどの理由で、マスターコースへの通塾が難しい方に最適のコース。週1回(土曜日)の通塾で、マスターコースの講義内容を受講できます。
学年名称
小4
マスターコース
浜学園受験指導の中心となるコースです。中学受験に必要十分な学力の習得を目標に指導します。経験豊富な講師陣が学習計画表に基づいて指導するので効率的に学習できるほか、毎回実施する復習テストにより各単元ごとの到達度を測るとともに答案作成能力も培われます。
土曜マスターコース
習い事の兼ね合いや近辺に浜学園教室がないなどの理由で、マスターコースへの通塾が難しい方に最適のコース。週1回(土曜日)の通塾で、マスターコースの講義内容を受講できます。
学年名称
小5
マスターコース
浜学園受験指導の中心となるコースです。中学受験に必要十分な学力の習得を目標に指導します。経験豊富な講師陣が学習計画表に基づいて指導するので効率的に学習できるほか、毎回実施する復習テストにより各単元ごとの到達度を測るとともに答案作成能力も培われます。
国語記述力養成講座
中学入試に出題される様々なジャンル・パターンの文章に触れながら、受験国語で必須となる記述問題への対応力を養う講座です。初めは指定字数が短めな問題や空欄補充形式の問題から取り組み、6年生になる前にまずは自分なりの答案を作り上げる力を身につけます。
学年名称
小6
マスターコース
浜学園受験指導の中心となるコースです。中学受験に必要十分な学力の習得を目標に指導します。経験豊富な講師陣が学習計画表に基づいて指導するので効率的に学習できるほか、毎回実施する復習テストにより各単元ごとの到達度を測るとともに答案作成能力も培われます。
日曜錬成特訓
入試必出重要単元を総ざらいし、基礎学力を確立する講座です。「強化講座」と「基礎講座」に分け、各教科入試必出事項のテーマを絞って、教科別能力別クラス編成で、徹底的に学力の基礎を作りあげます。各講座ともに指導方法に工夫をこらし、その回毎に実力をつけることを意図した、やりきり講座です。
日曜志望校別特訓
志望コース毎に分析対策を行う受験生の必須講座です。志望校を同じくする者同士が同じ志望コースで共に学習することによって、志望校合格への意欲と実力を高め合うことができます。各中学校の出題傾向、問題の特色、難易度なども掴めるように分析と対策を行います。指導内容を3期に分けて、入試日まで段階的に指導内容を収斂させています。
国語記述力養成講座
受験国語において合否のカギをにぎるとも言われる記述問題を「書ける・得点源になる」ことを目指す講座です。講義部分で心情、理由説明などの問題ジャンルに合わせた具体的な答え方を講師からレクチャーし、その後演習プリントで類似問題を実践的に解き、採点の基準となる要素を明示することで得点に繋がる記述力の定着を図ります。

時間割

教室へお問い合わせください。

なかもず本部で開催の入塾説明会(保護者説明会)

実施日

※実施日の前々日以降の申込は、直接教室へお電話ください。

お子さまのお名前(カタカナ)

姓:

名:

電話番号

メールアドレス

学年

※学年選択は現学年でお願いします

説明会の参加人数

お申込のきっかけ

個人情報登録の同意について