中学受験は、心身ともに大きくステップアップするチャンスです。
浜学園は中学受験生に寄り添っていきます。

202206_オープンテスト
2022合格実績
無料体験入塾
公開学力テスト
202206_オープンテスト
2022合格実績
無料体験入塾
公開学力テスト
草津教室
077-561-4102
住所:
〒525-0032 滋賀県草津市大路1-8-1(南洋軒 1F・2F)
アクセス:
JR草津駅改札出て東側すぐ 徒歩約2分
休館日について
毎週水曜休館です。
日曜日はテスト等のイベントがない限り、基本的には閉館しております。
イメージ 詳しい周辺地図をGoogle Mapで開く

草津教室で開催の入塾説明会(保護者説明会)

実施日

※実施日の前々日以降の申込は、直接教室へお電話ください。

お子さまのお名前(カタカナ)
姓:
名:
電話番号
メールアドレス
学年

※学年選択は現学年でお願いします
※4月1日からは新学年で選択ください

説明会の参加人数
お申込のきっかけ
個人情報登録の同意について

草津教室で実施のイベント

    • 公開日:2022年05月05日
    • 「灘中日本一模擬入試」自宅受験のお知らせ
  • 趣旨
      いよいよ小6生の入試本番まであと8ヵ月となり、灘中をはじめ男子最難関中を受験する小6生は来年1月の入試当日に向けて一心不乱に勉強に取り組んでいることと拝察いたします。入試本番に向けて不安な教科・単元については徹底的に対策を立てて不安を全て払拭すると同時に、自信のある得意な教科・単元についてはより得点が稼げるよう、入試当日に最高の力が発揮できるように現在の自信をさらに確固たるものとするべく、日々努力を重ねていることでしょう。
      ただ、灘中をはじめ男子最難関中の入試本番はそんなに甘くはありません。夏休み前に受験生は難問・超難問に精一杯チャレンジして、その結果を参考にし、自分の夏休みの課題をしっかり見つけていただきたいと思います。従って、男子最難関中を志望する受験生は、少しでも時間があれば中学入試の天王山である夏休み42日間の前に入試本番とそっくりなテストである「灘中日本一模擬入試」に是非チャレンジして欲しいと思います。
      このような時期でありますので、灘中を少しでも考えている受験生が1人でも多く受験できるように、無料で自宅受験として実施させていただきますので、是非参加していただきたいと思います。また、Mコースで東大寺中・洛南中・西大和中・甲陽中・星光中・洛星中の6つの男子最難関中を第1志望としている受験生にも是非チャレンジしていただき、夏休み前に小6生となって受験勉強に頑張ってきた5ヵ月間の成果を試していただきたいと存じます。従って、今回は過年度の同時期に受験した先輩(灘・東大寺・洛南・西大和・甲陽・星光・洛星を志望する過年度の小6生)の成績の入った分布表と今回受験した皆さんたちだけの分布表の2種類を提供します。この大母集団の中での成績比較は、夏休みに向けての受験勉強の大事な指針となるものだと思いますので、M灘コース生,Mコース生全員の受験を是非おすすめします。
    対象
    灘中をはじめ男子最難関中(灘・東大寺・洛南・西大和・甲陽・星光・洛星中)を志望する小6生(飛び級生は不可)
    実施日時
    6月18日(土)8:00~13:10
    実施方法
    自宅受験して6月18日(土)中に浜学園M灘コース事務局までお送りください。6月18日(土)に学校があり実施できない場合は、6月19日(日)に時間を5時間10分とって実施いただき(あるいは6月18日(土)と6月19日(日)に分けて実施いただき)、下記住所宛にご投函ください。(6月20日(月)消印有効。なお、郵送料は受験者負担となりますので、ご了承ください。)また、6月19日(日)に開館している浜学園事務室でもご提出いただけます(開館状況と営業時間を予めお確かめください)。
    答案郵送先:662-0832 兵庫県西宮市甲風園1丁目5番24号 アーク西宮北口ビル5F 浜学園M灘コース事務局
    テスト時間割
     
    8:00~ 8:40 灘中入試一日目形式の国語テスト(40分間)
    8:45~ 9:45 灘中入試一日目形式の算数テスト(60分間)
    9:50~10:50 灘中入試一日目形式の理科テスト(60分間)
    10:55~12:05 灘中入試二日目形式の国語テスト(70分間)
    12:10~13:10 灘中入試二日目形式の算数テスト(60分間)
    ※自宅でこの時刻に取り組んでください。
    受験料
    無料
    答案処理
    答案は、得点分布表(今回の受験者のみと過年度の同時期に受験した先輩の人数も入れた分布表の2種類),個人成績表,灘中日本一模試合格判定基準表,解答・解説を添えて約15日後7月3日(日)以降に返却いたします。
    (ただし、期限内に全科目の答案を郵送された方のみ、答案といっしょに解答・解説を発送させていただきます。)
    Web解説
    答案返却後、各教科のWeb全問解説で徹底的に復習が出来ます。(ただし、期限内に全科目の答案を郵送された方のみ、Web解説を配信させていただきます。)
    申込期間
    5/5(木・祝)14時~6/8(水)17時
    申込方法
    参加ご希望の方は インターネット申込画面(申込期間:5/5(木・祝)14時~6/8(水)17時) からお申し込みください。

    塾生・一般生浜学園塾生でない方でマイページをお持ちの方はマイページからお申し込みが便利です。

    (なお、塾生の方はマイページからお申し込みください)
    • 公開日:2022年05月02日
    • 浜学園 副理事長・橋本憲一 × 医学博士・吉田たかよし先生Zoom講演会「脳医学が解き明かす! 合格実績を出し続ける浜学園の勉強法」
  • 概要
      最難関、難関中学の合格実績を出し続ける浜学園の勉強法と、保護者の家庭での関わり方について、浜学園副理事長(前学園長)橋本憲一と、医学博士(浜学園教育顧問)の吉田たかよし先生が解説します。
    対象
    小1~小6生の保護者
    実施日
    5月26日(木) 10:30~12:00
    会場
    Zoomウェビナー
    内容
     
    1.「浜学園の実績と3つの勉強法」
    弁士 浜学園副理事長(前学園長)橋本憲一
    内容 スパイラル方式、復習とテスト、実績の積み上げによるプラスの効果
    2.「脳医学が解明する 浜学園の学習法と実績の関係」
    弁士 医学博士 浜学園教育顧問 吉田たかよし先生
    内容 復習主義、テスト、クラス編成が合格実績に結びつく理由を脳医学で解明
    3. 対談「「ついついしてしまうNG行動… 家庭での保護者の関わり方」
    弁士 医学博士 浜学園教育顧問 吉田たかよし先生
    浜学園副理事長(前学園長)橋本憲一
    内容 実力テストが怖い… 保護者の心理
    勉強が好きになる! 子どもがフロー状態になるたった一つの方法
    子どもの弱点箇所はこう告げる「ポジティブフレームワーク」 など
    4. 質問タイム
    参加費
    無料
    プロフィール
    浜学園教育顧問・医学博士 吉田たかよし先生

    灘中学、灘高校、東京大学工学部(量子化学専攻)卒業。
    東京大学大学院(分子細胞生物学専攻)修了。
    東京大学新聞研究所修了(現・大学院情報学環)。
    北里大学医学部を経て東京大学大学院医学博士課程修了。
    現在、医師として受験生の脳機能や体調管理を専門に扱う心療内科院長を務める一方、学習カウンセリング協会代表として、受験生の脳機能やメンタル面の状態に適した勉強方法の普及活動に従事。
    注意事項
    定員に達し次第、申込受付を終了いたします。お早めにお申し込みください。
    講演会には、パソコン,タブレット,スマートフォンでご参加いただけます。Zoomはアカウント登録なしでも利用できます。
    Zoomミーティングに参加するための情報は5月24日(火)18時にメールにてお知らせいたします。(お知らせメールが迷惑メールフォルダに入る場合がございますのでご注意ください) また、予めZoomアプリをインストールしていただき、動作確認(https://zoom.us/test/)していただく必要がございます。
    Zoomアプリの利用についてご不明の方は、Zoomヘルプセンター(https://support.zoom.us/hc/ja)でご確認ください。
    申込方法
    参加ご希望の方は インターネット申込画面(申込期間:5/2(月)14時~5/23(月)17時) からお申し込みください。

    塾生・一般生浜学園塾生でない方でマイページをお持ちの方はマイページからお申し込みが便利です。

    (なお、塾生の方はマイページからお申し込みください)
    • 公開日:2022年04月20日
    • 佐藤ママとZoom座談会「中学入試を成功に導く学年別学習スケジュールの立て方」
  • 趣旨
      このたび、「中学入試を成功に導く学年別学習スケジュールの立て方」と題して浜学園アドバイザーの佐藤亮子さんと浜学園算数科主管の村田竜祐先生が浜学園,駿台・浜学園の保護者を応援するためにZoom座談会を実施いたします。ここでは、中学入試を見据えた塾通いをされている方、また塾通いの予定のある方を対象に小1~小5までの日々の学習スケジュールの立て方を学年別にお話しさせていただきます。
      座談会の流れは、佐藤さんと村田先生が親の立場と先生の立場でお話しします。また、事前質問にもできるかぎり答えていきます。
      この機会にぜひご参加いただき、新学年のスタートダッシュに役立てていただければ幸いです。
    対象
    小1~小5生の保護者
    Zoom実施日
    6月1日(水)
    12:30~14:30(Zoom講演会)
    14:30~15:00(チャット感想タイム)
    弁士
    浜学園アドバイザー 佐藤亮子様
    浜学園教科指導部次長,算数科主管 村田竜祐
    参加料
    塾生:330円
    一般生浜学園塾生でない方:550円(クレジット決済のみ)
    ※ 座談会が中止にならない限り返金は致しかねます。また、録画放映も致しませんのでご了承ください。
    事前質問について
    事前質問の募集は5月28日(土)17時で締め切らせていただきます。ご了承ください。
    ※事前質問はお申込みの際にご記入いただけます。
    注意事項
    定員になり次第、申込受付を終了いたします。お早めにお申し込みください。

    座談会には、パソコン,タブレットでご参加いただけます。Zoomはアカウント登録なしでも利用できます。
    Zoomミーティングに参加するための情報は5月30日(月)にメールにてお知らせいたします。(お知らせメールが迷惑メールフォルダに入る場合がございますのでご注意ください。)
    また、予めZoomアプリをインストールしていただき、動作確認(https://zoom.us/test/)していただく必要がございます。
    Zoomアプリの利用についてご不明の方は、Zoomヘルプセンター(https://support.zoom.us/hc/ja)でご確認ください。
    申込方法
    参加ご希望の方は インターネット申込画面(申込期間:5/6(金)14時~5/29(日)17時) からお申し込みください。

    塾生・一般生浜学園塾生でない方でマイページをお持ちの方はマイページからお申し込みが便利です。

    (なお、塾生の方はマイページからお申し込みください)
    • 公開日:2022年04月19日
    • 第2回「学力診断無料オープンテスト」
  • 趣旨
     子供たちの学力低下問題は中学受験をするしないに係わらず、保護者の皆様にとって最大の関心事だと拝察いたします。
     さて、このような昨今の状況を踏まえ浜学園では年4回塾生でない一般の方を対象に国語と算数の分野別習熟度の点検を目的とする「学力診断オープンテスト」を無料で実施しております。この機会に大勢の皆さんが積極的に参加し、現在の学力を点検されることをお勧めいたします。
     なお、本テストは「入塾テスト」ならびに「講習会受講資格判定テスト」を兼ねております。
     みなさん全員に参加賞を進呈します。
    対象
    小1~小6の一般生浜学園塾生でない方
    実施日
    6月4日(土)・6月5日(日)
    実施時間
    学年 小1・小2 小3~小5 小6
    科目 算数25分・国語25分 算数30分・国語30分 算数45分・国語40分
    午前の部 10:30~11:50(両日) 10:30~12:10(両日)
    午後の部 14:30~15:50(4日)
    13:30~14:50(5日)
    14:30~16:10(4日)
    13:30~15:10(5日)
    ※両日、両時間帯とも同じ内容です。ご都合のよい日時・会場を選んで、ご参加ください。
    ※午後の部の実施時間は6月4日(土),5日(日)では異なりますのでご注意ください。
    実施会場
    浜学園 全教室
    ※天王寺教室は本館にて実施します。
    ※名古屋教室では6月4日(土)午前・午後の部ともにウインクあいちにて実施します。
    科目
    算数・国語
    答案処理
    答案(小1~小5はデジタル採点処理された答案)・「個人成績表」を添えて、約10日後に返却いたします。(小1~小5の「個人成績票」は実施後最初の木曜日に一般生浜学園塾生でない方用マイページにも掲載します。)
    持ち物
    硬度(濃さ)Bの鉛筆と、よく消える消しゴム
    費用
    無料
    お知らせ
    ご質問等ございましたら各教室にお問い合わせください。
    また、本イベントと同時並行して「保護者説明会」を実施する教室もございます。是非ご参加ください。
    申込方法
    参加ご希望の方は インターネット申込画面(申込期間:4/30(土)14時~各実施日の前日17時) からお申し込みください。

    塾生・一般生浜学園塾生でない方でマイページをお持ちの方はマイページからお申し込みが便利です。

    (なお、塾生の方はマイページからお申し込みください)

入塾テストについて

入塾をご希望の方は下記のいずれかのテストを受験し、入塾資格を取得してください。

公開学力テスト 無料オープンテスト 土曜入塾テスト 特別扱い入塾テスト
学年 学年によりテストは異なります。詳細は入塾説明会にご参加いただくか、お電話でお問い合わせください。
費用 有料 無料 無料 無料
申込 必要 必要 不要 必要
実施日 毎月第2日曜 年4回(2月・6月・11月・1月) 毎週土曜14:30~ ご都合に合わせて
各教室にて実施
入塾判定の
お知らせ
その週の木曜に
郵送で通知
実施の約10日後に
郵送で通知
その場で判定 その場で判定
答案返却 あり あり なし なし
その他 成績及び順位、偏差値
も併せて通知
成績も通知 - -

草津教室の写真

イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ

草津教室責任者より一言

勉強ってしんどいばかりじゃない。子どもたちが学ぶ楽しさを知り、将来の自分の姿を描く力をつけるためのサポートを全力でしていきます。

草津教室は、2010年6月に開校した滋賀県初の教室です。公立高校の人気の高い地域ではありますが、だからこそ私学受験にも対応できる、よりハイレベルな学力を身につけるためのご要望が強い地域でもあるといえます。
通塾エリアは草津・栗東・守山・大津はもちろんのこと、近江八幡や東近江、長浜・彦根といったJR沿線を中心に広範囲となっており、いかに地方の向上心の高い子どもたちが学ぶ場所を求めているかがうかがえます。ハイレベルの学力形成を目的とする子どもたちが楽しく快適に勉強できる環境を提供することが地域初教室の使命であると自負しております。子どもたちが勉強を通して自ら考え、悩み、壁を乗り越えて成長していく姿に寄り添い、全力でサポートしていきます。

Point1 講師と職員と子どもの距離が近い教室です
草津教室の自慢は、講師と職員の連携の強さです。草津教室は玄関を入ってすぐ右側にカウンターがあり、塾生は必ずその前を通って教室に入ります。登校してきた子どもたちへ職員から積極的に声をかけていくことで、その日の調子や体調など小さな変化もすぐに気づくことができます。カウンターでの子どもの何気ないひと言や保護者の方からお聞きしたことで気になったことは些細なことでも講師に伝えます。また、講師からも授業中の子どもの様子はもちろん宿題の提出や復習テストの得点等細かく伝えてもらうなど情報交換の綿密なコミュニケーションは欠かしません。講師と職員がしっかりと連携していくことで、子どものサポートだけでなく保護者の方からのご要望やご相談いただいたことに対し迅速に対応できると考えています。

Point2 「自ら」勉強するための教室を
「分からない」ことは塾で聞いてきなさいという保護者からの声かけに対して、「質問しづらい」「恥ずかしい」とこたえる子どもが多くいます。「分かっていない」と思われるのが「恥ずかしい」という気持ちが原因になりがちです。これでは何のための塾なのか「分からない」ことになります。授業前後に質問受けの時間を設け、分からない問題だけでなく宿題のやり方なども指導しています。

Pint3 安心してお子さまをおあずけいただけるよう、安全対策を徹底しています
授業後にJR草津駅まで向かう子どもたちには安全管理を専門にするスタッフのSG(セーフティーガード)が必ず付き添って引率します。駅前とはいえ夜には暗い場所もあり、改札までは大人が必ず子どもに付き添って見送ります。また、授業が始まる前や休憩時間中も職員が教室を巡回し、怪我をしたりすることがないよう子どもたちを見守ります。短い距離・短い時間ではありますが子ども同士や職員と子どもとのコミュニケーションの場にもなっており、学校での出来事など和気藹々と楽しい会話が繰り広げられています。さらに事務所内には授業の様子が確認できるモニターが設置されており、授業中の子どもたちの様子を常に気にかけています。

ここもポイント1 知的好奇心を刺激!図書コーナーの設置
入試で出題されたものを中心に、多彩な書籍を揃えています。講義で興味をもった内容について調べたり、テキストに出てきたお話の続きが気になって読んでみたり。受験生の息抜きに役立ってもいるようです。なかには子どもたちだけでなく、送り迎えに来られた保護者の方が借りて帰られることもしばしば。

ここもポイント2 HAMAXが8Fに開校
個別指導のHAMAXが同ビルの8Fに開校しました。一人ひとりの学力や目的に合わせたカリキュラムで指導を行っております。苦手単元の克服や年度途中での入塾のサポートといったそれぞれのニーズに対応しており、浜学園での集団授業と併せて受講される方も多くおられます。そのような際には浜学園の職員と連携しながら子どもたちをサポートしていきます。対象は小学1年生から高校生まで。中高一貫校へ進学後、大学受験への準備として通われる方もおられます。

教室スタッフより
楽しい時にはいっしょに笑い、苦しいときはしんどいを受けとめる。
講師と連携しながら一人ひとりを間近でしっかり支えていけるあたたかな教室づくりを目指しています。

草津教室で開催の入塾説明会(保護者説明会)

実施日

※実施日の前々日以降の申込は、直接教室へお電話ください。

お子さまのお名前(カタカナ)
姓:
名:
電話番号
メールアドレス
学年

※学年選択は現学年でお願いします
※4月1日からは新学年で選択ください

説明会の参加人数
お申込のきっかけ
個人情報登録の同意について

草津教室出身者の合格体験記

  • コツコツすることが大切
    • コツコツすることが大切
    • M.S. さん

    • 高槻中学校合格
      京都女子中学校合格

    •  私は3年生の4月にWebで算数を受講し始めました。4年生になり、マスターコースで算数をSクラスから受講し始めましたがすぐにHクラスに落ちてしまいました。しかし、4年生最後のクラス替えでSクラスに上がることができました。5年生では成績が下がってしまった時もありましたが、クラスの変動はなく、Sクラスのまま6年生になりました。
       6年生では女子トップレベル算数特訓・国語特訓そして日曜錬成特訓の理科をはじめとしてマスターコース以外の講座も受講し始めました。最初のころは慣れない環境について行けないこともありましたが、時間がたつにつれ溶け込めるようになりました。春期講習では女子最難関中コースで受けましたが、すごくハイレベルでベストには1度も入れず、心が折れそうになりましたが、この経験があったからその後の講座についていきやすくなったと思っています。そして何よりも大変だったのはL特訓算数Zです。テキストを一通り見ても解ける問題がなく、ただ先生の解説を聞いているだけでした。これで自信を無くしかけている私に追い打ちをかけるようにきたのがL洛南・西大和入試演習の悪い結果でした。より自信を無くしましたが、逆に私を奮い立たせ、勉強に力が入りました。そして夏に入り、日曜志望校別特訓と夏期講習が始まりました。様々な講座の宿題をこなすのは大変でしたが、受験の天王山と言われるこの時期にやり切れたのは自信になりました。日曜志望校別特訓ではL洛南・西大和コースに入り、頑張っているとベストに入ることができ、マスターコースでもVクラスに上がることが出来ました。
       そしてついに入試直前特訓PART1・PART2が始まりました。早朝特訓に参加すると日曜志望校別特訓のように朝から晩までという日もありましたが先生にもたくさん質問をして、勉強に集中することができ良かったです。過去問を提出することで、各教科の先生にたくさんアドバイスをしてもらい、L洛南・西大和大晦日入試演習ではよい結果を出せ、順調に入試当日をむかえることが出来ました。結果は少し残念なものになってしまいましたが受験では自分の力を出し切れたので、悔いなく終わることができました。
       最後に入試当日まで支えて下さった先生方、両親そして良きライバルたち本当にありがとうございました。

  • 本番の集中力
    • 本番の集中力
    • R.Y. くん

    • 洛星中学校合格
      高槻中学校合格
      東山中学校合格
      岡山中学校合格

    •  僕は国語が大の苦手で、ひどいときには算数の偏差値と20ほど差がありました。合否判定学力テストや洛星中プレではいつもB判定、洛星中入試練習でも一度も合格をもらえませんでした。落ちてもおかしくないという不安な気持ちのまま、洛星の入試本番に挑むことになりました。それでも最後まであきらめずに頑張れたのは、過去問で受験者平均点を超えていたことと、解いた過去問に先生が書いてくださるアドバイスを元に、取らなければならない問題で確実に点を取ることに集中できたことからだと思います。
       僕は4年生の10月にWebマスターコースから土曜マスターコースに移りました。5年生の7月、公開学力テストの国語が良かったおかげでVSSクラスに上がってからは、復習テストでベストを取ることを意識しながら勉強し、最後までSクラスをキープすることができました。社会は歴史が苦手で、6年生になってからは続けるべきか悩んでいましたが、母が国語も社会も苦手では間に合わないと決断してくれ、6月に思い切って3科にしました。洛星は4科の人のほうがたくさん合格しているので不安はありましたが、負担が減ったことで気持ちが楽になり、前向きに頑張れるようになりました。
       夏期講習は難関コースに行きました。理科の基礎固めをきちんとするべきでしたが、僕は3冠達成本でも好きな算数ばかり熱心にやってしまい、国語が伸びないだけではなく、理科も成績が落ちてきてしまいました。9月からは洛星・高槻コースに入り、過去問に取り組み始めてみると、物理と化学の計算分野が弱いことに気づきました。これまでのテストを見て、力学や水溶液といった重要な単元を解き直しました。ファイナルアプローチのテキストで総復習できたことや、暗記分野の踏破で知識分野を固めたことで、過去問の点数もあがってきました。
       国語は9月末からHamaxでわからないところを教えてもらい、特に選択問題では何を聞かれているのかということがだんだんわかるようになりました。ようやく国語の偏差値が50を超えるようになり、11月の公開学力テストでM洛南・洛星コース(洛洛)の資格が取れました。アドバイザーの先生には洛星・高槻コースで頑張ったほうがいいと言われましたが、最後のチャンスで洛洛に上がれたことがうれしかったのと、算数を得点源としてもう少し伸ばしたいと考えたので、12月から洛洛コースに移りました。洛洛の算数はC問題まですべてできるように復習しました。理科のテキストは難しい問題も多かったので、過去問で長い文章に慣れることを第一にしながら、解けなかった単元の復習を中心にしました。国語は物語文を中心に、選択問題を落とさないことを意識し、記述についてはとにかく書いて、後から足りないところや文章のおかしいところを確認するようにしました。洛星・高槻コースでやっていた小問スペシャル、暗記分野の踏破、語句マスター1500は洛洛に入ってからも続けました。特に洛星の算数では、基本的な問題を解く感覚はとても大切だと思います。
       実は、僕は毎年ピアノコンクールに出場していて、受験もピアノも両方やると決めていました。12月までレッスンに通いながらの受験は本当に大変でしたが、練習したことを本番で出し切るという経験をコンクールで何度もしていたことは、洛星の入試でもあまり緊張せず普段通りに集中できたことにつながったと思っています。
       アドバイザーの先生をはじめ、たくさんの先生方のおかげで第一志望の洛星中学校に合格することができました。本当にありがとうございました。

  • 3年間の日々
    • 3年間の日々
    • M.O. くん

    • 洛南高等学校附属中学校合格
      高槻中学校合格
      東山中学校合格
      海陽中等教育学校合格

    •  僕は、洛南高等学校附属中学校に合格しました。この体験記で「合格したい」という気持ちがあがるとうれしいです。
       僕は4年生から入塾しました。Sクラスに在籍していましたが、はじめは算数以外僕一人でした。算数は他の人と競えたので、楽しく勉強できました。Sクラスの人数が増えてからは、算数はもちろん、国語でもベストや1位を目指して勉強していました。その努力もあって、夏休み明けからはVクラスに上がることができました。Vクラスに上がってからは、公開学力テストの偏差値をより気にするようになりました。
       5年生に上がると、宿題の量の多さに驚きました。大量の宿題をしながらも、公開学力テストの前日や前々日には今までのテストの見直しを行うようにしていました。でも、途中から算数が伸び悩みました。そこで、最高レベル特訓を受けることにしました。最高レベル特訓は、最初はついていくのに精一杯でした。宿題の量も増えましたが、徐々に慣れると、マスターコースの時のように、クラスやベストを気にするようになりました。しばらくするとクラスも上がり、算数の成績もよくなったので、最高レベル特訓を受けてよかったと思います。
       6年生になると、一気に宿題の量が増えました。夏休みは大変でした。夏期講習も日曜志望校別特訓もあり、必死に勉強しました。また、計画的に宿題をしました。イベントにもよく参加するようになりました。夏休みが明け、本格的に受験生という自覚を持ち始めました。受験のことを考えて不安になりながらも、宿題や過去問をしました。過去問を持っていくと、先生が添削をしてくださいました。12月の前受けでは、初めての受験に緊張しました。入試直前特訓は朝から夕方まで勉強ばかりでくたくたでした。入試直前特訓も終わり、受験の数日前になりましたが、意識していつも通りの生活をしました。入試本番の前日も普通に寝ることができましたし、本番もあまり緊張せずに取り組めました。結果発表は緊張しましたが、「合格」と目に入った瞬間、喜びがこみ上げてきました。
       みなさん、勉強がつらくなっても「合格」を目指して頑張ってください。

  • 後悔を無くす
    • 後悔を無くす
    • 野道 玲奈 さん

    • 立命館守山中学校合格

    •  私はこの浜学園で5年間勉強してきて、嬉しかったこと、悲しかったこと、辛かったこと、たくさんの出来事がありました。

       1番浜学園に入塾してから嬉しかったことは、HクラスからSクラスに上がることが出来たことです。元々勉強するのが大の苦手で、2年生から入塾したのですが、最初はついていくだけで精一杯でした。このままではあまり賢くなれないのではないかと思い、宿題、テストの復習、予習を大切にしました。出来るだけ早く塾について誰よりも勉強しようと思いました。直後はあまり結果は出なかったのですが、1ヶ月経つうちには最下位ぐらいだったのがテストでベストに入るか入らないかのところまで登り詰めることができました。正直、ここまで賢くなれるとは思ってもいなかったし、「Sクラスになりましたよ」と電話で教えていただいた時は本当に泣きそうになるぐらい嬉しかったです。

       もちろん、浜学園に入って辛かった時もあります。それは、どんなに頑張っても結果が出なかった時です。Sクラスに入るまでは順調だったのですが、入った後は全然伸びることがなくて苦しかったです。「自分なりに精一杯頑張っているつもりでいるけれど他の人もこれ以上頑張っているんだ」と考えると苦しくて仕方がありませんでした。「お前より他の人の方が頑張っている」と言われている気がして。でもそこで諦めてしまったらまたHクラスになってしまって、今までの頑張りが全てなくなってしまうと思い、勉強を続けました。そのお陰で第一志望だった、「立命館守山中学校」のフロンティアコースに入ることができました。もしあそこで諦めてしまっていたら、試験に合格することは不可能だったと思います。本当に良かったです。

       皆さんももし辛いことがあっても後悔することがないように、自分が納得できるところまで頑張ってみてください。きっといつかそれが皆さんの助けになると思います。

  • 目指せば成る
    • 目指せば成る
    • 唐澤 暁治 くん

    • 洛星中学校合格
      東山中学校合格
      岡山中学校合格
      北嶺中学校合格

    •  僕は、合否判定学力テストや正月特訓の成績は、C判定やD判定ばかりだった。だが、洛星中学校に合格できた。それは、あきらめたり、落ち込んだりせずに洛星中を目指し続けたからだと思う。また、続けられたのは、お世話係さんや先生方のおかげでもある。

       入塾する前、2年生の時に一度国算2科の公開学力テストを受けたが、国語の偏差値は40を切り、算数はさらに30を下回っていた。3年の秋に入塾したが、浜の授業にまったくついていけず、復習テストも最悪の点数だった。だが、骨折しても(5年)疲れた時も、ずっと通い続けた。そのことが、最後の入試直前特訓でも、もちろん入試でも役立った。

       4,5年の時、やっと授業についていくことができるようになった。ベストにものった。だが、宿題をまじめにやらずに、いつまでもHクラスだった。浜ノートは真っ白で、お母さんが怒っていた。浜学園で6年になった時、2年以上通ってもずっとHクラスなので、さすがにあせりはじめ、ちゃんと宿題をやり始めた。そのころ急にコロナで世の中が一変し、一時期は、浜学園に行けずにWeb授業になった。でも、文句を言わずにがんばった。

       浜学園の授業が再開し、夏休みになって、夏期講習で基本の知識がかためられた。暑い中だったので、からだがだるくなり、授業中眠りかけて、先生に注意されたこともあった。

       夏には、公開学力テスト、合否判定学力テストの成績を分析した。自分の間違った問題で、半数以上の人が正解しているところに、お母さんがマーカーでしるしをつけ、そこを取れるように意識した。すると、公開学力テストなどで偏差値が上がっていった。8月あたりから、公開学力テストが良くなりはじめ、11月には、Hクラスの1位になり、Sに上がることができた。

       JR京都駅前教室で、洛星中入試練習というとても厳しい特訓があった。ぼくは11月から参加したが、そこで予想外にも、合格判定をもらえた。それでかなりの自信をもって浜学園に通えるようになった。

       6年の冬休み、ついに入試直前特訓が始まった。そこで出される宿題は、家ではできないので、浜ですべてやり終え、RD洛星・高槻コースの1組に上がれた。

       入試2日前は、疲れが重なり、すぐにうつらうつらしてしまうような状態だった。食欲もなくなり、本当にぼくが受かるのかと、不安にもなっていた。だが、前日の激励メッセージを見て、そこで学園長に「自分以外にだれが受かるんや、と思いなさい」と言われ、気持ちを強くもった。

       洛星の入試当日は、行きの電車の中で、もう一度激励メッセージを見て、不安を解消した。テスト中は、自信をもってわからない問題をとばすということを心がけた。

      (細かいアドバイス)

      ・スマホは持たないほうがいいと思う。

      ・社会や理科の資料集は寝る前に見たほうが効率的だと思うが、寝不足には注意。

      ・ぼくは、ノートをとるのが苦手で、浜ノートに宿題をするのも苦手だった。その分、授業をしっかり聞く、浜のテストに真剣に取り組む、できるときはWeb講義を見ることにした。

  • 私の中学受験
    • 私の中学受験
    • H.K. さん

    • 京都女子中学校合格

    •  私が京都女子中学校を志望校にした理由は、いくつかの中学校を見学した中で一番部活の種類が多くてのびのびとしていて楽しそうだったからです。また、宗教のある学校というところもとてもすてきだと思ったからです。そして家から一時間以内で行けるからです。

       私が持つ中学へのあこがれは体育系の部活に入り、勉強をすることです。今まで受験勉強中心の生活だったので、中学では思い切りいろいろなことに挑戦したいと思っています。

       私は4から5校の学校見学に行きました。通学にどれ位時間がかかって遠いか近いかやクラブのこと、校舎や食堂の様子などを知ることができるので行って良かったです。また、塾の人や親に言われて中学校でのプレテストを受けました。そのおかげで本番でも緊張しませんでした。みなさんも行ってみると良いと思います。

       また、秋の終わり頃から過去問をがんばりました。合格点を意識して取り組みました。第一志望の過去問は1冊全部終わらせ、間違い直しもしました。本番では浜学園の難しい問題に慣らされていたため自信をもって解けました。みなさんも浜学園の先生の言うことを信じて浜学園の宿題に毎日取りくんでください。そうしたらきっとみなさんも志望校に合格できると思います。がんばってください。

  • インフルエンザ受験
    • インフルエンザ受験
    • 石井 俊輝 くん

    • 洛南高等学校附属中学校合格
      洛星中学校合格
      愛光中学校合格
      岡山白陵中学校合格

    •  僕は、洛南高校附属中学校に合格することができました。僕の体験が少しでもみなさんの役に立てれば嬉しく思います。2年の春、初めて浜学園にHクラスで入塾し、すぐにSクラスに上がりました。4年の2月から、マスターコースはSクラスで通塾し、最高レベル特訓算数と社会は、Webで見ることにしました。5年生になると、VクラスとSクラスの間を行ったり来たりしていました。最高レベル特訓算数は教室に通うようになり、算数の学力が上がりました。6年生になり、宿題の量が一気に増え、毎日こなしていくのが精一杯でした。僕は、国語が苦手で、偏差値が50あるかないかぐらいでした。そして、文章の内容自体が分からなかったので、1週間に1回お母さんと一緒に文章をじっくり読み、記述の勉強をしました。日曜志望校別特訓の洛南・洛星コースの資格が偏差値56以上で、それを上回っていたので、7月は2組あるうちの1組のクラスに入ることができました。夏期講習でなまけてしまったので、11月から12月まで2組に落ちてしまいました。しかし、入試直前特訓PART1とPART2で1組にもどることができたので、ほっとしました。洛南プレは、あと1点でA判定でした。洛星プレの結果は3位でした。しかし、国語は最後まで少し不安が残りました。

       1月17日に、とんでもない事が起こりました。朝起きると、目まいがしていたので体温を測ると、熱が39度近くあり、病院に行ったら、インフルエンザA型だと診断されました。次の日が統一試験日だったので、受かるかどうかとても心配になりました。受験日は別室受験ができました。まだ熱はあったけれども、今までがんばってきた全ての力を出すことができました。そして、第一志望校と第二志望校に合格することができました。

       みなさんも受験日に、かぜやインフルエンザにかからないよう体調にも気をつけて勉強をがんばってください。最後に僕を合格に導いてくださった浜学園のみな様、ありがとうございました。

       

  • 合格を勝ち取るまでの道のり
    • 合格を勝ち取るまでの道のり
    • M.T. さん

    • 大谷中学校[京都]合格

    •  私は、3年生からWebスクールでずっとやってきていて、その当時は習い事の方に力を入れていたので、宿題などは習い事の二の次といった具合で過ごしてきました。ですがある時ふと気がつくと、塾に通いだす人がふえてきて、私もWebスクールではなく通塾してみんなと一緒に勉強をしてみたいと思うようになりました。それで、遅い時期ではあったのですが、5年生の冬から、教室に通うことができました。ですが、実際に通ってみるとなかなかハードで想像をはるかに超える勉強量でした。でも私が最後までやりとげることができたのは、いつも工夫をこらして楽しく授業をして下さった先生方や、友達の存在があったからです。時にはテストの点数がすごく悪かったりしたときもあったけど、マスターコースの宿題などのやるべきことはきちんとこなしてきました。浜ノートが返ってきた時の先生のコメントがとてもはげみになっていたので、私は毎回コメントを楽しみにしていました。最終的には、大谷中学校のマスターJrクラスに合格することができました。今まで支えて下さった皆様、ありがとうございました。

  • ぼくの勉強法
    • ぼくの勉強法
    • 田中 悠翔 くん

    • 東山中学校合格
      立命館守山中学校合格
      香川誠陵中学校合格

    •  最初は受験するとは思わなかったけれど、周りの友達の影響も受けて、自分も受験にチャレンジしてみようと思うようになりました。
       4、5年生は授業を受けた次の日から細かく宿題に取り組みました。6年生になると、夏休みあたりから夏期講習と日曜志望校別特訓の宿題が入ってきたので宿題はなんとかして取り組めていました。しかし、復習の時間がウソのように一気に減ってしまいました。これはまずい、と感じたので勉強方法を変え、授業を受けたその日の夜のうちにどの科目も半分宿題を終わらせました。そして次の日とその次の日、残り全てに取り組みました。そうすると、残りの日で復習をする時間ができました。
       たくさん助けてくださった先生方への感謝の気持ちでいっぱいです。不合格も経験しましたが、やり切ったので未来は明るいと思います。
       最後に一つ伝えておきたいことがあります。それは、決してあきらめずに高い目標の壁をつくり必死に苦しみながらもいい勉強法を考えて、合格することが大事だと思います!

  • 合格うかるまで走り続けろ‼
    • 合格うかるまで走り続けろ‼
    • M.M. さん

    • 高槻中学校合格
      帝塚山中学校合格
      岡山中学校合格

    •  私は2019年春、高槻中学校に入学します。ここまで導いて下さった浜学園での、自分の歩みについて書かせて頂きます。
       私は、5年生で浜学園に入りましたが、公開学力テストや講習は、4年からときどき受けていました。その時とった夏期講習の成績の金メダルが今後の自信にもつながりました。
       5年の2月は、Hクラスでした。その時、洛南高附属中の見学会に行き、どうしても洛南に行きたいと思いました。(まだその時は、高槻中を知りませんでした。)なので、Hの課題だけでなくSクラスの分も取り組むことにすると、7月、Sクラスにあがることができました。それからも、Sの課題だけでなく、Vクラスの分も取り組むようにしました。すると、復習テストは、ベスト1をとれるようになりました。公開学力テストでも、国語は偏差値60を超えるようになり、算数・理科も、最初は偏差値38や40だったのが、55ほどとれるようになりました。そして、5年の1月、最高レベル特訓の算数を始め、6年から、Vクラスで勉強を始めることになりました。(この頃、高槻も意識し始めました。)
       6年からのVクラスや、始めて1か月ほどの最レ算数には、不安がありました。Vクラスは、私以外はみんな男子であったし、灘や甲陽・洛南志望のかしこい人ばかりでした。ですが、算数の演習の教材やプリントをくり返しやったり、国語や理科は暗記カードを使って覚えたりすることでベスト1をとれるようになりました。ただ、6年生から社会をとったので、地理が分からず、社会は5年からとっておけばよかったと思います。ですが、社会も、公民・歴史をくり返し覚え、地理もしっかり覚え、ベストをとれるようになりました。公開学力テストも、国語は偏差値70、算数は最レのおかげで60、全体でも60ぐらいとれるようになりました。
       しかし、「もっと成績をあげなくては」という焦りから、10月、睡眠不足により、成績がどんどん落ち、偏差値が48まで落ちてしまいました。しかし、2か月後に60までにもどし、洛南入試対策でも良い評価をもらえるようになりました。
       結果、洛南には不合格。ですが、岡山中学校のSスカラー、帝塚山中学校のスーパー選抜、そして、高槻中学校に合格することができました。
       できるかぎり頑張って洛南に落ちたのだから、洛南にご縁がなくて、高槻にご縁があったんだと思っています。私はまわりよりおそく浜学園に入りましたが、もし、もっと早く浜学園に入っていても、体が持たなかったと思います。
       受験が近かったとき、ある先生が、こんな言葉を下さりました。
       「合格うかるまで走り続けろ余計なコトは考えるな」
       目標に向かって、自分にあった方法で、必死に、走り続けたら、きっと、ご縁のある中学校に行けると思います。だから、受験生のみなさん、「合格うかるまで、走り続け」て下さい
       最後に、いつも私の相談を聞き、サポートして下さった、お世話係さんやアドバイザーの先生、その他の浜学園の方々や両親に、心から感謝します。そして、入試本番の前夜、不安だった私に、おやすみコールを交代でかけて下さったL洛南コースの先生方、本当にありがとうございました。

  • 偏差値38からの努力
    • 偏差値38からの努力
    • 太田 賢悟 くん

    • 洛南高等学校附属中学校合格
      洛星中学校合格
      高槻中学校合格
      愛光中学校合格
      北嶺中学校合格

    •  僕はこの春、洛南高等学校附属中学校に進学します。この合格体験記が、皆さんの励みになれば嬉しいです。
       僕は5年生の春期講習を受け、浜学園に入塾しました。他の人に比べて遅めのスタートでした。また、塾に入るまではサッカーに明け暮れており、ぎりぎりの点数で入ったためHクラスからのスタートとなりました。初めての公開学力テストでは偏差値38と、洛南のレベルには程遠い結果でした。でも僕は負けず嫌いの性格で、自分がHクラスの中でベスト3に入れていないことがとても悔しくて、真剣に勉強に取り組みました。自分が得意な教科でも復習テストまでには3回以上解き、苦手な教科はそれ以上に繰り返し解きました。特に社会は覚えれば点数が取れる教科なので、資料集を使って深い知識まで頭に叩き込みました。その努力が実って5年生の秋にはようやくSクラスに入れました。
       日々復習に力を入れて順調に成績が伸びていきましたが、まだまだ洛南への道は遠くて、大きな壁が立ちはだかりました。それは偏差値56の壁です。夏休み前になり洛南・洛星コースに入るための基準をこえなければいけない時期となりました。不安がありながらも最後の公開学力テストでようやく偏差値56.1を出せました。そこからもこつこつと努力を積み重ねました。すると最後のクラス替えでVクラスに上がることができました。どたんばまで追いつめられてもあきらめずに頑張り、最後の公開学力テストで偏差値60をこえることができ、最初のテストと比べ偏差値を22も伸ばせました。
       やり切ったという自信を持った状態で受験シーズンを迎えることができました。本命の洛南の試験日には、落ち着いて解くことができました。熱心に教えてくださった先生方や競い合った友達、陰で応援してくれた家族にとても感謝しています。洛南のプレも7冠特訓も落ちた僕が合格できたので、みなさんも苦しい時期があってもあきらめずに努力を続けていればいつかその努力が報われると思います。

  • 将来の夢
    • 将来の夢
    • S.K. さん

    • 立命館守山中学校合格
      ノートルダム女学院中学校合格

    • 私の将来の夢は「先生」になることです。
      私が先生になりたいと思ったわけは、浜学園におられるある先生のようになりたいと思ったからです。
      その先生はいつも私達のことを考えて授業をしてくれました。休み時間に質問に行くと、私に合った教え方で丁寧に教えてくれ、宿題も駄目なところをキチンと注意してくれました。何より私はその先生の目をみて話してくれるところが好きでした。私とちゃんと向き合ってくれ、駄目なところはちゃんと注意してくれる。私はそんな「先生」になりたいと思いました。
      皆さんも一度や二度くらいは「この先生良いな」と思ったことがあるだろうと思います。浜学園には良いなと思える先生が沢山おられます。
      自分に合った先生を見つけ、勉強を楽しむことが合格するための一番の近道だと私は思います。
      ですが、先生と会話するのが苦手な方もおられると思います。そういう方はまずは先生に質問に行かれることをお勧めします。私も最初は喋ることがとても苦手で先生に当てられてもしゃべれませんでした。けれども授業を受ける前に先生に質問に行くうちに段々と話すことが出来るようになりました。それは先生が私のペースに合わせて応えてくれたからです。私はいつのまにか当てられてもはっきりと答えられるようになっていました。私は質問に行くことによって「自ら人に喋りかけること」「分からないことはすぐに聞くこと」「先生に当てられてもオドオドせずにはっきり言うこと」が身につきました。だから私は私を変えてくれた先生の様な先生になりたいと思いました。
      浜学園に通い、勉強することで夢を見つけ、それに向かう第一歩として志望校に合格する事ができました。
      様々な塾がある中で浜学園を選んで本当に良かったと思います。
      最後になりましたが、お世話になった先生方、事務の方々、受験勉強を通してお世話になった方々、ありがとうございました。

  • 公開学力テストも大切
    • 公開学力テストも大切
    • 日夏 涼陽 くん

    • 立命館守山中学校合格
      東山中学校合格
      香川誠陵中学校合格

    •  公開学力テストは、マスターコースで習ったことを復習したり、応用したような問題がでるので、必要であると思いました。なので教科ごとに説明をしたいと思います。
       まずは、算数です。の計算を必ず正解するということで計算力が上がると思います。これにより、少し点数を取ることができます。の小問は難しい問題から易しい問題まであり、見極める力が必要だと思います。からの大問は難しいけれども、問1だけでも合わせることで、偏差値が上がると思います。
       国語は、物語文と説明文のどちらも長く、読解力をつけるにはよいものだと思います。漢字の場合、全問合わせるには毎日漢字を勉強する必要があります。入試に出た問題もあったりします。
       理科は、自分が苦手である電気についてよく出たり、応用問題も出ていましたが、いい勉強になりました。勉強をしなければ点数につながらないので、とてもがんばりました。
      社 会は、地理・歴史、入試が近づくと、公民のことも出るようになり、何回もくり返してすることができたのでよかったです。理科と同じように暗記物は勉強をして点数を取ることができました。
       最後に、公開学力テストは解き方を知ってれば解け、知らなければ解けないという問題がよくありました。けれどもその解き方を知っていれば、公開学力テストのときでも役に立ち、入試のときも役に立ちます。その解き方を知るのには、直しをするべきだと思います。なぜなら自分がまちがえた理由が分かり、解き方も分かるので一石二鳥だからです。直しをするのはめんどくさいと思っても、しないよりするほうが合格する確率は上がります。なのでみなさんは、公開学力テストを受けて、結果を見て終わり、とするのではなくて、「直し」というものをして終わりとしてみてください。

  • 春に花が咲くように
    • 春に花が咲くように
    • C.F. さん

    • 京都女子中学校合格
      ノートルダム女学院中学校合格

    •  私は第一志望校の京都女子中学校に合格することができました。この体験記がみなさんの役に立てればうれしいです。
       4年生の夏期講習からスタート。夏期講習はなかもず教室だったので、はじめのうちはいっしょにがんばろうと言ってくれる友達がいなくてさびしかったです。復習テストはボロボロ。重い気持ちで5年生に臨みました。国語はどちらかというと自信がある教科でした。一方、算数や理科の計算部分は苦手でそれは6年生になって入試直前になっても苦手意識は変わらずでした。しかし、5年生の終わりには友達ができていて切磋琢磨しながらがんばることができましたが、成績の方はなかなか思う通りにのびませんでした。
       12月になって入試まであと1ヵ月となった時に「これではマズい!」と気づきました。残り1ヵ月になると計算力や読解力はあまりのびないと考えたのでひたすら暗記をしました。通学や通塾の電車の中で暗記カードをすることはみなさんにオススメです!電車の中で暗記をしていた成果が出て、大晦日暗記テスト大会では理科と社会は高得点が取れてうれしかったです。6年生の最後の合否判定学力テストでは京都女子中学校がC判定で合格へはほど遠い道だと思っていたので大晦日暗記テスト大会で自信がつきました。入試の前日に先生達がしてくださるおやすみコールもみなさんにオススメです!今までに受験生がおやすみコールをして入試に合格していたことから私は、おやすみコールをお願いしましたが…。実際、入試の前日に応援してくださる先生の声を聞くと安心しますよ!結果めでたく第一志望校に合格できました。
       私が第一志望校の学校に合格できたのはたくさんの先生方、事務の方、SGさん、家族のおかげです。今はしんどくて苦しいかもしれませんが、その苦しみが春にはきっと「合格」に変わることと思います。みなさんも、春に花が咲くようがんばってくださいね!

  • 遠距離の受験
    • 遠距離の受験
    • 石井 杏樹 さん

    • 神戸女学院中学部合格
      帝塚山中学校合格
      岡山中学校合格

    •  私は、2年生から土曜スクール(土曜マスターコース)に入りました。当時は習い事のひとつとして、気楽に通塾していました。4年生になるときに、一般コース(マスターコース)に入りました。草津教室まで40分ほどかかるところに住んでいたので、一般コースになってから少し大変になりました。このころの偏差値は55くらいだったと思います。5年生になり、偏差値は60程度を取れるようになりました。草津教室は、Vクラスの人が8人くらいいて、私もVクラスに入れたのですが、できる人が多くて、トップの人には復習テストでとても勝てないと思ったことがありました。公開学力テストでは、偏差値60程度を維持できるよう、がんばりました。途中から最レ算数も取りました。でも、今思うと、5年生の最初から最レ算数を取るべきだったと思います。また、このころに文化祭の見学に行った神戸女学院が良いのではないかと意識するようになりました。
       6年生になり、JR京都駅前教室の通塾が増え、通塾時間は更にかかり、宿題をこなすのも大変になりました。公開学力テストで安定した点数を取れなくなりました。父親の助言で、平常(マスターコース)算数の1st以外Webに変えることにしました。社会は、遠方のため副学園長先生①社会に入れませんでした。副学園長先生の教えの通り、テキストや資料集をやりました。10月の公開学力テストでは、3科100傑に入り、4科100傑にも何回か入りました。算数は得意でしたが、最後まで国語で苦しみました。女子最難関中オープン模試、神女中プレとも国語は最下位近くでした。とにかく記述のアウトプットをできるように直前特訓でがんばり、その克服ができたと思います。直前特訓は、遠方のため通塾が難しく、西宮教室に通える所に移住しました。少しずつですが、不得意な所を減らしていきました。第一志望の神戸女学院に合格した時は、心から安心し、嬉しかったです。この受験を支えてくれた事務員さん、先生方、両親に感謝の気持ちでいっぱいです。これから遠方から受験される方のはげみになれば幸いです。頑張ってください。

  • 合格をめざして!!
    • 合格をめざして!!
    • 桐山 幸菜 さん

    • 京都女子中学校合格
      岡山中学校合格

    •  私は、京都女子中合格をめざして5年生から浜学園に入塾しました。5年生の間はSクラスで上位にいることができ、成績ものび、勉強することが楽しかったです。6年の春期講習は、最難関コースを受講しました。難しかったですががんばりました。しかし、5月頃から理科が苦手だなぁと感じるようになり、復習テストも公開学力テストも他の教科の足を引っぱるくらいに成績が落ちてきました。宿題も必ず2回はくり返し、授業も聞きましたが、問題を解くとき、みんなは手が動いているのに私は全く手が出ないという事がでてきました。母に電話で先生に相談してもらい、小5サイエンスのやり直しや、復習テストの見直しもしました。しかし偏差値が40前半に落ちてしまいました。
       夏期講習は志望校に合った難関コースを受講しました。「夏がんばれば秋から成績が上がる!」という言葉を信じてがんばりました。国算はどんどんのびて、安心でした。社会も偏差値50ぐらいで安定していました。理科は相変わらず苦手で、泣きそうになった事もありました。秋以降、点数がとれていた算数の勉強量を少し減らし理科に時間を費やしました。暗記カードを使って暗記分野をがんばりました。日特は4科とっていたので、宿題も多かったですが計算テキスト、語句マスターなども全部やり授業を受けたので1組にいることができました。学校行事も忙しく運動会、修学旅行がありました。体力的にはしんどかったですが気分転換にもなり楽しかったです。受験には健康と体力がとても大切だと思いました。直前特訓はPART1だけ受け受験前日まで過去問などでいろんな問題をとき続け、理科にも何とか自信がもてるようになってきました。岡山中、京都女子中AⅢ類に合格しました。力だめしのため京都女子中B午前、B午後も受験しⅢ類に合格する事が出来ました。苦手な教科を得意な教科でカバーしながら少しずつ全体にレベルアップできた事がよかったと思います。お世話になった浜学園の先生方、事務員さん、ありがとうございました。

  • 必ず血となり肉となる
    • 必ず血となり肉となる
    • 松本 光平 くん

    • 洛南高等学校附属中学校合格
      洛星中学校合格
      高槻中学校合格
      岡山中学校合格

    •  僕には、将来の夢が有りません。「だから、将来何にでもなれるように勉強しないとね」という母の口車に乗り、5年生から浜学園に入りました。やる気の無いスタートでしたが、クラスメイトが、志望校合格を目指して頑張っていたので、僕も必然的に勉強せざるを得なくなりました。最初、嫌々やっていた宿題も、みんなの影響を受けて、前向きに取り組むようになりました。真面目に宿題をすると、復習テストの点数が上がり、クラスでの順位も上がり出しました。クラスの順位、公開学力テストでの順位、その他いろんな場面で順位づけをされてしまうことが、初めはとても苦痛でしたが、頑張った成果が順位として表れ始めると、それが面白くなってきました。そして、6年生の6月に、VSVクラスに上がり、最終的には洛南に合格することができました。
       このように書くと、「頑張ったから合格した」ような単純な感じがしますが、実際はネチネチドロドロの大変さでした。寝不足と戦い続け、1日も遊ばず、色白のまま終わった夏休み!ついて行くのに必死だった最高レベル特訓の算数!苦手な図形問題に半泣きで取り組んだ冬休み!なかなか立ち直れなかった洛南高附属中プレ入試でのC判定!などなど…。振り返ると、ものすごく頑張った自分に感動してしまいます。もちろん、自分一人の力だけでなく、いつもタイミング良く的確なアドバイスを下さった担任の先生!落ち込んでいるとき、優しくはげましてくれたお世話係の方!そして、応援し続けてくれた両親!色々なことがあった2年間でしたが、受験にチャレンジして良かったと、今は心から思えます。こんなに頑張ったことは初めてだったし、この経験は、僕の血となり肉となりました。今後何かにつまずいても努力できるし、頑張れると思います。
      今から受験を考えている皆さんへ。浜学園の先生方、職員の方々を信じて、がむしゃらに頑張ってみて下さい。やりとげた時、今僕が味わっている達成感や充実感を体感することができます。すごくいいものですよ~、お楽しみに。

草津教室の開講コース

学年名称
小2
土曜マスターコース
習い事の兼ね合いや近辺に浜学園教室がないなどの理由で、マスターコースへの通塾が難しい方に最適のコース。週1回(土曜日)の通塾で、マスターコースの講義内容を受講できます。
学年名称
小3
土曜マスターコース
習い事の兼ね合いや近辺に浜学園教室がないなどの理由で、マスターコースへの通塾が難しい方に最適のコース。週1回(土曜日)の通塾で、マスターコースの講義内容を受講できます。
学年名称
小4
マスターコース
浜学園受験指導の中心となるコースです。中学受験に必要十分な学力の習得を目標に指導します。経験豊富な講師陣が学習計画表に基づいて指導するので効率的に学習できるほか、毎回実施する復習テストにより各単元ごとの到達度を測るとともに答案作成能力も培われます。
土曜マスターコース
習い事の兼ね合いや近辺に浜学園教室がないなどの理由で、マスターコースへの通塾が難しい方に最適のコース。週1回(土曜日)の通塾で、マスターコースの講義内容を受講できます。
学年名称
小5
マスターコース
浜学園受験指導の中心となるコースです。中学受験に必要十分な学力の習得を目標に指導します。経験豊富な講師陣が学習計画表に基づいて指導するので効率的に学習できるほか、毎回実施する復習テストにより各単元ごとの到達度を測るとともに答案作成能力も培われます。
学年名称
小6
マスターコース
浜学園受験指導の中心となるコースです。中学受験に必要十分な学力の習得を目標に指導します。経験豊富な講師陣が学習計画表に基づいて指導するので効率的に学習できるほか、毎回実施する復習テストにより各単元ごとの到達度を測るとともに答案作成能力も培われます。

時間割

教室へお問い合わせください。

草津教室で開催の入塾説明会(保護者説明会)

実施日

※実施日の前々日以降の申込は、直接教室へお電話ください。

お子さまのお名前(カタカナ)
姓:
名:
電話番号
メールアドレス
学年

※学年選択は現学年でお願いします
※4月1日からは新学年で選択ください

説明会の参加人数
お申込のきっかけ
個人情報登録の同意について