中学受験で圧倒的合格者数【浜学園】
偏差値アップで「中学受験でわらう」子供を増やす。

【Webサイト】今年度より塾生全員に非認知スキル教育を提供!
【対談記事】浜学園が「非認知能力」に注目する理由
無料体験入塾
無料体験入塾
入塾説明会
公開学力テスト
無料体験入塾
無料体験入塾
入塾説明会
公開学力テスト
北大路教室
075-451-8800
住所:
〒603-8143【教室・事務所】京都市北区小山上総町10-1 キョウテク北大路ビル2F
エレベーターはございませんので、ベビーカーをご利用の方やお身体の不自由な方は事前にご連絡ください
アクセス:
北大路駅5番出口よりすぐ
休館日について
日曜日はテスト等のイベントがない限り、基本的には閉館しております。
イメージ 詳しい周辺地図をGoogle Mapで開く

北大路教室で開催の入塾説明会(保護者説明会)

実施日

※実施日の前々日以降の申込は、直接教室へお電話ください。

お子さまのお名前(カタカナ)
姓:
名:
電話番号
(半角数字)
メールアドレス
学年

※学年選択は現学年でお願いします
※4月1日から新学年で選択ください

説明会の参加人数
お申込のきっかけ
個人情報登録の同意について

北大路教室で実施のイベント

    • 公開日:2024年05月23日
    • 第2回「小6合否判定学力テスト」
  • 趣旨
     受験学年の生徒の皆さんにとってはあらゆる角度から学力の点検を定期的に行い、その結果を次のステップへの指針として学習することが肝要です。そのために浜学園では公開学力テスト以外にも各種テストを通年で計画的に実施しております。
     「小6合否判定学力テスト」は年間4回実施いたしますが、公開学力テストより多少難度を高め、出題形式も多様にして、入試レベルに柔軟に対応できるようにするとともに、公開学力テストとは異なる視点から学力を把握することを意図しています。さらに志望校判定は各校の判定点の割合に合わせることで精度の高い判定を行います。公開学力テストと併せてこのテストを受験していただくことによって、現在の各自の学力を多角的に評価判定することができ、今後の志望校の決定や受験勉強の的確な指針としていただけます。
    対象
    小6生(マスターコース生・<東海>土曜集約マスターコース生は全員受験)
    実施日時
    6月23日(日)
    4科(算国理社) 9:00~15:30
    3科(算国理) 10:00~15:30
    実施会場
    浜学園 全教室(神戸住吉教室を除く)
    *マスターコース生は所属教室での受験となります。
    時間割
    集合時刻 4科 9:00  3科 10:00 (テスト開始後 10 分以上の遅刻の方は受験できません。)
    社会 9:10~10:00(50 分間)
    国語Ⅰ10:10~11:00(50 分間)
    算数Ⅰ11:10~12:00(50 分間)
    (昼食 12:00~12:30)
    理科 12:40~13:30(50 分間)
    国語Ⅱ13:40~14:30(50 分間)
    算数Ⅱ14:40~15:30(50 分間)
    持ち物
    受験票,筆記用具,昼食
    受験料〈税込〉
    4科(算国理社) 7,150円
    3科(算国理) 6,050円
    コード表
    合否は10校まで判定いたします。希望する学校はこちらの コード表をご覧ください。
    申込方法
    【マスターコース生・<東海>土曜集約マスターコース生】
    公開学力テストにて登録している科目数で受験するものとし、受験料は5月27日(月)に口座振替させていただきます。判定希望校登録をマイページより行ってください。
    ※公開学力テストを3科目受験している方で、4科目受験希望者は社会テスト受験料1,100円〈税込〉をマイページにてお申込みください。(クレジット決済のみ)
    ※公開学力テストを4科目受験している方で、3科目受験希望者は所属教室にお申し出ください。
    【土曜マスターコース生・特訓生・Webスクール生・一般生浜学園塾生でない方
    判定希望校登録ならびに受験料の決済をマイページより行ってください。(クレジット決済のみ)
    判定希望校の中に社会を課せられている学校が1つでもある場合は、必ず4科目を受験してください。社会を受験されない場合、4科目校の判定ができません。
    申込期間
    5/30(木)14時~6/13(木)17時
    ※合否判定希望校も上記期間内に登録してください。
    答案処理
    個人成績帳票(総合成績・得点分布表・各志望校判定・デジタル採点処理答案など)を約2週間後に直接返却または郵送いたします。
    ※ 問題用紙と解答解説はテスト当日にお持ち帰りいただきます。
    Web解説
    本テストの全問Web解説講義を1ヶ月間限定で無料公開いたします。
    塾生限定
    Web成績表
    塾生の方はWeb成績票をマイページにてご利用いただけます。この機能では事前登録した判定校だけでなく、様々な学校の合否を判定できます。また、入試カレンダーを作って併願パターンをいろいろと試すことができます。なお、閲覧可能期間は3週間です。
    お断り
    1.当日欠席の方には、問題と解答などをお送りし、受験料の返戻はいたしません。あらかじめご了承ください。
    塾生の方はご自宅で時間を計って問題に取り組んでいただき、答案をマイページよりご提出ください。後日、相当値の成績が反映された個人成績帳票を返却いたします。
    2.本テストは一切、事後の販売をいたしませんのであらかじめご了承ください。
    申込方法
    浜学園マイページよりお申し込みください。
    • 公開日:2024年05月18日
    • 第1回「超難関中オープン模試(桜蔭中オープン模試)」自宅受験のお知らせ(245090)
  • 趣旨
     お子様にはそろそろ志望校について関心を持ち始めた頃かと思いますが、なかなかその気持ちを持続して、5・6月の家庭学習における集中力を高めるのが難しいのが現実です。しかし、年々入試の難度が増す中で、5・6月のスタートダッシュのウェイトはかなり大きなものがあります。
     受験勉強の天王山といわれる夏休みを、お子様に何とか少しでも‘受験生としての自覚’をもたせ、志望校合格に向けて頑張らせたいものです。
     そこで、志望校へのより確かな合格判定を探るために、難易度の高い桜蔭中入試をベースに作成した問題で行う模試を無料で自宅受験として実施いたします。この模試の結果により知識の幅が広がり、志望校への夢がふくらんでくる可能性発見のためにも、積極的な受験をお勧めします。
    対象
    2025年春入試において桜蔭中ならびに関西最難関女子中・共学中受験予定の小6女子生(飛び級生は不可)
    実施方法
    6月19日(水)から6月23日(日)の間に自宅で受験して、6月24日(月)までに下記答案郵送先宛にご投函ください(6月24日(月)消印有効。なお、郵送料は受験者負担となりますので、ご了承ください)。また、6月24日(月)に開館している浜学園事務室でもご提出いただけます(開館状況と営業時間を予めお確かめください)。
    問題は期限通り申し込んでいただいた方のみ6月10日頃よりお渡しする予定です。
    時間割
    第1時限(9:00~9:50)国語50分
    第2時限(10:00~10:50)算数50分
    第3時限(11:00~11:30)社会30分
    第4時限(11:40~12:10)理科30分
    受験料
    無料
    答案処理
    答案は、個人成績票,解答・解説などを添えて7/8(月)以降に返却いたします。
    (ただし、期限内に全科目の答案を郵送された方に限ります。)
    Web解説
    7月13日から8月13日まで、Web解説講義を配信いたします。
    申込方法
    参加ご希望の方は インターネット申込画面(申込期間:5/25(土)14時~6/8(土)17時) からお申し込みください。

    塾生・一般生浜学園塾生でない方でマイページをお持ちの方はマイページからお申し込みが便利です。

    (なお、塾生の方はマイページからお申し込みください)
    • 公開日:2024年04月17日
    • 第2回 新小6 公開学力テストに挑戦!!(241071)
  • 趣旨
     受験の天王山である夏期講習を目前に、現在の学力や志望校合格への到達度をご確認してみられませんか?
     本テストは過年度実施の公開学力テストを用いて、「偏差値」「問題ごとの正答率」をご確認いただくことができます。
     また、浜学園の「クラス判定」「日曜志望校別特訓のコース判定」「夏期講習のコース判定」も可能です。
     テスト結果をもとに教室責任者が個別に学習相談を承りますので、ぜひ、この機会に本テストをご受験ください。
     受験者全員に参加賞を進呈します。
    対象
    小6の一般生浜学園塾生でない方
    実施日
    6月1日(土)・6月2日(日)
    実施時間
    学年新小6
    科目算数45分・国語40分
    午前の部10:30~12:10(両日)
    午後の部14:30~16:10(1日)
    13:30~15:10(2日)
    ※全時間帯とも同じ内容です。ご都合のよい日時・会場を選んで、ご参加ください。
    ※午後の部の実施時間は実施日によって異なりますのでご注意ください。
    実施会場
    浜学園 全教室
    ※名古屋教室では6月1日(土)午前・午後の部ともにウインクあいちにて実施します。
    答案処理
    答案・「個人成績票」を添えて、約2週間後に返却いたします。
    持ち物
    硬度(濃さ)Bの鉛筆と、よく消える消しゴム
    参加料
    無料
    Web解説
    答案返却後、各教科のWeb解説講義で徹底的に復習が出来ます(申込制)。
    お知らせ
    ご質問等ございましたら浜学園各教室にお問い合わせください。
    申込方法
    参加ご希望の方は インターネット申込画面【申込期間:4月26日(金)14:00~各開催日の前日 17:00】
    または一般生用マイページからお申し込みください。
    • 公開日:2024年04月17日
    • 第2回「無料オープンテスト」(241070)
  • 小学生学力向上を牽引する
    浜学園最大級の学力向上テスト

    学力診断無料オープンテスト 6月1日 土曜 17時まで受付中!

    無料オープンテストに申し込む

    学習意欲の向上・勉強に向かうきっかけづくりお子様の学習可能性を最大限にするテストです!

    • 勉強癖をつけたい
    • 得意・苦手な領域を見つける
    • 課題意識を明確にする
    • ご自分が持っている能力をみつけたい
    • 家庭学習が中心で客観的に学力が見えづらい
    • 学校の成績表だけだと能力が見えづらい
    無料オープンテストに申し込む

    無料オープンテストで
    診断できること

    単元別内容成績表

    棒グラフはあなたの得点を表し、オルパスくんアイコンは平均点を表します。

    単元別内容成績表

    得意不得意の内容まで分析できるので
    今後、どんな勉強をすると成績が伸びやすいのかが一目で分かります

    これまでの成績推移

    これまでの成績推移表

    過去の成績が反映されていない方は教室へお問い合わせください。

    過去、試験を受けたことがある方には成績の推移も表示させることができます

    無料オープンテストに申し込む
    趣旨
     子供たちの学力低下問題は中学受験をするしないに係わらず、保護者の皆様にとって最大の関心事だと拝察いたします。
     さて、このような昨今の状況を踏まえ浜学園では年4回塾生でない一般の方を対象に国語と算数の分野別習熟度の点検を目的とする「学力診断オープンテスト」を無料で実施しております。この機会に大勢の皆さんが積極的に参加し、現在の学力を点検されることをお勧めいたします。
     なお、本テストは「入塾テスト」ならびに「講習会受講資格判定テスト」も兼ねております。
     みなさん全員に参加賞を進呈します。
    対象
    小1~小5の一般生浜学園塾生でない方
    実施日
    6月1日(土)・6月2日(日)
    実施時間
    学年小1・小2小3~小5
    科目算数25分・国語25分算数30分・国語30分
    午前の部10:30~11:50(両日)
    午後の部14:30~15:50(1日)
    13:30~14:50(2日)
    ※各学年、全時間帯とも同じ内容です。ご都合のよい日時・会場を選んで、ご参加ください。
    ※午後の部の実施時間は実施日によって異なりますのでご注意ください。
    実施会場
    浜学園 全教室
    ※名古屋教室では6月1日(土)をウインクあいちにて実施します。
    科目
    算数・国語
    答案処理
    デジタル採点処理された答案・「個人成績票」を添えて、約2週間後に返却いたします。(「個人成績票」は実施後最初の木曜日に一般生浜学園塾生でない方用マイページにも掲載します。)
    持ち物
    硬度(濃さ)Bの鉛筆と、よく消える消しゴム
    参加料
    無料
    Web解説
    答案返却後、各教科のWeb解説講義で徹底的に復習が出来ます(申込制)。
    お知らせ
    ご質問等ございましたら浜学園各教室にお問い合わせください。
    申込方法
    参加ご希望の方は インターネット申込画面【申込期間:4月26日(金)14:00~各開催日の前日 17:00】
    または一般生用マイページからお申し込みください。
    • 公開日:2024年04月14日
    • 「灘・甲陽・星光・洛星中 日本一模試」自宅受験のお知らせ(241065)
  • 趣旨
      4月に実施し、ご好評をいただきました自宅受験模試を、対象校を拡大して実施いたします。まだまだ現時点では難しいと思いますが、男子最難関中統一入試の灘・甲陽・星光・洛星中から1校を選んでいただき、本番の入試と同じレベルの模試に挑戦していただき、これから夏休み前までに自分がつけなければいけない力をしっかりと認識していただきたいと思います。そして、その結果をふまえて、受験の天王山である夏休みに向け、6月~7月中旬の勉強に一心不乱に取り組むことを願います。
    対象
    男子最難関中(灘・東大寺・洛南・西大和・甲陽・星光・洛星中)を志望する小6生(飛び級生は不可)
    実施方法
    6月12日(水)から6月16日(日)の間に自宅で受験して、6月17日(月)までに下記答案郵送先宛にご投函ください(6月17日(月)消印有効。なお、郵送料は受験者負担となりますので、ご了承ください)。また、6月17日(月)に開館している浜学園事務室でもご提出いただけます(開館状況と営業時間を予めお確かめください)。
    答案郵送先:662-0832 兵庫県西宮市甲風園1丁目5番24号 アーク西宮北口ビル5F 浜学園M灘コース事務局
    テスト時間割
     灘中
    灘中入試一日目形式の国語テスト(40分間)
    灘中入試一日目形式の算数テスト(60分間)
    灘中入試一日目形式の理科テスト(60分間)
    灘中入試二日目形式の国語テスト(70分間)
    灘中入試二日目形式の算数テスト(60分間)
     甲陽中
    甲陽中入試一日目形式の国語テスト(55分間)
    甲陽中入試一日目形式の算数テスト(55分間)
    甲陽中入試一日目形式の理科テスト(55分間)
    甲陽中入試二日目形式の国語テスト(55分間)
    甲陽中入試二日目形式の算数テスト(55分間)
     星光中
    星光中入試形式の国語テスト(60分間)
    星光中入試形式の算数テスト(60分間)
    星光中入試形式の理科テスト(40分間)
    星光中入試形式の社会テスト(40分間)
     洛星中
    洛星中入試形式の理科テスト(50分間)
    洛星中入試形式の国語テスト(60分間)
    洛星中入試形式の算数テスト(60分間)
    洛星中入試形式の社会テスト(50分間)
    ※自宅でこの時間で取り組んでください。
    受験料
    無料
    答案処理
    答案は、成績通知個人票,得点分布表,合格判定基準表,解答・解説を添えて7月1日(月)以降に返却いたします。
    (ただし、期限内に全科目の答案を提出された方に限ります。)
    Web解説
    7月6日から8月6日まで、Web解説講義を配信いたします。
    (ただし、期限内に全科目の答案を提出された方に限ります。)
    申込期間
    5/2(木)14時~6/1(土)17時
    問題は期限通り申し込んでいただいた方のみ6月3日ごろよりお渡しする予定です。
    申込方法
    浜学園マイページよりお申し込みください。

入塾テストについて

入塾をご希望の方は下記のいずれかのテストを受験し、入塾資格を取得してください。

公開学力テスト 無料オープンテスト 土曜入塾テスト 特別扱い入塾テスト
学年 学年によりテストは異なります。詳細は入塾説明会にご参加いただくか、お電話でお問い合わせください。
費用 有料 無料 無料 無料
申込 必要 必要 教室へお申し込みください。 教室より折り返しご連絡いたします
実施日 毎月第2日曜 年4回(2月・6月・11月・1月) 毎週土曜14:30~ ご都合に合わせて
各教室にて実施
入塾判定の
お知らせ
その週の木曜に
郵送で通知
実施の約10日後に
郵送で通知
その場で判定 その場で判定
答案返却 あり あり なし なし
その他 成績及び順位、偏差値
も併せて通知
成績も通知 - -

北大路教室の写真

イメージ

北大路教室責任者より一言

浜学園北大路教室は京都市北部の教育熱の高い地域に位置して、今年で開講6年目を迎えます。地元の洛星、洛北、西京、同志社系を初め、東山、京都女子、洛南、立命館そして大阪北摂の高槻、奈良の東大寺、帝塚山など各中学の合格者数は年々増加しております。生徒数もお陰様を持ちまして年々増えてきており、複数クラスの設置の流れになってきております。
また自習室を設置しており、宿題、自主学習、質問対応と幅広くご利用頂けます。同時に生徒さんへの声掛けやフォロー、保護者の方との面談など面倒見の良さを心掛けております。尚、教室の裏側に駐輪場を完備しております。
この間、新型コロナ感染防止対策として、職員・講師・生徒さんへの検温、手洗い励行、教室内の消毒、空気清浄、換気を実施してきましたが、引き続き継続してまいります。
皆様のご来訪を心よりお待ち申し上げております。

浜学園北大路教室では教室のイベントとして「とことんやりきる計算満点道場」、新年度や講習前に「学習ガイダンス」、保護者対象の説明会「他の塾では教えてくれない志望校の選び方(京都エリア実践編)」などを実施してきました。塾生さんだけでなく地域の一般生の生徒さん、保護者の方も多数参加して頂きました。

浜学園といえば「難しい」「厳しい」「レベルが高い」などのお声を聞くことがありますが、実際授業を受けておられる生徒さんのほとんどが楽しいと仰ってくれます。「内容は難しいが、授業は楽しい」「友達ができた」という声が多いです。授業後の表情がそれを物語っております。入塾を迷ってらっしゃる方は無料体験授業もありますので、お気軽にお申し出下さい。

北大路教室出身者の合格体験記

  • あきらめずに進め!
    • あきらめずに進め!
    • T.Y. さん

    • 京都女子中学校合格
      京都橘中学校合格
      香川誠陵中学校合格

    •  私は京都女子中学の東雲に受かったと分かった時、信じられないほど驚き、嬉しかった。
       西京高校附属中学と京都女子中学の東雲は、どちらも第一志望だった。
       夏期講習で女子最難関の授業を受けたことで、入試問題に取り組んだ際に、あ!これ解ける!簡単だ!と思えた。難しい問題にチャレンジしすぎて、なかなか点数が取れずに自信をなくすことが多かったが、過去問を解いて、解けた!という問題を増やしていくことで、入試までに自信を取り戻せた。
       毎日取り組んだことは、毎朝の計算問題集、国語のテキストの漢字、過去問や公開学力テストや合否判定学力テストや復習テストの直し。塾の宿題や学校の宿題も大変だったけれど、頑張った。
       京女オープン模試では、計算用紙が上手く使えず、計算ミスで20点も落としてしまい、東雲がD判定になってしまった。ここでかなり自信をなくしてしまい、受からないかもしれないと思った。
       西京高校附属中学校の入試では時間配分や解く順番を失敗してしまい、解ける問題を落としてくやしい思いをした。午後入試の京都橘中学校に向かう道中、電車から見える景色を眺めているうちに、次は絶対頑張るぞ!と気持ちを切り替えられ、しっかり問題を解くことができた。
       翌日の京都女子中学校では、ここは絶対合格するぞ!とエンジンがかかり、全力を出し切ることができた。
       浜学園の先生方、事務の方々、お世話になりました! ありがとうございました!

  • 寝ていた僕が合格するまで
    • 寝ていた僕が合格するまで
    • R.N. くん

    • 東山中学校合格
      岡山中学校合格

    •  僕は、小学校2年生から浜学園に通っていました。私立の小学校に入ったため受験は絶対しなあかん!みたいな雰囲気があったので、浜学園に早めに入って、頑張らないといけないと家族に言われたからです。でも僕は、勉強が大嫌いでした。勉強が嫌いで、分からない授業だと眠くなってきて、眠さに負けて寝てしまいました。
       そんな癖がついてしまい、学校の先生にも家族にも浜学園の先生にも、注意ばかりされていました。「勉強が嫌い→わからない→眠い→寝てしまう→さらに勉強がわからない→勉強が嫌い」こんな悪循環を繰り返していました。なんとか学校や浜学園の宿題をやって、テストを受けて間違ったところを直すことだけ頑張りました。
       小学5年生の春までこんな調子で、弱い自分に負け続けていました。家族からも「このままやったらどこも受からないよ。それでいいの?」と言われ、「別に。人は人やし」と言ってしまっていました。でも、学校の友達や、浜学園で仲良くなった友達が、受験勉強を頑張り始め、どんどん成績が上がっていき、志望校を決めて頑張っている姿を見て、(あ、僕もしっかり頑張らないとな。寝てたらあかんよな)という気持ちになってきました。
       中学校の見学に参加したり、浜学園の先生から話を聞いたりして、僕は(洛星中学校か東山中学校に行けたらいいな)と思うようになりました。そう思ったのが小学5年生の6月頃です。その時、偏差値は30でした。洛星中学校も東山中学校も偏差値が全く足りませんでした。
       そこから"授業中は寝ない!"と決めました。教室の職員さんや家族と相談して、復習テストや模試を受けて、わからないところや間違ったところを何回も復習を頑張っていくことを決めました。今まで寝ていた分、復習をサボった分、わからないところだらけで、周りの友達についていくことに必死でした。
       授業や復習テストや模試の復習は、家族が復習の資料を作ってくれて、浜学園の先生方も一生懸命教えてくださいました。時々復習や間違い直しが膨大過ぎて嫌になり、逃げたくなることが何回もありました。その度に家族から「今まで寝ていたから、今、頑張らないと、ほんまに、自分が行きたい学校行けへんよ」と言われ、悔しい気持ちや不安な気持ちになり、(諦めよかな?でも、洛星中学校か東山中学校には行きたい!こんなんで行けんのかな?)と泣いたこともありました。
       受験まであと半年となった時、周りの友達が自分より頑張っている気がして、皆と一緒に土日もずっと浜学園で頑張りました。とにかく復習ばかり。復習をしてわからなかった問題が解けた時は、めちゃくちゃ嬉しくなって、友達や家族にも問題の解き方を話していました。そんなことを繰り返し、6年生の受験前最後の模試で偏差値が58になりました。
       この結果から、東山中学校ユリーカコースには絶対合格したい!!と強く思うようになり、6年生の冬休みは、わからないところを無くす努力をしました。
       洛星中学校も東山中学校も同じ日の午前と午後に試験だったので少し緊張しましたが、頑張りました。入試問題は、今まで復習してきた問題がたくさん出ていて、東山中学校の問題はスラスラ解けました。洛星中学校の問題は難しく感じました。
       結果、洛星中学校は不合格、東山中学校はユリーカコースに無事合格しました。家族中泣いて喜びました。
       僕の後悔は、授業中寝ていたことです。あの寝ていた時間、しっかり聞いてしっかり復習していたら洛星中学校も合格だったかもしれません。
       中学受験の勉強を通して、早めに頑張りはじめることの大切さを学びました。僕は、春から東山中学校のユリーカコースで、寝ないで頑張ります。そして、将来、国公立の大学に行きます。

  • 最後の大逆転
    • 最後の大逆転
    • M.I. くん

    • 洛星中学校合格
      東山中学校合格

    •  僕は、3年生の冬期講習から通塾を始めました。6年生の最後までSクラスに上がれず、ずっとHクラスにいました。6年生の夏までは成績が悪くてもあまり気にしていませんでした。理科以外は成績がなかなか上がらず、暗記が苦手なこともあり3科受験をすることにしました。しかしその後も思うように成績が上がらず、志望校合格への遠さを感じました。そこで復習テストを確実にして土台を整えようと考え、取り組みました。理科と算数はほぼ毎回満点になりました。さらに日曜志望校別特訓の小問スペシャルと語句マスターを毎日必ずしました。すると算数は公開学力テストも伸びてきました。しかし国語はまったく伸びず、夏の時点で偏差値は29でした。さすがにまずいと思い、毎日1つ長文を読むということをしていると、次の公開学力テストの偏差値が40になり、その次は49まで上がっていました。しかし課題が多くなるにつれ長文を毎日読むことができなくなると、次は偏差値が38まで下がってしまい、それから上がることはありませんでした。
       そのまま1月を迎えました。前受けの北嶺は不合格でした。そして本命の洛星、東山を3日間受験しました。洛星は自信があったのですが不合格でした。東山は3回ともエースでの合格でした。洛星前期不合格の後、僕はとても落ち込み、なかなか後期へ気持ちを切り替えられませんでしたが、先生方が気にかけてくれ声をかけ、アドバイスをしてくれました。そのおかげで前向きな気持ちで後期入試に挑むことができました。前期と後期の間もたくさんの過去問や洛星対策のプリントを勉強しました。そして洛星後期の受験当日、受験前の激励の時にもアドバイスをもらいました。「今までたくさん勉強してきたから自分を信じて、見直しをすることと落ち着くことができれば大丈夫」と言ってくれ、そのアドバイス通りに受験しました。実際見直しで間違いに気付くことができ、合格することができて本当に感謝しています。受験まで支えてくれた先生や、事務の皆さんには本当に感謝しています。

  • 成績がボロボロだった私
    • 成績がボロボロだった私
    • 髙橋 由愛 さん

    • 同志社女子中学校合格
      京都女子中学校合格

    •  私は5年生の時に浜学園に入塾しました。最初は復習テストの点数もボロボロで、授業についていくのもやっとでした。公開学力テストの成績もすごく悪く「もういやだ。なんで毎日こんな勉強しなきゃいけないの?」と思っていました。成績も上がらないまま5年生が終わってしまいました。そして、6年生になりました。「ついに6年だ。もっと勉強しないと。」そう思うようになりました。5年生の時よりも宿題をしっかりとして、できるだけ2回くり返してやるようにしました。また、マスターコースの宿題の「計算&小問完全マスター」はちゃんと時間を計って毎日コツコツとやりすすめました。そうすることで不得意だった算数の復習テストも5年生の時より良い点が取れるようになりました。
       夏休みが過ぎた9月ごろ、お世話係さんに「小問スペシャルをやると力がつくよ」と言われ、毎日コツコツと2ページやりました。コツコツやりすすめるうちに「この問題分かる!」が増えていきました。すると、基本的な計算や小問を確実に取れるようになりました。とてもうれしかったです。小問で分からない問題があれば印をつけて、算数の先生に教えてもらいました。そうするとさらに力がつきました。
       ついに入試本番。少し緊張しましたが落ち着いて問題を解くことができました。合格を知った時、うれしすぎて涙が止まりませんでした。小問スペシャルや宿題などをしている自分が頭に浮かんできて、努力は無駄じゃなかったのだと思いました。
       みなさんも、小問スペシャルは必ずやってください。基本的なところも確実にできるようになります。成績がボロボロだった私でも合格することができました。合格の全ては小問スペシャルだったと言っても過言ではないと思います。もし自分の入試の結果が望み通りではなくても、必ず将来、役立つ時が来ると思います。私を支えてくれた方々、本当にありがとうございました。

  • おすすめの勉強法
    • おすすめの勉強法
    • M.K. さん

    • 同志社中学校合格
      京都女子中学校合格
      立命館守山中学校合格

    •  私は浜学園アドバイザーの佐藤ママのお話を聞いて、2つのノートを作りました。1つは「中学受験計画ノート」というものです。

       これは、公開学カテストで分からなかったところや国語の復習テストで間違えてしまった慣用句、ことわざ、漢字などを書いておいて、後から見直すことができるものです。

       実際に私は受験会場にノートを持っていき、「こんなにも頑張ったのだから大丈夫」という自信にもつながりました。

       そして中学受験計画ノートにプラスして、「過去問ノート」というものも作りました。これは過去問の算数で何回も間違えてしまう分野などをまとめたものです。これを私は何度も何度も、受験日の前日までやり続けました。苦手な分野をまとめることで、自分の弱点を真正面から見つめることができて、克服することもできました。

       私は算数と理科が苦手でした。同志社は今年から2科目受験になったので2科に絞るべきか悩みました。先生方とも相談しました。最後の追い込み時期に2科に絞り、勉強すると、苦手な算数が少しずつできるようになりました。

       受験生の皆さんも苦手分野や教科があるかと思いますが、勉強を頑張ってください。

       

  • マイペースで掴んだ合格
    • マイペースで掴んだ合格
    • S.T. さん

    • 洛南高等学校附属中学校合格
      高槻中学校合格
      立命館中学校合格
      岡山中学校合格

    •  私は3年生の夏期講習から浜学園に入塾しました。入ったのは北大路教室です。北大路教室は規模が小さく、Vクラスもありませんでした。3年生から6年生までの間、四条烏丸教室に移ったり、転塾したりする人もいましたが、私は最後まで北大路でした。その理由は家から近い上アットホームな雰囲気が気に入っていたからです。人数が少ないので先生から個人的にアドバイスをいただけたのも、自分から質問するのが苦手な性格の私には嬉しかったです。志望校に関しては悩み続けた末、6年生の10月に洛南に定めました。
       洛南の国語は知識分野の出題が多いと知り、学校や浜の送り迎えの時に両親に口頭でことわざや外来語の問題を出してもらいました。また文章題が三つとボリュームがあるので、得意な物語文から解く、時間配分に気を付けるなど、過去問を解く中で意識するようになりました。算数の超難問や理科の力学など苦手なものはLコースの授業や宿題、浜の洛南中プレの過去問で対策し、先生に添削してもらいました。社会は世界史の部分が難しかったですが、L洛南・西大和コースで配られた世界史のプリントを本番前に見直したのが役立ちました。Lコースはとてもレベルが高くて北大路教室とは違い、いつも緊張の糸が張り詰めているようで良い刺激を受けました。入試3週間前から、三が日を除いて毎日浜へ行くことになりクリスマスも返上の状態となって、三が日も過去問を解きそれぞれの学校の傾向をつかみました。大晦日特訓は本番と同じ時間割で洛南の入試の雰囲気に慣れることができたので行ってよかったです。
       勉強のサポートや車で送り迎えをしてくれた両親と一生懸命何度も教えてくれた先生方やお世話係さんや事務員さん方、ありがとうございました!

  • 先生達に感謝
    • 先生達に感謝
    • Y.O. くん

    • 立命館中学校合格
      東山中学校合格
      京都産業大学附属中学校合格

    •  受験学年の一年間を振り返ると、春夏秋冬でいろいろな困難があったけれど、第一志望校に合格することができました。

       春は、新しく6年生としての勉強が始まり、マスターコースの勉強する時間やハードルが少し上がりました。しかし、受験生としての緊張感のレベルは低く、この時期は受験を意識しながらの勉強はできていなかったと思います。

       夏になると、「もうここでサボると受からない」と、たくさんの先生に言われていたので、しっかり自分の気持ちを高めて夏期を過ごして、成績を上げることができました。

       秋からは、習ってきたことをしっかりおさらいして、自分の中にある知識をより完璧なものにすることを心がけました。

       冬はもうラストスパートで、秋と同様にそれまでに教えてもらって得た知識を忘れないように、全力でおさらいをしました。入試の前日の授業では、4教科の最後のおさらいをして本番に臨める状態にしました。そうしたがんばりもあって、第一志望校合格を確実にすることができたと思います。

       僕は浜学園に2年間いて、マスターコースや日曜志望校別特訓、その他の特別な授業でも、たくさんの先生がサポートしてくれました。自分に合った勉強の仕方や、わからなかった問題を丁寧に教えてくれました。そのおかげで、受験した学校すべてに合格できたので、先生達には感謝の気持ちでいっぱいです。

       浜学園での2年間はすごくつらくて大変で疲れたけど、色々なことを先生達から教わりました。あきらめずに、最後までねばってがんばれば合格できました。あきらめないことの大切さも知りました。これから中学校でもたくさんの試験があると思いますが、浜学園で教わったことや合格体験を活かして、これからもがんばっていきたいと思います。

  • スケジュールの大切さ
    • スケジュールの大切さ
    • A.K. さん

    • 西京高等学校附属中学校合格
      帝塚山中学校合格
      岡山中学校合格

    •  私は、新4年生がスタートする時に、浜学園に入塾しました。入塾後5年生の夏まではWebでしたが、その後開校した北大路教室へ通いはじめました。通塾をはじめて約1年後にはじまった日曜志望校別特訓について紹介します。
       6年生の7月に、日曜志望校別特訓がはじまった時には、もう通塾を始めてから1年たっていたため、浜学園の学習のペースや勉強方法になれてきていたところでした。しかし日曜志望校別特訓が始まると学習のペースが分からず、宿題がおいつかなくなっていました。マスターコースの宿題と日曜志望校別特訓の宿題がどちらもおろそかになってしまい、成績が一気に下がりました。そんな私の成績を上げる手伝いをしてくれたのが母です。母は、1週間単位のスケジュール帳を買ってくれ、毎週日曜日の夜に1週間の計画を二人でたてました。その計画をたてる上で私が特に重要だと思うことが2つあります。1つ目は、日曜志望校別特訓は全て、マスターコースは算数、理科、社会、漢字は次の授業までに2回、解いていくことです。算数の2回目は、1回目に間違えた問題と苦手な問題だけでも良いですが、その他は2回解いてから次の復習テストを受けることが大切です。2回解くと、その問題への理解がより深まり、テストで点数をとりやすくなりました。2つ目は、直しの時間を多めにとることです。私はL洛南コースで日曜志望校別特訓を受けていましたが、まちがいだらけで直しをするのがとても面倒でした。しかし、直しの時間を多めにとると、分からない問題とじっくり向きあうことができ、自分で解くことができる問題が増えました。
       最後に、私の受験を支えてくださった両親、一生懸命分からないところをていねいに教えてくれた先生方、全ての人に感謝しています。ありがとうございました。

北大路教室の開講コース

学年名称
小2
土曜マスターコース
習い事の兼ね合いや近辺に浜学園教室がないなどの理由で、マスターコースへの通塾が難しい方に最適のコース。週1回(土曜日)の通塾で、マスターコースの講義内容を受講できます。
学年名称
小3
土曜マスターコース
習い事の兼ね合いや近辺に浜学園教室がないなどの理由で、マスターコースへの通塾が難しい方に最適のコース。週1回(土曜日)の通塾で、マスターコースの講義内容を受講できます。
学年名称
小4
マスターコース
浜学園受験指導の中心となるコースです。中学受験に必要十分な学力の習得を目標に指導します。経験豊富な講師陣が学習計画表に基づいて指導するので効率的に学習できるほか、毎回実施する復習テストにより各単元ごとの到達度を測るとともに答案作成能力も培われます。
学年名称
小5
マスターコース
浜学園受験指導の中心となるコースです。中学受験に必要十分な学力の習得を目標に指導します。経験豊富な講師陣が学習計画表に基づいて指導するので効率的に学習できるほか、毎回実施する復習テストにより各単元ごとの到達度を測るとともに答案作成能力も培われます。
学年名称
小6
マスターコース
浜学園受験指導の中心となるコースです。中学受験に必要十分な学力の習得を目標に指導します。経験豊富な講師陣が学習計画表に基づいて指導するので効率的に学習できるほか、毎回実施する復習テストにより各単元ごとの到達度を測るとともに答案作成能力も培われます。

時間割

教室へお問い合わせください。