中学受験は、心身ともに大きくステップアップするチャンスです。
浜学園は中学受験生に寄り添っていきます。

最寄りの教室を探す

教室案内

川西教室
072-759-1335
住所:
〒666-0033 川西市栄町10-5(パルティ川西 3F)
アクセス:
阪急川西能勢口駅北へ徒歩1分 JR川西池田駅より北東へ徒歩10分
休館日について
毎週木曜休館です。
日曜日はテスト等のイベントがない限り、基本的には閉館しております。
イメージ 詳しい周辺地図をGoogle Mapで開く

川西教室で開催の入塾説明会(保護者説明会)

実施日

※実施日の前々日以降の申込は、直接教室へお電話ください。

お子さまのお名前(カタカナ)

姓:

名:

電話番号

メールアドレス

学年

※学年選択は現学年でお願いします
※4月1日からは新学年で選択ください

説明会の参加人数

お申込のきっかけ

個人情報登録の同意について

川西教室で実施のイベント

    • 公開日:2022年05月05日
    • 「灘中日本一模擬入試」自宅受験のお知らせ
  • 趣旨
      いよいよ小6生の入試本番まであと8ヵ月となり、灘中をはじめ男子最難関中を受験する小6生は来年1月の入試当日に向けて一心不乱に勉強に取り組んでいることと拝察いたします。入試本番に向けて不安な教科・単元については徹底的に対策を立てて不安を全て払拭すると同時に、自信のある得意な教科・単元についてはより得点が稼げるよう、入試当日に最高の力が発揮できるように現在の自信をさらに確固たるものとするべく、日々努力を重ねていることでしょう。
      ただ、灘中をはじめ男子最難関中の入試本番はそんなに甘くはありません。夏休み前に受験生は難問・超難問に精一杯チャレンジして、その結果を参考にし、自分の夏休みの課題をしっかり見つけていただきたいと思います。従って、男子最難関中を志望する受験生は、少しでも時間があれば中学入試の天王山である夏休み42日間の前に入試本番とそっくりなテストである「灘中日本一模擬入試」に是非チャレンジして欲しいと思います。
      このような時期でありますので、灘中を少しでも考えている受験生が1人でも多く受験できるように、無料で自宅受験として実施させていただきますので、是非参加していただきたいと思います。また、Mコースで東大寺中・洛南中・西大和中・甲陽中・星光中・洛星中の6つの男子最難関中を第1志望としている受験生にも是非チャレンジしていただき、夏休み前に小6生となって受験勉強に頑張ってきた5ヵ月間の成果を試していただきたいと存じます。従って、今回は過年度の同時期に受験した先輩(灘・東大寺・洛南・西大和・甲陽・星光・洛星を志望する過年度の小6生)の成績の入った分布表と今回受験した皆さんたちだけの分布表の2種類を提供します。この大母集団の中での成績比較は、夏休みに向けての受験勉強の大事な指針となるものだと思いますので、M灘コース生,Mコース生全員の受験を是非おすすめします。
    対象
    灘中をはじめ男子最難関中(灘・東大寺・洛南・西大和・甲陽・星光・洛星中)を志望する小6生(飛び級生は不可)
    実施日時
    6月18日(土)8:00~13:10
    実施方法
    自宅受験して6月18日(土)中に浜学園M灘コース事務局までお送りください。6月18日(土)に学校があり実施できない場合は、6月19日(日)に時間を5時間10分とって実施いただき(あるいは6月18日(土)と6月19日(日)に分けて実施いただき)、下記住所宛にご投函ください。(6月20日(月)消印有効。なお、郵送料は受験者負担となりますので、ご了承ください。)また、6月19日(日)に開館している浜学園事務室でもご提出いただけます(開館状況と営業時間を予めお確かめください)。
    答案郵送先:662-0832 兵庫県西宮市甲風園1丁目5番24号 アーク西宮北口ビル5F 浜学園M灘コース事務局
    テスト時間割
     
    8:00~ 8:40 灘中入試一日目形式の国語テスト(40分間)
    8:45~ 9:45 灘中入試一日目形式の算数テスト(60分間)
    9:50~10:50 灘中入試一日目形式の理科テスト(60分間)
    10:55~12:05 灘中入試二日目形式の国語テスト(70分間)
    12:10~13:10 灘中入試二日目形式の算数テスト(60分間)
    ※自宅でこの時刻に取り組んでください。
    受験料
    無料
    答案処理
    答案は、得点分布表(今回の受験者のみと過年度の同時期に受験した先輩の人数も入れた分布表の2種類),個人成績表,灘中日本一模試合格判定基準表,解答・解説を添えて約15日後7月3日(日)以降に返却いたします。
    (ただし、期限内に全科目の答案を郵送された方のみ、答案といっしょに解答・解説を発送させていただきます。)
    Web解説
    答案返却後、各教科のWeb全問解説で徹底的に復習が出来ます。(ただし、期限内に全科目の答案を郵送された方のみ、Web解説を配信させていただきます。)
    申込期間
    5/5(木・祝)14時~6/8(水)17時
    申込方法
    参加ご希望の方は インターネット申込画面(申込期間:5/5(木・祝)14時~6/8(水)17時) からお申し込みください。

    塾生・一般生浜学園塾生でない方でマイページをお持ちの方はマイページからお申し込みが便利です。

    (なお、塾生の方はマイページからお申し込みください)
    • 公開日:2022年05月02日
    • 浜学園 副理事長・橋本憲一 × 医学博士・吉田たかよし先生Zoom講演会「脳医学が解き明かす! 合格実績を出し続ける浜学園の勉強法」
  • 概要
      最難関、難関中学の合格実績を出し続ける浜学園の勉強法と、保護者の家庭での関わり方について、浜学園副理事長(前学園長)橋本憲一と、医学博士(浜学園教育顧問)の吉田たかよし先生が解説します。
    対象
    小1~小6生の保護者
    実施日
    5月26日(木) 10:30~12:00
    会場
    Zoomウェビナー
    内容
     
    1.「浜学園の実績と3つの勉強法」
    弁士 浜学園副理事長(前学園長)橋本憲一
    内容 スパイラル方式、復習とテスト、実績の積み上げによるプラスの効果
    2.「脳医学が解明する 浜学園の学習法と実績の関係」
    弁士 医学博士 浜学園教育顧問 吉田たかよし先生
    内容 復習主義、テスト、クラス編成が合格実績に結びつく理由を脳医学で解明
    3. 対談「「ついついしてしまうNG行動… 家庭での保護者の関わり方」
    弁士 医学博士 浜学園教育顧問 吉田たかよし先生
    浜学園副理事長(前学園長)橋本憲一
    内容 実力テストが怖い… 保護者の心理
    勉強が好きになる! 子どもがフロー状態になるたった一つの方法
    子どもの弱点箇所はこう告げる「ポジティブフレームワーク」 など
    4. 質問タイム
    参加費
    無料
    プロフィール
    浜学園教育顧問・医学博士 吉田たかよし先生

    灘中学、灘高校、東京大学工学部(量子化学専攻)卒業。
    東京大学大学院(分子細胞生物学専攻)修了。
    東京大学新聞研究所修了(現・大学院情報学環)。
    北里大学医学部を経て東京大学大学院医学博士課程修了。
    現在、医師として受験生の脳機能や体調管理を専門に扱う心療内科院長を務める一方、学習カウンセリング協会代表として、受験生の脳機能やメンタル面の状態に適した勉強方法の普及活動に従事。
    注意事項
    定員に達し次第、申込受付を終了いたします。お早めにお申し込みください。
    講演会には、パソコン,タブレット,スマートフォンでご参加いただけます。Zoomはアカウント登録なしでも利用できます。
    Zoomミーティングに参加するための情報は5月24日(火)18時にメールにてお知らせいたします。(お知らせメールが迷惑メールフォルダに入る場合がございますのでご注意ください) また、予めZoomアプリをインストールしていただき、動作確認(https://zoom.us/test/)していただく必要がございます。
    Zoomアプリの利用についてご不明の方は、Zoomヘルプセンター(https://support.zoom.us/hc/ja)でご確認ください。
    申込方法
    参加ご希望の方は インターネット申込画面(申込期間:5/2(月)14時~5/23(月)17時) からお申し込みください。

    塾生・一般生浜学園塾生でない方でマイページをお持ちの方はマイページからお申し込みが便利です。

    (なお、塾生の方はマイページからお申し込みください)
    • 公開日:2022年04月20日
    • 佐藤ママとZoom座談会「中学入試を成功に導く学年別学習スケジュールの立て方」
  • 趣旨
      このたび、「中学入試を成功に導く学年別学習スケジュールの立て方」と題して浜学園アドバイザーの佐藤亮子さんと浜学園算数科主管の村田竜祐先生が浜学園,駿台・浜学園の保護者を応援するためにZoom座談会を実施いたします。ここでは、中学入試を見据えた塾通いをされている方、また塾通いの予定のある方を対象に小1~小5までの日々の学習スケジュールの立て方を学年別にお話しさせていただきます。
      座談会の流れは、佐藤さんと村田先生が親の立場と先生の立場でお話しします。また、事前質問にもできるかぎり答えていきます。
      この機会にぜひご参加いただき、新学年のスタートダッシュに役立てていただければ幸いです。
    対象
    小1~小5生の保護者
    Zoom実施日
    6月1日(水)
    12:30~14:30(Zoom講演会)
    14:30~15:00(チャット感想タイム)
    弁士
    浜学園アドバイザー 佐藤亮子様
    浜学園教科指導部次長,算数科主管 村田竜祐
    参加料
    塾生:330円
    一般生浜学園塾生でない方:550円(クレジット決済のみ)
    ※ 座談会が中止にならない限り返金は致しかねます。また、録画放映も致しませんのでご了承ください。
    事前質問について
    事前質問の募集は5月28日(土)17時で締め切らせていただきます。ご了承ください。
    ※事前質問はお申込みの際にご記入いただけます。
    注意事項
    定員になり次第、申込受付を終了いたします。お早めにお申し込みください。

    座談会には、パソコン,タブレットでご参加いただけます。Zoomはアカウント登録なしでも利用できます。
    Zoomミーティングに参加するための情報は5月30日(月)にメールにてお知らせいたします。(お知らせメールが迷惑メールフォルダに入る場合がございますのでご注意ください。)
    また、予めZoomアプリをインストールしていただき、動作確認(https://zoom.us/test/)していただく必要がございます。
    Zoomアプリの利用についてご不明の方は、Zoomヘルプセンター(https://support.zoom.us/hc/ja)でご確認ください。
    申込方法
    参加ご希望の方は インターネット申込画面(申込期間:5/6(金)14時~5/29(日)17時) からお申し込みください。

    塾生・一般生浜学園塾生でない方でマイページをお持ちの方はマイページからお申し込みが便利です。

    (なお、塾生の方はマイページからお申し込みください)
    • 公開日:2022年04月19日
    • 第2回「学力診断無料オープンテスト」
  • 趣旨
     子供たちの学力低下問題は中学受験をするしないに係わらず、保護者の皆様にとって最大の関心事だと拝察いたします。
     さて、このような昨今の状況を踏まえ浜学園では年4回塾生でない一般の方を対象に国語と算数の分野別習熟度の点検を目的とする「学力診断オープンテスト」を無料で実施しております。この機会に大勢の皆さんが積極的に参加し、現在の学力を点検されることをお勧めいたします。
     なお、本テストは「入塾テスト」ならびに「講習会受講資格判定テスト」を兼ねております。
     みなさん全員に参加賞を進呈します。
    対象
    小1~小6の一般生浜学園塾生でない方
    実施日
    6月4日(土)・6月5日(日)
    実施時間
    学年 小1・小2 小3~小5 小6
    科目 算数25分・国語25分 算数30分・国語30分 算数45分・国語40分
    午前の部 10:30~11:50(両日) 10:30~12:10(両日)
    午後の部 14:30~15:50(4日)
    13:30~14:50(5日)
    14:30~16:10(4日)
    13:30~15:10(5日)
    ※両日、両時間帯とも同じ内容です。ご都合のよい日時・会場を選んで、ご参加ください。
    ※午後の部の実施時間は6月4日(土),5日(日)では異なりますのでご注意ください。
    実施会場
    浜学園 全教室
    ※天王寺教室は本館にて実施します。
    ※名古屋教室では6月4日(土)午前・午後の部ともにウインクあいちにて実施します。
    科目
    算数・国語
    答案処理
    答案(小1~小5はデジタル採点処理された答案)・「個人成績表」を添えて、約10日後に返却いたします。(小1~小5の「個人成績票」は実施後最初の木曜日に一般生浜学園塾生でない方用マイページにも掲載します。)
    持ち物
    硬度(濃さ)Bの鉛筆と、よく消える消しゴム
    費用
    無料
    お知らせ
    ご質問等ございましたら各教室にお問い合わせください。
    また、本イベントと同時並行して「保護者説明会」を実施する教室もございます。是非ご参加ください。
    申込方法
    参加ご希望の方は インターネット申込画面(申込期間:4/30(土)14時~各実施日の前日17時) からお申し込みください。

    塾生・一般生浜学園塾生でない方でマイページをお持ちの方はマイページからお申し込みが便利です。

    (なお、塾生の方はマイページからお申し込みください)

入塾テストについて

入塾をご希望の方は下記のいずれかのテストを受験し、入塾資格を取得してください。

公開学力テスト 無料オープンテスト 土曜入塾テスト 特別扱い入塾テスト
学年 学年によりテストは異なります。詳細は入塾説明会にご参加いただくか、お電話でお問い合わせください。
費用 有料 無料 無料 無料
申込 必要 必要 不要 必要
実施日 毎月第2日曜 年4回(2月・6月・11月・1月) 毎週土曜14:30~ ご都合に合わせて
各教室にて実施
入塾判定の
お知らせ
その週の木曜に
郵送で通知
実施の約10日後に
郵送で通知
その場で判定 その場で判定
答案返却 あり あり なし なし
その他 成績及び順位、偏差値
も併せて通知
成績も通知 - -

川西教室の写真

イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ

川西教室責任者より一言

 授業を終えた生徒たちの机の上にはたくさんの消しゴム屑が残されています。
 それは生徒たちが一生懸命頑張った努力の跡であり証です。
「この努力に報いたい」
 それが浜学園川西教室のスタッフの思いです。
 浜学園川西教室は、生徒ひとりひとりの能力を最大限に引き出し、それを伸ばしていくことが最大の使命と考えています。そのために意欲をもった生徒たちに対し私たちはより良い授業、より良い学習環境を提供していくことに努めてまいります。
 また、生徒の夢の実現にむけてそれをかなえるためのサポートを誇りをもって必ず実践してまいります。
 「中学受験」を通して、学力、人間力を育むため、ぜひ浜学園川西教室で共に頑張っていただきたいと思います。
 積み重ねた努力は必ず報われます。希望にあふれ意欲ある皆さんのご来室を心よりお待ち申し上げます。

川西教室で開催の入塾説明会(保護者説明会)

実施日

※実施日の前々日以降の申込は、直接教室へお電話ください。

お子さまのお名前(カタカナ)

姓:

名:

電話番号

メールアドレス

学年

※学年選択は現学年でお願いします
※4月1日からは新学年で選択ください

説明会の参加人数

お申込のきっかけ

個人情報登録の同意について

川西教室出身者の合格体験記

  • どんな結果であれ努力は無駄じゃない!
    • どんな結果であれ努力は無駄じゃない!
    • 光吉 希望 さん

    • 関西大倉中学校合格
      岡山中学校合格

    •  私はこの春、関西大倉中学校に入学することになりました。しかし、私の志望校は違うところでした。最初は講習会や公開学力テストしか行ってなかったのですが、4年生になって急遽入塾することに。5年生まではWebで授業を受けていました。そして6年生になった時に、通塾に変更しました。友達もたくさんできて先生が優しく接してくれるのでいつしか塾に行くのがすごく楽しみになっていました。今から私の浜学園での1年間を紹介したいと思います。
       春期講習は最難関コースを受講しました。しかし、苦手な算数についていけず、なかなかいい結果を残すことができませんでした。しかし、最難関コースに入ることができ、またSクラスに上がることができました。
       夏期講習は最難関コースの資格が取れず難関コースで受講しました。その時は良い結果を残すことができました。しかし、SクラスからHクラスに落ちてしまってからクラスが上がることはありませんでした。秋になると、過去問を解いたりしていてなかなか復習の時間が取れないので、夏休みはしっかりと計画を立てて復習をするようにしたらいいと思います。
       秋からは日曜志望校別特訓がありました。7、8月は女子最難関中コースを受講しました。国語や理科ではなんとか平均点を取ることができましたが、算数では平均点を大幅に下回る点数を取り続けていました。そしてそのまま志望校のコースに入りました。家から教室までの距離が長かったのでなかなか良い点数を取れずにいた算数だけを受講しました。クラスは一番下で決して良い点数を取ることはできませんでしたが、先生が手厚く指導してくださり、算数に力を入れて勉強できるようになりました。過去問は志望校の説明会でもらったノートを使って何回も繰り返し解くように心がけました。私は、間違えたところには問題番号のところに赤ペンで印を付けて、合っていたら斜線を引くという方法で解いてました。また、本番はどうしても緊張してしまい思うように手が進まなくなる可能性も十分にあるので、制限時間よりも10分短くタイマーを設定すると良いと思います。暗記は毎日欠かさずやるようにしていました。暗記は移動時間や寝る前にやるのがオススメです。暗記は最後まで伸びるので諦めずに頑張ってほしいです。
       いよいよ入試直前特訓が始まりました。クラスは一番下でしたが一生懸命勉強したおかげで良い結果を残すことができました。苦手な算数でもベストを取ることができました。国語や理科も同じくベストを取ることができるようになりました。しんどかったけれど勉強したら憧れの学校に行けると思い、頑張って勉強しました。直前自習室や質問なども積極的にするようにしました。また、私は浜学園のはちまきを購入して先生にサインを書いてもらいました。先生が支えてくださったことは今でもとても心に残っています。
       そして迎えた本番。大好きな国語でなかなか思うように出来ず、続く他の教科もケアレスミスをしてしまったりして思うように出来ませんでした。他の志望校もA判定が出ていたのに全部不合格でした。そんな時に浜学園の先生が励ましてくれて受けられる学校を探してくれました。そのおかげで関西大倉中学校に合格することができました。岡山中学校もそうなのですが私は検定加算を使って試験を受けました。もし検定の勉強ができそうなら検定は取っておいた方が良いと思います。正直、志望校には行きたかったので悔しい気持ちはまだありますが、関西大倉中学校は私がやりたいことが全て出来る学校なので、将来の夢に向けて頑張りたいと思います。
       最後に皆さんに言いたいことがあります。それは、どんな結果であれ努力は無駄じゃないということです。受験勉強は大変だと思いますが、中学受験の勉強は今しかできません。今頑張っていることはいつか自分を励ましてくれる最高の材料になるはずです。みなさんも自分だけの素敵な思い出を作ってください。応援しています!ここまで私を励ましてくださった全ての方に改めて感謝します。

  • みんなのおかげでサクラサク
    • みんなのおかげでサクラサク
    • M.Y. さん

    • 大阪教育大学附属池田中学校合格
      高槻中学校合格
      香川誠陵中学校合格

    • 私は、前受け校を含め3校の中学を受験し、すべての中学校に合格することができました。私もがんばりましたが、合格は、私を支えてくれた方々がいてこそ実現できたことだと思います。
      お母さんは、浜への送り迎えやお弁当、入試前日・当日のサポートなど、たくさんのことをしてくれました。うれしい時は一緒に盛り上がってくれました。合格を最初に喜んでくれたのもお母さんです。けんかもたくさんしました。でもお母さんのことはいつもいつも大好きです。
      お父さんは、いつもお母さんとは違う見方でアドバイスをくれました。浜へ行くためのお金を用意してくれたのもお父さんでした。私が6年生になってからは、仕事の都合で単身赴任になってしまったけれど、入試の時は帰ってきて、いろいろ支えてくれ、たくさん応援してくれました。
      弟には私のために公園や友達の家へ行くことを度々がまんさせることがあって、つらい思いをさせたと思います。でも弟が新しいゲームを買うのを、受験が終わるまで待っていてくれたおかげで勉強に集中することができました。
      友達は、受験する子もしない子も、私を応援してくれて、合格を一緒に喜んでくれました。
      浜の先生は、浜ノートにいつもいろいろなアドバイスを書いて下さいました。授業を盛り上げてくれた国語の先生。先生のおかげで浜に行くのが楽しくなりました。クラスの中でいつも浮いていた私を気遣って下さったL神女コースの先生方。とてもうれしくて「ひとりぼっち」のさびしさに打ち勝つことができました。
      事務員さんはいつも私のことをはげましてくれました。悩みの相談に乗ってもらったり、早退の時にやさしくしてもらったり、とてもお世話になったことを忘れません。
      たくさんの方々に支えられ、私は合格できました。感謝の思いを胸に、素晴らしい中学校生活を歩み始めたいと思います。みなさん、3年間本当にありがとうございました。

  • 努力は人を裏切らない!自分を信じて頑張ろう!
    • 努力は人を裏切らない!自分を信じて頑張ろう!
    • 大木 東吾 くん

    • 三田学園中学校合格

    • (はじめに) 僕は、第一志望の学校には合格できなかったものの、第二志望の三田学園中に合格することができました。第一志望に合格できなかった僕ですが、この合格体験記が皆さんの役に立てれば幸いです。
      (小3~小4) 入塾テストに合格ラインギリギリで合格し、新小3で入塾した僕は、浜学園の授業についていけず、いつも最下位という成績でめげそうになり、やる気が出ない日もありました。ですが、「そこであきらめてはいけない」という先生からのエールをもらって小4に進級した僕はその言葉通りあきらめずに努力しようとしました。
      ですが、努力しようとするもどうしていいのかわからず、結局小4でも成績はガタガタで小5に進級してしまいました。
      (小5~小6夏) 
      小5に上がって、まずつまずいたのは、宿題です。僕からすると今までとは比べ物にならないくらいの量で、なかなかついていけず苦戦したものの、小5の秋にやっと自分なりの宿題のやり方を見つけて、そこからはなんとかついていけるようになりました。
      宿題のやり方を発見して小6に進級したぼくは、調子もよく、授業に余裕を持ってついていけるようになり、先生に「本領が発揮されているからそのままの調子で志望校へ真っ直ぐ加速だ!」とエールをいただき、夏期講習もこなしました。
      (小6秋~入試直前特訓) 
      秋ごろになると、受験勉強に一段と力を入れるようになりました。過去問や参考書の問題を解きはじめ、受験生として「絶対に志望校に合格するぞ!」と自分に言い聞かせながら勉強していました。
      そして冬になると、入試直前特訓が始まりました。入試直前という事もあり、緊張が一段と高まっていました。
      (入試前日) 入試前日は、朝から緊張していました。でも、いつものように「おはよう」や、「いただきます」と普段のように家族と話しながら生活していると、次第に緊張がほぐれてきていました。
      夜にかかってきた先生方からのおやすみコールは、僕を勇気づけてくださると共に、自信をくださいました。
      (そして、入試当日) 
      入試当日、先生がおっしゃっていたウォーミングアップをし、試験会場に向かいました。その時、誰かが言っていたこんな言葉を思いだしました。「根拠がなくてもいい。自分に自信をもて」その言葉を胸に、試験会場に向かいました。
      結果は、第一志望の学校には合格できなかったものの、第二志望の三田学園中学校に合格することができました。
      (最 後 に) 僕が中学受験を通して学んだことは、先生方がおっしゃっていたことと同じでした。
      それは、「努力は人を裏切らない!自分を信じて頑張ろう!」という言葉でした。
      努力は必ず報われると思います。だから、皆さんが今目指している志望校は、努力すれば必ず合格できると思います。だから、志望校合格へ全力で努力してください!!!!
      皆さんの第一志望校合格を祈っています!!!!

  • 合格達成
    • 合格達成
    • 田中 穗華 さん

    • 履正社学園豊中中学校合格

    • 私は、履正社学園豊中中学校で行なわれた、1月13日の「前期一次試験」と1月14日の「前期二次試験」の二回共専願で受験し、両方に合格を果たしました。2018年度の合格発表日は1月15日だったので二回受験する方法を取りました。前期一次の前日は、「受かる事だけ考えよう」や「いや、そういう気持ちでいくと落ちるんだ」という気持ちが交互にうかびました。でも試験前日の5時頃から7時頃に私のように緊張している人の為に、先生達が電話で応援や励みの言葉を下さる「おやすみコール」という制度があったおかげでその晩はぐっすりと眠る事ができました。
      私は本番前にあわてるタイプなので、統一入試当日の気持ちは「よし行こう!」でした。受験校に浜学園の先生がおられ予想問題と応援の握手を頂いた事で不安を自信に切りかえられました。
      そして合格発表。2時から4時迄の受付だったので、学校はお昼迄で早退して受験校へ行きました。本来は2時に発表でしたが、時間の都合により10分前に発表がありました。気を引き締めて行くと、見事に一次・二次共に合格。落ちてしまった時に泣いてしまうだろうとハンカチを手にしていましたが、二つの受験番号を確認し気が付くと私は泣いていました。浜学園で全力で取り組み、今見えた「合格」という二文字に、「感動だけでは言い表せないくらいの気持ち」で一杯です。
      実は私は将来、防衛大学校へ行きたいと思っています。様々な災害があった時に一人でも多くの人の役に立ちたいと考えているからです。その為にはまず「志望校合格」を果たす事で夢への第一歩を今やっとふみ出せたのではないかなぁと考えています。浜学園で養った全力で根気よく取り組む姿勢はこれからも続けていきたいです。
      来年度以降に受験を考えている皆さんには、受験の基礎・応用をくりかえして根気よく、また間違えた問題こそが自分をのばしてくれるチャンスの問題なのだ、今気付けて良かったんだ、と気持ちを切りかえて勉強して合格してほしいと心から思っています。

  • 自分を信じて
    • 自分を信じて
    • 松尾 綾音 さん

    • 同志社女子中学校合格



    • (はじめに) 私は第一志望の同志社女子中学校に合格しました。この体験記が皆さんのお役に立てば幸いです。
      (4年・春) 女子校に行きたいという思いがあり、春期講習から入塾しました。授業はおもしろくて、通うのが楽しかったのですが、受験の事など全く意識しておらず、受験という言葉さえ知りませんでした。復習テストでは何度もベストに入りましたが、公開学力テストはボロボロでした。
      (5  年) 社会も取っていました。宿題が多く暗記もたくさんしないといけなくなり、宿題をきっちりできなくなったので、社会は№15辺りでやめました。算数と理科はベストにのっていました。一方、志望校は女子校じゃない関西学院の文化祭に行った時、校舎がきれいで男女の仲も良かったので共学でもいいかもと思いました。
      (6  年) 習い事も浜学園だけになり、常に勉強でした。ライバルの女の子がSクラスへ行ってくやしく思い、私も上がりたいという思いが高まりました。
      (6年・夏) 受験の合否はほぼ夏休みで決まると言われていました。夏期講習は豊中教室で受けました。家でやるとダラダラするので早朝特訓も受けました。移動が大変でした。けれど移動中の友達とのおしゃべりが支えとなりました。日曜志望校別特訓、夏期、平常(マスターコース)全ての宿題をがんばってこなすように集中しました。
      (6年・秋) 志望校は関西学院だったので、K.G.エクスプレスを受けていました。また関学中のプレテストではB判定をもらい、うれしかったです。けれど合否判定学力テストでは毎回D判定で無理だと思ったし、なぜかまた女子校に行きたいと思うようになり、志望校を同志社女子に変えました。関同立中プレでは見事8位を取り、うれしかったです。ここで自信がつきました。
      (6年・冬) 直前特訓が始まり、宿題が多くて大変でした。早朝・午後特訓のどちらも参加しました。そこで過去問についてたくさん質問しました。前日はおやすみコールで不安がとけました。そして本番。全く緊張せず行けました。国語を失敗し、大丈夫かとすごく心配になりました。結果を見に行って自分の番号があった時は、うれしくてたまりませんでした。
      (最 後 に) 私が合格をつかみ取る事ができたのは、浜学園の方々、家族の支えがあったからです。ありがとうございました。みなさんも分からない問題は先生にドンドン質問して、最後まであきらめずに頑張って下さい。自分の力を信じるときっと合格できます。心から応援しています。

  • 不合格から合格へ
    • 不合格から合格へ
    • T.S. くん

    • 高槻中学校合格
      金蘭千里中学校合格
      岡山中学校合格

    •  ぼくは第一志望校の高槻中学校に合格できました。この体験記が皆さんの役に立てれば光栄です。小4の夏、ぼくは浜学園に入りました。公開学力テストでは、偏差値が40~45をずっとうろうろしていました。このころは理科が苦手でした。小5の時、初めの頃はずっとブラブラして宿題をサボっていました。しかし夏ごろから急にやる気スイッチが入り、今まで苦手だった理科を底上げし、
      7月の公開学力テストでようやく偏差値50をこえました。ここでようやくSに上がれる希望が見えました。12月の公開学力テストでは底上げした理科の偏差値が60をこえて、母といっしょに喜びました。小6の春、公開学力テストの偏差値に波がありなかなかSに上がれず、とても苦しかった毎日でした。しかし母といっしょに「受験の天王山は夏ではなく春」を合い言葉にしてがんばりました。小6の夏、夏期講習が始まりました。早朝特訓ではわからない所を先生に聞けてとても良かったです。皆さんも早朝特訓を受けてください。小6秋、9月にようやくHからSに上がることができました。そして日曜志望校別特訓がコース別にわかれました。ぼくは六甲コースになり、はじめは3組だったけれど、最終的に2組に上がれました。また11月の公開学力テストでは3科平均偏差値54をとれました。直前PART1、ぼくはRコースの1組でした。わからないページにふせんをはり何度も間違い直しをしました。PART2、1組に残れました。わからない問題があればすぐ先生に教えてもらいに行きました。宿題が多くとても大変でした。1月14日、午前中の高槻中入試は本命校なので緊張しすぎてしまい、普段ならわかる問題を間違え落ちてしまいました。午後の金蘭千里中は無事合格。1月15日、高槻のBを受けました。手ごたえがあり、Aより自信がありました。1月17日開明中の入試と高槻の合格発表がありました。開明は気をゆるめてしまったので落ちてしまいました。そして高槻の結果は…、見事合格し電車の中で静かに喜びました。最後に、今までお世話になった先生方、そしてぼくを支えてくれた家族、今まで本当にありがとうございました。

  • シュート!!
    • シュート!!
    • 上廣 直哉 くん

    • 高槻中学校合格
      明星中学校合格
      岡山中学校合格

    •  僕は6年生になってもサッカーのことを忘れることが出来ませんでした。日曜錬成特訓で最初は基礎2組で不安で一杯でしたが、講座が進むにつれて、先生方の熱心な授業や、浜学園全体のしっかりとした個々に対する進路の方向付けに「シュート!」という強い気持ちが湧きました。以来、各教科の理解力が増し、公開学力テストでは良い結果を残すことが出来ました。そして直前特訓では西宮Rコースの1組に入ることが出来て大きな自信が生まれました。その「シュート!」という強い気持ちが「ゴール!」の枠に入って本当に良かったです。結果、志望校の高槻中学校に合格することが出来ました。実は高槻中学合格者の兄の受験番号と僕の受験番号がなんと同じだったのです。そのことを受験前日に知り、不安だった気持ちも受かるかもしれないという自信につながりました。

       合格した今、各担当の先生の皆様、事務の方々、そして家族に「ありがとうございました」という一言を伝えたいです。浜学園での頑張りをこれからも忘れることなく、次のステップに向かって進んでいきたいと思います。

川西教室の開講コース

学年名称
小3
土曜マスターコース
習い事の兼ね合いや近辺に浜学園教室がないなどの理由で、マスターコースへの通塾が難しい方に最適のコース。週1回(土曜日)の通塾で、マスターコースの講義内容を受講できます。
学年名称
小4
マスターコース
浜学園受験指導の中心となるコースです。中学受験に必要十分な学力の習得を目標に指導します。経験豊富な講師陣が学習計画表に基づいて指導するので効率的に学習できるほか、毎回実施する復習テストにより各単元ごとの到達度を測るとともに答案作成能力も培われます。
土曜マスターコース
習い事の兼ね合いや近辺に浜学園教室がないなどの理由で、マスターコースへの通塾が難しい方に最適のコース。週1回(土曜日)の通塾で、マスターコースの講義内容を受講できます。
学年名称
小5
マスターコース
浜学園受験指導の中心となるコースです。中学受験に必要十分な学力の習得を目標に指導します。経験豊富な講師陣が学習計画表に基づいて指導するので効率的に学習できるほか、毎回実施する復習テストにより各単元ごとの到達度を測るとともに答案作成能力も培われます。
学年名称
小6
マスターコース
浜学園受験指導の中心となるコースです。中学受験に必要十分な学力の習得を目標に指導します。経験豊富な講師陣が学習計画表に基づいて指導するので効率的に学習できるほか、毎回実施する復習テストにより各単元ごとの到達度を測るとともに答案作成能力も培われます。

時間割

教室へお問い合わせください。

川西教室で開催の入塾説明会(保護者説明会)

実施日

※実施日の前々日以降の申込は、直接教室へお電話ください。

お子さまのお名前(カタカナ)

姓:

名:

電話番号

メールアドレス

学年

※学年選択は現学年でお願いします
※4月1日からは新学年で選択ください

説明会の参加人数

お申込のきっかけ

個人情報登録の同意について