中学受験は、心身ともに大きくステップアップするチャンスです。
浜学園は中学受験生に寄り添っていきます。

最寄りの教室を探す

教室案内

四条烏丸本部
075-221-8000
住所:
〒604-8152 京都市中京区烏丸通錦小路上ル 手洗水町670番地(京都フクトクビル 7F)
アクセス:
阪急京都線烏丸駅・地下鉄烏丸線四条駅21番出口より、徒歩1分
地下鉄烏丸線・東西線御池駅6番または4-2番出口より、徒歩5分
イメージ 詳しい周辺地図をGoogle Mapで開く

四条烏丸本部で実施のイベント

    • 公開日:2021年07月30日
    • 第3回「小6合否判定学力テスト」
  • 趣旨
      受験学年の生徒諸君にとってはあらゆる角度から学力の点検を定期的に行い、その結果を次のステップへの指針として学習することが肝要です。そのために浜学園では公開学力テスト以外にも各種テストを通年で計画的に実施しております。
      「小6合否判定学力テスト」は年間4回実施いたしますが、公開学力テストより多少難度を高め、出題形式も多様にして、入試レベルに柔軟に対応できるようにするとともに、公開学力テストとは異なる視点から学力を把握することを意図しています。さらに志望校判定は各校の判定点の割合に合わせることで精度の高い判定を行います。公開学力テストと併せてこのテストを受験していただくことによって、現在の各自の学力を多角的に評価判定することができ、今後の志望校の決定や受験勉強の的確な指針としていただけます。
    対象
    小6生
    実施日時
    8月29日(日)
    3科(国・算・理) 10:00~15:30
    4科(国・算・理・社) 9:00~15:30
    会場
    浜学園 全教室(神戸住吉教室・一宮教室を除く)
    *マスターコース生は所属教室での受験となります。
    テスト時間割
      集合時刻 4科 9:00  3科 10:00 (テスト開始後 10 分以上の遅刻の方は受験できません。)
    社会 9:10~10:00(50分間)
    国語 Ⅰ 10:10~11:00(50分間)
    算数Ⅰ 11:10~12:00(50分間)
    昼 食 12:00~12:30
    理科 12:40~13:30(50分間)
    国語Ⅱ 13:40~14:30(50分間)
    算数Ⅱ 14:40~15:30(50分間)
    持ち物
    受験票、筆記用具、昼食(弁当を持参してください)
    受験料〈税込〉
    4科テスト(国・算・理・社) 7,150円
    3科テスト(国・算・理) 6,050円
    答案処理
    個人成績帳票(総合成績・得点分布表・各志望校判定・答案(デジタル採点処理)など)を約2週間後に、返却いたします。また、本テストの全問Web解説を1ヶ月間限定で無料公開いたします。
    コード表
    合否は10校まで判定いたします。希望する学校はこちらの コード表をご覧ください。
    お断り
    1.本テストの解答・解説は全科目終了後配布いたします。
    2.当日欠席の方には、問題と解答などを送り、受験料の返戻はいたしません。あらかじめご了承ください。
    3.本テストは一切、事後の販売をいたしませんのであらかじめご了承ください。
    4.社会を課せられてる学校が1つでもある場合は、必ず4科テストを受験してください。社会を受験されない場合、4科目校については、判定できません。
    申込方法
    参加ご希望の方はインターネット申込【準備中、申込期間:8/5(木)14時~8/19(木)17時】(申込開始をプッシュ通知でお知らせしますので、浜学園アプリのご登録が便利です。)からお申し込みください。

    塾生・一般生浜学園塾生でない方でマイページをお持ちの方はマイページからお申し込みが便利です。

    (なお、塾生の方はマイページからお申し込みください)
    • 公開日:2021年07月29日
    • 夏の無料算数体験学習と学力判定テスト
  • 趣旨
     最近は以前と比べて低学年から塾に通いはじめるお子様が随分増えております。そういった中で保護者各位におかれましては、お子様にどのように学習の動機付けをするかという点で苦心されていることと存じます。
     そこでこのたび浜学園四条烏丸教室では、ご入塾の動機付けにしていただく為に、標記の講座を下記の要領で実施する運びとなりました。
     今回の講座では、入塾を検討されている皆様に何よりもまず浜学園の授業を体験していただきたいと考えています。お子様に勉強に対する興味を持っていただく一助としてぜひご参加いただき、頭をひねってみてください。本体験授業は保護者様のご参加も歓迎しております。
     なお、お子様が学力判定テストを受験いただいている間に『保護者対象 入塾説明会』も実施いたしますので、ぜひご参加ください
    対象
    小3・小4の一般生浜学園塾生でない方ならびに保護者様
    日時
    実施日学年学力判定テスト体験授業
    8月29日(日)小310:30~11:3011:40~12:40
    小414:30~15:3013:15~14:15
    会場
    四条烏丸教室
    内容
    入塾資格を有する学力判定テストを実施します。テスト結果は当日発表になります。結果発表はテスト終了後すぐに採点をし、体験授業後または採点が終了次第すぐの発表となります。
    テスト用紙の持ち帰りはできません。予めご了承くださいますよう、お願いいたします。
    持ち物
    筆記用具
    参加費
    無料
    申込方法
    参加ご希望の方はインターネット申込【準備中、申込期間:8/12(木)14時~8/26(木)17時】(申込開始をプッシュ通知でお知らせしますので、浜学園アプリのご登録が便利です。)からお申し込みください。

    塾生・一般生浜学園塾生でない方でマイページをお持ちの方はマイページからお申し込みが便利です。

    (なお、塾生の方はマイページからお申し込みください)
    • 公開日:2021年07月19日
    • 8月入塾説明会・保護者説明会
  • 主旨
    入塾説明会の開催の有無に関わらず浜学園各教室におきましては保護者様の要請に応じて、随時、教室の担当責任者が浜学園の学習システム等について詳しくご説明いたしますので、お気軽にお電話または教室窓口へお申し出ください。入塾テスト同時実施(当日申し込み可)
    実施日時・教室
    全日・両時間帯とも同じ内容ですので、ご都合のよい日時・会場を選んで、ご参加ください。
    8月21日(土)10:30~12:00
    西宮・神戸住吉・三田・芦屋・西神中央・姫路・加古川・神戸元町・上本町・京橋・枚方・西大寺・一宮・那覇
    8月21日(土)14:30~16:00
    西宮・神戸住吉・三田・芦屋・西神中央・姫路・神戸元町・千里中央・上本町・天六・京橋・枚方・西大寺・大和八木・なかもず・泉大津・和歌山・四条烏丸・草津・京都駅前・円町・八事・御器所・藤が丘・豊田・一宮・那覇
    8月22日(日)10:30~12:00
    西宮・神戸住吉・三田・西神中央・姫路・神戸元町・高槻・上本町・枚方・西大寺・なかもず・和歌山・京都駅前・名古屋・那覇
    8月22日(日)14:30~16:00
    西宮・神戸住吉・三田・西神中央・姫路・神戸元町・岡山・豊中・上本町・枚方・西大寺・なかもず・和歌山・四条烏丸・京都駅前・名古屋・千種・八事・那覇
    8月28日(土)10:30~12:00
    三田・西神中央・上本町・京橋・枚方・西大寺・天王寺
    8月28日(土)14:30~16:00
    西宮・神戸住吉・三田・西神中央・明石・川西・千里中央・茨木・上本町・天六・京橋・枚方・西大寺・大和八木・なかもず・泉大津・和歌山・四条烏丸・京都駅前・円町・千種・八事・御器所・藤が丘・豊田・一宮・那覇
    8月29日(日)10:30~12:00
    なかもず・名古屋・御器所
    8月29日(日)14:30~16:00
    天王寺・なかもず・和歌山・名古屋・御器所・豊田
    実施日時・教室
    全日・両時間帯とも同じ内容ですので、ご都合のよい日時・会場を選んで、ご参加ください。
    実施日 時間 西








    西












    西










    8/21(土) 10:30~12:00
    14:30~16:00
    8/22(日) 10:30~12:00
    14:30~16:00
    8/28(土) 10:30~12:00
    14:30~16:00
    8/29(日) 10:30~12:00
    14:30~16:00
    実施日 時間 西






































    8/21(土) 10:30~12:00
    14:30~16:00
    8/22(日) 10:30~12:00
    14:30~16:00
    8/28(土) 10:30~12:00
    14:30~16:00
    8/29(日) 10:30~12:00
    14:30~16:00
    資料進呈
    説明会参加者の皆様へは下記の各種資料を進呈いたします(無料) (1) 「浜学園入塾案内書」 (2) チラシ (最新版) (3) 中学入試合格実績年度別比較表 (4) 教室別時間割 (5) 2021年春 中学入試合格実績
    申込方法
    入塾説明会ご希望の方、またご質問・ご不明な点等ございましたら、教室窓口またはお電話にてお問い合わせください。
    • 公開日:2021年07月19日
    • 合格力診断テスト
  • 改訂
      以下の日程を追加実施いたします。追加日程での受験を希望される方は、実施教室へお電話にてお申し込みください。
    ・JR京都駅前教室:8/22(日)午後
    ・名古屋教室:8/21(日)午前・8/21(土)午後
    趣旨
      小6生にとっては、来春に向け受験の天王山と言われる小学生最後の夏休みをどのように過ごされるかが重要となってきます。その夏休みの間に過年度や一学期の復習、宿題に取り組み、奮闘された小6生のみなさんを対象に「合格力診断テスト」を8月21日・22日に実施することとなりました。是非この機会にご受験いただき、夏休みの勉強の成果と合格力を点検されることをお勧めします。
      なお、本テストの結果により入塾資格を取得いただけます。
    対象
    小6の一般生浜学園塾生でない方
    実施日程
    各日・各時間とも同じ内容です。ご都合のよい日時・会場を選んで、ご参加ください。
    テストの科目は算数・国語です。
    8月21日(土)
    10:30~12:10
    西宮・西神中央・三田・明石・姫路・神戸元町・上本町・天王寺・枚方・西大寺・岡山・名古屋(※)
    8月21日(土)
    14:30~16:10
    西宮・西神中央・三田・明石・姫路・神戸元町・上本町・天王寺・豊中・枚方・なかもず・千里中央・堺東・四条烏丸・京都駅前・西大寺・和歌山・名古屋(※)・千種・八事
    8月22日(日)
    10:30~12:10
    西宮・西神中央・三田・姫路・神戸元町・上本町・天王寺・枚方・なかもず・堺東・京都駅前(※)・西大寺・和歌山・岡山・名古屋
    8月22日(日)
    13:30~15:10
    西宮・西神中央・三田・明石・姫路・神戸元町・上本町・天王寺・豊中・枚方・なかもず・千里中央・堺東・四条烏丸・京都駅前・西大寺・和歌山・岡山・名古屋・千種・八事
    ※天王寺教室は本館にて実施いたします。
    (※)これらの日程での受験を希望される方は、実施教室へお電話にてお申し込みください。
    実施日程
    8月21日(土)・8月22日(日)
     
    学年 小6
    実施
    時間
    10:30~12:10(21日・22日)
    14:30~16:10(21日)
    13:30~15:10(22日)

    各日・各時間とも同じ内容です。ご都合のよい日時・会場を選んで、ご参加ください。
    テストの科目は算数・国語です。
     
    実施
    日程
    時間 西
    西



























    西








    8/21
    (土)
    午前の部            
    午後の部  
    8/22
    (日)
    午前の部          
    午後の部
    注:天王寺教室は本館にて実施いたします。
    ※これらの日程での受験を希望される方は、実施教室へお電話にてお申し込みください。
    持ち物
    筆記用具
    受講料
    無料
    お問い合わせ
    本テストに関することなど、ご質問ございましたら浜学園各教室にお電話ください。
    入塾説明会
    申し込み不要の入塾説明会を実施いたします。 参加ご希望の方は、別途ご案内をご参照ください。
    申込方法
    参加ご希望の方は インターネット申込画面【申込期間:7/19(月)14時~各実施日の前日17時】
    または一般生用マイページからお申し込みください。
    • 公開日:2021年07月19日
    • 夏期学力テスト
  • 改訂
      以下の日程を追加実施いたします。追加日程での受験を希望される方は、実施教室へお電話にてお申し込みください。
    ・JR京都駅前教室:8/22(日)午後
    ・名古屋教室:8/21(日)午前・8/21(土)午後
    趣旨
      子供たちの学力低下問題については中学受験をするしないに係わらず、保護者の皆様にとって最大の関心ごとだと拝察いたします。夏休みの間に過年度や一学期の復習、宿題に取り組み、奮闘された生徒さんを対象に「夏期学力テスト」を8月21日・22日に実施することとなりました。是非この機会にご受験いただき、夏休みの勉強の成果を点検されることをお勧めします。
      なお、本テストの結果により入塾資格を取得いただけます。
    対象
    小1~小5の一般生浜学園塾生でない方
    実施日程
    各日・各時間とも同じ内容です。ご都合のよい日時・会場を選んで、ご参加ください。
    テストの科目は算数・国語です。
    8月21日(土)
    10:30~11:50
    西宮・西神中央・三田・明石・芦屋・六甲・伊丹・姫路・神戸住吉・加古川・神戸元町・上本町・天王寺・枚方・京橋・天六・茨木・泉大津・高槻・北大路・円町・草津・西大寺・大和八木・岡山・名古屋(※)・御器所・豊田・一宮・那覇
    8月21日(土)
    14:30~15:50
    西宮・西神中央・三田・明石・芦屋・六甲・伊丹・川西・姫路・神戸住吉・加古川・宝塚・神戸元町・上本町・天王寺・豊中・枚方・なかもず・京橋・天六・千里中央・茨木・いずみ・堺東・泉大津・高槻・四条烏丸・京都駅前・北大路・円町・草津・西大寺・王寺・大和八木・和歌山・名古屋(※)・千種・八事・御器所・藤が丘・豊田・一宮・那覇
    8月22日(日)
    10:30~11:50
    西宮・西神中央・三田・姫路・神戸住吉・神戸元町・上本町・天王寺・枚方・なかもず・茨木・堺東・高槻・京都駅前(※)・西大寺・和歌山・岡山・名古屋・藤が丘・那覇
    8月22日(日)
    13:30~14:50
    西宮・西神中央・三田・明石・姫路・神戸住吉・神戸元町・上本町・天王寺・豊中・枚方・なかもず・千里中央・茨木・堺東・四条烏丸・京都駅前・西大寺・和歌山・岡山・名古屋・千種・八事・藤が丘・那覇
    ※天王寺教室は本館にて実施いたします。
    (※)これらの日程での受験を希望される方は、実施教室へお電話にてお申し込みください。
    実施日程
    8月21日(土)・8月22日(日)
     
    学年 小1~小5
    実施
    時間
    10:30~11:50(21日・22日)
    14:30~15:50(21日)
    13:30~14:50(22日)

    各日・各時間とも同じ内容です。ご都合のよい日時・会場を選んで、ご参加ください。
    テストの科目は算数・国語です。
     
    実施
    日程
    時間 西
    西








    西

























    8/21
    (土)
    午前の部          
    午後の部
    8/22
    (日)
    午前の部                      
    午後の部                
    ※天王寺教室は本館にて実施いたします。

     
    実施
    日程
    時間















    西



















    8/21
    (土)
    午前の部                  
    午後の部  
    8/22
    (日)
    午前の部                          
    午後の部                      
    ※これらの日程での受験を希望される方は、実施教室へお電話にてお申し込みください。
    持ち物
    筆記用具
    受講料
    無料
    お問い合わせ
    本テストに関することなど、ご質問ございましたら浜学園各教室にお電話ください。
    入塾説明会
    申し込み不要の入塾説明会を実施いたします。 別途ご案内をご参照ください。
    申込方法
    参加ご希望の方は インターネット申込画面【申込期間:7/19(月)14時~各実施日の前日17時】
    または一般生用マイページからお申し込みください。
    • 公開日:2021年07月16日
    • 算数が劇的に伸びる7つのルール・戦略編~子供を応援しよう~Zoom講演会
  • 趣旨
      中学受験において算数は最重要科目であることは言うまでもありません。塾での算数の内容は学校とは違いかなり高度なレベルまで扱います。そのため「算数は苦手」「算数は嫌い」と言って諦めてしまう人がいますが、ちょっと待ってください。
      算数が苦手な人はセンスがないのではなく、明らかに「勉強方法」に原因があるのです。一度やり方を改善してみませんか。また、小さな頃から算数が好きで、いつも良い点を取る子がいます。しかし、好きだけでがむしゃらに進み続けると、いずれ目の前に大きな壁が立ちはだかり、伸び悩んでしまう事があります。「好きこそ物の上手なれ」ではありますが、算数を得意科目にしていくには、「好き」以外の大切な「鉄則」があるのです。受験学年でも通用するやり方に近づけませんか。
      浜学園の先輩たちも悩んで、改善して合格を勝ち取りました。その伸びる要素7つのルールをわかりやすく伝授いたします。この講演会は次のような保護者におススメです。
      ◎これから浜学園で勉強するお子様の保護者 ◎将来、浜学園に入ろうと思っているお子様の保護者 ◎すでに浜学園塾生の保護者 ◎算数を頑張らせたい保護者 ◎算数の勉強法で悩んでいるお子様の保護者 ◎一度参加したが、再度モチベーションを上げたい保護者 ◎算数のケアレスミスで悩んでいる保護者 ◎お子様の算数をさらに伸ばしたい保護者 ◎伸びる生徒のノートが見たい保護者 などです。
      今までに20000人以上が納得した劇的に伸びる講演会シリーズの決定版「算数が劇的に伸びる7つのルール」。この講演会に参加された保護者から、「もっと早く聴いておけばよかった!」というコメントが多く寄せられましたので、今回「戦略編~子どもを応援しよう~」と題して親のサポート用に再編集いたしました。必ず、伸びるヒントがあります。この機会に是非ご参加ください。
    対象
    小2~小5生の保護者
    実施日
    9月1日(水)
    実施時間
    12:00~13:30
    ※13:30~14:00にはチャットで感想をいただく時間がございます。
    実施会場
    Zoomウェビナー
    参加料
    塾生:無料
    一般生浜学園塾生でない方:330円(クレジット決済のみ)
    弁士
    進学教室浜学園 算数科主管 村田竜祐
    村田竜祐先生のプロフィール&メッセージ
      浜学園算数科主管,駿台浜学園熱烈応援プロジェクト統括,小6灘コースプロジェクト担当,小6星光・東大寺コース統括。浜学園で約30年トップ講師として教壇に立ち、灘,星光,東大寺,洛南,西大和等、担当する志望校コース対象校全てにおいて日本一を達成している。また、講演会も20000人以上の保護者・生徒が参加し好評を得ている。
    「コロナ禍にあって、自宅学習が多くなり、正しく学習できる人とそうでない人の差が見られます。この機会に、原点に立ち返り、勉強方法を見直してみませんか? 今回は、子どもを応援する保護者のための〈戦略編〉です。保護者が子どもにアドヴァイス&サポートする上で大切なポイントを余すところなくお伝えします。」
    尚、〈親子編〉も年内に実施する予定ですが、今回は保護者の目線での講演会になります。
    お断り
    定員に達し次第、受付を終了させていただきますので、あらかじめご了承ください。
    注意事項
    講演会には、パソコン、タブレットでご参加いただけます。Zoomはアカウント登録なしでも利用できます。Zoomミーティングに参加するための情報は8月30日(月)にメールにてお知らせいたします。(お知らせメールが迷惑メールフォルダに入る場合がございますのでご注意ください。)
      また、予めZoomのアプリをインストールしていただき、動作確認(https://zoom.us/test/)していただく必要がございます。
      Zoomアプリの利用についてご不明の方は、Zoomヘルプセンター(https://support.zoom.us/hc/ja)でご確認ください。
    申込方法
    参加ご希望の方は インターネット申込画面(申込期間:7/29(木)14時~8/29(日)17時) からお申し込みください。

    塾生・一般生浜学園塾生でない方でマイページをお持ちの方はマイページからお申し込みが便利です。

    (なお、塾生の方はマイページからお申し込みください)
    • 公開日:2021年07月03日
    • 小4・小5 適性検査対策「ファーストステップ講座」(四条烏丸)
  • 趣旨
     近年、ニーズが高まりつつある国公立中高一貫校受検を考える小4生・小5生を対象として標記の講座を行います。いわゆる「適性検査」に対する不安感ばかりが先行している部分がありますが、経験を積むことで十分対応していけるものです。その最初の一歩目として、「適性検査」問題を体験していただきながら、今後の対策や意識の持ち方を身につけていただきたいと思います。ぜひ、ご参加ください。
    ※本講座の欠席Web講義の配信はありません。
    対象
    国公立中高一貫校受検を考えている小4生・小5生
    実施日
    下記の日曜日(全6回)
    第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回
    8/29 9/26 10/24 11/28 12/26 1/23
    実施時間・会場
    会場 対象校 時間
    四条烏丸教室 洛北・西京中 14:30~16:30
    ※ 国語60分・算数60分
    ※ 学年・クラスによって科目順は変わる可能性があります。
    内容
    小4生・小5生で対応できる「適性検査」問題の演習・解説授業
    教材
    小4・小5国公立中高一貫校をめざす「ファーストステップ講座」 ※毎回、当日配布します。
    持ち物
    ノート・筆記用具
    受講料〈税込〉
    各回 2,200円(教材費含む)
    お断り
    先着順に受け付け、定員になり次第締め切らせていただきますので、お早めにお申し込みください。
    お申込期間に
    ついての注意
    締切日を過ぎますと原則お申込いただけませんので、必ず締切日までにお申込ください。ただし、定員に空きがある場合のみ、締切日を過ぎていてもお申込をお受けできます。受講希望教室までお問い合わせください。
    締切日以降のお申込につきましては、コンビニエンスストア払込用紙を教室で受け取り、実施日当日までに払込が必要です。
    (参加希望日前日の17時以降のお申込は、事務手数料330円を頂戴します。)
    キャンセルに
    ついての注意
    やむを得ない理由によりお申込をキャンセルされる場合は、実施日前日の17時までに所属教室または受講予定教室までご連絡ください。また、当日の欠席、実施日前日の17時を過ぎてからのキャンセルは如何なる理由においても返金いたしかねますので、併せてご了承ください。
    (コンビニ決済を利用して入金された一般生浜学園塾生でない方がキャンセルされる場合は、銀行振込にてご返金させていただきます。その際は、「銀行口座情報」を浜学園にお知らせいただき、振込手数料はお客様負担となりますことを予めご了承ください。)
    申込方法
    参加ご希望の方は インターネット申込画面(申込期間:7/22(木)14時~各実施日の3日前17時) からお申し込みください。

    塾生・一般生浜学園塾生でない方でマイページをお持ちの方はマイページからお申し込みが便利です。

    (なお、塾生の方はマイページからお申し込みください)
    • 公開日:2021年07月01日
    • 第2回「灘・甲陽・星光・洛星中 合格判定模試」自宅受験
  • 趣旨
      7月23日から男子最難関中合格に向けて夏期講習もスタートし、ご子息は中学入試の天王山となる夏休みに「寝る以外は勉強」の精神で一心不乱に努力されることと思います。春先から必死に取り組んできた「1時間あたりの学習効率アップ」を目標とした受験勉強の効果がいよいよ発揮されます。そのためにも、ご子息には夏休みの間も常により成長した質良い受験勉強ができるように、常にスケジュールを作って1日の受験勉強に取り組み、テストと同じように時間を計って問題をこなして、緊張感のある集中した第1志望校合格に直結する努力をさせて欲しいと願います。この受験勉強こそご子息に「この夏休みはよくこれだけ頑張ったなあ」と実感させる充実感・達成感のある努力となり、秋以降のテストで必ず、1点、1分の重みがしっかりと分かる受験生に成長していきます。従って、9月以降の多くの模擬テストで第1志望校の合格判定が5回中4回以上A判定をとって自信を持って来春の入試で実力を発揮できるように、悔いの無い受験ができるように、この夏休みは大事に過ごしていただきたいと切望いたします。その秋からの模擬テストの前哨戦として、夏の終わりに第2回「灘・甲陽・星光・洛星 合格判定模試」自宅受験を無料で実施させていただきます。近畿圏統一入試日の初日にこの4校の男子最難関中入試の受験を少しでも考えておられる受験生は全員是非受験していただきたいと思います。
      注:8月28日(土)実施「灘・甲陽・星光・洛星合格判定模試」の4つの対象校から1校のみお申し込みいただけます。
    対象
    灘中・甲陽中・星光中・洛星中を志望する小6生(飛び級生は不可)
    実施日時
    8月28日(土)
     
    灘 中 8:00~13:10
    甲陽中 8:00~12:55
    星光中 8:00~10:50(3科)
    8:00~11:35(4科)
    洛星中 8:00~11:00(3科)
    8:00~11:55(4科)
    実施方法
    自宅受験して8月28日(土)中に浜学園最難関コース事務局までお送りください。8月28日(土)に学校があり実施できない場合は、8月29日(日)に時間を計って実施いただき(あるいは8月28日(土)と8月29日(日)に分けて実施いただき)、下記住所宛にご投函ください。(8月30日(月)消印有効。なお、郵送料は受験者負担となりますので、ご了承ください。)また、浜学園事務室でもご提出いただけます(8月29日(日)16:00までに限る。)なお、締切後の答案提出は一切受付いたしません。
    テスト時間割
    灘中  
    8:00~ 8:40 灘中入試一日目 国語(40分間)
    8:45~ 9:45 灘中入試一日目 算数(60分間)
    9:50~10:50 灘中入試一日目 理科(60分間)
    10:55~12:05 灘中入試二日目 国語(70分間)
    12:10~13:10 灘中入試二日目 算数(60分間)
    甲陽中  
    8:00~ 8:55 甲陽中入試一日目 国語(55分間)
    9:00~ 9:55 甲陽中入試一日目 算数(55分間)
    10:00~10:55 甲陽中入試一日目 理科(55分間)
    11:00~11:55 甲陽中入試二日目 国語(55分間)
    12:00~12:55 甲陽中入試二日目 算数(55分間)
    星光中  
    8:00~ 9:00 星光中入試 国語(60分間)
    9:05~10:05 星光中入試 算数(60分間)
    10:10~10:50 星光中入試 理科(40分間)
    10:55~11:35 星光中入試 社会(40分間)
    洛星中  
    8:00~ 8:50 洛星中入試 理科(50分間)
    8:55~ 9:55 洛星中入試 国語(60分間)
    10:00~11:00 洛星中入試 算数(60分間)
    11:05~11:55 洛星中入試 社会(50分間)
    ※自宅でこの時刻に取り組んでください。
    受験料
    無料
    答案処理
    答案は、得点分布表,個人成績表,解答・解説を添えて約20日後9/17(金)以降に返却いたします。
    (ただし、今回は期限内に答案を提出された方のみ、答案といっしょに解答・解説を発送させていただきます。)
    Web解説
    答案返却後、各教科のWeb全問解説で徹底的に復習が出来ます。(期限内に答案を提出された方のみ、Web解説を配信させていただきます。)
    視聴にあたり、塾生の方はWeb講義アカウントの登録が必要です。まだ登録されていない方は、マイページ「利用者情報」よりご登録ください。一般生浜学園塾生でない方は「Web講義視聴同意事項」に同意の上、お申し込みください。(https://hamagakuen-webschool.jp/regulation/)
    申込方法
    【申込期間:7/22(木・祝)14時~8/18(水)17時】
    参加をご希望の方はマイページからお申し込みください。
    一般生(塾生ではない方)のマイページはこちらからご登録ができます。
    • 公開日:2021年07月01日
    • 「白陵・東海・同志社・帝塚山 合格判定模試」自宅受験
  • 趣旨
      ご好評をいただいております自宅受験模試を、対象校を拡大して実施いたします。学習の成果をご確認いただき、秋以降の学習の指針としていただきたく存じます。
      ※8月21日(土)実施「白陵・東海・同志社・帝塚山合格判定模試」の4つの対象校から1校のみお申し込みいただけます。
    対象
    小6生(飛び級生不可)
    実施日時
    8月21日(土)
    白陵中 9:00~12:40
    東海中 9:00~12:55
    同志社中 9:00~10:25
    帝塚山中 9:00~11:05
    実施方法
      自宅受験して8月21日(土)中に浜学園事務局までお送りください。8月21日(土)に実施できない場合は、8月22日(日)に時間を計って実施いただき(あるいは8月21日(土)と8月22日(日)に分けて実施いただき)、下記住所宛にご投函ください。(8月23日(月)消印有効。なお、郵送料は受験者負担となりますので、ご了承ください。)また、8月21日・22日に開館している浜学園事務室でもご提出いただけます。なお、締切後の答案提出は一切受付いたしません。
    8月21日(土)開館教室:全教室
    8月22日(日)開館教室:西宮・西神中央・三田・明石・姫路・神戸元町・上本町・豊中・枚方・天王寺・なかもず・千里中央・堺東・四条烏丸・JR京都駅前・西大寺・和歌山・岡山・名古屋・千種・八事
    スケジュール
      白陵中
      9:00~10:10 国語 (70分)
    10:15~11:25 算数 (70分)
    11:30~12:40 理科 (70分)

      東海中
      9:00~10:00 国語 (60分)
    10:05~11:05 算数 (60分)
    11:10~12:00 社会 (50分)
    12:05~12:55 理科 (50分)

      同志社中
      9:00~  9:40 国語 (40分)
      9:45~10:25 算数 (40分)

      帝塚山中
      9:00~10:00 国語 (60分)
    10:05~11:05 算数 (60分)

    ※自宅でこの時刻に取り組んでください。
    受験料
    無料
    答案処理
    答案は、得点分布表,個人成績表,解答・解説を添えて約20日後9/10(金)以降に返却いたします。
    (ただし、期限内に答案を提出された方のみ、答案といっしょに解答・解説を発送させていただきます。)
    Web解説
    答案返却後、各教科のWeb全問解説で徹底的に復習が出来ます。(ただし、期限内に答案を提出された方のみ、Web解説を配信させていただきます。)
    申込方法
    【申込期間:7/22(木・祝)14時~8/11(水)17時】
    参加をご希望の方はマイページからお申し込みください。
    一般生(塾生ではない方)のマイページはこちらからご登録ができます。
    • 公開日:2021年06月03日
    • 「神大附属・大教大附属中Web進学説明会」
  • 趣旨
     このたび、神大附属中,大教大附属中の受験を考えられている保護者様に対して、2021年春の入試状況とその結果および各学校の入試対策についてご説明させていただきたく、進学説明会をWeb配信いたします。
     神大附属中,大教大附属中の入試を知る絶好の機会だとお考えいただき、ぜひ、ご視聴くださいますようご案内申し上げます。
    対象
    神大附属中・大教大附属中を志望する小1~小6生の保護者
    配信期間
     
    神大附属中
    7月17日(土)~10月31日(日)
    内容①
    大教大附属中内容②,③
    内容
    ① 神大附属中の2021年春の入試結果および2022年入試対策について
    ② 大教大附属天王寺中の2021年春の入試結果および2022年入試対策について
    ③ 大教大附属池田中の2021年春の入試結果および2022年入試対策について
    ※配信を希望される内容をお選びください。
    参加料
    無料
    ご注意
    ※ 標記のインターネット配信の視聴にはWeb講義アカウントが必要となります。(すでに申請された方は不要)
    ※ 配信の準備が整いましたら、「受講(視聴)可能期間のご通知」をメールにて送信いたします。
    ※ 浜学園「Web講義」をはじめて利用される方や、利用方法でご不明な点は、ご遠慮なく下記インターネットサポートデスクまでご連絡ください。
    【浜学園インターネットサポートデスク】
    営業時間 [平日]13時~21時 [土日祝]10時~18時
    (夏期特別休業日(8/14(土)・8/15(日)・8/16(月))・年末年始・合格祝賀会当日を除きます)
    電話番号 0798-64-1199
    申込方法
    【申込期間:6/17(木)14時~10/17(日)17時】
    参加をご希望の方はマイページからお申し込みください。
    一般生(塾生ではない方)のマイページはこちらからご登録ができます。
    • 公開日:2021年06月02日
    • 第2回「女子最難関中オープン模試」
  • 趣旨
      年々女子最難関中入試の難度が増す中で、夏休み中のウェイトはかなり大きなものがあります。この夏休み中に、お子様に何とか少しでも‘受験生としての自覚’をもたせ、第1志望校絶対合格に向けて頑張らせたいものです。
      そこで、L(女子最難関中)プロジェクトチームでは、志望校へのより確かな合格判定を探るために、2021年春入試でK(神戸女学院中)・N(西大和学園中)・R(洛南高附属中)・S(清風南海S特・四天王寺医志・英数S・須磨学園B)・T(高槻中)等に抜群の合格実績をだしたスタッフが、夏休み前の女子最難関・共学中入試対策用に作成した問題で行う模試です。
      この本模試の結果により志望校選択の幅が広がり、考えてもみなかった志望校への夢がふくらんでくる可能性発見のためにも、女子塾生の積極的な受験をお勧めします。なお、本模試のテスト用紙は一切販売いたしません。
      出題する問題は、今年度の各学校の出題傾向を十分に検討して作成されていますが、本模試を通して9月に入る前に本番の入試の厳しさ、1点の大事さ、合格発表等を肌で感じて、9月からの努力の糧にしていただきたいと思います。また、1週間後に金賞(K神戸女学院中・N西大和学園中(女子)・R洛南高附属中(女子)レベル)・銀賞(N南山中女子部・S四天王寺中医志レベル)・銅賞(S須磨学園中B・四天王寺英数S・清風南海中S特・T高槻中(女子)・滝中(女子)レベル)の合格発表を行うとともに、成績上位者には栄誉をたたえ、トロフィーを贈呈し、来春受験に対する確固たる意識を根付かせることを意図しております。
    対象
    2022年春入試において女子共学最難関中受験予定の小6女子生
    実施日時
    8月14日(土)
    (4科) 9:20~13:20
    (3科)10:20~13:20
    実施会場
    西宮教室・上本町教室・四条烏丸教室・名古屋教室
    時間割
    《集合時刻》(4科)9:20 (3科)10:20
     
    実施科目 時間
    社会 9:30~10:20(50分)
    国語 10:30~11:20(50分)
    算数 11:30~12:20(50分)
    理科 12:30~13:20(50分)
    合格発表
    8月22日(日)16:00に浜学園マイページにて発表。8月23日(月)16:00に開館している浜学園各教室で順次本模試による合格発表を行います。合格した人は各教室事務室で受験票と引き換えに「合格証」をお渡ししますので、それまで受験票をなくさないでください。
    なお、当日開館していない教室もございますので予めご了解ください。
    持ち物
    筆記用具,試験と試験の間の少しの時間に勉強するテキストやノート
    受験料〈税込〉
    4科 4,840円,(3科)3,630円
    ※ 欠席者へはテスト用紙,解答,解説等をお渡しし、受験料は返戻いたしません。
    お申込期間に
    ついての注意
    締切日を過ぎますと原則お申込いただけませんので、必ず締切日までにお申込ください。ただし、定員に空きがある場合のみ、締切日を過ぎていてもお申込をお受けできます。受講希望教室までお問い合わせください。
    締切日以降のお申込につきましては、コンビニエンスストア払込用紙を教室で受け取り、実施日当日までに払込が必要です。
    (参加希望日前日の17時以降のお申込は、事務手数料330円を頂戴します。)
    キャンセルに
    ついての注意
    やむを得ない理由によりお申込をキャンセルされる場合は、実施日前日の17時までに所属教室または受講予定教室までご連絡ください。また、当日の欠席、実施日前日の17時を過ぎてからのキャンセルは如何なる理由においても返金いたしかねますので、併せてご了承ください。
    (コンビニ決済を利用して入金された一般生浜学園塾生でない方がキャンセルされる場合は、銀行振込にてご返金させていただきます。その際は、「銀行口座情報」を浜学園にお知らせいただき、振込手数料はお客様負担となりますことを予めご了承ください。)
    申込方法
    参加ご希望の方は インターネット申込画面(申込期間:6/17(木)14時~8/11(水)17時) からお申し込みください。

    塾生・一般生浜学園塾生でない方でマイページをお持ちの方はマイページからお申し込みが便利です。

    (なお、塾生の方はマイページからお申し込みください)

入塾テストについて

入塾をご希望の方は下記のいずれかのテストを受験し、入塾資格を取得してください。

テスト名 対象学年 実施日
公開学力テスト こちらから 毎月第2日曜日
入塾テスト(無料) 入塾希望教室
の設置学年
土曜入塾テスト
毎週土曜日14:30~実施
※土曜マスターコースの有無・開始時間にかかわらず、13時30分からお越し頂けます。
特別扱い入塾テスト
あらかじめ日時を決めて随時実施

※お申し込みは、入塾の流れをご参照ください。

四条烏丸本部の写真

イメージ

四条烏丸本部の様子

【説明会レポート①】『洛北・西京対策説明会』
四条烏丸教室では、最近京都地区で人気校にあります西京中、洛北中対策の保護者対象説明会を実施しました。総勢40名程度の保護者様にご出席いただき、改めて注目の学校であることを実感いたしました。参加された保護者様のお声をここで紹介したいと思います。たくさんの貴重なご意見をいただき、本当にありがとうございました。
●入試の形式も含めて、しっかりと理解できていなかったので、拝聴することで全体像がよくわかり、とても良かったです。
●適性検査という内容が不明だったが、基本的な勉強が大切だとわかって良かったです。
●入試結果と浜学園のテストの相関関係がよくわかりました。
●私学を受けるのと同等の対策(学力)が必要で、適性検査対策のみすればいいというものではないということがよくわかった。
●特別な対策が必要かと思っていましたが、浜学園の通常の授業でカバーできると知り、安心しました。テキストの問題と実際の入試問題との比較がとても参考になりました。
●適性検査型という言葉に惑わされていましたが、基本的に私学を受験するのと同じ心構えで勉強すべきなんだな、とわかって少しスッキリしました。(2021.3)
自習室自習室カード
家庭学習はどのように進められていますか。ご両親が共働きであったり、年下のご兄弟がいてたりで、なかなか思うように勉強ができないという状況のご家庭も多いと聞いております。そこで、四条烏丸教室では、落ち着いて集中できる環境として、空き教室を利用して、自習室をご用意させていただいております。座席指定・私語厳禁はもちろんのこと、他の生徒を邪魔する生徒は退室(退場)としております。まだそのようなペナルティを受ける生徒は四条烏丸教室ではひとりもいらっしゃいません。生徒ひとりひとりが自覚をもって、自主的に静かに勉強できる環境を作り出しているのです。大人の監視は一切ありません。そのような状況でも自分のために勉強に勤しめるようになることができる、それが浜学園の強みでもあります。そして黒板には卒塾生からの熱いメッセージが所狭しと書いてあります。くじけそうになったときも、そのメッセージをみて「弱い自分」と戦い、合格を目指して一心不乱に日々勉強に打ち込んでおられます。 (2021.2)
頑張りカード
夏休みにスタンプをもらうために、早起きをしてラジオ体操に行った思い出はございませんか。
四条烏丸教室では、小学2年生限定で、塾に頑張って来るとサイコロの目の数だけ、スタンプを押してあげる「がんばりカード」を配布しています。カードがスタンプでいっぱいになったら、オルパス文房具などをプレゼントさせていただいています。
四条烏丸教室の小学2年生は「がんばりカード」を片手に楽しんで勉強に励んでくれています。(2021.1)
読書感想カード
四条烏丸教室では、読書の習慣をつけるためにさまざまな取り組みをしています。読書後のアウトプットをさせることで、本の内容をより深く理解していただこうと考えております。
そこで、教室に通っていただいている生徒には「読書感想カード」を提出していただき掲示もしております。
ほかのお友達がどんな本を読んで、どんなことに興味を持っているのか、を参考にしている生徒の様子をよく拝見いたします。
四条烏丸教室の生徒の国語の成績UPはこれで間違いなしです?!(2020.12)

四条烏丸本部責任者より一言

 四条烏丸教室では、「塾生ファースト」をモットーに、進学塾の常識にとらわれない、様々な取り組みを行い、子どもたちに「学ぶことの楽しさ」を感じていただけるように教室の運営をさせていただいております。
 私たちは「志望校合格はゴールではなく、あくまでもスタートである」という考えのもと、自ら進んで学習できる力(自学力)をつけていただくよう、子どもたちには、日々、自己研鑽をしていただいております。
 中学受験は時につらく、苦しいものです。でもその苦難を悩みながら乗り越えようとすることで、子どもたちは確実に成長しています。そしてそれを全うできたときの充実感は何ごとにも代えがたいものになるのです。その子どもたちの成長を見守りながら、子どもたち・保護者様・講師・職員が一体となって教室を作り上げていく、そのような環境がこの浜学園四条烏丸教室にはあるのです。
 子どもたちが主体的に勉強できるように、スパルタ教育ではなく、個別に面談もしながら、ご家庭と寄り添い、丁寧に指導を行っております。
 ぜひ、四条烏丸教室にご遠慮なくお問い合わせください。ご一緒に子どもたちの夢を実現させませんか。教室職員一同、ご連絡を心よりお待ち致しております。

四条烏丸本部出身者の合格体験記

  • 合格を信じて
    • 合格を信じて
    • S.S. さん

    • 洛北高等学校附属中学校合格
      京都女子中学校合格

    •  私の受験勉強における一番の思い出は、受験の1ヶ月程前の男女難関統一プレ入試です。その結果は、洛北高等学校附属中学校に2点足りず不合格でした。それを見て私は、足りなかった2点が大きな壁に思え、私にはもう無理だとあきらめたくなりました。でも、洛北高等学校附属中学校に合格したいという思いが強かったため、合格を信じ、これまで行っていた作文や過去問の他にも社会の暗記ノートを作るなど、自分の苦手分野を徹底的に復習しました。そして、私は壁を乗り越えることができました。

       なので、私は、どんなにあきらめそうになっても合格を信じて苦手分野を勉強することが大事だと思います。しかし、苦手分野を勉強するのは嫌で、やりたくなくなることがあると思います(実際私もそうでした)。でも、合格発表の後、「苦手分野を勉強したから合格できた」と言えるかもしれないので、くじけず勉強に取り組みましょう。

       最後に、浜学園で私を支えてくださった先生方、本当にありがとうございました。

  • 不安に打ち勝つ大切さ
    • 不安に打ち勝つ大切さ
    • R.U. さん

    • 洛北高等学校附属中学校合格

    •  私は、持病の関係で通塾することができませんでした。しかし、受験勉強はしたい。そんなとき、浜学園でWeb講義があると知りました。そして、私は4年生から浜学園のWebでマスターコースを受講しました。

       4年生の頃は、公開学力テストの偏差値はあまり気にせず、がむしゃらに勉強をしていました。しかし、5年生になると、来年は受験生だという思いから公開学力テストの偏差値を気にするようになりました。そこで気づいたことが、4教科の偏差値がどれも安定していないということです。特に算数と理科の偏差値は、60近くになる月や、50を切る月が不規則にあって、とても不安でした。しかし、何をしたらいいのかわからずに、6年生の夏になりました。あせった両親は、塾の先生に電話で相談をするなどして、私に何が足りないのかを考えました。そして、私に足りないものは「基本」ということに辿り着き、私は、算数と理科の5年生のテキストの問題をくり返し何度も解きました。そして、算数と理科の偏差値は55を安定してとることができるようになりました。ほっと安心していると、12月の公開学力テストで算数と理科の偏差値が51、社会の偏差値が49と、バランスよく偏差値が下がりました。入試直前だったので、今までで一番あせりました。そして、とうとう入試前日になりました。おやすみコールは申し込んでいなかったのですが、浜学園から電話がきました。それは、お世話係の方からでした。「きっと合格できるよ」と言ってくださり、とてもうれしかったです。入試当日は、自信を持って入試に挑みました。私は、洛北だけを受けたので、落ちたらどうしようという不安も大きかったのですが、どのようなことを考えても合格するのは良い点数をとった人だけだと考え、不安に負けずにがんばりました。

       最後に、私を支えてくださった両親、そして浜学園の皆様、とても感謝しています。本当にありがとうございました。

       

  • 先生を信じて
    • 先生を信じて
    • M.N. さん

    • 神戸女学院中学部合格
      京都女子中学校合格
      岡山中学校合格

    • (はじめに)私はこの春、第一志望である神戸女学院に合格することができました。私の体験記が皆さんのお役にたてば嬉しいです。

      (小4)新小4の2月に入塾しました。初めはHクラスでしたが、すぐにSクラスに上がり、そのままずっとSクラスでした。小4の間は浜学園のリズムに慣れることに精一杯でした。

      (小5)小5になり、理科のテスト直しノートを先生に提出し、わからない問題を一つ一つ解決するようにしました。小6秋の「LS特訓」が始まるまで提出を続けたことにより小6から理科が得意科目になりました。

      (小6春)「トップレベル特訓算数・国語」が始まり、いよいよ6年生!と思った矢先、新型コロナで小学校も浜学園も休校になりました。初めはどうしようと思いましたが、この時間をチャンスにしようと気持ちを切りかえました。一時間毎のスケジュールを立てて、算数は小5の最高レベル特訓とマスターコースB問、国語は「トップレベル特訓国語」、理科はテスト直しノートと小5サイエンスの苦手な単元、社会は小5の公開学力テストの解き直しをしました。わからないことは先生に電話やファックスで教えてもらいました。Web授業が始まってからはいつもと同じ時間にWeb授業を受け、それ以外の時間に復習と宿題をするようにしました。これにより5月以降の公開学力テストで国語が偏差値68.1、算数が61.4と成績がぐんと上がりました。しかし、社会だけは苦手なままだったので、先生に毎週ノートを提出することにし、入試前日まで続けました。

      (夏)夏休みが短くなる中、普段の授業に夏期講習と日曜志望校別特訓が加わり宿題に追われて大変でしたが、春同様スケジュールを立てて頑張りました。

      (秋)日曜志望校別特訓やLS特訓などで西宮に移動することが増えました。宿題を回しきれなくなり成績ががくんと落ちて苦しくなったので、先生に相談すると優先順位を教えてくれました。先生のアドバイスを信じて優先問題をしっかり解くようにし、LS特訓は2~3回解きました。宿題が回るようになると11月には成績がなんとか持ち直しました。

      (冬)神戸女学院中プレ入試も国語が時間内に終わりきらず点数が悪く、国語に最後まで苦しみました。宿題で時間を計り、時間内に書ききることを意識すると、段々時間配分のコツがつかめるようになりました。成績は最後まで乱高下し、12月の公開学力テストでは国語が今まで見たことない低い点数になりましたが、もう気にするのはやめ、入試直前特訓を集中して頑張りました。また、この時期は社会と理科の暗記科目を重点的に頑張りました。

      (最後に)私はわからないことがあるといつも先生に質問していました。神女コースの先生方はいつもとても丁寧に優しく教えてくれたので、しっかり解決することができました。このことが本番で自信になりました。

       「合格です」という文字を見たときはびっくりしたけれど、とても嬉しかったです。浜学園の先生を信じて諦めずに頑張って本当によかったと思いました。

       いつも優しく応援してくださった先生方やお世話係さん、SGの皆さん、本当にありがとうございました。

       

  • 僕の受験の後悔
    • 僕の受験の後悔
    • A.H. くん

    • 立命館中学校合格
      東山中学校合格
      大谷中学校合格

    •  僕は、受験勉強における後悔を書くことにしました。理由は、色々なテーマがある中で自分が一番伝えたいことがこれにあたると思ったからです。

       自分の後悔は、受験する学校を決めるのが遅かったことです。僕は、12月まで3つの受験する学校を決めていましたが、12月から1つ、その3つの学校より偏差値の高い学校を受験することにしました。結果は、最初の3つは受かりましたが、最後に決めた1つの学校は落ちてしまいました。僕は、受験する学校を決めるのが遅すぎたと後悔しています。試験を受けてわかったのですが、もう少し早く、受験を決めていれば、合格していたかもしれないからです。

       これから受験する人は後悔しないように慎重に受験する学校を決めてほしいと思います。これが僕の体験です。

       

  • 合格への道
    • 合格への道
    • 四ノ宮 雅樹 くん

    • 東大寺学園中学校合格
      同志社中学校合格

    •  ぼくは、浜学園で4年生の時からずっと土曜マスターコースで勉強してきました。入ったばかりのころは、成績が不安定であまりよくなかったです。半年後くらいにようやく成績も安定してきて、浜学園にも慣れてきました。4年生の終わりくらいにはSクラスに入ることができました。5年生になると、勉強量がかなり増えてきましたが、ペースをくずさずに計画を立てて勉強していくことができました。ぼくは、公開学力テストの成績はかなりゆれていて、とても良い時もあればあまり良くない時もありました。けれども、調子が良くない時も、くじけずにがんばってくることができました。それで、5年生の終わりごろになると、成績も上がっていきました。ちなみに社会はWebで授業を受けていました。6年生になると宿題が増え、勉強が長くなってきました。さらに、新型コロナウイルスの影響で、4・5月の授業がWebになりました。ただ、自分はWebの授業に慣れていたのでかえってやりやすかったと思います。また、夏期講習もすべてWebを使いました。10月ごろまでは成績も順調でしたが、11月ごろに成績が一旦大きく下がりました。でも計画を立ててきっちりやるなどして何とか成績をもどしました。日曜志望校別特訓から勉強量が増えてきて大変になってきましたが、気力を奮い立たせてがんばったら何とかなりました。最後のほうは成績が安定してきて、本番も落ち着いてのぞむことができました。また、ぼくは習い事と両立するために土曜マスターコースを選択しました。土曜マスターコースは授業が週に一回なので、宿題を計画的にきっちりやることを学ぶことができました。また、学校から帰った後塾に行かなくてもよいので、しっかりと勉強することができました。ぼくは、受験勉強を通して「1.計画的に自分がやりやすいやり方で勉強する 2.あきらめずに勉強する」ことが合格への鍵だと思いました。最後に、浜学園の方々ありがとうございました。本当に感謝しています。

  • 大切なこと
    • 大切なこと
    • Y.S. くん

    • 洛北高等学校附属中学校合格
      高槻中学校合格
      愛光中学校合格

    •  私は4年生の時、洛北のオープンキャンパスに参加し、環境、雰囲気、通学時間に魅力を感じ、進学先に決めた。そして、5年生の春期講習から浜学園に入塾した。

       最初は授業のスピードや公開学力テストに戸惑ったが、先生方のエネルギッシュでおもしろい授業に引き込まれて楽しくなっていった。

       そして、確実に洛北に合格するための計画を立てた。それは、5年生の間にVクラスに上がり、次に6年生進級時にA判定の偏差値+8ポイント(作文が苦手だから)、最後に11月の志望校判定書でA判定校を受験校とし、それ以降は一番難しいとされる学校の過去問+苦手な作文に時間を使う計画だ。これを完璧に行えば、1月16日を万全の状態で迎えることができるはずだ。

       だが、順調にはいかなかった。ゲームや音楽が大好きな私は勉強を都合よくサボり、算数以外はまともに取り組まず、復習テストのマイナスを公開学力テストで挽回するしかなかった。それでもなんとかぎりぎり計画通り、5年生の12月にVクラスに上がり6年生に進級し、11月の志望校判定書から愛光→洛北→高槻→東大寺を受験校とした。直前対策として、過去問は規定時間より10分短く取り組み、作文に関しては日頃からニュースを見たり、自分の気持ちを文章に起こすことを心掛けた。

       受験を通してわかったことは、時間が大切だということだ。誰にも等しく与えられている時間をどのように使うかを読んでいるみんなにはよく考えてもらいたいと思う。

       最後になりましたが、浜学園の先生方、過去問添削の時には細かい部分まで見ていただき、また様々な質問に具体的にアドバイスをもらい、おかげ様で目的を達成することができました。本当にありがとうございました。

  • 捨てる勇気
    • 捨てる勇気
    • R.N. さん

    • 同志社中学校合格

    •  5年生の最後、ちょうど受験の1年前の実力テストの偏差値は42でした。志望校のレベルとかけ離れた結果に、私は絶望しました。「こんなに勉強しているのに、なぜ成績が上がらないのだろう」と私は思いました。そこで、私は自分の勉強の仕方を見直しました。それまで私は宿題をとりあえず1週間でやりきればいいと思い、授業までに宿題をするということだけが目標でした。また、私は算数が苦手で、簡単な問題から難しい問題まで、すべて頑張って解こうとして、結局解けなくて落ち込み、時間もすごくかかっていました。そのため、理科と社会の暗記も不十分でした。いったい何から手を付けたらいいのか見当もつきませんでしたが、まず、テストの点を取るためにどうしたらいいのかを考え、宿題を一通り終え、間違えたところは2回、それでも間違えたところは3回して、しっかり理解できるようにしました。すると、時間が足りないことに気づき、効率的に時間が使えるよう1週間のスケジュールを作りました。また、苦手な算数は6割取ることを目標にし、自分が解けないといけない問題を取捨選択するようにしました。空いた時間は理科・社会の暗記に費やし、登校前の朝の時間に「語句マスター」と計算問題を日課にしました。そのやり方に変え、少しずつ成績が上がりました。それでも周りの人と比べて不安になって落ち込むこともありました。泣いて勉強が手につかなくなる時もありました。そのとき私は、ライバルは自分自信だということにも気が付きました。自信をつけるためには、わからないところをただ放置せず、繰り返し覚える、質問する、あるいは捨てる。そして、毎回のテストの点数で自分の理解度を確認する。こうして私は志望校に挑戦する自信が持てました。これから同志社をめざす皆さん、不安になった時は、今の勉強のやり方、やらなくてもいいことに時間を使っていないかを見直してみて下さい。ゴールを明確にして、コツコツやっていけば、きっといい結果が出ます。

  • 土曜マスターコースだって受かる!
    • 土曜マスターコースだって受かる!
    • 武川 小春 さん

    • 立命館中学校合格
      立命館守山中学校合格
      京都女子中学校合格
      岡山中学校合格

    •  「ずっと土曜マスターコースで大丈夫?」私はずっと、そう思っていました。4年生から土曜マスターコースに通い、5年生からはマスターコースに通うつもりでした。でも、生活スタイルと合わず半年でまた土曜マスターコースに戻りました。6年生になると、休校が続きだらだらしてしまい偏差値は落ちていきました。しかし、6年の夏期講習では、4・5年生の時は途中で挫折しましたが、なんとか乗り越え、偏差値も少し上がりほっとしました。それでも、マスターコースの人と比べ勉強量もやはり少なく不安でした。「このまま土曜マスターコースで、本当に受かるのだろうか」でも、そんな時にアドバイザーの先生に「今マスターコースに変えるより、このままペースをつかめている土曜マスターコースで頑張った方が良い」と言われました。そしてその頃に、立命館を第一志望にしようと決めました。一番辛かったのは、日曜志望校別特訓です。土日続けて昼から夜遅くまで勉強することはとても苦痛でしたが、お世話係の方や母の励ましで耐え切れました。先生にも質問をたくさんしたので、自信がついていきました。入試直前特訓PART1の早朝特訓では苦手分野の克服を着々と進めていき、入試を意識するようになりました。同じ立命志望の友達も出来て、過去問の相談もするようになりました。はちまきに色々な先生からメッセージをもらいました。入試直前PART2の自習室で自分にさらに自信をつけるために質問をした時、算数の先生に「そのパワーがあればいける」と言われ、受かる!と思いました。けど、偏差値も足りていたしA判定だったし大丈夫…と自分に言い聞かせても「もし落ちたらどうしよう」と不安になりました。私は受ける所全てが第一志望だったのでどこに受かっても喜ぼうと思っていましたが、前日はやはりずっと不安でした。でも、いつも質問していた先生からおやすみコールが来て、「絶対受かるよ。ずっと見てきたから大丈夫」と応援の言葉をかけられ「私は受かるんだ!」という強い気持ちになれました。そして、自分が全て受かったと分かった時、「受験をして良かった」「浜学園に行って良かった」と思いました。今まで応援してくれた両親、友達、先生方、事務員の方々に感謝したいです。みなさんも、自分を信じてやり切ってください!

  • 努力と笑顔で乗り切る浜学園生活のススメ
    • 努力と笑顔で乗り切る浜学園生活のススメ
    • S.K. さん

    • 神戸女学院中学部合格
      高槻中学校合格
      帝塚山中学校合格
      同志社女子中学校合格
      岡山中学校合格

    • (はじめに) 小1からお世話になった浜学園。先生やお友達との笑いや温かな交流が私の支えとなり、ハードな受験勉強を乗り切る原動力になった気がしています。お別れするのが寂しくなるほど楽しい塾でした。

      (小1~2) 最高レベル特訓算数をWeb受講。画面に向かってひとり返事をしながら楽しく勉強。

      (小  3) 最高レベル特訓算数、マスターコース算数Web受講。学園長の面白い授業に爆笑。

      (小  4) 最高レベル特訓算数、マスターコース算数通塾。他教科はWeb受講。

      (小  5) マスターコース算国理、最高レベル特訓算を通塾。マスターコース社会Web受講。

      (小  6) 日曜志望校別特訓参加。最高レベル特訓算は8月末で終了。9月からトップレベル特訓国語追加。10月からマスターコース社会通塾。

      コロナ自粛期間は何をしたらよいのか迷いましたが、天から与えられたチャンスだと思い直しました。<ご飯・お風呂・ピアノ・寝る>以外は勉強時間にし、苦手を潰して得意を伸ばす時間に当てました。5年の復習テストの中から間違えたものを解き直したり、苦手だった分野の特訓をしたり、併願校レベルの入試問題を解きました。しかし、つい油断したら12月頃に成績が下がり、とても焦りました。「間違いを放置せず、宿題をきちんと回し、伝わるように答案を書く。」この基本を大切にすると成績は戻り、全教科0組に戻れました。

      浜で適宜与えられる教材は大変良く出来ているので、毎回ベストを目指す気持ちで取り組めば自ずから結果がついてきます。特に、『社会の征服』や『最後の一突き』は過去問を中心に作問されていて、神女の入試にも頻出です。

      また、質問に行けばどの先生も親身になって教えて下さいます。私は、入試直前期、積極的に質問をし、効率的に過去問や宿題を終わらせることが出来ました。

      浜学園は宿題が多く大変に思うこともありますが、そのすべてには意味があります。今の努力の積み重ねにより、安心して入試を迎えられると思って、頑張って下さい。

      Web授業を多用したイレギュラーな受講の仕方でしたが、事務の方々や先生方に手厚くサポートして頂き、習い事と両立しながら合格することができました。

      感謝の気持ちでいっぱいです。6年間本当にありがとうございました。

  • 楽しかった浜学園
    • 楽しかった浜学園
    • 坂田 萌 さん

    • 神戸女学院中学部合格
      高槻中学校合格
      帝塚山中学校合格
      京都女子中学校合格

    • (はじめに)私は、この春、第一志望である神戸女学院中学部に合格しました。家から遠いので迷いましたが、初めて神戸女学院に行った時から「是非この学校に通いたい」と思っていました。

      (4年生)友達が浜学園に行っていたのをきっかけに、4年生の初め(3年生2月)に入塾しました。しかし、当時は週5~6回の習い事をしていたので、まず土曜マスターコースから開始し、夏ごろからマスターコースに切り替えました。友達と過ごす浜学園が楽しくてたまりませんでした。

      (5年生)4年生の時からVクラスの宿題までを解くようにし、5年生はずっとVクラスでした。最初の頃はテストが悪くてクラスが落ちないかが心配でした。5年生から6年生秋までは最レ算数にも参加しました。

      (6年生)6年生でもVクラスを維持できました。公開学力テストが悪かった時には、「志望校を考え直した方がいいかな」とも思っていましたが、9月頃から模試の結果も安定し、ようやく第一志望校を神戸女学院に決めました。12月後半からは四条烏丸教室の友達と離れ離れになり寂しかったのですが、西宮教室でも楽しく過ごすことができました。L神女コースでは、算・国・理は0~1組で頑張り、社会は「社会の征服」や「大晦日特訓」の問題を何度も解いて、直前までとにかく頑張って覚えました。

      (前日)前日特訓が終わった後は特に何もしませんでした。「おやすみコール」は楽しかったです。

      (当日)本番という実感も緊張も全くなく、母に「少しは緊張したらどう?」と言われましたが、普段通りに受けることができて良かったと思います。入試の教室や廊下で浜学園の友達と会えたのが嬉しかったです。

      (最後に)入試が終わり、もう浜学園で授業を受けられないのが残念です。お世話になった先生や事務の方々、仲良くしてくれたたくさんの友達、本当に有難うございました。これから入試の皆さん、頑張ってください。

  • 合格を勝ちとるまで
    • 合格を勝ちとるまで
    • M.U. くん

    • 洛星中学校合格
      清風中学校合格
      北嶺中学校合格

    •  それは決して平坦な道ではありませんでした。僕は4年生の夏期講習から浜学園に入りました。5年生の時、浜学園のイベントで初めて洛星中学を見学しました。図書館にたくさんの種類の本があって、「絶対にここに行きたい」と思って第一志望に決めました。しかし、僕は国語は得意でしたが算数がものすごく苦手で、だんだん順位が落ちてきて、6年生になる直前にSクラスに落ちてしまいました。夏休みからは授業がない日も毎日自習室に通って質問したり、自分でも算数や理科を重点的に復習したりして、なんとか洛星中学はA判定のまま受験本番を迎えました。

       入試1日目、ものすごく緊張しながら洛星中学のミニ講義会場に入ると、洛南・洛星コースの先生や一緒に勉強を頑張ってきた友達がたくさんいて、少し緊張が和らぎました。全教科、時間に余裕を持たせ、できる限り頑張りましたが、その結果は不合格でした。僕は「世界が終わったか」と思って、もうこれ以上一滴も涙が出てこないほど泣きました。お父さんやお母さんがかけてくれる言葉も全く頭に入ってきませんでした。そんな時にかかってきた「おやすみコール」に僕の心は救われました。先生の声を聞いているうちに心が落ち着いてきて、勉強を再開できました。でも、僕の悪いくせで、勉強に集中できず、関係のない本を読んだり、他のことをしたりしてしまいました。今思うと、自分の心の弱さが情けないです。

       入試3日目、洛南に気持ちを切り替えて受験しました。泣きすぎて悪い物が流れたのか、「おやすみコール」があったからか、すっきりとした気持ちで受けられました。洛南は洛星前期よりも難しいので、次の日に清風も受けることにしました。前受けで北嶺に合格していましたが、僕は本当に北海道に行くのだろうか、寮生活をするのだろうか…そう思って必死に受けた清風は、プレミアムで合格することができました。

       そしていよいよ洛星後期、すでに清風に合格していたこともあって、前期の時と違って緊張はほとんどなく、自分の力を最大限出し切ることができました。その結果、前期よりも難しいはずの後期で合格することができました。

       僕がこの受験を通じて学んだことは、あきらめないこと、合格すると自分を信じること、まわりの人への感謝です。お世話になった先生方、お世話係や事務の方々、ずっと支えてくれた両親、絶対に受かろうと誓い合った仲間、ありがとうございました。浜学園に通っていて本当に良かったです。

  • 『合格』より大切なもの
    • 『合格』より大切なもの
    • A.K. くん

    • 東山中学校合格
      北嶺中学校合格

    •  僕が厳しい受験勉強の中で最も苦戦したのは理科だ。とてつもなく僕は理科が苦手で、入学試験の3科(国・算・理)を(国・算・社)にしてほしい!と理科の復習テストの点数を見て何度も思った。

       そんな大の苦手な理科でちょっぴり自信を持たせてくれたのは、浜学園の先生のおかげだと思う。

       授業が終わった後、モーメント計算や化学の比例式を僕が分かるまで教えてくれた。そんな理科の先生にはとても感謝している。

       話は変わるが、題名にもなっている「合格より大切なもの」って何だろうと思っている人も多いと思う。それは、父が僕に言ってくれた「ある言葉」だ。

       元日に受けた洛星中プレ入試の結果がものすごく悪く、「あと十日余りでどうすればいいんだろう」と落ち込んでいた時に父はこう言ってくれた。

       「洛星の入試本番では全力でやって、それで落ちたのならしょうがない」

       この言葉に僕は号泣してしまった。父に「全力でやってこい」と言われ、どん底だったその気持ちが少し軽くなった。

       本番では前期も後期も全力でやった。後期では、マスターコースや入試直前特訓PART1、PART2でいつも教わっていた先生が気軽に話しかけてきてくれたので、とても嬉しかった。しかし、洛星は残念な結果となり、最終的には、合格をもらえていた東山中学校に進学することとなった。

       今後の受験でも「全力」で問題にぶつかっていきたいと思う。父が僕に言ってくれた言葉は生涯絶対に忘れない。そう思うことができたのが僕の「中学入試」だ。

  • 楽しかった浜学園
    • 楽しかった浜学園
    • H.K. くん

    • 西京高等学校附属中学校合格
      東大寺学園中学校合格
      高槻中学校合格

    •  僕は第一志望校である西京高等学校附属中学校に合格することができました。

       浜学園には3年で入塾しました。公文、ピアノ、剣道、水泳とたくさん習い事をしていたので土曜マスターコースと最高レベル特訓算数からスタートしました。最高レベル特訓算数は毎回お母さんも教室に入って授業を聞いてくれました。

       5年からマスターコースにうつり、Sクラスからのスタートでした。4ヶ月後にはVクラスに上がることができてうれしかったです。最高レベル特訓算数は難しくなってきて宿題も大変でしたが、ずっと1組をキープすることができました。

       6年になり最高レベル特訓算数の宿題をする時間がなくなり、お母さんから「最高レベル特訓はやめよう」と言われたけど、先生の授業が楽しかった事と、算数好きの仲間がたくさんできたこともあり、「やめたくない」とお母さんを説得して最後まで続けることにしました。

       毎日の宿題が多くて大変で、夜12時まで勉強していました。頑張った結果、公開学力テストで100傑に入ることが多くなってきました。日曜志望校別特訓、夏期講習ではM灘の資格をとることが出来ました。灘を目指して頑張りましたが、灘中オープン模試や灘中入試練習では合格をもらうことが出来ず、西京を目指すことにしました。西京の作文は何度も先生に添削してもらっていました。

       合格発表まで少し不安だったけど自分の受験番号を見つけたときは本当にうれしかったです。

       僕は浜学園に通って算数の楽しさを学びました。算数が大好きです。先生も大好きです。

       最後にアドバイスしてくださった先生方、お世話になった事務の方々、いつもサポートしてくれた家族には本当に感謝しています。ありがとうございました。

  • できる事を最大にしよう
    • できる事を最大にしよう
    • S.F. さん

    • 京都産業大学附属中学校合格
      平安女学院中学校合格
      大谷中学校合格

    •  私は浜学園の勉強を効率よく進めて、受験に受かりました。今からその勉強方法を伝えます。

       まず、絶対にしてほしいのが、予定をまとめることです。予定表に、その日にする勉強を書きます。それを毎日続けると、勉強の内容が頭に入ってきます。また、一日にまとめてするのではなく、少しずつ分けて勉強すると理解力が高まります。

       次は、先生に質問することです。その日学んだことはその日のうちに理解しておくことが大事です。先生は、質問したらていねいに教えてくれますし、説明してもらった紙で家でもう一度復習することもできます。私は初め、勇気が出なくて、質問することをためらっていました。でも入試の日が近づき、普通に質問もできるようになったころ、もっと質問をしたらよかったな、と後悔しました。だからどんどん質問して下さい。

       最後は、テストの直しをすることです。授業のテスト、公開学力テストなどのテストが返ってきたらまず、直しをしましょう。直しをすることにより、自分の苦手なところが分かり、克服することができます。また、これは浜学園の先生に教えていただいたのですが、テストで、勘で答えを書いたりする時は、枠のはしに書いたり、文字を小さめに書いたりすると、自分がどこをわかっていないのかがあとで見て分かり、直す時間がむだになりません。私もこれで直しをがんばりました。

       三つの方法を説明しましたが、勉強を継続的に進める、これが一番です。継続的にすると志望校にどんどん近づきますよ!まずは予定を立てるところからしてみましょう。一人では難しいならお父さん、お母さんと一緒に予定を立てましょう。受験はどれだけ早い段階から準備ができるのかが重要です。今すぐにでも始めてみましょう。

  • 常に努力を!
    • 常に努力を!
    • Y.N. くん

    • 洛南高等学校附属中学校合格
      西京高等学校附属中学校合格
      東山中学校合格
      愛光中学校合格
      北嶺中学校合格

    •  僕はこの春、洛南高等学校附属中学校に合格することができました。この体験記が、皆さんのお役に立てると嬉しいです。

      (5年生)土曜マスターコースに通い始めました。偏差値は50前後で、特に受験は意識しておらず、ごく普通に受験勉強をしていました。最初はHクラスでしたが、すぐSクラスに上がることができました。

      (6年生)マスターコースのSクラスのスタートでした。僕は、2月の公開学力テストで偶然偏差値59.8を取りました。この時から洛南高等学校附属中学校を目指すようになりました。しかし、2月の公開学力テストで慢心してしまったせいか、その後の様々なテストで不調が続きました。僕は、このままでは危ないと思いながらも、そのまま「入試の天王山」の夏に入ってしまいました。夏期講習と7・8月の日曜志望校別特訓は、どちらも難関コースの1組でした。僕は最難関コースに入れず、悔しい思いをしました。しかし、ここで悔しい思いをバネにして、難関コースでしっかりと基礎を固めていきました。そのおかげか、この後の公開学力テストが、偏差値56から58で安定するようになりました。そして、9月から洛南・洛星コースに入ることができました。最初は2組でしたが、時間が経つに連れて、問題に慣れていき、12月には1組に上がることができました。また、11月の洛南プレ入試の社会で1位を取ることができました。しかし、僕は慢心せずに努力を怠りませんでした。すると、日曜志望校別特訓でベストを取る回数が増えました。その後も、努力をし続けました。

      (入試当日)洛南プレ入試のおかげで緊張しませんでした。問題を1つ1つ落ち着いて解くことができました。

      (合格発表)「合格おめでとうございます」の文字が画面に出ていました。僕は、努力が実ったことを感じることができ、嬉しさで溢れていました。

      (皆さんへ)受験生の皆さん、努力を大切にしてください!努力は裏切りません!

      (最後に)浜学園の先生方、僕にいろいろアドバイスをくれたり、温かい目で見守ったりしてくれて、本当にありがとうございました。

  • 努力はうらぎらない
    • 努力はうらぎらない
    • R.U. さん

    • 洛北高等学校附属中学校合格
      高槻中学校合格
      立命館中学校合格
      京都女子中学校合格
      岡山中学校合格

    • 私の経験をもとに、おすすめの受験勉強法を紹介したいと思います。
      まず、私は4年生の頃から時間がある時に、浜ノートの空いているページを利用して苦手な暗記の勉強をしていました。浜ノートにはちょうど良い空きスペースがあり、ノートを読み返すよりもそこに自分の言葉や絵で書きこんだ方が覚えられるのではと思い、その勉強法を続けていました。そのおかげで、暗記カードを使うよりも覚えることができたと思っています。それに、書いていて楽しかったので、持続させることができました。この勉強法のおかげで、苦手な暗記を克服することができました。
      また、私がしていた作文の勉強法は、とにかく浜学園の先生に作文を書いて提出し、添削してもらいそれを見るということです。洛北に作文が出ると聞いてからは不安になり、5年生の時に先生に相談したことがありました。「6年生になってからで大丈夫」と言われたのですが、6年生の夏まで手を出しませんでした。一番最初に書いた作文はかなり悪く、母にもかなり心配されたので、投げ出そうとしましたが、くやしさをばねに、「これができなければ合格しない」と自分に言い聞かせてなんとか立ち直りました。初めのうちは母に添削してもらい、秋頃からは先生に見てもらっていました。先生の添削はとてもわかりやすく、一番最初に書いた作文と冬頃に書いた作文を比べると、かなり良くなっているのが自分で見てわかるくらいになっていました。結果として形にはなりましたが、今ふり返ると、6年生の初めから作文をしておけば良かったと思います。
      そして、入試の傾向が変わってもあせりすぎないことです。私の時の入試はこれまでとちがい、立命館の国語は記述ばかりで京都女子の国語は100字でまとめさせるものが出ました。洛北の算数は私立が出すような問題が出ておどろきました。来年度は傾向が戻るかもしれませんが、もし傾向とちがうものが出たとしても周りの受験生もとまどうはずなので、集中できずにあせってもひとまず落ち着きましょう。私もそうして合格することができました。
      最後になりましたが、浜学園の先生方、今まで本当にありがとうございました。

  • 1年間のがんばり
    • 1年間のがんばり
    • M.A. さん

    • 西京高等学校附属中学校合格
      京都女子中学校合格
      岡山中学校合格

    •  私は、3年生から5年生まで土曜マスターコースに通っていた。6年生になる前、マスターコースに変わるかどうか迷った。なぜなら、マスターコースは土曜マスターコースよりも日数が増えて大変だからだ。結局、受験がせまってきているためマスターコースに変わった。
       マスターコースに変わってから大変だった1つ目は、復習テストだ。なぜなら、講義から1週間もあるが、2日後にはちがう教科があり土曜マスターコースのようにゆっくり勉強することができず、きっちり2回目を解くということができなかったからだ。夏休みぐらいにやっと復習テストで良い点数がとれるようになった。きっと、宿題をどうやって解いたらいいのかが分かるようになったからだと思う。2つ目は社会だ。私は5年生まで3科で通っていたため、1年間でたくさんのことを覚えなければいけなかったからだ。もともと覚えることが苦手で、国語の漢字や文法なども苦手だ。社会は5年生のときからやっておけばよかったなと思う。
       9月から11月は運動会に向けた練習があり、勉強が少しおろそかになっていた。いそがしい中で、私なりにいつもよりがんばったと思っていた。でも公開学力テストやとくに日曜志望校別特訓の復習テストで点数があまりとれず、みんなは私よりももっとずっとがんばって勉強しているんだと思った。このことがあったため最後までがんばれたんだと思う。12月から1月の入試直前は、覚えるものの確認だったり、忘れかけていたり、忘れていたりすることの見直しをがんばった。
      合格することができたのは両親や浜学園の先生のおかげだと思う。そのことに感謝して、これからも勉強を続けていきたい。

  • 振り返って気づいた人のつながり
    • 振り返って気づいた人のつながり
    • 野田 陽 くん

    • 同志社中学校合格
      同志社香里中学校合格
      同志社国際中学校合格
      東山中学校合格

    •  受験勉強を続けることは本当にしんどかったけど、今はやり遂げたという達成感を味わうことができています。浜学園の先生や友達、家族や親族に感謝しています。受験を終えて振り返ったとき、僕は人のつながりを強く感じました。
       まず、浜学園では、何人もの先生方に多くの知識と知恵を教えてもらいました。方法を知らないと解けそうにない難しい問題や驚くほど広い範囲の知識を、先生方は例え話を交えて教えてくれました。先生方の印象に残る話や面白い人柄もあり、勉強を楽しめました。受験後、最初に沸き上がってきた感情は、浜学園の先生方への感謝でした。このため、合格報告をできるだけ早くしました。そのとき先生は、「君が努力したのをほんのちょっと手伝っただけだよ」と伝えてくれました。僕は正直、「器が大きい人間とはこういう人だ」と思い知らされました。
       また、浜学園の友達はともに戦う仲間であり、切磋琢磨するライバルでした。特に最後の自習室での勉強は、友達と競争することで、互いに高めあえたと思います。浜学園では、先生方と友達という大事な人のつながりを知り、僕の受験勉強を支えてくれました。
       そして、家族は心のよりどころであり、一番身近で支えてくれていました。塾での食事は、いつも健康に気をつかってくれる母の手作り弁当でした。母は車で送迎してくれていましたし、父は塾代を支払ってくれていました。兄は僕が勉強をさぼっているときに「大丈夫か」と励ましてくれました。祖父母はいつも笑顔で応援してくれていました。特に祖父は途中から天国で応援してくれていました。
       受験を終えて振り返ったときに気づいたことは、こうした人のつながりであり、自分は支えられているということでした。家族や親族、さらに先生方、友達のおかげで走り抜けることができました。受験勉強は一人の戦いではなく、気づけば、自分と支えてくれているみんなで戦ったことを強く感じています。みんなに感謝です。

  • 気力が結果を左右する
    • 気力が結果を左右する
    • H.M. さん

    • 高槻中学校合格
      帝塚山中学校合格
      岡山中学校合格
      片山学園中学校合格

    •  私は、4年生の9月にHクラスで入塾し、3ヶ月後にSクラスに上がりましたが、特に算数の復習テストの成績が悪くクラスの下位にいました。5年生になり算数の復習テストの点数が上がり上位を目指せるようになりました。また、公開学力テストでの社会の成績が伸び、社会は偏差値60を超えることが増えてきました。第一志望校を高槻中と決めたのは、9月頃でした。6年生になり、悪かった公開学力テストを先生に見せ、間違った問題を、解けないといけない問題と捨て問に分けてもらい解けないといけない問題を解き直すようにしました。そして、その問題を公開学力テストの前日に見直すようにしました。すると、公開学力テストの成績が安定するようになり9月の公開学力テストでは、偏差値60を超えることができました。日曜志望校別特訓は、先生に勧められたこともありRD洛星・高槻コースを受講しました。前年度RDコースにいた女子で高槻中に合格したのは数名だと聞き洛星・高槻コース1組の上位を目指すように頑張りましたが、マスターコースの宿題もあったため、日曜志望校別特訓の宿題はあまり丁寧にすることができず、1組の中位にとどまっていました。そんな中10月から過去問を解き始めました。当初は算数がよく国語がとても悪かったので、国語の先生に添削をお願いし、自分に何が足りないのかを分析してもらいました。すると国語の点数が30点以上上がりました。しかし、今度は算数が悪くなってしまい算数の先生に疲れているから悪くなっているんだと言われました。一週間後に算数を解いてみると点数が上がりました。全教科の過去問の点数が合格最低点を超えたことは一度もありませんでしたが悲しんでいても仕方がないと自分を励まし、入試直前特訓PART2を一生懸命頑張りました。そして本番ミスをしないように頑張り、できない教科があっても落ち込みませんでした。この時私は、気力が結果を大きく左右する事を学びました。だから、皆さんも苦しい事があっても「第一志望校に合格するぞ!」という思いを決して忘れないでください。

  • 『為せば成る』浜学園での受験勉強
    • 『為せば成る』浜学園での受験勉強
    • 吉川 凜愛 さん

    • 洛南高等学校附属中学校合格
      高槻中学校合格
      西京高等学校附属中学校合格

    •  『為せば成る』この言葉はL洛南コースの国語の先生がハチマキに書いてくれた言葉です。私の受験勉強を象徴する言葉だったと思います。
       私は3年生の夏期講習から入塾しましたが、算数が苦手で公開学力テストは安定しませんでした。5年生では更に算数が難しくなり、復習テストで合格点を取るのにも苦労しました。しかし、洛南高附属中を目指したいと強く思い、教育相談を受けて、思いきって最レ算数を受講しました。宿題も多く、ついていくのも大変でしたが、6年生になって、復習テストや公開学力テスト、合否判定学力テストで一番算数が安定して驚きました。算数の先生がおっしゃっていた「サバイバル力」がついたのだと思います。「サバイバル力」とはどんな問題でも手を動かしてみる力です。最レは6年生の最後まで続けました。最レを受けて良かったと思っています。マスターコースのC問題でも十分難しいですが、最レでもさらに数多くの難問に挑戦することによって、算数の力がのびたのだと思います。日曜錬成特訓も国語以外は受講しました。一番大変だったのは夏休みでした。早朝特訓も受け、疲れはしましたが、宿題がたまらないようにがんばりました。細かく予定を立てた方が良いです。9月からは「サタチャレ」も始まりました。自分で問題を進めると弱点補強になります。マスターコース、日曜志望校別特訓、と宿題は多いですが、先生に聞いた優先順位に従い進めると、ベストをたくさん取れるようになりました。暗記分野では以前間違えた問題をノートにまとめると、見直せるので良かったです。
       塾生活は大変でしたが、先生の授業は面白く、友達と切磋琢磨しながら勉強するのは楽しく、良い思い出になりました。また、私を支えてくれた、塾の方々や家族にはとても感謝しています。
       私は1月の初めにインフルエンザにかかってしまいました。でも残りの期間にできることをして入試に臨みました。合格した時は涙が出るほど嬉しかったです。皆さんも大変ですが、体調管理に気をつけて、決してあきらめず合格をつかんで下さい。為せば成ります!!

  • 私の最後の3か月
    • 私の最後の3か月
    • A.T. さん

    • 京都女子中学校合格
      同志社女子中学校合格
      京都産業大学附属中学校合格

    •  受験しようと思ったのは、5年生の時に行きたい学校ができたこと、中学受験で体験したことが大学受験で役に立ったらいいなと思ったこと、がきっかけです。でも、受験というものは、私が思っていた以上に大変でした。
       最も大変だったのは、過去問を解くことです。過去問を解き始めたのは10月中旬で、お父さんが過去問チャレンジ表を作ってくれました。しかし計画通りにいかなかったので、12月と1月に詰めてしなくてはいけませんでした。私は4校受験することになっていたのですが、入試の1週間前になっても解き終らなかったので、1月15日からの3日間、朝から晩まで頑張りました。それによって自信がついたのか、1月19日の入試当日、冷静に落ち着いて問題を解くことができました。
       一通り過去問は解きましたが、入試会場に行くと、とても緊張しました。会場は暖かいと思っていましたが、意外と涼しかったので、温かいお茶と冷たいお茶の両方を持って行ってよかったなと思いました。国語は、漢字や熟語などの暗記問題を落とさないように気を付けて解きました。算数では、解くのに時間がかかる難しい計算問題が出てきて、すぐに解くかどうか迷いましたが、「この問題は、後回しにしよう」と冷静に判断することができました。直前の国語の試験で解けなかった問題があり、イライラしていましたが、休憩時間にチョコレートを食べたことによって、気持ちが落ち着いて次の算数の試験では冷静な判断ができました。これが、合格に繋がったのではないかと思います。理科の試験では、暗記問題がとても多かったので、他の人との点数の差がつきにくく、合格点以上取るのは難しいかもしれないと思ったので、解ける問題はできるだけ落とさないように気を付けて解きました。
       今回の中学入試で、これをしたから合格できたと思うことが2つあります。1つ目は、冷静に判断することです。冷静に判断できたのは、試験の直前にチョコレートを食べたからなのではないかと思います。2つ目は、解ける問題を探してその問題を落とさないことです。解ける問題をうっかり間違えて、点数を減らしてしまったら、ほかの問題でカバーするのは難しいからです。浜学園の先生が直前に何回も言って下さったので、思い出して実行できたのだと思います。
       このような経験を、出題される範囲が分からない実力テストや大学受験などに生かせたらいいなと思います。

  • 努力はうそをつかない
    • 努力はうそをつかない
    • R.M. さん

    • 西京高等学校附属中学校合格

    •  私は、西京中学の合格を手にした。私は、6年生の春、西京中学を知った。知った頃は、もう一つの有名な公立校である洛北中学とどちらを第一志望にしようかと悩んでいた。二校の説明会へ行き、二校ともすばらしい学校でより悩まされた。だが、オープンスクールへ行き、西京生の堂々とした姿をみて、かっこいいと思い、この学校にいきたいと強くおもった。そして、1年間、がんばって勉強した。思い通りの結果にならない時もあったし、受験勉強をやめたいと思ったこともある。とても高いかべにぶつかったこともある。でも、自分なりにのりこえ、自分なりの結果を出し、合格したのであった。私は、最後まで暗記科目が苦手だった。最大の難問はそこだった。最後まで、暗記科目は成績が悪かった。絶対に暗記科目のせいでおちると思っていた。だが、直前期に入り、塾の先生に「暗記は最後でやったら、どうにかなる!」と言われた。そして、最後の2週間は、暗記だけを熱心にとりくんだ。西京に受かりたいという想い一筋に勉強した。5年生のサイエンスからはじめ、いけるところまで死ぬ気でやった。受験当日も受験会場で暗記だけを真剣にとりくんだ。そして、合格をつかみとったのだった。倍率5倍というせまき門を突破したのだった。そして、夢見た西京中学に4月から入学することができた。このことから言えるのは、努力はうそをつかないということだ。努力した分、成果が得られるということだ。一人一人、努力して志望校に向かっていけば、絶対に合格できると私は思う。だから、最後まで真剣に努力して合格をつかみとってほしい。受験勉強をやめたいと思うこともあるだろうし、いろいろなかべがたちはだかることもあるだろう。でも、そこで自分なりに努力して正しい道筋をすすむことが大切だと思う。あとは、志望校に合格したいという強い想いさえあれば、絶対に合格できる。最後まであきらめず勉強してほしい。努力は絶対にうらぎらないのだから。

  • 最後まで全力を尽くす
    • 最後まで全力を尽くす
    • K.I. さん

    • 洛北高等学校附属中学校合格
      立命館中学校合格
      岡山中学校合格

    •  私は今年、第一志望校である洛北高等学校附属中学校(以下、洛北)に合格することができました。浜学園の先生には本当にお世話になり、私を支えてくれた全ての人に感謝しています。
       私は4年生の秋に入塾しましたが、志望校を実際に決めたのは6年生の夏頃でした。オープンキャンパスに行った時の洛北生のいきいきとした姿に強くひかれ、私もこの学校で学びたいと感じたのがその理由です。私は、中学受験では受験直前の時期が一番大切だと思います。今まで頑張ってきた全てを発揮するためには、受験直前まであきらめずに勉強に取り組むことができるかどうかが志望校の合否に大きく関わってくると考えます。今から記載するのは私の受験直前のことです。秋頃から私の成績は下降線の一途を辿っていました。私は基本をやり直すことを決意し、浜学園の暗記カードに取り組みました。同じ問題を何回もくり返し解き、とりわけ理科と社会では覚えきれていない箇所が多かったので非常に効果的でした。その甲斐あって浜学園の年末の暗記テスト大会では1位になり、自信がつきました。私は4教科の中で特に算数が苦手でした。洛北の過去問でも算数以外では目標の7割を超えることが多かったのですが、算数だけは5割ほどで、合格ラインには全然届かない状況が続きました。そのため、算数のテーマ教材を全部解き直し、頻出の規則性と立体図形を集中的に勉強しました。入試直前特訓のテキストや公立中高一貫校対策講座のテキスト等も必死に取り組みました。分からなかった問題についてはすぐに先生に質問しました。質問の量の多さに先生も驚いていましたが、一つ一つ懇切丁寧に教えてくれたので本当に感謝しています。入試直前の1週間、理科は浜学園のテキストの要点部分全てに目を通し、国語は、自由作文に注力した結果、一通りの準備が整った状態で入試本番を迎えられました。当日は緊張もせず、本来の実力を発揮できたので受かっても落ちても自分の受験勉強に悔いはないと思うことができました。皆様も安心して試験に臨むためにも受験本番まであきらめず、やり残したことはないと思えるまで準備をして頂きたいです。
       合格発表で自分の受験番号を見た時はとてもうれしかったです。私はこの受験で勉強することの楽しさや目標を達成した時の充実感、努力は裏切らないことを学んだので今後の中学校生活に活かしていきたいです。最後に浜学園の先生方、本当にお世話になりました。

  • 人とのつながりを感じた受験
    • 人とのつながりを感じた受験
    • A.Y. くん

    • 立命館中学校合格
      立命館宇治中学校合格
      立命館守山中学校合格

    •  ぼくが浜学園に通って、一番心に残っていることは、受験勉強を通してできた人との関わりです。
       ぼくは、5年生の最後の方は成績が良かったのですが、6年生になってしばらくして、悪くなってしまった時がありました。後から考えると、油断したのだと思います。そのときも塾に行きたいと思えたのは、お世話係さんがよく声をかけてくれたり、休み時間に友達と話したり、友達と話しながら楽しく帰ることができたりしたからです。それから夏休みに入り、夏休みにがんばったのでだんだん成績が上がってきました。
       それからは、アドバイザーの先生や教科担当の先生とのやり取りで、モチベーションを保つことを大切にしました。途中、また油断しそうになったり勉強がいやになりそうだった時がありました。でも、週に1度アドバイザーの先生と話をすることや、先生方に質問をしたり、丁寧に採点していただいた過去問の答案を見返したりすることで、がんばり続けることができました。
       受験の前日には、先生からおやすみコールをいただきました。電話で先生と話すのは初めてだったので、とても緊張しましたが、楽しいお話をしてくださって、アドバイスもいただきました。電話をおいたら、気持ちが落ち着いていて、夜もよく眠れました。受験の日、入試会場に、アドバイザーの先生とやり取りをしたファイルに、他の先生方のサインをはさんで持っていきました。会場に入る前に、先生と話せたことと、会場でファイルを見たことが、合格につながったのだと思います。このファイルと過去問の答案は、ぼくの宝物です。合格発表でぼくの番号を見つけたときには、飛び上がるほどうれしかったです。
       あたたかく見守って下さった先生方とお世話係さん、楽しい塾生活にしてくれた友達、そしてなまけがちなぼくを最後まで支え続けてくれた家族に、感謝の気持ちでいっぱいです。どうもありがとうございました!!

  • 受験生の自覚
    • 受験生の自覚
    • 吉本 天緒 さん

    • 同志社女子中学校合格

    •  私が浜学園に入ったのは5年生の夏期講習からです。入塾テストはギリギリの点で合格し、授業についていくのがやっとでした。宿題も問題についてゆけず、復習テストの点も恥ずかしいほどの結果でした。かといって頑張るわけでもなく遊んでばかりいました。今思えば本当に無駄な時間を費やしていたと後悔するばかりです。そんな調子で5年生が終わりました。

       2月から6年生の勉強が始まりましたがまだ私は受験を全く意識せず遊んで過ごしていました。そんな中私は4科から3科に変更しました。国語算数理科以上に社会は目もあてられない状態だったからです。公開学力テストの順位は自慢ではないですが下から数えたほうが早い結果でした。社会の負担が無くなりいつもより少し自由になれた気がしました。

       成績が伸びることなく夏がきてしまいました。ある日私の状況を見かねた事務所の職員さんが声をかけてくれたことが大きな転機となりました。「今の自分の成績分かってる?」その言葉を聞いた時どきっとしました。今まで深く考えていなかったことを真正面から言われてしまいました。その日から成績を考えるようになりました。でもすぐには成績は上がらないものです。まずは日曜志望校別特訓(日特)の宿題の時間をつくり少しだけ勉強量を増やしました。すると公開学力テストの偏差値が予想以上に上がったのでした。ほんの数十分の勉強量の増加で変わったのです。

       私が本気で受験を意識し始めたのは入試の1ヶ月前です。早朝特訓で先生に毎回必ず質問しました。先生との会話が増えるにつれて勉強が楽しくなって熱中しました。クラスが上がり合格する自信が湧いてきました。おやすみコールがかかってきて先生と話すと安心してよく寝ることができました。

       そして迎えた本番。復習テストのように緊張することなく解くことができてよかったです。

       応援して下さった事務所の方や先生、親など本当に有難うございます。ハズキルーペより大好きです!そしてこの体験談が次の受験生の力になればいいなぁと思っています。自信を持って頑張って下さい。どんな成績であれ可能性は無限大です!

  • 背中を押してくれた先生や仲間
    • 背中を押してくれた先生や仲間
    • S.I. さん

    • 洛南高等学校附属中学校合格
      高槻中学校合格
      西京高等学校附属中学校合格
      片山学園中学校合格

    •  私は2年生の時から洛南高等学校附属中学校を目指すために浜学園に通い始めました。5年生までは成績が安定していましたが、6年生の秋から成績が落ち始めて入試を目前に不安になりました。問題が解けなくなると、あせって混乱してしまい解ける問題も解けなくなりました。自分で勉強方法が分からなくなった時に、基本にもどり勉強し直しました。すると、以前習った事が思い出されて安心しました。また、先生にもたくさん分からない問題を授業中や休み時間、居残りの時間に聞きにいきました。先生方が優しく教えてくださり、何度も質問しているうちに問題の解決方法がわかるようになりました。徐々に復習テストや公開学力テストの成績が上がり始めました。冬休みに入り、過去問を中心にどんどん問題をこなしていきました。算数を2回解き、2回目で合格点に届いた時、私の心にやっと自信が生まれました。年が明けてからは、苦手だった社会や語句の暗記に取り組みました。社会は問題をひたすら解き、忘れているところがないように頭に入れました。語句は試験開始の時間の直前までプリントを覚えていました。また、仲間とはげましあい分からない問題を教え合いました。
       私がここまで頑張ってこれたのは、不安でいっぱいだった私の背中を、先生方や仲間が押してくださったからだと思います。一人で戦っているのではなく、両親や先生方、同じように努力している仲間が支えてくれている事が力につながりました。合格発表で自分の受験番号を見つけた時、つらかったけれども努力を続けてきてよかったと思いました。中学受験を乗り越えた事は、これから私の生きる力になると思います。

  • Do my best!! 努力は必ず報われる!!
    • Do my best!! 努力は必ず報われる!!
    • 髙橋 香穂 さん

    • 豊島岡女子学園中学校合格
      市川中学校合格

    • (はじめに) 私は、今春、2つの学校から合格を頂けたことを嬉しく思います。この体験記が、これから合格を目指す後輩のみなさんの参考になれば幸いです。
      (6年、春) 6年は、Vクラスでスタートしました。最レ算数とトップレ国語を受講しました。この時点で関東受験をすることは決まっていましたが、みんなと同じように勉強していました。
      (6年、夏) 人生の中で1番苦しかったともいえるこの時期は、夏期講習、マスターコース、日曜志望校別特訓、最レ・トップレ国語特訓の宿題をするのに必死でした。コースの先生と相談して、最レをやめ、算数を日曜志望校別特訓に集中させました。しかし、睡眠は3~5時間ほどしかとれておらず、宿題以外のことを考える余裕はなく、公開学力テストの成績もだんだんと落ちてきて、勉強も何もかもが嫌になり、頭が爆発しそうでした。
      (6年、秋) 過去問をはじめました。しかし、関東受験をするには、L洛南コースの宿題だけでは不十分だったため、関東の日曜志望校別特訓の国語のテキストを取り寄せてやっていました。アドバイザーの先生と毎週ファイルやテキストを交換していくうちに、国語が大好きになり、算数と理科が大嫌いになり、苦手意識も生まれてきてしまいました。
      (6年、冬) 入試直前特訓がはじまり、宿題は楽になりましたが、過去問2周目に入っていて、毎日先生を質問攻めにしていました。みんなの入試が終わってから、関東入試までは、広い教室でひとりぼっちで自習していました。本当に辛くて、この時期は家で毎日のように泣いていたように思います。
      (最 後 に) 合格発表で、自分の番号を見つけたときの感動は忘れられません。これまでずっと支えてくれた両親や先生方、お互いに高め合ってきた友達、励ましてくれたお世話係さんには感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。そして、みなさんの明るい知らせを東京で待っています。頑張ってください。

  • 浜学園での私の歩み
    • 浜学園での私の歩み
    • 小坂 玲安 さん

    • 四天王寺中学校合格
      金蘭千里中学校合格
      京都女子中学校合格
      岡山中学校合格

    • (はじめに) 私は晴れて、第一志望の四天王寺中学に合格することが出来ました。この体験記が、あとに続く皆さんのお役に立てたらと思います。
      ( 小 4 ) 小4の5月に浜学園に入りました。Hクラスからのスタートで、2ヶ月後にはSクラスに上がりましたが、ここで調子を崩し、算数で思ったような点数が取れなくなりました。しかし、コツコツと努力を重ね、冬からは最レ算数の資格を取ることが出来ました。ただ、最レ算数は苦手意識が強く、成績はと言うと…、低空飛行でした。
      ( 小 5 ) 小5になり、四天王寺中学の文化祭に参加し、「ここに行きたい」という思いがわいてきました。そのとき“絶対合格”と書道部の方に書いてもらったうちわは、今でも大切に置いています。小5「女子最難関中チャレンジテスト」などを受け始め、他の教室で受験することに場慣れしていきました。
      ( 小 6 ) 受験学年になりました。このあたりから、毎月の公開学力テストが、講座の受講資格に絡んでくるので、気が抜けませんでした。春期講習では、女子最難関中コースで受けました。私は、日曜錬成特訓は受けずに、代わりに、「トップレ算数・国語」を受講しました。国語は得意教科だったので、「トップレ国語」でいろんな文章に触れることが自信につながりました。いよいよ天王山の夏。夏期講習も女子最難関中コースで受けました。夏期講習とマスターコースの校舎が違うので、バタバタしました。秋からは、日曜志望校別特訓が本格化し、上本町教室に通うことになりました。知り合いが誰一人おらず、完全アウェイだったけれど、その分、心は強くなりました。12月の日曜志望校別特訓から1組に上がり、この頃になると、手ごたえが感じられるようになりました。入試当日は、緊張もあまりせず、いつも通りの平常心で受験することが出来ました。
      (最 後 に) 厳しくも優しいコースアドバイザーの先生、「後輩になれよ!」と励ましてくれた四天王寺中の大先輩にあたる先生、苦手だった理科・社会を親身に教えて下さった先生方、大好きなお世話係さん、事務員さん、お世話になった3つの校舎の先生方、そして、尊敬すべき大好きな浜学園生の仲間たち…本当にお世話になりました。また、ときどき、浜学園という名の“我が家”に帰らせて下さい。感謝の思いはここには書ききれませんが、中学でも、私らしく、がんばっていこうと思います。

  • 努力あるのみ!
    • 努力あるのみ!
    • 圓井 佳那美 さん

    • 洛南高等学校附属中学校合格
      高槻中学校合格
      京都女子中学校合格
      帝塚山中学校合格
      岡山中学校合格

    •  私がなぜこの体験記を書こうと思ったかというと、私のように算数が得意でないごく普通の人でも努力をすれば夢はかなうということを伝えたかったからです。私は4年で入塾し、6年になる直前にVクラスに上がれたので洛南高附属中学を目指すことに決めました。
       私は、どの教科においても「サタチャレ」と過去問をくり返しやることが役に立つと思います。算数は「サタチャレ」を4回、過去問を2回覚えこむくらいまでやりました。国語は、洛南は知識問題が多く出るので「Road to Rakunan」を解き、間違えた問題を覚えました。国語「ヨコモジカイ」も直前に目を通しました。過去問は先生がていねいに添削して下さるのでどんどん提出したらいいと思います。社会は時間がかかるわりには点数に結びつかなかったので最初はあまり好きではありませんでしたが、「サタチャレ」の5冊を3回すると、最終的に知識と知識が結びつき、どんどんおもしろくなってきました。
       次に大切なことは、苦手な単元を見つけ、それを克服していくことだと思います。私の場合、理科は、5年の公開学力テストが悪かったので、正答率が悪い単元を中心に全て復習テストをやり直しました。そうすると6年になり公開学力テストの点数が安定してきました。このことが洛南の問題を解く基礎となり、どんどん応用に活かしていくことができました。
       さらに、間違えた問題はそのままにしておかず、必ずわかるまでやり直していくことが成功のもととなるでしょう。これはあたり前のことですが、私にとっては一番難しかったです。
       最後にもう一度くり返しますが、やる気がある人は努力をすれば夢はかないます。つらい時もあったけれど、今振り返ると楽しかったし、自分の成長にもつながったと思います。
       来年の春、みなさんの桜が咲くように応援しています。

  • 土曜マスターコース生の中学受験
    • 土曜マスターコース生の中学受験
    • M.I. くん

    • 洛星中学校合格
      東山中学校合格
      帝塚山中学校合格
      北嶺中学校合格
      岡山中学校合格

    •  僕は、平日にスポーツをしていたので、4年生からWebで国語の授業を受け始めました。しかしそれは続かず、5年生の6月から土曜マスターコースに通い始めました。浜の算数はすごく先に進んでいたので、何もわからず、とても手こずりました。そのせいもあってか、公開学力テストでは偏差値が40を割ることもありました。でも、何も受講していなかった社会の公開学力テストを8月から受け始め、これが大正解でした。社会が全体の偏差値を4ぐらい上げてくれたのです。元々得意だった理科は宿題をレベル4までやるようにしていたので、理科と社会のおかげで、12月には全体の偏差値が50になり、6年生からは理科の最高レベル特訓をWebで受け始めました。6年生になると、だんだん土曜マスターコースを簡単に感じ始めました。日曜錬成特訓は、足を引っ張っていた国語と偏差値が50くらいの算数だけ受け、残っている時間で最レの宿題やHクラスではやらないけど洛星の算数に必要な知識が入っているB問題、算数2ndのWebをがんばりました。そして、春期講習は最難関コースに行きました。しかし、最難関コースに行けたのはこの時だけでした。夏期講習や日曜志望校別特訓では、男女難関クラスで基本をしっかりとがんばっていました。9月から洛星の過去問と洛星メソッドの授業で、社会と理科と算数は傾向を確かめたり、問題をいっぱい解きました。一番苦手だった国語は、洛星の過去問を解いて、先生に記述を見てもらいました。直前期には、とにかく入試直前特訓の宿題と過去問をしました。過去問は計2周分ぐらいの量をしました。答えを覚えてきたため、少しずつ古いものまでしていくことにしました。そのかいもあって、大晦日にある洛星入試練習で、初めて合格をつかみとりました。その勢いに乗り、北嶺中合格も果たしました。洛星受験当日は、体育館で配布されたミニ講義プリントをずっと眺め、校内では礼儀正しくしました。算数の速さでは、B問題でしたことのある問題が出たり、国語はやや読みやすく解きやすい問題が出たので、「ヨッシャー」と思いました。このような内容ですが、中学受験で役立ってもらえるのであれば幸いです。

  • 楽しかった浜学園
    • 楽しかった浜学園
    • 長野 岳人 くん

    • 洛南高等学校附属中学校合格
      洛星中学校合格
      海陽中等教育学校合格
      愛光中学校合格

    •  僕は、受験をするにあたってサボり癖が出てしまい、いつも思った通りの勉強をできていませんでした。
       そんな僕は母に怒られ一日として罵声の飛ばなかった日はありませんでした。
       あれこれしているうちに5年生の時は、すっかりサボってしまっていました。言い訳のようですが、浜学園から出る宿題の量が多いので回らなかったのです。
       そして6年になり何とか洛南高附属中プレB判定で秋を乗り切ることができました。
       最後にがんばって、解けるか解けないか不安が残る問題を次々に解いて吸収し、めでたく志望校に合格できました。
       ここまで読んでくれてありがとうございました。
       最後になりますが、こんなサボりの僕を叱咤激励し接してくれた母とお世話係さん、ありがとうございました。

  • 志望校にむけての取り組み
    • 志望校にむけての取り組み
    • A.Y. さん

    • 西京高等学校附属中学校合格
      京都女子中学校合格
      同志社女子中学校合格
      香川誠陵中学校合格

    •  私は第一志望である、西京高等学校附属中学校に合格することができました。
       私が西京のことを初めて知ったのは、小学4年生のときでした。その頃は、他校とは違って、受験で作文を書いたり面接をしたりする学校だというくらいのイメージしかありませんでした。6年生になって、オープンスクールに参加したとき、中学1年生の学習、研究の成果の発表を聞きました。発表している姿が、かっこよく、その内容もとても面白くて、来年は私がここに立って、みんなに発表したいと思いました。それから、西京に合格するための勉強を意識して始めました。その中でも私が特に頑張ったのは、新聞の記事や本に書かれている筆者の意見に自分はどう思うかを考えながら読むことです。家族にもどう思うかを聞き、意見交換をすることで、こういう考えもあるのだと参考にすることができました。これは、作文や面接の対策になり、実際にやってて良かったと思いました。他にも、11月からは毎週水曜日に過去問を解きました。解いたものは、必ず塾で先生に添削してもらい、そのあとに、もう一度やり直しをしていました。添削してもらうと、先生からのていねいなアドバイスがいつもついてきたので、次に過去問を解くときの参考にしていました。最後に添削してもらった過去問は、先生から最高評価をもらい、とても嬉しかったです。
       先生方や事務員さん、お世話係さんにはいつも、「よく頑張っているね。この調子でいけば大丈夫だよ」などといったあたたかい声をかけていただき、それが安心や自信につながり、どんなにつらくても頑張ることができました。その他に、私を支えてくれた方々にも、本当に感謝しています。みなさん、本当にありがとうございました。

  • 授業が大切
    • 授業が大切
    • 船曵 理菜 さん

    • 洛南高等学校附属中学校合格
      高槻中学校合格
      京都女子中学校合格

    •  私は、3年生の時から入塾しました。初めは、順位も下の方でしたが、5年生ぐらいから、成績が安定してきました。しかし、6年生の初めにSクラスに落ちてしまいました。SクラスからVクラスに上がるのは大変なことでしたが、がんばった結果私は運良く、次回のクラスがえでVクラスに上がれました。それから私は、その努力した体験を糧にVクラスでも平均以上になれるよう、頑張りました。でも、急にしようと思ってすぐにできるものではありません。平均以上になるには、長く、効率の良い勉強方法が必要でした。そんな時に手伝ってくれたのがお母さんでした。仕事で忙しい中やりくりして応援してくれました。そんな勉強を続けるうちに、平均以上どころか、上位10位にも入るようになってきました。そうこうするうちに、マスターコースも終了し、残るは直前特訓と入試本番になりました。直前特訓では、もう少しだと思って頑張っていると、なんとその頃から成績が上がってきました。成績も安定し、過去問の時間も増えてきました。そのようなことから生まれた自信によって、私は特に社会の授業をいつもより注意深く聞くようにしました。すると、今まで自分が知らなかったことがたくさん耳に入ってきました。
       いよいよ入試本番…。まったく緊張しませんでした。自分に自信がもてているわけでもなかったけれど、苦手な国語がなぜかスムーズに解けました。でも、一番おどろいたのは、私が一生懸命に聞いていた社会の授業で先生が「ポツリ」と言ったことがテストに出たことです。本当にうれしかったです。そんなことによって、私は洛南に合格できました。
       私の家族や先生方、ありがとうございました。そして、今から受験する人たちも、授業を注意して聞いてみてはどうでしょうか。

  • 浜の先生方のアドバイス
    • 浜の先生方のアドバイス
    • H.A. さん

    • 高槻中学校合格

    •  私は1年間四条烏丸教室にお世話になりました。私は女子中よりも共学がよかったので、学校選びは大変でした。両親と何度も何度も話し合いをし、浜の公開学力テストや合否判定学力テストの結果と照らしあわせながら、高槻中学に決めました。志望校が決まってからは、塾の授業も身が入るようになりました。先生にもたくさん相談にのっていただきました。共学化してはじめての入試ということで、私の成績で本当に合格することができるのかとても不安でしたが、先生は「国語がいつもよくできているから大丈夫」とはげまして下さいました。苦手な理科も、どんなふうに勉強したらいいのか、公開学力テストでどのレベルの問題ができていれば合格できるのかと、丁ねいにアドバイスして下さいました。そして最終的には本当に行きたい高槻をA、B出願することに決めました。出願してからの直前特訓では、絶対合格するぞと心に決めて、どの教科も今まで以上に真剣にとりくみました。すると、今まで以上に「ベスト」にのることが増え、苦手な理科もどんどん調子が上がってきました。過去問と直前特訓のテキストを何度も何度も解き直し、わからない問題が出たら、すぐに質問をしました。少ない募集人数の中に私が入れるのか不安になった時は、ひたすら浜の直前特訓の問題を解き、暗記もののチェックで心をおちつけました。そして本番、体育館に集まった人の多さにはじめは戸惑いました。「この中で合格できるのは何人だろう」と思うと、合格できるのかとても不安になりました。しかし、今まで頑張ってきたこと、母にもたくさん協力してもらったことを思い出し、心の中で何度も何度も「大丈夫!!」と言いきかせました。ミニ講義をきいたら、何だかリラックスできて試験にのぞむことができました。おちついてできたので終わった時には、「できたー」と心の中で思いました。そして無事合格。第一志望の学校に行けるなんて夢のようです。これまでたくさんのアドバイス、はげましを頂いた先生方に本当感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

  • D判定の私が合格した方法
    • D判定の私が合格した方法
    • 辰巳 響子 さん

    • 神戸女学院中学部合格

      大谷中学校合格

    •  私はこの春、第一志望校である神戸女学院に合格しました。私が思う受験勉強法がみなさんの役に立てばうれしいです。私はずっと模擬試験でD判定で、Sクラスでした。そんな私が合格できたのは奇跡に近いと思います。でも、これさえやっておけば神戸女学院に合格できる!!ということを紹介していきたいと思います。まず、平常授業(マスターコース)。日曜志望校別特訓も必要ですが、平常で毎週テストをして、ちゃんと覚えているかを確かめることが大切です。その次は、「神戸女学院への道」神戸女学院本。これを2回すれば、大体の算数が身につきます。あとは、入試直前に5・6年の社会の教科書を全て読んで丸暗記すること。神戸女学院は、国語・算数と立て続けに難しいので、その後の社会で気分を盛り上がらせないといけません。それと、私は5年から浜学園に通っていたので、5年の時の復習テストを捨てずに置いておき、6年の復習テストの前にそれをテストの前のテスト、みたいな感じにして使っていました。復習テストの算数では、神戸女学院は解き方を書いておかなければいけないので、問題用紙に書きこまずに解答用紙の裏に書きこんでいました。浜では毎年受けた人の一定割合が受かるので、神女中プレでは、受けた人数のなかで、その割合に入るつもりで受けに行くと良いです。過去問は最低10年分解いて神戸女学院の問題に慣れることが重要です。私を無事神戸女学院に合格できるよう指導してくださった浜学園の先生方、はげましてくださったお世話係のみなさん、帰りに浜学園の前に立っていてくださったSGのみなさんにこの場を借りてお礼を申し上げたいと思います。ありがとうございました。浜学園で勉強したおかげで私は合格できました。

  • ひたすら問題を解こう
    • ひたすら問題を解こう
    • 丹羽 学 くん

    • 大阪星光学院中学校合格
      西大和学園中学校合格
      奈良学園中学校合格
      愛光中学校合格

    •  ぼくの6年生の体験談を記します。6年生の社会では、初めに歴史、次に公民、そして最後に地理のまとめをやります。それでは、初めの方は地理の勉強をやらなくてもよいのでしょうか。いや、それは違います。公開学力テスト等で社会が足を引っ張ることをなくすためにも、5年生で習った地理を忘れてはなりません。ぼくは忘れないために日曜錬成特訓を利用しました。日曜錬成特訓は6月まで月に2回ずつあり、社会では地理を習いました。先生がていねい、かつ面白く、そして深く教えてくださったので、忘れかけていた社会科用語を思い出すことができ、本当に役に立ちました。このことは他の教科でも同じだと思います。
       夏になると平常(マスターコース)に加え、日曜志望校別特訓、夏期講習と、その全てをこなさなければなりません。ぼくは問題を解くスピードがおそく、母も「優先順位を決めてやろう」と言っていました。先生に聞いたところ、日曜志望校別特訓が一番優先順位が高いということでした。算数は苦手科目だったので、一番時間を費やしました。また、Ⅰ、Ⅱ講義にわかれているものは、全てをかたよりなくすることを心がけました。苦手を作らないためにです。
       入試直前特訓では教室に入ると、みんな張りつめた空気で勉強していました。浜バッグには2~3個の暗記カードを入れ、通塾の際にはめくり続けました。このころになると、「みんなも同じようにやっている」と言い聞かせ、だらけないようにしていました。おかげで、集中できていたと思います。
       最後に後輩へのアドバイスとして、問題をくり返し、そしてたくさん解くことの大切さを忘れないでほしいです。解いたことのある問題に出会ったときに、「解いたことがあるから解かない」ではなく、「絶対に合わせるぞ」という気持ちでいどんでください。合わせないといけないという緊張感の中で解くことによって、入試本番の練習にもなります。目標に向かってがんばってください。

  • 努力あるのみ
    • 努力あるのみ
    • 福田 晃太郎 くん

    • 灘中学校合格
      東大寺学園中学校合格

    • (はじめに) 僕が灘中の合格を勝ち取ることができたのは、西宮と四条烏丸の先生方、事務の方、そして家族のおかげです。僕が灘中を意識し始めたのは神戸住吉教室の「灘合」を受講した4年の夏頃で、灘中に通っている先輩の話を聞き、どうしても行きたいと思うようになりました。
      (6年・春) 宿題の量が増えペースをつかむのが大変でした。最レ算数は西宮の0組を受け、なんとか0組でいつづけられるよう頑張りました。最高峰特訓も受講しモチベーションが上がりました。「灘合」も西宮教室となり、自然と西宮に通う回数が増えました。
      (6年・夏) 受験の天王山とよばれる夏はやるべき事のスケジュールを1日ごとに立てて取り組みました。夏期講習と早朝特訓は西宮で受け、平常授業(マスターコース)は四条烏丸で受けました。また算数の過去問もし始めました。睡眠不足になるとミスが増えるので睡眠はしっかりとりました。
      (6年・秋) 学校も始まり優先順位をつけながらなんとかこなしていきました。過去問も全教科するようになり、国語は先生に記述を見てもらい進めていきました。コースの組も公開学力テストで決まるので大切なのですが、国語の出来により順位が左右されました。特訓や模試づくしで自分自身で勉強する時間の確保が難しくなってきましたが「灘」がつく模試はできる限り受けるようにしました。
      (6年・冬休み) 
      夏と同様、西宮に毎日通いました。早朝特訓や午後特訓ではスピードと正確性がつきました。毎回テストの後、クラス替えがあり国語はなかなか伸びませんでしたが諦めずにミスをできるだけ少なくするよう工夫をしました。算数と理科は自分の大事な得点源になるようにより強化しました。
      (受験直前) 灘中入試の2日前に39度の熱を出してしまいましたが、よく寝てなんとかその日のうちに治すことができました。
      (灘中1日目) 自分の中では国語は例年に比べ、解きやすく感じられ自信がつきました。(しかし後でもらう成績表を見ると1日目の国語が1番悪かったです。)算数はいつも通り、解ける問題は丁寧に解きミスがないように気をつけました。またおやすみコールでたくさんの先生方に励まされ、さらに自信がつきました。気を引き締めて2日目に臨みました。
      (灘中2日目) 算数は難しく感じましたが、とにかく落ち着いてミスがないように解きました。2日目の国語も1日目と同様に自信がありました。
      (最 後 に) 算数の力を伸ばしてくれた先生、最後の最後まで根気よく教えてくださった国語の先生、そして四条烏丸のお世話係の先生と事務員さんにはいつもあたたかく声をかけていただき感謝しています。また共に励ましあった仲間にも恵まれました。努力は必ず報われます。後輩のみなさんも浜学園を信じてがんばってください。

  • 自分を信じる心
    • 自分を信じる心
    • 孟 那日遜 くん

    • 灘中学校合格
      開成中学校合格
      洛南高等学校附属中学校合格
      西大和学園中学校合格
      愛光中学校合格
      函館ラ・サール中学校合格

    • (始 め に) 僕はこの春、無事に灘中に合格することができました。僕の経験が少しでも皆さんの役に立てたら嬉しいです。
      (入  塾) 僕は4年生の9月にJR京都駅前教室の門をくぐりました。平常(マスターコース)と最レをとり始めました。平常に関してはその教室ではSクラスまでしかなかったのでSクラスに入りました。当時灘中に入りたいとは思っていましたが、どのようなレベルか詳しくわかりませんでした。
      (4 年 生) この時僕は初めて返ってきた公開学力テストの結果に驚きました。算数と理科の偏差値は60台半ば位だというのに国語の偏差値は30台だったからです。『大丈夫かな』位は思っていたものの大して焦りも感じていませんでした。
      (5 年 生) 5年生から平常がVSVクラスになると聞きとても楽しみにしていましたが、クラス分けはSクラスのままでした。
      そして、やっとここで危機感を感じ国語に力を入れ始めました。ほんのちょっぴりだけどマンガを読む時間を少し削ってことわざの本を見たりして、出来る限り毎日少しずつやっていくようにすると、塵も積もれば山となるようにだんだんと成果が見えてきて、5月の灘中チャレンジテストでは最低点ですがなんとか合格しました。この調子で成績はどんどん伸びていき、8月の公開学力テストでは国語の偏差値がついに60を超え、10月にはVクラスにも上がりました。それと同時に所属教室をライバルの多い四条烏丸に移しました。しかしこのまま有頂天になっていると、11月では灘中チャレンジテストでC判定を取ってしまいました。
      (6 年 生) 初めて受けた2月の灘中オープン模試で合格し灘合の資格が取れました。これを機に西宮教室の灘合に通い始めました。そうすると成績はさらに上がり公開学力テストでもよく100傑に載るようになりましたが、まだ成績は不安定でした。一方、4月までの灘系に全て合格していたことが心の支えと自信になりました。
      しかし5月の灘中オープン模試で落ち、7月では灘系に全て不合格となり悔しさを味わいました。その悔しさを糧にし8月の入試練習では6位、オープンは34位で合格しました。
      その後、またスランプとなり、10月には日曜志望校別特訓で2組に落ちてしまいました。焦りを感じた僕は、過去のテストをお父さんと徹底的に見直しました。その成果もあったのか、11月の洛南高附属中プレでは5位になりました。直前特訓での20分短縮してやる特訓は見直し時間を作るのに非常にためになりました。ここから全てが順調に進んでいきましたが、最後のプレでB判定で終わってしまいました。しかしこのプレは落ちてよかったと思います。落ちたことによって僕のふわふわした気持ちをいましめてくれたと思います。
      (前  日) 住吉教室での前日特訓を受けた後、夜、おやすみコールを先生方からいただきましたが、2年半の努力が2日間で決まると思うと緊張してなかなか眠れなかったです。
      (1 日 目) 国語はいつも通りの手応えでしたが、理科は曖昧な問題が多く、それとは反対に算数は順調すぎて逆に心配してしまいました。
      (2 日 目) 国語の詩がよくわかったので確実な自信があったのですが、算数は難しかったです。でも『自分が難しいと思うものは他の受験生にもそう簡単に出来るはずがない』と自分に言い聞かせ、最後の最後の1分1秒まで考え続け、ぎりぎりで閃いて解けた問題もあり、なんとか乗り切りました。
      (合格発表) 洛南高附属中の入試が終わった後、車で京都から神戸に移動している途中、ネットで合格最低点が321点だと見たとき、思ったより高く焦りましたが、自分の県が13人中9人合格したと知ったときはちょっとホッとしました。ドキドキとワクワクの気持ちで1時間移動した後、灘中の体育館で自分の番号を見つけた瞬間跳ね上がりました。この喜びは一生忘れられません。僕みたいに国語が苦手な人でも灘中に合格できます。得意科目は手を緩めず、不得意科目も諦めず努力を重ねることが大事です。自分の力を信じて前へ進んでください。

  • 浜学園と自分を信じて
    • 浜学園と自分を信じて
    • 廣瀬 真優子 さん

    • 京都女子中学校合格

    •  私は念願の京都女子中Ⅲ類に合格することができました。私は入塾した4年生からずっとHクラスでした。クラブや習い事と両立しながら頑張ろうと決めていたので、その分人よりも努力が必要だと思い覚悟はしていましたが、やはり公開学力テストや模試では点が取れず毎回落ち込みました。それでも先生は、「気にせず復習テストでまず点を取れるように頑張れ!」と励ましてくださり、私は宿題のやり直しを教わった通りしっかりやることにしました。すぐに成果は現れませんでしたが、とにかく焦らず諦めず続けました。6年生になり合否判定が良くなくても諦めず、憧れの京都女子中合格を目指して、次から次に出る山の様な宿題を止まらずにこなし続けました。秋からの日曜志望校別特訓の頃には成果が現われ、復習テストで点数が取れるようになり、12月の直前特訓では3組で1位を取り小さな自信となりました。得意教科の社会は入試でも確実に高得点をとれるように、暗記分野に力を入れました。移動中も、それまで一緒に勉強してくれて必死で応援してくれた弟が、繰り返し問題を出してくれました。寝不足になりましたが全然辛いと感じず、浜学園で勉強する時間が長くなるほど受験勉強が楽しくなりました。そしていよいよ入試前日。私は緊張より楽しみで落ち着かず勉強は全く手につきませんでしたが、おやすみコールで全教科の先生の声を聞いて安心して入試に挑むことができました。入試当日、国語と社会は集中してスラスラ解け、理科は前々日に浜で質問した問題が沢山出て難問も焦らず解けました。算数は難問を考えているうちに後30分しかないことに気付き慌てましたが、1問分かれば後は神様が降りてきたかの様に全ての問題を解き終えることができたのです。そして私は京都女子中Ⅲ類に合格することができました。どんな時も焦らず諦めず力を出し切れたのは、浜学園で鍛えられたからだと実感しました。最後まで全力で指導してくださった浜学園の先生方、私を信じて温かく見守って応援してくれた家族や周りの全ての人達に感謝しています。みなさんも自分の力と浜学園を信じて、夢に向かって頑張ってください。

  • 直しと面接
    • 直しと面接
    • K.H. さん

    • 西京高等学校附属中学校合格

    •  私が一番大事だと思うことは、直しをすることだと思います。私は5年の夏期講習を受け、秋から入塾しました。最初は通うのと宿題をするのにせい一杯でした。算数は見たことのない問題ばかりで、ちゃんとついていけませんでした。その理由は、復習テストの直しをしていなかったからだと思います。私が直しが大事だと気付いたのは6年の秋くらいからで、すごく遅く、受験がさしせまってきてからでした。ですので、もっと早い時期から取り組むことが大事だと思います。また、公開学力テストはその日のうちに丸付けをして、直しをした方がいいと思います。その日のうちは、自分の筆せきを見るとすぐその時の解き方が思い出せるからです。その時に私が利用した方がよいと思うものは参考書です。参考書は単元ごとにまとまっていて、わかりやすいからです。とくに理科は、その単元の周りのことまで調べられるからです。復習テストでも使ったらよいと思います。
       私は国公立志望だったので、面接がありました。私が面接で心がけたことは、面接官の人にこの学校に入りたいということを過度にアピールしないことです。私が他の人の面接を聞いていると、合格したいということばかり言う人がいました。でも、それは会場に来ているからわかることなので言わなくてもいいし、本当にきかれている内容と合っていないからよくないと思いました。反対に、合格したいということばかり言わずに、質問されている内容と合っていることをはなした方がよく伝わると思いました。面接の対策方法は、いつも敬語を使うということだと思います。

  • 文武両道で成長
    • 文武両道で成長
    • S.T. くん

    • 洛北高等学校附属中学校合格
      立命館中学校合格
      海陽中等教育学校合格

    •  ぼくは、6年生から浜学園に入塾した。サッカーが大好きで少年団に所属していたぼくは、通塾をさけてきた。しかし洛北高附属中に合格したかったので、良いライバルが数多くいる浜学園の門を叩いた。まずはSクラスからのスタートとなり、期待と不安の入り混じった気持ちだった。
       そして、入塾後初の復習テストを受けた時のことだった。ぼくは合格点と同じ点数を取ることができた。そのとき、浜学園Sクラスの人はかしこいが、がんばったら勝てる相手だと思った。だから、サッカーも続けながら勉強もがんばる「文武両道」の道を選んだ。
       算数のNo.1やNo.2では、数の勉強をした。そこでは、イチマル解法やN進法というものを理解した。基礎学力を定着させるため、宿題もしっかり取り組んだ(このような努力を最後のNo.まで続けた)。もちろん、他の教科もがんばった。国語では読解に慣れるため、1日に1つ文章を読んだ。理科と社会は、行き帰りの電車の中で暗記分野を勉強した。
       すると、公開学力テストなどで偏差値が上がっていき、手ごたえを感じた。平常(マスターコース)でもSクラスで1位になり、Vクラスに上がることができた。おかげで、サッカーをする余裕ができて、夏の遠征にも参加できた。
       10月頃からは作文と過去問に取り組んだ。適性検査対策講座の先生がていねいに作文をてんさくしてくれた。そのため、作文も書けるようになり、入試当日でも落ち着いてしっかりと書けた。過去問は満点を取るように心がけ、実際の入試より国語は5分、算数は10分、理社は20分短くして取り組み、スピードと正確性の向上を目指した。
       そして、ついに入試本番。試験中も先生に言われたことを意識して問題を解いた。その結果、洛北高附属中に合格した。短い間だったが、濃くて充実した一年を送れたのも、浜学園の先生や事務の人たちのおかげだと思っている。本当にありがとうございました。

  • 受けてよかった日曜志望校別特訓
    • 受けてよかった日曜志望校別特訓
    • R.H. さん

    • 同志社中学校合格
      同志社女子中学校合格
      京都女子中学校合格

    •  私は、6年生になるまで、一般コース(マスターコース)以外の特訓については、取らなくてもいいという考え方でした。6年生になると一般コースの宿題だけでも追いつかず、前日にあわててやるというような有様で、日曜志望校別特訓なんてとてもこなせないと思っていました。
       でも今では、先生にすすめられて日曜志望校別特訓を受講して本当に良かったと思っています。なぜなら、一般コースで難しい問題ばかり解いていて、おろそかになっていた基礎を見直すいい機会となったからです。
       また、志望校のレベルにあった問題を数多く解くので、受験の時もあわてず落ち着いて問題に取り組むことができました。
       入試当日、国語の文章を見て、私はとても驚きました。「入試直前特訓」で解いた問題と同じ文章が出ていたのです。その学校の過去問をやった時、時間が足りないと感じていたのですが、その文章は一度やったこともあり、しかもそれが最近のことだったので、すごくラッキーでした。
       そんな偶然はめったにないと思いますが、やはり志望校にあった問題を解いておくことはとても重要だと改めて感じた出来事でした。
       日曜志望校別特訓は時間も長くて、受講するのは大変だと思うかもしれませんが、私の場合、家ではあまり勉強しないので、受けて良かったと思っています。
       受験した中学校に全て合格できたのは、すぐにさぼりそうになる私をいつも励ましてくれた浜学園の先生方や事務のみなさん、そして家族のおかげだと感謝しています。ありがとうございました。

  • 駆け抜けた3年半
    • 駆け抜けた3年半
    • 設樂 創平 くん

    • 洛星中学校合格
      東大寺学園中学校合格
      開成中学校合格

    • (3 年 秋) 最レの算数から受講を始めました。公開学力テストでは最初は100位に入れませんでしたが、時々入れるようになりました。このころから洛星中を目指すようになりました。
      (4 年 生) 平常(マスターコース)と最レの算数の両方をとるようになりました。公開学力テストは12回中11回100位以内に入り10位以内にも3回入るなど、宿題の量は多かったですがその成果もきちんとついてきていました。
      (5 年 生) これまでの平常と最レの算数の上に最レの国語も取るようになり、より一層宿題がしんどくなりました。宿題が多く、手が回らないときもありましたが、やり残したものは一週間以内に終わらせるようにしていました。そのおかげもあってか、志望校判定テストや灘中オープン模試では見事全て10位以内に入ることができました。
      (6 年 生) 2月、僕はこれまでにないほどのスランプにおち入りました。公開学力テストで
      190位近くだったので、落ちこみました。それでも先生方にはげましてもらい、じょじょに成績も上がってきました。夏休みはとてもしんどかったです。平常と講習の両立は疲れたけれど、なんとかがんばれました。日特は西宮で灘コースに通いました。
      0組と1組を行ききする日々が続きました。平均点が取れずに落ちこむ時もありましたが、そのことを忘れて次の問題を解くようにがんばりました。
      (受験前日) 緊張していましたが、先生方の声をきくことで安心することができました。前日は
      10時間じっくりと寝ました。
      (受験当日) 最初の受験校だったので緊張しましたが、ミニ講義をきくことで緊張がとけ、試験はリラックスして受けることができました。
      (お わ り) テスト勉強や宿題はとても大変だったけれど、やりがいのある3年半でした。

  • 努力の大切さ
    • 努力の大切さ
    • C.N. さん

    • 洛北高等学校附属中学校合格

    • 「合格して良かった。」それが合格発表があってから最初に思ったことです。当たり前のことですが、やっぱり合格できて、ホッとしました。本当に合格できるのかなと不安だったので、とてもうれしかったです。また、今までの努力が実を結んだんだなと思いました。
      私は5年生の最後の月に浜学園に入塾することになりました。私はまだ「受験する」という自覚がありませんでした。それに土曜スクールで、週1回しか塾に通っていませんでした。そんな中6年生になり、春期講習がありました。私は、最難関コースに行きました。スタートがおくれていて分からないことばかりでした。だから、「私もついていけるようにがんばろう」と思って、一生けん命勉強しました。私は春期講習が終わったぐらいに自分の志望校を決めました。そのころから中高一貫校の対策講座を受けて、志望校の対策をするようになりました。過去問にも取り組みました。分からないこともあったけれど、浜学園の先生方が質問に答えて下さいました。それに、私の志望校は記述問題がほとんどだったので、先生にいつも過去問題を見てもらいました。入試直前特訓では、クラスのみんなも真剣に勉強していました。もう1ヶ月もないので、全力を出し切りたいという気持ちでいっぱいでした。入試当日、自分を信じて本番にいどみました。面接は特に緊張しないように、今までの努力を信じてリラックスをしました。
      私が合格していえることは、受験勉強をし始めるのが少しおそくても、その間に努力すれば合格できるということです。私も1年ぐらいしか浜学園に通っていないけれど、おくれを取りもどすために一生けん命がんばりました。すると、合格することができました。このことから、努力は大切なんだと思いました。みなさんも「がんばる」と決めたら、全力で物事に取り組んで下さい。中学生になっても、浜学園で学んだことを生かしてがんばりたいです。

  • 努力の大切さ
    • 努力の大切さ
    • C.N. さん

    • 洛北高等学校附属中学校合格

    •  「合格して良かった。」それが合格発表があってから最初に思ったことです。当たり前のことですが、やっぱり合格できて、ホッとしました。本当に合格できるのかなと不安だったので、とてもうれしかったです。また、今までの努力が実を結んだんだなと思いました。
      私は5年生の最後の月に浜学園に入塾することになりました。私はまだ「受験する」という自覚がありませんでした。それに土曜スクールで、週1回しか塾に通っていませんでした。そんな中6年生になり、春期講習がありました。私は、最難関コースに行きました。スタートがおくれていて分からないことばかりでした。だから、「私もついていけるようにがんばろう」と思って、一生けん命勉強しました。私は春期講習が終わったぐらいに自分の志望校を決めました。そのころから中高一貫校の対策講座を受けて、志望校の対策をするようになりました。過去問にも取り組みました。分からないこともあったけれど、浜学園の先生方が質問に答えて下さいました。それに、私の志望校は記述問題がほとんどだったので、先生にいつも過去問題を見てもらいました。入試直前特訓では、クラスのみんなも真剣に勉強していました。もう1ヶ月もないので、全力を出し切りたいという気持ちでいっぱいでした。入試当日、自分を信じて本番にいどみました。面接は特に緊張しないように、今までの努力を信じてリラックスをしました。
       私が合格していえることは、受験勉強をし始めるのが少しおそくても、その間に努力すれば合格できるということです。私も1年ぐらいしか浜学園に通っていないけれど、おくれを取りもどすために一生けん命がんばりました。すると、合格することができました。このことから、努力は大切なんだと思いました。みなさんも「がんばる」と決めたら、全力で物事に取り組んで下さい。中学生になっても、浜学園で学んだことを生かしてがんばりたいです。

  • 日々の授業を大切に
    • 日々の授業を大切に
    • S.S. さん

    • 西京高等学校附属中学校合格

    •  私はこのたび第一志望である京都市立西京高校附属中学校に合格することができました。私は一般コース4教科、日曜錬成特訓、日曜志望校別特訓、そして公立中高一貫校対策講座を受講しました。公開学力テストや合否判定学力テストもあったので、ほぼ毎日浜学園に通った1年間でしたが、どの授業もとても面白く、先生も熱心に教えてくださったので、楽しく通うことができました。
       まずはそれぞれの講座の宿題とテスト勉強をすることが大切です。公立中高一貫校の入試問題は私立中学校の入試問題と異なり、作文や記述問題が多く出ます。しかし、基本的な知識がきちんと身についていないと記述問題で解答することができません。問題形式が異なるので何からやればいいのか不安になったこともありましたが、浜学園の先生のアドバイスを聞いて、まずは毎日の授業を大切にしました。土曜日は公立中高一貫校対策講座を受けました。科目ごとに問題を解きながら、特色のある問題形式に少しずつ慣れていきました。また、公立対策の家庭学習テキストを4冊いただいたので、週末に取り組みました。過去問5年分についても秋から取り組みを始め、先生方に添削していただきました。時間内に解けた問題、時間後に解いた問題と印をつけて提出し、返却された答案の解き直しをしました。また、西京中学校では面接があるので最初は何をどのように話したらいいのか不安でした。2回の面接講座に申し込み、本番と同じように練習した上で、先生からコメントをもらいました。そのおかげもあり、本番では緊張しながらも落ちついて自分の考えを話すことができました。
       本当に合格できるのか不安になる時もたくさんありましたが、1回1回の授業を大切にし、わからないところは先生に質問して解決することで少しずつ自信がついてきました。第一志望の西京中学校に合格できたのは、自分だけの力ではなく、浜学園の先生方やお世話係などの事務のみなさん、そして家族の支えのおかげだと感謝しています。

  • 苦手をなくす
    • 苦手をなくす
    • M.O. さん

    • 洛北高等学校附属中学校合格
      京都女子中学校合格
      同志社女子中学校合格

    •  私はこの春、第一志望の洛北高等学校附属中学校に合格することができました。この体験記が、皆さんが合格するために少しでもお役に立てばうれしいです。
       私は5年生の冬に浜学園に入塾しました。算数が得意でした。国語はHamaxのおかげで成績が上がったのですが、理科と社会の暗記分野が苦手で、理科と社会の成績が上がりませんでした。理科と社会の成績が上がったのは、入試直前でした。大晦日の暗記大会に向けて、父に浜学園の暗記カードを作ってもらい、暗記を頑張ったからです。先生に、暗記大会では暗記カードの内容しか出題されないと聞いていましたが、4教科とも思っていた以上に暗記カードの量が多く、こなすのにとても時間がかかりました。特に、理科と社会は暗記する量が多く、しかも苦手なので覚えるのに苦労しました。冬休みで学校がない時期だったので、授業以外は時間がありましたが、それでも覚えるのは大変でした。そこで私は、理科と社会の暗記カードは、得意な分野は1回だけ解いて、苦手な分野では2回から4回解くようにしました。暗記大会では、暗記カードを頑張ったおかげで9割以上の点数を取ることができ、2位に入りました。こうして私は、成績を上げることができました。本番の入試で、暗記カードの内容がたくさん出題されていたので、私は暗記カードをやっていて本当に良かったと思いました。洛北高等学校附属中学校では適性検査が行われますが、どんな勉強にも、基本が大事だと思います。また、成績は、得意な分野を勉強するよりも、苦手な分野を勉強した方が上がると思います。確かに、苦手な分野を勉強するのは嫌だと思います。しかし、その分野が本番で出されるかもしれません。だから、苦手な分野を優先的に勉強してください。
       最後に、浜学園の先生方一年間ありがとうございました。

  • 浜学園で過ごした日々
    • 浜学園で過ごした日々
    • 人見 舞 さん

    • 京都女子中学校合格

    • (はじめに) 私は、京都女子中学校に合格する事ができました。お役に立てれば嬉しいです。
      ( 入 塾 ) 入塾は、4年の春期講習からで、宿題も苦にならず、友達がたくさんできて、楽しく浜学園に通っていました。
      ( 小 5 ) 小5では、小4より算数の平常・最レの難易度が上がり大変でしたが復習テストの直しをして頑張りました。
      (小 6 春) 小5の最後でVに上がり、小6の初めがVでしたが、小6では宿題がはるかに増えVの授業ペースについていけなくなって、次のクラス替えでSに落ちてしまいました。
      (小 6 夏) 平常に加え、夏期講習と日特がある夏は大変で忙しく、日々が授業と宿題でしたががんばりました。
      (小 6 冬) 直前特訓では、男女難関コースの1組で早朝に、過去問・宿題・全教科のテストをしていました。この頃は授業が3日ごとなので授業が終わった日にその日の宿題を終わらせました。計算テキストは似た問題が入試に出るので毎日した方が良いです。
      (京都女子A入試)
      理科と社会が難しく、得意教科が国語である私にとってとても不利だったため、Ⅱ類しか合格できませんでした。そのことにより私は自信を無くしかけましたが、先生方のはげましで気持ちを切りかえることができ、B入試の受験をがんばる気になりました。
      (京都女子B入試)
      B入試は、国語で読みやすい文章が出たため、私にとって有利でした。苦手である算数は、解ける所を確実に解きました。結果としてめでたくⅢ類に受かることができました。
      (最 後 に) 浜学園で過ごす時間の中でたくさん勉強したと思います。しんどい時や苦しい時があったけれど、それを乗りこえられたのは家族・先生方・事務員さん・SGさんの支援のおかげだと思います。皆さんも色々な方の支援を受けてがんばってください。ありがとうございました。

  • 私の後悔
    • 私の後悔
    • 上田 瑛紗 さん

    • 立命館中学校合格
      京都女子中学校合格

    •  私は、4教科の中で算数に苦手意識がありました。復習テストではいつも平均点以下、自身はそれを気にすることなく、時間ばかりがたっていました。6年生の夏期講習の際、私は国語と理科の成績が良かったために男女難関コースの上のクラスに入ることが出来ました。そこでの、他の人達の算数の出来を見て、私は焦りました。みんながスラスラ解けていた問題を、私は解くことが出来ません。担任の先生に相談すると、私の解き方は、「解き方の暗記をしている」と言われました。それでは、同じタイプの問題は解けるが、応用の問題になると解き方が分からなくなります。焦りを感じた私はすぐさま、土曜スクールから平常授業にコースを変え、一から算数を学ぶことにしました。ここで平常授業に変えたのは遅かったと思います。算数を苦手としている人は、私のように解き方の暗記になっているのだと思います。なぜこのような式になるのかを考えて、質問して、解説を読んでみて下さい。復習テストは毎回ベストをとるので、学習の意欲がここで上がります。私は、算数の基本を一からやり直すことにしました。すると、2ヶ月後には復習テストはほとんど100点。公開学力テストの偏差値は、5~10ほど上がりました。みるみるうちに、算数への苦手意識はなくなり、算数の問題を解くことが楽しくなっていきました。他の教科も成績が上がり、復習テストのベストにいつものるほどになりました。けれども、時期が遅く念願のSクラスに上がれなかったことがショックでした。また、先生へ問題の質問をためらってなかなか出来ませんでした。私の後悔は全部で3つ。1つ目は、問題の解き方の暗記をしないこと。2つ目は、時間を大切にすること。3つ目は、ためらわず先生にどんどん質問すること。この後悔をしないようにみなさんはこの3つに気を付けながら、受験勉強を頑張って下さい。

  • 私の受験勉強法
    • 私の受験勉強法
    • M.O. さん

    • 同志社女子中学校合格

    •  私の受験勉強のスタートは、過去問を11月から始めたことです。過去問は5年分を最低3回くり返し解きました。間違えたところはノートに書きだして、正解するまで何回もチャレンジしました。担任の先生にお願いして5年分の合格最低点を教えてもらいましたが、初めは合格最低点に届きませんでした。何度も問題を解いているうちに合格点を上回るようになってきました。
       国語は、漢字・慣用句などを確実に覚えました。これはどの学校でも出題される「サービス問題」です。ここはよく見直した方が良いです。特に、きれいに丁寧に書くことが大事です。読解は、問題によく出る登場人物の気持ちの変化や筆者の考えをまとめることをくり返しながら問題を解き、解説を見ながら復習しました。
       算数の計算は絶対に間違わないように毎日、「計算・小問マスター」をしました。「計算・小問マスター」をどれくらいで解けているか毎日タイムを計りました。間違えたらもう一度解いてどこで間違えたか復習しました。
       理科は、基礎をしっかりマスターするため、「特進クラスの理科」の「理科知識チェック」をくり返し解き、暗記しました。社会では、公民が少し苦手だったので復習に力を入れて暗記しました。
       浜学園は復習主義なので毎回の授業の始めにある復習テストでベストに1回でも多くのれるように家で宿題を頑張りました。初めは、成績が下の方だったけれどベストにのることで私のモチベーションが上がり、成績がだんだん良くなっていきました。過去問をしてわからない問題は必ず先生へ聞き、添削してもらい解説を毎回作ってもらいました。それでもわからない所はHamaxの先生に聞き理解していきました。最後まで、各教科の先生方に丁寧に教えてもらいわからない所も自分の中にスーっと入ってきました。寝る時不安になったりする日もありましたが今まで自分を支えてくれた家族や先生方にとても感謝しています。これからも、この気持ちを忘れずがんばっていきたいです。

  • 地道に、こつこつと
    • 地道に、こつこつと
    • 松尾 光里 くん

    • 洛星中学校合格
      洛南高等学校附属中学校合格
      高槻中学校合格
      愛光中学校合格

    •  僕は2016年1月に第一志望の洛星中学校に合格することができました。支えて下さった浜学園の先生方や家族に感謝するとともに、この体験記が中学受験をする後輩の皆さんのお役に立てれば嬉しいです。
       国語では、毎朝漢字と文章題に取り組み、間違えた問題は2~3回くり返しました。また、公開学力テストは全教科受験したその日に自己採点をして直していました。しかし、語句はめんどくさがって宿題を1回だけしかやっていなかったので苦手でした。そのため、秋からは毎日語句の問題に取り組み、くり返すことにしました。そのおかげで最後は洛南の語句も得意になりました。
       算数では、毎朝計算テキストと最高レベル特訓算数の計算に取り組みました。平常や最レ算数の課題は曜日を決めて取り組み、これも間違えた問題は3回以上くり返しました。しかし、図や式をていねいに書いていなかったためミスが多かったです。ていねいに書くように気をつけるとそれからミスが減りました。
       僕は理科が一番安定しなかったのですが、「サイエンス」と「ファイナルアプローチ」のレベル1、2をやり直したことで安定しました。基本はとても大切だと気付きました。
       社会の復習テストは何度もやり直しました。特に地理の気候は100%になるまで何回もくり返しそのおかげで間違えることはなくなりました。朝食の時に必ずラジオでニュースを聞きました。歴史は好きだったのでどれだけ勉強しても苦になりませんでした。その中で年号は全く覚えていなかったのですがイベントでいただいたプリントに何度も取り組み、覚えました。
       僕は地道にこつこつとすることがきらいだったのですが基本にていねいに取り組むことで成績も安定しました。おかげで合格をいただけましたが、決して慢心せず浜学園の先生方のご指導を思い出し中学でもがんばろうと思います。

  • 浜学園での劇的な成長
    • 浜学園での劇的な成長
    • 濱崎 玄人 くん

    • 灘中学校合格

    •  僕が浜学園に入塾したのは6年生の8月の終わりごろでした。それまで日曜志望校別特訓のみを6月ごろから受けていました。そのころの僕は他の塾に通っていましたが、僕が第一志望校である灘中学校の対策になるような難易度の高い問題をその塾ではほとんど解かないので、決心し浜学園に転塾しました。転塾して初めて灘中学校の一日目の入試問題レベルのテストを受けると、算数が11点しかとれませんでした。その点数を見て僕は「このままでは灘中など受かりそうにない」と危機感をいだきました。そこから僕は猛勉強をしました。夏期講習期間は宿題を終わらせることで大変で、常に宿題においかけまわされている状態で、気がつけば夏休みが終わっていました。僕はあまり夏休みで実力が上がったように思えませんでした。しかし、秋から僕は全然解けなかった一日目の算数や理科の問題が突然解けるようになっていきました。9月の半ばごろから徹底的に出会った問題を解けるように復習をするように心がけていると、僕の実力の伸びるはやさがだんだん加速していき11月ごろには入試練習で高めの得点をとれるようになりました。ただ、その時ぐらいから毎回高得点だった国語の二日目の問題で思うような点をとることができなくなっていました。そこで今までの自分の勉強方法をふり返って見てみると苦手な算数の問題ばかりを解いて国語の勉強をおろそかにしてしまっていました。12月からは一秒を本当に大切にしながらバランスのとれた勉強を続けていきプレ入試ではB判定までもっていくことができ、大きな自信につながりました。入試一日目では全て平均点ほどしかとることができなくて気分が重くなっていました。でも先生たちのはげましもあって気持ちをきりかえることができ二日目で大逆転をすることができました。今ふり返ってみると今までの勉強がなければ今の自分はいないと思います。

  • 自分を信じ動じない心
    • 自分を信じ動じない心
    • 今井 傑人 くん

    • 灘中学校合格
      洛南高等学校附属中学校合格
      愛光中学校合格

    •  本日はこのように盛大な合格祝賀会にご招待いただきまして、まことにありがとうございます。共に浜学園で学び、合格を勝ち得ることができた仲間とこの場にいられることを誇りに思い、また、総代として今日ここに立てることを本当にうれしく思います。
       浜学園との出会いは、3年生の6月のことでした。四条烏丸教室の門をくぐり、入塾テストを受けたのが始まりです。学校の勉強とは比べ物にならない難しい問題で驚いたことを覚えています。3年生では最レ算数、4年生から一般コースと灘合を始めました。
       5年生の終わりに初めて受けた灘中チャレンジテストでは「不合格」を取り、とても悔しい思いをしました。これまでに見たことの無いような難問の連続に驚いて、あせってしまったことが原因だと思いました。不合格の結果通知をトイレの壁にはり、その悔しさをバネにがんばりました。
       6年生になると、カリキュラムも宿題の量も膨大となり、学校の課題との両立や宿題をこなすことが大変でした。また、夏期講習の時や冬期講習でも高熱が続いた時期が何度もあり、思うように勉強ができなくてとても不安になり辛かったです。
       宿題をこなせなかったり、高熱で勉強ができなかったりした時に、先生やお世話係さん、両親からアドバイスをしていただき、「無理をせず、授業の内容にとにかく集中し、解いた問題は確実に身に着けること」を心掛けました。
       浜学園では、公開学力テスト、灘中オープン、12耐特訓等、がんばって取り組めば上位にランキングされる機会がたくさんあるので、それがとても励みになりました。何度もテストを受ける中で、心を落ち着けて集中して問題を解く力を養うことができたと思います。
       いよいよ入試直前になり、直前特訓では毎日京都から西宮まで通いました。本番より時間を短縮して問題を解く特訓形式を繰り返し練習したことは、入試本番で爆発力を発揮できた大きな要因と思います。
       1月16日入試本番、朝のミニ講義に向かう電車の中ではとても緊張していました。しかし、ミニ講義を終え、合格宣言をすると、不思議と心が落ち着いてきました。今日のこの日のために3年生の時から努力してきたという自負の心が、緊張や不安を打ち消し、「自分を信じて力を出し切れば絶対に合格する」という強い信念がわいてきました。
       受験会場に入場する時、アーチをつくっていただいた保護者の方々の温かい拍手や掛け声、学園長はじめ先生方の激励をいただき、「戦場」に向かう覚悟が固まりました。
       1日目、国語は決してベストの出来ではありませんでしたが、すぐに気持ちを切り替え、算数と理科で絶対に取り返すんだという思いで臨み、実力を発揮できたと思います。
       2日目は、特に、算数は見たことの無い問題が出ましたが、1日目のことは一切考えずに落ち着いて全力で取り組むことができました。
       そして合格発表の日、別の学校の入試を終えて待合室へ戻った時、泣いている母の様子を見て、合格を知りました。最高にうれしい瞬間でした。
       ベストの力を出し切り合格することができたのは、浜学園の学習を通じて、目の前の課題に一点集中する力と、自分を信じ落ち着いて問題に取り組む、強い精神力を身に着けることができたおかげだと思います。
       さて、僕は大きな関門を突破し、夢をかなえることができましたが、人生はまだまだこれからです。この先、社会に役立つ立派な人間になり、人々に夢を与えられるような人間になるためには、まだまだ困難や大きな壁が立ちはだかることと思います。しかし、浜学園で学ぶことにより身に着けた「自分を信じ動じない心」はきっと、長い人生においてこれらの困難を突破し、大きく成長するための武器になってくれることでしょう。
       最後になりますが、暑い日も寒い日も、晴れの日も雨の日も、大みそかもお正月も一切関係なく、日々熱心に指導していただいた浜学園の先生・お世話係の皆様、サポートしてくださった事務の方々、塾生の安全に気を遣っていただいたSGの方々、健康に配慮し、栄養満点のお弁当を毎日作り、送り迎えをしてくれた母、中学受験の大先輩として学習のアドバイスをしてくれた父、互いに切磋琢磨し、競い合いながらも励ましあった教室の仲間たち、僕をとりまく多くの周囲の人々のサポートや心遣いのおかげで、夢をかなえ、ここに立つことができました。本当に感謝しています。ありがとうございました。

四条烏丸本部の開講コース

学年名称
小2
土曜マスターコース
習い事の兼ね合いや近辺に浜学園教室がないなどの理由で、マスターコースへの通塾が難しい方に最適のコース。週1回(土曜日)の通塾で、マスターコースの講義内容を受講できます。
学年名称
小3
マスターコース
浜学園受験指導の中心となるコースです。中学受験に必要十分な学力の習得を目標に指導します。経験豊富な講師陣が学習計画表に基づいて指導するので効率的に学習できるほか、毎回実施する復習テストにより各単元ごとの到達度を測るとともに答案作成能力も培われます。
土曜マスターコース
習い事の兼ね合いや近辺に浜学園教室がないなどの理由で、マスターコースへの通塾が難しい方に最適のコース。週1回(土曜日)の通塾で、マスターコースの講義内容を受講できます。
学年名称
小4
マスターコース
浜学園受験指導の中心となるコースです。中学受験に必要十分な学力の習得を目標に指導します。経験豊富な講師陣が学習計画表に基づいて指導するので効率的に学習できるほか、毎回実施する復習テストにより各単元ごとの到達度を測るとともに答案作成能力も培われます。
土曜マスターコース
習い事の兼ね合いや近辺に浜学園教室がないなどの理由で、マスターコースへの通塾が難しい方に最適のコース。週1回(土曜日)の通塾で、マスターコースの講義内容を受講できます。
学年名称
小5
マスターコース
浜学園受験指導の中心となるコースです。中学受験に必要十分な学力の習得を目標に指導します。経験豊富な講師陣が学習計画表に基づいて指導するので効率的に学習できるほか、毎回実施する復習テストにより各単元ごとの到達度を測るとともに答案作成能力も培われます。
土曜マスターコース
習い事の兼ね合いや近辺に浜学園教室がないなどの理由で、マスターコースへの通塾が難しい方に最適のコース。週1回(土曜日)の通塾で、マスターコースの講義内容を受講できます。
国語記述力養成講座
中学入試に出題される様々なジャンル・パターンの文章に触れながら、受験国語で必須となる記述問題への対応力を養う講座です。初めは指定字数が短めな問題や空欄補充形式の問題から取り組み、6年生になる前にまずは自分なりの答案を作り上げる力を身につけます。
学年名称
小6
マスターコース
浜学園受験指導の中心となるコースです。中学受験に必要十分な学力の習得を目標に指導します。経験豊富な講師陣が学習計画表に基づいて指導するので効率的に学習できるほか、毎回実施する復習テストにより各単元ごとの到達度を測るとともに答案作成能力も培われます。
土曜マスターコース
習い事の兼ね合いや近辺に浜学園教室がないなどの理由で、マスターコースへの通塾が難しい方に最適のコース。週1回(土曜日)の通塾で、マスターコースの講義内容を受講できます。
日曜錬成特訓
入試必出重要単元を総ざらいし、基礎学力を確立する講座です。「強化講座」と「基礎講座」に分け、各教科入試必出事項のテーマを絞って、教科別能力別クラス編成で、徹底的に学力の基礎を作りあげます。各講座ともに指導方法に工夫をこらし、その回毎に実力をつけることを意図した、やりきり講座です。
日曜志望校別特訓
志望コース毎に分析対策を行う受験生の必須講座です。志望校を同じくする者同士が同じ志望コースで共に学習することによって、志望校合格への意欲と実力を高め合うことができます。各中学校の出題傾向、問題の特色、難易度なども掴めるように分析と対策を行います。指導内容を3期に分けて、入試日まで段階的に指導内容を収斂させています。
国語記述力養成講座
受験国語において合否のカギをにぎるとも言われる記述問題を「書ける・得点源になる」ことを目指す講座です。講義部分で心情、理由説明などの問題ジャンルに合わせた具体的な答え方を講師からレクチャーし、その後演習プリントで類似問題を実践的に解き、採点の基準となる要素を明示することで得点に繋がる記述力の定着を図ります。

時間割

教室へお問い合わせください。