中学受験は、心身ともに大きくステップアップするチャンスです。
浜学園は中学受験生に寄り添っていきます。

最寄りの教室を探す

教室案内

枚方本部
072-846-1400
住所:
〒573-0032 枚方市岡東町12-1(ひらかたサンプラザ1号館 5F)
アクセス:
京阪枚方市駅徒歩3分
バス/自転車:
運行バス時刻表
自転車置き場
イメージ 詳しい周辺地図をGoogle Mapで開く

枚方本部で開催の入塾説明会(保護者説明会)

実施日

※実施日の前々日以降の申込は、直接教室へお電話ください。

お子さまのお名前(カタカナ)

姓:

名:

電話番号

メールアドレス

学年

※学年選択は現学年でお願いします
※4月1日からは新学年で選択ください

説明会の参加人数

お申込のきっかけ

個人情報登録の同意について

枚方本部で実施のイベント

    • 公開日:2022年05月05日
    • 「灘中日本一模擬入試」自宅受験のお知らせ
  • 趣旨
      いよいよ小6生の入試本番まであと8ヵ月となり、灘中をはじめ男子最難関中を受験する小6生は来年1月の入試当日に向けて一心不乱に勉強に取り組んでいることと拝察いたします。入試本番に向けて不安な教科・単元については徹底的に対策を立てて不安を全て払拭すると同時に、自信のある得意な教科・単元についてはより得点が稼げるよう、入試当日に最高の力が発揮できるように現在の自信をさらに確固たるものとするべく、日々努力を重ねていることでしょう。
      ただ、灘中をはじめ男子最難関中の入試本番はそんなに甘くはありません。夏休み前に受験生は難問・超難問に精一杯チャレンジして、その結果を参考にし、自分の夏休みの課題をしっかり見つけていただきたいと思います。従って、男子最難関中を志望する受験生は、少しでも時間があれば中学入試の天王山である夏休み42日間の前に入試本番とそっくりなテストである「灘中日本一模擬入試」に是非チャレンジして欲しいと思います。
      このような時期でありますので、灘中を少しでも考えている受験生が1人でも多く受験できるように、無料で自宅受験として実施させていただきますので、是非参加していただきたいと思います。また、Mコースで東大寺中・洛南中・西大和中・甲陽中・星光中・洛星中の6つの男子最難関中を第1志望としている受験生にも是非チャレンジしていただき、夏休み前に小6生となって受験勉強に頑張ってきた5ヵ月間の成果を試していただきたいと存じます。従って、今回は過年度の同時期に受験した先輩(灘・東大寺・洛南・西大和・甲陽・星光・洛星を志望する過年度の小6生)の成績の入った分布表と今回受験した皆さんたちだけの分布表の2種類を提供します。この大母集団の中での成績比較は、夏休みに向けての受験勉強の大事な指針となるものだと思いますので、M灘コース生,Mコース生全員の受験を是非おすすめします。
    対象
    灘中をはじめ男子最難関中(灘・東大寺・洛南・西大和・甲陽・星光・洛星中)を志望する小6生(飛び級生は不可)
    実施日時
    6月18日(土)8:00~13:10
    実施方法
    自宅受験して6月18日(土)中に浜学園M灘コース事務局までお送りください。6月18日(土)に学校があり実施できない場合は、6月19日(日)に時間を5時間10分とって実施いただき(あるいは6月18日(土)と6月19日(日)に分けて実施いただき)、下記住所宛にご投函ください。(6月20日(月)消印有効。なお、郵送料は受験者負担となりますので、ご了承ください。)また、6月19日(日)に開館している浜学園事務室でもご提出いただけます(開館状況と営業時間を予めお確かめください)。
    答案郵送先:662-0832 兵庫県西宮市甲風園1丁目5番24号 アーク西宮北口ビル5F 浜学園M灘コース事務局
    テスト時間割
     
    8:00~ 8:40 灘中入試一日目形式の国語テスト(40分間)
    8:45~ 9:45 灘中入試一日目形式の算数テスト(60分間)
    9:50~10:50 灘中入試一日目形式の理科テスト(60分間)
    10:55~12:05 灘中入試二日目形式の国語テスト(70分間)
    12:10~13:10 灘中入試二日目形式の算数テスト(60分間)
    ※自宅でこの時刻に取り組んでください。
    受験料
    無料
    答案処理
    答案は、得点分布表(今回の受験者のみと過年度の同時期に受験した先輩の人数も入れた分布表の2種類),個人成績表,灘中日本一模試合格判定基準表,解答・解説を添えて約15日後7月3日(日)以降に返却いたします。
    (ただし、期限内に全科目の答案を郵送された方のみ、答案といっしょに解答・解説を発送させていただきます。)
    Web解説
    答案返却後、各教科のWeb全問解説で徹底的に復習が出来ます。(ただし、期限内に全科目の答案を郵送された方のみ、Web解説を配信させていただきます。)
    申込期間
    5/5(木・祝)14時~6/8(水)17時
    申込方法
    参加ご希望の方は インターネット申込画面(申込期間:5/5(木・祝)14時~6/8(水)17時) からお申し込みください。

    塾生・一般生浜学園塾生でない方でマイページをお持ちの方はマイページからお申し込みが便利です。

    (なお、塾生の方はマイページからお申し込みください)
    • 公開日:2022年05月03日
    • 「灘・甲陽・星光・洛星中 合格判定模試」自宅受験のお知らせ
  • 改訂
    申込期間を変更いたしました。
    趣旨
      4月に実施し、ご好評をいただきました自宅受験模試を、対象校を拡大して実施いたします。まだまだ現時点では難しいと思いますが、男子最難関中統一入試の灘・甲陽・星光・洛星中から1校を選んでいただき、本番の入試と同じ程度の模試に挑戦していただき、これから夏休み前までの自分がつけなければいけない力をしっかりと認識していただきたいと思います。そして、その結果をふまえて、夏休み前の6月~7月中旬の勉強に一心不乱に取り組み、受験の天王山である夏休みに勢いをもって突入していって欲しいと願います。
    対象
    小6生(飛び級生不可)
    実施日時
    5月21日(土)
    灘 中 8:00~13:10
    甲陽中 8:00~12:55
    星光中 8:00~11:35
    洛星中 8:00~11:55
    実施方法
    自宅受験して5月21日(土)中に浜学園最難関コース事務局までお送りください。5月21日(土)に学校があり実施できない場合は、5月22日(日)に時間を計って実施いただき(あるいは5月21日(土)と5月22日(日)に分けて実施いただき)、下記住所宛にご投函ください。(5月23日(月)消印有効。なお、郵送料は受験者負担となりますので、ご了承ください。)また、5月22日(日),23日(月)に開館している浜学園事務室でもご提出いただけます。(開館状況と営業時間を予めお確かめください。なお、5月23日(月)の提出受付は19時までに限ります。)
    662-0832
    兵庫県西宮市甲風園1丁目5番24号
    アーク西宮北口ビル 5F
    浜学園最難関コース事務局
    テスト時間割
    灘中  
    8:00~ 8:40 灘中入試一日目 国語(40分間)
    8:45~ 9:45 灘中入試一日目 算数(60分間)
    9:50~10:50 灘中入試一日目 理科(60分間)
    10:55~12:05 灘中入試二日目 国語(70分間)
    12:10~13:10 灘中入試二日目 算数(60分間)
    甲陽中  
    8:00~ 8:55 甲陽中入試一日目 国語(55分間)
    9:00~ 9:55 甲陽中入試一日目 算数(55分間)
    10:00~10:55 甲陽中入試一日目 理科(55分間)
    11:00~11:55 甲陽中入試二日目 国語(55分間)
    12:00~12:55 甲陽中入試二日目 算数(55分間)
    星光中 (3科・4科)
    8:00~ 9:00 星光中入試 国語(60分間)
    9:05~10:05 星光中入試 算数(60分間)
    10:10~10:50 星光中入試 理科(40分間)
    10:55~11:35 星光中入試 社会(40分間)
    洛星中 (3科・4科)
    8:00~ 8:50 洛星中入試 理科(50分間)
    8:55~ 9:55 洛星中入試 国語(60分間)
    10:00~11:00 洛星中入試 算数(60分間)
    11:05~11:55 洛星中入試 社会(50分間)
    ※自宅でこの時刻に取り組んでください。
    受験料
    無料
    申込期間
    5/3(火・祝)14時~5/15(日)17時
    答案処理
    答案は、得点分布表,個人成績表,合格判定基準表,解答・解説を添えて約20日後6/10(金)以降に返却いたします。
    (ただし、期限内に全科目の答案を提出された方のみ、答案といっしょに解答・解説を発送させていただきます。)
    Web解説
    答案返却後、各教科のWeb全問解説で徹底的に復習が出来ます。(ただし、期限内に全科目の答案を提出された方のみ、Web解説を配信させていただきます。)
    視聴にあたり、塾生の方はWeb講義アカウントの登録が必要です。まだ登録されていない方は、マイページ「利用者情報」よりご登録ください。一般生浜学園塾生でない方は「Web講義視聴同意事項(https://hamagakuen-webschool.jp/regulation/)」に同意の上、お申し込みください。
    注意事項
    お申し込みの際は、いずれか1校のみをお選びください。
    申込方法
    浜学園マイページよりお申し込みください。
    • 公開日:2022年05月02日
    • 浜学園 副理事長・橋本憲一 × 医学博士・吉田たかよし先生Zoom講演会「脳医学が解き明かす! 合格実績を出し続ける浜学園の勉強法」
  • 概要
      最難関、難関中学の合格実績を出し続ける浜学園の勉強法と、保護者の家庭での関わり方について、浜学園副理事長(前学園長)橋本憲一と、医学博士(浜学園教育顧問)の吉田たかよし先生が解説します。
    対象
    小1~小6生の保護者
    実施日
    5月26日(木) 10:30~12:00
    会場
    Zoomウェビナー
    内容
     
    1.「浜学園の実績と3つの勉強法」
    弁士 浜学園副理事長(前学園長)橋本憲一
    内容 スパイラル方式、復習とテスト、実績の積み上げによるプラスの効果
    2.「脳医学が解明する 浜学園の学習法と実績の関係」
    弁士 医学博士 浜学園教育顧問 吉田たかよし先生
    内容 復習主義、テスト、クラス編成が合格実績に結びつく理由を脳医学で解明
    3. 対談「「ついついしてしまうNG行動… 家庭での保護者の関わり方」
    弁士 医学博士 浜学園教育顧問 吉田たかよし先生
    浜学園副理事長(前学園長)橋本憲一
    内容 実力テストが怖い… 保護者の心理
    勉強が好きになる! 子どもがフロー状態になるたった一つの方法
    子どもの弱点箇所はこう告げる「ポジティブフレームワーク」 など
    4. 質問タイム
    参加費
    無料
    プロフィール
    浜学園教育顧問・医学博士 吉田たかよし先生

    灘中学、灘高校、東京大学工学部(量子化学専攻)卒業。
    東京大学大学院(分子細胞生物学専攻)修了。
    東京大学新聞研究所修了(現・大学院情報学環)。
    北里大学医学部を経て東京大学大学院医学博士課程修了。
    現在、医師として受験生の脳機能や体調管理を専門に扱う心療内科院長を務める一方、学習カウンセリング協会代表として、受験生の脳機能やメンタル面の状態に適した勉強方法の普及活動に従事。
    注意事項
    定員に達し次第、申込受付を終了いたします。お早めにお申し込みください。
    講演会には、パソコン,タブレット,スマートフォンでご参加いただけます。Zoomはアカウント登録なしでも利用できます。
    Zoomミーティングに参加するための情報は5月24日(火)18時にメールにてお知らせいたします。(お知らせメールが迷惑メールフォルダに入る場合がございますのでご注意ください) また、予めZoomアプリをインストールしていただき、動作確認(https://zoom.us/test/)していただく必要がございます。
    Zoomアプリの利用についてご不明の方は、Zoomヘルプセンター(https://support.zoom.us/hc/ja)でご確認ください。
    申込方法
    参加ご希望の方は インターネット申込画面(申込期間:5/2(月)14時~5/23(月)17時) からお申し込みください。

    塾生・一般生浜学園塾生でない方でマイページをお持ちの方はマイページからお申し込みが便利です。

    (なお、塾生の方はマイページからお申し込みください)
    • 公開日:2022年04月20日
    • 佐藤ママとZoom座談会「中学入試を成功に導く学年別学習スケジュールの立て方」
  • 趣旨
      このたび、「中学入試を成功に導く学年別学習スケジュールの立て方」と題して浜学園アドバイザーの佐藤亮子さんと浜学園算数科主管の村田竜祐先生が浜学園,駿台・浜学園の保護者を応援するためにZoom座談会を実施いたします。ここでは、中学入試を見据えた塾通いをされている方、また塾通いの予定のある方を対象に小1~小5までの日々の学習スケジュールの立て方を学年別にお話しさせていただきます。
      座談会の流れは、佐藤さんと村田先生が親の立場と先生の立場でお話しします。また、事前質問にもできるかぎり答えていきます。
      この機会にぜひご参加いただき、新学年のスタートダッシュに役立てていただければ幸いです。
    対象
    小1~小5生の保護者
    Zoom実施日
    6月1日(水)
    12:30~14:30(Zoom講演会)
    14:30~15:00(チャット感想タイム)
    弁士
    浜学園アドバイザー 佐藤亮子様
    浜学園教科指導部次長,算数科主管 村田竜祐
    参加料
    塾生:330円
    一般生浜学園塾生でない方:550円(クレジット決済のみ)
    ※ 座談会が中止にならない限り返金は致しかねます。また、録画放映も致しませんのでご了承ください。
    事前質問について
    事前質問の募集は5月28日(土)17時で締め切らせていただきます。ご了承ください。
    ※事前質問はお申込みの際にご記入いただけます。
    注意事項
    定員になり次第、申込受付を終了いたします。お早めにお申し込みください。

    座談会には、パソコン,タブレットでご参加いただけます。Zoomはアカウント登録なしでも利用できます。
    Zoomミーティングに参加するための情報は5月30日(月)にメールにてお知らせいたします。(お知らせメールが迷惑メールフォルダに入る場合がございますのでご注意ください。)
    また、予めZoomアプリをインストールしていただき、動作確認(https://zoom.us/test/)していただく必要がございます。
    Zoomアプリの利用についてご不明の方は、Zoomヘルプセンター(https://support.zoom.us/hc/ja)でご確認ください。
    申込方法
    参加ご希望の方は インターネット申込画面(申込期間:5/6(金)14時~5/29(日)17時) からお申し込みください。

    塾生・一般生浜学園塾生でない方でマイページをお持ちの方はマイページからお申し込みが便利です。

    (なお、塾生の方はマイページからお申し込みください)
    • 公開日:2022年04月19日
    • 第2回「学力診断無料オープンテスト」
  • 趣旨
     子供たちの学力低下問題は中学受験をするしないに係わらず、保護者の皆様にとって最大の関心事だと拝察いたします。
     さて、このような昨今の状況を踏まえ浜学園では年4回塾生でない一般の方を対象に国語と算数の分野別習熟度の点検を目的とする「学力診断オープンテスト」を無料で実施しております。この機会に大勢の皆さんが積極的に参加し、現在の学力を点検されることをお勧めいたします。
     なお、本テストは「入塾テスト」ならびに「講習会受講資格判定テスト」を兼ねております。
     みなさん全員に参加賞を進呈します。
    対象
    小1~小6の一般生浜学園塾生でない方
    実施日
    6月4日(土)・6月5日(日)
    実施時間
    学年 小1・小2 小3~小5 小6
    科目 算数25分・国語25分 算数30分・国語30分 算数45分・国語40分
    午前の部 10:30~11:50(両日) 10:30~12:10(両日)
    午後の部 14:30~15:50(4日)
    13:30~14:50(5日)
    14:30~16:10(4日)
    13:30~15:10(5日)
    ※両日、両時間帯とも同じ内容です。ご都合のよい日時・会場を選んで、ご参加ください。
    ※午後の部の実施時間は6月4日(土),5日(日)では異なりますのでご注意ください。
    実施会場
    浜学園 全教室
    ※天王寺教室は本館にて実施します。
    ※名古屋教室では6月4日(土)午前・午後の部ともにウインクあいちにて実施します。
    科目
    算数・国語
    答案処理
    答案(小1~小5はデジタル採点処理された答案)・「個人成績表」を添えて、約10日後に返却いたします。(小1~小5の「個人成績票」は実施後最初の木曜日に一般生浜学園塾生でない方用マイページにも掲載します。)
    持ち物
    硬度(濃さ)Bの鉛筆と、よく消える消しゴム
    費用
    無料
    お知らせ
    ご質問等ございましたら各教室にお問い合わせください。
    また、本イベントと同時並行して「保護者説明会」を実施する教室もございます。是非ご参加ください。
    申込方法
    参加ご希望の方は インターネット申込画面(申込期間:4/30(土)14時~各実施日の前日17時) からお申し込みください。

    塾生・一般生浜学園塾生でない方でマイページをお持ちの方はマイページからお申し込みが便利です。

    (なお、塾生の方はマイページからお申し込みください)
    • 公開日:2022年04月07日
    • 国語オープンイベント講座
  • 趣旨
      浜学園ではマスターコース、土曜マスターコース、最高レベル特訓などの通年講座とは別に、小2~小5生を対象に普段の講義とは違う角度から、楽しくかつわかりやすくお子様の学力底上げを図るイベント講座を年二回(算・国各1回、算数は3/27に実施済)実施しております。
      今回の標記講座では国語の中でも長文問題に頻出の空欄補充問題の埋め方、そしてぬき出し問題・記号選択問題の解き方を中心に扱います。毎月実力テストとして実施される公開学力テストでなかなか点数がとれない、基本的ミスが目立つ等のお悩みを抱えている方は、同テストにも必ず活かせることと思いますので、奮ってご参加の程よろしくお願いいたします。
    対象
    小2~小5生
    実施日
    5月29日(日)
    時間
     
    学年 小2・小5 小3・小4
    時間 11:00~12:30 13:30~15:00
    会場
    西宮・明石・西神中央・神戸元町・三田・上本町・豊中・天王寺・なかもず・ 千里中央・枚方・四条烏丸・西大寺・名古屋・八事・岡山の各教室
    内容
    公開学力テストに頻出の( )埋めや語句関連、ぬき出し問題、記号選択問題を重点的に扱い、その考え方や解き方を指導していきます。
    教材
    授業で使う教材は当日の授業で配布いたします
    特典
    「かんじんなかんじ でるかんじ」(過去の公開で出題された知識題とその類題をまとめたものです。)
    参加料〈税込〉
    2,200円
    持ち物
    筆記用具・ノート
    映像配信
    日程の都合上参加出来ない方のために講義内容のWeb映像配信を予定しています。詳しくは別途専用の案内書をご参照ください。
    申込方法
    参加ご希望の方は インターネット申込画面(申込期間:4/21(木)14時~5/26(木)17時) からお申し込みください。

    塾生・一般生浜学園塾生でない方でマイページをお持ちの方はマイページからお申し込みが便利です。

    (なお、塾生の方はマイページからお申し込みください)

入塾テストについて

入塾をご希望の方は下記のいずれかのテストを受験し、入塾資格を取得してください。

公開学力テスト 無料オープンテスト 土曜入塾テスト 特別扱い入塾テスト
学年 学年によりテストは異なります。詳細は入塾説明会にご参加いただくか、お電話でお問い合わせください。
費用 有料 無料 無料 無料
申込 必要 必要 不要 必要
実施日 毎月第2日曜 年4回(2月・6月・11月・1月) 毎週土曜14:30~ ご都合に合わせて
各教室にて実施
入塾判定の
お知らせ
その週の木曜に
郵送で通知
実施の約10日後に
郵送で通知
その場で判定 その場で判定
答案返却 あり あり なし なし
その他 成績及び順位、偏差値
も併せて通知
成績も通知 - -

枚方本部の写真

イメージ
イメージ
イメージ

枚方本部責任者より一言

浜学園枚方教室にアクセスいただき、ありがとうございます。

浜学園枚方教室は、京阪本線枚方市駅すぐの、ひらかたサンプラザ1号館の5階にあり、駅直結の通路がビル3階に繋がっていますので、大変便利です。
また授業後は、スタッフが枚方市駅の改札口まで引率いたしますので、安心して通っていただけます。
さらに、JR長尾駅からは送迎バスも運行いたしておりますし、駐輪場も無料でご利用いただけます。

枚方教室では、これまでに大阪星光学院、洛星、洛南高附属、四天王寺といった最難関中や、高槻、大阪桐蔭、開明、同志社香里といった地域の人気校、さらには関関同立の系列校や大阪、京都の国立附属校などに合格者を数多く出しております。

中学受験は「親の入試」とも言われます。生徒たちはもちろんのこと、保護者の皆さまにも寄り添いながら、講師と職員が一丸となって志望校合格に向けて全力でサポートさせていただきます。
ぜひ一度お問い合わせください。スタッフ一同心よりお待ちいたしております。

枚方本部で開催の入塾説明会(保護者説明会)

実施日

※実施日の前々日以降の申込は、直接教室へお電話ください。

お子さまのお名前(カタカナ)

姓:

名:

電話番号

メールアドレス

学年

※学年選択は現学年でお願いします
※4月1日からは新学年で選択ください

説明会の参加人数

お申込のきっかけ

個人情報登録の同意について

枚方本部出身者の合格体験記

  • 「最後の最後まで伸びる」は本当です!
    • 「最後の最後まで伸びる」は本当です!
    • G.B. くん

    • 同志社香里中学校合格
      大阪桐蔭中学校合格
      開明中学校合格
      岡山中学校合格

    •  僕の良いところでもあり悪いところでもあるのは、マイペースなところです。そのおかげで入試当日まであまり焦らず勉強できたけれど、なかなか公開学力テストで結果を出せませんでした。最初から最後まで苦手だった国語の見直しをためまくり、「ゲームしたい!友達と遊びたい!!」という気持ちを受験本番のギリギリまで抑えられませんでした。それでも、見直しにすごく時間はかかったけれど、浜学園のテキスト、復習テスト、公開学力テストは全てやりきりました。最後のクラス替えで上のクラスに上がれたのも、合格できたのも、最後まであきらめずに全てやりきったからだと思います。
       コツコツ積み上げることは本当に大変です。特に6年生になると通常のマスターコースに加え、日曜錬成特訓、春・夏・冬期講習、過去問とやることだらけになります。なので6年生からは塾から帰宅したら、その日のうちに復習テストの見直しをするようにしました。
       やる気がなかったり、復習テストの勉強を十分にできないときこそ、浜学園の授業に行った方がいいです。一人でする勉強は嫌になることがあったけど、先生や仲間に会える塾の授業は好きでした。プレテストの日も受験当日も、黄色いコートを着た浜学園の先生や浜学園で一緒に学んだ仲間に会えた時、ほっとしました。特に1月15日受験初日に、先生から「緊張してたら先生のおなか触って行き!パワーをわけたげる!」という言葉はもらえた時はうれしかったです!今まで頑張ってきたことや先生に教わったことが全部僕の手の中に注入された気がしました。結果、受験した全ての学校に合格することができました。浜学園で3年間頑張ってきて、本当に良かったです。
       「最後の最後まで伸びる!」は本当でした!自分の良いところを最大限武器にして、自分の弱点と戦ってほしいと思います。みなさんが合格できるよう、応援しています。

  • 合格への道のり
    • 合格への道のり
    • R.Y. くん

    • 同志社香里中学校合格
      関西大学北陽中学校合格

    • 〈はじめに〉
      私は第一志望の同志社香里中学校に合格することができました。これまで浜学園で学んだ4年間を振り返ってみようと思います。
      〈3年生〉
      私は、3年生になったと同時(4月)に浜学園に入塾しました。最初はあまり塾での勉強に馴染めず、特に国語の勉強が苦手で、ずっとHクラスでした。
      〈4年生〉
      4年生になって土曜マスターコースになりました。1年間続けていたおかげで、次第に塾での勉強に馴染むことができるようになり、特に得意だった算数で得点が伸びるようになりSクラスに上がりました。しかし、Sクラスになった時から宿題の量が多くなり、うまく勉強のリズムがつかめなくて、SクラスとHクラスを行ったり来たりするようになっていました。
      〈5年生〉
      5年生になると、受験することへの実感も増してきて、このままHクラスでいいのかと思うようになり、自分が悔しくて、これまで以上に勉強に打ち込みました。すると、成果も出始めて、常にSクラスでいられるようになりました。
      〈6年生〉
      受験本番が近づき緊張が日々高まる中、私は苦手な国語が伸び悩んで困っていました。その時先生からいただいた「最後までやり抜けば合格できて、きっと努力が報われるよ」という言葉を信じ、ゲームもすっぱりやめ、入試直前特訓も毎回ベストを取ることを意識し、晴れて同志社香里中学校に合格することができました。合格を支えてくれた家族、そして浜学園の先生方や仲間のみんなに感謝の気持ちでいっぱいです。
      〈最後に〉
      浜学園に入学してからの4年間でいろんなことを教えてくれた先生や、いろんな面倒を見てくれた事務員の方々、本当にありがとうございました。

  • 1年間培ってきた力
    • 1年間培ってきた力
    • T.A. くん

    • 高槻中学校合格
      同志社香里中学校合格
      開明中学校合格
      岡山中学校合格

    •  僕は、小学6年生になる直前の2月に浜学園に入塾しました。きっかけは、友達が通っていたからです。僕はスポーツが好きだったので、正直、塾は苦手でした。入塾テストで、なんとかHクラスに受かりました。その時は、縁のあった中学校に入学出来ればいい、と思っていました。初めての講義の復習テストでは、全く点が取れませんでした。そのとき、ベストに入ってみたいと思いました。そこで僕は、苦手だった理科のLV1、LV2を3回することにしました。4月に初めてベスト1になったときは、本当に嬉しかったです。そこから国語、算数も調子が出てきました。
       そして、夏期講習の前にSクラスに上がることができました。高槻中学校を意識し始めたのはこの時からでした。しかし、Hクラスとは打って変わってSクラスではベストに入るどころか平均点を上回ることが出来るかどうか、というレベルでした。夏期講習が始まり、それにSクラスの宿題があいまって、気が滅入りそうでした。しかし、自宅・早朝特訓・自習室を使って何とかこなしていけました。その時僕は、算数を優先して勉強していましたが、自分が得意だった国語の勉強を少し増やしてみました。すると、国語ではベスト1になることができました。そのおかげで夏期講習の成績優秀者に選ばれ金メダルをもらうことができました。その金メダルがその後のやる気につながりました。
       秋になり、過去問も取り組むようになって気づいたことがあります。それは、わからない問題でもそれらしいことを書けば点数をもらえることがある、ということです。僕自身、算数であまり得意でない濃度計算が過去問に出題されていたとき少しあてずっぽうでそれらしいことを書いたことがあります。それを添削してもらった結果、10点中8点も獲得できました。もし、何も書かなければ、8点は取れなかったということになります。
       受験日前日、僕は緊張しすぎて腹痛になりましたが、いつも励ましてくれた先生のおやすみコールのおかげで少し自信を持つことができました。そして無事合格することが出来ました。
       僕から今後受験する皆さんに伝えたいことは、
      1 受験をするなら本気で勉強すること
      2 わからない問題でも何かしら書く
      ということです。少しでも皆さんの受験の参考になれば幸いです。

  • 悔いのない受験を!
    • 悔いのない受験を!
    • S.O. さん

    • 四天王寺中学校合格
      帝塚山中学校合格
      岡山中学校合格

    •  私は3年生の春期講習から浜学園に通いました。その時の成績は、下から2番目のブービーでした。通塾は土曜マスターコースで、もちろんHクラスからのスタートです。初めは、復習テストも平均点も取れず、公開学力テストも偏差値40台前半でした。なかなか成績も上がらず、塾に相談すると「まずは、復習テストを取るように頑張ること、復習テストが取れるようになれば、公開学力テストの点も上がってきます」と教えてもらったので、とりあえず復習テストの点を上げるように頑張りました。
       4年生くらいから復習テストはベストもとれるようになり、公開学力テストでも偏差値50前後くらいとれるようになり、念願のSクラスに上がることができました。でも、Sクラスは宿題量も多く、復習テストも難しくて、すぐにHクラスに戻ってしまいました。それからは、Sクラスに上がることを目標にしました。
       5年生はコロナで学校も塾もない日々が続きました。時間が出来たので、塾の宿題を丁寧にやることができ、成績が上がってクラスも上がることができました。そして、志望校を四天王寺にしようと決めました。ただ、理科だけは苦手でなかなか成績は上がりませんでした。
       6年生になると、今まで取れていた国語の点数が取れなくなり、成績が安定しなくなりました。国語も理科も点数が取れませんでしたが、まだ、焦ったりもしませんでした。日曜錬成特訓も、夏期講習も、Lコースの資格が取れずに難関コースを受講しました。日曜志望校別特訓は後期からLコースを取ることができました。算数だけはベストを取ることが出来ていました。過去問をするようになって、初めて私は焦りました。過去問が全く解けないのです。苦手な理科、国語は勿論ですが、得意なはずの算数も解けません。四天王寺の算数は、問題文も長くて、きちんと条件整理しないと解けません。そこで、私はきちんと式をかく、図をかく、線分図をかくという基本的なことに注意して問題を解くようにしました。理科は、暗記を頑張りました。一問一答だと解けても、なかなか試験は解けませんでしたが、何度も過去問をするうちに、理科もなんとか解けるようになりました。
       本番では、理科がとても難しかったです。私は社会を途中でやめてしまい3科受験でした。でも、当日は「絶対、四天王寺に合格するぞ!!」と思って最後の1秒まで諦めませんでした。難しくても、気にすることはありません。自分が難しいと思ったら、みんなも難しいのです。終わった時は、「合格してる!これで落ちたら仕方ないわ!」と思いました。私から四天王寺を受ける人へのアドバイスは、社会は勉強していた方がいいです。めんどうくさくても、基本はきっちりする方が、結局は早いです。悔いのないような試験にしてください。
       最後に、私が四天王寺に合格できたのは、浜学園の各教科の先生、アドバイザーの先生、お世話係さん、塾に通わせてくれた父と、怒りながらも夜中まで付き合ってくれた母のおかげです。ありがとうございました。

  • ハードな浜学園生活
    • ハードな浜学園生活
    • 中村 凜 さん

    • 洛南高等学校附属中学校合格
      四天王寺中学校合格
      高槻中学校合格

    •  私は3年生の時に浜学園に入塾し土曜マスターコースで授業を受けていました。そろばんを習っていたこともあり計算がとても得意でした。
       4年生になりマスターコースと最高レベル特訓算数を受講しました。最高レベル特訓算数は難しく授業の後でわからない問題は質問をして乗り切っていました。
       5年生ではVクラスに入ることができました。4年生の時はあまり難しくなかった理科が急に複雑になり全然点数をとることができなくなりました。理科はほとんどが平均点以下でベストにのったことはほぼありませんでした。しかし国語が一番得意科目だったので、いつもベスト1をとるように努力しました。算数の最高レベル特訓がさらに難しくなり1週間のうち3日くらい時間をかけていました。公開学力テストでは100位以内になれるよう類題を解いていました。マスターコースは全教科2回は問題を解くようにしていました。休校が重なったので復習ができ、良かったです。
       6年生になり最高レベル特訓算数を6月頃にやめました。7月から日曜志望校別特訓が始まりました。長い時間でしたがクラスメイトや先生が面白く楽しかったです。この頃テレビを見ることをやめました。夏休みは夏期講習、マスターコース、日曜志望校別特訓が重なり本当にきつかったです。宿題ができないこともありました。11月頃過去問を解き始めました。学校の傾向がわかり良かったです。日曜志望校別特訓を上本町教室で受けたので電車で過去問を1日1科目解いていました。この頃も国語は偏差値が80を超えるほど得意でしたが理科はベストにのった記憶が無いほど苦手でした。そして、入試直前特訓が始まり皆の賢さに圧倒されました。この頃も受験生という自覚がなくほぼ毎日母と口論していました。前日は好きな先生と話すことができ緊張がほぐれて全力を尽くして試験に臨むことができました。お世話になった先生方、家族、クラスメイト、事務員さん、本当にありがとうございました。

  • やってみることの大切さ
    • やってみることの大切さ
    • 佐藤 健吾 くん

    • 洛南高等学校附属中学校合格
      高槻中学校合格
      開明中学校合格
      大阪桐蔭中学校合格

    •  僕は5年生の時に浜学園に入塾しました。浜学園に入ったときはHクラスで成績も下のほうでした。そして、そのままの状態が何か月か続いていました。
       それまで僕は、自分で、自分に合った勉強法を一から考えようとしていました。しかし、周りの人や先生のアドバイスを受け入れると、成績が一気に上がりSクラスに上がることができました。Sクラスに上がってからもそれまでと同じように周りの人の言うままにやっていましたが、なかなか成績が上がりませんでした。それでも、自分では何をするのが最善かわからないので、とりあえず先生たちの言うようにやりそれにいろいろと付け足しながら勉強していました。
       しかし、6年生になると精神的にも体力的にも厳しくなってきて一時期は受験をやめたいと思う時もありました。合否判定学力テストでもA判定がなかなか取れず、更に精神面で厳しくなり、もともと体力が少なかった僕はとてもきつくなりました。それでも、何とか勉強し続けて正月特訓で、合格判定が出ました。そして、今年の春、洛南に受かることができました。
       勉強を教えてくだった先生や支えてくれた両親に感謝しています。ありがとうございました。

  • 人生最後の受験
    • 人生最後の受験
    • M.T. さん

    • 同志社香里中学校合格
      帝塚山中学校合格
      同志社女子中学校合格

    •  合格発表の日、私が第一志望の同志社香里の「合格」という二文字を見た時、うれしくてたまりませんでした。しかし、泣くほどうれしかった、ということはありませんでした。なぜなら、受験に向けて準備をしてきたし、試験を終えて、合格できたと思えたからです。
       振り返ってみると、私の合格の理由はきっと、勉強するのが嫌になった時でも、「絶対、同志社香里に入る!」と思い続けたことだと思います。私は、ダンス部に憧れて同志社香里に入学したいと思いました。全国大会の活躍も、実際に間近でみた時も、とても感動しました。その時以降、私は同志社香里に入学したいという強い意志をもっていたので、勉強が嫌になってもあきらめませんでした。だから私は、強い意志が志望校合格につながったのだと思います。受験する学校は同志社香里一本にしようと思いましたが、人生最後の受験と思い、複数校受験しました。結果は全て合格することができました。
       浜学園の勉強について、復習テストでベスト1~3に入ることを目標にしてきました。通常の授業や講習会、日曜志望校別特訓でもその目標を持ち続けました。わかっている問題でも私はケアレスミスが多かったので、先生にアドバイスをもらい、国語、算数、理科のどの科目でも重要な所に必ず線を引くようにすることを心がけました。もう一つ心がけていたことは、塾に早めに行っては、質問をよくすることです。わからない問題は解説を見てわかった気にならず、塾の先生に聞いて理解するようにしました。解けるようになった時は、すごくすっきりしました。解けるようになると勉強が楽しいです。
       私のお母さんは、6年生になってもテレビを見せてくれたり、友達と遊ばせてくれたりして、息抜きをさせてくれました。長かった受験の準備期間で重要なことだったと思います。
       最後に、受験に向けて、お母さんやお父さん、塾の先生、事務の人等がくれた言葉が私の心の支えになりました。本当にありがとうございました。中学に入学したら、楽しみにしていたダンスをめいっぱい楽しみたいです。

  • ポジティブで行こう!!
    • ポジティブで行こう!!
    • N.F. さん

    • 高槻中学校合格
      大阪桐蔭中学校合格
      立命館中学校合格

    •  私は浜学園に入る前から本を読むことがとても好きだったので入塾した時は国語はそれなりにできましたが、算数が苦手でした。入塾したのは4年生の秋で、その時は土曜マスターコースに入っていたのであまり負担を感じることなく塾に通うことができました。

       5年生になり、クラスがSクラスからVSVクラスになりました。VSVクラスにはとても頭の良い人がたくさんいて、ベストにのるどころか平均点より上もあまり取れませんでした。4年生までは3科だったのに4科になったことも大変になった一因でした。しかも、算数がとても難しくなりました。あまり授業についていけないまま1年が過ぎました。

       そして6年生になりました。クラスはVSVのままで、算数はさらに難しくなりました。宿題をこなしきれるはずもなく、算数だけでなく他の教科も苦手意識を持つようになってきて、テストを採点されるのが嫌でした。算数の宿題はテーマは解かずにB問題だけをやっていました。C問題どころかB問題が終わらない回もありました。しかし、計算テキストだけは必ず毎日解くようにしていました。

       過去問は第一志望校である高槻中は共学になってからの分をほぼ全て解きました。AとB合わせて1回だけ合格最低点に少し届きませんでした。悔しかったです。その他の学校は1年分しか解きませんでした。そして私は入試直前特訓のPART2に参加しませんでした。家で暗記分野を頑張ろうと思ったからです。

       私がみなさんにおすすめしたいと思うことは、とにかくポジティブになることです。いくらテストでいい点が取れなくてもこれは本番ではないし、できなかったところを確認していけば良いと受け止めていました。ネガティブに考えても何もいいことはありません。受験本番でも「なんとかなるさ、なるようになるさ」と思うと少しリラックスできます。うじうじ考えずに何事もポジティブに考えましょう。授業についていけなくて、宿題の意味が分からなくてもテストの点数がひどくても受験を乗り越えることはできます。応援しています!!

       

  • 浜での日々
    • 浜での日々
    • 野村 哩央 さん

    • 洛南高等学校附属中学校合格
      四天王寺中学校合格
      高槻中学校合格
      片山学園中学校合格

    •  私は、3年生で浜学園に入塾し、土曜マスターコースと最高レベル特訓算数を受講していました。公開学力テスト対策には類問をやっていました。まだ志望校についても全く考えておらず、のんびりとした生活でした。

       4年生になり、土曜マスターコースと最高レベル特訓算数を続けていました。先生が面白かったので、授業は好きでしたが、算数のテストは気が重かったです。算数が苦手で、恥ずかしい思いをする気がするからです。この思いは、4年間変わりませんでした。それでも、VSクラスに残ることができました。この年に、ピアノの習い事をやめました。

       5年生になり、マスターコースに移りました。VSVクラスに入ることができましたが、夏休みくらいから算数の復習テストの成績が落ちました。そのため、秋からは、算数を父ではなく母に教えてもらうようになりました。この頃から、算数は自力で解けるようになるまで、解き直すようになりました。多い時は、6回やりました。5年生の秋で、1番好きな英会話塾2つをやめました。母とはよく口論しました。算数の成績はなかなか上がりませんでしたが、第1回、2回女子最難関中チャレンジテストは共に金賞を貰うことが出来ました。3月頃から新型コロナウイルスによる休校に入りました。塾と学校が大好きだった私にとっては辛かったです。1日40分程度の休み時間と食事やお風呂以外は、勉強漬けだったこの時が1番辛かったです。5月に浜学園が再開し、遅れて学校も再開した時は、とても嬉しかったです。最高レベル特訓算数は、宿題をこなせなくなり6月にやめました。8月の女子最難関中オープン模試は金賞でした。9月からは、過去問もやるようになりました。まず1回解いて先生に見ていただいて、捨て問題を教えていただきました。これも、捨て問題以外をやり直し、理解が深まりました。学校と浜学園が大好きで、ハードですが楽しい最後の1年を過ごすことが出来ました。

       合格まで支え導いてくださった先生方、事務の方々、家族、VSVクラスと学校のクラスメート達、本当にありがとうございました!

       

  • 受験を通じて感謝した人
    • 受験を通じて感謝した人
    • Y.O. くん

    • 洛南高等学校附属中学校合格
      海陽中等教育学校合格
      北嶺中学校合格

    •  僕には、受験や受験勉強を通じて、たくさんの人との関わりがありました。その中でも、同じ学校を受験する「友達」であり「ライバル」である人と関わったことで、受験勉強を最後までちゃんと頑張ることができました。受験勉強を通じてたくさんの友達ができ、一緒に頑張ることができてよかったと思います。

       受験勉強を通じてできた友達以外に、両親のおかげで受験勉強を頑張れたこともありました。一番は家や自習室での勉強です。なぜなら、「何を家や自習室でするといいか?」などをいつもすぐに教えてくれ、自分で迷う時間がなくなり、迷わずにすんだ分の時間を勉強時間にあてられたからです。そのこと以外にも、初めて行く浜学園の教室には、父か母のどちらかがついてきてくれ、自分でその教室への行き方を覚えることができました。6年生になってからは、4年生や5年生でもらった理科や国語のことわざ・慣用句などのプリントをちゃんとファイルにして、電車や車でも見やすくしてくれました。そのおかげで電車や車でもちゃんと勉強をすることができました。

       友達や両親に加えて、自分の勉強を手伝ってくれたり、特別に暗記プリントを作ってくれた先生のおかげで、厳しい受験勉強を続けることができ、洛南高等学校附属中学校に合格することができたと思います。いろいろな先生が、僕の困っていたことやわからないことを解決してくれました。

       友達、家族の協力、先生のどれか一つでもなければ、僕は志望校に合格していないと思います。受験勉強を振り返って、僕は、友達、家族、先生にとても感謝しています。本当にありがとうございました。

  • 0点からの東大寺への道
    • 0点からの東大寺への道
    • H.K. くん

    • 東大寺学園中学校合格
      大阪星光学院中学校合格
      清風中学校合格
      愛光中学校合格
      北嶺中学校合格

    •  僕は、この春、東大寺学園中をはじめとする5つの学校に合格することができました。

      (小4)僕は、浜学園に入塾しました。Hクラスのスタートでしたが、やる気を出して勉強したこともあり、夏にはSクラスにあがることができました。

      (小5)算数の最高レベル特訓の受講を始めました。最初はなかなか点数がとれませんでしたが、慣れていくうちに点数が徐々に上がっていきました。

       夏ごろにVクラスに一度あがることができましたが、なかなか点数がとれず、クラスが下がりました。

      (小6夏)この頃から東大寺学園中を意識し始め、東大寺中日本一模試を受けましたが、算数がまさかの0点でショックでした。

       しかし、8月の合否判定学力テストでは、社会の偏差値84をとれたおかげで東大寺学園中A判定になりました。

      (小6秋)日曜志望校別特訓やプレ入試が始まりました。西大和中プレ入試では、算数が悪くC判定でした。

       しかし、日曜志望校別特訓のクラスが上がったり、東大寺中プレ入試で社会が2位、総合でA判定を取れたので、自信になりました。

      (入試直前期)正月星光中プレ入試では、社会が1位、総合でA判定が取れたので、前受けの北嶺中や愛光中の入試に自信を持って臨むことができました。

       入試直前特訓PART1からPART2になるときにクラスが下がってしまいましたが、それでもあきらめずに勉強しました。

       PART1・2の直前自習室では、わからない問題は質問して、わかるまで解き続けました。そして移動時間に、得意な社会の勉強をしました。

      (入試本番)プレ入試や入試練習をたくさん受けてきたり、前日のおやすみコールや、当日に僕の大好きな先生のはげましがあったりしたおかげで、あまり緊張せずに入試に臨むことができました。

       今まで支えてくれた先生方、事務所の方々、SGさん、そして、お父さん、お母さん、本当にありがとうございました。

       

  • 決してあきらめない!!
    • 決してあきらめない!!
    • K.Y. くん

    • 東大寺学園中学校合格
      西大和学園中学校合格
      清風中学校合格
      愛光中学校合格
      北嶺中学校合格

    • (はじめに)僕は第一志望の東大寺学園に合格することができ、とてもうれしいです。

      (6年春)5年生に続いてVクラスでスタートしました。コロナで塾が休みになり、だらだらと勉強をしてしまいました。どのような状況でもやる時はやらないといけないと後悔しました。

      (6年夏)学校の夏休みが短縮されて10日くらいしかなく、塾の勉強だけに集中できる期間は短かったです。体力的にしんどかったのですが、勉強のペースを崩さないように毎日の目標を決めて、夜遅くなってもその日のうちにやるべきことを終わらせていました。

      (6年秋)9月からの日曜志望校別特訓はM星光・東大寺コースに行きました。算数の情熱難問集を先生に提出すると、それぞれの問題について詳しくポイントを書いて返してもらえたので、それを見直すことで受験レベルの算数を解けるようになっていきました。苦手な国語は、アドバイザーの先生が何度も過去問を添削して下さり、励みになりました。先生の授業はとても分かりやすく、必死に聞いて宿題を完璧にこなしました。そして、テキストを最低2回くり返して解きました。

      (6年冬)入試直前特訓の宿題は提出まで日にちが少なくて大変でしたが、集中して全問解きました。東大寺・洛南・西大和入試練習や男子最難関中プレ入試の結果も本番に向けて徐々に仕上がっていきました。

      (入試本番)星光の本番では緊張して最初の国語ができず、試験が終わった後もずっと不安を感じていました。翌日、西大和の試験前に先生に緊張をほぐしてもらい全力で入試に挑むことができ、手ごたえを感じました。西大和の試験終了後、星光の不合格を知り、とても辛くて号泣して落ち込みましたが、先生と電話で話をして落ち着き、「明日の東大寺は絶対やってやる!あきらめないぞ!」と気持ちを切り替えました。結果は合格でした。合格と不合格の経験は、僕にとって今後の財産になると思います。皆さんも、どんなことがあっても自分を信じて前を向き、諦めずに頑張ってほしいと思います。僕の受験でお世話になった全ての人に感謝します。ありがとうございました。

  • 京女受験への道のり
    • 京女受験への道のり
    • M.N. さん

    • 京都女子中学校合格
      帝塚山中学校合格

    •  私はこの春、京都女子中学校のⅢ類、第一志望校に合格しました。なぜ、京都女子中学校に行きたかったかというと、私は本が好きで、図書室に読みたい本がたくさんあったからです。学校説明会で図書室に行った時、本の多さに圧倒されました。また、学校が創立されてから長い年月が経っているためか、私には心が落ち着く感じがあったというのも理由でした。

       6年の前半は、あまり緊張感を持っていませんでした。でも、京女のプレテストの結果があまりにも悪かったので、合格できないかもと焦り始めました。それ以後は、テストで答えがわからなかったり、違うかもと思ったりしても書くようにして、空欄を少なくする事と、授業で問題を解く時間に、わからないとボーっとしがちでしたが、とりあえず解くように気をつけていました。

       宿題に関しては、国語は、宿題提出で先生に指摘されたところを二度と間違えないようにして、算数では、わからなかった問題を必ず解き方を理解するまで答えを確認したり、家族に教えてもらったりしました。理科は、レベル1ではその単元のまとめを見ながら、レベル2は自力で、レベル3は教えてもらいながらしていました。社会は、時間があれば単語カードをするように心がけていました。

       また、入試直前特訓が始まる前の自習の時間は、過去問を持っていって、たくさん質問をするようにしていました。受験前日から、緊張して吐き気がずっとしていました。でも、前日に算数の先生からおやすみコールをもらって、緊張が少しほぐれました。緊張は続いていましたが、受験当日は自分の力を出しきれたと思います。浜学園は、楽しく過ごせたので本当によかったです。分かりやすく授業をして下さった先生と支えてくれた家族に、本当に感謝しています。

  • 努力は積み重ね
    • 努力は積み重ね
    • M.H. くん

    • 開明中学校合格
      清風中学校合格

    •  僕は新6年生の2月に浜学園に入塾しました。中学受験の勉強を始めたのがかなり遅かったので、最初はついていくのに苦労し、宿題を終わらせることが大変な日々でした。コロナの影響でWeb授業になったり、また夏期講習が始まりましたが、学校の夏休みは11日間しかなく、忙しい毎日でしたが、浜学園と家庭学習もしっかり頑張りました。しかし、あんなに一生懸命頑張ったにもかかわらず合否判定学力テストや公開学力テストの偏差値は、志望校に全然届いていませんでした。何度もくじけそうになりましたが、その度に先生方にアドバイスをもらいました。「まずは、しっかり基礎を定着させると共に復習テストで毎回ベストを目指すように」と言われ、そのように心がけました。算数の宿題では、式をしっかり書き、作図は必ず書くように意識して問題を解きました。僕はずっと理科が足を引っぱっていました。皆が取れているような暗記分野が弱いので、「暗記分野の踏破」や今までの復習テストの解き直しをして、しっかり覚えるようにしました。11月からは過去問に取りかかり、合格最低点を意識し、何度も何度も解きました。理数の合格最低点を超えることはあっても、スーパー理数の合格最低点を超えることはほとんどありませんでした。そのため、最後の追いこみ時期である入試直前特訓では早朝特訓、午後特訓がある日は必ず参加し、その時にもらえるプリントを正解するまで、しっかり解き直しました。理科の暗記分野や国語では漢字や語句を見直しました。そのおかげで僕は、開明中のスーパー理数と清風中の理Ⅲに合格することができました。「努力は積み重ね」だと信じて皆さんも精一杯がんばってください。これまで支えてくださった浜学園の先生方、お世話係さん、事務の方、そして健康を第一に考えてくれた父と母に心から感謝したいと思います。本当にありがとうございました。

       

  • 合格を後押しした先生の言葉
    • 合格を後押しした先生の言葉
    • S.H. くん

    • 同志社香里中学校合格

    •  僕が合格した後期試験は、特に男子は例年にない狭き門でした。それを突破出きた背景には、以下のような内容があったからだと思います。まず、「コースアドバイザーの先生の言葉」です。後期試験当日に来ていたのがその先生でした。そこでかけられた言葉「まだ戦えるか?」という一言、この言葉が僕を奮い立たせてくれました。くじけそうになっていた気持ちを後押ししてくれたのです。これは、僕にとって、とても大きな一言でした。次に、お世話係さんの言葉です。それは、前期試験不合格の連絡を入れた時の言葉でした。「まだ、受験は終わっていません」「同じ問題は出ないが、傾向の似た問題は出る場合があるので、前期試験を復習するように」という言葉を頂きました。そこで問題をやり直すと、不正解だった問題がどれも解ける問題ばかりでした。特に算数では、5年生の「演習教材」の中に、ほとんど同じ問題があるのを見つけました。これは後期受験の前夜でしたが、そこで落ち着きを取り戻し、今までやってきた解き方が本番で出来れば、きっと合格出来るという確信を持ちました。三つ目に「質問の大切さ」です。11月下旬にコースアドバイザーの先生と面談をした時「質問に来る回数が減っている」と指摘を受けました。それから少しでも疑問に思った問題は質問するようにしました。実際に質問した問題が受験で出たので、改めてわからない問題をわかるようにすることは大切だと思いました。最後になりますが、僕は浜学園での勉強が嫌いではありませんでしたが、何度も逃げ出そうとしました。その時に支えてくれたのは、先生方でした。そして受験本番でも、先生方の後押しや今までの学習内容が僕を助けてくれました。合格出来たのは、皆さんのおかげで頑張れたからです。ありがとうございました。

  • 開明中学に合格して
    • 開明中学に合格して
    • T.S. くん

    • 開明中学校合格

    •  ぼくは開明中学校に合格しました。とても嬉しかったです。ですが、滑り止めのはずの学校に落ちてしまいました。とても悔しかったし、開明中にも合格しないんじゃないかと思いました。でも、自分がこれまでやってきたことをしっかりと出しきれるように、気持ちをきりかえました。

       ぼくは、4年生の時に浜学園に入りました。でも5年生に上がった直後、いったんやめてしまいました。しかし、自分がやりたいことをするためには、中学受験は必要だと思いなおし、もう一度6年生になった時に入りました。6年生になってから中学入試に挑戦をする人は少ないです。なぜなら、浜学園では5年生で多くの単元を終わらせ、6年生では6年間の復習が中心になるので、他の人との差も激しく、また、覚える物も多く、とてもしんどいからです。でも、ぼくは、中学受験で絶対に合格したかったので、浜学園の授業でたくさんの事を学び、家では復習をして、頭の中にたたきこむように猛勉強をしました。しかし、最後の合否判定学力テストでは開明中はD判定でした。合格するまで109点足りない状況でした。他の人との圧倒的な差にぼくは、他の人とはレベルが違うんだと痛感したのです。でも、ここからもっと努力をすれば、他の人に近づけるんじゃないかと前向きに考えることができました。おかげで開明中に合格することができました。

       ぼくが思うのは、努力を続ければ、どれだけ差があっても、必ず近づけるということです。ですから努力をし続け、成果がでても油断せずにがんばり続けてほしいです。

  • やれることはやった
    • やれることはやった
    • K.K. くん

    • 洛南高等学校附属中学校合格
      西大和学園中学校合格
      洛星中学校合格
      帝塚山中学校合格
      大阪桐蔭中学校合格
      函館ラ・サール中学校合格
      愛光中学校合格
      海陽中等教育学校合格

    • (2~5月の春先)Vクラスでスタートし、6年生からは最高レベル特訓の算数を受講し始めました。初めて見る問題があったり、宿題量が多かったり、イベントに行ったりと新しい経験ばかりで、宿題をこなすのも難しい毎日でした。成績を維持するのでせいいっぱいでした。

      (6~8月の夏前、夏期講習)6年生の宿題をこなしているうちに、家ではなまけてしまうことが分かってきました。そこで、塾で過ごす時間を少しでも長くするため、夏期講習をM灘コースではなく、近くの枚方教室の男子最難関コースで受けて、電車での移動時間を減らして早めに塾に行き、早朝特訓も受講するようにしました。すると、宿題を一問一問ていねいに解くことができるようになり、あまった時間を苦手な分野に費やすことができるようになって成績が急上昇しました。すると、それまで無理だった3科で100傑にのることもできるようになっていきました。

      (9~11月の秋・学校行事との両立)9月になると運動会の練習で体がつかれた状態になって学校から帰ってくるので、夏につくったリズムを続けることが難しくなりました。そして、一度気を抜いてしまった途端、成績が11月に大きく下がってしまいました。

      (冬・入試直前 ・入試当日)11月に一度下がった成績に落ちこみ、夏を思い出して勉強しました。すると、12月にはもとの偏差値まで上がってほっとしました。冬期講習も夏と同じように早朝特訓を受け、年末年始のころのイベントもできるだけ全て受けるようにしました。そして空き時間があると、特に国語や理科、社会の暗記分野をしっかりとやりました。入試本番では不思議と塾で受けるテストと同じように思えて「できることはやった」と思い、落ちついて問題を解くことができ、受けた学校に全て合格することができました。

      (おわりに)浜学園の先生方、事務員の方、SGさん、そして家族の助けがあったからこそ合格することができました。自分だけではできなかったと思います。また、浜学園のクラスの友達と刺激し合った経験は忘れられません。これまでの2年間半、本当にありがとうございました。

       

  • 6年生からの受験勉強について
    • 6年生からの受験勉強について
    • K.N. くん

    • 東大寺学園中学校合格

    •  ぼくがやっていた、6年生からの受験勉強について書きたいと思います。

       算数では、復習テスト、公開学力テストなどで間違えた問題をコピーしてもう一度解いていました。おかげで、自分の苦手な所が分かり、克服も出来ました。大変だったけど、なんとかがんばってやっていました。

       国語では、まずは先生に教えてもらったことを復習テストなどでも実践することが大切だと思います。また、テストの時は時計をこまめに見て残り時間を確認して、本番を意識して取り組んでいました。

       理科では、算数と同じように、間違えた問題を解きなおしていました。また、分からない問題は質問にいきました。

       社会では、補助教材をコピーして問題を何回も解いていました。また、入試練習などのイベントでもらえる、一問一答の問題を何回も解いていました。とにかく、問題を多く解いて、暗記していました。すると、5年生の時よりも偏差値が上がり、55→62になりました。

       また、ぼくは、過去問を9月くらいから始めて、同じ問題を何回かやっていました。そうすることで学校の入試問題の傾向をつかむことができました。

       12月24日からは、学習計画表を作成して、毎日、勉強することを書いていました。おかげで、なんとか大量の宿題をこなすことが出来ました。

       以上が読んでくれた人の役に立つと嬉しいです。

  • 先生、ありがとう
    • 先生、ありがとう
    • S.H. さん

    • 高槻中学校合格
      帝塚山中学校合格
      京都女子中学校合格

    •  私は、4年生のときから3年間浜学園にお世話になりました。3年間通った中で、最も大変だった年は、もちろん6年生の年です。「最後の年なのでがんばってVになるぞ!」と意気込んでいた私は、目標を立てました。今まで受けてきた公開学力テストの中で最も良い成績をとろうと思い頑張りました。結果として、努力が実を結びVからスタートすることができました。ですが、このとき「やればできるじゃん、私!」と浮かれてしまい、さぼり癖がでて、すぐにクラスが下がってしまいました。それでも今回はたまたま下がっただけだと思い込み、だらだらと過ごし何の成果も得られないまま夏休みが終わりました。普通なら焦るはずなのに、能天気な私は、「大丈夫・何とかなる」とヘラヘラしていました。その様子を見かねた算数の先生が、「お前、合格する気あんのか」と叱ってくださいました。私は泣きそうになるのを隠すために手のひらに爪をくいこませて我慢していましたが、きっと気づかれていたと思います。今思えば、そのときに叱ってくださらなければ、貧血でつらかったときも、過去問で思うように点数がとれなかったときも乗り越えることができなかったと思います。入試直前期まで体調が悪かった私は、直前特訓は算数と理科しかとっていませんでした。ですが、社会科のアドバイザーの先生は私の体調を気にかけて心配してくださいました。入試当日になると前日とはうってかわって緊張の波が押し寄せてきましたが、おやすみコールを思い出すと、自然と緊張が和らぎました。入試会場には、算数の先生がいて安心しました。苦手だった理科に手ごたえを感じて安心して、午後の帝塚山を受けに行きました。
       結果は合格。本当にうれしかったです。私を教えて下さった先生方、事務の方、あのとき叱ってくださった算数の先生、本当にありがとうございました。先生に教えていただいて本当に幸せでした。

  • 本番前の模擬試験
    • 本番前の模擬試験
    • 奥田 悠斗 くん

    • 洛南高等学校附属中学校合格
      洛星中学校合格
      高槻中学校合格
      大阪桐蔭中学校合格
      函館ラ・サール中学校合格

    •  僕は、浜学園に通って洛南高校附属中学校に合格しました。浜学園だからこそ合格したポイントが三点あります。一点目は浜学園の模擬試験を受けることによって、テスト形式にも慣れ、本番でも緊張せずに試験を受けられました。模擬試験の問題の出し方や問題冊子の作り方も同じように作られているので、机と問題用紙の大きさを比べることもでき、文房具の置き場所など細かいところも練習できました。二点目は、イベントで練習した模擬試験のわからないところを先生に質問して理解することができたということです。浜学園の問題は受験校に合わせて作られているので予想問題のようになっています。だから受験校特有の問題を練習することができます。さらにそれを先生に質問して教えてもらうことで受験校の問題に強くなれて、本番でも見たことがある問題は絶対に点数にできるようになります。三点目は、テストだけのイベントであっても必ず後日分かりやすいWebの解説があり、自分がわからない問題を自宅で正しく理解することができることです。ただしWeb解説をみてもわかりにくい点がもしあれば、また先生に質問することもでき、自分がわからない問題をゼロにすることができます。今まで話してきたとおり、浜学園には自分のわからない問題をなくす手段がいろいろとあります。これから受験を始める人にとって一番重要なことは、自分がわからないと思っている問題をどんどんなくしていくことだと僕は思います。自分のわからない問題を放っておかないようにして捨て問以外はできるようにしておけば必ず合格できます。最後になりましたが、僕が志望校に合格できたのは先生や家族、そしてお世話係さんのおかげです。先生には、直前までわからない問題の質問を聞いてもらい、おやすみコールでは安心でき自信をもって試験に臨むことができました。本当にありがとうございました。

  • 附属天王寺合格への道
    • 附属天王寺合格への道
    • 桑原 瑠香 さん

    • 大阪教育大学附属天王寺中学校合格
      大阪桐蔭中学校合格
      開明中学校合格

    • (はじめに) 私は4月から、第一志望の大阪教育大学附属天王寺中学校に通います。この体験記が、皆さんのお役に立てるとうれしいです。
      (4 年 生) 土曜マスターコースに通いはじめ、何も考えずに、ただ、宿題だけをしていました。
      (5 年 生) マスターコースに移りました。週3回通うことになり、宿題の量も増えたので、慣れるのに苦労しました。1年生から習っていたピアノは、両立が厳しくなったため、10月にやめました。
      (6 年 生) 春期講習は、男女最難関を受講しました。私はVSSだったので、VSVが中心の授業についていくのが大変でした。
      日曜錬成特訓は、苦手な国語だけを受講し、授業が終わってからは、自習室で宿題をしていました。家で勉強するよりも集中できたので、良かったと思います。
      7、8月の日曜志望校別特訓は、枚方教室で受講し、夏期講習は上本町教室の女子最難関を受講しました。夏期講習の後、枚方教室に移動し、マスターコースの授業を受けるのは、体力的にとてもきつかったですが、電車での移動中に宿題を進めるようにして、何とか宿題をこなしていました。
      9月頃に第一志望を大阪教育大学附属天王寺に決め、附属天王寺の対策講座は、全て受講しました。入試直前特訓は、勉強時間を確保するため、枚方教室で受講しました。同じ教室に附属天王寺を目指す仲間がいたので心強かったです。
      10月頃から過去問に取り組みました。苦手だった作文は、国語の先生に附属天王寺作文課題を添削して頂いた後、必ずやり直し、もう一度見て頂きました。20数本書き、大きな自信になりました。
      副教科(家庭科、音楽、図工)は知識が中心だったので、冬休みに小学校の教科書に載っている道具の名前や使い方を少しでも多く覚えるように努力しました。音楽の作曲、図工のデッサンは、先生に添削して頂いて自信をつけました。
      (おわりに) 3年間浜学園に通い、テストをたくさん受けていたので、入試本番でも不安になったり、緊張したりすることは全くありませんでした。良い先生方に恵まれた3年間でした。本当にありがとうございました。

  • 前向きに考えよう
    • 前向きに考えよう
    • R.S. さん

    • 洛南高等学校附属中学校合格
      四天王寺中学校合格
      高槻中学校合格
      大阪桐蔭中学校合格
      京都女子中学校合格
      片山学園中学校合格

    •  私は、3年生の冬期講習から入塾しました。Hクラスからのスタート、授業について行くこと自体が難しかったです。得意科目の国語はベストにのれるのですが、苦手な算数は宿題でも行き詰まっていました。苦手教科に行き詰まったら、好きな科目の宿題をする…など、時間を有効に使うことは、この頃から心がけていました。
       4年の春頃、Sクラスに上がることが出来ました。その頃には、理科も好きになりつつありましたが、やはり算数は苦手なままでした。なんとか平均点を取っていたテストも徐々に下がっていきました。でも、先生の授業はとても面白くて友達もたくさんいたので、毎回楽しく通うことができました。
       5年生になり、最レ算数を取り始めました。この頃から「最難関中学に行きたい」と考え始めました。普段の授業に更に最レが増え、宿題が回せなくなってきていました。先生に宿題の範囲について相談して、基礎を固めることに集中しました。Vクラスに上がり、得意科目はベストにのれるように常に意識していました。国語や社会でベストにのれるとやる気が出ました。この頃はクラス落ちしたくなくて必死に勉強しました。
       6年生になりマスターコース以外の授業や特訓が増え、最レ算数を取ることはあきらめました。友達がどんどん上のクラスに上がってくる中、公開学力テストでひどい点数を取ってしまいクラス落ちしてしまったときは辛かったです。一刻も早く戻りたくてテストや宿題の直しを徹底し、先生に見て貰うようにしました。それまであまり行かなかった質問も積極的にするようにしました。夏休み前にVクラスに戻れたときは嬉しかったです。夏期講習以降は志望校別の授業や宿題を優先的に考えました。洛南中入試練習の判定は決して良いものではありませんでした。でも最後まであきらめず、入試直前特訓での頑張りが合格につながったと思っています。魅力ある授業をしてくれた先生方、最後まで支えてくれた家族にとても感謝しています。

  • 全ては周りの人達のおかげ
    • 全ては周りの人達のおかげ
    • 佐藤 花音 さん

    • 京都女子中学校合格
      京都聖母学院中学校合格

    •  私はこの春、京都女子中に合格することができました。合格することができたのは自分を支えてくれた友達、家族、そして入試直前まで見守って下さった浜学園の先生方のおかげです。そんな人たちと過ごした日々を自分自身この体験記でふり返りたいと思います。私が入塾したのは小学5年生の夏からで宿題量も多く、さらに学校の勉強よりも難しいと感じていたので、この頃はいつも宿題で四苦八苦する毎日でした。そのせいか復習をあまりしていなかったので復習テストの成績も悪く、特に苦手な算数ではいつも下から2番目くらいの成績でした。今ふり返ってみると、この時から「時間の使い方をよく考え、復習の時間を確保しておけば良かった」と後悔しています。6年生になり、5年生の時よりもさらにテキスト量や宿題が増えて大変でしたが、5年生の時の教訓から「宿題を早めに終わらせて残った時間で復習するようにしよう」ということを意識してテストに臨みました。すると、テストの点がどんどん上がっていき、ベストも取れるようになっていきました。夏、やはりマスターコースと夏期講習両方の宿題をすることがきつかったです。そのきつさに負けそうになり、「塾をやめたい」と思ったこともありました。でもそんな時、友達や家族が色々な言葉をかけてくれて「自分を応援してくれている人達を悲しませたくない。恩返しがしたい」と思い、自信を取り戻し、より勉強に励むことができました。前の自分より少し成長したと思えた夏になったと思います。秋から入試直前にかけては今よりいっそう緊張感を高め、授業に臨むようにしました。先生の話もしっかり聞き、大事だと思った所はメモして対策していました。でも京都女子は算数が難しい学校で、自分の苦手科目ということもあり、入試2日前まで心配でした。先生に相談すると「普段通りの自分でいいんだよ」と返ってきたので本番も考えすぎずに普段の自分で、でも全力でやろうと思い臨みました。そして現在に至ります。やはり入試を乗りこえるには自分だけでなく、周りの人達の力も必要です。なのでこれから受験するみなさんも勉強だけでなく人との関わりも大切にするようにして下さい。

  • 人生山あり谷あり
    • 人生山あり谷あり
    • 山田 大介 くん

    • 東山中学校合格
      岡山中学校合格
      香川誠陵中学校合格

    •  ぼくは小4のマスターコースが始まる2月に浜学園に入塾しました。最初はテストの点数が悪かったり、同じクラスの先に入っていた人にからかわれたりと浜学園に行くのが嫌になってしまいました。しかし、そんな中で教室の人が助けてくれました。それからは、ずっと浜学園に行くのが楽しくなりました。そして、小5から社会も受講し、高得点を取るなど社会は高成績を得ました。しかし、小6になってから偏差値が一気に下がりました。原因は理科と算数でした。社会は55以上を取るなど良く、国語は上がったり下がったりで不安定でした。算数は少しずつ上がりましたが、理科は上がるどころか更に下がり25程度になるほど不調でした。過去問でもあまり良い点が取れず困りました。しかし、それでも合格できた理由は浜学園の授業をちゃんと聞き、家でも学習したからだと思います。そして、一番ぼくがおすすめする講座は、入試直前特訓の「早朝特訓」です。理由は自分より成績の良い人がいるため、あせることができたり、質問の先生が優しいからです。次に、受験の時にした勉強法について書きます。まず絶対にしてほしいことは、自分の第一志望校の過去問一冊全部を解き、間違い直しをすることです。しかし、入試統一日の受験に緊張するぼくに、さらに追いうちをかけてくる一言が先生の口から出てきました。その正体は「絶対合格宣言」です。先生が思い切り声を出した時、ぼくは半泣きになりました。いつも優しい先生がそんな声を出すなんて…とぼくは思いました。そして、受験が終わったとき、ぼくはすでに、緊張がなくなっていました。そして2校目に行ったら、ぼくの担任の先生がいました。ぼくはホッとしました。そして、落ち着いて受験に臨むことができました。しかし、本番になると、朝晩すべてが過酷でした。これから受験する皆さんもしっかり対策をとり、体力をつけましょう。

  • 何度もする事
    • 何度もする事
    • 丹羽 大志 くん

    • 洛星中学校合格
      西大和学園中学校合格
      函館ラ・サール中学校合格
      愛光中学校合格

    •  僕は浜学園に4年生の冬期講習から入りました。そして5年生の間は、夏まではHクラスでしたが、夏からはSクラスに上がることができました。そのころは宿題用浜ノートを何度もコピーして4回、5回していました。そういうこともありSクラスに上がることができたんだと思います。また夏からは最高レベル特訓を始めました。最初は30点、40点ぐらいでしたが、次第に70点、80点、最後のテストでは120点満点で100点をとることができました。いまでもその喜びは忘れられません。なぜ点数が上がっていったかというと、Sクラスの宿題をしっかりと仕上げてから最レの宿題をしっかりと何度も解き、わからない所があれば最レの先生以外にも質問しました。そして多いときには、最レの宿題を4回もして、1回のNo.で1冊のノートを使うこともありました。その時の最高レベル特訓は決して簡単ではなかったですが、その問題に喰いついていくことで学力も上がったんだと思います。そして6年生。ぼくは最初は甲陽学院中学を目指し、最高レベル特訓を受けていましたが、復習テストも周りが90点や100点でもぼくは60点や70点と落ちていました。しかし、講義でわからなかった所をマスターコースの先生に質問をすることでどんどん出来ることが増えていきました。やっぱり何事でも喰いついて、出来るまで質問をするなどしていった方がいいと思います。

  • 土壇場の集中力
    • 土壇場の集中力
    • R.Y. くん

    • 東大寺学園中学校合格
      大阪星光学院中学校合格
      西大和学園中学校合格
      愛光中学校合格
      函館ラ・サール中学校合格
      清風中学校合格

    • (はじめに) 僕は第一志望校の東大寺学園を初め、受験した全ての中学に合格することができました。僕の体験記がたくさんの人のお役に立つことができれば光栄です。
      (6 年 春) この頃は浜学園のテキストを繰り返すことで、力がついていき、公開学力テストで4科10傑に入ることもありました。
      (6 年 夏) 受験の天王山と言われる夏はお世話係さんの勧めで上本町教室でM灘の夏期講習を受けました。マスターコースと夏期講習の宿題の他にも、3冠本をやらなければならずとても大変で、疲れのせいか集中できないこともありましたが、何とかこなしました。また、上本町教室のライバルたちと復習テストで競う経験も、その後の勉強に活きたと思います。
      (6 年 秋) 僕は社会が好きで4科で東大寺を受験したかったので、秋からは、M星光・東大寺コースに入りました。1組スタートで、1組から落ちないように授業をしっかり聴いて宿題を仕上げ、復習テストでベストが取れるよう基本問題を重点的に繰り返すようにしました。入試直前特訓に入るまでに過去問を星光・東大寺それぞれ6年分、西大和2年分を終わらせました。秋は9月も続いたプール、運動会の練習、修学旅行と学校行事が続き、浜学園との両立が体力的にきびしかったです。でも浜学園に行っている時間は楽しくてがんばれました。
      (6 年 冬) 夏の上本町への通塾の経験があったので、入試直前特訓は体力的にしんどいと思うことはあまりありませんでした。入試直前特訓と並行して東大寺用の漢字テキスト『漢字倶楽部』を完璧に仕上げ、また星光プレミアムブックの直しを繰り返しました。11月以降の入試練習、プレ入試では全て合格だったのですが、正月の星光プレ入試でなんとD判定を取ってしまったので、このままではいけないと思い、絶対合格するという強い気持ちになりました。それから僕の試験に臨む姿勢が変わり、一問一問集中して解くようになりました。東大寺の入試で『漢字倶楽部』からたくさん出題されました。東大寺を含めた全ての学校に合格できたのは、家族や浜学園の先生、事務員さんやSGさんの支えがあったからです。本当にありがとうございました。

  • つぶせ!苦手教科
    • つぶせ!苦手教科
    • A.K. さん

    • 開明中学校合格
      四条畷学園中学校合格



    •  私は、浜学園には、6年生の夏頃に入塾しました。入塾した直後の私の理科の偏差値は、50を下回っていました。私は、3教科受験なのに理科が出来ないなんてどうすれば良いのか分かりませんでした。
       入塾してみると、周囲の人たちは理科の復習テストで100点を取ったりしていて、私はますます不安を感じました。けれども、この不安や緊張感のおかげで私は集中して理科を勉強することができました。この気持ちが受験勉強での最大の原動力になると感じました。
       平常授業(マスターコース)でも、四天・清南コースでも、私の質問に先生方は優しくていねいに教えて下さいました。一緒に浜学園に通っていた友達も、私が質問などをすると、ていねいに教えてくれました。
       私は家での勉強も頑張りました。浜学園は、受験直前になってもいつもより多めに授業を入れたりはしないでくれるので、家庭学習の時間が確保できます。理科は、暗記が多いのですが、私はなかなか大量に暗記するという事が出来ませんでした。そこで私は、浜学園のテキストの内容を自分でまとめて、その紙を目の届く所に貼ったり、先生方が教えて下さった面白い語呂合わせを何度も唱えたりして、多くの事を効率的に覚える事が出来ました。その覚えた事を活用して、問題が解けるととても嬉しくなり、それが更に新たな推進力につながりました。特に、公開学力テストなどで解けたら、自分の努力とその結果が結びついた事を感じ、非常に嬉しかったです。
       受験が終わり、振り返ってみると、あんなにも苦手だった理科が今では楽しい教科となりました。中学校でも、この経験を活かして社会などの暗記を得意にしたいと思います。そう思えるようになれたのも浜学園の先生方や友達、家族などの支えがあったからだと思います。

  • あきらめず、最後まで!!
    • あきらめず、最後まで!!
    • 岩本 香羽音 さん

    • 大谷中学校合格
      岡山中学校合格

    •  私は、この春『大谷中学校 医進コース』に合格することができました。この体験記がみなさんのお役に立てれば光栄です。
       3年生の夏、私は浜学園にHクラスで入塾しました。そのころは、全く中学受験のことは考えてもいませんでした。しかし、4年生の頃から『四天王寺中学校』を目指してがんばり始めました。成績も上がっていきましたが、Sクラスに入ることはできませんでした。5年生の終わりごろには成績が下がり、やる気がなくなっていました。そして、6年生が始まってから、姉に「なぜ、四天に行きたいの?」と聞かれました。私は理由を3つ答えたのですが、どれも『大谷中学校』にあてはまったのです。このころから志望校を大谷中学校に変えました。社会をやめ、大谷中学校だけを目指しました。けれど、社会をやめて気が楽になっていたのか成績がどんどん悪くなり、公開学力テストの偏差値は40を切ってしまいました。母に怒られ、姉にも怒られ、本当に受験をあきらめようと思ったほどです。しかし、同じクラスだった友達に声をかけられ、やる気が出ました。前受けの岡山中学校のテストは、本当に緊張しました。手がふるえて集中できませんでした。しかし、見事合格。最後の公開学力テストはとても良く、自信がつきました。前受け校は絶対受けておいた方がいいです!そして入試当日。前日のおやすみコールをもらったせいかあまり緊張せず、スラスラと問題が解けました。そして見事合格。本当にうれしかったです。仕事中の父にすぐ電話しました。たくさんたくさん「おめでとう」と言ってもらいました。これから受験するみなさん、たくさん努力してください!! 楽しいことがいっぱい待っていると思います。がんばってください。大谷中学校に合格できたのは最後までやさしく見守ってくれた家族とたくさん教えてくださった浜学園の先生方、事務員さん、友達のおかげです。本当に本当にありがとうございました。

  • 自分を信じて
    • 自分を信じて
    • M.I. さん

    • 高槻中学校合格
      帝塚山中学校合格
      奈良学園中学校合格

    • (はじめに) 私が浜学園に通い始めたのは4年生の秋からです。ここでは、6年の一年間の勉強について書きたいと思います。
      (2月~5月) まだこの頃は受験というものを意識していませんでした。ですが、復習テストのやり直し、公開学力テストのやり直しはするようにしていました。
      (夏期講習) 夏期講習と平常(マスターコース)の両方があって大変でした。私は、早朝特訓をとっていましたが、早朝に行くと朝から勉強するくせがつき、また、質問もできてとても良かったです。
      (9月~11月) 11月頃から過去問を解き始めました。この頃、公開学力テストの成績が伸び悩んで落ちこみましたが、担任の先生がはげましてくれました。
      (12月~入試直前) 直前PART1、2でも早朝、午後特訓はずっと行っていました。真剣な空気の中で勉強することで私もやる気がでました。
      (入試本番) 担任の先生に書いてもらったメッセージを筆箱に入れて行きました。今までやってきたことを信じて合格を取りに行こうと思いました。
      (アドバイス) 入試で一番大事なことは、絶対にあきらめないことです。私自身も、最後まであきらめなかったことで高槻中学校に合格することができました。皆さんもあきらめずに頑張ってください。
      (最 後 に) 最後になりましたが、解らない問題をていねいに教えていただき、最後まで、支えてくださった先生方、本当にありがとうございました。

  • みんなに感謝
    • みんなに感謝
    • M.I. さん

    • 洛南高等学校附属中学校合格

    •  私はこの春、第一志望校の洛南高附属中に進学することになりました。この体験記が皆さんの受験生活の一助になれば幸いです。小4の7月に入塾した時は、席次としてはほぼ真ん中あたりで、洛南合格には程遠い立ち位置でした。この頃はまだ小学校の友達と遊ぶことで頭がいっぱいでしたが、週に1回浜学園に通い続けるうちに、浜でも楽しい友達ができ、先生の面白い授業を聞いているうちに、浜が生活の一部となっていきました。優秀なまわりの友達に影響されて、洛南を目指したいと思うようになりました。新小5スタートと同時に、勉強のやる気スイッチをいれました。1週間宿題を頑張ってこなすと復習テストでいい点がとれ、大変だけど3ヶ月続けると公開学力テストで少し点数が上がりました。そして、つらいけどその生活を我慢して続けた小6秋に、ようやく洛南合格圏に入ることができました。終わってしまった今となっては、あっという間でしたが、受験生真っ只中の時は、家でやってもやっても終わらないのではないかと思われる膨大な宿題に追われながら、「いやだなーしんどいなー」と思うことはしょっちゅうでした。でもそれに耐えられたのは、やる気を引き出してくれる面白い先生、賢いのに、取るに足りないようなネタで盛り上がれるよい友達にいっぱい恵まれたからです。友達との塾の行き帰りの時間は癒しの一時でした。みんなと一緒に洛南に行きたいという思いが私を洛南に導いてくれました。最終的には友達の進学先も色々とわかれてしまいましたが、あっちこっちの学校でみんなが今度は大学受験に向けて頑張っているんだと思うと励みになります。大学でまた浜の友達と一緒になれたら素敵だなと思います。
       最後になりましたが、私のタメ口にもにこやかに接して下さった各教科の先生方はもとより、親身にお世話係をして下さった先生、親切で明るい事務の方々、安全面に気を配って下さったSGさん、そして車で送迎してくれた父、塾弁を作ってくれた母、喧嘩腰ながらも何かと面倒と見てくれた兄に感謝の気持ちを表したいと思います。本当にありがとうございました。

  • 信じぬいてつかみとった合格
    • 信じぬいてつかみとった合格
    • 出島 健士郎 くん

    • 洛南高等学校附属中学校合格
      明星中学校合格
      北嶺中学校合格

    •  僕は第一志望校の洛南高等学校附属中学校に合格することができました。この体験がみなさんの役に立てばうれしいです。
       4年生から枚方の土曜スクール(土曜マスターコース)に通い始めて、5年からは平常(マスターコース)に移りました。その後5年の6月にSクラスに上がりました。洛南高附属中に合格するため、「6年生になるまでにはVクラスにならないと」とがんばったけれど、なかなかVには上がれませんでした。
       6年になって今までよりも勉強する時間を増やしたのに成績はなかなか上がらず、やはり6年生になりみんなも勉強しているんだと実感しました。その後も洛南高附属中の入試練習やプレ入試を受けても合格点には届かずにいたので、一番点数が悪い算数の過去問を何年分も解き、冬休みの直前特訓も一生懸命がんばりました。
       前受けは2校受けました。北嶺中は受かりましたが、愛光中は3点差で落ちてしまい、いつも言われていた1問の重みを感じました。そして統一日、洛星中を受けましたが落ちてしまい、その翌日に受けた高槻中も落ちてしまいとても落ち込みました。だいぶ落ちこんでいる自分に先生方からおやすみコールをいただいて、とても自信がつきました。それで安心して洛南高附属中を受けることができました。合格発表まで少し不安だったけれど、自分の受験番号を見つけたときは本当にうれしかったです。
       僕の経験から、これから受験する人たちに伝えたいことは、成績を上げるためにはできなかった問題から逃げないことが大切ということです。
       最後に僕を支えてくれた先生方、お世話係さん、事務員さん、SGさん。本当にありがとうございました。

  • 何をすべきか考える
    • 何をすべきか考える
    • 篠原 正光 くん

    • 洛南高等学校附属中学校合格
      西大和学園中学校合格
      愛光中学校合格

    •  ぼくが本格的に受験勉強をし始めたのは、6年生の夏ごろからだった。なぜならVSSクラスからVSVクラスに上がることができ、目標とする洛南高附属中受験に現実味がでてきたからだ。
       ぼくには国語の点数は良いのだが算数の点数が悪いという傾向があった。そこで、テストの点数を上げるために先ず、算数を苦手教科でなくすように、たくさんの問題を解いた。さらに、国語では少しでも多く点数がとれるように分析し、弱点である外来語を重点的に勉強した。その結果、点数は上がったが友達はもっと頑張っているのだろうと思い、やるべき事を紙に書いてスケジュール化し努力を続けた。次に先生のアドバイスを聞き、捨て問を見極めることができればどれだけ点数が上がるのか知り、先生に絶対に正解しなくてはいけない問題を教えてもらった。
       直前期は今までやったテストの直しをしたり、ペンの持てない移動中などに「12耐特訓」でもらった暗記カードや電車の友などをしたことで、今まで点数がとれなかった問題も正解できるようになった。
       入試会場ではミニ講義で配られたプリントを見て、書かれている漢字やアドバイスをしっかり覚えた上で試験に臨んだ。そして入試中は落ち着いてミスをしないようにゆっくりとていねいに解くことを心がけた。国語については、分からない問題は「国語が得意なぼくでも解けないような難問なのだからみんな分かっていないのだ」と自分の力を信じ自分を落ち着かせていつもの力を出し切るようにしました。算数や理科は「あれだけ頑張ったのだから」と自分に言いきかせ、最後の一秒まであきらめず考えぬいた。結果、洛南高附属中に合格することができた。
       このように様々な勉強のポイントの中でも、常に第一志望校合格には何をすべきかを考え実行したことが良かったと思う。みなさんも何をすべきなのか常に意識して行動し、合格を勝ち取ってきてください。

枚方本部の開講コース

学年名称
小2
土曜マスターコース
習い事の兼ね合いや近辺に浜学園教室がないなどの理由で、マスターコースへの通塾が難しい方に最適のコース。週1回(土曜日)の通塾で、マスターコースの講義内容を受講できます。
学年名称
小3
マスターコース
浜学園受験指導の中心となるコースです。中学受験に必要十分な学力の習得を目標に指導します。経験豊富な講師陣が学習計画表に基づいて指導するので効率的に学習できるほか、毎回実施する復習テストにより各単元ごとの到達度を測るとともに答案作成能力も培われます。
土曜マスターコース
習い事の兼ね合いや近辺に浜学園教室がないなどの理由で、マスターコースへの通塾が難しい方に最適のコース。週1回(土曜日)の通塾で、マスターコースの講義内容を受講できます。
学年名称
小4
マスターコース
浜学園受験指導の中心となるコースです。中学受験に必要十分な学力の習得を目標に指導します。経験豊富な講師陣が学習計画表に基づいて指導するので効率的に学習できるほか、毎回実施する復習テストにより各単元ごとの到達度を測るとともに答案作成能力も培われます。
土曜マスターコース
習い事の兼ね合いや近辺に浜学園教室がないなどの理由で、マスターコースへの通塾が難しい方に最適のコース。週1回(土曜日)の通塾で、マスターコースの講義内容を受講できます。
最高レベル特訓 算数
難問にチャレンジしながら算数のおもしろさに触れる講座です。この授業は最難関中受験算数への第一歩になります。算数のおもしろさに触れて、算数の応用力をより確固たるものにします。
学年名称
小5
マスターコース
浜学園受験指導の中心となるコースです。中学受験に必要十分な学力の習得を目標に指導します。経験豊富な講師陣が学習計画表に基づいて指導するので効率的に学習できるほか、毎回実施する復習テストにより各単元ごとの到達度を測るとともに答案作成能力も培われます。
最高レベル特訓 算数
難問にチャレンジしながら算数のおもしろさに触れる講座です。この授業は最難関中受験算数への第一歩になります。算数のおもしろさに触れて、算数の応用力をより確固たるものにします。
国語記述力養成講座
中学入試に出題される様々なジャンル・パターンの文章に触れながら、受験国語で必須となる記述問題への対応力を養う講座です。初めは指定字数が短めな問題や空欄補充形式の問題から取り組み、6年生になる前にまずは自分なりの答案を作り上げる力を身につけます。
学年名称
小6
マスターコース
浜学園受験指導の中心となるコースです。中学受験に必要十分な学力の習得を目標に指導します。経験豊富な講師陣が学習計画表に基づいて指導するので効率的に学習できるほか、毎回実施する復習テストにより各単元ごとの到達度を測るとともに答案作成能力も培われます。
最高レベル特訓 算数
難問にチャレンジしながら算数のおもしろさに触れる講座です。この授業は最難関中受験算数への第一歩になります。算数のおもしろさに触れて、算数の応用力をより確固たるものにします。
日曜錬成特訓
入試必出重要単元を総ざらいし、基礎学力を確立する講座です。「強化講座」と「基礎講座」に分け、各教科入試必出事項のテーマを絞って、教科別能力別クラス編成で、徹底的に学力の基礎を作りあげます。各講座ともに指導方法に工夫をこらし、その回毎に実力をつけることを意図した、やりきり講座です。
日曜志望校別特訓
志望コース毎に分析対策を行う受験生の必須講座です。志望校を同じくする者同士が同じ志望コースで共に学習することによって、志望校合格への意欲と実力を高め合うことができます。各中学校の出題傾向、問題の特色、難易度なども掴めるように分析と対策を行います。指導内容を3期に分けて、入試日まで段階的に指導内容を収斂させています。
国語記述力養成講座
受験国語において合否のカギをにぎるとも言われる記述問題を「書ける・得点源になる」ことを目指す講座です。講義部分で心情、理由説明などの問題ジャンルに合わせた具体的な答え方を講師からレクチャーし、その後演習プリントで類似問題を実践的に解き、採点の基準となる要素を明示することで得点に繋がる記述力の定着を図ります。

時間割

教室へお問い合わせください。

枚方本部で開催の入塾説明会(保護者説明会)

実施日

※実施日の前々日以降の申込は、直接教室へお電話ください。

お子さまのお名前(カタカナ)

姓:

名:

電話番号

メールアドレス

学年

※学年選択は現学年でお願いします
※4月1日からは新学年で選択ください

説明会の参加人数

お申込のきっかけ

個人情報登録の同意について