中学受験は、心身ともに大きくステップアップするチャンスです。
浜学園は中学受験生に寄り添っていきます。

2021_夏期講習
無料体験入塾
【芦屋】送迎バス
2021_夏期講習
無料体験入塾
【芦屋】送迎バス
芦屋教室
0797-23-6448
住所:
〒659-0073 芦屋市平田北町2-3(浜学園ビル)
アクセス:
阪神芦屋駅西出口より南西へ徒歩1分
休館日について
日曜日はテスト等のイベントがない限り、基本的には閉館しております。
イメージ 詳しい周辺地図をGoogle Mapで開く

芦屋教室で実施のイベント

    • 公開日:2021年07月30日
    • 第3回「小6合否判定学力テスト」
  • 趣旨
      受験学年の生徒諸君にとってはあらゆる角度から学力の点検を定期的に行い、その結果を次のステップへの指針として学習することが肝要です。そのために浜学園では公開学力テスト以外にも各種テストを通年で計画的に実施しております。
      「小6合否判定学力テスト」は年間4回実施いたしますが、公開学力テストより多少難度を高め、出題形式も多様にして、入試レベルに柔軟に対応できるようにするとともに、公開学力テストとは異なる視点から学力を把握することを意図しています。さらに志望校判定は各校の判定点の割合に合わせることで精度の高い判定を行います。公開学力テストと併せてこのテストを受験していただくことによって、現在の各自の学力を多角的に評価判定することができ、今後の志望校の決定や受験勉強の的確な指針としていただけます。
    対象
    小6生
    実施日時
    8月29日(日)
    3科(国・算・理) 10:00~15:30
    4科(国・算・理・社) 9:00~15:30
    会場
    浜学園 全教室(神戸住吉教室・一宮教室を除く)
    *マスターコース生は所属教室での受験となります。
    テスト時間割
      集合時刻 4科 9:00  3科 10:00 (テスト開始後 10 分以上の遅刻の方は受験できません。)
    社会 9:10~10:00(50分間)
    国語 Ⅰ 10:10~11:00(50分間)
    算数Ⅰ 11:10~12:00(50分間)
    昼 食 12:00~12:30
    理科 12:40~13:30(50分間)
    国語Ⅱ 13:40~14:30(50分間)
    算数Ⅱ 14:40~15:30(50分間)
    持ち物
    受験票、筆記用具、昼食(弁当を持参してください)
    受験料〈税込〉
    4科テスト(国・算・理・社) 7,150円
    3科テスト(国・算・理) 6,050円
    答案処理
    個人成績帳票(総合成績・得点分布表・各志望校判定・答案(デジタル採点処理)など)を約2週間後に、返却いたします。また、本テストの全問Web解説を1ヶ月間限定で無料公開いたします。
    コード表
    合否は10校まで判定いたします。希望する学校はこちらの コード表をご覧ください。
    お断り
    1.本テストの解答・解説は全科目終了後配布いたします。
    2.当日欠席の方には、問題と解答などを送り、受験料の返戻はいたしません。あらかじめご了承ください。
    3.本テストは一切、事後の販売をいたしませんのであらかじめご了承ください。
    4.社会を課せられてる学校が1つでもある場合は、必ず4科テストを受験してください。社会を受験されない場合、4科目校については、判定できません。
    申込方法
    参加ご希望の方はインターネット申込【準備中、申込期間:8/5(木)14時~8/19(木)17時】(申込開始をプッシュ通知でお知らせしますので、浜学園アプリのご登録が便利です。)からお申し込みください。

    塾生・一般生浜学園塾生でない方でマイページをお持ちの方はマイページからお申し込みが便利です。

    (なお、塾生の方はマイページからお申し込みください)
    • 公開日:2021年07月19日
    • 8月入塾説明会・保護者説明会
  • 主旨
    入塾説明会の開催の有無に関わらず浜学園各教室におきましては保護者様の要請に応じて、随時、教室の担当責任者が浜学園の学習システム等について詳しくご説明いたしますので、お気軽にお電話または教室窓口へお申し出ください。入塾テスト同時実施(当日申し込み可)
    実施日時・教室
    全日・両時間帯とも同じ内容ですので、ご都合のよい日時・会場を選んで、ご参加ください。
    8月21日(土)10:30~12:00
    西宮・神戸住吉・三田・芦屋・西神中央・姫路・加古川・神戸元町・上本町・京橋・枚方・西大寺・一宮・那覇
    8月21日(土)14:30~16:00
    西宮・神戸住吉・三田・芦屋・西神中央・姫路・神戸元町・千里中央・上本町・天六・京橋・枚方・西大寺・大和八木・なかもず・泉大津・和歌山・四条烏丸・草津・京都駅前・円町・八事・御器所・藤が丘・豊田・一宮・那覇
    8月22日(日)10:30~12:00
    西宮・神戸住吉・三田・西神中央・姫路・神戸元町・高槻・上本町・枚方・西大寺・なかもず・和歌山・京都駅前・名古屋・那覇
    8月22日(日)14:30~16:00
    西宮・神戸住吉・三田・西神中央・姫路・神戸元町・岡山・豊中・上本町・枚方・西大寺・なかもず・和歌山・四条烏丸・京都駅前・名古屋・千種・八事・那覇
    8月28日(土)10:30~12:00
    三田・西神中央・上本町・京橋・枚方・西大寺・天王寺
    8月28日(土)14:30~16:00
    西宮・神戸住吉・三田・西神中央・明石・川西・千里中央・茨木・上本町・天六・京橋・枚方・西大寺・大和八木・なかもず・泉大津・和歌山・四条烏丸・京都駅前・円町・千種・八事・御器所・藤が丘・豊田・一宮・那覇
    8月29日(日)10:30~12:00
    なかもず・名古屋・御器所
    8月29日(日)14:30~16:00
    天王寺・なかもず・和歌山・名古屋・御器所・豊田
    実施日時・教室
    全日・両時間帯とも同じ内容ですので、ご都合のよい日時・会場を選んで、ご参加ください。
    実施日 時間 西








    西












    西










    8/21(土) 10:30~12:00
    14:30~16:00
    8/22(日) 10:30~12:00
    14:30~16:00
    8/28(土) 10:30~12:00
    14:30~16:00
    8/29(日) 10:30~12:00
    14:30~16:00
    実施日 時間 西






































    8/21(土) 10:30~12:00
    14:30~16:00
    8/22(日) 10:30~12:00
    14:30~16:00
    8/28(土) 10:30~12:00
    14:30~16:00
    8/29(日) 10:30~12:00
    14:30~16:00
    資料進呈
    説明会参加者の皆様へは下記の各種資料を進呈いたします(無料) (1) 「浜学園入塾案内書」 (2) チラシ (最新版) (3) 中学入試合格実績年度別比較表 (4) 教室別時間割 (5) 2021年春 中学入試合格実績
    申込方法
    入塾説明会ご希望の方、またご質問・ご不明な点等ございましたら、教室窓口またはお電話にてお問い合わせください。
    • 公開日:2021年07月19日
    • 夏期学力テスト
  • 改訂
      以下の日程を追加実施いたします。追加日程での受験を希望される方は、実施教室へお電話にてお申し込みください。
    ・JR京都駅前教室:8/22(日)午後
    ・名古屋教室:8/21(日)午前・8/21(土)午後
    趣旨
      子供たちの学力低下問題については中学受験をするしないに係わらず、保護者の皆様にとって最大の関心ごとだと拝察いたします。夏休みの間に過年度や一学期の復習、宿題に取り組み、奮闘された生徒さんを対象に「夏期学力テスト」を8月21日・22日に実施することとなりました。是非この機会にご受験いただき、夏休みの勉強の成果を点検されることをお勧めします。
      なお、本テストの結果により入塾資格を取得いただけます。
    対象
    小1~小5の一般生浜学園塾生でない方
    実施日程
    各日・各時間とも同じ内容です。ご都合のよい日時・会場を選んで、ご参加ください。
    テストの科目は算数・国語です。
    8月21日(土)
    10:30~11:50
    西宮・西神中央・三田・明石・芦屋・六甲・伊丹・姫路・神戸住吉・加古川・神戸元町・上本町・天王寺・枚方・京橋・天六・茨木・泉大津・高槻・北大路・円町・草津・西大寺・大和八木・岡山・名古屋(※)・御器所・豊田・一宮・那覇
    8月21日(土)
    14:30~15:50
    西宮・西神中央・三田・明石・芦屋・六甲・伊丹・川西・姫路・神戸住吉・加古川・宝塚・神戸元町・上本町・天王寺・豊中・枚方・なかもず・京橋・天六・千里中央・茨木・いずみ・堺東・泉大津・高槻・四条烏丸・京都駅前・北大路・円町・草津・西大寺・王寺・大和八木・和歌山・名古屋(※)・千種・八事・御器所・藤が丘・豊田・一宮・那覇
    8月22日(日)
    10:30~11:50
    西宮・西神中央・三田・姫路・神戸住吉・神戸元町・上本町・天王寺・枚方・なかもず・茨木・堺東・高槻・京都駅前(※)・西大寺・和歌山・岡山・名古屋・藤が丘・那覇
    8月22日(日)
    13:30~14:50
    西宮・西神中央・三田・明石・姫路・神戸住吉・神戸元町・上本町・天王寺・豊中・枚方・なかもず・千里中央・茨木・堺東・四条烏丸・京都駅前・西大寺・和歌山・岡山・名古屋・千種・八事・藤が丘・那覇
    ※天王寺教室は本館にて実施いたします。
    (※)これらの日程での受験を希望される方は、実施教室へお電話にてお申し込みください。
    実施日程
    8月21日(土)・8月22日(日)
     
    学年 小1~小5
    実施
    時間
    10:30~11:50(21日・22日)
    14:30~15:50(21日)
    13:30~14:50(22日)

    各日・各時間とも同じ内容です。ご都合のよい日時・会場を選んで、ご参加ください。
    テストの科目は算数・国語です。
     
    実施
    日程
    時間 西
    西








    西

























    8/21
    (土)
    午前の部          
    午後の部
    8/22
    (日)
    午前の部                      
    午後の部                
    ※天王寺教室は本館にて実施いたします。

     
    実施
    日程
    時間















    西



















    8/21
    (土)
    午前の部                  
    午後の部  
    8/22
    (日)
    午前の部                          
    午後の部                      
    ※これらの日程での受験を希望される方は、実施教室へお電話にてお申し込みください。
    持ち物
    筆記用具
    受講料
    無料
    お問い合わせ
    本テストに関することなど、ご質問ございましたら浜学園各教室にお電話ください。
    入塾説明会
    申し込み不要の入塾説明会を実施いたします。 別途ご案内をご参照ください。
    申込方法
    参加ご希望の方は インターネット申込画面【申込期間:7/19(月)14時~各実施日の前日17時】
    または一般生用マイページからお申し込みください。
    • 公開日:2021年07月16日
    • 算数が劇的に伸びる7つのルール・戦略編~子供を応援しよう~Zoom講演会
  • 趣旨
      中学受験において算数は最重要科目であることは言うまでもありません。塾での算数の内容は学校とは違いかなり高度なレベルまで扱います。そのため「算数は苦手」「算数は嫌い」と言って諦めてしまう人がいますが、ちょっと待ってください。
      算数が苦手な人はセンスがないのではなく、明らかに「勉強方法」に原因があるのです。一度やり方を改善してみませんか。また、小さな頃から算数が好きで、いつも良い点を取る子がいます。しかし、好きだけでがむしゃらに進み続けると、いずれ目の前に大きな壁が立ちはだかり、伸び悩んでしまう事があります。「好きこそ物の上手なれ」ではありますが、算数を得意科目にしていくには、「好き」以外の大切な「鉄則」があるのです。受験学年でも通用するやり方に近づけませんか。
      浜学園の先輩たちも悩んで、改善して合格を勝ち取りました。その伸びる要素7つのルールをわかりやすく伝授いたします。この講演会は次のような保護者におススメです。
      ◎これから浜学園で勉強するお子様の保護者 ◎将来、浜学園に入ろうと思っているお子様の保護者 ◎すでに浜学園塾生の保護者 ◎算数を頑張らせたい保護者 ◎算数の勉強法で悩んでいるお子様の保護者 ◎一度参加したが、再度モチベーションを上げたい保護者 ◎算数のケアレスミスで悩んでいる保護者 ◎お子様の算数をさらに伸ばしたい保護者 ◎伸びる生徒のノートが見たい保護者 などです。
      今までに20000人以上が納得した劇的に伸びる講演会シリーズの決定版「算数が劇的に伸びる7つのルール」。この講演会に参加された保護者から、「もっと早く聴いておけばよかった!」というコメントが多く寄せられましたので、今回「戦略編~子どもを応援しよう~」と題して親のサポート用に再編集いたしました。必ず、伸びるヒントがあります。この機会に是非ご参加ください。
    対象
    小2~小5生の保護者
    実施日
    9月1日(水)
    実施時間
    12:00~13:30
    ※13:30~14:00にはチャットで感想をいただく時間がございます。
    実施会場
    Zoomウェビナー
    参加料
    塾生:無料
    一般生浜学園塾生でない方:330円(クレジット決済のみ)
    弁士
    進学教室浜学園 算数科主管 村田竜祐
    村田竜祐先生のプロフィール&メッセージ
      浜学園算数科主管,駿台浜学園熱烈応援プロジェクト統括,小6灘コースプロジェクト担当,小6星光・東大寺コース統括。浜学園で約30年トップ講師として教壇に立ち、灘,星光,東大寺,洛南,西大和等、担当する志望校コース対象校全てにおいて日本一を達成している。また、講演会も20000人以上の保護者・生徒が参加し好評を得ている。
    「コロナ禍にあって、自宅学習が多くなり、正しく学習できる人とそうでない人の差が見られます。この機会に、原点に立ち返り、勉強方法を見直してみませんか? 今回は、子どもを応援する保護者のための〈戦略編〉です。保護者が子どもにアドヴァイス&サポートする上で大切なポイントを余すところなくお伝えします。」
    尚、〈親子編〉も年内に実施する予定ですが、今回は保護者の目線での講演会になります。
    お断り
    定員に達し次第、受付を終了させていただきますので、あらかじめご了承ください。
    注意事項
    講演会には、パソコン、タブレットでご参加いただけます。Zoomはアカウント登録なしでも利用できます。Zoomミーティングに参加するための情報は8月30日(月)にメールにてお知らせいたします。(お知らせメールが迷惑メールフォルダに入る場合がございますのでご注意ください。)
      また、予めZoomのアプリをインストールしていただき、動作確認(https://zoom.us/test/)していただく必要がございます。
      Zoomアプリの利用についてご不明の方は、Zoomヘルプセンター(https://support.zoom.us/hc/ja)でご確認ください。
    申込方法
    参加ご希望の方は インターネット申込画面(申込期間:7/29(木)14時~8/29(日)17時) からお申し込みください。

    塾生・一般生浜学園塾生でない方でマイページをお持ちの方はマイページからお申し込みが便利です。

    (なお、塾生の方はマイページからお申し込みください)
    • 公開日:2021年07月01日
    • 第2回「灘・甲陽・星光・洛星中 合格判定模試」自宅受験
  • 趣旨
      7月23日から男子最難関中合格に向けて夏期講習もスタートし、ご子息は中学入試の天王山となる夏休みに「寝る以外は勉強」の精神で一心不乱に努力されることと思います。春先から必死に取り組んできた「1時間あたりの学習効率アップ」を目標とした受験勉強の効果がいよいよ発揮されます。そのためにも、ご子息には夏休みの間も常により成長した質良い受験勉強ができるように、常にスケジュールを作って1日の受験勉強に取り組み、テストと同じように時間を計って問題をこなして、緊張感のある集中した第1志望校合格に直結する努力をさせて欲しいと願います。この受験勉強こそご子息に「この夏休みはよくこれだけ頑張ったなあ」と実感させる充実感・達成感のある努力となり、秋以降のテストで必ず、1点、1分の重みがしっかりと分かる受験生に成長していきます。従って、9月以降の多くの模擬テストで第1志望校の合格判定が5回中4回以上A判定をとって自信を持って来春の入試で実力を発揮できるように、悔いの無い受験ができるように、この夏休みは大事に過ごしていただきたいと切望いたします。その秋からの模擬テストの前哨戦として、夏の終わりに第2回「灘・甲陽・星光・洛星 合格判定模試」自宅受験を無料で実施させていただきます。近畿圏統一入試日の初日にこの4校の男子最難関中入試の受験を少しでも考えておられる受験生は全員是非受験していただきたいと思います。
      注:8月28日(土)実施「灘・甲陽・星光・洛星合格判定模試」の4つの対象校から1校のみお申し込みいただけます。
    対象
    灘中・甲陽中・星光中・洛星中を志望する小6生(飛び級生は不可)
    実施日時
    8月28日(土)
     
    灘 中 8:00~13:10
    甲陽中 8:00~12:55
    星光中 8:00~10:50(3科)
    8:00~11:35(4科)
    洛星中 8:00~11:00(3科)
    8:00~11:55(4科)
    実施方法
    自宅受験して8月28日(土)中に浜学園最難関コース事務局までお送りください。8月28日(土)に学校があり実施できない場合は、8月29日(日)に時間を計って実施いただき(あるいは8月28日(土)と8月29日(日)に分けて実施いただき)、下記住所宛にご投函ください。(8月30日(月)消印有効。なお、郵送料は受験者負担となりますので、ご了承ください。)また、浜学園事務室でもご提出いただけます(8月29日(日)16:00までに限る。)なお、締切後の答案提出は一切受付いたしません。
    テスト時間割
    灘中  
    8:00~ 8:40 灘中入試一日目 国語(40分間)
    8:45~ 9:45 灘中入試一日目 算数(60分間)
    9:50~10:50 灘中入試一日目 理科(60分間)
    10:55~12:05 灘中入試二日目 国語(70分間)
    12:10~13:10 灘中入試二日目 算数(60分間)
    甲陽中  
    8:00~ 8:55 甲陽中入試一日目 国語(55分間)
    9:00~ 9:55 甲陽中入試一日目 算数(55分間)
    10:00~10:55 甲陽中入試一日目 理科(55分間)
    11:00~11:55 甲陽中入試二日目 国語(55分間)
    12:00~12:55 甲陽中入試二日目 算数(55分間)
    星光中  
    8:00~ 9:00 星光中入試 国語(60分間)
    9:05~10:05 星光中入試 算数(60分間)
    10:10~10:50 星光中入試 理科(40分間)
    10:55~11:35 星光中入試 社会(40分間)
    洛星中  
    8:00~ 8:50 洛星中入試 理科(50分間)
    8:55~ 9:55 洛星中入試 国語(60分間)
    10:00~11:00 洛星中入試 算数(60分間)
    11:05~11:55 洛星中入試 社会(50分間)
    ※自宅でこの時刻に取り組んでください。
    受験料
    無料
    答案処理
    答案は、得点分布表,個人成績表,解答・解説を添えて約20日後9/17(金)以降に返却いたします。
    (ただし、今回は期限内に答案を提出された方のみ、答案といっしょに解答・解説を発送させていただきます。)
    Web解説
    答案返却後、各教科のWeb全問解説で徹底的に復習が出来ます。(期限内に答案を提出された方のみ、Web解説を配信させていただきます。)
    視聴にあたり、塾生の方はWeb講義アカウントの登録が必要です。まだ登録されていない方は、マイページ「利用者情報」よりご登録ください。一般生浜学園塾生でない方は「Web講義視聴同意事項」に同意の上、お申し込みください。(https://hamagakuen-webschool.jp/regulation/)
    申込方法
    【申込期間:7/22(木・祝)14時~8/18(水)17時】
    参加をご希望の方はマイページからお申し込みください。
    一般生(塾生ではない方)のマイページはこちらからご登録ができます。
    • 公開日:2021年07月01日
    • 「白陵・東海・同志社・帝塚山 合格判定模試」自宅受験
  • 趣旨
      ご好評をいただいております自宅受験模試を、対象校を拡大して実施いたします。学習の成果をご確認いただき、秋以降の学習の指針としていただきたく存じます。
      ※8月21日(土)実施「白陵・東海・同志社・帝塚山合格判定模試」の4つの対象校から1校のみお申し込みいただけます。
    対象
    小6生(飛び級生不可)
    実施日時
    8月21日(土)
    白陵中 9:00~12:40
    東海中 9:00~12:55
    同志社中 9:00~10:25
    帝塚山中 9:00~11:05
    実施方法
      自宅受験して8月21日(土)中に浜学園事務局までお送りください。8月21日(土)に実施できない場合は、8月22日(日)に時間を計って実施いただき(あるいは8月21日(土)と8月22日(日)に分けて実施いただき)、下記住所宛にご投函ください。(8月23日(月)消印有効。なお、郵送料は受験者負担となりますので、ご了承ください。)また、8月21日・22日に開館している浜学園事務室でもご提出いただけます。なお、締切後の答案提出は一切受付いたしません。
    8月21日(土)開館教室:全教室
    8月22日(日)開館教室:西宮・西神中央・三田・明石・姫路・神戸元町・上本町・豊中・枚方・天王寺・なかもず・千里中央・堺東・四条烏丸・JR京都駅前・西大寺・和歌山・岡山・名古屋・千種・八事
    スケジュール
      白陵中
      9:00~10:10 国語 (70分)
    10:15~11:25 算数 (70分)
    11:30~12:40 理科 (70分)

      東海中
      9:00~10:00 国語 (60分)
    10:05~11:05 算数 (60分)
    11:10~12:00 社会 (50分)
    12:05~12:55 理科 (50分)

      同志社中
      9:00~  9:40 国語 (40分)
      9:45~10:25 算数 (40分)

      帝塚山中
      9:00~10:00 国語 (60分)
    10:05~11:05 算数 (60分)

    ※自宅でこの時刻に取り組んでください。
    受験料
    無料
    答案処理
    答案は、得点分布表,個人成績表,解答・解説を添えて約20日後9/10(金)以降に返却いたします。
    (ただし、期限内に答案を提出された方のみ、答案といっしょに解答・解説を発送させていただきます。)
    Web解説
    答案返却後、各教科のWeb全問解説で徹底的に復習が出来ます。(ただし、期限内に答案を提出された方のみ、Web解説を配信させていただきます。)
    申込方法
    【申込期間:7/22(木・祝)14時~8/11(水)17時】
    参加をご希望の方はマイページからお申し込みください。
    一般生(塾生ではない方)のマイページはこちらからご登録ができます。
    • 公開日:2021年06月03日
    • 「神大附属・大教大附属中Web進学説明会」
  • 趣旨
     このたび、神大附属中,大教大附属中の受験を考えられている保護者様に対して、2021年春の入試状況とその結果および各学校の入試対策についてご説明させていただきたく、進学説明会をWeb配信いたします。
     神大附属中,大教大附属中の入試を知る絶好の機会だとお考えいただき、ぜひ、ご視聴くださいますようご案内申し上げます。
    対象
    神大附属中・大教大附属中を志望する小1~小6生の保護者
    配信期間
     
    神大附属中
    7月17日(土)~10月31日(日)
    内容①
    大教大附属中内容②,③
    内容
    ① 神大附属中の2021年春の入試結果および2022年入試対策について
    ② 大教大附属天王寺中の2021年春の入試結果および2022年入試対策について
    ③ 大教大附属池田中の2021年春の入試結果および2022年入試対策について
    ※配信を希望される内容をお選びください。
    参加料
    無料
    ご注意
    ※ 標記のインターネット配信の視聴にはWeb講義アカウントが必要となります。(すでに申請された方は不要)
    ※ 配信の準備が整いましたら、「受講(視聴)可能期間のご通知」をメールにて送信いたします。
    ※ 浜学園「Web講義」をはじめて利用される方や、利用方法でご不明な点は、ご遠慮なく下記インターネットサポートデスクまでご連絡ください。
    【浜学園インターネットサポートデスク】
    営業時間 [平日]13時~21時 [土日祝]10時~18時
    (夏期特別休業日(8/14(土)・8/15(日)・8/16(月))・年末年始・合格祝賀会当日を除きます)
    電話番号 0798-64-1199
    申込方法
    【申込期間:6/17(木)14時~10/17(日)17時】
    参加をご希望の方はマイページからお申し込みください。
    一般生(塾生ではない方)のマイページはこちらからご登録ができます。

入塾テストについて

入塾をご希望の方は下記のいずれかのテストを受験し、入塾資格を取得してください。

テスト名 対象学年 実施日
公開学力テスト こちらから 毎月第2日曜日
入塾テスト(無料) 入塾希望教室
の設置学年
土曜入塾テスト
毎週土曜日14:30~実施
※土曜マスターコースの有無・開始時間にかかわらず、13時30分からお越し頂けます。
特別扱い入塾テスト
あらかじめ日時を決めて随時実施

※お申し込みは、入塾の流れをご参照ください。

芦屋教室の写真

イメージ
イメージ

芦屋教室責任者より一言

芦屋教室スタッフ一同より
阪神芦屋駅前にある当教室は、その立地から芦屋市内はもとより、神戸市、西宮市からも多くのお子様が集まり、日々切磋琢磨しています。

当教室の最大の利点はアットホームであること。

先生方、職員が身近に日々接することから、お子様は当然のこと、窓口にお越しになった際に保護者の方々も気楽にお声がけ頂き、相談等を承っております。
きめ細かいサポートを心掛け保護者の方々のご負担を少しでも減らせるよう日々の業務に携わっております。
お陰様で、近年での生徒数の伸びは著しく、先生方、職員一同ますます気合が入っている教室となります。
活気ある芦屋教室にぜひ一度お越しくださいませ。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。

芦屋教室出身者の合格体験記

  • 悔しさをバネに
    • 悔しさをバネに
    • 佐野 歩夢 くん

    • 甲陽学院中学校合格

    •  ぼくは、6年の6月に浜学園に入り、苦しい受験勉強を経て第一志望校の甲陽学院に合格できました。その歩みを記そうと思います。

       入塾したときはHクラスでした。ぼくが通った教室には学校で知っている人や友達がいました。ぼくは、塾の宿題をするとき「上のクラスの人はもっと宿題をしているのだ」と思うことがよくありました。そして、そのたびに「もっと賢くなりたい」と思いました。

       それからしばらくして夏期講習が始まりました。この夏期講習がぼくの勉強への姿勢を大きく変えました。夏期講習は公開学力テストの偏差値が56以上だと最難関コースで、56未満だと難関コースで勉強します。そのころ、ぼくはSクラスでした。そして、Sクラスの人はほとんど最難関コースで勉強するけど、ぼくは難関コースで勉強することになりました。みんなよりも賢くないという事実を目のあたりにし、悔しい思いをしました。

       それからは必死でした。マスターコースではVクラスになること、公開学力テストでは偏差値56以上をとって日曜志望校別特訓のコースを最難関にすることが目標でした。頑張って勉強したかいもあり、どちらの目標も達成できました。ぼくは、それからは、受験におちて悔しい思いをしたくない一心で勉強しました。

       そして受験当日、やはりミスはしました。でも、先生が言っていた「過去のことを考えてくよくよしても何もできないのだから、今目の前にある問題にその悔しさをぶつけるんだ」という言葉を最後まで大切にしていました。合格発表の日、自分の受験番号を見つけた時はとても喜びました。

       最後に、ぼくを支えていてくれた先生、今まで本当にありがとうございました。

  • 1秒を無駄にせず
    • 1秒を無駄にせず
    • R.Y. くん

    • 須磨学園中学校合格

    •  6年生の途中から日曜錬成特訓が終わり日曜志望校別特訓が始まります。ぼくは東大寺学園中学校が第一志望だったので大阪の方まで通っていました。遠い所に通う人は朝始まるのがはやくても終わるのがはやい方が良いと思います。次の日は月曜日で学校もあると思うので9時までやるのは少しおそいと思うからです。

       そして日曜志望校別特訓は最初3科は算数1と算数2と国語、理科があります。全部で8時間くらいあります。最初はしんどいと思いますがペースをつかめばしんどくなくなります。最初はペースをつかまないといけないのでテストはあまり気にしなくていいと思います。そしてノートは先生がしゃべっている時に書いてください。手がとまっていると注意を受けてしまいます。話を聞くより、書く方をなるべくしてください。

       日曜志望校別特訓が終わると、入試直前特訓PART1とPART2が始まります。この時期になると、教室に私語厳禁と書かれた紙がはりだされます。私語をしたり、今関係のないことを口にすると、先生にすごくおこられるので気をつけておいてください。それと、宿題は全部する時間はありません。授業中に問題を解き、解説を書きましょう。授業でやって合っていた問題は家ではやらなくていいと思います。そのかわりまちがった問題は印をつけて何度も解きましょう。そして授業が始まるまではしゃべらずに問題を解いたりしましょう。10分時間があるとして2週間続けると、140分も時間ができます。1秒たりとも無駄にはしないでください。1秒がたくさん集まると、大きな時間が無駄になります。受験生のみなさんは、入試の問題が配られる直前まで絶対あきらめずに1秒たりとも無駄にはしないでください。

  • 努力は裏切らない
    • 努力は裏切らない
    • A.Y. さん

    • 四天王寺中学校合格
      関西学院中学部合格
      甲南女子中学校合格
      片山学園中学校合格

    •  私は小4の時に塾に入りました。塾は授業が面白く、友達も出来て楽しい場所でした。

       小6になって、私はトップレベル特訓算数と日曜錬成特訓の理科を受けました。日曜錬成特訓は小5の時にできなかった単元を復習することができたので、良かったです。トップレベル特訓算数はいろいろな学校の過去問があったり、マスターコースの問題があったりしたので、とても役に立ったと思います。

       夏になって、夏期講習と日曜志望校別特訓が始まりました。宿題が急に増えてトップレベル特訓算数の宿題がおろそかになってしまいました。復習テストの直しをする時間が少なくなり、テスト直しがたまっていきました。

       秋になるとL四天・清南コースに入りました。そこではテスト直しノートを作って提出しなければならなかったので、テスト直しをがんばりました。わからない問題はマスターコースの居残りの時に質問しました。それをやっているうちに簡単な問題も間違えていることがわかり、以後気をつけるようにしました。過去問は先生方に添削してもらい、取れた方がよかった問題を重点的に確認しました。たくさん問題を解き、正解が増えたおかげで苦手だった科目も好きになっていきました。

       コツコツと勉強をしていけば、きっと実力につながると思います。努力は裏切りません。もう受験だ!という意識がなくても勉強はしっかりした方がいいと思います。これから先、楽しい事がたくさんあると思うので、それを目指してがんばってください。

       最後に、たくさんアドバイスをくれた先生方、応援してくださった事務の方たち、心から支えてくれた家族、一緒に頑張った友達、ありがとうございました。

       

  • ありがとう、浜学園!!
    • ありがとう、浜学園!!
    • Y.K. さん

    • 親和中学校合格

    •  私は、4年生の夏休みから浜学園に通い始めました。最初は授業の内容や復習テストの問題が難しく、算数は問題文を理解するだけで一苦労、国語は漢字もほとんど書けず、理科は好きな教科なのに覚えられないという状況でした。入塾してしばらくは本当に大変でした。
       5年生になってようやく塾通いに慣れてきました。日曜日には、復習テストの間違い直しや、テキストの解き直しなどに時間をかけられるようになりました。できるようになった問題が公開学力テストに出て、それが解けた時は本当にうれしかったです。少しずつ公開学力テストの得点が上がりましたが、まだまだ計算ミス、問題文の読み間違いなどをしていました。まずは復習テストでミスを減らし、全教科ベストにのるという目標をたてて、マスターコースの宿題を少なくとも2回ずつ丁寧にやろうと心に決めました。浜ノートに先生が書いてくれるコメントがとても励みになりました。
       6年生になって日曜志望校別特訓が始まると、復習にかける時間をつくることが難しくなってきたので、平日の時間の使い方を工夫しました。計算・漢字などの毎日やることをなるべく朝に終わらせるようにしました。日曜志望校別特訓の理科の暗記テキストと語句のテキストも毎日やることに加えました。間違えたところは赤ペンで正解を書き込み、赤色のシートでかくして何度もやり直しました。入試にもテキストを持って行き、最後の最後まで見返しました。使い込んだテキストを見ると、これだけやったから大丈夫だと自信になりました。入試直前になって不安になることもありましたが、プレテストの難しい問題を先生に質問した時に、「このレベルの問題が解けたら、Sコースをねらえるよ!」と励ましてもらったことで、気持ちが楽になりました。入試本番では、難しくて初めは分からなかった問題も、あきらめずにもう1度見直して解答することができました。そして、それがSコース合格につながりました。
       浜学園で楽しく分かりやすい授業をしてくれた先生方、いつも見守っていてくれた事務の方々、そして家族の支えのおかげで合格することができました。この感謝の気持ちを忘れず、中学校でも頑張ります。

  • 3年間の努力
    • 3年間の努力
    • T.H. くん

    • 甲陽学院中学校合格
      洛南高等学校附属中学校合格
      須磨学園中学校合格
      六甲学院中学校合格
      愛光中学校合格

    •  僕は、この冬第一志望の甲陽学院に合格することが出来ました。この体験記が誰かの参考になれば嬉しいです。僕は4年生の時、西宮教室の土曜マスターコースに入塾しました。Hクラスでのスタートでした。最初のクラス替えでSクラスに上がりましたが、週1の通塾だったので宿題は平日にゆっくりしていました。土曜マスターコースでは、授業中に復習テストの丸つけをしないので、まだ競うという気持ちにはなりませんでした。この頃は、バスケや英語、習字など習い事を続けながらの通塾でした。5年生になって、芦屋教室のマスターコースに移り、週3回の通塾になりました。バスケなど習い事も続けていましたが、息抜きになって楽しかったです。最初はSクラスでしたが、復習テストで常にベストを目指していたら夏前くらいにVクラスに上がりました。甲陽を目指したいと思い、6年生から最レ算数を受講したので宿題の量が増え、その分算数の成績は上がっていきました。国語、理科は大体取れていたので、算数が上がり3科平均は上がりました。6年夏休みは、マスターコース、夏期講習、最レ算数、日曜志望校別特訓など忙しく宿題もたくさんありましたが、学習計画表を細かく作り、乗り切りました。9月~12月の入試直前特訓までに、本命校6年分、併願校は3年分過去問をするようにしたのでこの時期は大変でしたが、がむしゃらにこなしました。これまでの勉強で力がついていたのか、過去問はしっかり点が取れました。冬休みの入試直前特訓では、甲陽独特の国語記述の演習が大変でした。受験直前、愛光の入試では試験当日の雰囲気がよくわかり、あまり緊張せずにいつも通りに受けられたので安心しました。本命や併願校は続けて4日間の受験だったので、かなり疲れましたが、全て合格することができたので本当にうれしかったです。最後に、塾の友達は一緒に勉強したり笑いあったり、競い合ったり出来た仲間でした。皆と過ごした時間はかけがえのないものでした。3年間色々なことを教えて下さった先生方ありがとうございました。

  • 高い目標とコツコツすることの大切さ
    • 高い目標とコツコツすることの大切さ
    • 神田 望敦 くん

    • 明星中学校合格
      甲南中学校合格
      岡山中学校合格
      香川誠陵中学校合格

    •  僕が入塾したのは5年生の春でした。最初は偏差値が35~40しかなくHクラスの下の方、しかも宿題を秋ごろからはほとんどしなくなり、成績が伸びないまま6年生になりました。
       4月の教育相談で、算数は計算小問マスターとテーマ教材をさぼらずにコツコツすることが大切だと言われたので、2~3ヵ月ぐらい続けていると、正答率の高い問題は解けるようになりました。さらに宿題をやりきるため、わからないことをすぐに質問できるよう、少人数レベルアップや居残り、夏期講習中の早朝特訓を欠かさず受けました。すると公開学力テストで偏差値33だったのが最後には45、合否判定学力テストの算数Ⅱでは53にもなりました。
       国語は記述力錬成テストを5年の6月から続け、結果が返ってきたらすぐに直しをしました。そのおかげで4月の記述力錬成テストでは100傑に入り驚きました。また公開学力テストでは偏差値が53から61まで上がりました。
       理科は暗記分野が苦手だったので、要点のまとめをしっかりやり、自分の間違えた問題だけの単語帳を作って移動中に覚えたり、問題を家の壁にはって覚えたりしました。すると平均点近くまでは届くようになりました。
       僕は六甲が第一志望だったので、六甲の過去問やプレ、ルート六甲などの実践に似た問題を11月頃から解くようにしました。でも3分考えてわからなかったら解説を見て、それでもわからなかったら捨て問だと思い進めました。直前はできる問題を確実に、できないところはしないと割り切ることも大切です。
       結果は、六甲学院には落ちてしまいましたが、第二志望の明星の特進に合格。実は8月の明星チャレンジの算数では合格点を約30点も下回る結果でした。こんな僕でも入試では合格点を20点も上回れたのは、明星より難しい六甲の問題を諦めずに解いていたからだと思います。
       最後にわかりやすく質問に答えてくださったり、励ましてくださった先生方、本当にありがとうございました。

  • 合格への道
    • 合格への道
    • N.Y. さん

    • 関西学院中学部合格

    • 浜学園には、4年生の後半に入った。その時は、入塾テストの結果によりSクラスから始めることになった。だが遊び半分な気持ちで行っていたため、毎回行われる復習テストで点数がとれず、入塾してから2回目のクラスがえでHクラスに落ちてしまった。そしてそのまま5年生はHクラスからのスタートとなった。受験まで約2年になり、周りの人が今までに増して勉強しているのにもかかわらず、私は宿題を真剣にせず、復習テストだけでなく公開学力テストまでも悪くなりはじめた。そんな私が関西学院中学部の合格を手に入れるために、特にやっていたことを紹介しようと思う。
      国語…関西学院中は語句の問題が多く出題される。だから日ごろから漢字の教科書などをしっかりとためずにやること。
      算数…の計算問題との小問集合は必ず正解すること。そのために計算テキストを、1日1ページでもいいからやること。
      理科…できる問題とできない問題をせんたくし、できる問題から解く。問題の読みまちがいはしないように、2回読むこと。
      このようなことをできるだけ意識してやってきた。そのおかげか5年生の後半でSクラスに上がってから、6年生の最後までHクラスには落ちなかった。
      そして入試当日。2日間入試があるため、前の科目のことは考えずに前向きに解いていった。
      (1日目)国語…まずまずのでき 算数…だいぶ、自信あり 理科…自信なし
      (2日目)国語…まずまずのでき 算数…少し自信なし
      家に帰ると「落ちていたらどうしよう」ということで頭がいっぱいになったが、とりあえず落ちつき翌日の結果が良いことを願った。そして結果発表。けいじ板をゆっくり見上げた。受験番号を見つけたときのことは忘れない。そして最後に先生方、家族、本当にありがとうございました。

  • 思いを貫く
    • 思いを貫く
    • M.M. さん

    • 須磨学園中学校合格

    •  私は小さい頃から行きたいと思っていた須磨学園に合格できました。私が合格できたのは、先生や親の支えがあったからです。私は2年生の時に須磨学園を目指し始めました。5年生になって、浜学園に入塾した時は、成績はまだ良かったです。でも、入ってから時がたつにつれて、どんどん成績が伸び悩んでいきました。それどころか、落ちていった気がします。6年生になっても不調がつづき、私は勉強をいい加減にするようになりました。どんどんやる気をなくして、勉強をしなくなり、成績も下がり…と、悪循環になっていきました。そんな私をすくってくれたのが担任の先生です。私が絶不調の時、先生と、三者面談をする機会がありました。そこで先生は「お前ならできる!!」と、私を励ましてくれました。その後も、私のやる気が出るような言葉を何度も、何度も言ってくれました。そのおかげで、私は少しずつやる気をとりもどしていきました。しかし、いくらやる気が出たからと言って、そう簡単に遅れをとりもどせるはずもなく、私の成績は低迷していました。そんな私の状況に、母は不安を覚えていたようです。本当に今の受験校のままでいいのか、1回目から3回目まで全て受けるべきか迷っていたようです。そこで母は先生に受験校について相談しました。その時、先生は、「絶対に受かるから、3回とも受けて下さい!」と言ったそうです。その時の私は須磨学園に受かるか受からないかといった成績でした。それなのに、「絶対受かる」と言ってくださった先生はすごいと思いました。3回目の受験の後、1回目、落ちていたことが知らされました。もうだめだ、と思いながら次の結果発表を待ちました。学校から帰ると、母が泣きそうな顔をしていました。ああ、落ちたんだなと思いました。しかし、私は受かっていました。先生の言った通りだ、と思いとても感謝しました。やはり、受験では自分の思いを最後まで貫いて、あきらめない事が大切だと思いました。みなさんも、妥協せずに、自分の思いを最後まで貫き通して下さい!

  • 勝ち取った合格
    • 勝ち取った合格
    • M.Y. くん

    • 甲陽学院中学校合格
      高槻中学校合格
      愛光中学校合格
      北嶺中学校合格

    • (小  4) 春期講習から入塾しました。この頃は、受験のことをあまり意識していませんでした。
      (小 6 春) 最レ算数を受講しました。僕は最レの宿題は計算も含め全部やるようにしていました。すべてやるのは大変でした。しばらくして算数の点が取れるようになりましたが、もっと早くから受けておけば良かったと後悔したので、皆さんは小5から最レ算数を受講するのがおすすめです。
      (小 6 夏) 早朝特訓はなるべく毎日受講しました。質問は混んでいて順番が回ってこないこともあるので、なるべく質問したい事柄は事前にメモしておくと良いと思います。平常授業(マスターコース)は芦屋教室で受講していたので西宮教室で夏期講習が終わったら、平常授業がある日は芦屋教室へ移動しました。友達と移動しながら話をしたことが楽しく気分転換になりました。
      (小 6 秋) 志望校別特訓は甲陽コースにしました。学校の行事で忙しく、塾の宿題は多いので疲れがたまり体調をくずしてしまいました。これを機に寝る時間を少し早めにして体調管理を優先に考えました。
      (PART1,2) 
      PART1からずっと1組にいられたことがとても自信になりました。
      (合格発表) 番号を見つけたときは今までで一番うれしかったです。この喜びは僕の心に一生残ると思います。
      (最 後 に) よきライバルとして一緒に頑張った友達、不安な時に適切にアドバイスをしていただいた先生方、そして僕を最後まで信じて応援してくれた家族、本当にありがとうございました。

  • 戦い
    • 戦い
    • N.Y. さん

    • 須磨学園中学校合格

    •  私は10月1回目の日曜志望校別特訓まではL神女コースでした。3年生から受験勉強を始めましたが、須磨学園のことを初めて知り、また、興味を持ったのは5年生の時でした。須磨学園に行きたいと思ったのは6年生の夏です。その時、3年間志望していた学校から志望校を変えることをとても辛く思いました。だから親に「志望校を変えたい」と言えなかったのですが、そのことを早く言い出せなかったのが私の受験生活最大のまちがいでした。結果的に親と話せたのが10月になってしまいました。白陵コースの問題を見た時、とても驚きました。「明らかに傾向が違う」、そう思ったのです。コースを移りたいと思った時、すぐに言えば良かった。そう思いました。
       白陵コースでの授業は楽しかったのですが、白陵コースに入ってからも苦戦は続きました。最初のころは、国語で時々ベストに入ることがあったのですが、「土曜集中特講」の過去問演習でも思うような結果が出せないことがありました。そのストレスもあって、直前特訓も年が明けると休みがちになり、「須磨に入れないのではないか」と家族全員が思うような状態になっていきました。休んだり宿題をしなかったりをすると母は怒りましたが、テストの点では決してしかられることはありませんでした。
       きびしい状態が続く中でむかえた前日、「おやすみコール」で先生とお話しする時間があり、そのおかげでだいぶ緊張がほぐれました。当日、須磨学園のパンフレットを見たり、須磨学園へ通っている知り合いのお姉さんのお話を聞いたりしたことを思い出しながら移動したのを覚えています。あこがれの強さを改めて確認し、学校に向かいました。
       やはり一番大切なのは「やる気」ですね。もし自分の志望校のへんさ値に自分のへんさ値が届かなかったとしても、「大丈夫、大丈夫」と落ちつき、やる気を出していくことが大事です。もう一つの決め手は、3年生から浜学園に通っていたという「積み重ねたものへの自信」です。試験会場では「やる気」と「積み重ねたものへの自信」を武器に戦うことができました。

  • 自分の意思
    • 自分の意思
    • 巌 柊杏 さん

    • 関西学院中学部合格
      武庫川女子大学附属中学校合格

    •  私の合格体験記が少しでも役に立つと嬉しいです。私は5年生の夏、とくに行きたい学校もないまま浜の夏期講習に通うことになりました。6年生になると志望校別の授業が次々とはじまっていきます。志望校が決まらない私は目標がたっていく皆をみていることしかできませんでした。ただ授業を聞いて宿題をして出す。目的もないままこの行動をくり返しているうちに、気づいたら夏休みに入っていました。5年生の時とはくらべられないくらいハードで、毎日つかれはてていると、ついに志望校をきめるときがきました。私が共学に通いたいといった時、母にまっさきにすすめられたのが、この関西学院中でした。私の兄は3年前まで浜学園の生徒であり、関西学院中に通っている私の先輩であこがれの人でした。お兄ちゃんみたいになれるなら、と私は少しハードルの高い関西学院中を第一志望校にしました。しかし、合否判定学力テストや公開学力テストはボロボロでした。でもそんな事におちこんでいるひまもなく日曜錬成特訓や関西学院中を志望する人向けの「K.G.エクスプレス」がはじまりました。宿題の量もふえ私は秋が一番キツかったです。でもちゃんと復習しているうちに日曜錬成特訓から日曜志望校別特訓がはじまったころ、1組へとあがることができました。公開学力テストの成績も少しずつのびていきました。だけれど皆の成績ものびてきて、入試の1か月前というとても大切な時期に成績が下り坂になりました。その時おちこんでいた私にある先生が言ってくれました。「テストの結果は気にするな。本番じゃないんだから。つらいけれど人生は一度きりだから勉強も精いっぱい楽しもう!!」と。それから私はテストでもあまりおちこまないようにし勉強をがんばりました。受験当日は正直、緊張で泣いてしまったけれど、テストには最大の力でとりくめました。おかげで合格することができました。最初の頃は絶対無理だったはずです。私を支えてくれた方ありがとうございました。合格という目標へ向かっている皆さん。今を楽しんでください。人生は一度しかありませんよ!

  • DO MY BEST
    • DO MY BEST
    • 石田 瑞季 さん

    • 神戸女学院中学部合格
      帝塚山中学校合格
      神戸大学附属中等教育学校合格
      岡山中学校合格

    •  私は、この春第一志望校の神戸女学院に合格することができました。この体験記が少しでも後輩のみなさんのお役に立てれば嬉しいです。春、私は約2年ぶりに公開学力テストで100傑に連続で入ることができ、そのおかげで春期講習はなんと0組に入ることができました。母と共におどろき、また喜びました。夏、調子がよかったのもつかの間、6月の公開学力テストでなんと史上最悪の順位をとってしまいました。原因は理科でした。私はずっとグズグズ泣いていましたが、母はさっさと副学園長に相談し、がんばって立て直そうとしてくれました。また夏期講習は思った程つらくなく、早朝特訓があったおかげで、家ではナマケモノの私も塾で宿題を終わらせることができました。そして一番おそろしかった秋です。日特の宿題が増え、平常の国語に手が回らなくなり、「秋算数本」はたまり続ける…そんな最悪の日々でした。「算数本」のテストが近づき、さすがの私も、「これはやばいぞー」と思い始め、大急ぎで宿題をこなしました。冬、「算数本」のテストが行われ、結果は最悪で、直前特訓は2組からのスタートでした。(みなさんは毎日コツコツして下さいね!)これをバネにしてその日中に宿題を終わらせるようにしました。その結果後半は全ての教科で一番上の1組をキープすることができました。そして入試前日、先輩方から素敵なエールをいただき、おやすみコールでは(いろんなことがあって)計3人の先生方からお言葉をいただいたので、安心して眠れました。入試当日は全く緊張せずに問題を解くことができました。普段通りにすればOKです!そして合格発表の日、私は神大附属入試を受けていたので母から聞く予定だったのですが、顔を見ればすぐに「あ、受かったんや」と分かりました。とても嬉しかったです。こうして、成績に波がある私が合格できたのは浜学園の方々やいつも支えてくれた家族や友達のおかげです。後輩のみなさんも、周りの人たちに感謝しながら、コツコツ勉強していって下さい。安心して下さい、普段通りにすれば合格できますよ!

  • ありがとう 先生
    • ありがとう 先生
    • 押部 翔太朗 くん

    • 灘中学校合格
      西大和学園中学校合格
      神戸大学附属中等教育学校合格

    •  ぼくが、志望校に合格する事ができた訳。それは、何といっても先生のおかげでした。毎回の授業では新しい知識を楽しく教えてくれたり、また、受験前日にははげましの言葉をくれたりと、たくさんの場面でお世話になりました。今回は、その中でも一番心に残ったエピソードを、書かせて頂こうと思います。
       それは、受験前日の事でした。明日のためにも、落ち着いて普段通りの勉強をしていたのですが、なかなか心は落ち着かず、次の日の事を考えてドキドキしていました。
       そんな時に一件の電話がかかってきました。知らない番号なので、もしかして、と思い受話器を取ってみると、思っていた通り先生からの応援の電話でした。以前から、受験前日に先生に電話をかけて頂く、「おやすみコール」というシステムを申し込んでいて、電話がくるのは知っていたのですが、実際にかかってくると、とてもうれしかったです。その電話で、先生から、「お前ならできる。伝説をつくってこいよ」という、素晴らしい言葉をかけてくださいました。
       この言葉こそが、受験勉強で一番心に残ったものです。この言葉を聞いたことで、今までとは打って変わって、先生があそこまで言ってくださるんだから、ドキドキしなくても大丈夫だ、と思えるようになりました。そして、先生の期待にこたえるためにもがんばろうという思いから、やる気も湧いてきました。もしもあの言葉がなければ、あそこまでやる気になることは、なかったと思います。そして、受験当日も前日の気持ちをさらに高めていって、自分の持っている力を全て出し切ることができたと思います。だからこそつかめた合格という栄光なので、その栄光は自分一人だけのものではなく、支えてくれた家族や、状況を理解して見守ってくださった学校の先生、そして何といっても最後にはげましてくださった先生、みんなのものだと思っています。先生、本当にありがとう。素晴らしい先生のことは、忘れません。

芦屋教室の開講コース

学年名称
小2
土曜マスターコース
習い事の兼ね合いや近辺に浜学園教室がないなどの理由で、マスターコースへの通塾が難しい方に最適のコース。週1回(土曜日)の通塾で、マスターコースの講義内容を受講できます。
学年名称
小3
土曜マスターコース
習い事の兼ね合いや近辺に浜学園教室がないなどの理由で、マスターコースへの通塾が難しい方に最適のコース。週1回(土曜日)の通塾で、マスターコースの講義内容を受講できます。
学年名称
小4
マスターコース
浜学園受験指導の中心となるコースです。中学受験に必要十分な学力の習得を目標に指導します。経験豊富な講師陣が学習計画表に基づいて指導するので効率的に学習できるほか、毎回実施する復習テストにより各単元ごとの到達度を測るとともに答案作成能力も培われます。
学年名称
小5
マスターコース
浜学園受験指導の中心となるコースです。中学受験に必要十分な学力の習得を目標に指導します。経験豊富な講師陣が学習計画表に基づいて指導するので効率的に学習できるほか、毎回実施する復習テストにより各単元ごとの到達度を測るとともに答案作成能力も培われます。
学年名称
小6
マスターコース
浜学園受験指導の中心となるコースです。中学受験に必要十分な学力の習得を目標に指導します。経験豊富な講師陣が学習計画表に基づいて指導するので効率的に学習できるほか、毎回実施する復習テストにより各単元ごとの到達度を測るとともに答案作成能力も培われます。

時間割

教室へお問い合わせください。