浜学園 冬期講習

浜学園 冬期講習ご連絡先

はじめて進学塾を検討されている方

「クラスの友達が塾に通いだした…。
 うちもそろそろ?」

出遅れスタートで受験を失敗させたくない。
難関中学を見すえる小1~小5生の保護者の方へ

特別キャンペーン


\ 2019年春 関西最難関中9校全て合格者数日本一達成! /
灘中・東大寺学園・洛南高附属中・西大和学園中・大阪星光学院中・甲陽学院中・洛星中
神戸女学院中・四天王寺中
冬期講習 受講資格判定テストに申し込む

中学受験で不安を抱えていませんか

  • 中学受験を考えているけれど、何年生ごろから塾に通えばいいのか迷っている
  • まわりの家庭がそろそろ動き出しているようで、ちょっと焦っている
  • 子どもによると、学校の友だちも塾に通い出しているらしい
  • かといって、うちの子どもにとって今が入塾のタイミングなのかわからない
まずは浜学園の冬期講習をご覧ください。

なぜ浜学園の冬期講習は塾選びにぴったりなのか

  • 冬期講習に通ったからといって、入塾しなくてもいいし、入塾してもいい。
  • 計6日間の授業を体験できるので、十分に検討できます。
  • 浜学園の普段の授業とおなじ形式で行うため、講義形式を理解でき、お子さまにマッチするか判断できます。
  • 塾生でない方は、講習前に「算数の導入予備講義」があるので、抵抗感なく授業の内容にとけこめます。
  • 同じ学年のどんな仲間が他にいるのか分かります。
  • 冬期講習は初めて受講するお子さまが多いので、すぐになじめます。
  • お試しで受講するには実はリーズナブルな受講料金。

冬期講習 4つの特徴

勉強が楽しくなる学習計画表

学習計画表には効率よく冬の勉強ができるよう、授業のポイント、アドバイス、重要問題を記載し、達成すべき学習内容を具体的に記していきます。ひとつ達成して次の目標へ進むことで、着実に習得できるようになっています。
また、小刻みな目標設定は達成しやすいため、生徒のヤル気にもつながります。

能力に応じたクラス編成

受講資格判定テストの結果にもとづき、各自の学習到達度に応じたクラス編成で冬期講習を受けていただきます。学習レベルに応じた授業をすることで、誰かが授業の進みに遅れることなく、同じ学習効果が得られます。

予習はいっさい無用の復習主義

授業で「わかった」ことを「できる」に定着していくには、繰り返し自分で問題を解いて、習ったことを使えるようにしなければ実力はつきません。その習慣づけが浜学園の復習主義です。
毎回の学習内容を出題範囲とした「復習テスト」を実施するので、学習到達度や弱点分野を自分自身で確認することができます。何度もしつこく繰り返すことで、一度経験した問題を忘れることはありません。

一流の講師陣

あなたは考えたことがありますか?なぜ一流のアスリートは、一流のコーチから学ぶのか?それは、ムダのない効率的なレベルアップにつながるからです。
授業も同じです。浜学園では、1年間に講師になれる数は、1000人中たったの50人(2015年度ベース)。いわば超精鋭集団です。灘や神戸女学院をはじめ、多くの生徒を各地の難関校に導いています。他の人よりも一歩リードする生徒は、講師にうまく助けを求めて、的確なアドバイスをもらえたら、即、実践しています。
すでに実績のある講師から教えてもらうことができたら、効率的に成績がアップすると思いませんか?

冬期講習 受講資格判定テストに申し込む

モリモリ学力をつける集中講義

これまで冬期講習をお試し感覚でとおすすめしてきましたが、講義そのものは学力アップのためにカリキュラムされた充実の内容です。冬期講習を受けることで、お子さまにはどんなメリットがあるのでしょう?

  • これまでに習ったレギュラー授業の単元をぎゅっと凝縮して総復習。初受講の方は塾生より近道ができます。
  • 基礎の見直しが中心なので、冬の間に苦手科目の学力をおぎなえます。
  • 勉強ぐせや生活の良いリズムが身につきます。
  • 学校の授業より一歩すすんだ内容なので、新学期から友達に差をつけられます。
  • 冬期講習が終わっても、使用したテキストで何度も復習できます。
  • 算数

    冬期講習は浜学園マスターコースの12月までの学習内容の復習が中心となります。冬期講習で初めて授業に参加するみなさんにも、無理のない内容となります。また、問題を3段階に分け、小2にむけて重要単元の確認をしっかり演習できます。さらに、「なんもんにちょうせん!!」では、発展した学習も可能です。

    学習内容

    No.1たしざん
    No.2ひきざん
    No.3いろいろなもんだい

    国語

    冬期講習では、浜学園マスターコースで、これまで学習した内容の総復習を中心に、知識単元と文章読解を勉強します。文章読解では細部の正確な読み取りから、文章の展開をおさえて理解する力をきたえつつ、想像力を働かせて読んでいく楽しさを体験させます。また、読解の基礎を作ることばの知識も学びます。
    冬期講習から初めて授業に参加するみなさんにも分かるよう、読み方・考え方をはじめからお伝えしますから、特別な準備は必要ありません。

    学習内容

    No.1ことばとぶんしょう①
    No.2ことばとぶんしょう②
    No.3ことばとぶんしょう③

    新小2実施要領と受講料

    期間
    12月25日(水)〜12月30日(月)
    クラス編成
    能力別クラス編成
    実施教室
    西宮教室・神戸元町教室・上本町教室・JR京都駅前教室
    受講料
    科目日数実施時間受講料(税込)
    国・算6日間
    (国・算 各3日間)
    1日1.5時間/計9時間14,030円

    ※受講料のほか、テキスト代が必要です。

  • 算数

    塾生のみなさんにとっては、12月までの学習内容の再確認、および小3への準備となります。冬期講習で初めて授業に参加するみなさんにも、無理なく合流できるような学習内容になっています。

    学習内容

    計算講義
    No.1大きな数のたし算・ひき算かけ算・わり算,時計
    No.2かけ算計算のきまり,なかましらべ
    No.3わり算図形,はこ作り,道順,
    ならべ方,文章題

    国語

    長文読解の力を養うには、多くの文章にふれることで、長文を読むということに慣れておくことが大切です。
    そこで、冬期講習では読解力強化を目的に、ていねいな読みこみを中心にしていきます。そのなかで、読解力はもちろん、ことばの知識や表現力を育てるための問題にもチャレンジをし、総合的な国語力を身につけていきます。

    学習内容

    No.1ものがたり文⑴
    No.2ものがたり文⑵
    No.3せつ明文

    新小3実施要領と受講料

    期間
    12月25日(水)〜12月30日(月)
    クラス編成
    能力別クラス編成
    実施教室
    全教室
    受講料
    科目日数実施時間受講料(税込)
    国・算6日間
    (国・算 各3日間)
    1日2時間/計12時間18,700円

    ※受講料のほか、テキスト代が必要です

  • 算数

    冬期講習では、浜学園マスターコースの夏以降の授業の復習が中心となります。塾生にとっては、12月までの知識の再確認となり、さらに応用問題に取り組みます。冬期講習から初めて浜学園の授業に参加する皆さんには、これからのマスターコースの授業にも無理なく合流できるようにしてあります。
    テキストは、「計算練習」・「やさしいもんだい」・「むずかしいもんだい」・「チャレンジもんだい」の4つから構成されています。計算練習は毎日練習してください。やさしいもんだいは授業でも扱いますが、授業で扱わなかったもんだいもふくめてできるだけ全問を宿題としてやってください。計算練習のチャレンジコーナーやむずかしいもんだい・チャレンジもんだいは、余力にあわせて挑戦してください。

    学習内容

    計算講義
    No.1計算のきまりとくふう立体図形・場合の数
    No.2小数のたし算・ひき算・
    かけ算
    数列・日暦算
    No.3小数のわり算つるかめ算・和差算・差分け算

    国語

    冬期講習では、浜学園マスターコースで、これまで学習した内容の総復習を中心としたことがらを学びます。
    ただし、4年生という学年を目前にしているこの時期ですから、それだけではなく、来年からの本格的学習の予行演習ともいうべき応用的な内容もふくまれています。
    なお、上記学習内容以外にも、毎回、かん字の問題がもりこまれています。国語が苦手な人は3年生のうちに弱点を補強し、得意とする人はますます学力を高めるつもりでがんばってほしいと思います。

    学習内容

    No.1文学的文章・ことばの意味①
    No.2説明的文章・ことばの意味②
    No.3読解のまとめ・文法

    新小4実施要領と受講料

    期間
    12月25日(水)〜12月30日(月)
    クラス編成
    能力別クラス編成
    実施教室
    全教室
    受講料
    科目日数実施時間受講料(税込)
    国・算6日間
    (国・算 各3日間)
    1日2時間/計12時間18,700円

    ※受講料のほか、テキスト代が必要です。

  • 算数

    冬期講習では、浜学園マスターコースで夏以降に取り扱った内容の復習が中心となります。塾生にとっては、学校行事等で十分な学習ができなかった単元があれば、その復習をすることにもなります。
    冬期講習から初めて浜学園の授業に参加される方にとっては、4年生における重要単元の学習になり、これからのマスターコースの授業に無理なく合流できるようにしてあります。この冬期講習での学習は、これからの算数の土台となり、5年生になってからの基礎として大きな力を発揮することになるはずです。
    テキストは、「計算練習」・「やさしいもんだい」・「むずかしいもんだい」・「チャレンジもんだい」の4つから構成されています。

    学習内容

    計算講義
    No.1整数の計算数の性質・分数
    No.2分数⑴場合の数・和差算
    No.3分数⑵数列・日歴算

    国語

    5年生になると、4年生までとちがって読解問題の文章レベルが格段に高くなってきます。したがって、4年生の冬のこの時期には、これまで学習してきた内容を理解した上で、ハイレベルな問題に対応できる力を育て始めなければなりません。
    冬期講習の学習の主眼は、復習におかれますが、中には応用・発展問題も盛りこまれており、本格的な入試対策の基礎を築きます。
    国語を苦手とする生徒は、4年生のうちに弱点を補強し、得意とする生徒はさらに学力を高めるつもりで、この講座を受講してほしいと思います。

    学習内容

    No.1文学的文章・ことばの意味①
    No.2説明的文章・ことばの意味②
    No.3読解のまとめ・文法

    理科(選択科目)

    4年生としての学習も余すところあとわずかとなり、本格的な学習内容となる5年生の準備をしなければならない時期となりました。
    冬期講習では、4年生・5年生・6年生とスパイラル方式によりステップを踏んで学習する内容のうち、4年生段階では理解不十分となりがちな内容にしぼって学習します。5年生での実力向上のために、もう一度基本を確実に押さえるようにします。

    学習内容

    No.1実験器具の使い方
    No.2ものの変化と熱
    No.3てことばね

    新小5実施要領と受講料

    期間
    12月25日(水)〜12月30日(月)
    クラス編成
    能力別クラス編成
    実施教室
    全教室
    受講料
    科目日数実施時間受講料(税込)
    国・算6日間
    (国・算 各3日間)
    1日2時間/計12時間18,700円
    理(選択)
    〈申込要〉
    3日間1日2時間/計6時間8,250円

    ※受講料のほか、テキスト代が必要です。

  • 算数

    冬期講習は浜学園マスターコースで夏以降に取り扱った内容の復習とその発展的展開を目指します。
    学習内容は下記の通り、図形・速さなど入試で必ずといっていいほど出題され、演習量がその得点力を大きく左右する最重要単元をとりあげます。

    学習内容

    講義Ⅰ講義Ⅱ
    No.1相似速さ
    No.2曲線図形速さと比
    No.3立体図形通過算・流水算

    国語

    受験学年を目前にひかえて、いよいよ本格的に入試レベルの問題を突破する力を培っていかねばなりません。基本的には、これまでの学習内容を中心に学習しますが、それだけではなく高度な応用・発展問題も盛りこまれており、入試対策的要素もあわせもった講習として位置づけられます。
    国語を苦手とする生徒は、5年生のうちに弱点を補強し、得意とする生徒はさらに学力を高めるつもりで受講してほしいと思います。

    学習内容

    講義Ⅰ講義Ⅱ
    No.1説明文・語句物語文・文学史
    No.2論説文・作文随筆文・漢字
    No.3長文のまとめ・文法韻文の鑑賞

    理科(選択科目)

    新学年の6年生の授業開始を1か月後にひかえて、その準備段階として、4年生・5年生で学習してきた単元の復習を中心にしたカリキュラムになっています。
    授業の構成は、6年生の日曜志望校別特訓・夏期講習の授業形態である講義I・講義II・テストというパターンで実施します。この授業形態になれ、学習効果をあげていくことを目指します。

    学習内容

    講義Ⅰ 講義Ⅱ
    No.1気体の性質と燃焼人体Ⅰ
    No.2てこのつりあい人体Ⅱ
    No.3ふりことおもりの運動四大気団と日本の天気

    社会(選択科目)

    冬期講習は講義と演習にわかれ、講義は浜学園小6選択社会で学習する公民分野を先取りして学習します。演習は小5選択社会で学習した運輸や貿易を復習します。5年生のうちに公民分野にふれておくことで、6年生における学習効果をさらに高めることを目指します。

    学習内容

    講義演習
    No.1日本国憲法通信・情報社会
    No.2国会・内閣運輸
    No.3裁判所・三権分立貿易

    新小6実施要領と受講料

    期間
    12月25日(水)〜12月30日(月)
    クラス編成
    能力別クラス編成
    実施教室
    全教室
    受講料
    科目日数実施時間受講料(税込)
    国・算6日間
    (国・算 各3日間)
    1日2.5時間
    /計15時間
    20,630円
    理(選択)
    〈申込要〉
    3日間1日2.5時間
    /計7.5時間
    10,180円
    社(選択)
    〈申込要〉
    3日間1日2時間
    /計6時間
    8,250円

    ※受講料のほか、テキスト代が必要です。

お申し込みの流れ

まずは受講資格判定テストをご受験ください

冬期講習受講資格判定テスト以外にも様々なテストで資格を取得できます。
すでに受験済のテストで受講資格が取れていたかどうかは各教室にお問い合わせください。


受講資格を取得&受講申し込み

受講資格を取得された方は、受講申込書に必要事項をご記入の上、受講料・テキスト代をそえ浜学園各教室でお申し込みください(入学金は不要です)。


導入予備講義(算数)【希望者のみ、Web配信は有料】

普段慣れていない教室で受ける授業なので、少し処理能力を必要とする算数だけでも前もって授業を受けておいていただけると、精神的にもずいぶん楽になり、授業に抵抗感なくとけこめます。
※お子さまの都合により受講できない(含、欠席)方のために、講義を撮影した映像をインターネットで配信します。


受講開始

詳しい時間割はこちらでご確認ください。

冬期講習 受講資格判定テストに申し込む

4つの特徴

日本で今、関西を中心とした難関校の合格実績数が飛び抜けて高いのは浜学園だけです。
冬期講習で日本のトップの授業を経験し、同じマインドのもった仲間と勉強することで、学力が伸びるだけでなく、本当の進学塾というものを肌で感じることができます。もちろんお子さまは学校の同級生の知らない場所に行くことができるでしょう。

4つの特徴

浜学園は冬期講習と同じ授業システムで、たくさんの難関中合格者を輩出しています。中には、4年生の段階で神戸女学院中にほど遠かった生徒が合格した事例や、勉強を嫌っていた3年生の男の子は、お母さんに連れられてきた冬期講習でがぜんヤル気が出て、洛南高附属中に見事合格した例など、挙げればきりがありません。

そして、浜学園の難関校の合格者数は他塾を圧倒しています。

  • 関西
  • 東海地区
  • 首都圏
  • その他

これだけの実績を持つ浜学園ですから、学力と意識の高い生徒が集まってきます。それだけ競争意識がうまれ相乗効果が発揮されるのはお分かりのことでしょう。そして、講師は中学入試を知りつくした超精鋭たち。生徒の学力をアップさせるプロです。

そんな浜学園の冬期講習を試さない理由が、どこにあるでしょうか?少なくとも「試す」価値はあるはずです。

もっと早く塾に行かせればよかった

そう口にされるお母さまもおられます。一方で、あと半年遅くてもよかったね、という方もおられます。どちらが良かったのか、お子さまやご家庭の方針によって違いますが、いずれにしても何らかの判断はしないといけません。

もちろん、冬期講習の段階ではその判断をする必要はありません。入塾する必要がないので、お試し感覚で講習を受けることができます。塾に行く行かないの判断は、冬期講習が終わってからでも大丈夫です。リスクはありません。

浜学園は「あのとき塾に入ってよかったね」と過去を喜んでいただけるきっかけづくりができればと思います。逆に「もっと早く塾に行かせればよかった…」と後悔させたくありません。もし、あなたが「受験を失敗させたくない」とお思いなら、いちど冬期講習を試してみてください。後々になって、ご自分の選択を後悔するよりずっと良いはずです。

浜学園でお待ちしています。

冬期講習 受講資格判定テストに申し込む