中学受験は、心身ともに大きくステップアップするチャンスです。
浜学園は中学受験生に寄り添っていきます。

豊島岡女子学園中学校 合格

髙橋 香穂 さん (所属:四条烏丸教室)

  • 豊島岡女子学園中学校合格
    市川中学校合格

テーマ受験勉強~春夏秋冬の苦しみ

「Do my best!! 努力は必ず報われる!!」

(はじめに) 私は、今春、2つの学校から合格を頂けたことを嬉しく思います。この体験記が、これから合格を目指す後輩のみなさんの参考になれば幸いです。
(6年、春) 6年は、Vクラスでスタートしました。最レ算数とトップレ国語を受講しました。この時点で関東受験をすることは決まっていましたが、みんなと同じように勉強していました。
(6年、夏) 人生の中で1番苦しかったともいえるこの時期は、夏期講習、マスターコース、日曜志望校別特訓、最レ・トップレ国語特訓の宿題をするのに必死でした。コースの先生と相談して、最レをやめ、算数を日曜志望校別特訓に集中させました。しかし、睡眠は3~5時間ほどしかとれておらず、宿題以外のことを考える余裕はなく、公開学力テストの成績もだんだんと落ちてきて、勉強も何もかもが嫌になり、頭が爆発しそうでした。
(6年、秋) 過去問をはじめました。しかし、関東受験をするには、L洛南コースの宿題だけでは不十分だったため、関東の日曜志望校別特訓の国語のテキストを取り寄せてやっていました。アドバイザーの先生と毎週ファイルやテキストを交換していくうちに、国語が大好きになり、算数と理科が大嫌いになり、苦手意識も生まれてきてしまいました。
(6年、冬) 入試直前特訓がはじまり、宿題は楽になりましたが、過去問2周目に入っていて、毎日先生を質問攻めにしていました。みんなの入試が終わってから、関東入試までは、広い教室でひとりぼっちで自習していました。本当に辛くて、この時期は家で毎日のように泣いていたように思います。
(最 後 に) 合格発表で、自分の番号を見つけたときの感動は忘れられません。これまでずっと支えてくれた両親や先生方、お互いに高め合ってきた友達、励ましてくれたお世話係さんには感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。そして、みなさんの明るい知らせを東京で待っています。頑張ってください。

関連の体験記はまだありません。