学ぶ楽しさを拡げ、才能を伸ばす。
灘中をはじめとした難関中学の合格実績とノウハウは浜学園にあり!

須磨学園中学校 合格

和久 大陸人 くん (所属:伊丹教室)

  • 須磨学園中学校合格
    大阪桐蔭中学校合格
    岡山中学校合格

テーマ受験勉強における後悔

「1勝2敗からの逆転」

 「合格できてよかったなぁ。」
 須磨学園1回目の入試に失敗した僕の胸に突き刺さったのは、合格した人のお父さんが自分の子供に言っていた言葉でした。僕は悔しくて悲しくて言いようのない辛さを味わいました。4年の頃からさぼらず、こつこつきっちり勉強していればよかったと後悔しました。
 僕は兄の通っている須磨学園に憧れているのに兄を見習わず4・5・6年の春まで3か月に1回ぐらいの割合で浜の宿題をさぼっていました。
 6年の夏前に先生に厳しく叱られ、母にも監視されるようになったので、夏休みはしんどくても手を抜かず、夏期講習、マスターコース、日曜志望校別特訓を一生懸命頑張りました。夏期講習は早朝特訓から参加したので、質問もでき集中して勉強ができたのがよかったです。
 その成果が出て9・10月の公開学力テストでは須磨学園の偏差値にとどきましたが、それに安心してしまい気がゆるんだために、11月の公開学力テストは散々でした。僕は受験を甘く考え過ぎていたことに気付きました。そこから勉強スタイルを朝型に変え、毎朝5:30から ①計算(2種類) ②理科暗記分野 ③語句 ④苦手な国語読解1題 を必ずやると決め実行しました。①②は入試当日まで続けました。朝以外も浜学園の勉強は気をゆるめず全力でやりました。
 直前特訓はもう死にものぐるいでした。問題を解いて解いて解きまくりました。明石には講義がない社会は自習の時間や往復2時間の通塾の電車の中で1人で勉強しました。そのおかげで1月の初めには過去問は合格最低点がとれるようになっていました。教室の先生の「入試当日は1人で闘わなあかんねんぞ。」という言葉を思い出し、僕に武器があるとしたら、それは誰よりも過去問を多くやったという自信だと思いました。土曜集中特講で。直前特訓の早朝で。家で。元旦も2日も過去問ばかりしていました。入試本番2日間、僕はこの武器を持って闘いました。1回目は手応えがなく不合格でしたが、あきらめずに闘った2回目3回目共に合格でした。うれし涙がこぼれてきました。須磨学園ではさぼらずにこつこつきっちり頑張ります。

その他の須磨学園中学校 合格者の体験記はこちら

合格年度タイトル氏名所属教室
2019年春受験勉強をふりかえってY.N. さん西宮
2019年春楽あれば苦あり憂いあれば喜びありR.A. さん明石
2019年春苦手があっても大丈夫S.A. さん西宮
2017年春あきらめたら終わり松下 大悟 くん西神中央
2017年春浜学園での5年間仲田 萌乃佳 さん明石
2017年春みんなに感謝A.T. さん西宮
2017年春思いを貫くM.M. さん芦屋
2017年春終わりよければすべてよし坂入 美羽 さん伊丹
2017年春あこがれに向かってM.Y. さん
2016年春戦いN.Y. さん芦屋
2016年春あきらめなければ必ず努力は報われる横山 優 くん宝塚
2016年春どんなことがあってもあきらめずにがんばる鈴木 遼真 くん西宮
2016年春決してあきらめないK.U. さん
2016年春エマージェンシー奇跡の合格!!山嶋 稜子 さん西宮
2016年春入試直前の苦労H.K. さん西神中央
2016年春行きたい気持ちが大事!!M.O. さん西宮
2016年春合格までの道のりK.Y. さん