中学受験は、心身ともに大きくステップアップするチャンスです。
浜学園は中学受験生に寄り添っていきます。

六甲学院中学校 合格

森 涼ノ介 くん (所属:西宮教室)

  • 六甲学院中学校合格

テーマ浜学園での自分自身の歩み

「塾と自分を信じてコツコツと」

 僕は、3年生の途中から浜学園に入りました。

 ただ、僕の浜学園は“1回目の入塾テストに落ちる”と言うところから始まりました。テストに落ちた時の気持ちは、その当時、何も理解していなかったのか、全く覚えていません。結局は2回目の入塾テストで受かりましたが、偏差値が30程で、クラスも一番下でした。3年生の時はずっとこんな感じでした。4年生になって理科の科目が増えたとき、急にクラスが上がるようになりました。ですが、クラスが上がるようになったと言っても、特別なことをしたわけではありません。やったことは、普通に授業を受けて、普通に宿題をして、先生に言われていたことをコツコツしていたぐらいです。本当に“当たり前”をやったぐらいでした。そんな感じで、クラスが多い中、真ん中位のクラスまで上がることができました。しかし、5年生になってから周りの人たちも本格的に勉強するようになったのか、クラスが全然上がらなくなり、むしろ下がってしまうこともありました。結局、5年生は、なりたての時と同じクラスのまま終わることになりました。5年生の終わりの方に志望校も決まってきました。そして、そのまま6年生の春期講習は最難関コースに入ることになりました。当初、公開学力テストや合否判定学力テストの結果では、その学校に合格できる自信はありませんでした。でも先生には、「その学校はまだまだ狙える位置にある」と言われていたので夏期講習も最難関コースに入ることにしました。そしてそのまま9月の日曜志望校別特訓もその学校のコースにすることにしました。しかし、第一回目の入試練習で合格できなかったことをきっかけに、六甲コースに変えることにしました。六甲コースは、夏期講習に無理して最難関コースにいたのが良かったのか、少し楽に感じることがありました。しかも、3回行われた「ルート六甲」のすべて良い結果が出るということもあり、そこからは、すべて順調に進んでいって、夏に最難関コースでやったことの成果が出るということも多くなりました。そうして迎えた当日、テストの紙を裏返した時に、今までとテストの形式が違っていたということに少し戸惑いもしましたが、「周りだって同じことを感じているはず」と信じて問題を解きました。

 難関校を志望していたとしても、少しでも余裕があるのならば、春期講習や夏期講習ぐらいは、上のコースにしてみるのもいいと思います。意外に、それが合格の確率を上げるのかもしれません。

その他の六甲学院中学校 合格者の体験記はこちら

合格年度タイトル氏名所属教室
2020年春受かってよかった六甲学院R.K. くん西宮
2020年春『嫌い』という思い高森 仁一朗 くん西宮
2020年春あきらめないことの大切さ常松 鼓太朗 くん神戸住吉
2019年春目標を決めて、自分に合った勉強法を飯田 英明 くん神戸元町
2019年春ポジティブでいることが力馬場 尚 くん千里中央
2019年春合格までの道のりR.U. くん西宮
2019年春道を変え新たな道へY.K. くん西宮
2019年春入試10日前の悲劇A.A. くん明石
2018年春最後の決断森下 将悟 くん西宮
2018年春浜学園で身についた習慣南 幸多郎 くん西宮
2018年春夢を諦めてもいいことは必ずあるR.N. くん神戸住吉
2018年春弱い自分に打ち勝て!!佐藤 雄一朗 くん西宮
2018年春自分を信じて小幡 陸 くん神戸住吉
2017年春あきらめるな一原 優貴 くん西宮
2017年春あきらめない心S.M. くん六甲
2017年春つらかった浜学園上野 修輝 くん三田
2017年春執念で勝ち取った合格難波 祐太 くん西宮
2017年春どん底からの復活佐藤 樹 くん西宮
2016年春2年間の軌跡井上 平世 くん六甲
2016年春1年間のスーパー努力土井 彩永 くん西宮
2016年春合格への道のり内田 直希 くん伊丹
2016年春負けるな下山 千宙 くん
2016年春一念通天で第一志望合格K.K. くん伊丹