中学受験は、心身ともに大きくステップアップするチャンスです。
浜学園は中学受験生に寄り添っていきます。

洛北高等学校附属中学校 合格

福井 里奈 さん (所属:JR京都駅前教室)

  • 洛北高等学校附属中学校合格
    高槻中学校合格
    帝塚山中学校合格
    香川誠陵中学校合格

テーマ日曜志望校別特訓について

「最後までやりとげる」

 私が第一志望校を洛北と決めたのは11月です。志望校を決めたことでとてもやる気が出ましたがいざ本格的に勉強にとりかかると算数がなかなか解けず、母も私も悩みました。このままではいけないと思い、入試2か月前でしたがマスターコースの算数を№1から全て解き直しました。解き直しが終わったころ12月の公開学力テストがあり、初めて100傑に入ることができました。そして自信がつきました。マスターコースが終わり、いよいよ直前特訓が始まりました。直前特訓はL洛南コースで受けました。先生に直前特訓の復習テストでは7割を切らなければ私の志望校には合格できると言われたので7割を切らないように努力しました。私は直前特訓と並行して過去問もやっていました。洛北の適性をみる検査は、Ⅰ~Ⅲいずれにも記述問題があったり、作文があったりと最初は傾向をつかむのにとても苦戦しました。特に作文はなかなか書く機会がないため、先生に何度添削してもらっても丸はつきませんでした。そこで先生に相談し、構成メモを書くことを教わりました。すると丸がつくようになり、先生からほめていただき自信がつきました。そして入試当日がやってきました。私はとても緊張し、試験会場で鼻血が出てしまいとてもあわてました。しかし、その時はL洛南コースの先生方に書いていただいたメッセージカードを読むことで心が落ち着きました。入試が終わり、試験会場から出てくる時、私は泣いていました。なぜなら全然できなかったからです。なので合格発表で私の受験番号が見えた時、母も私もとてもうれしかったです。
 私はこの受験で学んだことがあります。それは浜学園を信じ、最後まであきらめず努力し続ければ願いはかなうということです。最後に、様々なアドバイスをしてくださった先生方、お世話になった事務の方々、いつもサポートしてくれた家族には本当に感謝しています。ありがとうございました。

その他の洛北高等学校附属中学校 合格者の体験記はこちら

合格年度タイトル氏名所属教室
2020年春努力はうらぎらないR.U. さん四条烏丸
2019年春最後まで全力を尽くすK.I. さん四条烏丸
2018年春あきらめないことが合格につながる司辻 麗乃 さん西大寺
2017年春文武両道で成長S.T. くん四条烏丸
2016年春努力の大切さC.N. さん四条烏丸
2016年春努力の大切さC.N. さん四条烏丸
2016年春苦手をなくすM.O. さん四条烏丸