学ぶ楽しさを拡げ、才能を伸ばす。
灘中をはじめとした難関中学の合格実績とノウハウは浜学園にあり!

洛北高等学校附属中学校 合格

司辻 麗乃 さん (所属:西大寺教室)

  • 洛北高等学校附属中学校合格
    奈良女子大学附属中等教育学校合格

テーマ受験勉強~春夏秋冬の苦しみ 合格をして一言

「あきらめないことが合格につながる」

私は、新5年生の時に浜学園に入塾しました。5年生の間は受験するという自覚はあまりなく、普段の復習テストで100点を取ることを目標に勉強していました。6年生になると「あと1年で受験だ」という気持ちが芽ばえ、今まで以上に真けんに勉強するようになりました。しかし、そんな私に算数という難関が待ち受けていました。6年生最初の公開学力テストでは問題量が多く、あせりと緊張のためにミスをしてしまい最悪の結果に…。悔しくて「入試の日まで頑張って勉強しよう」という気持ちもしぼみかけていました。そんな時支えてくれたのが両親や浜学園の先生方です。「だいじょうぶ、まだ時間はある」という一言に悔しさがやる気に変わりました。そこからは毎日計算問題を解いたり、時間配分を考えたりしてミスやあせりを減らしていきました。しかし、このまま順調にいかないのが受験勉強の辛いところ。10月ぐらいから、安定して点数を取れていたはずの理科の成績が落ちてきたのです。そこで、いつも過去問を見てもらっていた先生に相談すると、適切なアドバイスをくださって気持ちが落ち着き、冷静に理科を基本から復習することができました。そしてむかえた入試本番。算数の問題が予想以上の難しさで点数を取れるところが少なくくじけそうになりましたが、最後までねばって合格点までこぎつけました。理科も直前に特訓していたおかげか、落ち着いてスムーズに解くことができました。合格発表で自分の番号を見つけた時は飛び上がるほどうれしかったです。私が合格を体験してみなさんに伝えたいことは「努力はいつか必ず報われる」ということです。だから、努力することをあきらめないでください。私自身、入試本番、算数を途中であきらめていたら、合格はつかみとれなかったと思います。最後になりましたが、浜学園の先生方、今まで温かくサポートしてくださってありがとうございました。

その他の洛北高等学校附属中学校 合格者の体験記はこちら

合格年度タイトル氏名所属教室
2019年春最後まで全力を尽くすK.I. さん四条烏丸
2018年春最後までやりとげる福井 里奈 さんJR京都駅前
2017年春文武両道で成長S.T. くん四条烏丸
2016年春努力の大切さC.N. さん四条烏丸
2016年春努力の大切さC.N. さん四条烏丸
2016年春苦手をなくすM.O. さん四条烏丸