中学受験は、心身ともに大きくステップアップするチャンスです。
浜学園は中学受験生に寄り添っていきます。

甲南中学校 合格

Y.I. くん (所属:宝塚教室)

  • 甲南中学校合格
    報徳学園中学校合格

テーマ受験勉強~春夏秋冬の苦しみ

「苦しかった日々」

 僕が浜学園に入ったのは3年生の頃です。その頃からすごく勉強がきらいでした。しかしがんばったおかげで3年生、4年生はすごく成績が上がってきました。5年生になり、平常授業(マスターコース)を受講するため、宝塚教室に来ました。5年生最初の公開学力テストでは、4年生の時よりは点が低くなったけれど、いいスタートを切りました。しかし次の公開学力テストから成績が下がり始め苦しみました。夏期講習が始まってさらにいそがしくなりました。授業をよく聞いたつもりでも宿題が難しくて困りました。夏期講習をがんばっても成績は上がらずにいました。平常に戻り夏期講習の時よりは楽になったけれど大変でした。そして最後の1年、6年生になりました。6年生になると2ヶ月に1度「合否判定学力テスト」が増え、授業もハードになってきました。6年生になっても成績は下がるばかりでした。
 6年生の夏期講習は平常授業も同時にあり、すごく大変な思いをしました。夏期講習が終わっても平常授業がハードになり、苦しい思いをしました。その後12月頃には成績が上がらないので志望校を、甲南中学校にしました。甲南中学校は偏差値はそこまで高くないけれど、問題は難しい学校だったので過去問をいっぱい解きました。12月下旬から直前特訓が始まりました。PART1は学校との両立でした。PART2になると時間割もハードになり、宿題の量も多いのですごく苦しい思いをしました。そして学校が始まり、始業式の日だけ登校し受験をする人と「お互い合格しような」と約束しました。そしてその次の日から家でずっと勉強しました。この時は勉強が嫌とは思いませんでした。そして当日、すべてを出し切る思いで臨みました。合格発表では緊張したけど、自分の受験番号が書いてあるのを見つけた時はすごくうれしかったです。

関連の体験記はまだありません。