中学受験は、心身ともに大きくステップアップするチャンスです。
浜学園は中学受験生に寄り添っていきます。

近畿大学附属中学校 合格

Y.K. くん (所属:西宮教室)

  • 近畿大学附属中学校合格

テーマ私の志望校と受験校

「勉強、気分転換そしてラストスパート」

 僕の志望校は5年生の初めの頃から変わらず「近畿大学附属中学校」でした。そして、この春入学します。入試の合格を目にするまで、いろいろありました。山あり谷ありの中で志望校を変えることなくすすんだ僕なりの心の持ちようをお話ししたいと思います。

 僕が近大附中を志望校に決めた大きな理由は、将来の目標に近づくために必要な学校だと思ったことと、学校体験での楽しい思い出でした。けっこう早くに志望校が決められたのですが、反して受験勉強はうまくいっていませんでした。合否判定学力テストの合格判定で「A」だったので変な自信を持ってしまい、力不足のまま淡々と勉強していたのが原因だと思います。成績が低空飛行のまま上向かず、6年生の夏休み前に担任の先生に相談し、夏休みの学習計画表を作りました。それにかなり忠実に過ごしたためか秋の近大附中プレテストでは手ごたえを感じることができました。この時の志望校への訪問は気持ちが引きしまり、塾での成績がふるわなくても気持ちが前向きになったので良かったと思います。11月から12月にかけて過去問と志望校別特訓や直前特訓などのまとめ的な宿題を繰り返し行いました。初めて過去問を解いた結果にしょうげきを受け、1点の重み、合格しないと入学できないという当たり前のことを実感し、この時期は皆もう仕上げに入ろうとしているのに、自分はまだまだだという現実に、この時ばかりはしょげてしまいました。でも、この時、母が職業体験として父の職場に行かせてくれたり、封印していたゲームを15分の休けい時間に思いきり遊んだりさせてくれてメリハリができました。そのうち、「これだけやっているのだから絶対合格してやる!」という気持ちがどんどん強くなり、受験勉強にさらに真剣に向き合いました。勉強に身が入らない時は僕の場合はゲームでしたが時間がなくても気分転換は良いのかもしれません。あとはひたすら問題を解いて力をつけて入試に臨みました。

 入試本番に応援に来てくれた先生がとても心強かったです。おかげ様で僕は志望校が母校になりました。浜学園の先生やお世話係の方をはじめ職員の皆さん、父や母や家族に感謝します。これから夢に向けてさらにがんばっていこうと思います。

その他の近畿大学附属中学校 合格者の体験記はこちら

合格年度タイトル氏名所属教室
2020年春僕の一年K.U. くん王寺
2019年春合格できたのは…Y.T. くん上本町
2017年春あきらめなかった勉強Y.N. くん上本町