中学受験は、心身ともに大きくステップアップするチャンスです。
浜学園は中学受験生に寄り添っていきます。

関西大学中等部 合格

瀬戸山 陽一 くん (所属:天王寺教室)

  • 関西大学中等部合格
    関西大学北陽中学校合格

テーマ私の志望校と受験校

「がんばった受験勉強」

 ぼくは小学6年生から浜学園に入塾しました。それまではほかの塾で勉強していて、その塾に通っている時は近畿大学附属中学校を志望していました。しかし、ぼくはあることがきっかけで塾を浜学園に変えることにしました。そのきっかけは2つあります。1つは、塾の雰囲気です。みんなやる気が無さそうで、先生も注意したりしないので塾を変えようと思ったことです。もう1つは、友達が近畿大学附属中学校より偏差値の高い中学校へ行くので、もっとレベルが高い塾へ入ろうと思ったことです。
 浜学園では志望校だけでなく受験校も決めることを知ったので、お世話係の人といっしょに、4つ受験校を決めました。1つ目は関西大学中等部、2つ目は関西大学北陽中学校、3つ目は同志社香里中学校、4つ目は初芝立命館中学校です。なぜかというと、どの学校も近畿地方難関私立大学に入学できるからです。もう1つの理由は、すべて大阪府内にあるので、通学に時間がとてもかかるわけではないことです。それから、日々、勉強していると、学校を訪問したりする時に学校の感じや様子などを見ると、関西大学中等部が一番良いと感じました。その理由はたくさんありますが、特に感じたことは、4つあります。1つ目は、ぼくは水泳が得意なので、プールがあることです。小学校のプールは屋外で、冬は寒くて使えないのですが、関西大学中等部では、室内にあって一年中使える温水プールがあるということです。2つ目は、交通の便が良くJRからでも阪急からでも学校に通えるし、駅から学校が遠くないということ、3つ目は、給食があるということです。父も母も共働きなので、給食のある学校は弁当を作らなくて楽だといっていました。4つ目は、校舎がとてもきれいで新しいので、とても良い印象を持てたからです。だから、この日からこの学校を志望校に変えました。それから、関西大学中等部へ入学するために、日々過去問をやったりしながら受験日までがんばりました。みなさんもがんばってください。

その他の関西大学中等部 合格者の体験記はこちら

合格年度タイトル氏名所属教室
2022年春最後まで気を緩めないでT.I. くん西宮