中学受験は、心身ともに大きくステップアップするチャンスです。
浜学園は中学受験生に寄り添っていきます。

淳心学院中学校 合格

大橋 晴河 くん (所属:加古川教室)

  • 淳心学院中学校合格
    岡山白陵中学校合格

テーマ受験勉強における後悔

「がんばってきた受験勉強」

 4年生の夏。真盛りではなかったのだが暑い日だった。その日から僕の受験勉強が、スタートした……。いや、きっと1年生の終わりごろからスタートしていたのかもしれない。なぜかというと、兄も受験をしており、合格していた。その頃だからだったと思う。塾に入ったばっかりの僕は受験の厳しさを知らなかった。だから、受験という言葉は、いつもふわふわしていた。だが、5年生の終わりに受けた志望校判定模試で、受験という二文字が、僕にせまってきた。なぜかというと、自分の判定が、すべてD判定だったからだった。それまでは、受験勉強は、できるだけ楽したい気持ちだったが、それからというもの、僕は受験校に受かりたいという気持ちになった。それから時は流れ、岡山白陵中学校の受験日となった。岡山白陵中学校に着いた。そして、試験の始まる時間に近づくにつれ心臓の動きは激しくなっていった。
 試験監督の先生が、「はじめ」と言った。僕は一心不乱に解き続けた。そして3科目全て終了。そして家に帰り岡山白陵中学校の受験は、終わった。それから、また時間が過ぎた。
 ある日、ポストに見慣れない物が入っていた。通知書だとすぐ分かった。ドキドキした。
 そして、封を切り紙を取り出し、開いた。「合格」目に入ったその文字。ぼくは、うれしかった。
 その次の日から僕は勉強量を増やした。そして、また時間が過ぎた。
 1月13日が、ついにやってきた。校内に入り、席についた。その時これで落ちたら、淳心学院中学校に来れなくなるという考えが、頭をよぎった。その瞬間、恐くなってきた。そして、その恐さのせいで、テスト前に少し覚えていたことが、テストに出たのだけれども、一瞬にして、頭からふっ飛んだ。そのようなことが3日連続で起きた。結果は合格だが、思うようにはいかなかった。もしあの時緊張しなければと後悔している。

その他の淳心学院中学校 合格者の体験記はこちら

合格年度タイトル氏名所属教室
2022年春未来に向かって小林 史門 くん加古川
2021年春合格に必要な3つのこと木下 寛啓 くん姫路
2021年春全力で取り組んだ3年間柏原 遼太 くん姫路
2020年春僕の一年間S.A. くん加古川
2020年春最後までたえぬけば…奥本 蒼也 くん姫路
2020年春最後まであきらめない者が勝つ木下 義悠 くん姫路
2020年春予習と復習鈴木 慶太 くん加古川
2020年春報われた努力R.O. くん西神中央
2020年春迷わずつき進めば…村上 直音 くん姫路
2019年春苦しみを楽しみに変えて小林 雅門 くん加古川
2017年春浜学園での私の成長期S.A. くん西神中央
2017年春一年の苦しみS.I. くん姫路
2017年春準備五年半成功二日エルバヒア・ジャシーム・琳音 くん西神中央
2016年春ぼくならできる浦里 拓人 くん姫路
2016年春最後まで諦めない事の大切さ清家 琢叶 くん神戸元町