中学受験は、心身ともに大きくステップアップするチャンスです。
浜学園は中学受験生に寄り添っていきます。

関西大学第一中学校 合格

Y.K. くん (所属:豊中教室)

  • 関西大学第一中学校合格
    明星中学校合格
    香川誠陵中学校合格

テーマ受験勉強~春夏秋冬の苦しみ

「受験合格への道」

 ぼくは、5年生の春から塾に入りました。春期講習では時間がとても長くて少しおどろいたけど、だんだん慣れてきました。夏期講習ではマスターコースの時間より長くて、つかれました。冬期講習では6年に近づいていっているのでテキストの内容も難しくなりました。6年生になると日曜錬成特訓が始まったので5年のときより休みが少なくなりました。春期講習ではテキストの内容が5年の時よりも難しくなっていました。マスターコースではクラスがH2からH1に上がったこともありましたが、クラスが上がると難しくなりテストで全然点数がとれなくなり、一番得意だった国語も点数が取れずクラスも落ちてしまいました。
 6年の夏期講習では必死に勉強して、毎日のように早朝特訓などがありとてもつかれました。先生が「成果はすぐには出ず、10月ぐらいに出る」と言っていて、本当かなと思っていたけど、10月の公開学力テストの偏差値が上がったので成果が出たなと思いました。最後のクラスがえのときにまたクラスが上がり、12月最後の公開学力テストでは偏差値が過去最高までのびたのでうれしかったです。入試直前特訓PART1が始まるとクリスマスの日も休みなく塾へ行って勉強をがんばりました。前受けの時は全然緊張せずにいつも通りの力を出せたのでよかったです。前受けの結果を知らされて合格と書かれていたときはとてもうれしかったです。試験前日、前日特訓があり、そこで最後の復習をしてから本番にいどみました。1月15日から3日間試験がありました。どの試験でもあまり緊張せず、いつも通りの力を出すことができました。
 合格発表をWebで確認した時は少し緊張しましたが、関大一中も明星中学校も合格と出ていたので、とてもうれしかったです。次の日、同志社香里の合格発表があり不合格だったので、悔しかったです。ぼくが第一志望に受かるために一生懸命になってくれた家族や塾の先生、本当にありがとうございました。

その他の関西大学第一中学校 合格者の体験記はこちら

合格年度タイトル氏名所属教室
2020年春合格する復習のやり方M.I. くん神戸元町
2020年春何かと両立する勉強小林 侑揮 くん天王寺
2019年春1番下からのスタートS.S. さん西宮
2019年春6年生からの浜学園川瀬 友悠紀 くん千里中央
2018年春第一志望合格R.F. くん
2018年春合格までの道のりR.S. くん千里中央
2017年春最後まであきらめないY.T. くん西宮