中学受験は、心身ともに大きくステップアップするチャンスです。
浜学園は中学受験生に寄り添っていきます。

関西大学第一中学校 合格

S.S. さん (所属:西宮教室)

  • 関西大学第一中学校合格
    関西大学北陽中学校合格
    履正社学園豊中中学校合格

テーマ受験勉強~春夏秋冬の苦しみ

「1番下からのスタート」

(はじめに) 私は第一希望の関西大学第一中学校に合格することが出来ました。試験会場に近づくにつれ、緊張はしたし、不安もいっぱいでした。ですが学校前に立っていた浜の先生方や親にはげまされ、自信がつき合格できました。
(小  4) 私は4年生の5月くらいに浜学園に入りました。土曜マスターコースのHクラスで、みんなより3ヶ月遅れていたのでその分を取り返すのにとても苦労しました。復習テストや公開学力テストでもよい点数が取れず、何度も塾をやめようと思いました。
(小  5) 5年生の夏期講習のときに土曜マスターコースからマスターコースにしました。今までは土曜日だけでしたが、週に3回のマスターコースと夏期講習の両立でとても大変でした。5年生の最後のクラス替えのときにHにあがることができました。
(小 6 春) 先生からは「受験生」と言われていましたが、私にはその自覚がなく、日曜錬成特訓が増え、週4回塾に通うようになりました。
(小 6 夏) 夏期講習が始まり、マスターコースとの両立が難しくなりました。宿題も増え、ほぼ毎日塾に行かなくてはなりませんでした。
(小 6 秋) クラス替えでHからHにあがることができました。しかし成績が安定せず、志望校選びにとても苦労しました。2つの同じ偏差値の学校で迷っていました。
(小 6 冬) 冬になると入試直前特訓が始まりました。志望校が決まり、今まで3科目でやっていたので社会をはじめることになりました。毎日朝から夜まで塾に行き、とても忙しかったです。私は関大コースに入っていなかったので不安もありました。
前日特訓では、本番と同じ形式の問題用紙が配られ、おやすみコールでは先生からの応援の言葉をもらい自信がつきました。
(最 後 に) 浜学園の先生方、両親にはとても感謝しています。
本当にありがとうございました。

その他の関西大学第一中学校 合格者の体験記はこちら

合格年度タイトル氏名所属教室
2020年春合格する復習のやり方M.I. くん神戸元町
2020年春何かと両立する勉強小林 侑揮 くん天王寺
2019年春6年生からの浜学園川瀬 友悠紀 くん千里中央
2018年春第一志望合格R.F. くん
2018年春合格までの道のりR.S. くん千里中央
2017年春最後まであきらめないY.T. くん西宮
2016年春どん底からの追い上げ吉田 真茂 くん伊丹
2016年春ゴールはスタート松倉 紗友里 さん千里中央